FC2ブログ
2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2011'03.29 (Tue)

東京での建物被害を見て

東京でも、地震で建物被害がなかったわけではありません。
直後は、水道管のトラブルが多かったのですが、
その後、瓦が落ちた、とか建具の建てつけが悪くなった、
部屋の壁に亀裂が入った、建物の外壁に亀裂がある、
お風呂場のタイルが落ちた、玄関廻りのタイルが傷んだ
崖地の上の地盤が陥没した
などなど、いろいろな相談をいただいています。

建物の診断も頼まれて、中には、住み続けるのが危険で、
すぐにも退去して、取り壊しをした方が良い、というような建物もありました。

そう診断したところで、先立つものはやはりお金。
引っ越し先だって、簡単に見つかるとも思えません。
最低限の補強は、いつも居る部屋にだけ筋交いを入れること・・
そんな風に説明しているのを聞きました。

見渡せば、古めかしいアパートもまだまだたくさん残っています。
そんなアパートは、学生さんが多く借りているのかもしれません。
阪神淡路の時にも、アパートで学生さんがたくさん犠牲になりましたものね。
お家賃が安い、ということもあるのでしょうが、
住まいとしての最低限の安全は担保されているのかどうか、不安に感じます。

住宅資金というと、家を買う頭金、というイメージが強いけれど、
それだけではなく、建物を所有したら今度は、
修理や建物診断の予算を計画的に準備して、メンテナンスしていく、
という視点が本当に必要だ、と身をもって感じました。

ところで、
トラックで野菜を売りに来てくれる八百屋さん、
本日、地震後はじめて来てくれました。

004yasa.jpg

無事だったのだろうか、と心配していたので、本当によかった。

yasa2.jpg

お野菜、いっぱい買えました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

18:35  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |