2010年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2010'01.29 (Fri)

電話

ある電話を受けた。


ことの次第、用件よりも何よりも、ともかく、
一方的に延々と怒鳴り、罵倒し、まくし立てられて終わり。
というようなものだった。


電話を切ってから、ふと思う。
心の歯止めを外してしまったんだろうな、と。
いらいらしたり、おもしろくないこととか、フラストレイションは誰にもあるのだけれど、
大人はそれを第三者にぶつけたりはしない。
いろいろなことを飲み込んで、やっていくのが大人ではないか。


幼児虐待とか、ネットの陰湿な書き込みとか、
弱いもの、自分の顔を出さなくてもすむ相手には、歯止めを取り払い、
むき出しの感情をぶつけてしまうのではないのだろうか。


踏みとどまらなければ。
大人がキレてしまってどうするの。

そんな気持ちがした。


温かな、思いやりのある社会や家庭は、けっきょくは、個人の心の中から。
こういう電話もせちがらい世の中の一つの側面なのだろう。

でも、排除するのではなくて、一緒に踏ん張って・・
もう少しだけ温かな世の中を目指しましょうよ。

そんなふうにも思いました。

MPj04306370000[1]abc

ともあれ、顔が見えない電話。
心がつながるような、温かな受け答えをめざしたいと思います。

(この写真は、イメージ写真です。私ではありません・・って、
間違えるわけありませんね)




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

12:03  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.28 (Thu)

我が家の朝

久しぶりに我が家の朝、お弁当を。
まだまだ、毎日5個のお弁当をつくっていますよ。

P1040644_editedabcd.jpg


ずらっと並ぶと、壮観です。
本日は鶏の網焼き、お豆腐揚げとしいたけの煮物、しゅうまい、ほうれん草のソテー、ウインナーなどなど。
朝食と合わせて、ご飯が6合なくなります。スゴイ!!
でも、基本的にお料理は好きなので、そんなに苦にもならずに続いています。
逆に、お弁当が無くなっちゃったら・・淋しいかも・・


さて、みんなが出払ったあと、本日はジャスミン茶をいただきました。

P1040651_editedssf.jpg

コチコチの塊だったのが、熱湯を注ぎ、しばらくすると、花がひらくような感じになりました。
これは、何杯くらい、いただけるのか・・この入れ方で正しいのか、よくわかりません。
でも、ジャスミンの香りがしてやさしい味。

もうひとつお茶があります。
これもコチコチのプーアル茶。

P1040654_editedwert.jpg

どんな風に入れたらおいしいのかな・・? まずは解体しないと飲めません。
コーヒーだけではなく、いろいろなお茶にトライして、で朝のホッと一息にしようと思っています。

クローバー



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:38  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.26 (Tue)

コンサートとワイン

豊島区の財団ニュースに広告掲載をしている関係で
年に何回か、財団主催コンサートなどのチケットをいただけます。

今回は芸術劇場大ホールの東京室内管弦楽団のコンサートでした。
ゲストは秋川雅史さん、そしてチェリストの溝口肇さん。
(「世界の車窓から」のテーマソングを演奏されている方です。)

楽しいおしゃべりと、馴染みのある音楽。
新春にふさわしい、楽しい音楽会でした。


ラストの威風堂々・・新しい年、明るく力強く胸を張って前進しよう。
そんな気持ちがこみ上げてきました。

アンコールにチェロのEspace
ステージ中央の椅子で演奏する溝口さんだけがうかびあがり、
会場の照明が落とされて、宇宙を感じました。
チェロの音色が深く胸に響きました。

そして秋川雅史さんの「千の風になって」
チェロの溝口さんとのコラボです。


いろいろなことから解き放たれて、自由に大空を吹きわたる風
本当に亡くなった方たちの魂、心は、今自由なんだと思えました。

S、あなたも今は、自由な風なのですね。


音楽の力をしみじみ感じて会場を出ました。


そして、終了後、ちょっと食事。
夫と私、それに高校の同級生二人。

バーニャ・カウダと羊のチーズが美味。もちろんワインも。
P1040627_editedabc.jpg

P1040630_editedabcde.jpg

ステキな音楽と楽しい食事。そして親しい友人。

幸せです。

クローバー




17:17  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.24 (Sun)

会社の新年会

昨夜は、スリーエフ会の新年会でした。
協力業者さんの会があるのです。
建物ができるまでに、関係あるたくさんの業種の方。
大工、左官、トビ、タイル、内装、建具、家具、水道、電気、
足場、土工事、鉄骨、鉄筋、防水、etc、etc
総勢40人が集まりました。

この皆さんの技術、仕事の姿勢、それこそが
私たちスリーエフの仕事の本質です。
そして我が社の力の源です。

厳しい環境ではあっても、2010年も一致団結。
協力して、高い品質の建物をつくりましょう。
高い理念を掲げて、前進あるのみ。そんなことを確認しあいました。

和やかで、楽しく、美味しい会でした。

P1040635_editedabcd.jpg
今年は、初めての会場で、椅子とテーブルでした。なかなか好評。
たしかに。膝や腰にやさしい。平均年齢がちょっと高めの会です。

クローバー



テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

18:29  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.21 (Thu)

監査と郷土愛

昨年ひょんなことから、夫は郷里の監査の仕事を引き受けました。
県営住宅とか、県発注の設計、工事など、建築関係の監査です。

先日も前橋の県庁まで出かけて、午後7時すぎまで会議。
帰ってきた時にはヘロヘロでした。

自分の持っている知識、経験、能力のすべてを出し切りたい。
さらには、公認会計士の方など他分野の方も含めた監査の全体像も認識したい。
税金から日当が支払われるのだし、少しでも役に立つ提言をしたい、
などと言っていた夫。

どんな仕事の時も同じスタンスだけれど、
慣れなかった分だけ疲労困憊。
寄る年波には勝てない、ということよね。

daidaiabc.jpg
実家の庭で 

でも、それにしても、思うのです。
郷土愛があるのだなぁ、と。

これは東京生まれ、東京育ちの私には、ちょっと無い感覚なのです。
この温度差は何なのだろう。


変貌が速すぎて、愛着を持つに至らない。
どこかに故郷のある人の集合体。人生の一時期を過ごす場所。


通った学校も廃校になり、家並みもガラリと変貌。
商店街もなくなってしまう。それに伴って町のにおいも変わってしまう。

少し淋しくもあり、くたびれた、と言いながら晩酌していた夫が
羨ましくもあった夜でした。

niwaniwaabc.jpg
実家の庭で。
*****
子どもの頃の池袋

サンシャインのところは巣鴨プリズン
六つまたの交差点にはタワーみたいな建物が真ん中に立っていました。
パルコは無くて、丸物というデパート。
ビッグカメラやラビのところは映画館。そして菊邑という甘いもの屋さん。

三越も無くなって・・やっぱりすごい変貌です。

クローバー

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:12  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.19 (Tue)

寒い日のコンクリート

こう毎日寒い日が続くと、思い出すことがあります。

息子たちがまだ赤ちゃんだったころの夜中。
夫が突然起きだして、現場に行ってくる、と言うのです。

何で?こんな夜中に?何しに行くの?
聞けば、その日に打設したコンクリートに毛布をかけて、ストーブで温める、というのです。
天気予報で注意していたんだけどなぁ。予想より寒かったなぁ。
明け方はもっと下がるからなぁ。
などと、当時の私としては意味不明。
何でコンクリートが暑さ寒さを感じるわけよ。

大急ぎで身支度を整えて夫は現場に出かけて行ったと思うのです。
(そこのところは、はっきり覚えていません。)
ただ、夜中にトイレに起きたって、自分の息子がおふとんはいでるかどうかなんて気にかけもしないのに。
何でコンクリートに毛布とストーブなのよ!!
とかなりムカ~~ッとした記憶はあります。

コンクリートが固くなって、十分な強度が出るためには、時間とか外気温とかいろいろな条件があるそうで、
真冬などは温度補正をするのだそうです。
コンクリート中の水分が凍結してしまえば、品質に悪影響。
あの夜のことが理解できたのは、ずいぶん後になってからでした。

dasetu.jpg


どこかの現場でコンクリート打ちがあると、気温が気になる私になりました。
寒さももう少し。
ガンバレみんな。


クローバー



16:05  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.17 (Sun)

入試

センター試験の2日めです。
我が家では次男が受験中。本日の午後6時までだとか・・

雪の結晶02*VividPink †SbWebs†   雪の結晶02*VividBlue †SbWebs†   雪の結晶03*Aqua †SbWebs†   雪の結晶03*TinderboxRed †SbWebs†

夫は北大の受験にピッケルを持っていき、試験が終わったら
まっすぐ帰らないで、登山しながら帰宅したそうです。
そのピッケルを空港で見て、覚えていたもう一人の受験生。
それがSさんです。偶然に、二人とも北大にふられ、
東京の同じ大学に進学して、山岳部の部室で再会を果たしました。
山岳部のチーフリーダーとサブリーダー。私の先輩です。
白馬大事件なんていうこともあり、
二人の間には特別のご縁があるように感じています。


私には予備校で親しくなったKさん。
彼女とも偶然に入学式で顔を合せました。
それから長~い付き合い。
ここにもコメントしてくれる、バッチさんです。


長男は現役で受験した時の話を弟たちにしていました。
英語なんて問題がそもそも読めないんだから、
やること無くて、ヒマの極致。鼻くそほじってた。
・・まったく親の気持ちも知らないで・・
オレは中卒レベルだと自覚したところから受験は始まった。

MPj04394310000[1]ab


自分で体当たりして、扉をあけるしかないのが受験。
桜咲く結果になれば嬉しいけれど
挫折体験だって悪くない、と私は思います。



次男君、
どっちにしたって、全部良し。
そう思っているからね。

さて、何か温かい夕食、つくりましょう。


クローバー

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:15  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.14 (Thu)

Glass Half Empty or Half Full?

三男のクラス懇親会がありました。
学校近くの大手居酒屋チェーン。
何回か利用したことがありますが、こんなに空いていたのは初めてです。
なおかつ、すごいサービス。
店長さんから、フルボトルの赤白ワイン各1本。
寒ブリのカルパッチョ風、大皿に2つ。
さらに塗りの大きな杯に日本酒がなみなみと注がれて、
運ばれてきたのにはビックリでした。
帰りには、全員にクーポン券。

やっぱり不景気なのでしょう。

働いている人たちの賃金体系ってどうなっているのだろう。
チラシ配りの時給はいくらなのだろう。
あまりのサービスぶりに、そんなことがチラと頭をよぎりました。

どんな業種も生き残りをかけて必死です。
希望を持って頑張る!!

P1040580_editedqbcd.jpg

さて懇談会での話を総合すると、

親の望む、あるべき高校生の姿からは、
ちょっとばっかりのギャップはあるものの、
意外と友達思いで、繊細なところのある少年少女たちなのだ、と認識しました。
ややこしい年頃の少年少女があれだけ集まっているのです。
先生もさぞかしご苦労なのだろうな、と思います。

加えて我が息子。
かつらをかぶって授業に出ていたとか、
改めていろんなことが話題にのぼりました。
申し訳のないことです。平身低頭。

P1040571_editedmnbv.jpg

ここで新年の新聞記事に出ていた大江健三郎さんの言葉を思い出しました。

意志の力による、オプティミズム。

まさしく。
楽観的であるには、意志の力が必要です。

なんといっても、3バカトリオの息子たちなのですから。

こちらも、希望を持って頑張りましょう。

クローバー





テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:01  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.12 (Tue)

プレサージュ

我が家の車はプレサージュという車です。
もう15年近く乗っていて、1月が車検。

社員のだれの車よりポンコツだな。
本当にそろそろ買い換えよう。

今回も一応車検を通して、じっくり選ぼう、ということになりました。
たしか、去年もそんな話をしたような・・

でも、今年こそは買い換える。
と決意も固い夫です。

もうさようならなんだ、と思うと、車と言えども、淋しい気持ちがします。

小学生だった息子たちを乗せて、海や山へ出かけ、ずいぶん遠出もしました。
夏や冬の山荘にも20回以上は出掛けています。
山岳部の後輩を8人乗せて、ルーフキャリアにザックを山盛りに積んで、
大活躍だった車。樹海のSの捜索にも行ったね。

kurumaabc.jpg
今年の山荘。駐車場では、発掘して、雪を踏み固めて車を走らせます。


子どもも乗らないし、セダンにしよう。
と言う夫。

後輩が不自由。山道を走って、山荘まで行けるのか?
現場へ行く時はどうするの。

いつも堂々巡りになりますが、どこかで割り切るのだそうです。

どんな車になるのかな。

今度、丁寧にお掃除してあげようと思います。
長い間、有難う。ハートありがとう




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:46  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.10 (Sun)

いつもの日曜日

仕事はじめから、すぐにやってきた連休。
でも、我が家にはいつもの日曜日が戻ってきました。

今朝も10時から夫と二人でゴルフレッスン。
M先生には、お正月のラウンドの報告です。
後半のスコアはベストスコア。嬉しくて舞い上がっていた私です。
パットの練習をすれば、もっとスコアが良くなる、と言われてさらに大喜び。
幸先の良い初レッスンでした。
やる気満々!!

その後は二人で母の施設に行くのですが、途中でのランチもお決まりです。
本日は、小石川でみかけたスペイン料理のレストラン
La Campana ラカンパーナでした。

前菜にスパニッシュオムレツとシーフードサラダ。
P1040603_editeda1.jpg

ガスパチョとメインディッシュ、パンにデザート、コーヒーで1500円也。
P1040607_editeda2.jpg
P1040610_editeda3.jpg

予算オーバーだけど、美味しかったね。
お正月ということで・・と夫。

バーカウンターもあり、建物もしっかりデザインされていてきちんと施工されていました。
こういうお店は料理も美味しい。ワインも美味しい。
という夫の意見。正しいような気がします。
チャンスがあったら今度はディナーで訪れたいと思います。

そして我が母の本郷の施設へ。
お土産はアンポ柿。
お茶を飲みながら、子どもたちはいくつになったの?
仕事は順調?ここはどこかしら?
といういつもの会話をしながら、テレビはラグビー大学選手権の決勝戦。

帰宅してから後半をしっかり見ました。
今年の優勝は帝京大学です。

来週は、次男のセンター試験。
またいつもとちょっと違う週末になりそうです。


全員そろっている日曜日。
今夜は温かいお鍋にでもしましょうかねぇ・・・

クローバー



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:35  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.08 (Fri)

卒論

1月8日。本日は、長男の卒論提出日でした。
秋口からずっと時間に追われている様子だった息子。
年末年始も関係無く机にかじりついていたっけ。

昼ごろ、めでたく完成したもよう。

チラと見た表紙には、タイトルと年度。
大学名に学部学科、学籍番号。そして息子の名前。

希望通りの大学へ進学できて、力いっぱい学生していた4年間。
いよいよ最終盤だね。
最後の後期の授業料を払い終えた時も感慨があったけれど、
今日、卒論を目にして、なんだか胸が一杯だった。

楽しい学生生活だったのだろうか。
いっぱい学んだのだろうか。
恩師、友達、きっとたくさんの人と出会えたことだろう。
あなたの4年間の集大成。
私にも読ませてくれたら嬉しいけれど・・・
そんなことは、君にとっては思いもよらないことだよね。

親の心子知らず。
なるほどその通り。
一人で大きくなったみたいな顔をして、パクパクお昼を食べ
卒論を5部持って、バイクでウイーンと
大学へ行ってしまった息子です。

By the time a man realizes that maybe his father was right,
he usually has a son who thinks he's wrong.


P1030025_editedabcd.jpg
お互いの頑張りがわかるのは、結局私たちだけ。二人で健闘を讃えましょう・・・
(今年のスキーです。)

クローバー


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:31  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'01.06 (Wed)

あけましておめでとうございます。

本日から、仕事はじめ。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

P1040578_editedhana.jpg

今年は山荘に雪下ろしに行き、久し振りにスキーをしました。
おっかなびっくりだったのですが、膝の調子も良く、
1日、目一杯滑りました。
山荘へは、ワカンを付けてラッセル。こちらも何十年ぶりかでした。

P1030018_editedaaaaa.jpg


山岳部の大先輩Oさんと、夫と私、3人での小屋の夜。
三男が2歳になった時からほぼ毎年Oさんとは小屋で新年を迎えて来ました。
チビすけだった息子たちにスキーを教えてくれたことや
カマクラを作ったこと、カモシカに遭遇したこと等々、
懐かしい話がはずみました。
今は3人だけ。
子どもたちの成長を喜びながらも、ちょっと淋しい気持ちも噛みしめながら
荷揚げしたお酒やワインをいただきました。

P1030032_editedturara.jpg
つららでロックです。


帰る日の朝、天気が回復して、稜線が見えました。
堂々と聳える鹿島槍、爺が岳。
雄大で神々しい姿に感動しました。

P1010059_editedabcdaaa.jpg

明るい気持ちでまた新しい1年を頑張ろう。
謙虚に平凡な日常を感謝して生活しよう。
そんな風に思って山荘から帰って来ました。

クローバー



17:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |