FC2ブログ
2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2008'04.09 (Wed)

見積もり・その後

さて、提出した見積もりはどうなるのか・・
一般的なお話です。

設計事務所には、何社からかの見積もりが集まってきます。
それをもとに、どこに工事を発注するのか、検討を始めます。
見積書で、ずいぶんその建設会社の力量ってわかるものだと思うのです。
見積もりの精度は、つまりどれだけ図面を読みこんで、実際に建てる場合を想定して、見積もりをしているか、ということなのですから。
そうして、価格も大きなポイント。精度が高くて、力量もあるだろう、そして価格が安い・・となればすぐにそこに発注、ということになるのでしょう。
でも、なかなかそんなふうにはいかないものです。
予算オーバーしていることがほとんどです。その中で、2社くらいに絞って、減額していくのです。
設計事務所も設計変更して知恵を絞ります。建設会社でも、減額案を提案していきます。第2回、第3回、そんなやりとりが続きます。回を重ねて、そうして、発注先が決まってくる場合がほとんどです。


ダンピングをしてくる業者さんもいます。
そんなときは見積もりから降りることもあるのです。

どこかに無理があるのです。
業者さんたちにお願いして協力してもらう、ということならわが社もたくさんお願いしているけれど、次の仕事でその分支払うから安くしてくれ、とか、もう次は無いぞ!なんて脅したりして減額を迫るなどという話も聞かないわけではないのです。でもこれは最終的には、建物の品質に影響してくると思います。
前の現場の赤字分を支払わされているかもしれない、なんて許しがたいことですよね。怒る
たくさんの人が協力しなければ家、建物はできないのです。
技術力を評価して、それに見合う金額をきちんと支払う。職人さんたちは、代価以上に、心をこめて、丁寧な良い仕事をしてくれます。
見積書の金額、数字だけからは読み取れない部分もいっぱいあります。
どこに頼んで家をたててもらうのか・・悩ましいですよね。jumee☆think2

会社ですから、たくさん見積もりをします。
是非、一緒に家づくりをさせていただきたいな、工事を一緒に進めたい・・と思いをこめて作業をし、納得いくまでいろんな努力をして、提出するのです。

結果は・・・受注できることもあれば、当然ながらご縁が無いこともあります。
この繰り返しです。大分慣れてきたけれど、いつも区切りをつけるために、心の中でそっとやっている儀式があります。
 「わが社でご一緒できなかったけれど、どうぞ楽しい家づくりができますように。そして良い建物が完成しますように。陰ながらお祈りします。」

そうして、また次の仕事です。クローバー

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

11:59  |  見積もり  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |