FC2ブログ
2019年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2019'03.07 (Thu)

捨てまくる日

本日は社内の片づけをしました。
主に、自分のデスク周り。
本社では、5S運動の日が毎月あるのだとか。
整理・整頓・清掃・清潔・しつけ
の5つなのだそうな。

掃除は嫌いで不躾、野放しの私。
まずい。

大量に、捨てました。

もう、スリーエフとして仕事をすることは無いのだから、
思い切りよく、ポンポンと捨てられました。
写真、資料、仕事の記録ノート、古い名刺等々。
フロッピーディスクやOHPフィルムなども大量廃棄。
ポラロイドカメラや古いデジカメも処分対象です。


物の寿命というのも、思いのほか短いのだ、
と改めて感じました。
ワープロや自動車電話、ポケベルなんて使っていたな、
と思いながら、容赦なく捨てました。

まだまだ、整理が出来そうです。

家の方も、やらねば。













にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:55  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'03.01 (Fri)

仕事していてイロイロ

本日、会社では3人の方と面接の予定があったのだけれど、
結局、いらしたのはお一人でした。
昨日、電話があり、他社の採用が決まったので辞退します。
という方が一人。そしてもうひと方は、意味不明のドタキャンでした。
約束の時刻を30分近く過ぎて、ご連絡が無いので
本社の人から電話をしてもらったのですが、
今、電車に乗っていて、電話は困るそうで・・・
こちらからお断りしたのだそうです。
社長の経験では、ドタキャンも多々あるそうです。
さらに、ステテコにダボシャツ姿で会社に現れ、
ハローワークに提出する書類にハンコ下さい。
みたいな方もいたそうです。
あり得ない。私の理解を超えたお話でした。

2月に新会社になるために、1月末で決算をしています。
税理士さんが二人来て、27日にさんざんやり取りをしたのですが、
どうしても腑に落ちない、納得できないことがあり、
本日、個人の確定申告に来て下さった税理士さんに再度確認をしました。
わかりました。
腑に落ちない、と感じたことはクリアされましたが
間違った方向で指示をされていたので、結局またやり直しになりました。
税理士さん二人が同じように間違えること、あるのですね。
やり直しは・・・本日はもう気力が続きません。
また仕切り直しです。ガンバレ!!

そして、今月はいつも通りの決算です。
今回が、株式会社スリーエフの最後の決算。
こちらの方も、今までとは勝手の違う決算で、たくさん指示がありました。
決算2回。考えると、元気がなくなってきます。
さらに銀行からのお知らせも恐ろしいです。
ゴールデンウイークの月末から月初にかけてのお休み。
途中で元号も変わる、経理や見積もりなどのソフトの対応があります。
そして、消費税増税。8%と10%の税率が契約時期によって
混在することになるのだと思います。
コツコツと仕事をしていけば、きっとちゃんと終わるのでしょう。

問題、課題を悩みにはしない。

頑張りましょう。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:37  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'02.27 (Wed)

新会社になって1か月

どうにかこうにか、2月が終わります。
今、税理士さんが監査をしていますが、
漸く、筋道、終わりが見えてきました。

今までのスリーエフの税理士さんと新会社の税理士さん、
それに社長と夫、私が加わって計5人での仕事、作業でした。

新会社になって最初の1か月は怒涛のような毎日でした。
不備や不手際は多々ありましたが、
とにかく月末を迎えられることに感謝です。


疲れて肩がガチガチだったり、瞬きするたびに目がギシギシしたり、
歩きスマホどころか、考え事をしていただけで足元がふらついたり・・・
寄る年波、というやつをヒシと実感させられた1か月でもありました。涙


日々、新しいルールに従って物事を進めていくのですが、
きちんと、守れるルールを合意のもとに決めていきたいと思います。
最初から無理があると、例外を認めざるを得なくなり、
そうすると、例外に、自分なりのルール、
自分に都合の良い解釈が入り込む余地が産まれるのだと思います。
それぞれがそういう事をやり始めるとどうなるのか。
「小事に忠実な人は大事にも忠実である」 という言葉が聖書に出てきます。
小さなことでもしっかり守る、その気構えが
最終的には、会社の仕事、建物の品質に現れないわけがありません。
細部に魂が宿る、ともいうではありませんか。
細かいルールも大切にして、自分にも厳しくあって欲しいと願います。
それが、今までのスリーエフの品質、社風につながっているのですから。


老骨に鞭打って、もうひと頑張り。
本当に、老骨だ!!








にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






18:12  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'02.13 (Wed)

アドバイスを求められること

家を購入したいので、相談に乗って欲しい、
リフォームにするか、新築にするか迷っている
事業用の建物を建築して投資したいので、アドバイスが欲しい
などなど、このところ、建築に関しての相談事が
夫と私のところにたくさん寄せられています。

客観的に、購入したい、という建物の評価をする。
リフォームと新築のメリット、デメリットをお伝えする、
事業用の場合も投資金額の範囲でどの程度の建物ができるのか、
大まかではあってもなるべく正確にお伝えする、(リップサービスはしません)
極力、個人的な意見を排して、客観的な事実をお伝えする
というスタンスで対応させていただくのですが、
親しい方だと、
あなたなら、建て直しちゃう? どうする?
とか、あなたの意見が聞きたいの。
と迫られて、ちょっと困ってしまうこともあるのです。

私とあなたでは、価値観も違うし、生活のスタイルも違います。
私の意見が参考になる、とは限らないのですから。

でも、お財布の中身までオープンにして相談して下さるのですから
夫は信頼されているのだな、としみじみ思います。
そして、そういうご相談をされる時は、何か変化がある時なのだ、
とも感じています。

生活の新しい一歩を踏み出す時、
暮らし向きに大きな変化があった時、とか
理由はいろいろでも、ちょっと高揚感があります。
そういうワクワク感に接することは、私も幸せな気持ちになれます。


たぶん夫は、相手の期待値をくみ取ってアドバイスする
という姿勢ではないと思います。
事実のみを淡々と、だと思います。
でも、どうにかしたい、という気持ちをぶつけて下されば
知恵をしぼってはくれると思います。

良い判断材料になるような、アドバイスができますように。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村







18:13  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'02.04 (Mon)

事業・会社が続いていくということ

去年の7月から、夫と私が役員を退いたり、
社名が変わったり、といろいろな変化がありましたが、
漸く、株式会社相川スリーエフとして2月1日から動き出しました。
M&Aなんて、私たちの会社のような零細企業には
およそ縁が無いものだ、と思っていましたが、
結果的には、M&Aの専門会社にお願いして、存続の方法を探り
今の形にたどり着いたのです。

日本の人口はどんどん減少していくのでしょうし、
それに伴って、住宅の需要は減少していきます。
労働力だって不足しています。
将来にわたって、お客様、設計事務所の先生方
そして社員の皆にも最低限の責任を全うするためには
今はこれしか無かったように感じています。
一緒になった会社がお互いの得意分野でそれぞれが補完しあい、
スケールメリットも享受する。
そういうことなのだろうと思います。

さて、そんな私たちの経験がM&Aの会社から発行されている
小冊子に掲載されました。年末にインタビューを受けていたのです。
1ページめに掲載していただいて、表紙をめくると
夫のニコニコ顔が目に飛び込んできます。
6B59917E-393E-41E6-9AE1-904EA7595DA1 (002)a

4C6D9DE4-9B1C-4763-809A-27D2478110DC (002)b

この冊子、読んでいる方が居たのです。
なんと夫の高校の同期の方。
郷里での高校全体新年会の時に声をかけられ、
ビックリしたよ。なんて言われたそうです。
そのご友人の方は群馬で会社を経営されていて、
近日中に、会社を1社、買い受けるのだということでした。
写真撮影があるよ、とか花束贈呈があった、
などと式次第の話をしてきたそうです。

生き残っていくために、どんな方策を選べるのか、
パイは限られているようにも感じます。
顧問という立場で少し軽やかになれた夫。
そのご友人の方は、まだまだ先頭切って、頑張られるのでしょう。
責任感のなせる業でしょうか。
夫と同年齢。私は、その方の健康が守られますように、
とそっとお祈りしました。

さて本日、今度は私の友人のご主人が、この3月で
会社をたたむことにした、というのを知りました。

清算する。
寂しい事ではあっても、それも一つの選択肢です。

それぞれの選択が、良い結果だった、と言えるように、
心から願っています。

・・・そのために、夫と私も、もうひと頑張りです。
何より、支えあえる仲間が増えた、というのは大きな力。
朗らかに、粛々と頑張りすぎずに歩みましょう。

 





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









17:27  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT