FC2ブログ
2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2008'04.24 (Thu)

写真うつり

いろいろな建築雑誌に、かかわった建物が掲載されることがあります。
新建築・住宅建築・住まいの設計などなど。
GA HOUSESという雑誌は世界中の建物が掲載されていて、英語と日本語。
ABSTRACTという雑誌にいたっては、英語とドイツ語とフランス語。
日本語はありません。(なかなか国際的?)

写真の中の建物は、とびっきりオシャレでスタイリッシュ。
生活感がなくて、最高におすましした顔でおさまっています。
カッコ良くて素敵。
この写真を見て、わが社に声をかけて下さる方もいます。有難いことです。

でも・・なんだか、よそいき。
現場で社員のみんなが苦労していた頃の顔の方が、好きだな・・
と思うこともあります。現場の顔、というか建築中の建物は、
監督に似ている気がするのです。
几帳面なA君の現場、明るくて人なつこいB君の現場。
たたずまいというか風情が、どことなく監督に似てくるのが不思議です。
そして、彼らの可愛い、大事な現場という気持ちが伝わってきます。
だから、好きだな、と思うのかもしれません。

けれど、一番好きなのは、ご家族の方が入居されたあとの建物です。
自転車があったり、玄関には家族の靴が並んでいたり、
新居での生活が伝わってくる建物にはグッときます。
特にお気に入りは夜景。
だいだい色の暖かそうな光がもれている窓は
ご家族の楽しい食卓がイメージされて大好きです。
それが引っ越し当日で、ダンボール箱の上での食事だったとしてもです。
家族の気配、生活の匂いがしない建物はなんだか淋しくて、
よそよそしく感じてしまうのです。

雑誌の中のカッコイイ彼らもいいけれど、
実際の生活の場としての家の方がもっといい、と私は思っています。

写真では伝えきれないものって、一杯ありますよね。スマイリー


ところで、
免許証の写真。パスポートの写真。
銀行とか、見せる場面が多くなりましたよね。
正しい自分の姿だろうか?
と感じたこと、ありませんか。
私には間違いないのだろうけれど・・・ため息
こちらは生活感、ありすぎ、のような気がします。
勝手ながら。

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:57  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |