FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019'11.20 (Wed)

息子のやさしさ

会社の駐車場や階段室など、建物の簡単なお掃除を
永らくお願いしていたご近所のYさんが体調を崩してしまいました。
入院手術になると思うので、しばらくお休みさせて下さい、
とご挨拶にこられました。
あれから20日・・・
落ち着いたら連絡を頂けることになっていますが
まだ、連絡はありません。日々、回復を祈っています。

それに伴って、私は忙しいことになっているのです。
そしたら次男が
リビングやキッチンとかは僕が掃除するよ。
と言ってくれました。
いまだかつてない発言。
思わずウルッとしてしまいました。

我が母親と同居していたせいか、息子たちは成長過程で
ほとんどお手伝い、ということを経験していないのです。
でも、次男が家のことをする、と言ってくれたのが、
とても嬉しかったです。


そしてつい最近、テレビでカッパドキアの遺跡や
気球が空一杯に広がっている映像を見ていた時、
思わず、行って見たいなぁ。と言ったら
お母さん仕事を辞めたら、行っておいでよ。
どこでも行きたいところ。今まで頑張ってたんだから。
と、また次男が言ってくれました。

言葉に出して、言ってくれることはとても嬉しいです。
そう言ってくれたのは次男だけだけれど、三人とも同じように
感じ、思っていてくれる、と信じましょう。


長男は国内出張から帰ってまたすぐにミャンマーへ。
三男は、音沙汰無し。
みんな元気で頑張っているのでしょう。
・・・でも、次男のやさしさが嬉しかったです。

それだけで、母は少し元気が出ます。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




15:20  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'10.28 (Mon)

週末の我が家・息子たち

我が家に有給休暇で帰ってきていた三男は、
土曜日の朝、寮へと戻っていきました。
小さなお鍋とりんご、それにお座布団を1枚、
寮へと持っていきました。
休みの日には自分で食事を作るのだそうで、お鍋が欲しいのだとか。
何をつくるのか尋ねてみたら、ゆで卵だそうです。
10個全部ゆで卵にして、半分は麺つゆに付けておくと美味いのだそうです。
りんごは丸かじり。果物は高いよね、なんて言うのを聞いて
一人暮らしをして良かったな、と思いました。
賢くお金と付き合ってもらいたい、そう願っています。

長男は、土曜日も日曜日も、自宅には帰れませんでした。
ついに体調を崩して、土曜日は一日寝ていました。
土曜日に無理やり出社したのですが、
自宅まで帰れる体調ではなかったようです。
日曜日も出社。そして夜遅くに我が家に戻ってきました。
本日は少し回復したのでしょうか。
もう少し、しっかりと自己管理できないものか・・・
健康が守られるように、と祈るのみです。

そして次男。上と下の出入りは、やはりワサワサするのでしょう。
いつもの3人は、落ち着くのだそうです。
それぞれに忙しく、今回は3人の息子が我が家にそろっても
全員が一緒に食事をしたり、息子たちだけで出かけたり
ということはありませんでした。
・・・大人になったのですね。

あと2か月ほどで今年も終わります。
今度はお正月休みに、少しノンビリと皆で集まりたいものです。
ラストスパートで今年の仕事に区切りをつけなければ。

家に寄りつかないのではなくて、帰ってくるのだから
良し、と思おう。 
お正月の準備も、頑張ろう。

そんなことも思った週末でした。














にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:18  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'05.07 (Tue)

こどもの日・こいのぼり

長いな、と思っていたゴールデンウイーク。
10日間のお休みもあっという間に過ぎていきました。
皆さまは、どんな休日を過ごされたのでしょうか。

去年のゴールデンウイーク、私は手術を終えて退院したばかり。
お天気が良かったので、六義園や光が丘公園などを
夫と共にゆっくりと歩いて、散策していたのでした。
あれから1年。めまぐるしかったなぁ、そして元気になれたなぁ、
というのが実感でした。

寮から帰ってきた三男とも今回は話す時間がありました。
夫と私でやっていた会社の運営について問題点を指摘して、
会社から退いたのは、良い判断だ、と褒められ
あまり長々、顧問なんて言って居座らないことだよ。
なぁんていう助言までいただいちゃいました。

・・・私、笑いはしませんでしたが、たった1年の社会人生活で
ずいぶん変わったものだ、という感想を持ちました。
そういえば、入社して1年くらいたったころ、
長男も同じようなこと、自分の会社はだからダメなんだ、
みたいな発言をしていたのを思い出します。
天下国家を睥睨するような大真面目な言い草。
ガンバレ、青二才、です。

息子たちは成長します。
これから本当の意味で自分の人生を歩いていくのです。
孫も、ヨチヨチと歩き、バーとかデンデンと言葉も出るようになりました。
元気にほがらかに歩いて欲しい、と願った子供の日でした。
大昔の子供、我が夫も、第二の人生を元気にほがらかに歩きましょう。

甍(いらか)の波と雲の波
重なる波の中空(なかぞら)を
橘(たちばな)かおる朝風に
高く泳ぐや、鯉のぼり

開ける広き其(そ)の口に
舟をも呑(の)まん様(さま)見えて
ゆたかに振(ふる)う尾鰭(おひれ)には
物に動ぜぬ姿あり

百瀬(ももせ)の滝を登りなば
忽(たちま)ち竜になりぬべき
わが身に似よや男子(おのこご)と
空に躍るや鯉のぼり






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:09  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'03.28 (Thu)

突然帰宅

まだ、完全に復調、とはいきませんが、
日常生活は、どうにかキャンセルしたりしないで
無事に遂行しております。
丈夫なだけが取り柄、などと言っていたのは遠い昔になりました。
仕事を終えて帰宅したら、さっさと食事を済ませ
1分でも早くお布団に入り、寝る。
起きていられない、という感じなのです。

そんな中、26日の夜中(だと私は思った)にライン。
三男からで、明日東京で仕事だから、今夜家に帰ります。宜しく。
なんて書いてありました。
こんな夜中に、と思ったらまだ10時前でした。
それで、ガバッと起きて、夜食と明日の朝食・・・
などと思ったのですが、ヤメにしました。

母は体調不良です。もう寝ています。
お腹が空いていたら、冷蔵庫にある物を適当に食べてね。
明日の朝も、ありあわせだよ。
とラインしました。


朝、キッチンには冷奴とか納豆、ハムを食べて、
ビールを飲んだ残骸がありました。
食洗機に入れて、缶はリサイクルのゴミのところに。


家で何をする、というわけではないのでしょうが、
日帰り出張にしないで、我が家に帰ってくるところが
なんとなく可愛らしかったりします。

1年前の今日、三男は寮に入ったのでした。
今年のヤマハレディースオープンは4月4日から。
また、新入社員がボランティアをするのでしょうね。

1年、 早かったね。
帰ってくるのは歓迎だけれど、も少し早めに知らせてね。

アフリカ長男も音信不通。
突然現れても、もう前のように対応できないよ。

と、知らせたい私であります。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:28  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'03.05 (Tue)

就活と長男

3月から就活が始まりましたね。
今年は今までのスケジュールで動く最後の年かもしれません。
去年は三男、一昨年は次男の就活でしたが、
なんだかずいぶん遠い昔の事のような気がします。

息子たちからは、就職について相談はありましたが、
それぞれ自分で決断して巣立って行きました。
一番難航したのは長男だったかもしれません。
落ちた企業も多々あれば、是非、わが社に、
と熱いオファーを下さった企業もあり、
まるでジェットコースターみたいな日々でした。
最終的に2つの会社の間で迷い、夫や私にアドバイスを求めてきました。
申し合わせたわけではありませんが、夫も私も、
今の会社を息子に勧めたのでした。
結局、何日か考えて、息子自身が決めたのですが、
お断りした会社の方から、思いがけず
とても暖かいメッセージを頂いて、感激していました。

・・・我が社を蹴って行ったのだから、○○会社に○○在り。
と言われる様な仕事をして下さい。・・・
この手紙、きっと今も持っていると思うのだけれど。


次男も三男も、やりがいを感じて、頑張っているように感じます。
きっと長男も、そうなのだ、と思いたいです。
あまりの忙しさに、不安を感じることもあるのですが、
思い返してみれば、私たち夫婦にもああいう時代があったのですから、
きっとやり切ってくれる、と信じましょう。

長男は、昨晩も深夜に我が家に帰って来たようでした。
そして今朝、明日から最低1か月くらい出張。
と言いながら起きてきました。
どこへ?
アフリカ。
アフリカのどこ?
いろいろ・・・・なのだそうです。

出張前で忙しかったのだそうで
今夜は社宅へ帰る。朝ごはん、食べたくない。
と言って出社していきました。


親のできることは少ない。
遠くから、無事を祈るのみ。

守られますように。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









16:22  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT