2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2011'03.31 (Thu)

怒涛の3月・年度末

例年、慌ただしい3月。

今年は、3.11の地震以降、何もかもが、いつもの3月から、
ガラッと変わってしまったような気がしています。
あまりの出来事に茫然とし、それでもよろよろ立ち上り、仕事や生活を続け、
気がつけば、あっという間の月末、年度末でした。


来期は、この状況が、常態になるのでしょう。
電力も材料も不足した環境での仕事。

ありとあらゆる知恵をしぼり、できることに力を注ぎ、
乗り越え、生き残らなくてはなりません。

キーワードは、分かち合うこと。
社会、個人が全て、痛み、負担を引き受けあい、分かち合うこと。
そして、協力し、復興していく、ということなのだろうと思います。

P1020009_editedbbb_20110331171807.jpg
去年の桜


大学の新学期が遅れ、長い春休みを過ごしている息子たち、
電力不足の夏の過ごし方を考えたのだとか。

夏、池袋も計画停電で真っ暗になったら、
暑いさなかに、漆黒の闇夜で本物の闇鍋をやってみる。

小中学生を集めて、お寺の墓地まで行く、大肝試し大会をやってみる。

家の駐車場でみんなでバーベーキュー、花火をやる。

グリーンカーテンで、ゴーヤ、へちまを栽培し、売る。

どこかでポンプ車を借りて、打ち水ボランティアをする。

江戸時代の行灯を復活してみる。


息子たちの能天気ぶりにも唖然としますが、
でも、そのくらいの逆転の発想も必要かもしれません。


たくましく、しなやかに。

明日から、新年度です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

17:19  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.29 (Tue)

東京での建物被害を見て

東京でも、地震で建物被害がなかったわけではありません。
直後は、水道管のトラブルが多かったのですが、
その後、瓦が落ちた、とか建具の建てつけが悪くなった、
部屋の壁に亀裂が入った、建物の外壁に亀裂がある、
お風呂場のタイルが落ちた、玄関廻りのタイルが傷んだ
崖地の上の地盤が陥没した
などなど、いろいろな相談をいただいています。

建物の診断も頼まれて、中には、住み続けるのが危険で、
すぐにも退去して、取り壊しをした方が良い、というような建物もありました。

そう診断したところで、先立つものはやはりお金。
引っ越し先だって、簡単に見つかるとも思えません。
最低限の補強は、いつも居る部屋にだけ筋交いを入れること・・
そんな風に説明しているのを聞きました。

見渡せば、古めかしいアパートもまだまだたくさん残っています。
そんなアパートは、学生さんが多く借りているのかもしれません。
阪神淡路の時にも、アパートで学生さんがたくさん犠牲になりましたものね。
お家賃が安い、ということもあるのでしょうが、
住まいとしての最低限の安全は担保されているのかどうか、不安に感じます。

住宅資金というと、家を買う頭金、というイメージが強いけれど、
それだけではなく、建物を所有したら今度は、
修理や建物診断の予算を計画的に準備して、メンテナンスしていく、
という視点が本当に必要だ、と身をもって感じました。

ところで、
トラックで野菜を売りに来てくれる八百屋さん、
本日、地震後はじめて来てくれました。

004yasa.jpg

無事だったのだろうか、と心配していたので、本当によかった。

yasa2.jpg

お野菜、いっぱい買えました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

18:35  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.28 (Mon)

お家呑み・iphone4

お家呑みのおつまみです。

003bbd.jpg
ニシンがあったので、にしんの塩焼きに大根おろしにしました。

それに、砂肝の南蛮漬けとサラダ
001abc_20110328103526.jpg
004sara.jpg

このほかに、カマンベールチーズに酒盗をのせたもの、
わかめときゅうり、ほたるいかの酢味噌和えなどをつくりました。
息子たちにはトン汁。

上二人が高校を卒業した春休みは、
キャンプに行ったり、スキーに出かけたり、
友達と、楽しい時間を過ごしていたけれど、三男は全て中止。
大学にも早く行ってみたいけれど、それも延期で、
仕方ないとはいえ、ちょっと可哀想に感じた私。

日曜日、卒業旅行に行けない分、
携帯電話の機種変更をしてあけることにしました。

大喜びで出かけた池袋。
念願のiphone4になりました。

飛びあがりはしなかったけれど、かなり嬉しそうだった息子。
帰り道は、口数が多くなりました。
大学生協って、何売ってるの?
教科書は高校みたいに売りに来るの?
などなど。新生活に期待がふくらんでいるのでしょう。
その姿に母も元気がもらえます。

ガンバレ!
我が家のフレッシュマン。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:37  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.25 (Fri)

2週間たって、週末の「お家呑み」

先日、お墓参りの時に撮った梅です。

019UME.jpg

卒業式の頃に桜が咲くこともあるのに、今年はいつまでも、寒い気がします。

被災地に雪が降っている映像は、本当に胸が痛くなります。
春が待ち遠しい。早く温かくなって欲しいです。

2週間たって、とてつもなく大きな災害だったことを改めて感じています。

被害の全容も、まだ把握しきれていない。
原発は、どのように推移していくのか、先が見えない。
全国に影響が及んでいて、我が社にも相当な影響があります。

でも、粘り強く活動する、たくさんの人や
通り始めた道路、敷設された橋などの映像も見るようになりました。

これは、日本だから、日本人だったからこそ可能だったのでは、と感じています。
戦後、お腹を空かせながらたくましく復興した親たちの世代。
私たちも、よりよい明日を必ず、造り出そう。


さて、週末。
肩の力を抜いて、努めて平時と同じように過ごすため、
本日は、「お家呑みの日」に決定しました。
お酒の肴は・・・ありあわせじゃなく、調達に行こう、と思います。

なんだか、決心しての「お家呑み」ってそこからして、
そもそも普通じゃないような気もしますが・・

でも、いつか、必ず、本当に、
のほほんと、お酒を楽しみ、酔っぱらえる、
そんな日が来ることを。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:34  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.24 (Thu)

毎朝の風景・お弁当

毎朝、リビングに身支度を整えて出陣すると、
まずは、カーテンを全開にします。

今日は寒い朝で、心なしか弱々しいお陽さまでした。
でも、明るくなったリビングは、私に元気を届けてくれます。

それから、朝食とお弁当の準備にとりかかります。
今日のお弁当。5個。

024OBENTO.jpg
切干大根の煮物・えびフライ・ささみのフライ・ほうれん草とベーコンのソテーマカロニサラダ

新学期の開始が遅れるようで、長~~い春休みになるようです。
学食を楽しみにしている三男君、母もその日を楽しみにしているよ。


いつもと同じことができる、幸せな朝。
けれどもなんだか今までとまったく同じ気持ちにはなれない自分です。

切羽詰まったような決意で迎える、平常な日常。
やっぱりどこか不自然ですよね。

そう思いつつ、できあがったお弁当。
いつも通り、オイシイヨ!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:51  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.23 (Wed)

失明・半身不随ということ

今日、20年ぶりくらいの、友に再会した。
失明し、左半身が不随、という状態だった。

おだやかに、昔と変わらない話し方の友。
私は涙が出て来て仕方なかった。


受け入れがたい現実を、
とのように受け入れたのだろう。
自分の身におこったこと、
今、こういう状況にあることに、
何か意味があるのだろうか。
それを見出すのは、とても困難に思われた。

全てのことに興味も関心も失ってしまった、という友。

穴倉の中に入り込み、全てあきらめてしまった果ての、
静謐な心境なのだろうか。

外の風を送り込むことが、波風をたてることにはなるまいか。
今の境涯で保たれているバランスを乱すことにはなるまいか。
自分や、また他の友が会うということは、良いことなのだろうか。

いろいろなことが心をかき乱します。


生きることの厳しい現実でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:15  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.22 (Tue)

週末のあれこれ・・・墓参と盗難自転車

お墓参りに行きました。
ガソリンが心もとないので、夫の実家へは行かず。
我が父親の都内のお墓に電車で出かけました。

電気が消され、エレベーターも停止。
うす暗い見慣れない池袋駅は、なんだか淋しかった。
お墓も、いつものお彼岸とは大違い。
静かなお墓参り。
一刻も早い復興を祈りました。


約1年半前に盗まれた息子の自転車が出てきました。
放置自転車として撤去されていたようで、
ひきとりに来て下さい、という通知が来たのです。

めちゃくちゃになっているのでは、と思いながら保管場所まで行くと、
思いのほかピカピカの自転車に久しぶりで対面しました。
駐輪場への入場許可証のようなものが貼り付けてあり、
盗んだ自転車を、自分のものとして、日常的に使っていたようです。
撤去場所も池袋。同じような生活エリアなのかもしれません。

犯人はどんな気持ちで使っていたのだろう。
盗みを働いて、平気だったのだろうか。
釈然としない気持ちです。

さて、我が家の自転車らしく、気分刷新。
カギを取り替えて、名前の派手なシールと、盗難防止ステッカーでも貼って、
少しお化粧直しをしようかな。



昨日の夕食は全員集合。
いよいよ、遂に食材が無くなりました。
冷凍庫や乾物の掘り出し物、年代品も使い果たし、
いよいよ買い出しに行きました。
買いだめではなく、我が家の常態でも、
息子たちのお腹を満たそうと思うと、かなりの量の買い物になります。
少し、後ろめたいような気持ちがしましたが、致し方ありません。

仕事はどうなるのか、
入学式はやるのかな、
サークルを早くやりたいな、
などと口ぐちに言いながら食卓を囲めることは、
本当に有難いことだと感じました。


さて、お休み明け、会社にあっては経済活動を止めないように、
家にあっては、つつましく、主婦として、
なるたけ平時の日常を家族に供すること。
これが今の私の努めだと思っています。

頑張らねば、ね。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:03  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.20 (Sun)

三男の卒業式、やっと挙行。はなむけに変えて

卒業、おめでとう。

12日の予定から、1週間遅れの卒業式でしたね。
予行をした、大きなホールでもなく、卒業を祝う会も中止になり、
父兄も在校生も参加できない、そんな卒業式。
でも、君たちの巣立ちの姿や、校長先生の式辞など、
たくさんの父兄が教室のモニターテレビで見て、
お祝いの拍手を送っていたのですよ。

思い返せば、君たちの学年はハプニング続きの学年でしたね。
中学の沖縄修学旅行では、猛烈な台風で足止め。
高校の修学旅行も新型インフルエンザの影響で中止。
最後の卒業式もこの事態です。
でも、いつも君たちは明るかったし、友達思いでしたね。

モニターテレビからも、変わらぬ君たちの、
友達や、先生、学校へのあふれる思いが伝わりました。
そして、被災された方々や、人の役に立ちたい、という
若者らしい熱い気持ち、決意もしっかりと感じられました。

いつもとは違った意味で、素晴らしい卒業式だったと思います。

たのもしく、成長したものです。
母は胸が一杯でした。

校長先生の示唆に富んだお話、
担任の先生の、6年間の居心地の良い学校から巣立っていく君たちへの
心のこもった言葉、みんな大切に受け止めて下さい。

母からの大学生、そして大人へと歩んでいく君への言葉、
それは、ただひとつです。

いつも、どんな時でも、私は君のおかあさん。
応援し、見守って、誇らしく思っています。

大きく羽ばたいて、飛び立って下さい。
でも、糸の切れてしまった凧ではないのです。
君が宇宙に飛んで行ったとしても、
母はしっかりその糸をずっと持っていますから。
そのことを忘れないで下さい。
それだけです。


心から、おめでとう。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:16  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.18 (Fri)

価値感の転換を求めて

原発がたいへんな状況になっています。
連日のテレビ報道を見ていても、
事態が好転しているように感じられないのは私だけでしょうか。

安全、万全と言われ続けていた原発。
想定を超えた巨大地震と津波だったから、という言葉だけでは、
片づけられない思いがします。

私たちの今の生活は、蛇口をひねればお湯が出ます。
深夜まで煌々と光があふれる街で暮らし、最先端の高層マンションは、
エレベーターが動くことを大前提として成り立っています。
こうした便利さに慣れきってしまっている日本であり、
私たち一人一人がいるわけです。

ある方が、この私たちの生活のあり方そのものが、
暗黙の共犯者である可能性があり、
その側面に全く目を向けないわけにはゆかないのではないか。
と言っていました。

原発の上に築かれた生活をおくっている私たちが、
国や東電を全く無垢なる立場から非難攻撃できるのだろうか。
とも言っていて、考えさせられました。

私たちの消費する電力は、
原発を乱立させてまで消費する必要や価値があるものなのか。
この先も消費電力が青天井で増えていく、そういう生活で良いのかどうか。
今までのままの生活の行きつく先はどこなのか。


謙虚に一人一人が考えなければなりません。
新たな価値観、哲学を持ち、
新たな日本として、復興しなければ、
と思うのです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:52  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.16 (Wed)

普段通りの日常をめざして

延期したり、様子見になっていたりした、いろいろなことを
少しずつ、やり始めています。

地震後、2件の契約をさせていただきました。
電力や材料調達、ガソリンなどなど、いろいろ不確実な要素はあっても、
与えられた条件の中で全力を尽くす。
それはいつもと変わらないのですから。

そして、今日、1件地鎮祭も執り行いました。
午前10時からの開式です。

P1010013bb.jpg
切麻散米

その時間、会社で私も一緒に祈りました。

土地を鎮めて、土地を利用させていただくことの許しを得る。
ここに住まわれるご家族の本当に土台として、支えて下さい。
まさに、大地に祈る、という心境でした。

いつも見慣れている紅白幕も、今回は特別な思いがしました。
浮足立たないで、できることを堅実に、粛々としていきましょう。
建て主の方も、きっとそんな気持ちだったのだと思います。

P1010017aa.jpg



新しい見積図面も届きました。

掲載されている、新建築住宅特集4月号も19日には発売。
楽しみに、買いに行こう。

前を向いて行こう!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:15  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.15 (Tue)

石原慎太郎「震災は天罰」発言

いろいろなメディアで昨日来取り上げられてきたこの人の発言。

「これはやっぱり天罰だと思う」
「津波で我欲を洗い落とせ」

罰とは罪を犯したものに対してくだされるもの。
被災された方々に何の罪があったというのだろうか。
自身の我欲、罪を棚上げにした、何という上から目線。

「被災者の方々はかわいそうですよ」

この人にとって、この未曽有の大惨事に被災された方々、
心を痛める全ての人に向けた感情とは、こんなものでしかないのだ。

本日、謝罪したというけれど、
これほど、人間を、国民を見下している人が政治家であっていいのだろうか。

人として許し難い気がした、我が東京の首長の発言だった。

怒!

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:50  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.14 (Mon)

地震の後・仕事・家のこと・覚書

ガソリンの不足が深刻です。
会社の車のガソリンが尽きてしまえば、動きがとれません。
公共交通機関も運休や本数が少なく、時間がよめません。
埼玉の鉄工所へ行く予定だった監督は断念。

システムキッチンの1社は工場が壊滅して、納期は不明。
ボードも無い状態。800枚注文して、やっと少し確保。

予定していた、打ち合わせや契約など、全て延期したけれど、
いつなら可能なのかは、わからない。

工事部長はバイクで出社してきた。
長男のバイクも利用するようだ。
あとは自転車。



スーパーの棚はスカスカで、食料品やトイレットペーパーなど、
みんな売り切れ。家に今あるものでしのげば良し。

出社した長男の様子はわからないけれど、歩いても帰宅できるのだから、
どうにかするだろう。仕事をしっかり頑張るように。


昨日訪ねた母。
地震は忘れてしまったらしい。
当日も地震だとはわからず、めまいがするみたい、と静かに言っていたとか。
職員の方たちも、勤めて平静にしていました、とのことだった。
いつもと変わらず、
何事もなかったかのように、チョコレートをいただき、
一緒にお茶を飲み、のんびりと話をしてきました。
あそこだけ、ゆったりと別の時間が流れているようでした。


時間がたつにつれ、被害の惨状があきらかになる。
原発は2号機でも海水の注入が始まった。
計画停電も始まった。

頑張ろう。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:06  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.13 (Sun)

地震・余震その2 仕事のこと

週末、どこへも出かけず、テレビの情報を見、夫と共に会社に居ます。
明日からの仕事にいかなる影響があるのか。そんな相談をしていたら、
思いがけず、出社してくる社員も居ました。

壊滅的な打撃を受けた建材メーカーがあり、
その他にも、いろいろな工場の操業状況や運搬のことなど、
知っておかなければならないことが多々あります。
材料調達が困難になるだろうし、調達コストはどうなるか、
いろいろと、見通さなければなりません。

被災地の人命救助と復興が第一。

その上で、こんな時こそ、粘り強く、
最善を尽くして仕事をしなければ、と思うのです。

品不足や工事の遅れなど、本当に深刻な影響が予想されます。
我が社のみならず、経済全体にも大きな打撃があるのでしよう。

でも、経済活動だって人の営みのひとつ。
みんなは一人のために、一人はみんなのために。
その精神で、何事もやっていきたい。

ひとりでも多くの命が守られ、
どこかに希望を見つけることができますように
復興への道が開かれますように。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:10  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.12 (Sat)

地震・余震・・その後

被害の状況がわかってくるにつれ、その惨状に胸が痛みます。
被災された皆様に、神の助けがありますように、切に祈ります。


会社と我が家は、玄関に置いてあった鉢植えが落下したのみで、
それ以外の被害はありませんでした。



次男は春休みで在宅。

卒業式の予行で川口市に居た三男は、友達何人かと、歩いて学校まで戻り、
その後、帰宅できない友達3人と共に帰ってきました。
我が家に1泊。今日の卒業式は延期になりました。
みんな家族の安否を確認しあい、今朝電車が動き出したのを確認して
帰っていきました。時間はかかっても、無事に家まで帰りつけるな、と思える安心感。
成長したものです。でも、くれぐれも、気をつけて帰るのよ、と送り出しました。

長男は会社から徒歩で11時過ぎに帰宅しました。
携帯もつながらず、心配しましたが、本社に居たそうで、
それでどうにかなったのでしょう。

明治通りは、車の大渋滞。
歩道も人がゾロゾロと大行列。
かつて目にしたことの無い光景でした。

水道管が破裂、屋根が壊れた、クラックが入った、
ご近所や、いろいろな方から、やっと電話がつながった、と
連絡が入りますが、今現在も対応しきれていません。
社員も職人さんも思うように動けず、電話もうまくつながりません。
もう少し、待っていて下さい。


できることを精いっぱいやって、協力し、助け合って
乗り越えましょう。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:17  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.10 (Thu)

年度末・私の決算・仕事の仕方

会社は3月決算。年度末です。
今月中にお引き渡しの現場担当者は大忙し。
さらに、来期に向けて、今月中に地鎮祭を済ませる現場もいくつかあります。
引き渡し準備と着工準備が並行して進んでいる社内です。
私は、そろそろ決算の準備。

いつもと同じ仕事の流れでも、その繰り返しの中の一区切り。
やり残したこと、手つかずだったことなど洗い出し、
新年度に向けて、追いこんでいく。
冗長になりがちな生活、仕事、自分に喝が入る時でもあります。

小さな時間の区切りごとに、仕事を割り振り、
1日単位、週単位、半月、1カ月、3カ月、半年、
とだんだん見通す時間を大きくして、
全体をスケジューリングしていく。
家庭と会社の大まかな二つの軸でこれをやるのが、
私の仕事や、生活の繰り廻し方の基本です。




でも・・・できていないのですよねぇ。・・・いろいろと。
だから、年度末この有様です。

ベランダの古いプランター、及び土などの処分 未完
理由 猛暑により日中の屋外作業を中断したため

洗面所の収納内部の不要物処理・整理  手つかず
理由 息子たちが各自勝手に使用していて、着手を拒んだため。

それでも日々、滞りなく、つつがなく生きている。
(万事OKよ、ともう一人の私が言っております。)

家庭でのことは、それで良いとしても、会社はそうはいきません。

お尻に火がついて、追いこみ頑張ります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:49  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.09 (Wed)

三男と二人で買い物

週末、三男のスーツを買いに行きました。
二人で買い物するのは、何年ぶりでしょう。
入学式のスーツは、私の好きなスタイルで用意します。
今回もその定番。

少し暗めの紺の無地。センターベンツ。
ズボンはワンタック。
お兄ちゃんたちはノータックだったけど、君は脚の筋肉が張っているからね。
ネクタイはエンジのレジメンタルストライプ
靴はストレート・チップ・オックスフォード。
これで決まりです。

試着した息子は、見違えるように大人びて見えました。

2002TEABC.jpg
これは2002年9才の彼です。・・・本当に別人だ。


その後、控えめに、他の服や小物も欲しい、と言われました。

考えてみれば、6年間ほとんど制服とバスケのユニフォーム、
ジャージで過ごしてきて、私服もお下がりが多かった三男。
まともな服って無いかもしれません。

新品も欲しいよね。買いに行こう。

ということで、二人で今度はサンシャインへ。

途中、お昼も二人でいただきました。
牛タン定食、ごはん大盛り、とろろとテールスープ付、
カキフライ単品でひとつ、という遠慮の無さ。
相変わらず良く食べ、そして良く喋った息子でした。

GAPとかABCマートとか、若い人向けのお店で
あれこれ息子と選ぶのは、とても新鮮で楽しい時間でした。
素直に、どっちにしようか、などと相談されると、ついメロメロ。
お財布のひもも緩んでしまいました。

荷物をぶら下げて、のんびり家まで話しながら帰ってきました。

あとは、通学用のカバンだな。パソコンが入る方がいいかな。
などと晴れやかに嬉しそうでした。


さあ、今週末は高校の卒業式。
私も式に着る服、試着しなければ。
ゆるい・・などということはまず無いだろうけれど、
・・・どうぞ無事に着用できますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:01  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.07 (Mon)

息子たちの誕生日

日曜日、3月生まれの長男と三男の誕生日、
それに三男の合格をまとめてお祝いしました。

ケーキは2つ。これは三男のケーキです。
004ke.jpg

メニューは手巻き寿司。モエ・エ・シャンドンも奮発しました。

長男、手巻きにして食べています。彼の前にはチョコケーキ
001ta.jpg

三男は、いくつか食べて、もうやってられない、とこういうことに。
002te.jpg
かなりのご飯を海鮮丼に。暑いと言って一人Tシャツ姿です。

シヤイな次男は横を向いてしまいました。
003si.jpg

彼らの食欲に、命のエネルギーを感じます。

こうして、全員揃って食卓を囲めるのはしみじみ、幸せなこと。
チャンスをつくって、こんな時間をまた持ちたい、と思いました。

それにしても、大きくなったものです。
なんだか、はじめて、頼もしいなぁ、と感じた母でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:36  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.06 (Sun)

落語会、その後イタリアン

金曜の夜、Aさんに誘われて落語を聞きに行きました。
「特選落語名人会」中野サンプラザでした。
本当は、落語好きのご主人と行くはずだったのに・・・有難うございます。

出演者は、春風亭小朝、桂歌丸、三遊亭圓楽etcの豪華メンバーでした。
みんな聞きごたえがありましたが、際だったのは、小朝の巧さ。
ずいぶん前に、母と聞いて以来でしたが、円熟みが増し、
のっている感じでした。

客席は、年齢層が高め。若い人には、あんまり人気が無いのでしようか。
でもその中に小学生くらいの男の子をみつけました。
中入りに、嬉しそうに、おじいちゃん(?)とニコニコ話しながら、
おにぎりをほおばっていました。

そういえば、我が家の長男も、おばあちゃんのお伴で喜んで寄席にくっついて行く、
落語が好きな、渋~い小学生でした。

久しぶりに落語を聞き、とても楽しかった。
ばかばかしくも、あり得ない話だけど、どこかで似たようなことがありそうで、
素晴らしくおっちょこちょいだったり、とぼけたりの善人悪人も
どこかに居そうで、それはもしかしたら、自分だったりもして。
そして、言葉遊びみたいな、どんでん返しみたいな落ちのつけ方。
実際の人生の落ちもあんな風につけて、笑い飛ばせたら・・・
なんて思い、心軽やか。また聞きに行きたくなりました。
落語は、お値段も手ごろだし、本当にまた行こう。

さて、終演後、Aさんと私は中野で晩御飯。

001aa.jpg
002bb.jpg
003cc.jpg
004dd_20110306163748.jpg
005ee.jpg


不運続きの外食でしたが、ばっちり挽回でした。
美味しいワインとお料理に、二人で閉店まで、楽しい時間をすごしました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:39  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.04 (Fri)

何が一番困難か・・・ズバリ予算あわせ

日経新聞、私の履歴書が、建築家の安藤忠雄さんになりましたね。

初日の記事に
何が一番難しいか、それは見積調整、予算あわせで、
建て主の方に対して、そこまで求めるのなら、
今の倍くらいの予算を出しなさいよ、と言いたい、との記述。

なかなかに興味深く、ニヤッと笑って読みました。

安藤忠雄みたいな大家でも、予算と見積が大きくかい離して、
苦労しているのだ、と思うとなんだか仲間になったような気がします。

施工会社は見積を提出すると、必ず、予算オーバーです。
減額案を検討しましょう、ということになるのですが、
これは、設計段階からある程度予測がついているのかもしれません。
建て主の方に、いきなり無理です、とも言えず、
かけ離れた数字の並ぶ見積書を見て、認識していただく、
という作業が必要なのかもしれません。

それにしても、お金の算段が一番困難とは。

産みの苦しみ、という言葉があるように、
無から形を生み出すこと、
建物を設計していく、クリエイティブなことが、
一番の困難じゃないのか、と想像していた私には、
少し意外な気もしました。

もっとも、建築はお金だけじゃなく、時間や法律、
いろいろなものにがんじがらめに縛られて、
それでも知恵を絞って形にしていく作業。
設計の仕事には調整能力も不可欠なのだと感じます。

002bbg.jpg


ただ今、社内では、安藤忠雄をして、最も困難と言わしめた、
見積作業をしております。

相当な難局に、担当者と夫は格闘しております。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ

にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

16:24  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.03 (Thu)

老いの準備・・母の場合

この家を建てたのは今から18年前。母が64歳の時でした。

階段昇降機を取り付けて、家中バリアフリー。
自分の部屋にはミニキッチンとトイレがありました。
TESの床暖房で家中冬でも暖かく、ヒートショックの無いように。
母なりに、終の棲家、と思い定めての家だったのだろう、と思うのです。

でも、その母は今、施設に居ます。
足腰が弱った時のための階段昇降機は、本人には用無し。
私がアキレス腱を切った時に利用させてもらいました。
夜中のトイレは便利だったろうけれど、
ミニキッチンを使えたことは、何回くらいあったのでしようか。


予定通り、思惑通りには、人生進んではいかないものです。
準備したことは予想に反して、役に立つことが無かったような気がします。

終の棲家で生活が続くはず。
そう思って手つかずだったクローゼットや母の部屋、
納戸に取り残された、ありとあらゆる母の持ち物が、
今だに我が家にはたくさんあります。

着物、洋服、バッグ、草履や履物、装飾品、
手紙や写真、お茶道具や大量の花器、硯や墨、和紙。
裁縫道具や端切れ、父の本、父の着物etc

その山を前に、踏ん切りのつかない私が居ます。
もう、母がこういう物を身につけ、使うことは無いだろう、
と頭ではわかっていても、きれいさっぱりと捨ててしまうこともできず、
大切な書類などを探しながら、それでもだいぶ処分はしたのです。

001haha.jpg

この家にずっと暮らすつもりだったのよね。
ヒマに任せてガラクタを整理するの。気のすむように片づけて、毎日過ごすわ。

そんな目論見は実現することがありませんでした。


自分の思い出の品も含めた持ち物の整理。
だいそれた準備ではなくて、私はまずそれをしたい、と思います。
でも、その前に私は母の持ち物との、決別をしなくてはなりません。

なかなか、たいへんです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村





テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:00  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.02 (Wed)

誕生日・老いていくこと

今日は夫の誕生日です。

また一つ歳を重ねますね。

生まれて来てくれて、私と同じ大学に入っていてくれて、
山登りが大好きな先輩として出会えて、結婚して、
息子たちが生まれて、会社で仕事をして・・・
いろいろなことがあったなあ、と感慨深く思います。

義父母とあなたが暮らした年月よりも、
私との生活の方がずっと長くなりました。

義父母のところをもっと訪ねてあげればよかったな、
と今になって私は申し訳なく感じています。
二人とも、遠いところへ旅立ってしまいましたね。

あなたは幸せだったのかな?
少し怖いけれど、いつかたずねてみたいような気もします。

今日までの日々とこれからの日々。
残りの年月は無限ではない、と感じることが多々あります。

どんなおじいさんとおばあさんになりたいか、
どんな時間を過ごしたいのか、
そんな話もタマにはしてみたい、
と思うこのごろです。

まずは、元気でいなければ。
欲張りはやめにして、一病息災でいきましようね。

おめでとうございます。

これからも、宜しくね。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:38  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.01 (Tue)

外食で、ツキに見放された私・・・

ここ何回か、外食でまったくいいことが無い私です。

某回転寿司屋さんでのランチ。
最初に注文したお椀がず~~っと出てきません。
お盆にお椀を載せて、厨房の外に立っているのに、
別のことを優先していて、配膳されません。
2度の催促でも、すぐ出します、との返事のみ。
遂に食べ終わり、キャンセル、と言ったら運んできました。
(当然、キャンセルしましたけれど・・・)

002abc_20110301160658.jpg

次はファミレスでのランチ。
パスタにガーリックトースト付きのセットを注文。
出てきたのはパスタのみ。
催促の挙句、言われたこと。
真っ黒にこがしてしまったんですけど。
だからどうした、というのだろう。
これだけ時間があれば、つくり直せたのでは?
と言いたかったけれど、仕方なく、キャンセル。

003bbc.jpg

こちらも昼時、本郷でのお蕎麦屋さん。
もうチェーン店はいやだ、とこじんまりしたお店へ。
注文した鍋焼きうどん。全くお出汁の味がしない、
お醤油色の汁の中に、くたくたのコシの無いうどんが入っていました。
具材は、ほうれん草、しいたけ、かまぼこ、伊達巻が各一切れ。
お会計は1000円也。お昼時なのに、私以外、誰も来ませんでした。
なるほどね。もう行きません。

004qqw.jpg

まだあるのです。サンシャインの中の某料理屋さん。
締めのおそばが早々と出て、アルコールを飲み終わっても、
牛肉のたたきが出てきません。催促しているのに、出てこない。
お茶でもお持ちしましょうか、と言われたのも、妙な接客。
これも、キャンセルしたのだけれど、帰り際の挨拶がまた妙でした。
「申し訳ありません。本日の牛肉は松坂のとても良い肉質のたたきだったので、
是非召しあがっていただきたかったのですが、
厨房でお造りの注文が重なって時間がかかってしまいました。本当に残念でしたね。」
厨房が立て込んでいた、というのはそちらの理由。
食いしん坊の私は、そんな美味しそうなたたきが出なくて、
残念でした、なんて言われてしまい、本当にガックリ。
どういうつもりの挨拶か、理解不能。

005wtu.jpg

こう続くと、外で食事するのがいやになります。
ちょっとしたサービスの良し悪しで、せっかくの食事が
楽しい気持ちから、不愉快な気分になってしまうのですから。
お料理自体は美味しかったのに、台無しに。残念です。

サンシャインの時は、夫が気分なおしに
美味しいケーキとお茶をごちそうしてくれました。

あなた、このところ運に見放されているのだから、
食事会の幹事とか、辞めておけば、とのアドバイス。

いいえ、次の食事会は、もう、行ったことのあるお店しか選びません。

010ppi.jpg

はい、こちらサービス満点、愛情たっぶり、絶対確実な本日のお弁当です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:27  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |