FC2ブログ
2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011'06.30 (Thu)

息子の態度に涙する母

ブログをうろうろしていたら、気になる記事を見つけた。

息子さんと心が通じ合わず、会話も無くて、家に息子さんと居ることが苦痛。
会話にならなくても、話しかけよう、と思える時と
なぜ普通の会話すら出来ないんだろうと、悲しんだり、いらいらする時がある。
きつく当ってしまうなら、居ない方が良いだろう、と外出されたのだとか。
スタバで時間をつぶし、道行く人を見ながらぼんやりして、
雨が降ってきたから、傘を買い、そしたら雨がやみ・・・
息子と居合わせないためだけにしているそんなことあんなこと。
自分は何しているのだろう、とついに涙が出てきた、という内容でした。

我が家も同じ、という書き込みもいくつもありました。

私も同じ。
「別に」「普通」「わからない」「忘れた」
こんな返事しかしない息子にどれだけ傷ついたか。
母親の気持ちをメールで伝えてみても、返事がないか、または、
「見た」とか、「わかった」という返事のみで態度はまったく変化なし。
これも全く我が家と同じ。

これは、母親に対する、一種の暴力行為だと私は思うようになった。
子どもとしての恩恵はちゃっかり受けて、無視を決め込む。
母親の側は、自分の接し方にも落ち度があったのでは、と反省し、
自業自得と諦めたり、自分を責めたりする。
そして、日々、一人事態の好転を図ろうといろいろ努力をし、
我慢をし、世話をし続けているけれど、
それが益々、子どもには好都合。
あんたのせいだ。
とエスカレートさせてきたような気がするのだ。

子どもと心を通わせたい。普通の会話ができたなら。
そんなささやかな望みもかなわずに涙を流す母親。

子どもたちよ、それで満足か? それが君たちの望みなのか?
君たちの勝利なのか?
何も感じないのだろうか。それとも、快感なのだろうか。

私の解決策。
私は、これ以上傷つきたくないし、傷つかないことに決めたのだ。

息子よ、もう充分でしよう。
家族としての心を取り結ぼうとしないなら、出て行くべし、と。

ここまで、決心するのにずいぶん時間がかかったけれど、
今は、それが私のためにも、そして何より甘ったれた息子のためにも
一番の方法なのだ、と思っている。

聞くには聞くが、決して理解せず、
見るには見るが、決して認めない。
心は鈍り、心で理解しない。

頑なに心を閉ざす理由を、一方的に子どもだというだけで、
親におしつけるのは、もう終わり。
君は充分大人なのだから、押し付けられないよ。
一人になって考えてみなさい。
それが私の結論です。

そして、ものすごく時間はかかっても、わかりあえる日がくる。
そんなふうに信じていよう、と思っています。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:17  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |