2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009'11.30 (Mon)

美味しいもの

群馬の夫の実家に帰る時、必ず寄るのが、
関越道藤岡インターの「ららん藤岡」です。

アグリプラザという施設があって、とても新鮮な農産物が安価に手に入ります。
そして、食肉加工場直営のお肉屋さんもあります。

今の時期、必ず買うのは、
上州牛すき焼き用。
下仁田ねぎ
原木しいたけ
そして生芋しらたきです。

P1040259_editedniku.jpg
negitokinoko.jpg


そう、すき焼きの材料。めちゃめちゃ美味しいのです。

先日も大奮発して、買って来ました。
メニューによって息子ちたちの集合率が違うような気がします。
げんきんなものですが、すき焼きだと、バッチリ集まります。

早めに行かないと、売り切れになってしまうこともありますが、
お勧めの施設だと思います。

クローバー







テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:06  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.27 (Fri)

残念でした。

GODIVAのトリュフ、9個入りの1箱。
訳あって、私の手元に。

連休中に南青山で、設計事務所メジロスタジオさんの個展があり、
会社のAさんと、出かけたのです。
その時、差し入れに・・と思って購入したのですが、
たまたま、どなたも会場にはいらっしゃいません。残念でした。

・・・で、そのGODIVAは、私とAさんのお昼休み&Tea timeの楽しみにすることに。


残り、4個を確認して、我が家の飲み物用冷蔵庫の奥深くへ。

ところが、夕べ、食後に夫といただこうと蓋を開いたら、
なんと残りが1つ。
しかも「残念でした」と書かれた紙が・・

やられてしまった。

一体、誰の仕業なのかはわからず。

で、私。
空になった箱をうやうやしく冷蔵庫の同じ場所にもどしておきました。
残念でした・・の紙もつけて。

P1040234_editedkotenn.jpg


メジロスタジオ展
12月20日まで開催されています。

我が社で施工した物件の写真もあり、
また模型や図面もあって、じっくり見学してきました。
高崎で今年の年末に完成予定の、屋台村みたいな模型の展示がありました。
夫の実家に帰省した折には、ぜひ見学してこよう、と思っています。

クローバー


15:42  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.25 (Wed)

連休報告その2

21日の土曜日は、上棟式。

建物のてっぺん、一番高い所に、上棟飾りが取り付けられました。

PB210016a.jpg

青空をバックに高々と。

PB210020b.jpg

おめでとうございます。
嬉しさがこみ上げます。


夫はご家族の皆さんとお祝いを。

我が家ではお赤飯。

完成まで、もう一息です。

クローバー



テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

16:25  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.24 (Tue)

連休報告その1

盛り沢山の連休でした。

まずは、こちら。バカラのイルミネイションです。
bacara.jpg

私は、恵比寿ガーデンプレイスでやっていたボージョレバー2009に行ってきました。
オイスターバーがメイン会場。
16種類の飲み比べができるのですが、さすがに全制覇は無理。
おいしいお料理と、白1杯と赤をいくつか。

P1040254_edited1.jpg
P1040255_edited2.jpg                    P1040256_edited3.jpg

なかなか美味しいワインでした。来年もこういうのいいな、と思いました。



そして夫は富士山へ。

突風や雪、寒さを体験しに、現役は冬の富士に行くのが恒例。
ここで雪上訓練をして、冬山の準備をするのです。
登頂はできなかったそうですが、
自然の力はすごいなぁと感じたそうです。
そうして、
登頂以外の目標は達成できたし、参加者の顔を見ても、
山行後の達成感は合宿並みであったと見受けられる。

という感想が届けられました。

fuji.jpg

ゴーグル、メット・・完全装備でなかなかよくわからないけれど、
きっと満足したのでしょう。

頑張れ、若者!!

クローバー




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:47  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.20 (Fri)

スパンティーク ゴールデンピラー

昨夜午後7時から、豊島区の勤労福祉会館で
スパンティーク ゴールデンピラー 登攀報告会がありました。
登攀者 天野和明さん(明大山岳部OB)のスライドと講演です。
夫は現役の時、登ろうと狙っていたそうで、
前々から手帳に予定を書き込み、当日を迎えました。

・・でも、その手帳が問題でした。

豊島公会堂と記入してあったので、急いで公会堂へ。

着いてみると、人けが無くて、真っ暗。
寒い公会堂の前で、夫は呆然。

いくつか原因が考えられる。ひとつは今日じゃなかった。
もうひとつは、場所が違うかだ。

そんなの当たり前じゃない・・と私。
とにかく確認する術がないし、寒いし、もう帰ろう、とバスで帰宅しました。

諦めきれない夫は、案内状を確認。
そしたら、勤労福祉会館ではないですか。

間に会う。行こう。
という夫に誘われて、今度はタクシーで会場へ。

原因は、先入観だ。公会堂だと思いこんでいた。
会場が違ったんだ。思いこみというのは恐ろしい、と言う夫。

・・・ただのおっちょこちょい、だと思うのですが・・・言えず。


途中からでしたが、ドラマチックな登山の様子をじっくり伺うことができました。
淡々と語られる天野さん。アルパインスタイルでの登攀は、
ストイックでギリギリまでいろんなものをそぎ落として挑む、
修行僧みたいだ、と思いました。
肉体的には相当の負担がかかっているように思います。
いつまでも続けられるものではないように感じました。


終了後は、ご馳走してよね!!
と、美味しいワインと牡蠣、チーズをいただきました。

MPj01780910000[1]win

ちょっと右往左往したけれど、
一応、講演も聴けて、おいしいワインも・・・

なんだか、徳した気分。
ごきげん、ホロ酔いで帰ってきました。


クローバー




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:15  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.18 (Wed)

三者面談・・・予備校編

三男の通っている予備校の三者面談。
夏の講座がまだ終わらない三男。
期限は11月一杯です。

必ずヤル、という約束は、母との約束ではない。
自分との約束なのだ。

学校は非効率というけれど、君にとっては、学校が社会。
そこでしっかり学び身につけることが、その先の自分の底力になる。

学生と呼ぶにふさわしい人間性をもって、学問しにいくところが大学。
児童、生徒のままの状態では道は開けない。
我とわが身を振り返り、来し方行く末を考えてみなさい。

と、そんな話をしてきました。

めずらしく、神妙に、反抗もせず、私の話を聴いていた三男でした。


塾や予備校を否定はしないけれど、
受験生という特別なものになるのではなくて、
授業をしっかり受けて、中学から続けてきたバスケットも6年間やり通して、
友達とたくさん遊んで、一杯話して、学校生活を満喫し尽くす、
そんな高校生であって欲しいと、なによりも、願う私です。

hanahana.jpg

三人の息子たち。
三者三様。
それなりにいろんな壁に立ち向かっているのでしよう。

お花の水を替えながら、
自分としっかり向き合って、成長して欲しい、
と願い、祈った私でした。


クローバー



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:32  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.16 (Mon)

晴れた良き日に

11月15日、結婚式がありました。
山岳部後輩のK君、体育会系女子会のYちゃん。
二人の華燭の典です。

P1030996_editedwedding1.jpg


今さらながら、人のご縁の不思議さを感じます。
いろいろな偶然の積み重なりで、人は出会うのだけれど、
二人の晴れ姿を見ていたら、すべての偶然はこの日のための必然でなかったか、
そんな風に思いました。

お二人の喜びはもちろん、ご両親の喜びも伝わりました。
淋しくても、子どもの幸せを一番に望んでいるのが親。

いつの間に、親の立場で二人の姿を見ている自分。
年とったなぁ。
私も人並みの親になったのだ。

仲良く温かな家庭を築くことが一番の親への恩返し。
いつまでも仲良くね。

我が母校の卒業生の面々が恒例だ、というダンスで祝福。

P1040129_editedwedding2.jpg

やるじゃない。
学生時代のやんちゃっぷりも伝わってなかなか良かった、と思いました。

出席している皆さんの愛情に包まれた結婚式。
幸せな気持ちになって帰ってきました。

P1040211_editedhana.jpg
いただいたお花を食卓に飾りました。

クローバー



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:45  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.13 (Fri)

後輩の報告書

先月、夫と北岳に登った後輩から報告書が届きました。

前日の夜は雪。ところどころ凍っている岩壁を登り、
最終バスに乗り遅れ、下山後、4時間近く夜叉人峠まで歩いた。
という山行です。


彼の報告書には、

悪いコンディションの登攀、長時間行動など今までに経験したことの無いものばかりであったが、その分得たものは大きく、今後の活動の幅が広がることにつながると思う。
あのコンディションでの計画実行の判断は私の度量ではまだ無理だと思うが、いずれは岩の悪コンディションも楽しみの一つとして捕らえられるようにしたい。 


と書かれていました。

反省点として、悪天候に弱い、多すぎる共同装備、ルートファインディングミスなどがある。
悪天候だとすぐに諦めようとする癖が知らぬうちについているのに気付いた。自分で言うのも変だが、少しの悪天の度に下山してしまうようでは実力があるのにもったいないと思う。夏合宿でもルートの状況が悪いからやめとく、ということがあった。深追いするのも危険だが、もともと整備された道や岩ではないのだから、自然な変化を楽しむ気持ちも大切にしなければならない。


とも書いてありました。

山岳部 236

夫はさぞ嬉しかったのではないかな、と想像します。
もちろん私も嬉しくてニッコリ。

石橋を叩いて渡る・・のならいいのだけれど、叩きまくっても渡らない。
みたいなところをちょっと感じたこともあり、常々、もったいない、と思っていたのです。

自然を楽しむ遊びですから、天気の良い時もあれば悪い時もある。
両方ひっくるめて山なのだから、丸ごと楽しまなくちゃ。

夫が50過ぎて、ワンパク登山をしてきた甲斐がある、というものです。

最後はこう結んでありました。

ピッチ数、様々な岩の形状、ロケーション、第四尾根主稜はどれを挙げても素晴らしいルートだった。他の現役にも是非登ってもらいたい。

山岳部 334山岳部 385山岳部 725jtstj.jpg学生時代のjtstjです。ちょっと恥ずかしい。

臆病にならず、
勇気を持って、
冷静に、熱いハートで
いざ、遊べ!!



クローバー


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:51  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.11 (Wed)

光陰矢のごとし

11月もあっと言う間に10日が過ぎてしまいました。
今年の残りは、あと1か月と少し。

何と不甲斐ない1年を過ごしてしまったのか。がっかり

というのが率直に思うところ。

もう少し、いろんなことに成果があれば、年末も楽しく過ごせ、
気分よく、新年も迎えられるだろうに・・。

手帳を眺めかえしてみる。

平凡な日々の繰り返しだけれど、その中にもいろいろな出来事があり、
私は私なりに、真面目に一生懸命やってきたのだ!

そんな自己弁護もチラリ。

でもやはり、やり残したことは多い。
今年もダメだった・・とあきらめの年を重ねていく・・
私の年のとり方・・あーぁ!!

ため息です。ため息

最後のあがき・・何か一つだけでもクリアしたい。
なるべく達成しやすいこと。それで気分も変わること。

そこで思いつきました。

思いきった、不用品の処分

これを今年最後の目標に、
頑張ろう、と誓う私です。

P1000567_editeda_20091111110155.jpg
花なんて眺めてボーッとしている場合じゃないですね。

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:03  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.09 (Mon)

公開学習会

7日土曜日は、小石川高校有志の会主催の公開学習会でした。
講師は童話屋代表の田中和雄さん。
我が同窓生、そしてベストセラー「葉っぱのフレディ」を出版された方です。

お話は、子供時代の受難話から始まりました。

戦争中に子供時代を過ごすということの過酷さが、
当時の田中少年の気持ちと共に蘇り、胸に迫りました。

教育勅語の暗唱。鉄拳制裁。学童疎開。空腹。
機銃掃射で狙い撃ちされそうになったこと。Etc
母校小石川での校長先生との交流や、
大学進学から就職、童話屋の開業へと話しは続きました。

特に印象に残っている話があります。

終戦直後の焼け野原の東京で、古本屋さんが木箱に本を並べて売っていたそうです。
傍で主人も日がな一日本を読んでいる。
それがどんなに平和な光景だったことか。
田中少年は通いつめ、日が暮れるまで、ただで本を読ませてもらったそうです。

思う存分本が読めること。戦争が終わったこと。
田中少年の確かな喜びが伝わりました。
童話屋の原点だと話して下さいました。

反戦、というとアジテートになりがちですが、
ご自身の体験を静かに、そして時にユーモアを交えて語られました。
それが一層強い非戦のメッセージとして私に伝わり、深く感動しました。

P1030936_editedabc.jpg

本の即売もされ、サインをしていただきました。

葉っぱのフレディの紹介文から
この絵本を自分の力で「考える」ことをはじめた子どもたちと 子どもの心をもった大人たちに贈ります。 わたしたちはどこから来て どこへ行くのだろう。 生きるとはどういうことだろう 死とは何だろう。人は生きているかぎりこうした問いをつづけます。この絵本が 自分の人生を「考える」きっかけになってくれることを祈ります。


クローバー


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:25  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.06 (Fri)

雑誌掲載

施工した建物が雑誌に取り上げられることが続いています。

こちらLEE
P1030895_editedlee.jpg
建築雑誌ではないけれど、キッチンの特集記事に取り上げられていました。
P1030896_editedlee2.jpg



新建築の11月号。住宅特集。

こちらにも今年竣工したT邸が掲載されました。

P1030904_editedabcd.jpg
P1030909_editedbbb.jpgP1030907_editedaaa.jpg

P1030908_editedccc.jpg


設計事務所の先生のセンスが光ます。
いろいろな先生と仕事をさせていただける。
有り難いことだと思っています。

このあとも掲載が続きます。

新建築の12月号にS邸。これは住宅特集ではないそうです。
ムックという雑誌の12月リフォーム特集にもH邸が取り上げられるそうです。
このH邸は、先日テレビの建物探訪でも放映されていました。


掲載雑誌は、会社に1冊保管はしてありますが、
ことさら、何かに使ったり、PRに利用したりはしませんでした。

でも、一生懸命建てた建物です。
たくさんの人に雑誌を手に取り、読んでいただければ、嬉しいな、と思います。
施工会社は最後にちょっとだけ名前が出てくるだけなのですが、それでも、
竣工までには、いろんなことがあつたのですから・・いとおしい気持ちにもなります。
現場監督にとっても、我が社にとっても、ちょっとしたご褒美気分になります。

タダで掲載していただいているのですから、
これでPR、宣伝を期待したらいけないのかもしれませんが、
お引きあいが増えてくれたら・・もっと嬉しい!!
と思う私です。


クローバー

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

19:02  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.04 (Wed)

お命日に

11月4日。
今日はSの命日です。
生きていてくれたなら、彼は修士1年生。
研究に没頭し、時には皆と愉快に登山していたかもしれない。
手帳に書いた、彼の戒名は、やっぱり・・違和感がある。
本当に、残念無念。

昨日、杉浦ひとみ弁護士に声をかけていただいて、
「指導の不適切による自殺を考える集会」に出席してきました。
杉浦さんは、高校の同級生I君の奥様です。
学校(高校)で教師からの指導の後に自殺してしまった子どもの事件で
弁護活動をされていた、ということでした。

喫煙やカンニング、お菓子を食べた、などなど。
悪いことをしたのだから、どんな指導もいた仕方無い、
と考えられてきたのでしようが、指導の結果、子どもが自殺してしまう、
というのは、指導の間違いであり、行き過ぎだ、強く思いました。
犯罪者であっても、取り調べについて最低限のルールがあるのに、
学校内のことには、全く子どもの人権が守られていない現実。
先生個人の人間性や枠の中で全てが進められてしまう。
しかも、子どもが自殺してしまった場合など、
どんなやりとり、指導があったのか、教師側の言い分しか伝わらないのです。

お子さんを亡くされた、ご遺族の方。
現役の高校で生活指導をしていらっしゃる先生。
明治大学の伊藤進先生の講演など、
考えさせられることの多い、密度の濃い集会でした。


Sのことを考えながら帰って来ました。

生徒と教師の生活指導の話だったけれど、大学の教授と学生ではどうだろう。
担当教官の人間性、度量、それに左右されている、というのは同じじゃないか。

敢えて言いたい。
理不尽だと思うこと、納得できないこと、おかしい、と思うことに
死をもって決着をつけるのではなく、
声をあげ、学び、連帯して戦う。そういう道を選んで欲しかった。

道を切り開く、
這いつくばっても前へ進む。
身を持ってそんなことを子供たちに示せる大人でありたい。
そんな風にも思って帰ってきました。

クローバー


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:42  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.02 (Mon)

人生の勉強

建設会社にとって、工事は日常的な事ですが、
建て主の方にとって、新築工事は、多分人生初体験。

それが、何のトラブルもなく、順調に進んでくれれば本当に嬉しいのだけれど、
経験上、何も問題が無いという事は、無いような気がしています。

若いご夫婦の家を今新築中です。
ここでも、いろいろと問題山積。
工事に関することだけではなく、土地を購入した不動産屋さんのことまでからんでくると、
なおさら事態は混迷し、胸を痛めていらっしゃるのだろう、と思うのです。

そんな中で、いろいろとメールのやりとりをしていたら、
これも人生の勉強です・・・という言葉がありました。

そうです。
これも人生の勉強です。

無いに越したことはない。
経験しないで済むのなら、経験したくない。
そんなことも間々あるものです。
でも、そういう一つ一つを乗り越えることで、
人は強くなる。
家族は絆を深める。
会社は団結して力をつける。

艱難、汝を玉にす。
真実だと思うのです。

前向きに力を尽くしていらっしゃるお二人に、心からエールを送ります。
私たちは、工事をしっかり頑張ります。
設計事務所の先生や、回りの力強い友人の方々。協力者はたくさんです。

一緒に、歓喜の完成を目指したいと思っています。

クローバー


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:29  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.01 (Sun)

堪能

国立競技場でオールブラックマスVSワラビーズの試合を見てきました。

もう、大満足。
世界最高峰の試合。言うことなしです。
素晴らしい。

PA310010_editeda.jpgPA310018_editedb.jpg
ハロウィーンだったせいもあり、千駄ヶ谷に近付くにつれて、かわった出で立ちの外国の人が目立ちました。 (池袋駅もラビがオープンして、異常な熱気、混雑でした。)

開始前から盛り上がっていました。
ラグビーの試合で、ウェィブをしたのは初めてです。何回も何回もウェイブがありました。

PA310013_editedhaka.jpg
ハカダンス。
盛り上がりも最高潮に達したところでキックオフ。

P1030893_editedqqq.jpg

結果はオールブラックスの勝利でした。

最近の試合はキックが多くて、つまらないと感じることも多々あったのですが、
この試合は、ゲームが続き、しかもスピードがあり、とても面白いゲームでした。

いつものメンバー4人、大満足で堪能しました。
昨日は日中、秩父宮でも早稲田と帝京の試合があって、両方見たと話していた人もいました。
11月23日は早慶戦。
私のラグビーのシーズンです。

クローバー




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

12:24  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |