FC2ブログ
2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011'06.20 (Mon)

前田 吟さん

昨日、三越劇場で「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を見てきました。
水谷八重子さんが主演の新派の舞台で、
前田吟さんが遊郭の主人を演じているのです。
前田さんのご自宅の工事をさせていただいたご縁で、
舞台に出られる時には、見せていただいています。

寅さんの映画の、さくらのご主人、
渡る世間は鬼ばかり、
この2作がすぐに思い浮かびます。
とても有名な芸能人。別世界の方、というイメージの方でした。
でも、いくつかの舞台を見せていただいて、いわゆる芸能人的な、
派手さとか、きらびやか、というイメージは、
ちょっと違うな、と感じるようになりました。

舞台のたびに、丁寧なお誘いの手紙を下さいます。
どんな舞台なのか、どんな意気込みで臨まれているのか、
俳優、前田吟さんの想いがこもったお手紙です。
それを読むと、夫も私も是非、舞台を見せていただきたい、と気持ちが動かされます。
そうして拝見させていただく舞台です。
こちらも、心して、期待して、わくわくしながら見に行くのです。

おしん・藤島土建・そして昨日の舞台。
まだ3作しか拝見していませんけれど、
いろいろな顔の前田吟さんを見せていただき、
劇場での、濃密な時間を堪能させていただいているのです。

昨日は、窓口で思いがけず、前田さんから、言付かっております、
とお菓子をいただきました。

006gin.jpg

何時間かの虚構の世界、舞台。
でも、その根底には、舞台をつくる人たちの熱い気持ちと、
それを伝えるための地道な作業の積み重ねがある。
感動が感動を呼び、大きなうねりになることもあるのでしょうが、
基本は、みんな同じ。
しっかり気持ちを伝えること。
そして、ちゃんと受け取ること。

帰宅して、お菓子をいただきながら、そんな風に思いました。

劇場での時間、しっかり味わい、感動しました。
受け取りました。

ありがとうございました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:31  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |