2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017'08.28 (Mon)

ゴーストタウンそしてティダ

またミャンマーの思い出です。
バガンという遺跡の街を案内してくれたのは、ティダという女性。
彼女は英語のガイドでした。

そこには、たくさんのパゴダがあり、昔は村だったそうです。
そこに住む1族が1つのパゴダを持っていたのだとか。
たくさんの家族が暮らしていたから、たくさんのパゴダ。
でもそのほとんどは地震で崩れ、そのままになっているものや
修復中の物などが並んでいるのです。全壊ではないので、
壁面の絵画や天井のモザイクなど、美術品としても素晴らしいもので
じっくりと鑑賞しました。

ユネスコに登録それたので、その保全計画に則って
これからどんどん整備されていくし、予算も出るので、
もっと良くなると思う、とティダは話してくれました。
丁寧にどんな由来のあるパゴダなのか説明してくれました。

DSC_0961a.jpg

私には街全体が異様な雰囲気に思えました。
実際に信仰、瞑想の場として使われていたというのに、
人の気配が全く無い街なのです。
どうして?と尋ねたら、
このエリアは文化財としての価値がある、とふんだ軍事政権に、
強制的に退去させられたのだそうです。
人が住んでいるのはニューバガン。
パゴダのあるオールドバガンには人は居ない、ということでした。
聞けば、ティダの祖父母の代に強制的に退去させられたそうで、
おじい様は先祖代々の土地を失い、嘆きの中で晩年を過ごされたそうです。
自分たちの暮らしが根こそぎ取られてしまったの。
ティダのその言葉に、なんともやるせない思いがしました。

ニューバガン。新しい街をつくってそこに強制的に移動させられる。
軍事政権は首都もヤンゴンからネピドーに移す、と決めて
新しい街をつくったのだ、とティダは言っていました。
高層ビルや道路をつくり、そこに政府機関をつくり、
軍人や高官の贅沢な家をつくる。
そのお金は社会インフラの整備に使われるべきお金だったと思う。
ティダはそんな話もしていました。

彼女とはとても親しくなり、ニューバガンや
周辺の村にも連れて行ってくれました。
たまたま村のお祭りがあったそうで、私たちに行く?
と聞いてくれたので、もちろん、ということで急遽、
村のお祭りも見学できました。去年、ようやく電気が来た、というその村。
村の入り口には、真新しい電気の変電設備がありました。
(息子もこんな仕事をしているのかな?)

ティダの家はバンブーハウス。エアコンも洗濯機もテレビも掃除機も
何にも無いの。でも、海外から仕送りしてくれていた弟が帰国して、
父親は車を買えてドライバーの仕事ができるし、みんなで暮らせて幸せだ。
と話してくれました。お姉さんは奨学金を得て、日本に留学し、
今はヤンゴンで働いているそうです。
ティダも必死で英語の勉強をして、ガイドになったのだ、と言っていました。
ティダの英語・・・生の英語に触れる機会はとても少ないのかもしれません。
発音が妙な時があって理解しにくいこともしばしば。
仕方のないことなのかもしれません。
もしもう一度訪ねていく事が出来たら、ティダに
英会話の教材をプレゼントしたい、と思う私です。


8月も、もうじき終わり。
ミャンマーの濃密な思い出と共に、
ティダのことも忘れられない2017年の8月です。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:01  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.16 (Wed)

ミャンマーからただいま

ミャンマー旅行から帰って来ました。

DSC_1011V.jpg

ヤンゴンでは、息子が仕事でお世話になっている
ミャンマー人ご夫妻から夕食のお招きをいただきました。
また、所長さんと息子と私たち夫婦でゴルフもすることができました。
所長さんは奥様とお子さんもご紹介下さって、一緒にゴルフの後、
お食事をさせていただきました。

バガンに移動して1泊。そこではユネスコに登録された
パゴダをじっくり見学し、ポッパ山というところにも行きました。

息子がドライバーやガイドの手配などしてくれて、
また職場の方の暖かいお心遣いをいただいて、充実した旅行でした。
皆さん、暖かい。そして、息子は皆さんに受け入れていただいて、
仕事もなんとかこなせているようでした。
有難いことです。
出かけて良かったと思い帰って来ました。

ミャンマー、心癒される場所で、好きになりました。
また行きたいような気がします。
DSC_0944A.jpg

息子の仕事ぶり、暮らしぶりは、もう親の想像の範疇を越えています。
まだまだ若い駆け出しの息子なのに、
彼の生活はミャンマーの方たちの暮らしぶりとは大きくかけ離れた贅沢なもので想像以上でした。
接触のあるミャンマー人の方たちも、アッパークラスの方たちばかりなのでしょう。
自分が何者かに成れたわけではないのだ、ということを勘違いしないでもらいたい、と願います。
息子たちの仕事、日本のかかわりは、
ミャンマーの皆さんの生活の向上と貧困からの脱出につながると信じていますが、
謙虚であってもらいたいとも切望します。

忙しく、仕事のストレスも相当なのでしようし、
母のこういう心配ごとなどに付き合う余裕も無さそうに感じました。

守られますように。
真っ当に、堅実に人生を歩いていけますように。祈るのみです。

どこかで、躓いたり、痛い目に合うことも必ずあるのでしょう。
それが人生だから。
でも、そういう時にちゃんと自分を見つめ直せますように。

息子に心配していることを伝えたり、問いただしたりしても、
私の気休めにしかならないし、息子からはうるさがられる。
しみじみと、親は子どもの幸せを祈りながら、遠くで自分の生活を生きるのみ。
そんなことを感じた旅でもありました。

息子のおかげで予想以上の経験ができました。
素直に喜びましょう。

Thank You so much for your kindness.
I’m always praying for you.
Ever lasting be happy my boy!





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:51  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.07 (Fri)

美味しい食事とお酒

北海道のゴルフ合宿では、とても美味しい物をいただきました。

初日は海鮮。

DSC_0894a.jpg
DSC_0896b.jpg

翌日はお肉。

DSC_0901c.jpg


東京は、お金を支払いさえすれば
美味しいものが食べられる町ですが、
北海道では、信じられないくらいのお得なお値段でした。
しかも、何もかもが新鮮で美味。
食に関しては、本当に豊かなのだな、と実感しました。

そして、帰宅してみたらまたまた美味しいものが届いていました。
梅酒です。
DSC_0915b.jpg

私の母は、元気な頃は、毎年梅酒をつくっていました。
梅を取り寄せ、ブランデーで漬けたりして、
本当にこだわって漬けていました。
今まで、梅酒は母の物が1番、と思っていましたが、
今回は1番の座を奪われたと思いました。
サントリー山崎蒸留所で作られた物だそうです。
樽の香り、スッキリした味わい、母の梅酒とはまた違った味わいでした。

時たまいただく美味しいお料理は
良い素材と丁寧なプロの技。

せめて私も毎日の食事作りを丁寧にして、
少しでも美味しい、心豊かな我が家の味を目指したいな、と思いました。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


13:24  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.30 (Fri)

生で聴く歌謡曲

昨日のお芝居、たいへん楽しかったです。
今まで見たことのある演劇やミュージカル、こんにゃく座のオペラ
なんかと雰囲気の違う、気楽に観れる、でも内容豊かな楽しいものでした。

私、森昌子さんの歌が素晴らしいのに驚きました。
演歌もあんなにしみじみと聴いたことが無かったのですが、
彼女が歌うと、目の前に冬の日本海が広がり、
私はそこにたたずむ、薄幸な女なの、
みたいな気分になるのですから、不思議です。
さすが、プロなのですね。

宝塚出身の湖月わたるさんもステキでした。
歌も踊りもお芝居も、ひときわ安定感があって、
鍛えられているなぁ、とこれまた視線も耳も釘づけでした。
宝塚の舞台も見てみたい、と真剣に思っています。

さらにジャニーズの方や上原多香子さん。
歌もダンスも迫力がありました。
人気だけじゃなくて、実力もある方たちなのだ、と感心しました。

歌われたのは、先生、ピンクレディーのUFOとか、涙君さよなら、
デイドリーム・ビリーバーとか、懐かしい歌ばかりで
思わず口ずさんでしまいます。最後は、全員で上を向いて歩こうでした。

上を向いて、歩こう!!
そう思って帰って来ました。

前田吟さんは、森昌子さんと湖月わたるさん姉妹のお父さん役。
一緒に歌って、踊られて、本当にビックリ。
役者さんの凄さも実感しました。

DSC_0888b.jpg
DSC_0889c.jpg

前田さんの奥様からご挨拶を頂きました。
以前にもいただいた、同じお菓子屋さんのクッキー。
セリフを忘れないのが素晴らしい。
どうやって暗記するのだろうか。信じられない神業だ。
と夫と二人で感心しながら、美味しくいただきました。
ご馳走様でした。

華やかなロビー。
DSC_0879a.jpg

楽しい、異空間の時間を有難うございました。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

14:23  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'06.29 (Thu)

今日はこれからのど自慢

・・・と言っても、私がのど自慢に出て見よう、
と目論んでいるわけではありません。

東京国際フォーラムで今日から7月4日まで上演される、
「のど自慢」というお芝居(音楽喜劇と書いてあります)を見に行くのです。
前田吟さんが出演されているのです。

以前、前田吟さんのご自宅の工事をさせていただいて、
それから、出演される舞台やテレビの番組などがあると、
お知らせを下さるのです。
工事をさせていただいただけなのですが、
出演されている舞台やテレビは、なんだか是非、見なくっちゃ!!
という気持ちになり、気合いが入ります。
担当した監督はもちろんですが会社のみんなも、大河に出てましたね。
なんていう話題にもなり、我が社の知り合い芸能人、
みたいな気持ちになっています。(おこがましいですね。ご容赦を)
でも、出演されるのは、楽しみで、嬉しいです。

このお芝居は、映画で上映されたものだそうです。
売れない演歌歌手の役に、森昌子さんが出演されています。
今日が初日。
夫と二人で芝の上では無い、デートです。

嬉しいな!!


リンクを貼っておきます。おもしろそうです。
音楽喜劇 のど自慢







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:35  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT