2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'08.31 (Wed)

一人暮らしを求めてはいるけれど・・・

年内一杯で家を出て、独立を約束させた長男。

ほぼ毎日終電で帰宅し、
ヘトヘトでバタンと寝るだけ。
土曜の休みは、廃人状態で眠り続け、
日曜の昼頃、ようやく人類に復帰する。

食べたがる物は、素麺とかゼリーとか梅干し。
焼き肉も、カツどんも、鶏の唐揚げも、好物だったものは
食べないならも~らった、と弟たちのお腹に収まる。

家に居るから、今のような働き方を通してしまうのか、
それとも、こんなふうにしなければ追いつかないのか。

昔、君は言っていたね。
自分の時間が無いというのは、自分の能力が無いからだ。と。
君を無能だとは思わないけれど、
最低限の生活時間もままならない現状を、どう考えているのだろう。

心配しながらも、私は思う。
勉強だけしていれば、仕事だけしていれば
全て許される、というものじゃなく、
生活者として、必要最低限の自分のことは、自分ですべきなのだと。

8月ももう終わり。
残りの4カ月で、しっかりと建てなおし、独立へと向かっていけるのか。

君にも、大いにゆれまどう私にも正念場。

・・・だけど、話す時間はもとより、顔を見ることも
なかなかに難しい、長男君。

心の中で、ガンバレとエールを送るこの頃です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:57  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.29 (Mon)

出版記念パーティー

土曜日の夕方、池袋のしゅくりあさんで、
友人の出版記念のお祝いをしました。

007abc.jpg

字が細かくて分厚い。
私にとって、専門外の専門書。
となると、これはもう、本というより睡眠薬。

寝る前ではなく、早起きして読むことにしました。

ほんの少しだけれど読んでみて、
差別の無い社会、平等な社会を求める
彼の熱い想いがほとばしるような気がしました。

実用書としても、この法律にはこう書いてあり、
あちらの法律には別の記述があり、などということを
縦割りではなく横断的に網羅しているので、
非常に便利、使える本なのだ、
と言っていた友人もいました。

クラスメートで最初に著書を出版したN君は、人生を疾走し、既に故人。
僕も本を出したよ、とN君に話したかったな、と彼は言っていました。
あの夜、みんなの中にきっとN君も居たに違いない。


心温まる、楽しく、そして美味しい時間を過ごしました。


Without friends no one would choose to live,
though he had all other goods.
                  Aristotle

若い時の友人もすばらしいが、老境に入ってからの友人はなおすばらしい。
若い時は何でもそうだが、友人があるのは当たり前だと思っている。
老境に入れば、友人をもつことの深い意味が分かってくる。
                           エドヴァルド・グリーク




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:01  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.27 (Sat)

こだま神川CC

前々からの約束があり、
痛めた膝に、サイボーグのようなプロテクターを装着し、
ゴルフに行ってきました。
(主治医には内緒。念のため本日は休養。大丈夫のようです。余談です。)

朝5時5分前に友人の家に集合。
夫に4時過ぎに送ってもらえば楽勝のはずだったのに・・・
私が忘れ物をして、遅刻。

早朝の、道路工事。
池袋の路上を、夢遊病者のようにフワフワ歩く人。
しかもパトカーがいて、50キロきっかりで走り、
ハラハラ、ドキドキして、ため息の私。

夫は、怒らなかったけれど、
何やってるの・・・という感じで笑っていました。
バカにした笑いだったんだろうな。

まぁ、とにかく友と合流して、やっと落ち着きました。

プレイは楽しかったです。

猛暑日のような暑さもなく、
コースもトリッキーな山岳コースでもなく、
なかなか面白いコースでした。

クリークが横切っていたり、グリーン廻りに池があったり、
バンカーが立て続けに並んでいる「教会の椅子」というところがあったりで、
頭を使わないとダメ、を実感。
そして、悲しいかな、頭を使っても、
なかなか、狙った通りにはできないのも実感。
力が入ってしまい、素振りの方がずっといい・・・

でも、そんなものかもしれません。

音だけナイスショット。結果は飛びすぎ。
当りそこない、結果オーライとか。

でも、私にしては上出来でした。

クラブハウスに戻った直後から大雨。

私たち、日ごろの行いがいいのよね。
と自画自賛しながら帰って来ました。

早く、膝を完治させて、またレッスンして、プレイしたい。

秋のベストシーズンが待たれます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:14  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.24 (Wed)

牛丼とスタバ・・・夫の新発見

夏の名残りのガタが、体に大いに残ってはいますが、
夏休みが終了し、通常営業。フル回転。
私も、お弁当も含めて家事も本格始動であります。

003hiru2.jpg

夫も昔は、昼は外食だったのですが、
もうここ何年も、ずっとお弁当。
ランチの外食事情には、トンと疎くなりました。

先日、どうしても外食になる日があり、
私は、どんなランチで、何を食べたのか、
ちょっと楽しみに聞いてみたのですが・・・

夫の返事は、いろいろなお店がなくて、牛丼だった、とのこと。

牛丼、280円だったんだよ。
間違いじゃないかと思ったけれど、あってた。
お味噌汁と卵とサラダもつけて、500円でお釣り。スゴイ!

と感心し、ビックリもして、さらに、
あれで黒字なんだろうなぁ・・・と不思議がっておりました。
駅でスタバに入ったら、Sサイズコーヒーは300円。
この値段、どう思う?
なんて言いながら、しばし、物思いにふけっておりました。


私のお弁当はいくらになるか?
1000円・・・と言ったら、ぼったくり? 
それとも、愛情たっぷり、栄養満点なのだから、安すぎ?
いずれにしても、280円なんてあり得ない。

是非一度、私も牛丼を食べてみなければ!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:02  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.22 (Mon)

今年の私の夏休み・・終わり

最終日、私は真砂から来た道を戻り室堂へ下山。
夫は後輩と源次郎を登り剣の頂上経由で室堂へ。
扇沢への最終バスは16時30分なので、
それまでに合流する、という予定でした。

102genjirou.jpg
源次郎登攀中

私はY君、T君、O君の3人と一緒に下山です。
3人は、自分の頭を越えるほどの大荷物を軽々と担ぎ、
楽しそうにおしゃべりしながら、私にペースを合わせて歩いてくれました。
本当に有難う。

若い彼ら。
お年頃の女性単独登山者とすれ違った時は、
「僕と一緒にチンネを登りませんか。」
などと言い、
雪渓を走っている高校生の姿には
「青春という名のクレパスが口を開けてるぞ」
とつぶやき、
私のアイゼンには
「めずらしいですね。30年くらい昔のですか?」
なんて言いながら観察し、
とどめは、「20代の男子に取り囲まれて歩いているってどんな気分ですか?」
なんて尋ねてきた。
「友達に自慢する。ハーレム状態。しかも歴代のチーフリーダーだし」
なんて私も答えてみる。

息子たちとは会話が少なくても、彼らとは話ができる。
我が3バカトリオも外ではこんな風なのだろうか。
とにかく、快勝で素朴、朗らかな好青年たちであることは間違いない。
私まで若返った気分になれる。

119genjirou.jpg
源次郎 アップザイレン

人生のチンネを一緒に登ってくれる、
素敵な人との良い出会いがありますように。
そして、一歩一歩、進んで行って欲しい。
幸せな旅路でありますように。
そんな母親みたいな心境で、彼らのおしゃべりを聞きつつ、
のんびりと室堂へ戻りました。


さて、我が夫。
ギリギリになるだろうな、と予測はしていたものの、16時15分になっても現れず。
室堂ビバークか、と覚悟したところへ、雨でびしょ濡れになってようやく到着。
最終バスにギリギリで間に合いました。

あー面白かった。と満足そうな夫。

一緒にチンネに登りませんか、とは誘ってくれなかったな。
ヒマラヤへ行こう、だったかもしれない。
どうりで、険しいわけだ。
人生の胸突き八丁。
今の立ち位置は、エベレスト南西壁頂上直下か。
でも、無酸素登頂ではないようだ。
ザイルもたっぷりあるし、心強いサポーターだってたくさん。
あせらずに、もうひと頑張り!

久しぶりの剣岳の姿と雄大な山、そして心やさしい後輩達に癒されて、
なんだか身も心も解き放された気分。
ウキウキと軽やかに、元気になって東京に戻ってきました。

今は・・・古傷の膝がガクガクしているけれど
行けてよかった。

130peak.jpg
源次郎パーティー剣の頂上に到着


夢みたい・・・だった私の夏休みは終わりになりました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

09:59  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.21 (Sun)

今年の私の夏休み(2)

8月15日、入山二日目。
私は仙人池へ、後輩たちは、北俣を登り、小窓でビバーク、という予定でした。

途中までは後輩と一緒。こんなところもあります。
hetri.jpg

山岳部の歩き方はこうして列になって進みます。
064aruku1.jpg
トップがルートをみつけながら、全員の調子にあわせて登り、最後尾はチーフリーダーです。
隊列がバラけないようにスピードやらいろんなことに目配り、気配り。

私はよくバテて、チーフリーダーの前、ビリから二番目が定位置でした。
その頃のリーダーは夫。
大汗かいてハアハアして、それでも遅れ気味の私に、
遅くてもいいんだけど、体が冷えてきて寒いなぁ、などと言っていました。

二俣というところで後輩と別れて、私は仙人新道というルート。
後輩たちは北俣という沢筋のルートです。
ガイドブックの地図を見ると、北俣のルートにはとかの文字。
残雪注意、夏道一部崩壊などとも書かれています。

ここを行くとどうなるか。
以下は、北俣隊に参加した夫の写真です。

雪渓の下をくぐり、
079kuguru.jpg

小さな渡渉(としょう・川を歩いて渡る)や、
081tosyou.jpg
高巻き (むずかしい滝などは、迂回して山腹を歩く)
したりしながら、自分たちでルートファインディングして進んでいくのです。

整備された登山道ではなくても、山は歩くことができます。
地図を読み、地形を読み、安全を確保しながら歩く。
人に出会うことも稀で、大いに試されるのだけれど、自分たちだけの独壇場。

これが、山岳部的な山登りのおもしろさ、楽しさ、醍醐味だと私は思っています。
後輩たちも気力体力頭を使い、存分に山と遊び、楽しんだのでは、と想像します。
いい顔してますものね。
087syuugou.jpg

熊だ。1頭。あっ増えた、と騒ぎになって、
074saru.jpg
さらに数が増えてきて・・良く見たら正体は猿だったとか。

雪渓は、慣れると歩きやすいのです。
077komado.jpg
雪の上だから涼しいし、ステップも自由に切れるし、足にやさしいのです。

後輩は、小窓の王、小窓の頭と、なかなか行けない、渋いピークに行きました。

私は仙人池に映る剣岳、チンネなんかをぼんやり眺め、大休止して、真砂のテント場へ。

仙人池の小屋、私が現役だった頃は、ドラム缶のお風呂でしたが、今は檜風呂になったそうです。
ちょっとびっくり。

朝5時出発。14時帰着。9時間の歩行。
大満足の一日を過ごしました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:52  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.20 (Sat)

今年の私の夏休み(1)

8月14日から16日まで、2泊3日で山へ行ってきました。

14日は山荘から扇沢へ行き、アルペンルートで室堂へ入ります。
快晴で見晴らしバッチリ。

036syoniti1.jpg

この日の行程はほとんどが下りです。
室堂から雷鳥沢のテント場へ下り、
そこから別山乗越(べっさんのっこし)へ、登りは2ピッチだけです。

040syoniti2.jpg

剣沢小屋を通り過ぎ、色とりどりのテントを眺めながら、
あとは、剣沢をひたすら真砂沢のテントサイト目指して下るのです。

054syoniti3.jpg

学生時代にさんざん歩いたこのルート。
昔は、雪渓の上をキスリング担ぎながら走っていたのです。

今は、慎重にアイゼン装着。
クレパスが開き、もしもスリップしたらたいへんなご迷惑ですから。
雪が少ないなぁ、と思いながら、のんびり歩きました。

武蔵谷、平蔵谷の出会いを過ぎると、長次郎。

夏合宿では毎日、いろいろなルートで剣岳に登り、帰りは、
この長次郎の左俣をノンストップでグリセードなどしながら
駆け下りて、真砂のテントへ戻っていたのです。

今は、長次郎を過ぎて、真砂までの間に滝が出ていました。
源次郎のとり付も昔とは変わっていました。

062syoniti4.jpg
(長次郎の出会いで、一緒に入山したN君をパチリ)

・・・でも、再び再会できたあの景色。
雪渓の上を渡る冷たい風の感触。
肩に背負ったピッケルが岩にぶつかりこすれる時の音。
全てがなつかしく、胸がいっぱいでした。

現役と真砂で再会し、1日目の行程は終了です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
13:11  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.18 (Thu)

ご無沙汰です。山に行ってきました。

久しぶりの更新です。

現役山岳部員の合宿に合わせて、剣岳の真砂沢に行っていました。

063yama.jpg

本当に久しぶりの剣。
剣沢の雪渓を歩きながら、胸がいっぱいでした。

またおいおいにアップします。

096yama.jpg



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

09:32  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.11 (Thu)

ハウスメーカーに・・・怒りとため息

名前はあかさないけれど、超有名なハウスメーカーのことで、
相談を受けた案件があった。

我が社が、オーナーの代理人、という立場で、
メーカーの描いた図面やら見積のチェックをするという内容の仕事だった。
我が社に仕事を依頼してきた時点で、
何か不安を感じていらしたのかもしれない。

私たちは、ハウスメーカーにケチをつけるつもりなど、
サラサラなかったのだ。
オーナーの方が不審に感じたことは、
もしかしたら素人故の不安だったかもしれない。
建築のプロ同士が話せば、技術的な裏付けもしっかり聞けるし、
もっと突っ込んで、質問もできる。
より安心して仕事を頼めるのではないか。
見積だって、ちゃんとした裏付けがあれば、
価格が高いか安いかは、その会社の価格設定なのだから、
とやかく言う話ではない。
そんなスタンスだったのだ。

結論から言えば、某メーカーは、とんでもない会社、
仕事のやり方だったと私は思う。
いや、仕事になっていない、と言うべきか。

私は、建設業を営んではいるけれど、
ハウスメーカーに依頼する人の気持ちがよくわかる。
高額なお金を支払う家の建築。
万が一にも、いいかげんな建設会社に引っ掛かりたくは無い。
だまされたくないし、失敗したくないのだ。
一部上場企業なら、間違ったことはしないだろう。
多少割高だって、仕方ない。
何よりも、安心を求めて頼むのだ。
その気持ち、私はわかりすぎるくらい、よくわかっているつもりだ。

全くわかっていなかったのは、その会社の人たちだ。
知名度にあぐらをかき、人の切なる気持ちを踏みにじっている。
私はそう感じた。
こんなところに高額の支払いをするのか、と許せない気持ちにもなる。
何に対する代価なのか。

上場企業として、しっかりして欲しい。
大企業には、それ相応の、業界における義務もあるはずだ。
消費者の期待に誠実に応えること。
そして、トップランナーとしての仕事のグレード。
さすがだ、と言われる仕事ぶり、厳しさを、自らに課すべきではないか。

お茶を濁してお金をいただく、
それが、業界を代表するようなハウスメーカーの姿であって欲しくは無かったのだ。

慇懃無礼、形だけの低姿勢。
しかし・・・
家を建てる人の気持ちをあまりにも軽んじている事が
同業者として、何より許せない気持ち。

建築屋ってやっぱり信用ならない。
そんな声が出ても当然かも・・・

腹立たしくも嘆息のできごとでした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

10:38  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.09 (Tue)

メールじゃなくて、手紙。

小学生のお子さんがいるご家庭に、
ちょっとしたお菓子を送った。

いつも手書きのお礼状を下さる。

お子さんが1年生になった年は、
一生懸命に書いたと思われる、ひらがなの一言も添えられていた。
ありがとう、のあがとっても大きくてほほ笑ましかった。

そして今年。
まだ小学校の低学年だと思うけれど、
お礼状にはお母様からのこんなひとことが。

息子は、「今、自分は思春期になったかもしれない」と言っています。
理由はわからないそうです。

どんな顔して、お母さんに、自分は思春期だなんて話したのだろう。
想像して、思わず笑ってしまう。

そういえば、三男も
自分は今、思春期で反抗期だから、いろいろ仕方がないのだ。
と真顔で自己申告していたことがあつたなぁ、と懐かしく思い出す。

その三男、まさに春期で反抗期間違いなしの後輩と、
合宿に今朝から出かけていきました。
後輩の指導にあたるのだとか。

あの三男が・・・
奇跡のような変貌ぶりです。


思春期かもしれないお子様は、お菓子をとても気に入ってくれたとか。
よかった。

手紙、いいなぁ、と思う私です。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:44  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.08 (Mon)

いただきもの・・・いろいろ

まずはこちら。

018meron.jpg

みごとなメロンです。
メロン君が存在するだけで、甘く幸せな香りが漂います。
冷た~く冷やして、皆が現場から帰った時、一息入れてもらう予定。
さっき社内組は一足お先にいただきました。
とっても甘くて美味。幸せです。

そして次はこちら。

syouyu.jpg

料理上手でグルメな友人からいただいたお醤油。
抜群のお味です。
肉じゃがにしてみました。
001nimono_20110808160332.jpg
腕が上がったような気がして、いい気分。
同僚のAさんに教えてもらって、讃岐うどんに生卵とこのお醤油で食べてみました。
これもとても美味しかった。スダチがあればなお良かったかも。
秘密兵器になりそうなお醤油です。

最後はちょっと路線の違う頂き物。
こちらです。
015ikeharahon.jpg
著者は高校の同級生。
チラッと見ただけでも、難しそうなオーラを発しています。
こんな教科書みたいな本を一人で書き上げるとは・・・本当にスゴイ。

こちらはヨシッ!読むゾ。
と気合いを入れて読み始めました。(まだ4ページです。)

この頂き物をしっかり受け取るのは、なかなかの難関ですが、
著者の彼はどんなにか困難があったはず。
しっかりと読み切りたいと思っています。

以上、最近の頂き物でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:14  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.05 (Fri)

セミナー参加・サッカーの水沼貴史さん

松田直樹選手、亡くなってしまいましたね。
同郷で、甥っ子と同じ高校の卒業。
甥っ子の家には、松田選手の生写真が飾ってあったのを思い出します。
若すぎる。痛ましい。
ご冥福をお祈りします。

偶然にも、昨日参加したセミナーの講師は、マリノス出身で
横浜F・マリノスの監督もされた水沼貴史さんでした。

どうやったらやる気を引き出せるのか、
目標を掲げ、結果を出していくためには、何が必要か。
選手時代から監督を経験されての、体験に基づいた貴重なお話でした。

印象に残っているのは女子サッカーの話。
男子のサッカーチームは、ザックジャパン、岡田ジャパン、
というように、チームの頭には監督の名前がつくけれど、
女子の場合はチーム名だけ。なでしこジャパン。
監督の名前はでてこない。
それはチームの中心は
メンバーの選手一人一人であることを物語っている。
経済的にも不遇で、たいへんな中で、主体的に
個人がチームのためにありったけの力を発揮した。
その結果の世界一なのだ、と話されていました。

勝つか負けるかのスポーツの世界では、
全ての行為の行きつく先は、勝利なのだろう。
勝つために、何をしたっていい、というわけではないけれど、
わかりやすいし、異論をさしはさむ余地などない。

じゃあ、企業にとっての目標はどうだろう。
売上、受注残、顧客獲得数・・・数値化されたいろいろな目標は
つまりは鼻さき人参。

我が社の何が評価されているのか、何で社会に貢献しているのか。
数値化できないことの結果が売上であり、利益。

モチベイションの原動力は何なのか。

先頭を切る経営者の心が深く問われる。

人心掌握術も、個人のモチベイションの高め方も、
組織運営論も、会社経営も
全ては、自分の心を厳しく見つめ直してこそ。

どこまでが向上心でどこからが欲なのか。
何が本物で、何が偽物か。

見極められなければ、なにごとも始まらない。


改めて、そんなことを感じたセミナーでした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

14:29  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.03 (Wed)

誕生日の思い出・その2

さて今年、夫は誕生日のプレゼントに、泊まりで2プレイの
ゴルフへ連れて行ってくれました。
どこがいいか探している時に届いたDM。
いつも出かけているコースともうひとつ別のコースで、
宿泊料を入れてもとても格安。
なんでこんなに安いの?!
というくらい。
控えめな私は、(ケチとも言うが)即、決定。

出かけてきました。大雨警報でも。
クラブハウスの屋根を打つ激しい雨音に、カート道は川。
でも、初志貫徹。プレイ断行です。
私たちも相当な根性者ですが、似たものゴルファーが、やはり居るのですね。
しかし・・・ここ最近ないくらいのひどいスコア。
トホホ。
バンカーは水たまり。スウィングのたびに水しぶき。
カップからは水が流れる~~
何度目かなぁ、こういう大雨の中でのプレイ。

夫だな。この天気は。彼は嵐を呼ぶ男なんだ。
とひそかに思う。

ホテルは・・・呼び名を合宿所に改めた方が・・・。
レストランでケーキを食べるはずだったのに、
レストランなど無し。
ワインもシャンペンも無し。
飲み物は、なんと自販機。
慣れた方たちは、飲み物や食べ物の持ち込みをしていました。

なるほどねぇ。値段から考えたって当たり前じゃない。
ワンピースなんて用意していた私がバカ。
ちょっとむくれたら、身の危険を感じた夫。

あなたがここで良いって言ったんだからね。間違えないでね。
と念を押しておりました。

翌日はワンラウンドハーフ。
朝は雨が降っていましたが、だんだん小ぶりになり
どうにか霧雨ぐらいで持ちこたえてくれました。
5番ウッドで谷越えにも成功し、プチケーキも食べられたし、
こちらは小満足。
やっぱりコースには水たまり。バンカーも池ポチャ状態。
その点が減点。
ウッドをブンと振り回すのが快感でしたが、グリーン周り
もっと丁寧じゃなくてはね。それなりのスコアでした。

MP900410082ame.jpg

かくして、結婚記念日も誕生日も全~~~部、雨のゴルフ。
しかもここ何年も。
続いております。

次は、お祓い、晴天祈願をして、ゴルフに行きましょうね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:39  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.02 (Tue)

誕生会について思うこと・誕生日の思い出

いつ頃から、子どもの誕生日にお友達を招き、誕生会をする
というのが、盛んになったのだろうか?
家族揃っての誕生会というのも、昔からあったのだろうか?
私は、ついぞ経験することができなかった。

子どもの時、私も家にお友達を呼んで、誕生会をしたい、
と母に頼んだことがあったのだが、
天皇陛下でもあるまいし、と一笑にふされたのを
何故だかこの年になっても私は思いだす。

友達の誕生会へのプレゼント。
リリアン、折り紙、紙石鹸、良いにおいのするケシゴム、
他愛の無い品々。それにプラスする焼き菓子などは、母親が用意していたっけ。
西洋の風習だね・・・などと言っていたけれど、
西洋だろうが何だろうが、私は淋しかったし、悲しかったのだ。
そんな気持ちをのみ込んで、手伝っていた自分。
なんてけなげな私だったんだろう。

012tann.jpg

私の誕生日に、おめでとうのメールをくれた友。
レストランでステキなデザートをいただき、
友がおめでとう、と言ってくれたこと。
私はこういうシチュエーションにめっぽう弱い。
油断すると涙が出てきてしまうのだ。


今は施設で毎月開かれる誕生会が大好きになった母。
ニコニコと拍手をし、美味しそうにケーキをいただいている。
私の誕生日はとうに忘れてしまったね。


バカみたいかもしれないけれど、
一度くらい、本当にお母さんにお祝いしてもらいたかったのですよ。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:25  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |