FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019'01.04 (Fri)

お正月休みの後半

2日に家族新年会、昨日は群馬の実家に
新年の挨拶に帰省して来ました。
そして今日は静岡へ。
三男がプレゼントしてくれたチケットで
夫が予約してくれたのです。
葛城 北の丸というホテルに宿泊して、
葛城ゴルフクラブでプレイするのです。
ヤマハレディースオープンが開催されるコース。
とても楽しみです。
雰囲気を味わい、楽しくラウンドして来たいです。


新幹線の車窓からは、雪で真っ白な富士山が
くっきりと見えました。

昔、雪の富士山で雪上訓練をして、
登頂していたなんて、我ながら信じられません。

今は還暦過ぎの怪我人、病人夫婦ですが、
こうしてゴルフに行けるのですから上出来です。
2人でしばし、富士山に見とれておりました。
無言の夫は、何を想うのか?

とにもかくにも、三馬鹿トリオはそれぞれに
穏やかで楽しくお正月休みを過ごし、
私たちも心穏やかに出かけられます。
私は三男の気持ちも嬉しいです。




彼は友達とスキーに行き、そのまま寮に
帰るのだそうです。
元気でいてね。

三男君、有り難う❤️









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


11:22  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.22 (Thu)

テルアビブから

テルアビブから今日はカイザリアに移動します。
早くも3日目になります。

初日、テルアビブのベン・グリオン空港の
第3ターミナルに到着しました。
過去、この空港の第1ターミナルで、
岡本公三の銃乱射テロがあったのです。
その出来事から、空港の名前が、
今のベン・グリオンに変えられた、
と説明を受けました。

昨日はテルアビブの市内観光で独立宣言記念館を見学しました。
70年前に、イスラエルの独立宣言をしたホールに
実際に入場して着席も出来て、説明を聞きました。
ベン・グリオンさんが独立宣言をしたまさにその場所。
感慨深いものがありました。
建国の父の名前が空港につけられたのですね。

この記念館に行くのに、少し街歩きをしました。
今年、建国70周年の独立記念日、5月14日に
トランプさんはテルアビブからエルサレムに大使館を移したのです。
その時まで使われていたアメリカ大使館の前も歩きました

チャーターしていたバスのドライバーはアラブ人。
独立宣言記念館から遥か離れた所でバスを降ろされて、
歩く羽目になったのです。
そこへ、私たちを連れて行くのは拒否したようです。
ガイドさんが、ユダヤ人ドライバーを頼んでいたのに
確保出来なくてごめんなさい、と謝って下さいましたが、
日本人の感覚では考えられない経験でした。
アラブとユダヤ、和解の機運が高まっていた時もあったけれど、
トランプさんは反目を煽っているように感じる、とも言っていました
国連が示したイスラエルの国土、と言っても、
ガザとヨルダン川に西域に挟まれた所は20キロしか離れていません。
あそこを押さえられれば、国土は南北に分断してしまう。
民族の歴史と政治をまざまざと意識させられました。

その後、テルアビブ大学に行き、大学のカフェテリアでランチ。
そして大学の博物館を見学してヤッフォという港町に行きました。

大学、広々としていて、カフェテリアのサンドイッチも
焼きたてパンで凄く美味しかったです。

見学の中に博物館があるのは、とても満足でした。
長くなりました。また帰国してから整理します。

10:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'10.10 (Tue)

突然腰が・・・涙

連休の最終日、昨日はゴルフに行きました。
夫がせっかくだから、と軽井沢の72を予約してくれたのです。

実家に前泊することにして、礼拝に出てから出発。
途中、ホームコースの練習場で、100発くらい打ち、
アプローチやバンカーの練習もして、
なかなか良い感触! 明日は頑張るぞ。
と密かに思って実家に泊ったのですが・・・

私、理由はわかりませんが、横川で朝ご飯を食べている時から
突然、腰痛になりました。軽くストレッチをして、ゴルフ場へ。
・・・しかし、だんだんひどくなってきたのです。

ティーを刺すのも息を止めてしゃがみます。
アドレスは・・・アドレスというよりへっぴり腰。
素振りもしない。グリーンのボールもマークするのも辛い。
バンカーは、出入りに気が遠くなりそうでした。

手持ちの鎮痛剤を飲んで、少しだけ楽になった、と自分に言い聞かせ
18ホールを廻りました。
早く終わらないかな、後、のこり4ホールだ。あと1ホール、
なんて思いながらのゴルフ、初めての経験です。

車のシートを倒して、横になって帰って来ました。

本日、病院に行き、コルセットをして
パップ剤を貼り、内服薬を飲んで、昨日よりはずっとマシになりました。

・・・しばらく運動禁止だそうです。
術後ずっと服用している薬の副作用かもしれないし、
もしかしたら、骨シンチで検査だよ、と言われましたが、
ベストシーズンなのに残念でたまりません。

早く良くなるように、安静と正しい日常動作というパンフレットを良く読んで
養生に努めなければ、と思っています。

・・・でも、なんで突然、横川だったのだろう??

腰痛のゴルフ
飛距離は落ちるので番手を上げる。
バンカーには絶対に入れたらダメ。
グリーンでは、カップインしたボールを拾うのも大変。
更衣室での着替えも一苦労。
浴槽には入れないし、立ってシャワーブースを利用したかったけれど、
昨日は、ありませんでした。

もし、あんまり良くならなかったら、それなりにどうするか、考えなければなりません。
諦めないもんね。

でも、早く治りますように。











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'08.27 (Thu)

本日の雑念

長男の様子を偶然知った。
ミャンマー国内だけじゃなくて、タイやシンガポールにも出張しているらしい。
ヤンゴンで生活していて、近くのオフィスに日々出勤する、
という仕事ぶりを勝手に私は想像していたけれど、
ちょこちょこ国内外の出張があるらしい。
アフリカ担当の時は、病気やテロが心配で、
駐在がミャンマーで、良かったなぁ、と思っていたけれど、
タイでは爆発事件があったし、ミャンマーも洪水があり・・・と
結局、どこに居ても心配の種は尽きないのだ、と思わされる。
お嫁さんは一人で留守番が多くなり、心細くないだろうか。
そちらも気に係る。でも、どうしてあげることもできない。
二人でやりおおせるだろう、と信じよう。


1年おきに、会報誌を発行していて、今年がその年にあたっている。
会報の編集が始まると、メールのやりとりがどっと増えて来て、
ややこしいので関係ないメールの配信停止の手続きをしている。
シラミつぶしのように、その手続きをしているのだけれど・・・
これがなかなかに手間暇がかかるのこと!!
パスワードもIDも忘れたし(だいたい申し込みをした記憶が無い!)
退会のアンケートにも答えたくないし、
必須という項目だって記入するのもめんどう。
しかし・・・やっていますよ。根気と忍耐のたまものです。
今日あたりから、少しメールが減ってきました。
営業のメールをゼロにすることは無理でも、ガンバレ私。
会報のサブホルダーに全部イロイロぶち込んで、
完成の暁には全部を潔くDeleteする。これが私の快感。
9月は頑張らねば! 


どうも今までと勝手が違う私の体。
元気な時は、何にも以前と変わらないじゃない!
と自分で笑いが出るくらいなのだけれど、困ったことに
突然、不調になってしまう日がある。波がある、というのだろうか。
予告なく、調子が悪くなるというのはけっこうなプレッシャーで、
先の約束に不安になり、一人で遠出するのにも、
ちょいと勇気が必要だったりする。自信が無い、というのかな。
どうにかしなくちゃ!!と 戦う意思満々の私に言われた一言。
まだ1年もたっていないんだよ。焦らない!
そうかもしれない。猪突猛進では体調は改善しない。
肝に銘じましょう。

以上、本日の雑念でした。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'03.25 (Wed)

鍵つきコメントのお返事にかえて

以前書いたかもしれませんが、私の長男と会社は同い年です。
28歳。28年。
これ、想像してみて下さい。

子どもが生まれる・・・という時に、
夫は会社を辞めて、自分で仕事を始める、
という事態だったのです。

当時、私がどんな気持ちだったのか、夫もどんな気持ちでいたのか、
今となっては正確に思いだすことはできないのですが、
諸手を挙げて大賛成、ではなかったのは
容易にご想像いただけると思うのです。

さらに、子どもが3人になって、年子の二人が1歳と0歳の時から、
夫は立て続けに2度も、ヒマラヤに登山に出かけています。

本人はルンルンだったのでしょうが、(聞いたことはありません)
私は、子育てと会社を任されて、死に物狂い。
崖っぷちの毎日だった、と今にして思います。

振り返ってみると、この他にも本当にいろいろなことがありました。

経済的な事、出産した時の自分の年齢や健康
仕事のこと、夫婦間のこと、お互いの人間性まで批判しあったりして、
修羅場みたいなこともあったなぁ、と。


でも、どうにか子どもたちは3人とも成人しました。
こんな親でも。
この親にしてこの子らあり、かもしれないけれど。

今思うのです。
赤ちゃんには、自ら生まれたい、生きたい、成長したい、
という強い力があるのだと。
生まれるべくして産声をあげる赤ちゃん。

不完全な私たちで、理想には遠く及ばない環境でも、
私と夫の子どもとして生まれて来るべき赤ちゃん、命として
授かったのだ、と思います。

不安や心配がつきまとい、
親になるという前向きな気持ちになれないこともあるのでしょう。
誰にだってそんな時があると思います。
でも、そんなことお見通しのうえで、
赤ちゃんは親と定めた人の子どもとして
産まれて来たい、とやって来る。

命を授かることは、祝福に満ちています。


健やかに成長しますように、
親としての務めを果たせますように、
と日々祈ります。
その先には、必ず、最善が用意されている。
私はそう信じてやってきたのです。
そして、これからも・・・



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



12:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT