FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019'10.16 (Wed)

ざまあ、とメシウマ

ラジオを聴きながら朝は家事をしているのですが、
今朝は気になる内容が放送されていました。

武蔵小杉のタワーマンションが被災して
停電、断水している、ということに対して
ネット上では
ざまあ! とか メシウマ
なんてことが書き込まれている、というのです。

また台東区でホームレスの方たちが避難所に入ることを拒まれた、
ということに対しても、
人命にかかわることだから、役所の対応は間違っている
という意見の他に、相当数の別の書き込みもあったのだそうです。
税金を払っていないのだから避難所に入れないのは当然。とか
自己責任なのだから、当たり前だ。とか

これとは違う話ですが、街の定食屋さんやラーメン店などで
大盛無料、とかおかわり自由 なんていうことに対して
おかわりしない人、大盛を食べない人にとって不平等だから
というクレイムが凄いのだそうです。


困ったときはお互い様、とか助け合おう
とかいう意識は無くなってしまったのでしょうか。
自己責任だ、と言い放つ上から目線。自分の正しさをふりかざす心。
ざまあみろ! と人の不幸を喜ぶ僻みやねたみ。

自分のお財布からお金が出ていくわけでは無いのに、
他の人が少しでも優遇されたり、得をしたりするのは、
不平等だ。納得できない。と主張する極端な平等主義。
台風の被害という命に係わる場面でも発された言葉に
殺伐とした氷のような冷たさを感じてしまいました。


聖書の中には、

穀物を収穫するときは、畑の隅まで刈り尽くしてはならない。
収穫後の落ち穂を拾い集めてはならない。
…これらは貧しい者や寄留者のために残しておかねばならない。

という一節が、いろいろな箇所に出てきます。
また、罪を犯した女性を処罰する場面では

あなたたちの中で
罪を犯したことのない者が
この女に、まず石を投げなさい

という言葉も紹介されています。

今朝、私はラジオを聞いていて、この二つの話を思い出していました。

誰の心にもあるものだろう、僻みや妬み、優越を求める心。
でも、だからといって開き直ってしまったかのような発言には
嫌悪感しかありません。人としてどうなのだろう、と思います。

お互いを大切に尊重しあえる社会。
そんな暖かい社会であって欲しいと切に願います。

社会の基本は一人一人の個人から。
よりよい人になれるように、わが身を振り返り
進みたいです。
みんなお互いに不完全。
それに完全な平等なんてあり得ないのですから。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







17:10  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'10.15 (Tue)

一筋縄では

台風の被害、テレビの映像を見ていて胸が痛みます。

想像してみるのです。
もし自分の住まいが、あの水没してしまった地域の一角にあったら・・・と。
命はとりとめたのですから、幸いなことなのだけれど、
前向きに生活を再建しよう、と思えるだろうか。
私は無気力になってしまうような気がする。
先はどうなるのか見通せないし、
自分の将来なんてあるのだろうか、と悲観し
先の希望なんて持てない、と水に浸かった自宅に呆然として、
泣いているだけの自分を想像してしまう。

それでも、命は続いている。
時間がかかっても、少しずつ、少しずつ踏み出して
歩いて行くしか、人生を全うできないのだから・・・
生きていくことは、なかなか一筋縄ではいかないものですね。
私なら、歩きだせるのだろうか?

少しでも早く、確実に支援の手が届くように、
ささやかでも助け合いたいと思います。
寄り添う心と実際に手を動かすポランティア、
そして経済的な支援も行き届くように、と祈ります。

人の温かさ、やさしさ、助け合う心が
この厳しい出来事を乗り越える力になるのだと思います。
それなくしては、人は生きてはいけません。
暖かい社会、政治であってほしいです。

なぐさめがありますように。
踏み出す力と勇気が与えられますように。
乗り越えられますように。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







16:45  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'10.13 (Sun)

台風一過

昨日の台風は、本当に恐ろしい台風でした。
被害の状況が明らかになるにつれ、その破壊力に驚きます。
被害にあわれた方に、少しでも早く必要な支援がとどけられるように、
祈るばかりです。

三男は静岡、長男本人はフィリピンに出張中で、
孫とお嫁さんが横浜、やっぱりとても心配でした。
さらに夫の実家は群馬県で
放流が決定された下久保ダムの下流域にあたります。
親戚もたくさん居るし、やはり心配でした。

今建築中の現場のことも、古くからのお客様も
友人、知人も、社員の皆も、本社の方も、
住んでいるエリアがテレビに出てくるとドキドキしていました。
我が家も昨日の昼頃に、レベル3の避難準備が出されました。
その後は近隣の北区や板橋区の情報も入り、落ち着かない夜でした。
石神井川が危険だったようです。

避難することも考えて、夫はザイルとかヘッドランプ
登山用の雨具とか、一式準備してザックにパッキングしていました。

幸いにも、我が家は避難することも無く、無事に朝を迎えられました。


今日の礼拝は中止になりました。
夫の予定は流動的です。
本当なら、礼拝後に仕事の打ち合わせがあったのですが
交通事情でどうなるのか、まだ決まりません。
さらに、夜の大イベント、これです。
tiket (2)


tiket2 (2)

開催か中止か、決めるのは、想像しただけでも相当な覚悟が必要です。
スコットランド、中止になったら敗退ですから・・・

私の行く予定だった12日は中止。払い戻しです。
誰だって、見たいのはやまやまですが、
安全第一、混乱の無いように判断してもらいたいです。


被災された方に、再建へ歩みだせる勇気と希望をお与え下さい。
息の長い、支援の手が必要なところへ速やかに届きますように。
経済的な支援もしっかりなされますように。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





10:33  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2019'10.09 (Wed)

予期せぬ事が起こります・・・

昨日、本当にびっくりすることがありました。
自宅のベランダでハクビシンを見たのです。

ここ池袋に物心ついてからずっと住んでいるのですが、
ハクビシンは初めてで本当に驚きました。
会社で、社員の人たちに聞いてみたら、
駐車場で僕も見ましたよ。
巨大な猫だって言う意見もあるけど、あれは絶対ハクビシンですよ。
と言われました。
池袋にハクビシン!!
豊島区のホームページを見ると、区内でたくさんの目撃情報があり、
実際に駆除もしているようでした。

ご近所の方ともハクビシンの話題になりました。
近隣に空き家が増えていて、お庭には、柿とか梅とか
イチジクなど、果樹が植えてある家も多いのです。
そういう果樹を食べて、空き家に入り込んでいるらしい、
というのです。生ごみもエサにしているのではないか、
とも言っていました。ハクビシン、雑食なのだそうです。

さて、我が家はどうするか。
とりあえず、木登りが得意らしいので、ベランダまで届く
木の枝は剪定しようと思います。
会社の駐車場は・・・食べ物は無いけれど、車や資材があって
けっこう隠れやすいのかもしれません。

私は、駆除業者さんに依頼してもらいたい、と思うのですが、
夫は、家に入ってきていないなら良いではないか。
空き家がたくさんあるし、無駄だと思う。
という返事。

どうしたものか・・・

今は、洗濯物を干すのも、取り込むのも
なんだか恐ろしい私です。


なんで増えちゃったのかな? 
ゴルフ場でも見ないのに・・・






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



10:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'10.07 (Mon)

週末の夫の料理

土曜日ごとに登山に出掛けていた夫ですが、先週末は
家に居て、仕事をしていました。
顧問でもいくつか現場を担当していて忙しかったようです。
登山に行かないなら、ゴルフ!
と思った私の目論見は外れました。
(リフォームするのだから、遊んでいないで
不用品の処分、家の片づけをしなさい、ということなのでしょう。)

大汗をかいてシャワーを浴び、
日本女子オープンのゴルフを見ているうちに
私は爆睡してしまったようでした。
気づいたら、夕方5時過ぎ。
半分寝ぼけた頭で夕食をどうしようか考えていたのですが
夫が食事の準備を手伝ってくれる、と言ってくれて、
俄然スイッチが入りました。
マカロニグラタンを一緒につくりました。
夫はホワイトソース担当。
全くイメージがわかない、と不思議がっていましたが
全体像が見えて、オーブンに入れて・・・
という段階まで来て、楽しそうでした。
美味しくいただいて、しかも手伝ってくれたのですから
精神的に時間的にもすごく助かって嬉しかったです。
また手伝って下さいね。

老後の時間、主婦は家事から解放されることが無いのですから、
家事を少しでも手伝う、更に進んで担当してくれる、
という風になってくれたら本当に良いのに、と思います。
料理を交代で担当する、または一緒に作る、なんてできれば最高です。
一緒にお料理学校に行ってみよう。
今、提案中です。
実現したら嬉しいな。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






15:40  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT