2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017'04.15 (Sat)

早退して

昨日は、夫と共に早退しました。
お客様が関係しているオペラこんにゃく座の公演に
声をかけていただき、夫が申し込みをしてくれたのです。
3時開演と7時とあったのですが、午後3時からなんて
本当に珍しくて、どうかしたのか?と心配になってしまうレベル。
でも、嬉しく出かけて来ました。

新宿のスペース・ゼロで演目はタング
とても楽しい舞台でした。
私はこんにゃく座を見せていただくようになって、
ミュージカルとも違うオペラにはまりました。
最初にミニコンサートもあり、そちらも秀逸でした。
有難うございました。
また、行きたいです。

その後、夫に誘われて食事をして帰りました。
次男の勤務先も新宿なので、そのビルに行ってみたい気もしたのですが、
早くビール飲もうよ、のお誘いにすぐに気が変わりました。

DSC_0748a.jpg

高層階のカウンター席で、目の前に新宿御苑が見えました。
だんだん日が落ちて、最後はきらめくネオン。
景色も楽しみました。

お料理は、もちろん大満足。
DSC_0747b.jpg
DSC_0754b.jpg

最後の鯛茶漬けは・・・私おかわりしてしまった。


リタイアしたら、こんな昼間の過ごし方もできるのかしら?
などと想像しながら、二人でゆっくり食事しました。
日本酒も、美味しかったね。

また、誘って下さいな。




にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

09:21  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.22 (Wed)

お休み報告その2

大町では、わちがい というお店でお昼の食事をいただきました。
こちらにお伺いするのは二度目です。

わちがいは、大地主栗林家の屋号だそうで、
明治時代からの建物の中でお食事をいただけます。

DSC_0697v.jpg
3種類の飲み比べセット 夫はハンドルキーパーなので、私が美味しく飲み比べ致しました。
白馬錦・大国・黒部それぞれに美味しいのですが、山荘の雪見酒用に、黒部を購入することにしました。

DSC_0698g.jpg
おぼろ豆腐に信州サーモンに菜の花のオイルがかかったもの。小鉢の大根の煮物も美味しかったです。

DSC_0701y.jpg
紫米のおまんじゅうの餡かけ。やさしいお味でした。

DSC_0699h.jpg
鶏ハムにりんごと柿のソースがかかったもので、りんごのしゃりしゃりした食感と酸味が爽やかでした。これも美味しかったなぁ。

DSC_0704l.jpg
岩魚の天ぷら。パリパリと頭から全部食べられます。

食事はおざんざと黒豚丼が選べるので、私はおざんざ、夫は黒豚丼をいただきました。
そして最後は甘酒
DSC_0705w.jpg
レモンを絞ってスッキリ。さっぱりした美味しさでした。

地元の食材を使ったお料理を古民家風の建物の中でゆっくりいただきました。
建物の見学もさせてくれるので、前回うかがった時には2階も見学させていただきました。

お勧めお店ですが、夜の営業は無いのと、予約はした方が確実だと思いました。

私だけホロ酔いになり、ごきげんさんで山荘に戻りました。

おそばとかお焼き、栗を使ったお菓子、漬物やりんご、岩魚、味噌など
大町には大町の美味しいものがたくさんあります。
そんなのをいただけるのも、山荘の楽しみです。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




16:29  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.21 (Tue)

お休み報告その1

連休は、山荘に雪おろしに行って来ました。

DSC_0683a.jpg
廻りは、こんな感じです。前の小屋の屋根が見えますが、雪の深さが想像できますよね。

DSC_0684b.jpg
でも、大屋根の雪は落ちていました。
建具類もギシギシすることなく、スムーズに動きました。
煙突も異常無しでホッとしました。

まだ1mくらい雪が残っているので、山荘までは雪道を歩くのですが、
良く締まっていて、そんなにズボズボと潜る事はありませんでした。
寒さも気持ち良い、楽しい雪道歩きでした。

のんびり本を読み、飽きたところで大町市内に出て、
塩の道博物館を見学しました。

見ごたえのある博物館でした。
大町は、日本海側の糸魚川から信州松本平まで塩や海産物を運んだ
千国街道の宿場町として栄えたそうです。
博物館になっているのは、その当時の商家、旧平林家の建物でした。
大火で焼失し、明治23年に再建された建物だそうです。
豪商の暮らしぶりというか繁栄が垣間見える気がしました。
DSC_0688c.jpg
奥座敷から見える中庭

DSC_0689d.jpg
奥座敷。

DSC_0695e.jpg
倉が並んだ通路で、倉の中も見学できました。塩を保管した倉や漬物を保管した倉、味噌や醤油をつくって保存した倉など。
漬物の倉は、中に入ると、ほんのりお漬物の香がしました。


その後、わちがい というお店でランチをいただいたのですが、その写真は
またアップします。

ゆっくり食事をし、のんびり温泉に浸かり、山荘に戻りました。
夫と二人、雪見酒をいただきながら、久しぶりに仕事以外の話をしたような気がしました。
そして、夜、9時前には寝てしまいました。

この上なく、贅沢な時間でした。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:05  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'02.01 (Wed)

夕食の準備

以前は、社内会議があったり、見積の提出間際だったりと、
残業になることがわかっている日は、
朝、早起きをして、夕食の下ごしらえまでしていたものでした。

あとちょっと煮込んで味を整えればOKとか、
夏場などはマリネや冷たいスープなど
それなりに準備して、計画的に日々過ごしていたものです。
いろいろ、家事の手抜きはしても、食事だけはどうにか手づくりしたい、
と思ってそれなりに、頑張ってもいたと思います。

2月になり、あっという間に3月の決算を迎えます。
私にとっては忙しい時期なのですが、食事の準備に
以前ほど気を使わなくても良い状況になりました。
息子たちの帰りも遅く、用意が無くても、
自力でなんとでもできるようになったのです。
・・・それでも、なるべく手づくりの物を食べさせたい、
と思うのが母心なのであります・・・

丸ごと1個のキャベツの芯をくりぬき、
そこにたっぷりのひき肉種を詰めて、スープで煮る
丸ごとキャベツの肉詰め。
食卓にドーンと出すと、わぁ~! なんて
息子たちから声が上がるはずだったのですが・・・

今朝、久しぶりにこの料理の下ごしらえをしたら、
さきほど、遅くなる、食事は不要になるかもしれません。
という連絡が次男からも三男からも入りました。

もう、大人なのですから、わぁ!
なんて喜ぶはずもなかったのですが、なんだかがっかり。
そして苦笑い。
夫と二人、少しだけ切り分けていただく事になりそうです。

真冬の山荘でかまくらを作り、その中で食べたサンドイッチやお餅、
夏のバーベキュー、家でもゴジラの卵(スコツチエッグ)や
お雛様や鬼の形にしたチラシ寿司とか、流しそうめんとか、
子どもたちとの食卓がちょっと思い出されました。

今夜は思い出話でもしながら、夫と二人で仲良くいただきましょう。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:05  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'01.10 (Tue)

旅行に行って、食べたくなったもの

年始の旅行から連休と続き、なんとなく
本日から本格始動、という感じの私です。

さて、
旅行中、新鮮な海の幸や、五島うどんなどを
たくさんいただいたのですが、帰ってきたら、
何故かカレーとか、辛い物が食べたくなっていました。
お醤油が、東京の物と違っていて、甘かったというのも
原因かもしれませんが、私としては珍しいです。

で、家の近所にある不思議なタイ料理屋さんに行ってみる事にしました。
以前は日本そば屋さんだったので、お店の造りは和風そのもの。
営業している時は、入り口にタイの国旗が掲げてあります。
もう出来てしばらく経つのですが、勇気を出して、夫と二人で行きました。

結論から言うと、とても美味しいお店でした。
暮れに新丸ビルのサイアムヘリテイジに行きましたが
雰囲気は別として、味はかなり本格的でした。
(しかも価格は1/3以下!!)

DSC_0604a.jpg
DSC_0605b.jpg
DSC_0606c.jpg

途中からお客様がどんどん入って来ましたが、
全員、タイの方かもしれません。
ワイワイと別の言語が飛び交い、
まるで現地の屋台?みたいな雰囲気でした。

DSC_0608d.jpg
これは、辛くないうどんだという説明でした、ひもかわうどんみたい。確かに辛くなくて、これだけでも美味しい。
でも、下の写真のような4つの調味料が出て来て、これで好みの味に調味するそうです。
白いのはお砂糖。甘酸っぱい味、少し辛い物、ものすごく辛い物、という説明でした。
お砂糖は入れなかったけれど、甘酸っぱいのは味が変わって、これも美味しかったです。
DSC_0609f.jpg

汗をいっぱいかいて、辛いね、でも美味しい、
と大満足でした。

今度は息子たちも一緒に来よう。





にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:24  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT