2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018'06.05 (Tue)

教会でコンサート

礼拝の後、教会でオーディオコンサートというのがありました。
ライブ演奏ではないのですが、スピーカーなどの機材が持ち込まれ
セッティングも前日から準備をされたそうで、
家で聴くのとは全く別物の素晴らしいものでした。

選曲も私達の教会のためにして下さったもので解説付きでした。
そして解説者は、作曲者の方。なんという贅沢!
録音の時の苦労話しや
作曲する時どのようなところに苦労されたのか、
どんな気持ちで作曲されたのか
直接お話しをうかがった上で鑑賞したのです。
1枚のCD、1曲ができあがるのに、
とてもたくさんの想い、努力がつまっているのだ、と知りました。

主の祈り、というお祈りがあるのですが、
これにメロディーを作曲された時のお話が印象に残っています。

お祈りの中に、
我らの日用の糧を今日も与えたまえ
という言葉があるのですが、
豊かな日本で暮らしていて、
日用の糧に困ることはイメージしにくいかもしれません。
でも、このお祈りの言葉は、本当に切実な祈りなのだ、と話されました。
3.11の震災で、水も食糧も、生活に必要な物も、全て失われてしまった時、
日用の糧、そしてこのお祈りの切実さをしみじみ感じられたのだそうです。
それで、このお祈りにメロディーをつけられたのだそうです。
祈りの言葉は歌詞ではないので、とてもご苦労されたそうです。

私はこの主の祈りの賛美歌が好きです。
ひとつひとつの言葉は人が生きて行く上で本当に切実なものだと感じます。
それだけあれば生きていける、究極。
それがやさしい美しいメロディーに乗って心に響くのです。

帰りに、CD5枚セットを大人買いしました。
嬉しいな。
家事をする時に聴いています。

しみじみ心に残るオーディオコンサートでした。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


12:03  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.25 (Mon)

クリスマスの教会

23日(土)は教会のキャンドルライトサービス。
24日は教会のクリスマス礼拝と午後から感謝会がありました。

DSC_1238a.jpg

1年の残りもわずかになり、先生のお説教も心に沁みました。
2000年前のクリスマスの出来事を今もこうして
世界中でお祝いしていることが、
なんだか改めて不思議にも思いました。

DSC_1234b.jpg

キリスト教は愛の宗教、と言われますが、
愛のメッセージを身近な家族や友人に伝えていける、
そんなクリスマスでありたいと思いました。
戦火や政治的な混乱、弾圧、困難な状況にある
全ての人に、愛と平安がもたらされますように。

昨日の午後からは、みなさんとの食事会でした。
教会堂を片付けて、椅子とテーブルをセツトしてお昼をいただくのです。
皆さんの差し入れのケーキやサラダ、などなど、とても美味しかったです。
子どもたちの歌もあり、和やかな時間でした。
最後は、クワイヤのハレルヤコーラス。私も歌いました。
DSC_1240c.jpg

夫も一緒に出席してくれて、一緒に食事をいただき、片付も手伝ってくれました。
孫のすこやかな成長を祈り、また息子夫婦の旅路が幸せなものであるように、
二人で祈れたのも、私にはとても嬉しいクリスマスでした。

世界中の子どもたちに幸せがありますように。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:47  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.11 (Mon)

アドベント

昨日、礼拝に出席して、綺麗に飾り付けられた教会堂に、
クリスマスを待つアドベントに入っているのだと実感しました。
慌ただしく暮らしていて、余裕がなくなっていたようです。

DSC_0315b_201712111829297a5.jpg

静かに、牧師さんのメッセージを聞き、
自分と対話することは、全てをリセットし、原点に立ち返る大切な時間です。
孫が産まれた事や、この1年のあれこれを思い出して、静かに祈りました。
皆さんでハレルヤコーラスやクリスマスメドレーなどの合唱の練習もしました。
そして、リコーダーの練習も。いよいよ近づいてきて、本当に真剣でした。

私たちが受けている大きな恵みをクリスマスには
周りの方にも届けたいものです。
きらびやかなプレゼントよりも、寄りそう心を伝えたい。

親しい方たちに、クリスマスカードをお送りしたいな、
と思い教会から帰って来ました。

今週も落ち着いて、頑張りましょう。
・・・私は、もう出産のあたふたが無くなったので、
少し気が楽になりました。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:29  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'09.04 (Mon)

そこはかとない不安

夕べは久しぶりに良く眠れませんでした。
自分に、良く眠れない、などという日が来る事が
なんだか信じられないけれど、それが現実。
若い頃は、何があっても、食欲は旺盛で、ちゃんと眠っていたものだ。
・・・父が亡くなった時でさえ、お腹が空いて、
母に、朝ご飯が食べたい、などと言ってあきれられたのだった。

私の不眠の原因は何なのか。
起こってもいないことへの漠然とした不安。胸騒ぎ。
ちょっとした言葉に傷ついたこと。(これだって真意はわからないのに)

私が眠らずに悶々としていても、何にも状況は変わらないし、
良いことなど一つも無いのに、延々と同じ問いの周りをめぐり続けている。
何をやっているのだ、私。

一日を精一杯暮らしたら、もうそれでその日は終わり。

...don't worry about tomorrow,
for tomorrow will bring its own worries.
Today's trouble is enough for today.
明日のことを思い煩うなかれ。
明日のことは明日思い煩え。
一日の労苦は一日にて足れり。
マタイ伝6:34

明日がどんな1日かは、神のみぞ知ること。
すべてを委ね、受け入れる、
・・・そんな信仰を持ちたい。

昨日の礼拝後のバイブルリーディングのクラスはマタイ伝でした。
来月までに通読を3回するのが宿題。
しっかり読んでみよう。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:09  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.27 (Tue)

人が変えられるのは

小林麻央さんが亡くなられ、海老蔵さんの記者会見をテレビで見たのだけれど、
海老蔵さん、変わったな、という印象を受けた。
海老蔵さんのイメージは、暴行事件のせいもあるのだろうけれど、
私の中では、あんまり好ましいものでは無かったのだ。
でも、あの記者会見でイメージが変わった。
ご本人が言っていたけれど、麻央さんは、海老蔵さんを変えた、
奥さんだったのですね。

人は変わる。
人が変えられる理由は、愛。
それしか無いのだと、改めて思う。

たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、
愛がなければ、私は騒がしいどら、 やかましいシンバル。
たとえ、預言する賜物を持ち、
あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、
たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、
愛がなければ、無に等しい。
全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、
誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、
愛がなければ、わたしに何の益もない。

愛は忍耐強い。
愛は情け深い。
ねたまない。
愛は自慢せず、高ぶらない。
礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。
不義を喜ばず、真実を喜ぶ。
すべてを忍び、
すべてを信じ、
すべてを望み、
すべてに耐える。

聖書の中のコリント人への手紙の13章です。

愛は忍耐強く、情け深い。いらだたず、恨みを抱かない。
すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。

この聖句が思い浮かびます。
会社の中ででも、家庭においてでも、すべての人との交流の基本に
愛を置きたいものです。それが無ければ、人は変われないし、
何事も、成就しない。
愛の厳しさ、強さも求められるものだと思うのです。

麻央さんは、命を尽くして、愛を実践された・・・強さもある女性だったのですね。

どうぞ、安らかに。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:17  |  信仰  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT