2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017'10.17 (Tue)

食欲の秋と芸術の秋

先日実家のそばでいただいた晩ご飯。
カジュアルなイタリアンレストランで、実家から歩いて行けます。

DSC_1096c.jpg

勧められたワインもリーズナブルで、普段の食事には充分。
家族やグループ、カップルなどでお店はとても活気がありました。

この時期、食べたくなるワタリガニのパスタ。
DSC_1101a.jpg

トリュフがアクセントのお肉料理。チキンだったかな。
DSC_1103b.jpg

どれも、美味しくいただきました。

そしてこちらは新国立劇場。
トロイ戦争は起こらない
を見て来ました。
DSC_1114d.jpg

前から4列目のすごく良いお席。
細かな表情、視線、しぐさまで、じっくりと味わえました。
主演のエクトール役の鈴木亮平さん(花子とアンの花子のご主人役だった方です)
渾身の演技で、迫力と熱気が伝わって来ました。
原作は、第二次大戦前にフランス外務省の高官、情報局総裁を務めた
ジャン・ジロドゥが、平和への望みをかけて書いた作品だということです。
戦争の愚かしさが静かに激しく伝わりました。
フランスの戯曲。たるんだ頭に喝が入るようでした。
DSC_1117e.jpg
ゴージャスなエントランスの生け花でした。


さて今年、スポーツの秋は私に来るのでしょうか。
腰は・・・本日診察を受けて、ストレッチの許可が出ました。
思い切り汗をかきたいし、ゴルフもしたいのですが、
もう少し、我慢です。

食欲の秋ばかりで、体重はどんなことになってしまうのか。
・・・ちょっと恐ろしい。
自重しなければ。
18:20  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'10.16 (Mon)

雨の日曜日

昨日は1日中、雨降りの東京でした。

夫は雨の中、高校同期とのゴルフコンペがあり、
早朝、群馬に向けて出発していきました。
いつもより少しのんびり起きて、息子たちと3人の朝食でした。

それから、そろりそろりと歩いて教会へ。
昨日の礼拝では、明治学院大学の男性聖歌隊OBの
グレゴリーバンドのミニコンサートがあったのです。
「うたうということ」の映画を見たばかりだったので、
なおさら、その歌声に感動しました。
落ち着いた、重厚感のある歌声が重なりあい、美しい響きでした。
私たちが礼拝中に歌った讃美歌も、グレゴリーバンドの皆さんが加わり
いつもより、ずっとステキに聞こえました。上手になった気分。

途中で、指揮者の方がお話して下さったのですが、
明治学院大学は、アメリカの眼科医、ヘボンさんが
病院や家などすべてを売って、日本で開校された学校だそうです。
江戸時代の末期、大政奉還前だということです。
日本人の目を医療によって開き、学問の扉も開き、宗教で心に光をともした。
ヘボンさんの働きをそう話して下さいました。
日本で最初の英和辞典とか、聖書の翻訳などもされたそうで、
ローマ字のヘボン式の考案者なのだそうです。
ヘボンさんのお話に感動し
建学の精神を受け継ぎ、聖歌隊の無い教会などに
無償で歌声を届けている皆さんの活動、伝統にも感銘を受けました。

礼拝後、グレゴリーバンドの皆さんと、軽食をいただいて
お話をする時間も設けられていたのですが、
教会の椅子に座っているうちになんだかまた腰が重くなってきて、
心残りでしたが、すぐに帰宅しました。
出席できただけでも幸せですものね。

家では、次男の同僚の方3人が土日と連続でいらしていました。
大きなパソコンを何台か持参して、何かのコンクール?コンテスト?
に参加するのだそうです。
4人で真剣に、静か~にパソコンに向かい合っていました。
画面には数字とか英語とかがズラズラ並んでいるだけ。
何をしようとしているのかは・・・不明です。
彼らのキーボード入力の早さ、なめらかさにうっとりした私でした。

三男は朝からアルバイト。

腰痛ストレッチをしながら、日本オープンゴルフを観戦しました。
アグレッシブな小平選手、恐るべきアマチュアの金谷選手。
そして右に左に取り散らかしていたけれど、最後優勝を手にした池田選手。
(なんだかチャーミング。おめでとうございます)
見ごたえがありました。

夜、そんなに遅くならずに、夫はりんごをお土産に帰って来ました。
夫と二人の夕食。
静かな日曜日でした。




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


13:42  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'10.13 (Fri)

腰痛の副産物

腰痛が、少し楽になったとはいえ、まだ違和感があり、
おしとやかに生活しています。
事務所で長時間パソコンに向かって仕事をしているので、
夕方になると、背中や肩まで痛くなります。
腰が原因なのか、単に年のせいなのか、他に理由があるのか・・・

昨日は、そろりそろりと階段を上り、自宅にたどり着いたら
めずらしく三男が帰宅していました。
リビンのソファーにデレーッともたれて携帯を見つめていた息子。
おかえりなさい、と言いながら、チラッと私と目があったので、
食事の準備を手伝って欲しい、と言ってみました。

三男、予想に反してすごく役に立ちました。
野菜は洗ったり下ごしらえしたり、
ランチョンマットを出し、献立に合せて食器などを準備。
小鉢に盛りつけたり、生姜をすったり、調味料を出したり、
とどんどん食卓が整いました。
帰宅が遅い夫と次男を待たずに、三男と二人で食事。
ビールで乾杯もしました。

神戸製鋼の事や選挙の事、日本オープンゴルフのことや
保育園、小学校時代の同級生の消息まで、息子は饒舌でした。
ちょっと鼻息が荒い気もしましたが、
溢れる若さというかエネルギーも感じました。
それに思いのほか、真面目で熱いのだ、とも感じました。

何げなく、手術をしたとは言え、骨に再発することが多い病気だからね、
と腰をさすりながら言ったのですが、
その言葉に絶句して、固まってしまった息子。
驚かすつもりなんて無かったので、
そのリアクションに私の方がびっくりしました。

大丈夫だよ。
ゴルフの練習、やり過ぎたの。
とあわてて訂正。

腰痛ストレッチと腹筋、背筋、スクワットを
毎日やらなくちゃダメだよ。
と念押しされて、後片付けも手伝ってくれました。


親は不死身、と思いこんでいたような息子の狼狽ぶり。
親も年をとり、弱って来るのだよ。
そしてやんちゃ、反抗ばかりしていた息子の根っこにある
優しいところと、末っ子の甘えん坊だったところにも
久しぶりに会えた気がした昨晩の夕食でした。

腰痛のおかげ・・・かな。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:31  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'10.12 (Thu)

神楽坂の食事

設計事務所の先生にお誘いいただいて、
先日、神楽坂でお会いして、とても幸せな時間を過ごして来ました。
誘って下さったのはbbrという設計事務所の蜂屋さんと川村さんです。
(リンクを見てみて下さい。トップページのいくつかは、我が社が施工しています)

一緒にお仕事をさせていただいて、もう10年以上。
夫が竣工検査の時に抱っこをさせていただいた赤ちゃんが
今は中学生になっている、などと聞くと、時の流れを実感します。

ここのところ夫や私が体調を崩して、
でも今は元気にしていることを知り
誘って下さったのだ、と思います。
本当に、嬉しかったです。

場所は蜂屋さんが予約して下さった神楽坂のお店。
路地裏のディープな所で、迷うと思いますが、電話下さいね。
・・・なんておっしゃっていましたが、神楽坂は地元だもんね!
迷わずに、ちゃんと到着しました。
毘沙門様の反対側の狭~~い路地を入ったところにある
ちょい干してっぺい というお店でした。

お料理も美味しくて、お酒も進み、話しも弾みました。
仕事を通して、こういう出会いに恵まれたことは本当に幸せなことです。

平々凡々の人生を願っても、
良いことも悪いことも起こって来るのが常だけれど、
ああいう時間に癒されて、出会いの幸運にも励まされて
ちょっと幸せな気持ちで、また頑張ろう、と思えるのです。
有難うございました。

今度は私たちからお誘いしたいな、と思っています。

DSC_1112bb.jpg
サバ 油がのっていて美味しかった~

DSC_1109aa.jpg
これも抜群でした。ホタテの間にたっぷりウニをはさんだ揚げもの

DSC_1108cc.jpg
これはビーナスという白い茄子を炭火焼きしたもの。

テーブルにきのこやお野菜が盛られたカゴを持って来てくれて、好みの野菜を焼いていただくことができます。
秋の定番お芋とか珍しい野菜などもいただきました。野菜もすごく美味しいし、お勧めです。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:09  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'10.11 (Wed)

映画鑑賞

10月7日の土曜日は、八王子まで出かけて映画を見て来ました。
(まだ腰痛になる前で元気でした)
我が社のお客様で、映画監督の中島久枝さんが撮られたドキュメンタリー
「うたうということ」の上映会だったのです。

小さい子どもから、上は80代の方までが参加している
合唱グループの3年間を追いかけたものでした。
心を合せ、声を合せて歌い上げ、ひとつのステージをつくっていく
生き生きとした姿が魅力的でした。
イタリア語やフランス語のオペラに悪戦苦闘する姿もなんだか
チャーミング。みなさんの前向きな姿もステキでした。
圧巻だったのは、毎年夏にオーストリアのザルツブルグで開かれる
モーツァルト記念音楽祭でのシーンでした。
審査に合格して、荘厳な教会堂の中での合唱に胸を打たれました。

歌いたくなった、と言う夫。
私も教会での聖歌合唱をもっと練習しよう、と思いました。

映画のラストシーンは最高齢の方の「幸せ」という一言と笑顔のアップでした。

上映後、中島監督の舞台挨拶がありました。
映画を見て、監督のお話を聞いて思うのは、監督の温かさでした。
生きることに対する励まし、応援、やさしさが基底にあるのだと思うのです。
ですから、画面を通して私たちも勇気づけられ、楽しい気持ちになれる・・・

最後に、最高齢の「幸せ」とおっしゃっていた方は、ザルツブルグの
6カ月後に亡くなられたのだ、と聞きました。
最後にどうしても入れたかった。
とおっしゃっていた中島監督。
人生の応援歌のように感じました。

前作は6年前の「ドーバーばばあ」
今、続編を撮影中なのだそうです。
とても楽しみです。

有難うございました。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:00  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT