FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018'09.12 (Wed)

帰りたい場所

介護の真っただ中に居る友人から
近況を知らせるメールが来ました。

お母さまは、体調が思わしくなく、
入院したことで認知機能も衰えて足腰も弱ってしまって、
とだんだんに思わしくない状況に進んでいるようでした。
毎日病院に見舞うのだけれど、そのたびに「帰りたい!!」
と強く言われるので、切ないと書かれていました。

帰りたい。
この言葉は、私の母親もさんざん言っていました。
でも、家に居る時は、
息子たちが泥棒するから、こんな家には居られない。
真夜中にゴキブリが出た、ネコが来て隠れた、などと言い
タンスまで動かして、それでもネコもゴキブリも見つからないと
おちおち眠って居られない。これなら清潔な施設の方がずっと良い。
などと言いつのっていたのですが、
施設に入り、名前は○○様と呼ばれ、書道とかちぎり絵とか
自分の好きなレクリエーションもたくさんあり、
食事も器にまで配慮したおいしそうな食事が供されていたのに、
やはり、ここに何時まで私を置いておくの?
早く迎えに来なさい。まるで私は島流しだ。
などと言っていたのでした。

どこに帰りたかったのか?

決して、私達家族と同居していた自分の家では無かったのだろうな、
と思うのです。
自分が一家の主婦、中心として家庭を切り盛りしていた頃、
父も元気で愛犬も元気で、大変な事もあっただろうけれど、
それもこれも乗り越えて行く、力に溢れていた時代。
その頃の家か、もしくは、
自分自身が子どもだった、父親や母親の庇護の下に居た
幼かった頃の家、実家なのではなかったか、と。

どこに居ようとも、たとえ思い通りにしてあげたとしても、
もはや幸福感を得られないのではないか。
老いた現実が受け入れ難く、よろず不如意の原因は、
自分の老いではなくて、全てが身近な介護者が原因になってしまうのだから。

家に帰らせてあげられないだろうか、と思案する友。

絶対に止めた方が良いと思います。
と強く言い切った私。

薄情者かな?















にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


13:07  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'09.11 (Tue)

安否を心配される側

日曜日、礼拝の後で、災害時に役立つスマホの使い方
という内容で、ミニ講座がありました。
講師は教会員の方で、新聞にも記事を書かれている方です。
とても良い内容でしたので、ちょっとお知らせします。
使いこなしていらっしゃる方には不要かと思います。

1. 出先で災害にあった場合
今の場所から一番近い避難場所をみつけて、そこまで行くために、道案内のアプリを使って、歩いて見る。

2. モバイルバッテリーを用意して、常に充電しておき、持ち歩く。
家に置いてある、またモバイルバッテリーはあるけれど、充電していない、というのでは役に立たない。

3. 災害時には電話は使わない。家族などで確実に連絡が取れる方法を確保して
おく。ラインは既読が付くので、生存している確認はできる。また、一斉に連絡できるので、平常時にグループを作っておく。

4. SMSで安否確認メールを送る方法もあるが、電話の機能を利用しているので遅い。ラインの方が早くて確実。

5. 災害用伝言ダイアルの練習をしておく。いきなり使うには難しい。毎月1日と15日に練習できるので、自分が安否情報を入れる。その時の電話番号は何にするのか。また自分が安否情報を確認するという双方をやってみる。家族とも電話番号などを確認し共有しておく。

6. 外出先で被害にあった時などは通帳、キャッシュカード、印鑑など、持ち出せないこともある。スマホで支払いができるようにしておく事も、考えるべき。

7. 正しい情報を早く手に入れるためには、ツイッターが有効。自治体などもツイッターで情報発信する。情報を見る為だけでも、ツイッターのアカウントを作っておく。

8. 緊急情報や所有者情報を入力できるので、予め入力する。アレルギーや持病の情報なども入力できるので、万一の時には身を守る。また常に携帯していれば、身元の確認にも役立つ。そのうち、スマホが身分証明書にもなるという話でした。

教会の皆さんと、なるほどね、と感心しながら聴いていました。
私は「息子たちにも伝えて練習させたいと思います」
と言ったのですが、先生からはこう言われました。
息子さんたちがお母さん、お父さんの安否を心配するのだと思いますよ。
まず、自分から、家族ライン、伝言ダイアルなどに
父と母は無事でどこの避難所に居ます。
などの安否情報を入れるようにして下さいね。

なるほど。子どもたちの安否を確認しなくちゃ、
と言う立場から、される側に変わったのですね。
しみじみ。

とにかくツイッターのアカウントとお財布携帯、伝言ダイアルの練習は
やってみようと思います。














にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:18  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'09.06 (Thu)

キャッツと災害

台風、そして今朝の北海道での地震と、
災害が続いています。
たくさんの方たちが被害に遭われ、
本当に、胸が痛みます。
テレビに映し出される映像は、今の現実の出来事。
自然の猛威を前に、人間は非力なのだと感じます。


台風接近の4日の夜、交通の乱れが気になりながら、
私は夫と劇団四季のキャッツを見に行きました。

人に飼いならされることを拒み、敢然と生き抜く
個性豊かなネコたちの生きざま。
そして最後に、天上に上り、
新しい人生を生きることを許されるただ一匹の猫が決まる。

素晴らしい歌とダンスでうっとりするような
夢の世界が繰り広げられる舞台なのですが、
これは救い、福音の物語でもあるのだな、と改めて感じたりもしました
以前、教会の特別伝道会に四季所属で、
キャッツにも出演されていた方がそうお話されていたのですが、
それが心に蘇りました。
誰しも、新しい人生を生きる事が許される。


今朝、地震の映像を見ていて、何故だか
キャッツのメモリーが蘇りました。

メモリー 仰ぎ見て月を
思い出を辿り 歩いてゆけば
出逢えるわ 幸せの姿に
新しい命に
メモリー 月明りの中
美しく去った過ぎし日を思う
忘れない その幸せの日々
思い出よ 還れ
街の灯は 消え去り
夜の終わりが
古き日は去り行きつつ
夜明けが近づく
デイライト 夜明けとともに
新たな命を 日はもう昇る
この夜を思い出に渡して
明日に向かうの
木漏れ陽は輝き
光があふれる
花のよう朝が開く
思い出は去る


夜の先には、朝が必ずやって来る。

被害に遭われた方たちの事を、
心から、お祈りしたいと思います。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

14:32  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'08.29 (Wed)

友との老後

昨日、友人達とのお付き合いのことを書きましたが、
私達世代のもっぱらの心配ごとや悩みは、
親の介護や子どもたちの結婚のこと、
それに自分や連れ合いの健康問題、
定年退職後の生活の話のような気がします。

お嫁さんの友達は、これから結婚したり、
子どもを持ったり、仕事でバリバリ活躍したり、と
新たな展望をこれから切り拓く人生で、
ゴールが見え始めた私たちとは大分趣が違うと感じます。

お試し同棲する、という子どもに
どう対応したものか、悩んでいる友人、
お嫁さんとの同居に疲れてしまった友人。
実の親であっても先が見えない介護に疲れきっている友。
それぞれに、背負わなければならない重荷なのですが、
なんと重たい荷物なのか。
それでも、粛々と自分をなだめたり、励ましたりして
日常をこなしているのです。

声を大にして言いたいです。
主婦はみな、廻りの幸せを願って日々踏ん張っているのです。
空気のように、母親、主婦がしてくれていることは
当たり前すぎて、その尊さに気付かないのかもしれないけれど。


夫や子供、親、一番身近なはずの家族から
忖度されない、そんな風だと、私は少し悲しい。
そして、それに慣れてしまって、なかば諦めの境地だったら、
悲しすぎると思います。

我慢しているだけではなくて、
母、主婦も定年で、あとは時短勤務、
と宣言しても良いのでは、と思います。

自分中心に少しでも方向転換して、
元気で一緒に少しでも楽しめる、
そんなこれからの時間を共に過ごしたいと願って居ます。
みんな、頑張ろう!!









にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


09:49  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'08.28 (Tue)

お母さんのお友達に囲まれて孫君キョロキョロ

週末にお嫁さんが送ってくれた写真は、
美女に囲まれてキョロキョロしている孫君の写真と、
積み木の入った木箱をひっくり返して脚に少しぶつけ、
大丈夫? 強い、強い。
とそのお姉さんに話しかけられてキョトンとしている動画でした。

お嫁さんの中高の同級生、
仲良しさんたちが訪ねてくれたのだそうです。

若々しく輝いて見える女性たち。
はじける笑顔で孫をあやしてくれて、
そして一緒に写真におさまってくれて・・・孫はキョロキョロ。
とても良い写真だな、と思いました。

友達の存在が、どれほど人生を豊かにしてくれるのか、
私は改めてしみじみと感じていました。

学生時代から就職、結婚。
子どもが産まれ、転勤したり、海外赴任したり。
折々に、喜びあったり、悲しんだり。
子育てや親の介護の悩みを打ち明けて、愚痴ったり励まされたり。
時には、友の生きざまに反省させられたり。
病気の時だって、どれほど支えられ、励まされたことか。
たくさんの友の顔が浮かんできました。
そして亡くなってしまった友の姿、思い出もよみがえりました。


思いやりに満ちた、豊かな友達関係が、末永く続きますように。
それぞれが友達甲斐のある女性として、益々成長して、
幸せでありますように。

写真を見ていて、そんな気持ちが湧いて来ました。

お友達が来てくれて良かったね。
私もなんだか嬉しい写真でした。

そんな写真を私にも見せてくれて、
幸せのおすそ分けをしてくれたお嫁さん。

有難う。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


08:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT