FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009'07.24 (Fri)

嬉しかったこと

ご近所のご高齢のご夫婦から、お風呂修理依頼がありました。
どこかで調べられたようで、お金をかけたくないから、
浴槽のコーティングと全面クリーニングをして欲しい、というお話でした。

コーティングの業者さんの見立てでは、
古すぎて、浴槽自体が劣化していして、うまくいかないかも、というものでした。
築40年以上は経過している木造の建物。
もしかしたら土台は腐っているかもしれません。
思案しているうちに、トイレが壊れた、とSOS。
水周りの設備は耐用年数をとうに超えてしまっているようでした。

さあ、どうしよう。
聴けばお風呂に入ることが楽しみとか。
気持ちの良い、安全で、冬場も寒くないお風呂を勧めてあげたいな、
というのが担当も含めての気持ちでした。
でも・・予算は相当にオーバーです。
土台は、壊してみなければわかりません。
一緒にトイレも新品にして、床や土台まで点検できればベスト。

こういう場合、見積もりは、土台がダメならいくら、土台が無事ならいくら、
といくつかのパターンで提出することになります。
信頼がなければ、一番高額な見積もりで請求されるかもしれない、
と不安を感じる方がいらしても、仕方ありません。
説明にお伺いしました。

お婆さんと相談する、とおっしゃって、しばらく経過したある日、
お爺さんが我が社にいらっしゃいました。

一番カネがかがった場合を想定してお金も準備するから、よろしく頼む。
だがそれ以上は足が出ない様にお願いしたい。
できれば、もっと安く済めばそれに越したことはない。

とおっしゃいました。
当然です。お二人の大切な貯金です。無駄にしないように頑張ります。

さあ、超特急で発注をかけ、工事です。
ofuro.jpg


最悪のパターンではなかったので、予算内でおさまって、
無事にお風呂とトイレが新装開店です。



何日か後、現金を持ってお支払にいらしたお爺さん。
銀行振り込みは、オレオレを疑われて、うまくできなかった、
とのこと。大金だったのでヒヤッとしました。

風呂は気持ちいいよ。極楽だ。トイレも楽。
本当に有り難い。カネの力を感じたよ。

とおっしゃいました。
そうして、たまたま社内に居た担当の監督に
丁寧にお礼を言って下さいました。

帰り際、
私と握手、監督のM君ともガッチリ握手。
心から嬉しそうでした。

お帰りになった後で、M君と私もなんだかとっても嬉しくなりました。
新品をお勧めしてよかったな、と思った瞬間です。


カネの力。カネの使い方。
お墓に持って行けないけど、なかなか使えない。

こんな言葉が印象に残りました。

有難うございました。お元気で。

クローバー

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

17:55  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |