FC2ブログ
2019年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019'01.10 (Thu)

記事の訂正と一夜漬け

昨日の記事に訂正があります。
肢体不自由児の学童疎開を受け入れて下さったのは
山中温泉ではなくて、上山田温泉でした。
記念碑も建てられています。
上山田ホテルのリンクを貼っておきます。

上山田ホテル 学童疎開の記事

年賀状を下さった先輩は、奥様と今も旅行でお訪ねになるそうです。
訂正させていただきます。
申し訳ありませんでした。





さて、2月に会社が一つになるのに向けて、
事務系女子3人は、わさわさ、とても忙しいことになっています。

手続きする上で、いろいろな矛盾点があり、
自力ではもうお手上げ状態だし、間違ったら大変です。
忙しいところ、申し訳なかったのですが、顧問弁護士をしてくれている
I君に問い合わせをしてみました。

結論から言えば、商法とか会社法などの法律で要求している手続きと、
社会保険事務所とか労働基準監督署とか、それぞれの行政機関で要求している書類とでは、
つじつまが合わないことも大ありなのだそうです。
齟齬があるのも仕方ない、ということのようです。

現実的にどういう形で一つになるのか、それに即した必要書類を用意して、
それぞれの役所では要求するものが違っても仕方ない、ということなのだとか。
そういうものなのでしょうか。
きちんと統一してもらいたいものです。本当に混乱します。
とはいえ疑問点が少し解決しました。
社労士さんからいただいた参考書を読みながら、
Aさんと書類の準備を進めています。

弁護士のI君も同僚のAさんも私も高校の同級生。
同じステキな伝統を受け継いでおります。

参考書を手にして、目次からざっと斜め読みして、
付箋を張り付けたり、アンダーラインを引いたり、
必要なページ、項目にチェックを入れました。
(ヤマを掛ける、とも言いますが)
Aさんと二人でそれをパラパラと眺めます。
その部分を読んで理解するのに・・・正味2時間半かな。
うん、そんなところだね。
と意見が一致。

そう、高校時代の鍛錬のたまもの、母校の伝統、一夜漬けの特技が
久しぶりに蘇り、役に立ちました。



ああ、でも私、根気と集中力が衰えていて、
2時間半では無理でした。涙











にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







17:04  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'12.29 (Sat)

スリーエフ最後の忘年会

昨日は会社の忘年会でした。
来年2月にわが社は株式会社相川スリーエフになります。
一足先に社名変更をした株式会社相川スリーエフと
株式会社スリーエフの合同忘年会だったのです。
ホテルのロビーに集合したのは、80人くらい。
みんなで集合写真を撮り、それからにぎやかに宴会でした。

社長の挨拶の中には、あんまり儲からない、アトリエ派の設計事務所の仕事をしている
スリーエフとなぜ一緒になったのか、という経緯が話されていました。
技術力を評価して下さっているのが改めてわかりました。
そして乾杯の音頭は夫。
一つになって、より力を発揮できるように、との願いを込めたものでした。

社風の違い、というのはあるのだな、とも感じました。
スリーエフには営業が居ません。
改めて社員の顔を眺めてみると、みんな技術者なのだなぁ、
としみじみ感じました。
営業職の方たち、メーカーの人たちのノリの良さに比べて
ちゃんと美味しく食事をいただき、楽しそうではありましたが、
静かーに見えた社員の面々でした。
早く溶け込んで、そして何より自分たちらしく、
来年も仕事をしてもらいたい、と思いました。

最後の手締めの挨拶に立たれた方が、相川スリーエフの企業理念、
スリーエフスピリットを熱く語ってお開きになりました。

夫がつけた社名、スリーエフ。
ファイティングスピリット・フェアプレイ・フレンドシップ。
どんな気持ちだったかな、と少し感傷的な気持ちにもなったのですが・・・
帰りの電車の中で、
私が言うよりずっと上手! 熱くスリーエフスピリットを語ってた。すごいよ。
と夫は大笑いしていました。朗らかな夫でした。

それよりも、スリーエフだけの例年の忘年会で、
今年の目標の達成度合いと新年の目標を発表しあっていたのですが、
それができなくてちょっと残念だったのだそうです。
夫は週に1冊、本を読む、という目標を掲げていて、過去最高の達成率だったのです。
ちょっと成績を自慢したい、子供みたい、とおかしかったです。
それとも、本当に最後の忘年会、社員とこじんまりやりたかったのかな?

スリーエフという会社にとっても、社員にとっても、
そして私たち夫婦にとっても、今年の1年は大きな変化の年でした。
でも、しみじみ振り返るより、明日を見通して、歩かなければなりません。


お正月休みに、二人で少しのんびりして、2018年をふりかえりましょう。
何冊の本を読んだのか、お勧めは何なのか、それも、じっくり聞いてあげましょう。
・・・私の目標は、とりあえず手術を無事に終えて元気で居る、
ということですから、それもクリアです。

1年間、本当にご苦労様でした。
そして新しい年もまた宜しくお願いします。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






16:31  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.14 (Wed)

ホームページ

昨日、病院から帰ったら、会社では社長が
ホームページの業者さんと打ち合わせをしていました。
社長が変わり、新しい体制になるのですから、
ホームページも刷新していくのです。
これで更にお客様が増えてくれたら嬉しいのですが、
なかなか簡単なことではありませんね。

ネットによる集客、ホームページというのは
今は避けては通れないことですが、
ホームページやネットからの情報が正しくて、しかも正確に伝わるか
ということに関しては、私個人はずいぶんと懐疑的です。
サイトのデザインから受けるイメージが先行するような気がしますし、
書かれている事の受け取り方も人によって様々。
通販のように、販売する物が存在するわけではなく、
注文に応じて建物を建てていく仕事なので、
伝えたい内容の中心になるのは、物づくりに対するポリシーや
大小さまざまなわが社の仕事そのものなのかもしれません。
でも、それをホームページから伝えるというのは、至難の業。
そもそも、伝わるのかな、とさえ思ってしまうのです。

でも、だからと言って、今のままで良いはずはありません。
まず、関心、興味を持った人はホームページにアクセスして、
どんな感じの会社なのだろうか、とあたりを付けるのですから。

いずれにしても、私がホームページビルダーで
なんとか更新していた、(しかも長い間放置したまま)
つたない物とはわけが違います。
若いセンスのプロの方が作成するのです。
きっと伝えたい事が正確に伝わる、カッコ良い
ホームページになるのだろうな、と期待しています。
宜しくお願いいたします。

社内では、掲載する建物の写真など選んでいるのですが
昔の仕事をした当時を思い出して、懐かしかったりします。
30年の蓄積。選ぶのも一苦労ですが、事務方女子3人組で
知恵を絞って楽しみながらやろうと思います。


病院は、変わりなしで、次の予約は来年の4月。
術後1年の念入り検査になりました。
12月、1月は乳腺外科の念入り検査ですし、
来年の予定は、病院ばかり決まってきましたが・・・

何か楽しい予定も入りますように。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



14:36  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'11.07 (Wed)

インタビュー

会社のバトンタッチをするにあたり、
私たちはM&Aの専門会社にお願いしました。
契約させていただいたのが年明け早々(だったような気がします)
そして6か月後の7月にはすべての手続きが完了していたので、
とてもスピーディー、スムーズに進行した案件だったようです。
で、昨日、そのM&Aの会社が発行している広報誌に掲載したい、
ということで夫と共にインタビューを受けました。

中小零細企業にとってはM&Aというのは馴染みが無く、
ハードルが高いと思われがちだけれども、実際に体験してみて、
そのきっかけとか、実際の進行について、また現在はどう感じているのか、
などをざっくばらんに話してください、という主旨でした。
インタビュアーの方から問われるままに、
思ったことを、夫と私それぞれの立場からお話しました。


こういう時、ほぼ必ず、創業時からの経緯を話すことになるのですが、
私にとっては、あんまり思い出したくない話題なのです。
以前にも書きましたが、3人の息子たちの子育てと、
会社での仕事の年月がリンクしていて、当時の自分のことを思い出すのです。
毎日が修羅場みたいに忙しくて、てんてこまいで、本当に必死だったのです。
自分のことなのだけれど、当時の自分が可哀そうに思えてしまい、
胸がいっぱいになってしまうのです。

過ぎてきた過去なのだし、今更可哀そうに、などと思っても
何にもならないのはわかっているのに、
泣きそうな気持ちになってしまう自分。
マルタとマリアの話ではないけれど、大切なことを見失い、
歯を食いしばっていた自分の姿が・・・我ながら痛ましいのです。




経営者の奥様に何か一言を。と言われて
会社をまったく手伝わない。
と言って笑ったのですが、あながち冗談ではないのです。
でも、そうはいかない場合も多々あるわけで、
一緒に仕事をするならば、
無理なことは無理と伝えて、自分ひとりで頑張らない、
ということだと思います。

経営者夫婦ではなくても、フルタイムで共働きをしているご夫婦など、
今も女性の負担が大きいのではないでしょうか。
ほんの少しでも余裕を持って女性が生きていける社会を望んでいます。
あんな思いは、誰にもしてほしくはありません。


さて、雑誌は年内に原稿が出来てきて、読ませていただき添削をするそうです。
どんなふうになるのかな。
ちょっと楽しみだったりします。








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







15:09  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018'10.25 (Thu)

新建築

新建築の住宅特集 2018年11月号に
施工した建物が掲載されました。

設計は東工大の若松均先生。
以前にも一緒に仕事をさせていただいたことがあり、
そのご縁で、東工大出身の建築家の方たちと
ずいぶんお知り合いになることができました。
仕事をさせていただいた方も多く、有り難いことです。

夫は、雑誌を見て、
図面で想像していたのより、ずっと良い。
さすがだなぁ、と感心して、見とれていました。

IMG_0023A.jpg
IMG_0024B.jpg
IMG_0025C.jpg


新建築に掲載された、と言っても
設計した建築家の方が掲載されるのとは意味合いが違います。
それでも、施工会社にわが社の名前が出て、
担当した社員の名前も掲載されているのですから、
彼らにとっても、嬉しいことには違いありません。

夕方、現場から戻ってきたみんなと、回覧して読みました。

チャンスがあったら、私も現地で実際に見てみたいな。
K君、A君、改めて、ご苦労様でした。よかったね。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






11:02  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT