2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011'06.30 (Thu)

息子の態度に涙する母

ブログをうろうろしていたら、気になる記事を見つけた。

息子さんと心が通じ合わず、会話も無くて、家に息子さんと居ることが苦痛。
会話にならなくても、話しかけよう、と思える時と
なぜ普通の会話すら出来ないんだろうと、悲しんだり、いらいらする時がある。
きつく当ってしまうなら、居ない方が良いだろう、と外出されたのだとか。
スタバで時間をつぶし、道行く人を見ながらぼんやりして、
雨が降ってきたから、傘を買い、そしたら雨がやみ・・・
息子と居合わせないためだけにしているそんなことあんなこと。
自分は何しているのだろう、とついに涙が出てきた、という内容でした。

我が家も同じ、という書き込みもいくつもありました。

私も同じ。
「別に」「普通」「わからない」「忘れた」
こんな返事しかしない息子にどれだけ傷ついたか。
母親の気持ちをメールで伝えてみても、返事がないか、または、
「見た」とか、「わかった」という返事のみで態度はまったく変化なし。
これも全く我が家と同じ。

これは、母親に対する、一種の暴力行為だと私は思うようになった。
子どもとしての恩恵はちゃっかり受けて、無視を決め込む。
母親の側は、自分の接し方にも落ち度があったのでは、と反省し、
自業自得と諦めたり、自分を責めたりする。
そして、日々、一人事態の好転を図ろうといろいろ努力をし、
我慢をし、世話をし続けているけれど、
それが益々、子どもには好都合。
あんたのせいだ。
とエスカレートさせてきたような気がするのだ。

子どもと心を通わせたい。普通の会話ができたなら。
そんなささやかな望みもかなわずに涙を流す母親。

子どもたちよ、それで満足か? それが君たちの望みなのか?
君たちの勝利なのか?
何も感じないのだろうか。それとも、快感なのだろうか。

私の解決策。
私は、これ以上傷つきたくないし、傷つかないことに決めたのだ。

息子よ、もう充分でしよう。
家族としての心を取り結ぼうとしないなら、出て行くべし、と。

ここまで、決心するのにずいぶん時間がかかったけれど、
今は、それが私のためにも、そして何より甘ったれた息子のためにも
一番の方法なのだ、と思っている。

聞くには聞くが、決して理解せず、
見るには見るが、決して認めない。
心は鈍り、心で理解しない。

頑なに心を閉ざす理由を、一方的に子どもだというだけで、
親におしつけるのは、もう終わり。
君は充分大人なのだから、押し付けられないよ。
一人になって考えてみなさい。
それが私の結論です。

そして、ものすごく時間はかかっても、わかりあえる日がくる。
そんなふうに信じていよう、と思っています。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:17  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.29 (Wed)

東電管内、電気使用率93%超!

朝一番で都庁へ行き、決算の変更届けの提出をしました。
普段は、自宅から会社へワンフロアだけの移動ですから、
あの時間、電車に乗るのは久しぶり。

うす暗い、池袋、新宿の地下。
駅の券売機も一部は節電のため、稼働していません。
新宿の動く歩道もストップ。エスカレーターも止まっているところが多々。
高齢の方は、移動するのが大変だろうな、と気のどくにも感じます。
電車の中の冷房温度も高めに設定されているようで、
老若男女、パタパタとお扇子を使っている人が多かったです。

都庁の中も節電中。
薄暗い中で提出し、受理のハンコをいただいてきました。

ピカピカに明るくは無いけれど、あれで充分。
自分の足で歩き、上り下りをする場所も増えたけれど、
それだって、健康のため、元気な人は歩けば良いし、
冷房の温度も工夫しだいでは、我慢できないことはない。
つくづく、便利さ、快適さに慣れ切ってしまっていた自分を感じました。

これを機に、自分のエネルギーを使おう。
一石二鳥じゃないの、と会社へ戻ってきました。

そうしたら、東電管内の電力使用率が93%超とは・・・
余力が乏しいのですね。

それなりに工夫しているつもりだったけれど、
さらに、節電を徹底しなければ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:43  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.28 (Tue)

立山旅行の続きです。

初日は東京から宇奈月へ行き、トロッコ電車に乗りました。
雨が強くて、客車に乗って出発。別途、車輛料金がかかります。
終点の欅平まで行き、散策の予定でしたが・・・
黒部川は濁流。猿飛峡のところでは、護岸工事をしていました。
猿飛峡展望台への道は通行禁止。
阿曽原へと続く登山道の入り口もトラロープ。いたるところ通行止め。
それでも少しだけ歩きました。
祖母谷温泉の方へ奥鐘橋を渡って、人喰岩を通って20分くらい。
奥鐘山は久々に見ることができました。

翌日からはアルペンルートをたどり、室堂で歩く予定でしたが、
これは昨日も書いた通りの大雨。

遂に、我が青春の剣岳には、一度も会えませんでした。
ただ、黒四ダムから、チラとオオタテガビンが見えました。
あそこをもっと廻り込んだところの岩場。
夫とI先輩と私の3人で登り、途中ワンビバークしたんだったなぁ、
となつかしかったです。

たくさん歩いて、温泉で汗を流し、おいしく食事・・
の予定でしたが、温泉と食事のみ。
歩かなくても、ビールは美味しい。食事も美味しい。
山に出かけて太って帰ってきたなんて、涙

それにしても、私の知っている景色には全く会えませんでした。
ダムには流木が一面に浮かんでいて、泥水が流れ込んでいました。
黒部川も恐ろしい水量の濁流。
残雪と緑のコントラストが美しいはずなのでしようが、
まったくのホワイトアウト。
自然はいろいろな顔を持っていますね。

もう一度、剣に登りたい。仙人池。S字峡、十字峡。
また、歩きたい。また来よう、と思って帰ってきました。

042kiki.jpg
利き酒セット。 やっぱりこれでは太りますね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
18:01  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.27 (Mon)

雨、というか滝に打たれるような経験

立山に行ってきました。

全員、間違いなく行いが良いはずなのに、
かつて経験したことの無いような大雨でした。
上高地では、釜トンの先で土砂崩れがあったと聞き、
本当に災害が起こっても不思議はないな、と納得でした。
020yama.jpg
美女平の散策路で。奇跡的に雨があがっていました。


天狗平のホテルから室堂へ行くバスを待つ、たった何分間かは、
修験者が滝に打たれるような感じ。
うかつな格好で外に出てしまった私たちは、
バス停で遭難しそうでした。反省。

室堂も濃霧で真っ白。しかも大雨。
乳白色の外を眺めて、この方角に剣が見えるはず。
と目を凝らし、集中しても・・・何も見えませんでした。
当たり前か。
大観峰からのロープーウェイも、黒部平からのケーブルカーも
視界ゼロ。
雪の残る山の散策を楽しみにしていたみんなには、本当に残念なお天気でした。
でも、これで諦めてはいられません。

008.jpg
岩魚の骨酒


即、グルメ旅行に切替えて、そちらは大満足でした。

おいおいアップしたいと思います。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
17:11  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.22 (Wed)

お休みをいただきます

先週、怒涛のようなスケジュールでした。

会社のも含めて総会が2件
お芝居に映画
定例の会議
決算後の納税やら、書類の提出やらもほぼ終了。
25日の給与振り込みの手続きも済ませました。

あとは、都庁に決算の変更届けを提出してくるのみ。
書類は完成しています。

・・・それで、明日から、お休みをいただきました。
出社は来週の月曜日。友達と立山でハイキングしてきます。

今朝、つくり置きのカレー、煮物、グリルドチキンを準備しました。
あとは、ちょっとパンなど買い足しておけばOK

行ってきます。

晴れますように
行いが良いのだから、晴れるよね!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:03  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.21 (Tue)

感動・ドーバーばばぁ

昨晩は、渋谷で中島監督の映画 「ドーバーばばぁ
を見てきました。

54才から67才までの女性6人が、ドーバー海峡の横断リレーをする。
と言葉で言ってしまえば簡単ですが、彼女たちのひたむきさに、
しっかりしろ!と喝を入れられ、かつまた、まだまだやれる、と励まされた気もしました。

行きたい、という気持ちがあれば、誰でも行けると思います。
これは真実なのだろう。
実現したい夢、希望があれば、それに向かってつき進むだけ。
彼女たちは、年齢とか、家庭の事情とか、家族間の問題、健康状態とか、
一切言い訳しなかった。自分でどうにか筋道をつける。
泳ぎきれるだけのトレーニングを積む。自分の責任を果たす。
本当に、見事。

キャプテンの方が、
練習に遅れて来たり、できないことの言い訳する人が、結局、その場になると、泣いて逃げ出す人。
自分がサポートを受けるのではなく、どうしたら少しでもチームに貢献できるか、
泳力よりも何よりも、そういう気持ちを持っている人をメンバーに選んだ、と言っていました。
これもキャプテンならではの言葉だと思う。

介護があるから泳ぐ。
自分の人生の正念場だと思って泳いだ。

彼女たちの言葉が、日暮れて真っ暗なドーバーを
ライトを光らせながら泳ぐ姿に重なって、胸を打ちました。

最後の中島監督の言葉です。

ひたすら、リレー水泳でドーバーを泳ぎ、渡る。
この映画は、ただそれだけの映画です。
自然の波や風、気温や海水温、いろんなことに影響を受けながらも、
無になって泳ぐ。ひたすら泳ぐことに注力する。
保証はなくても、チームメイトの助けを受け、パイロットという案内人を信頼して、
渡りきれる、泳ぎきれると信じて全力を尽くす。

人生が大海原なら、私たちもまた、生まれた瞬間から、あちら側、
死へと向かってひたすら泳いでいるようなものです。
このたびの震災のような自然災害もあり、本当にいろいろ翻弄されても、
ひたすら泳ぐ。
人を信じて、助けをいただいて、自らも手を貸して、
泳ぎ、泳ぎ続けて、しっかりと渡ろうではありませんか。

そんなお話でした。
監督ご自身には、この映画を撮り終えることが、ドーバー海峡の横断だったのだな、
とも思いました。

たくさんの人に是非、見ていただきたいな、と思います。
7月24日の分は、まだ買えるのではないか、と思います。

人生つまらない。いいことなんて無い。
なんて言ってた息子ともう一度見てこよう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:28  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.20 (Mon)

前田 吟さん

昨日、三越劇場で「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を見てきました。
水谷八重子さんが主演の新派の舞台で、
前田吟さんが遊郭の主人を演じているのです。
前田さんのご自宅の工事をさせていただいたご縁で、
舞台に出られる時には、見せていただいています。

寅さんの映画の、さくらのご主人、
渡る世間は鬼ばかり、
この2作がすぐに思い浮かびます。
とても有名な芸能人。別世界の方、というイメージの方でした。
でも、いくつかの舞台を見せていただいて、いわゆる芸能人的な、
派手さとか、きらびやか、というイメージは、
ちょっと違うな、と感じるようになりました。

舞台のたびに、丁寧なお誘いの手紙を下さいます。
どんな舞台なのか、どんな意気込みで臨まれているのか、
俳優、前田吟さんの想いがこもったお手紙です。
それを読むと、夫も私も是非、舞台を見せていただきたい、と気持ちが動かされます。
そうして拝見させていただく舞台です。
こちらも、心して、期待して、わくわくしながら見に行くのです。

おしん・藤島土建・そして昨日の舞台。
まだ3作しか拝見していませんけれど、
いろいろな顔の前田吟さんを見せていただき、
劇場での、濃密な時間を堪能させていただいているのです。

昨日は、窓口で思いがけず、前田さんから、言付かっております、
とお菓子をいただきました。

006gin.jpg

何時間かの虚構の世界、舞台。
でも、その根底には、舞台をつくる人たちの熱い気持ちと、
それを伝えるための地道な作業の積み重ねがある。
感動が感動を呼び、大きなうねりになることもあるのでしょうが、
基本は、みんな同じ。
しっかり気持ちを伝えること。
そして、ちゃんと受け取ること。

帰宅して、お菓子をいただきながら、そんな風に思いました。

劇場での時間、しっかり味わい、感動しました。
受け取りました。

ありがとうございました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:31  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.18 (Sat)

会社の総会

昨晩は、協力業者さんと共に総会がありました。

乾杯の時に、

人々の住宅に対する意欲、気持ちはどうなっているのか。
物流や材料の供給状況、電力の動向など、
的確に情報を集め、細心の注意を払って見極め、慎重であること。
そして、災害に対する備えや、お客様に対するバックアップ体制、
自然エネルギーにシフトしていく中での住宅のあり方について、
知識を深め研究していくこと、こんなことには、大胆に踏み出していく。
慎重、かつ大胆に進んで行きましょう。

とご挨拶をいただき、とても印象に残りました。

懇親会は、いつもながら和気あいあい。
このチームワークが我が社の強みかもしれません。

001tobu1.jpg

003tobu2.jpg

004tobu3.jpg

008tobu4.jpg
ごちそうも、とても美味しかった。デザートまで、全部平らげました。


会食の途中、3月11日の地震の時、何をしていたのか、
指名しながら発表しました。
屋根の工事で屋根に居た人、ビルの22階で荷物の搬入中だった人、
現地調査の路上で、ビルの屋上からの滝のような水に直撃された人
(貯水槽が破損したのでしょうか)
皆さんそれぞれに大変な思いをされたようです。
怪我がなくて何よりでした。
仕事にならない日が何日かありましたが、設備やさんだけは、
水道管が破裂して、引っ張りだこ。大忙しだったそうです。

あっという間に時間は過ぎ、お開きに。
今年も無事に総会を終えることができました。
皆さんに、感謝です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

10:54  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.17 (Fri)

ごちそうさまの後輩の記念日

昨日、メールをもらいました。
送り主は、山岳部の後輩K君と結婚したYちゃんでした。

3年前の6月15日に、私たち夫婦が二人を紹介し、引き合わせた、
その出会い記念日だったようです。

K君、6月15日には、花を買ってきてくれたのだそうです。

110616_100243.jpg


思い返せば、こんなメールをいただけるような結末になるとは、
あの日、私はとても思えなかったのです。
何せ、初デートの晩御飯はラーメンだったもんね、
と衝撃と共に思い出していました。
Yちゃんにそう書いて、お花は好みの花でしたか?
と返信したら、

そういえばラーメンでした(笑)
その前に都庁のラウンジで飲んでいたから締め状態だったのかもしれません。
飲み会じゃないんだから…と今ならツッコミます(笑)
お花は私がレッスンで使う花材の中でわかるものを選んできたそうです。
色は私の好きなビタミンカラーをチョイスしてくれたらしく、
元気が出そうな色で気に入っています。

と、速攻で返事がきました。

飲み会の締め、でもゴールイン。
人のご縁は不思議なものです。

幸せのあふれるメールに、
私も幸せな気持ちになりました。
Happy together forever and ever.



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

10:26  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.15 (Wed)

修理依頼

自社サーバーのバックアップに、
テラステーションというのを使っているのですが、
それがピーッ、ピーッと警報音を出すようになって早2週間。

あまりのうるささに、電源を落して、別にバックアップをとっていました。

本日、システムメンテナンスの顧問先(高校の同級生)
M君が見てくれて、修理依頼をしたのですが・・・

どんな症状かを記入して下さい、とあるので

ピーピーとずっと鳴りっぱなしで、かなり大きい音です。
再起動しても同じです。ある日突然そうなりました。

と事前に私が書いていたのですが、彼、全部書き直していました。

エラーメッセージの番号、接続されているサーバーからはディスクが見えない、
再起動時に出る別のエラーメッセージの番号、
さらにサーバーとの接続方法はiSCSIです。などなど。

なるほど。
私には意味不明だが、確かに彼のように書ければ
いろいろと正しく伝わるのだろう。
・・・私のような人は、修理も満足に頼めない。

ため息とともに気落ち。

いいじゃない。家がなおせるんだから。
それに、同じように書いて送る人、一杯いると思うよ。
とM君。クスッと笑ってたような気もしますが、

とにかく、末永く、宜しくお願いして、本日の作業を終えました。

早く、あんまり費用がかからずに、なおりますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

19:07  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.14 (Tue)

元の取り方

友人からのメール。

ジムで「なんちゃってバレエ」にデビューしました。
自分の姿にこれほど笑えれば、もとは充分取れたというかんじです。
どうみてもバレエというよりどじょうすくい。
命あるうちに白鳥の湖は来ないことがわかりました


と書かれていました。
なんて前向きな友!!

私が、ジムで初めてズンバZUMBAのクラスに出た時は
腰をクネクネと廻しながら、踊るので、その場違いで無様なこと。
笑うというより、逃げ出したかったなぁ。

エキゾティックなラテンのリズムに乗って、
ホットでセクシーな爆発するようなラテンの世界に身を任せて
パーティーを楽しんで下さい。
・・・とんでもない。ムリ。という感じでした。

しかし・・・私も元をとりましたよ。

もう出るのはやめよう、と思っているのに、
何故だかインストラクターの方と目があって、誘われて、
断りきれない優柔不断さも手伝って、
今や、同じアホなら踊らにゃソンソン、状態になりました。
おかしな我が姿にも慣れたということか。

白鳥の湖同様、魅惑的なラテンダンサーの
めりはりあるダイナマイトボディーは
命あるうちに手に入らないことも悟っております。

でも、今度、バレーとズンバ、二人で発表会でもやってみる?!
がっちりと、お釣りもゲットしたいな、なんて。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:56  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.13 (Mon)

週末のあれこれ

土曜日は有志の会の世話人会。
小学校の国語の教科書の話が印象深かった。

出版社の違いによって、文学作品に力点を置いているものや
論説文に比重があるものなど特徴があること。
教師にとって、文学作品を子どもたちに教えるのは、
(つまり味わい、感じ、感動するということか)
とても難しいことだけれど、論説文には、結論があるので、
比較的教えやすい、ということ。
各区では(東京都の場合)いろいろな学校の国語教師が集まって、
どの教科書がいいか、勉強会を行い、真剣に検討を重ねて、
候補の教科書を選んでいる、ということ。

それがそのまま子どもたちの使う教科書になれば一番いいのに、
と私などは思うのだけれど、そうならないこともあるようだ。
今年のある区では、挿絵が可愛らしいから、ということを
理由に、別の教科書が使われるそうだ。

教科書検定に合格した物の中から、自分たちで教える教科書を
これが良いのでは、と選んでみても、その教材が使えない。
私が教師だったら、モチベイション下がるなぁ・・と改めて思う。
PTAでこういうことを学習できないものか、とふと思う。

003himawari.jpg

父の日には早いけれど、ひまわりを食卓にかざり、
長男も含めて全員で日曜日は食卓を囲んだ。
息子たちの、父親への感謝の念、いつか伝えてくれますように。

お弁当にはビワ。
父の日の頃に、母はよくビワを出してくれたな、
となつかしい。

001obentou_20110613170125.jpg

その母は、施設でゴルフ番組を見ていました。
あそこへは、遠足で行ったのよ。
みんなでお弁当を食べたのよ、
などと言っていた。
遠足は楽しい思い出だったのだろう。
母は母なりにゴルフを見、
私はアン・ソンジュと有村知恵の優勝争いを堪能しました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:02  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.11 (Sat)

怒り

怒っている人にたくさん遭遇してしまった。

ジムの露天風呂。お湯に体をゆだね、週末だなぁ~と
ぼんやりとしているところへ怒りの声。

どこに目をつけて掃除してんのよ。湯垢もずっと付いたまんまだよ。
休館日なんていったってなんにもしてないじゃないか!
と延々と怒っていた年配の女性。
たまたまお湯の温度を測りに来たスタッフは、うなだれるばかり。

銀行でも怒声。
○○支店って3か所あるんだよ。
駅前、中央、○○支店だけでいいのかよ。このやろう。はっきりしろ。
とすごい剣幕の中年男性。

郵便局でも。
毎日来て知ってるじゃない。なんでダメなのよ。
免許無いし、外国行ったことないからパスポートも無いんだよ。
そんな人、いくらでもいるじゃないか。
延々わめいて、窓口に向かって捨て台詞。
使えない。全部解約するわよ! 
これは若い可愛らしい風情の女性。

歩道で、前から猛スピードで走って来る若い男性の乗った自転車。
一瞬、どちらに避けようか、迷ってしまったら、すれ違いざまに
バカヤロー ババア!

電話でも、コンビニのスリーエフと間違えたのか、
○○支店の店長がどうしたこうした、といきなり話し始め、
あの~と私たちは建設会社だと告げようとしてもダメ。
ちょっと毅然と、私どもは建設会社で、とまで言ったところで、
いきなりガチャン。

怒りの現場に居合わせてしまうのは、とてもアンラッキー。
自分が怒りのはけ口にされてしまうのもイヤだけれど、
人がそんな目に遭っているのも、見るに堪えない。聞くに堪えない。

顧客であったり、サービスを受ける側である時、
立場上の優位が、ああも簡単に理性のタガをはずしてしまい、
感情むき出しになってしまうのか。

注意を促し、改善を求めるにしても、言いようがある。
事情を聞いてみる、話し合いをしてみる、
そんな過程はすっ飛ばした、怒り。
ストレス発散に見えてしまう。

むき出しの喜怒哀楽。
ヒステリックな社会。
良識ある大人は居ないものだろうか。

本当に憤るべき、大きな問題は別にある。
そんな事を感じた、怒声の露天風呂でした。
(同調して、怒る人まで現れる、恐ろしいお風呂でした)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:13  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.10 (Fri)

いろいろなこと、その後

以前お知らせした、中島監督の映画「ドーバーばばあ」かなり好評のようです。
11日(土)の立川は既に完売。
20日(月)の渋谷も2回とも完売。
追加が決まった7月9日(土)立川も既に完売です。
7月24日(土)に立川でもう一度上映されることが決まったそうです。

我が家の大学生二人が見たいと言っていて、
彼らの予定、都合を待っていたら出遅れました。
ギリギリセーフで20日の渋谷のチケットを入手。
よかった。
朝日新聞に取り上げられ、ラジオ番組に中島監督が出演されたりで、
息子たちも関心をもっていたようです。
せっかくのチャンスだから、まだはっきりしない三男の分も含めて
7月24日にもチケットの予約をしました。
親子で映画。何年ぶりだろう。
ちょっと楽しみだったりしています。

24日は、まだチケット買えるそうです。
こちらから、予約もできます。
ドーバーばばあ 織姫たちの挑戦


さて、もうひとつのその後。
署名活動です。

どこかで華々しく取り上げられることも無く、
地道、コツコツと集めてはおりますが、やはり今回は低調です。
再度のお願いを、ここで試みます。
ご賛同いただけましたら、宜しくお願いいたします。

ネット署名と有志の会のURLです。

有志の会のトップページ
http://www.k-yuusi.jp/index.htm

ネット署名のフォームに直接でしたら
http://form1.fc2.com/form/?id=175866

低調とはいえ、嬉しい出会いもありました。
ブログを通して、署名して下さった方もいること、
そして思いがけず、高校の同窓生の方もいらっしゃったことなどです。


「ドーバーばばあ」の勢いにあやかりたい、署名おばさん。

一筆一筆に感謝しつつ、頑張ります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:38  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.09 (Thu)

捨てられない、古びたかばん

片づけものをしていて、ふるめかしいかばんを見つけた。

見た途端、そのカバンを買った時のことがよみがえる。

それは、長男のカバン。
彼が、我が母校の都立高校に合格して、通学用に二人で買ったものだ。
私はとても嬉しかったのを覚えている。
だって、息子が同窓生。いそいそと買い物にでかけたのだ。

英語の辞書、古典もあるから古文の辞書、
教科書にお弁当もあるし、たくさん入るのがいいね。
とあちこち見て回り、ちょっと奮発して購入したのだ。
ショルダーにもなり、リュックみたいに背中にも背負えて、
ひもやベルトもスッキリしまえる。
なかなかいいじゃない。

しかし、このカバンはあんまり息子に使われなかった。
実際に学校が始まったら、教科書、辞書はロッカーに置きっぱなし。
自転車でスーパーの袋に部活の道具、(水泳部なので海パンだけだったけれど)
財布、携帯だけ入れて、通学なんてことも多々あった。
学校置きっぱは伝統だね、なんて思っていたっけ。

そのカバン、私は捨てる判断ができなかった。
その時の自分の気持ちが愛おしい。
それなりに、嬉しそうに張り切っていた息子の姿も蘇る。

でも、彼の判断は超あっさり。
イラナイ。ステテ。

も少し大切にしてくれて、買った時の母の気持ちもかんがえてくれたらなぁ・・
などと思いつつ、じゃあ捨てるね、
と言ってこっそりまだ持っている自分。

そういえば、私は母の持ち物に対しても、
いらない。捨てる。を連発していたな、とふと思う。

母も、淋しい思いをしたのかな。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:08  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.07 (Tue)

群れないこと。

中高一貫で6年間をぬくぬくと過ごした息子たちにとって、
何が一番たいへんか、と言えば、友達をつくることであるらしい。

大学やら予備校で初めて顔を合わせ、
隣の席の人と親しくなる、というような手順は、
当節、あんまり通用しないらしい。

学校生活がスタートする前に、ツウィッターとかフェィスブックなどで、
●●大学の○○学科に入った新入生集まれ、みたいに声をかける人が居て、
それに応じて、遊びに出掛けたりして、入学式の時にはすでに顔見知り。
これに乗り遅れるとかなりヤバイんだそうな。

教室が広いから、わざわざ人の隣に座らなくてもいいし、
授業が終わると、顔見知りどうしでサッサと消えてしまう。
誰とも口をきかないで1日終わる、と悩んでいる子もいるそうだ。

相手を理解し、自分もまた理解されること。
時間がかかって当然ではないか。
相手の気持や距離感を測りながら、少しずつ、少しずつ
理解を深め近づき、親しい間柄になっていく。
いきなり全てを飛びこして、親しくなれるはずはない。

そうは言っても、子どもたちにとっては、
友達とか、みんな、といわれる
ひとくくりの仲間との関係が何より大切であるらしい。

敢えて言いたい。
群れるな! と。
群れていて、何が得られるというのだろうか。
群れない。正しく、一人でいる。
そんな矜持を持ってもらいたい。
それが、自分が友と呼ばれるにふさわしい人間になるためにも
必要なことなのだ、と思うのだ。

そして自分から胸襟を開き、語りかける。
そんな勇気も持ってもらいたい。

頑張れ。子どもたち。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:59  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.06 (Mon)

コンペ・ブービーメーカー賞

昨日、コンペに参加させていただきました。
コースは、飯能くすの樹カントリー倶楽部。

一言。
私には、とても、とても、難しかった。
グリーンはかなり高速で、ウネウネ。
ポテトチップみたいにそっくりかえったり、へこんでいたり。
思い出してもため息がでます。
さらに、インコース。
狭いし、とてもトリッキー。
まっすぐ飛んだ。なんて喜んではいられない。
すぐにOB、バンカー、ついたてみたいな大岩・・・涙
グリーンは、早さに加えて、大きい!!
60ヤード近くもあるグリーンなんて・・・。

最下位でしたが、
私としては、よくぞ無事に生きて帰って来た!みたいな気分です。
一緒にラウンドした女子の優勝者Uさん。
彼女が居なかったら、ご臨終だったような気がします。
ずっとつま先が上がったり下がったり、
左足も上がったり下がったり。
いやらしいバンカーには、一体どこにどうすりゃいいのよ。
みたいな気分の時に、Uさんの考え方やスイゥングはとても勉強になりました。

最後の講評で、堀口プロもおっしゃっていましたが、
ドライバーを敢えて使わない。
8番みたいなロフトのクラブで転がすアプローチをする。
Uさんは、やってたなぁ、と。

ひとつ、ニアピン賞をいただきました。
002niapin.jpg
嬉しいです。仕事で不参加だった夫に自慢。

残り3ホールのニアピン賞はUさん。スゴイな。
同じ先生に習っているのだから・・・・頑張ります。

あのコース、いつの日にか、リベンジしたい。
せめて、視覚に負けて、精神的に逃げ腰にならないように、
強い女に変身したい!

(余談ですが、レストランの坦坦麺、かなり美味しかったです)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

12:01  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.03 (Fri)

定年・新しい夫婦の時間

親しい友人のご主人が定年を迎えられた。

還暦の誕生日、お子さんから、温泉宿をプレゼントされ、
二人で出かけてきたの、と言っていた。

そして、定年。
今まで通り、会社へは出勤されているのだそうだけれど、
立場が変わり、定年後の再雇用、ということのようだ。

彼女の結婚、出産や子どもたちの進学、就職など、
ずっと近くで親しくさせてもらってきた。
年賀状には、いつも子どもさんたちの写真があったっけ。

勤続何年だったのだろう。
還暦を迎え、定年という区切りの年。
ハネムーンではない、夫婦二人の旅行。
どんな気持ちだったのだろう、と想像する。

友は言う。
明日からも会社に行くのだし、
ここで老けこんでしまうのもよくないし、
この区切りでは何にもしないことにしたの。と。

これは正しいかもしれない。
人生の通過点。
いろいろな重い責任から少しだけ解放されて、
身軽に趣味や、夫婦の時間を楽しむのもいいではないか。
別の友人のご主人は、オーディションを受けて、
合唱団に入り、サントリーホールに出演していたし。

そんな風に思っていたら、ご主人は一区切りの日に
ご自分で好きなケーキを買って帰られたそうだ。

ついでに買ってきてくれたの、
というラスクをおすそ分けにいただいて、
二人でちょっと可哀想だった?などと笑いあいました。

職場を去る、という男性の感慨。
想像すると、なんだか胸が熱くなります。
かたや、主婦には定年が無い。
私の友も、ずっと会社に勤めるご主人を支えて、
いわば、主婦を勤続してきたのだ。

ご主人の労もねぎらいたい。
そして、友の頑張りにもごくろうさまでした。
と言葉をかけたい。
お二人で積み重ねてきた時間。
心から拍手を送ります。
これからの新しい夫婦の時間が、友の一家にとって、
豊かでやさしい時間でありますように。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:36  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.02 (Thu)

打ちっ放し

昨晩、夫はお客様からのお呼ばれで夕ご飯。
私と息子二人、計三人だけの晩ご飯でした。
これはチャンス。
行くしかないでしよう、と速攻夕食を済ませて、
ゴルフの打ちっ放しに行きました。

バスを利用して王子の練習場へ。
(自慢じゃないけれど、車も、自転車も乗れないのです。)
コンペに参加することにしたので、真剣に練習です。

ここ何回かのラウンドでは、ドライバーや
フェアウェイウッドが気持ちの良い当たりをしてくれているのですが、
欲を言えば、もっと飛距離が欲しい。
ヘッドアップしない、フォロースルーを大きく、
この二つを意識して練習しました。

この練習場、80ヤードなので、ネットまで飛んで行っても、
一体どのくらいの飛距離があるのか、よくわからないのが難点です。
果たして、飛距離はどうだったのか・・・?
きっと飛んだに違いない。いや、絶対にいっぱい飛んでる、
と、自己満足することにして、好きなクラブは切り上げました。

で、問題のアイアンです。
グリーン100ヤードくらいからの寄せが
涙なくしては語れない、悲惨な状況です。

M先生のアドバイスを思い出し、 
体重移動と膝の位置。ヘッドアップしないこと。を心がけ
フルスウィングしないで、コンパクトなスウィングで練習。
とりあえずは、芯に当たり、まっすぐ出るから良いのでしようか。
でも・・・情けない飛距離。

思考錯誤しながら、約1時間半練習して、帰ってきました。

集中して練習していると、雑念の入って来る余地なし。
スウィングのことだけで、この時間は快感でもあります。

バスで家に帰りつくころには、頭を切り替えて再び主婦へ。
玄関には夫の靴・・・で、一気に現実へ戻りました。

コンペまでに、もう一回くらい練習できるかな。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:29  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.01 (Wed)

最近のお弁当事情

001obentou2.jpg
今朝のお弁当の写真です。

大学生になった三男。
毎日巨大おにぎりを2個持参しています。
中身は、こんぶの佃煮。これだけで良い、とずっと同じです。
ごくタマに天むすにしたり、焼き肉にしたりするのですが、
基本、こんぶが一番のお気に入り。
海苔の香りがして、つくっていても、我ながら美味しそうです。
三男君、君はご飯が大好きだものね。

夫、私、長男は、相変わらずのお弁当。
本日夫は不要なので2個です。
長男は帰りが遅く、ウイークデーは夕飯の準備はいらない、ということになりました。
でも、お弁当は是非とも欲しいのだとか。
話し合いの時、お願いされました。
・・・ならばあと6カ月。私も最後の頑張りです。

そして、次男。
彼は、大学へはお弁当、持って行きません。
4時頃までに帰宅する日や、午後から授業、なんていう日は、
家でお弁当を食べていたました。学食とかは、好きじゃないのだとか。
でも、先日、もうお弁当の用意をしなくてもいい、と言ってきました。
あれば、食べてしまう。無ければ食べないで我慢するのに。
ダイエットするのだそうな。

それで、二三日やってみたのだけれど、朝夕、すごいことになっています。
今朝だって大ぶりのお茶漬け茶碗にごはん2膳ペロリ。
おかずも約二人前。
これって正しいダイエットとは思えない。
でも、つくらなくていいと言うから、用意しません。
ただ、人のお弁当は気になる様子。毎日チェック入れています。

002obentou.jpg

最後は夫と二人分のお弁当になるのですね。

学食やコンビニ、レストランに入れば、手ごろな値段で好みのものが
食べられるのでしようが、どうも彼らは好みません。
私がつくる料理の味。代り映えのしないお弁当。
でも、それが安心感になっているのかな、などと感じています。
ほっとする味がして、その味のむこうには、うざいけれども母親が居る。家がある。
うちのおにぎりの方が、コンビニのおにぎりよりも、元気が出る。
と言う三男。
そりゃそうに違いない。
空腹が満たされるだけでは補いきれない、何かが手料理には入っている。
と私は最近思っています。


ちなみに本日の揚げものは、ぶりのフライと砂肝です。
残り物も美味しく変身。(自画自賛です)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:37  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |