FC2ブログ
2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009'11.13 (Fri)

後輩の報告書

先月、夫と北岳に登った後輩から報告書が届きました。

前日の夜は雪。ところどころ凍っている岩壁を登り、
最終バスに乗り遅れ、下山後、4時間近く夜叉人峠まで歩いた。
という山行です。


彼の報告書には、

悪いコンディションの登攀、長時間行動など今までに経験したことの無いものばかりであったが、その分得たものは大きく、今後の活動の幅が広がることにつながると思う。
あのコンディションでの計画実行の判断は私の度量ではまだ無理だと思うが、いずれは岩の悪コンディションも楽しみの一つとして捕らえられるようにしたい。 


と書かれていました。

反省点として、悪天候に弱い、多すぎる共同装備、ルートファインディングミスなどがある。
悪天候だとすぐに諦めようとする癖が知らぬうちについているのに気付いた。自分で言うのも変だが、少しの悪天の度に下山してしまうようでは実力があるのにもったいないと思う。夏合宿でもルートの状況が悪いからやめとく、ということがあった。深追いするのも危険だが、もともと整備された道や岩ではないのだから、自然な変化を楽しむ気持ちも大切にしなければならない。


とも書いてありました。

山岳部 236

夫はさぞ嬉しかったのではないかな、と想像します。
もちろん私も嬉しくてニッコリ。

石橋を叩いて渡る・・のならいいのだけれど、叩きまくっても渡らない。
みたいなところをちょっと感じたこともあり、常々、もったいない、と思っていたのです。

自然を楽しむ遊びですから、天気の良い時もあれば悪い時もある。
両方ひっくるめて山なのだから、丸ごと楽しまなくちゃ。

夫が50過ぎて、ワンパク登山をしてきた甲斐がある、というものです。

最後はこう結んでありました。

ピッチ数、様々な岩の形状、ロケーション、第四尾根主稜はどれを挙げても素晴らしいルートだった。他の現役にも是非登ってもらいたい。

山岳部 334山岳部 385山岳部 725jtstj.jpg学生時代のjtstjです。ちょっと恥ずかしい。

臆病にならず、
勇気を持って、
冷静に、熱いハートで
いざ、遊べ!!



クローバー


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:51  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |