2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017'04.24 (Mon)

叔母のお見舞い

土日のお休みの日には、どうしても家の用事が多くなります。
平日の仕事とはまた違った忙しさがあるものです。

盛りだくさんの二日間だったのですが、特に心に残っているのは、
92歳の叔母のお見舞いに行ったことです。

事前に聞いてはいたけれど、老いの残酷さを
まざまざと感じさせられました。
痩せて、小さくなってしまった叔母はベッドに横になっていました。
どこを見ているのか、遠い別の世界を見つめているような瞳。
私が声をかけても、あまり反応はありませんでした。
でも、何回か声掛けを繰り返していたら、あ~と小さく声を出してくれました。
10分くらいだったでしょうか、そうしていたら、
疲れてしまったのか、目を閉じて眠ってしまいました。

優しかった叔父と、叔母。
私自身も可愛がってもらったし、我が家の息子たちも
ずいぶんお世話になりました。
住まいは新宿御苑のすぐそばなので、
新宿御苑に行く時は、良く寄らせてもらいました。

私はプチ家出をしらばっくれて、叔父の家に行ったこともあったのです。
でも、見抜かれていたようでした。叔母が手料理をご馳走してくれて、
夕方になったら叔父に諭され、
八竹のお寿司をたくさん買ってもらい、
夕飯の支度、1回分になるだろう。早く帰りなさい。
などと言われて家に帰ったことなど思い出していました。
我が母はとても厳しかったから、私にとっては甘えられる数少ない人でした。
叔父が亡くなり、叔母のあんな姿を見ると・・・なんだか悲しかったです。

DSC_0763aa.jpg
ホールには大きな鯉のぼり。

また、顔を見に行こう、と思いました。











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:33  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.21 (Fri)

やっと1週間

漸く、週末です。やれやれ、とため息をつく私。
疲労感は年々増しているように感じます。

この1週間、新社会人の次男の生活もそれなりに落ち着き、
三男も大学が本格的に始まって、ペースが整ってきたと感じました。
以前なら、彼らの予定や動きに合わせて、うまく隙間時間をつくり
細切れ時間でも家事仕事や読書などこなしたのですが、
なんだか今は、そんな気力がありません。

全員出払ったリビングで
本日は朝からソファーに横になっていました。
明日はリンパマッサージの日。復活を遂げたいと思います。


先日、あるグローバル企業の代表執行役副社長(というのでしょうか?)
という方の話を人づてに聞きました。
私の友人と、幼馴染なのだそうです。

誰にでも背負える重荷ではないけれど、
たまたまそういう機会にめぐりあわせたわけで、
日々、予想もしないことが起こるけれど
まあ、そんなこんな全て含めて楽しもう・・・
というような内容だったと思います。
修羅場を受け入れ、さらには楽しもうとしてみる・・

凄まじい覚悟と忍耐を感じました。
烈々とした仕事の道を踏ん張っていらっしゃるのでしょうが、
同年輩の方です。肉体と精神の衰えを補う物は何なのでしょうか。
比べる事など、たいへんおこがましいのですが、
どのように自分を保ち、厳しい中で
心身のバランスを取っていらっしゃるのか。
生まれ持った、人としての資質の違いなのかもしれないですが、
老骨に(まだ少し早いかな?)鞭打つ暮らしは、心配でもあります。


ゴロゴロできる私は幸せだ。
でも、こんなに府抜けていてどうする!
と思ってみても動けない私です。

おお、惰眠は死に似ている。
レオナルド・ダ・ビンチ

しみじみ、納得です。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:49  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.19 (Wed)

住まいブログのカテゴリー

私のブログ、住まいブログ 一戸建注文住宅(業者)
というところにも登録しているのですが、
どうも住宅関連、仕事に関する記事が少ないなぁ、
と我ながら感じています。

今日は○○様邸の地鎮祭です。
とか、上棟式でした、とかという記事もあまり書かず、
こういう家が最高です、というような記事も、
我が社がどんなふうに仕事をしているのか、
品質が良いのだぞ!!えっへん。 みたいな記事も書かないし・・・
カテゴリーから抜けてしまおうか、思案中です。

家づくりに正解は無いわけで、100人のお施主様が居て、
100人の設計者、施工者が居れば、解はそれぞれで違って当然。
唯一の正解はあり得ないと思います。だから、
これが絶対だ! とか、この提案はネットで調べたこれと違っている。
この工事はあり得ない! と断言するような文言が並んでいる記事に
とても違和感があり、自分ではあまり書かなくなったような気がしています。

でも、現場、建物に思い入れが無いわけではありません。
現在進行形の現場では、社員が帰って来て報告を聞き、
工事写真を見たりして、だんだん形になってくるのを実感し
事務所でひっそり胸を熱くしているのです。

それぞれに個性があり、設計者のこだわりや、
我が社の監督の渾身の頑張りも身近で毎日見ているのですから、
それなりに、誇りも矜持もあるのです。
でも、それは当たり前のこと。声高に書く事でも無いし、
とそんな気もしています。

最近、融資のことが原因で契約解除になった物件がありました。
誤解を恐れずに言えば、無理な融資付けをするよりも、お施主様にとっては
よかったのではないか、と私は感じています。
ただ、長期間かかわっていた設計者や
形にしようと頑張った我が社の監督、
意地とプライドで取り組んでくれていた職人さんたちが・・・
なんとも痛ましいな、と感じるのです。
残念無念、という言葉が浮かびました。

全力で仕事と向き合っても、報われることばかりではない。
でも、やはり一致団結して建物を完成させるのは、
やりがいのある、仕事だとも感じます。

伝えるのって、難しいです。
・・・さて、カテゴリーどうしよう。












にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:35  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.18 (Tue)

老いること

還暦で旅立ってしまった友人のことを思い出す。

会おうと思えば、いつでも会えるはずで、
また、お芝居を見たり、食事に行ったり、できるはず、
と根拠無く思いこんでいた私。
先日、こんにゃく座のオペラを見たのだけれど、
彼女と一緒にこんにゃく座のオペラを見た日の事が思い出され、
もう、一緒に見に来ることが出来ないのだ、と
しみじみ感じて、改めて淋しい! と思った。

ゴールデンウイークの前半は、
高齢の叔父や叔母を訪ねてみようと思う。
母方の従兄からは、子どものことも忘れちゃっているのだから、
誰だかわからないと思うけれど・・・とは言われたけれど
それも承知の上。
顔を見るだけで、良いと思う。
もっとお元気なうちに伺えば良かったのに・・・ごめんなさい。



「最上のわざ」 作者:ヘルマン・ホイヴェルス

この世の最上のわざは何か

楽しい心で年をとり
働きたいけれども休み
しゃべりたいけれども黙り
失望しそうな時に希望し
従順におのれの十字架をになう

若者が元気いっぱいで
神の道を歩むのを見てねたまず
人のために働くよりも
謙遜に人の世話になり
弱ってもはや人の為に役にたたずとも
親切で柔和であること

老いの重荷は神の賜物
古びた心で最後の磨きをかける
真のふるさとへ行くために
おのれをこの世につなぐくさりを
すこしずつはずしていくのは
まことにえらい仕事
こうして何も出来なくなれば
それを謙遜に承諾するのだ

神は最後に一番良い仕事を
残してくださる
それは祈りだ
手は何も出来ないけれど
最後まで合掌できる
愛の恵みを求めるために
すべてをなし終えたら
臨終の床に神の声を聞くだろう
来よ わが友よ 汝を見捨てじと



この詩を噛みしめます。
自分はどんな風に老いて行くのか。
60歳で旅立ってしまった友の歩めなかった道。
許される限り、しっかり歩きたい。














にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:16  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.17 (Mon)

日曜日のゴルフ

昨日は弟の関係のゴルフコンペでした。
弟が参加できなくても、是非に、と誘っていただいていたのですが、
なんと弟もオミソで参加しました。

基本、カートで近づけないところへ飛んだ球は、
拾って来て、ドロップして平らな所からショット。
バンカーも出入りが困難なら拾ってきてドロップ。
脚の調子を見て、途中で止めるなどする。
と、特別な配慮をしていただいて、弟と一緒に久しぶりのゴルフでした。
夫は組が別れ、私と弟に、あとお二方の4人でしたが、
たいへんご配慮いただいて、感謝の気持ちで一杯でした。

弟は力が抜けていたせいか、以前ほど右へ左へと曲げることもなく、
ほんの少しの斜面からもバンカーからも、ショットしていました。
アイアンを杖みたいにして、カートからボールまで歩いていました。
途中でギブアップもせずに18ホールラウンドできて、
本人も満足そうでした。
DSC_0758a.jpg

私の想像では、今ごろ、体中が筋肉痛になっていると思います。
なにしろ、3週間の入院とその後はリハビリだけだったのですから、
全身の筋力も衰えていると思うし、脚も・・・なんとも無ければ良いのだけれど。
でも、確実に回復してきています。
車の運転も出来なかったのに、昨日はカートも運転していましたから。

弟は、1時間、立って居られるようになったら、またレッスン再開しよう。
と言って、闘志に燃えています。
昨日、私はなんとまた優勝させていただいたのです。
ハンディのおかげなのですが、こんなラッキーなことは今だけの特典。
そう思って、有難く賞金をいただき
ニマニマしていたのを見ていたからなのでしょう。
DSC_0760c.jpg


健康でなければゴルフはできません。
夫も弟も健康の有難味を噛みしめたことでしょう。
晴天で素晴らしいお天気の中、コースに出られて幸せでした。
有難うございました。




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:07  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT