FC2ブログ
2011年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2011'01.27 (Thu)

友の身の上話

友人から「元ダンが亡くなったの」
というメールを受けたのは、今月初めのことだった。
子供たちの父親ではあっても、
彼女自身があれこれと動くことはないのだろう、
と思っていたら、なんのことはない、
彼女はその後始末に大変なことになっていた。

経済的な後始末、
家を引き払うこと、荼毘にふすこと、
全て引き受け清算し、最後に残ったのはお骨。

彼の遺骨は、実家からも引き取りを拒否されたのだ。

一連のできごとの中で目を見張ったのは、
彼女の子供たち。
経済的にも、精神的にも、当事者として働き、母親を支え、
たいへん立派なものだった。

彼女の全ての苦労は、この一点で全部報われたのだ、と思う。

お骨も、偶然が重なり、納骨先が決まったと連絡があった。

救われる、ということは、
良い行いのご褒美、報いではなく、
全ては、憐れみであり、恵みなのだ、と言う彼女。

放蕩息子だって父のもとに帰った時には、
詫びたではないか。
彼女にひとことの詫びだってなかったのだ。
無縁仏になったって、不思議じゃないのに、
と私は思ってしまう。

過酷な道のりをみごとに歩いた友。
私は、恵みとご褒美をたくさん彼女に与えて下さい、と祈っている。

流れのほとりに植えられた木の
 時が来ると実を結び、
 その葉もしぼまないように、
 そのなすところは皆栄える。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:38  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |