2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017'10.13 (Fri)

腰痛の副産物

腰痛が、少し楽になったとはいえ、まだ違和感があり、
おしとやかに生活しています。
事務所で長時間パソコンに向かって仕事をしているので、
夕方になると、背中や肩まで痛くなります。
腰が原因なのか、単に年のせいなのか、他に理由があるのか・・・

昨日は、そろりそろりと階段を上り、自宅にたどり着いたら
めずらしく三男が帰宅していました。
リビンのソファーにデレーッともたれて携帯を見つめていた息子。
おかえりなさい、と言いながら、チラッと私と目があったので、
食事の準備を手伝って欲しい、と言ってみました。

三男、予想に反してすごく役に立ちました。
野菜は洗ったり下ごしらえしたり、
ランチョンマットを出し、献立に合せて食器などを準備。
小鉢に盛りつけたり、生姜をすったり、調味料を出したり、
とどんどん食卓が整いました。
帰宅が遅い夫と次男を待たずに、三男と二人で食事。
ビールで乾杯もしました。

神戸製鋼の事や選挙の事、日本オープンゴルフのことや
保育園、小学校時代の同級生の消息まで、息子は饒舌でした。
ちょっと鼻息が荒い気もしましたが、
溢れる若さというかエネルギーも感じました。
それに思いのほか、真面目で熱いのだ、とも感じました。

何げなく、手術をしたとは言え、骨に再発することが多い病気だからね、
と腰をさすりながら言ったのですが、
その言葉に絶句して、固まってしまった息子。
驚かすつもりなんて無かったので、
そのリアクションに私の方がびっくりしました。

大丈夫だよ。
ゴルフの練習、やり過ぎたの。
とあわてて訂正。

腰痛ストレッチと腹筋、背筋、スクワットを
毎日やらなくちゃダメだよ。
と念押しされて、後片付けも手伝ってくれました。


親は不死身、と思いこんでいたような息子の狼狽ぶり。
親も年をとり、弱って来るのだよ。
そしてやんちゃ、反抗ばかりしていた息子の根っこにある
優しいところと、末っ子の甘えん坊だったところにも
久しぶりに会えた気がした昨晩の夕食でした。

腰痛のおかげ・・・かな。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:31  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'10.05 (Thu)

人生の岐路

長男から、頼まれごとがあった。
頼まれた、その内容から、私は息子が岐路に立とうとしているのではないか、
と感じている。
日々の平凡な繰り返しにだって、新たな出来事は次々に起こり、
なかなかにチャレンジングなものだけれど、
別の道を行ってみたら、どんな景色が見えるのか、
曲がり角を曲がって見たい、とも感じているのだろう。
・・・息子はどんな判断をするのだろうか。
就職して、結婚して、今年、親になる息子。
今までの決断とは、重みが違うはずだけれど、
親としては、彼の意向を尊重するのみだ、と思っている。

以前書いたかもしれないけれど、我が社と長男は同い年。
息子が生まれた年に、夫は会社を辞めて独立したのだ。
自宅の1室で、図面描きのアルバイトからスタートした夫。
あの頃は、私は息子を保育園に預けて、薬剤師をしていたのだった。
夫の会社を手伝うようになったのは、次男が生まれてから。
今思うと、ずいぶん思い切ったことをしたものだ、と感じるのだけれど、
当時は、怖いもの知らず、若さゆえの能天気で
会社からいただいた退職金をハワイ旅行に使ったりしてしまった。
紆余曲折、難路の道ではあっても、どうにか歩いて来れたし、
今だって歩き続けている。

息子たちだって思う道を歩けないはずが無い。
どこにたどり着くかは、神のみぞ知ること。
自分で納得いくまで考え、迷い、決断して欲しい、と願っている。

私の判断、物事の決め方の軸足は、信仰にあるけれど、
息子は自分で蓄積してきた知識や経験、自分の気持ち、など
自分がそのすべてになってくるのだろう。
自分を頼むことの危うさを息子は感じることがあるだろうか。

導きがあるように、と母は祈るのみ。

DSC_1094n.jpg
朝、栗の下処理をした。渋皮煮をつくろうか、栗ご飯にしようか・・・
ふと、小さい頃、栗を剥いている時、周りにまとわりついていた息子を思い出した。
なつかしい。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:41  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.14 (Thu)

三男、学生生活最後の日々

三男は、またアルバイトを始めました。
近所にデリバリーのお寿司や釜めしなどを配達する
お店ができて、そこの配達員です。

息子の乗っていたバイクとは、とても趣の違うバイクです。
荷物がたくさん積めそうな箱が後ろに付いていて、
とても実用的に見えます。
好きなバイクに乗ってアルバイトできるのだから、
とても楽しいのではないか、と母は想像しています。

今まで持っていたバイクは就職先のメーカーの物ではなく、
社員寮には持って行けないから、と早々に売却していたのです。
息子は今、バイクがありません。
入社してから、もしかしたら社員割引で買えないか・・
などと言っていたのですが、卒業までに
中古でもよいので入手したいのだそうです。

バイクサークルだった仲間と、卒業旅行として、
ツーリングに行きたいのだそうです。

休日を中心に、学業に影響が無いように考えてバイトしているようです。

DSC_1072a.jpg
これは今朝のお弁当。
学校に行き、18時から22時までがバイトだそうです。

安易に、卒業旅行のカンパをして、と言わないところが、
当たり前とは言え、大人になったなぁ、と嬉しい母です。


どんなバイクが買いたいのかわかりませんが、
いっそバイト先のようなバイクなら、ツーリングの荷物もいっぱい入るし、
便利なのでは、と思うのですが、売っていないのかもしれませんね。

バイクの事は聞いても答えてくれませんが、学生時代の最後、
安全に、思う存分、楽しんでもらいたいと思っています。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


13:10  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.29 (Tue)

長男にとっての帰国

息子とミャンマーから一緒に帰国したのだけれど、
帰国の前日あたりから、息子の頭は日本では何を食べようか、
ということで一杯だったようだ。

生協の冷麺・牛乳・すき焼き(相変わらずだ)
普通のご飯に味噌汁。納豆。卵かけご飯用の卵と醤油も食べてみたい。
それからトロロ。海苔も良いなぁ。
桃とか梨、幸水はもう出てる? 葡萄も日本のは旨いよね。
と次々に妄想は広がっていたようだ。

私は、家で普通の食事をさせよう、と思っていたのだけれど
結局、息子のリクエストは相変わらずのすき焼きだった。
DSC_1056a.jpg

DSC_1058b.jpg

DSC_1059c.jpg

DSC_1060d.jpg

息子が3人揃って、良く食べて良く話していた。
子どもの頃の思い出話しや、勤務先の話、研究室の話、
それぞれに尽きることは無くて・・・改めて、彼らは仲が良いのだと思う。

全員が集まれる機会をこれからますます大切にしたいと思う。
そして次は自宅で手料理を食べさせよう。
日本を感じることの一番は、好きな食べ物のこと。
故郷は食に結びついているのだと思う。

それにしても、我が家で、私が次男に
「夕飯、たべるかどうか、必ず連絡してね!」と叫び
三男に「洗濯するから、脱いで。何日着てるの? 臭い」
なんて言っているのを聞いていた長男は
あぁ、相変わらずの実家だ、と思ったよ。なんて言い、
次男、三男と共に笑っていた。
騒音というかけたたましくない?と夫に問えば
夫は、慣れる。なんて返事をしていた。
男どもめ!・・・とは思ったけれど、それも我が家で繰り返されているi日常の朝なのだ。

長男のこういう発言も懐かしさの裏返し、
と思ったら間違いだろうか?

いつか、こういう食事会のことも、懐かしく思い出してくれれば、と思えばこそ。
うるさがるけれど、私は息子たちに甘々・・・
わかっているのかな?




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:49  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.04 (Fri)

三男の夏休み

我が家唯一の学生、三男は昨晩から友達と旅行に出かけています。
友人所有の軽自動車で3泊4日。
帰って来るのは日曜日だと言っていました。
どこに居るのかは、必ず連絡する事
という約束通り、さっきラインが来ました。
富山県に居て、富山市内のスーパー銭湯に今夜は泊る、
ということです。

富山。
私にも学生時代の思い出がたくさんあります。
夏は剣岳で定着合宿をしていたので、
入山や下山で毎回通りました。
立山黒部アルペンルート。
冬は、宇奈月からトロッコ電車の線路を歩いて入山。
なつかしいです。
みんなで蜃気楼を見たいね、
なんて話ましたが、結局見ることはできませんでした。
ホタルイカもたっくさん食べたし、かまぼこもすごく美味しかった。
魚津とか富山、宇奈月なんていう地名を聞くと
あの頃のことがふっと蘇って来て、胸キュン・・・です。

思い切り、遊び呆けていた私。
恵まれていたのですね。

バイクツーリングではないから、今回は少し心安らかです。
貪欲に、夏を満喫して欲しいです。
のちのち、きっと人生を豊かにしてくれると思います。

Have a good time!






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:24  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT