2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017'04.19 (Wed)

住まいブログのカテゴリー

私のブログ、住まいブログ 一戸建注文住宅(業者)
というところにも登録しているのですが、
どうも住宅関連、仕事に関する記事が少ないなぁ、
と我ながら感じています。

今日は○○様邸の地鎮祭です。
とか、上棟式でした、とかという記事もあまり書かず、
こういう家が最高です、というような記事も、
我が社がどんなふうに仕事をしているのか、
品質が良いのだぞ!!えっへん。 みたいな記事も書かないし・・・
カテゴリーから抜けてしまおうか、思案中です。

家づくりに正解は無いわけで、100人のお施主様が居て、
100人の設計者、施工者が居れば、解はそれぞれで違って当然。
唯一の正解はあり得ないと思います。だから、
これが絶対だ! とか、この提案はネットで調べたこれと違っている。
この工事はあり得ない! と断言するような文言が並んでいる記事に
とても違和感があり、自分ではあまり書かなくなったような気がしています。

でも、現場、建物に思い入れが無いわけではありません。
現在進行形の現場では、社員が帰って来て報告を聞き、
工事写真を見たりして、だんだん形になってくるのを実感し
事務所でひっそり胸を熱くしているのです。

それぞれに個性があり、設計者のこだわりや、
我が社の監督の渾身の頑張りも身近で毎日見ているのですから、
それなりに、誇りも矜持もあるのです。
でも、それは当たり前のこと。声高に書く事でも無いし、
とそんな気もしています。

最近、融資のことが原因で契約解除になった物件がありました。
誤解を恐れずに言えば、無理な融資付けをするよりも、お施主様にとっては
よかったのではないか、と私は感じています。
ただ、長期間かかわっていた設計者や
形にしようと頑張った我が社の監督、
意地とプライドで取り組んでくれていた職人さんたちが・・・
なんとも痛ましいな、と感じるのです。
残念無念、という言葉が浮かびました。

全力で仕事と向き合っても、報われることばかりではない。
でも、やはり一致団結して建物を完成させるのは、
やりがいのある、仕事だとも感じます。

伝えるのって、難しいです。
・・・さて、カテゴリーどうしよう。












にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:35  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.24 (Fri)

矜恃を保つ

長らく仕事をしていると、いろいろな経験をする。
嬉しく、晴がましい経験もあれば、
失敗して、挫折感を味わったこともある。
素晴らしい人との出会いもあったけれど、
できればご縁を持ちたくはなかった、という人との出会いもあった。

失敗してしまうのは、致し方の無い事だと思う。
失敗の無い人生なんてあり得ないし、挫折なくして成功も無い、
と私は思っている。
要は、その、できればしたくないような経験、失敗、
挫折にどう向き合うかなのだと思う。

正しく失敗体験をしてもらいたい。
心の底から、自分の失敗、非を認め、その責任を引き受ける事。
口先だけでとりつくろい、お腹の中で屁理屈や言い訳、
他者への責任転嫁などをしているのでは、
失敗の連鎖は断ち切れないだろう。
乗り越える事で、己の力になるような失敗体験には成らないのだ。

黙っていようか、とも思ったのだが、夫と私は
ある人を叱ったのだ。

こじらせた反抗期みたいな大人。
見苦しい。恥ずかしいと思わないか。
自分の仕事に対する矜恃はどうしたのだ。
私たちと、対等でありたいではないか。
聞かなかったことにするから、もう一度冷静に考えろ。

うやむやにすることは、決してその人のためにならないし、
私は、残念にも思ったのだ。
切って捨てるのではなく、叱る大人も必要ではないか。



さっき、その人から、連絡があった。
真意は伝わったように思えた。

人生は長い。
・・・待っているよ。















にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:55  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.08 (Wed)

仕事に向かう姿勢

有難い事に、何件かの受注が決まって、
契約の準備が進んでいる。

会社を手伝い始めた頃に比べて、夫はずいぶん慎重になったなぁ、
と感じることが多くなった。

チャレンジングな仕事、難しい納まり、
こだわりのある設計事務所の先生の仕事

成せば成る、という精神で夫は社員の先頭に立ち
叱咤激励、皆を鼓舞して、知恵を絞り、必要なら
各方面からも知恵を借りて、竣工に向けて仕事をし、
形にして来たのだと思うのだけれど、

今は、成せば成るということよりも、
成らぬものは成らぬ、ということの方をより感じているのではないか
と感じることもある。

慎重に、とことん検討して確証を得ようと努力して、
自信を持って始めても、思いがけない事が起こるものだ、
という夫の言葉は、長年の仕事からそう思うに至ったのだろう、と思う。
年をとった、という事なのかもしれない。

問題点は社員や協力業者さんとも共有して、
話し合い、検討を繰り返す。

40代の社員は、頼もしくなった
と私は感じています。

全力で、臨みましょう。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:50  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'01.13 (Fri)

明日は会社の新年会

明日は協力会社の皆さんと新年会です。
40社くらいの方たちが出席して下さいます。
本当に、有難いことです。

建て物は、こうした専門業者の方、職人さんたちが居なければ
形になる事はありません。
顔を見知り、気心が知れた間柄で、現場でも協力しながら作業ができれば、
安全も効率も、出来栄えだってアップすると思います。
食事を一緒にしたり、ゴルフ会や釣りの会をすることは
無意味な事では無いと私は思っています。

明日、みなさんと一緒に、今年1年がより良い1年になるように、
たくさん話し、思いを共有してきたいと思います。

・・・でも、相当に寒そうですね。

センター試験もあるのですね。
受験生はさぞ落ち着かないことでしょう。
交通の乱れが無いように、と祈るのみです。

冬来りなば、春遠からじ

どんな時にも前を向いていたいものです。

風邪などひかれませんように。




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:15  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.13 (Tue)

見積作業

ここのところ、社内では何本かの見積作業が並行して行われています。
何人かでグループになり、担当を決めて作業するのです。

図面を見て、現地を実際に見に行って、
通学路とか近隣の密集具合とか、実際に工事する時を想定して
調査してくるのです。

それからの作業というのは、実際に家を建てるのと同じ順序で
作業の日程や手間なども考えながら、進んで行きます。
仮設から始まって躯体工事、それから内部の造作、
サッシを取り付けたり、防水したり、電気、ガス、給排水などの設備があり、
最後は竣工美装費とか、外構工事などまで・・・担当者は、本当に家を1件
頭の中で建てているのだと思います。
設計者の意図をくみながら、でも実際に施工できるのか、
どう工事を進めて行けば、一番効率的で節約になるか、
下職の業者さんも含めて、みんな必死です。

受注させていただけるように、
予算との折り合いがうまくつきますように、
そんな気持ちで作業しています。

提出期限が近いのでしょう。
連日、粘り強く知恵を絞っている社員の面々。
頑張りが報われると嬉しいのだけれど・・・
残念ながら、受注できる事ばかりではありません。
ご縁が無いこともあり、で
そんな時にはがっかりですが、気を取り直して又次に進む。
そんな繰り返しです。

お施主様や、設計事務所の先生は、見積から
どんな評価をされるのか、ちょっと気になったりもします。
まずは価格というのは当然としても、仕事の進め方や
施工の品質、その他監督や職人さんなどのグレードなど
あの1冊の見積書からわかる物なのでしょうか?
だから、紹介とか雑誌に掲載されたり、という事を
参考にされているのかもしれませんが、
実際のところはどうなのか・・・?

入力の手伝いをしながら、それこそ誤変換の無いように
気を使って作業しています。私のせいでいい加減、とか
ミスが多いとか品質に不安感を抱いてしまったら、
本当に申し訳がありませんから。

今回のお見積、ご縁があると嬉しいのだけれど。
みんなラストスパート、頑張れ~!!




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:39  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT