2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017'07.21 (Fri)

今日から夏休み

小学生や中学生は、今日から夏休みなのですね。
朝のNHKラジオが子ども向けに変わっていて、
そうか、夏休みなのか・・・と気付きました。
子ども電話相談室も、また始まるのでしょうね。

子どもたちが、安全で淋しい想いをしないで
元気に夏休みを過ごして欲しいと願います。

息子たちの夏休みを思い出します。
低学年の間は学童クラブがあったので、
息子たちも毎日お世話になっていました。
でも、高学年になって学童がなくなると、
朝、親が出勤してからはずっと一人、という子もけっこう居たのです。
我が家は母がまだ元気だったので、
息子たちは母とお昼を食べたり、
我が家で友達と遊んだりしていましたが、
中には朝、お母さんから貰ったお金で食べ物を買って、
一人でお昼にしていた子や、それを持って
我が家に遊びに来たりしていた子も居たのでした。
母も分け隔てなく、まとめて面倒をみてくれていたのでした。
元気だったのですね。
タマに私がおやつをつくると、息子たちよりお友達に大喜びされました。
ホットケーキやピザ、かき氷とか、簡単なものでしたが、
ピザをつくった時には、
スゴイ!! 家でつくれるの!!
と神のように崇められて、逆にビックリしたりしました。

あの頃より、子どもたちの数が少なくなっているとは言え、
町会のお祭りや縁日、すいか割などの行事はまだ続いています。
本当に有難いことだと思います。
地域で子どもたちに暖かいまなざしで目をかけ、手をかけ
楽しい夏休みを過ごして欲しい、と切望します。

子どもたちが幸せな経験を積める夏でありますように。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:21  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.20 (Thu)

昨日の私

昨日は都庁に行きました。経審の予約日だったのです。
再来にならずに1回でクリアできました。
すべての書類を整理して保管していることや、
当たり前ですが、経理その他を適正に処理してきたことで、
比較的スムーズにクリアできたのだと思います。
(ちょっとだけ、ややこしくて、面倒だったけれど)

今度はその書類を持って、都の財務局に行き、
ランクをもらう・・・とまだやることはあるのですが、
とりあえず一段落でした。
今日のビールは美味しいぞ!!
と思いながら、早めに終わったので、そのまま友人の眼科に行きました。

一通り検査してもらって、とりあえず異常無し。
でも、近視も乱視も老眼も、度が変わっていました。
メガネの処方箋も2通。仕事用に、中近ではなくて、近々を勧められました。
あとはゴルフ用のサングラスの使用も勧めてくれました。
メガネの数と、メンバーカードとかポイントカードとかの
カード類がなんだか増殖しているように感じますが・・・
メガネ、作ってこようと思います。

彼女は高校の同期。
ずっと仕事を続けて来て、子どもさんたちも立派に育て上げて、
今なお、院長先生としてバリバリと仕事をしています。
本当に、頑張る人だと思います。
ずいぶん長い時間が経ったけれど、還暦を迎えた今も
こうして行き来できるのは本当に有難く幸せなこと。
元気で居なくちゃね。お互いに。
そんなことを想いながら、駅まで歩きました。


夜、予定通り美味しいビールを飲み、
なんだか疲れて、9時前に布団に入った私でした。














にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:54  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.18 (Tue)

激しい気候

3連休、皆さまはどんなお休みを過ごされましたか?

私は昨日埼玉県の鳩山町のそばでゴルフをしていたのですが
あまりの暑さにちょっと熱中症気味になってしまいました。
ニュースによると、鳩山町は36.7度の猛暑日だったとか。
午後のラウンドでは木陰に入っても、風が吹いても、
焼きつくすような熱風で・・・砂漠とはこんなふうに苛酷なのだろうか?
と思いました。もはや温帯ではなくて、亜熱帯か熱帯か。
異常が常態になりつつあるのでしょうか。

また各地で、大雨の被害が出ている事に胸が痛みます。
記録的短時間大雨情報、というのは大雨警報の中でも、
数年に1回程度しか起こらないような猛烈な雨が観測された時に、
気象台から発表される情報だということですが、
なんだか頻繁に感じるのは私だけでしょうか。

さっきも、会社の窓が割れるのでは、と思われるほど
ヒョウが叩きつけるように降ってきました。
竜巻き注意報が出ているな、
雷の音がすごいな、などと思っているうちに
外が真っ白になり、道路には氷が積りました。
まるで滝の中に居るようで恐ろしかったです。
こんなことは、経験したことがありません。

気象が今までと明らかに変わって来ているのを感じます。

このままいくとどうなってしまうのか。
人間が安全に暮らせる場所が狭められていくのかもしれません。

パリ協定からアメリカが離脱したけれど、
人類は英知を結集して気候変動を乗り越えることができるのでしょうか。

ちいさなことでも、一人一人が環境負荷を減らす暮らしをしなければ。
人ごとでは無いのだ、と思うこの頃です。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:46  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.13 (Thu)

今年の夏休み

今年の夏休みは、長男の駐在先、ミャンマーに行く事になった。

夫が、今年の夏休みは、どうする?
などと聞いてくれて、
私が息子の駐在している間にミャンマーに行ってみたい、
と答えて、なんだかとんとん拍子に話が進んでいるのだ。

今年の夏休みは、どうする?

というこの言葉。
もはや、こんなことをたずねてくれるはずもない、
と自分に言い聞かせ、諦めるまでのなんと長い時間、道のりだったことか。
どんなに暦の並びが良くて、長いお休みが取れる時でも
決めたわけじゃないんだけどね
と言いつつ、山岳部の山行の予定を心積もりしていた夫。
じゃあ、行かないでよ。家族旅行の相談してよ。
と言いつのるのも、悔しいし、それに家族との旅行の前に
山岳部が決まっていることに、家族旅行よりそっちよね、
と諦め、すねまくり、私は反対もして来なかったのだ。
子どもが小さい時は、息子たちのためにも折衷案で山荘に出かけたけれど、
彼らが付いて来なくなってからは、一人で映画に行ったり
掃除したりして過ごしていたのだ。

いつもゴールデンウイーク、夏休み、正月休みの前後は、
私はいじけていたし、悲しかったんだな、きっと。
山登りだって、私に合せた登山をしてくれるわけでもなかったのだから。
大学山岳部のOB会を辞めて、地元の豊島山岳会に入れてもらう!!
なんて言った事もあったっけ。


それもこれも、すべて諦めて、私は私の友人と楽しもう、
と吹っ切れた今になっての、この言葉。
ひねくれまくった妻としては、不思議感が半端無いし、
もしかしたら又ヒマラヤにでも行きたいのかもしれないな、
などと思ったりもするのだけれど・・・

とりあえず、夫の真意は謎だけれど、
この遅れて来た申し出を大いに喜んで
ビザの申請をしたりしている。

ゴルフ以外のお誘いも、私はすごく嬉しいのだよ。
お忘れなく。









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:26  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.11 (Tue)

未来予想図

都内に家があることが、経済的にも、時間的にも、
どんなに助かっているか、三男と話しました。

とても恵まれていたのだ、ということは三男も充分に理解しているようでした。
彼の周りにも、長距離通学をしながらアルバイトをしている人が
何人も居るのだと言っていました。
自分はバイクサークルのめり込んで居られたて、有難かった、
なんて殊勝なことも言っていました。

その後、家を引き払って、どこかに引っ越すとか、言わないでよ。
とまたいつものように言いだしましたが、今回はちょっと具体的。

僕が結婚して子どもが生まれたら、その子が高校とか大学に行く時
ここから通わせたい。どうせ兄ちゃんだって海外だから兄ちゃんの子どももここから通うはず。
だからずっとここで生活していて。
というのです。

そうねぇ。でも、おじいちゃんおばあちゃんの所から通うなんて嫌がるよ。
好きに下宿したい、と言うにきまってるじゃない。
そう言うと、
何を贅沢な事を言っているんだ。許さない。
文句は言わせないよ。
と言う三男。

良く言うわ、とここで私は大爆笑だったのですが、
本人は大まじめのようでした。


さらに、自分や次男も独立した暁には、父と母二人で暮らすのではなく、
私たちの母校でも、息子たちの母校でも良いので、安~~い金額で
大学生とシェアハウスにすれば良いという提案までありました。
そしたら、調理器具を小さいのに買い替えなくても良いしさ、
などと具体的。
ご飯つくってあげれば大人気のシェアハウスになるよ。
息子としても安心だし。(何が安心なのかしら?)
だそうです。


三男の未来予想図の中の私たち夫婦は、
どうも学生向きシェアハウスの住人のようでした。
親の近未来の生活、暮らしを想像している、というのが
なんだか不思議な気もしましたが、彼らが大人になっている、
ということでもあるのでしょう。

私たちの事より、自分の将来だよ。
未来は誰にもわからないけれど、ここでずっと暮らしていたい、
と私は思っています。
安心して、まずは修論。頑張りなさい。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:55  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT