FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2018'10.23 (Tue)

仲間との食事会

先週末、夫の建築科同級生3人と、
仕事で知り合った建築家の方、それに私の5人で
久しぶりの食事会をしました。
もう10年以上前、このメンバーでセミナー等の活動をしていたのです。

子供が結婚したり、就職したり、
孫が産まれたり、親を見送ったり、
自身が病気になったり回復したり。
人並みのあれこれを経験し、みんな年を取っていました。

一番の話題は、やはり自身の引き際の事でした。
好きな建築の仕事に精一杯取り組んできて、
今も仕事が好きなのだ、というのが良くわかります。
母校で教えているSさんは、学生とのワークショップの話を
楽しそうにしてくれました。
設計事務所を営んでいる人からは最近の現場の話・・・などなど。
でも、未来永劫、現状維持はあり得ないし、
自分の衰えを、悲しいかな、認めざるを得ない。
そういう現実に直面しているのが私たちなのです。

学生を教え、教育すること。
無から、形作っていく設計の仕事。
それを設計者とともに形にしていく仕事。
立場は違うけれど、皆さんに共通しているのは、
自分に求めるレベルの高さのように感じました。
100点ではないけれど95点なら許せるか、
それとも90点なのか、85点なのか。
そうやってハードルを下げる自身の仕事ぶりは是か非か。
そのことを自分はどう思うのか。
自分の矜持とプライドと、いろいろ諸々の間で揺れ動いて、
結論を出していくのだろうな、と思いました。
自営業者とサラリーマンの違いでもあり、
70歳まで働きましょう、という政府の掛け声とも、
また違った次元の話のように思いました。


IMG_0004a.jpg

IMG_0009b.jpg

私が病気したことも、大いにみんなを驚かせたけれど、
私は母校で教えているSさんが病気をして、
大学を去ろうとしていることもなんだか寂しい気がしました。



ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたるためしなし。
方丈記

(高校時代の古文の時間に習ったなぁ。
どう思って読んでいたのかしら?)

お料理は皆さんに好評でした。
いつものしゅくりあ・・・有難うございました。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









13:22  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.19 (Fri)

携帯電話というかスマホ

今まで永らくソフトバンクだったのですが
この度、会社全員がauに代わりました。
機種もアンドロイド。
ごつくて、防水や衝撃に優れているようで現場向きです。

昨日、機種変更になったばかりで、現在、私はオタオタしています。
ショートメールとか、アドレスの設定とか、
電話としては支障が無いのですが、落ち着くまでには
しばらくかかりそうです。

便利にはなっているのだけれど、使いこなすのには
なかなかの困難が伴います。
使っているのはほんの一部分。あのようにたくさんのアプリも
私には宝の持ち腐れだと感じます。

教えてもらおうと、リモートワーク中の次男の部屋に入ってビックリ。
昼なのに、薄暗くしていました。そして大きなパソコンのディスプレイが4つくらい。
一つなんて、画面が4分割されているみたいに見えました。
緑の光の羅列が静かに動いていて・・・その前に座っている息子は・・・
なんだか不思議、不気味な光景でした。

仕事中なのだから困る。
電話はわからないからauショップで聞いて。
とのこと。


もはや、ついていけてない私であります。
会社の携帯、希望者はらくらくスマートホンではだめなのかしら?
なんて思ったりしましたが・・・
とにかく頑張りましょう。

明日、時間をとってどうにかしよう。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:46  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.18 (Thu)

平日にお休みして

月火と、ウイークデーに二日もお休みを頂いて
仲良し4人で泊りのゴルフに行かせてもらいました。

みんなが仕事しているのに申し訳ない
とか、出かけてしまって大丈夫だろうか、
などと考えて、今まではこういう休み方をするには
相当なためらいがあったのですが・・・
今回は、一応役職から外れたのだし、月中だし、
と思い切って休ませていただきました。

スコアはともかく(コラッ!) とても楽しかったです。

宿泊してプレイしたゴルフ場は、施設は少々くたびれ気味でしたが、
とても気持ちの良いサービスでした。

年配の方がたくさん働いていました。
コースの途中にある茶店では、サービスの飲み物や
お漬物、こんにゃくの味噌田楽なんかを勧めてくれます。
プレイ後はゴルフシューズの靴磨きまでして下さるのです。
クラブもピカピカに綺麗に拭いて下さいました。
帰りは、キャディーバッグを車に積み込むのまで
お手伝いしてくださいました。
ほかにも、何くれとない気遣いがいっぱいでした。

お茶一杯どうですか? こんにゃくも食べて行って。ローカロリーよ。
新品のクラブカバー、きついね。伸ばしちゃ悪いけれど、きついわね。
なんて言いながら、親しく楽しく話してくれて、笑顔で作業してくれます。
マニュアル言葉ではない、素朴で、その方の人となりがわかる対応が、
とても好ましく、みんなでホッコリ。
帰るときには、また予約したいね、と盛り上がりました。

年をとっても、働く場があって、人とかかわりながら仕事ができる
というのは、とても幸せなことだな、と思いました。
あの味のある会話。人工知能のロボットにはマネできない。
そう思って帰ってきました。

平日のゴルフは、
働く人も、プレイする人も、年配者がとても元気でした。

私も元気で仕事して、また遊ぼう!!








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




11:45  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.14 (Sun)

今日の礼拝で

礼拝の初めには、いつも賛美歌を歌います。

歌詞は、プロジェクターで大きく映し出されるのですが、
その係をして下さっている方が視線に入りました。
また、子ども礼拝に出席する小学生の男の子の横に座り
何くれとなくお世話して下さっている方もいます。
今年ご主人を亡くされて、一人で席に付かれた方・・・
みんな、みんな、いつもと同じです。
そして今朝もいつものように賛美歌を歌ったのですが、
何故だか特別、今日は胸が一杯になり、涙がこぼれそうでした。

全員が、幸せ一杯で、悩みも苦しみも無く、心軽やか、
というわけではありません。

生きていてくれさえすれば、と思って祈っています。
というような重篤な病気の家族が居る人、
経済的な困難や仕事の困難、人間関係。
ありとあらゆる試練に、クリスチャンだってさらされているのです。
倒れそうになりながらも、どうにか自分を奮い立たせて
1週間を過ごし、集う礼拝です。


皆さんの、忍耐強くおだやかないつもと変わらぬ姿が
格別、胸にしみたのかもしれません。

日々起こる全ての事を受け入れて、粘り強く生活していく。
希望を失いそうな時にも、辛いです、助けて下さい、
と叫びながらも、絶望しない。
そんな皆さんの信仰が、賛美歌を通して、胸に迫りました。

教会員どうし、兄弟姉妹、という言い方をしますけれど、
本当に、皆さんと神の家族なのだ、と感じました。

倒れても、助け起こし、道に迷った時は、
明りをともして導いて下さる。
そんな、私の大切な家族なのだという思いがこみ上げました。



This is my command: Love each other.
これが私の命令です。互いに愛し合いなさい。
ヨハネの福音書15-17







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




17:42  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.13 (Sat)

老後の暮らし

夫と私は、役職から退いた、とは言え、
今まで同様に、会社で仕事をさせていただいているのですが、
何時の日か、完全に「会社の仕事」というものが無くなったら、
いったいどのような毎日なのか、と想像してみることがあります。

ホームコースのクラブバスに先日乗りあわせたのですが、
その時の皆さんの会話から想像をふくらませます。
後期高齢者といわれる年齢の方がほとんどのバスの乗客。
皆さんまだまだ元気でゴルフをなさっているのです。
株の値下がりや為替レートの話しをしながら、
大損害だよ。とか、仕方ない。そのうち又上がるよ。
なんて言いながらも余裕のある様子でした。
仲間を募り、ゴルフができる体力と経済力。
うらやましい老後だな、と思って聞いていました。
後は、ボランティアの話し。
ボランティア団体とか、地域の老人会とか、
何らかの団体に所属して活動している人がほとんどのようで、
オリンピックボランティアに推薦者を出してほしい、とか
何人以上集めて参加して欲しいという要請の書類が届いて、
どうしたものか、と憂慮して、困ったよ、なんていう話しもしていました。
社会とつながっていれば、悩みも責任もそれなりに付いて来る。
ということなのでしょうね。

健康である事。
身の丈にあった生活を支える経済力と、
お金を管理できる能力、意思力がある事。
友人が居る事、適度な社交性がある事。

そして、ご夫婦がそれなりに仲良く、
家族のことにも愛情一杯なのだ、と感じました。
ワイフを手伝って栗の皮むきをした、とか
奥様お手製の糖尿病用のお弁当の話しとか
(いったい、何時からお弁当をつくったのかしら? 頭が下がります)
感心して聞いていました。
愛情を注がなければ、愛されない。
神様ではない人間なのですから、当たり前ですね。
何はなくとも、愛情豊かな家庭、夫婦で、年を重ねていきたい、
と思いました。

我が息子達は、自分たちの親がもうじき前期高齢者になる、
ということを理解しているのだろうか。
いつまでも、不死身では無いのだよ。
なんてことをつらつら考える静かな午後です。

夫は、第二の人生の準備なのか(?)
山岳ガイドの実地講習に谷川岳に出かけています。
それが経済力の足しになるのか・・・疑問。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





14:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT