2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018'07.11 (Wed)

スマホの写真を整理して・・・

病気をしたり、一身上の変化があったりで、
今年はいろいろな人に会うことが多かった、と改めて写真の整理をして思い返す。
友人の葬儀や病気などでの再会は、悲しく辛いことも多かったのだけれど、
今こうして思い返してみると、それぞれの人たちが
みんな頑張って日常を生きていて、味わい深い、
ステキな人として年齢を重ねている姿に改めて気づかされる。
これは、病気やいろいろな出来事のおかげ、と思っている。
悪い事ばかりでは無かった、と思う。

たくさんの方から直接いただいた温かい気持ちは、本当に有難い。
今、思っても胸が一杯になる。
そして、その方たちの生きざまに思いを巡らせて、
自分も頑張らねば、という励みにもなる。

生きて来たように年を取り、生きて来たようにしか死ねない。
病や日々の生活に向き合う姿勢にも、その人そのものが現れる。

いただいた、お花や本、全部写真に収めてあるのだけれど、
それらを眺めるたびにウルウルしている私。
みんな、私にはもったいないような人たちばかり。

しっかりせねば、と思う朝。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


09:05  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'07.06 (Fri)

思い返してみると2

ついでに、自分の会社内での姿もこの度振り返ってみました。

我が社は良くも悪くも、夫が強力にけん引してきた会社だと思うのです。
ワンマンというのでしょうか。
会社と係るようになってから、だんだんに、
夫にNO!と言えるのは私だけなのだ、と思うようになりました。
勝手に決めないで欲しい。私が納得できないこと、知らぬ間に進んだ事で
共同経営者として責任を取らされるはイヤだ。
と宣言して、夫とは対峙することも多かったなぁ、と思います。
対外的な問題に、夫と協力して対処していくのも
なかなかしんどい事ではありましたが、
夫に1人で対峙する、というのも孤独な感じもして、
かといっておざなりに対応することもできないし、
でストレスの多いものでした。
第一、夫婦なのですから、家に帰ればハイ!終わり、
なんてなるはずもないのです。
お互いに引きずるのです。

やさしく仕事の疲れを癒してくれるような妻ではなくて、
立ちはだかるような鬼嫁だった気がします。

おっかない母親で鬼嫁。しかも2度も癌になるようなポンコツで
それでも威張ってる・・・なんだかなぁの私でありました。

今思うのは、同じ仕事をしていなければ、もっと仲の良い夫婦で居られたかな、ということです。
それでもどうにかやって来れたのは、夫のたぐいまれなおおらかさに寄る所が大きいのだな、
と遅ればせながら思ったりしています。


言い訳
私のキャパシティーではあれが精一杯。
仕方なかったのだから、許す!
(と自分で言ってます。)








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:41  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'07.04 (Wed)

思い返してみると

昨日は、夫と共に、自分たちの会社経営の日々を
ちょいとばかり振り返る機会がありました。

夫は会社を振り返る、となると
完全に仕事での出来事だけに割り切ることができるようでした。
でも、私は、そんな具合にはいきませんでした。
公私グチャグチャ。仕事も家のこともリンクして不可分の状態。
会社だけ、と割り切ることはできないのだな、と感じました。

今、我が社は32期め。
これは長男と同い年です。
私が入社したのは次男が産まれた年。
私の会社とのかかわりの年月は、次男と同い年なのです。
2018年、二度目の癌になって、このまま仕事ができるのかな?
なんて思う今年は三男が大学院を終えて、
社会に巣立って行った年でもあるのです。
まさに、我が社の年月は、私の子育ての年月とオーバーラップしているわけで
公私ないまぜになって進んで来た年月だった、としみじみ感じました。

息子三人育てながら、フルタイムで仕事していたのですから、
いつもいつも時間がありませんでした。
1分1秒でも無駄にするまい、とキリキリと張りつめていた私。
時間の余裕も無ければ、心のゆとりも無かったのです。
崖っぷちの険しい道を一人で歯を食いしばって、
落っこちてなるものか!! と全力で岩にしがみつきながら進んでいた、
そんな姿が思い出されます。

やさしくておだやかで、包み込むような余裕のある母親ではなかったのです。
早く早くとせきたてて、お尻を叩きまくって日々を回して行く。
そんな母親だったのではないだろうか、と遅ればせながら
今、思うのです。

私も必死だった、とはいえ、できるものなら
もう一度、小さかった、可愛かった息子達と
のんびり係ってみたかったなぁ、なんて思いました。

けっきょく、仕事の振り返りは
親子関係の振り返りになってしまった私でした。

私は私へ自画自賛の一言。
不完全でも、たいへん良く頑張りました。
(誰も言ってくれないので、お許しを)









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

09:10  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.28 (Thu)

2018年、半分過ぎて

明日、いつもの通り税理士さんの監査があって、
業者さんへの支払いが滞りなく済めば、
激動の2018年前半は終わりになります。

2018年という年は、私にとって忘れられない年になるでしょう。
息子たちが全員社会に巣立った事、
私が2度目の癌になり手術を受けた事、
長男がミャンマーから帰国したこと。
そして孫とのかかわりができたこと。
仕事の上でも、今年の後半は大きな変化があると思います。
その下準備も並行して進んだ2018年でもありました。
大きな変化のある年、というのはあるものなのですね。

30日には協力業者の皆さんとの総会があります。
役所関係の手続きも全部終わり、総会も30日が最後です。

良い1年だった、と締めくくれるように、
今年の後半も新たな気持ちで過ごしたい、と思っています。

あまりにも、慌ただしく、忙しく、いろいろな事が起こったので、
感慨に浸る間もなく、ここまで来ました。

願った通りにならないことが多かったけれど、
それでも示された道筋をたどって行くうちに、
これが最善なのだ、と思えるようになりました。
良い事も悪い事も、表裏一体。
ないまぜになって進んでいくけれど、目の前にある道こそが私の歩く道。
・・・何が待ちかまえているのか楽しみにほがらかに歩きたい。

後半戦、頑張るぞ!!








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:43  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.27 (Wed)

医師不足だそうです

昨日は久しぶりに夫の病院に同行してみました。
以前は一緒に行く事が多かったのですが、
私が手術することになり、それどころではなかったので
ずいぶん長い事ご無沙汰してしまいました。

久しぶりの先生は夫から聞いて私の病気のこともご存知でした。
同年輩の先生は、病気になろうがなるまいが
もう終わりが見えてくるのだから、少しのんびりしたら良いよ、
とおっしゃいました。
でも、そう言う当のご本人は、とても忙しいことになっていました。

恩義のある先輩からの頼まれごとで、
東北地方の病院に隔週で2日間通われているのだそうです。
深刻な医師不足だそうです。
福島はもっと深刻で労災病院などの地域の中核病院も
医師が確保できていない、と言っていました。
医師が偏在していて、地方はそもそも大変だ。
と話されました。


お役に立てることは幸せなことでもありますが
自分たちの年齢を考えると、しんどいだろうな、と感じます。
休診日が増えた分、集中することになり、
自分の診察時間は伸びてしまうのですから。

留学中は、ラボの隣が18ホールのゴルフコースで、
朝はまず1ラウンドしてそれから研究棟へ。
職員扱いだったから1ラウンド10ドルだった。
夏はサマータイムなので、夕方また1ラウンド。
若かったなぁ・・・
なんて言いながら、遠い目をされていました。
先生、ゴルフ部出身で、私のゴルフももうOKと言って下さいました。

忙しくなってしまった先生には申し訳ないけれど、
私はゴルフに行こう! と控えめにルンルンして帰って来ました。

夫は特段の変化無し。いつものお薬をいただいてきました。
先生、どうぞご自愛を。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:11  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT