FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2019'12.20 (Fri)

共犯者 私

長い時間をかけて夫婦の関係ができあがってくるのだけれど、
今、この状態に至るのには、望むと望まざるとにかかわらず
自分自身の対応の仕方も当然ながら投影されているのだな、
とだいぶん遅ればせながらしみじみと身につまされたりしている。

誰に強いられて結婚したわけでもなく、全ては自分の意思に基づいた事。
2人の関係だって、一方的に連れ合いが悪い、とか私が悪いとかでは
片付けられない。
いやな事も、理不尽だと思うことも、私が正攻法で意思表示をせずに
夫婦喧嘩、とか機嫌の悪い時期だ、とかそんなお茶を濁すような対応で
やり過ごしてきてしまったのも原因なのだ。
(と思うようになった。)

乳癌の手術の後、麻酔から醒めた私に
年賀状を書かないで入院した、云々と言った夫だけれど
そういう言葉をあの状況でも私には言っても良いのだ、
と思わさしめてきてしまった私にも責任はあったのだ。
長い年月で、連れ合いはああいう言葉を私に言える夫になった。
悪気などないのだろうな。当然のことだったのだろう。
休みの日の時間の使い方も、個人的な予定の入れ方も
一方的に連れ合いがひどいわけじゃなく、許してきてしまった
私自身の責任もあるのだ。

この一件以来、私は手を引くことを意識してやってきた。
山岳部の会計も、部報の編集、校正もやらない。
会社から手を引けば、おのずと仕事にまつわるあれやこれやも
私の手からは離れていくのだろうから、夫は自力でやれば良い。
子育てももう完全に一段落したのだから、
息子たち家族や親戚付き合いも夫が中心でこなせばよい。
私は都合の良い、よろず引き受け係はもうやめるのだ。

やるせない気持ちになる原因の一端は、私にある。
こういう夫と妻にしてしまった共犯者。
それは自分自身。
でもね、もう、そのポジションに居続けることはきっぱりと終わりにする。

私は私。
孤独(loneliness)と一人でいること(solitude)

私は孤独ではない。
一人でいる時にこそ私の内に神様を見出すことができるのだから。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



16:15  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.06 (Fri)

家族の予定

年末年始の予定を立てるのに
息子たちの予定を確認していましたが・・・
なかなか彼らも予定が立たないのか、返事が来ません。
それで作戦を変更しました。

来年は1月2日に家族新年会をします。
群馬の実家には3日に行きます・・・
と大まかに夫と私、我が家の予定をメールして、
それに合わせて集まれる人だけ集まる、と割り切るしか仕方ありません。

考えてみると、子供と一つ屋根の下に暮らす時間というのは
そんなに長くはないのですね。
高校卒業の時点で家を離れる人も居るわけで、
そう考えればたったの18年です。
夫はまさに18歳から東京で生活しているのですから、
誰よりも私と暮らした年月が長くなったのです。

夫の兄弟は、年に何回かは会おう、と決めて
予定を調整して集まっています。
子供や孫まで集まる賑やかな時もあるし、
姉、弟と私たち夫婦だけの時もありました。
でも、何かルールを決めて集まるようにしないと
顔を合わせることがだんだん少なくなってしまいますね。

家族を風船だと思ってみます。
風船の紐を夫と私でしっかり握っていましょう。
そうすれば、紐がどんなに長くなって遠くまで漂って行っても
いざとなれば手繰り寄せられるのですから。
紐を握りしめて、パンクしてしまわないようにと祈るのみ。
要がしっかりしていることが、
集まる、集まらないより大切なのかもしれません。

アフガニスタンで亡くなられた中西医師のことを思います。
ご家族とはどのくらい顔を合わせて食事を共にし、
話しをし、生活を共にされたのでしょうか。

いろいろな家族の形がありますね。

私は・・・なんのかんのと言っても
やはり息子たち全員の顔を見て、ワイワイ食事をしたいのです。
集まれなかったら、ちょいと寂しいな。

さあ、メールしましょう。






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




17:42  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019'12.05 (Thu)

お誕生日会

孫のお誕生日、息子は出張中で帰国できませんでした。
でも、お嫁さんのご実家で、彼女のお姉様のところと一緒に
お誕生日会をしたようでした。
お姉様のところには孫より二つ年上のお兄ちゃんが居て、
お誕生日も二日違いなのです。

送られてきた写真や動画に、2年間の成長が感じられ胸が一杯になりました。
お嫁さんが手作りした、生年月日と2という数字の入った
王冠をかぶっている孫。ニコニと嬉しそうです。
壁にも手作りのHAPPY BIRTHDAYの旗や飾りが掲げられていました。
ケーキや御馳走の並んだ食卓に二人並んで
蝋燭をフーッと吹き消している動画。
それを撮影するご両親の声も弾んでいるように感じました。

子ども時代の思い出。
特に誕生日に関しては、私は楽しい思い出が無いので
こんな家族の愛情に包まれた誕生日を過ごせて
孫は幸せだな、としみじみ胸が熱くなりました。

私は「天皇陛下じゃあるまいし、あなたが産まれて何がめでたいの!」
なんて母親に言われていた子どもだったので、
Happy birthday to you~の歌と蝋燭フゥーッ、家族で祝う誕生日には
並々ならぬ思い入れがありました。
そのせいか、息子たちが嫌がるような年齢になっても
強制的にお誕生日のお祝いを続けていたのですが・・・
年頃の息子たちには、気恥ずかしかったかもしれませんね。
そして、私の誕生日は、自宅でケーキフーッをしてみたかったのですが
母が存命中はやはりとても機嫌が悪くなるので、
夫が外に食事に連れて行ってくれることがほとんどでした。
母の心理状態というのは一体何だったのか・・・
今となっては知る由もありませんが、
思い出すと悲しくなってしまったり、
怒りが湧いてきたりしてしまう誕生日はあまりにも残念です。

孫君、君はみんなに愛されて産まれてきたのです。
家族の大切な宝物。
これからも健やかに成長してくれますように。
この幸せ、恵みを感謝できる人になってくれますように。










にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:31  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'08.21 (Wed)

孫との時間

お休み中、1日だけだったけれど、
私は長男一家と一緒に過ごすことができました。

我が家を出発する時はあいにくの雨。
彼らの社宅に行き、合流して山荘を目指しました。
途中、雨でも遊べる山梨県のリニア見学センターに寄り道しました。

電車がとにかく好きな孫は入場してすぐに目に入る
新幹線のような車体に大興奮でした。
大規模なジオラマの展示も良~く見ていました。
ミニチュアのいろいろな電車が走り、バスや車が行き来して、
踏切もカンカンカンと音が出ます。
そうすると、孫はデンデン! と指さし、電車がトンネルから出てくれば
アッ! と大発見に喜び、時間が来て、全部ひっこんでしまうと
アレ~? と不思議、残念そうにしておりました。
かなり真剣に集中して見入っていたのですが、
これはまさに子供の頃の長男にそっくりでした。
瞬きも忘れるほどの集中した孫の顔に、長男の子ども時代が重なりました。
おもしろいところが似るものですね。

チャイルドシートにもおとなしく納まり、飽きてくると
おもちゃをポイと投げ捨てては母親に拾わせる、を繰り返していました。
そのうち母親に叱られるのですが
それがおもしろいのかゲラゲラと笑っていました。
遂におもちゃを取り上げられたら、今度は靴下を脱いでポイ。
あっ、こら! なんて言われても、またまたケラケラと笑っておりました
大人をからかってはいけません。

息子も良く面倒を見ているようで、家族3人和やかで楽しそうでした。
そんな彼らの姿に癒されて、私も幸せな気持ちで一杯でした。
ありがとう

私は途中で別れて東京へ戻り、じいじは山荘で孫と過ごしたのですが、
用意したハンモックも気に入ってユラユラと乗ってくれたそうです。
夫はパーフェクトな孫バカになって東京に戻ってきました。

月曜日、レンタルしたチャイルドシートを返却して
夏休みは完全に終わりになりました。
今は、チャイルドシートの無い後部座席を見るとなんとなく寂しく感じます。
孫の力はすごいです。

元気でいてね。
また、お出かけに行こうね。
ばあば
(自分から言ってます)






にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:04  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'08.08 (Thu)

お休み中の楽しみ

お盆休みに、夫は長男家族と共に、山荘へ行くことになっています。
2泊3日。お嫁さんが山荘に行くのも初めてだし、
長男も山荘に行くのはずいぶん久しぶりだと思います。

私は、ちょうどその真ん中の日に、古い友人とゴルフの約束があり
長男一家との山荘行きは参加できないなぁ、と諦めていたのですが、
初日だけでも参加してはどうか、と夫が提案してくれました。

チャイルドシートを設置して、大人4人が乗車できるかどうか。
息子はムリの一言でしたが、お嫁さんは、半日だけだし
大丈夫だと思います。と言ってくれました。
それで、私は、もちろん、お嫁さんの言葉に甘えて
半日だけだけれど、参加させてもらうことにしました。

彼らの社宅に迎えに行って、それから孫君と一緒です。
後部座席にチャイルドシートを固定して、
私はその隣に座らせてもらいたいな。
山荘へ行く途中で寄り道して、そこで一緒に遊ぶのです。
お昼をいただいて、また少し遊んだら、お名残り惜しいけれど
最寄りの駅まで送ってもらい、そこから私は帰宅します。

夫が帰りの指定券も手配してくれて、準備万端です。


お休みの度に、春夏秋冬、家族で過ごした山荘です。
そこに自分の息子を伴って再訪できるのです。
長男はどんな気持ちだろうか、と考えます。
若かった夫と私。チビスケだった息子たちの姿も思い出されます。
孫と一緒の息子夫婦の姿を想像すると胸が一杯です。

今回は一緒に泊れなかったけれど、冬の山荘もとても良いのです。
そり遊びにかまくら、雪だるま。星空観察もできます。
また一緒に行こうね。

今から待ち遠しくてたまりません。
このイベントだけで、私は本当に幸せなお祖母さんだ!!
と思えてます。

お財布に入れてある帰りのチケットがチラと見えるだけでニンマリ。
暑い中の買い物も幸せ気分。

有難うございます。

ルンルン。







にほんブログ村 60代主婦

にほんブログ<br />村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:01  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT