2011年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011'10.31 (Mon)

秋の一日・次男の大学学園祭へ

大学生にもなって息子の学園祭に行くなんて、
と思われるむきもあるかもしれないけれど、
私は子どもたちが在学中に一度は出かけよう思っています。

なかなか面白いのですよ。

長男の時はキャンパスが2か所あって
春と秋、年に2回も念入りにお祭りがある学校だったので、
そのどちらにも行ってみました。
秋は、学生演劇がグレードが高くて見応えがあったな、と印象に残っています。
春の方は、私は自分の専門分野の研究室の展示などを見て、
なかなか興味深かったです。施設から母も連れ出して見学したのでした。

さて昨日は次男の学校。私ははじめて足を踏み入れました。
まずは息子の学部学科の研究室の展示。
これは夫も私も専門外なので、何を研究しているのか、
から始まっていろいろと初歩的なことを聞いてきました。
説明係の学生さんは、とても丁寧にわかりやすく答えてくれました。
建築学科の展示も見てきました。
有機物から学ぶ建築という展示が私は興味深かったです。
直線的ではなく、木の幹のように曲がった構造体、
屋根からの水の流れも自然の山から谷へと水が流れるような
複雑な起伏だったりで、おもしろい展示でした。

そして、息子のライブ会場へ。
行った時は、受付に座っておりました。
会場の暗がりに慣れて来た頃、息子と友達をみつけました。
拍手して、ノリノリで楽しんでいた息子。
彼の演奏は聴けなかったけれど、大学の雰囲気もわかって
楽しそうな息子の姿に、私も夫も満足でした。

自分たちはいつも富士山合宿で学園祭に参加したことがありませんでした。
息子たちの学祭がとても新鮮で、
おもしろいね、と話しながら帰って来ました。

残るひとつの学園祭は三男の学校。これも楽しみです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:06  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.29 (Sat)

三男の大事件

大学生。
発展途上の人間として、社会から、少しだけ猶予をいただけている時代。
生徒じゃない。学生という立場の、大人一歩手前。
完全に自分で責任を取りきれはしないけれど、
自己責任の自覚にたって、自分の裁量が大幅に認められている。

まだまだ子どもを承知の上で、息子たちをそう遇しているつもりだ。
たとえ4年間を遊び倒そうとも、
学業に関係ないことにのめり込もうとも、
その時間は、あとの人生で効いてくる。
一見、無駄や回り道だと思われることも、
長い人生の中から考えれば、決してそんなことは無い。
珠玉の時間。むしろ必然。
自分の学生時代を振り返っても、そう思う。


詳しくは書かないけれど、ある駅で三男は
駅員の方に助けられ、またずいぶんお世話をかけ、
迷惑なことをしでかした。

言い分もあるだろうけれど、とにかく冷静になり
自分のことを振り返り、考えたようだ。

私からは一言。
迷惑をかけて申し訳ない、と思うなら、詫びなさい。
助けられて、有難かったのなら、そのお礼、感謝も伝えなさい。

息子は件の駅に、一人で挨拶に行ってきた。
百貨店で、ウチノシソトノシって何だ? と四苦八苦しながらも
どうにか菓子折りも用意した。


駅長さんが対応して下さって、ちゃんと叱られた。
と言っていた。
最後は頑張れと、励ましても下さったそうだ。


正しく大人から叱られる。
大切な経験だ。

今思い返しても、カーッと体が熱くなるような
恥ずかしく情けない経験。
父にだって、母にだってある。
それなくしては、大人になれないのだ。

自己嫌悪っていう言葉の意味がよくわかった、という息子。
食欲も無い。

でも、黙って見てる。

君は今、輝く時間を生きているのだよ!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:16  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.27 (Thu)

おしゃべりで少し気が晴れる

女同士のおしゃべりはとても楽しい。
同年輩で似たような立場だと、共感も広がるし
年齢に対するやさしさもある。それになにより安心。

でも、昨日は男性とおしゃべり。
これがなかなか楽しかった、というか視界が開けたような気がしました。
男性の考え方、というのでしようか。

来月の下旬、アフリカから帰って来る予定の長男。
メールのひとつもよこさないで、心配させて、
という私に

何の前触れも無く、しかもとんでも無い時間に、
ガラガラ荷物引っ張って帰って来るに違いない。
洗濯物を山盛り出して、
ウマイも有難うもなくワサワサご飯食べて、
たっぷり寝たら、普通に会社に行って仕事する。
そんなところですよ。
親に心配かけてるなんて意識はないんじゃないかな。
彼にとっては、日本で仕事してるのと変わらないんですよ。
なんとかやってますって。
絶対にプラスの経験して帰って来ますよ。

と言ってくれた。

そうかもしれない。
長男にとっては、行けと言われたから出かけたまでで、
それが日本だろうがどこだろうが、あんまり関係ないのかもしれない。

苗場のフジロックから帰ってくるみたいに、アフリカからも帰って来る。
人の気も知らないで、ワサワサ食べて、爆睡して、
本屋にでも出かけるのかもしれない。

いや、きっとそうだ。
そうに違いない。

そう考えたら、なんだか気をもむのがバカバカしくなった。
心のどこかにいつも引っ掛かり、心配していた自分が
可笑しくなってしまった。
あの息子だもの。一番良く知っているはずなのに、と。


機会があれば息子にも、
リスクヘッジやライフプランの話しをして下さる、とのこと。

親の言うことは素直に聞けなくても、
他人の言葉には聞く耳をもってくれるかもしれない。

そう思って、ちょっと希望がわき、心も軽やかに。

でも・・・大切な仕事の時間。
おしゃべり、申し訳ありませんでした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:53  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.26 (Wed)

予定表を見ると・・・お尻に火がつきます。

今年もあと2カ月。
いつまでも暑いので、そんなに残り少ない、という雰囲気が出ないのですが、
手帳の予定はビッシリ。
既に忘年会の予定も3件入っていて、
年末に向かってカウントダウンが始まっています。

私の手帳、色分けして記入しています。
黒で背景みたいに仕事の予定が書かれてはいますが、
まずパッと目につくのが楽しい予定。(目立つ色で記入しています)

来月早々のゴルフ。
山荘の冬支度。これは作業なのだけれど、楽しみでもあります。
少し山歩き、おいしいお蕎麦、信州りんごの仕入れ、温泉。
夜は山岳部の大宴会。

そして有志の会の総会と公開学習会。
今年の講師は弁護士の澤藤統一郎さん。
これもとても楽しみです。

さらに食事会が二つとラグビーの早慶戦。
もうチケット買いました。

そして今は、総会で配布する会報誌の編集作業が佳境に入っています。
今回で第3号。大詰めです。

そのあいまに家の大掃除。そしてクリスマス。
息子たちは、クリスマス、家に居るのだろうか。

自分の活動や趣味に使える時間が増えたということは、
とりもなおさず息子たちに手がかからない、ということ。
家族のための忙しさとは異質な忙しさ。
みんな大人になっちゃった。
サンタが来た!なんて大喜びしていたのは遠い昔。
幸せな時間だったのですね・・・

なんて感傷にふけっている場合ではありません。

月末です。仕事に戻ります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:41  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.24 (Mon)

札幌からの友・神楽坂でデート

土曜日は、札幌から山岳部の同期が東京に来ていて、
久しぶりに再会しました。

場所は我らが母校の街、神楽坂。
不二家のペコちゃん焼きのところで待ち合わせして、
懐かしい校舎の間の道を突っ切り、
ホテルアグネスのバーに落ち着きました。

それぞれに用があり、落ち合えたのは8時半過ぎでした。

この前会ったのは、私が札幌へ行った2年前。
真っ暗な迷路の中で、迷子になっていたように見えた彼は
2年経ち、進むべき方向を決めて動き出していました。
ほんの少し、光がさし、明るくなったように見えました。

仕事、家庭、子ども、親、自身の健康

30年前には想像もしなかった話題。

学生時代に漠然と思い描いていた未来像とは
お互いずいぶんかけ離れてしまったね。

でも、こうして変わらず会えて、話せるというのは素晴らしいじゃない。
もうひと頑張り。
粘り強くルートを見つけ、励まし合いながら歩こうよ。

私は今年の室堂や仙人池、真砂や剣の写真を見せ、
還暦になったら、同期全員集まって、山で合宿したい、
と提案しました。

明日はどうなるかわからない。
でも、やろう。やろう。
と意気投合し、指きりなんぞをやってみる。

実現させたいな。
その時、みんな元気で参加できますように。

時間はあっという間に流れ、
グラスのまん丸氷が小さくなる頃、別れて帰って来ました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村




17:53  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.22 (Sat)

雑誌に掲載されました

新建築住宅特集の11月号に、
我が社で施工した建物が掲載されています。
003cc_20111022100639.jpg

発売日とか情報を事前にいただくのですが、
買い忘れてしまったりして、
掲載雑誌が全部会社に揃っているわけではありません。
でも、今回は忘れずに、発売日に買ってきました。

施工者欄に掲載される担当者の名前。
工事部長に並んで、実質的な担当者、K君の名前が記されているのです。
彼にとっては初めてだと思います。

買ってきて、机に置いておきました。
家に持ち帰り、奥様に見せてあげてね、と。

よかったね、K君。
頑張っていますよ。
ちょっぴり励みになるね。
001aa_20111022100721.jpg

002bb_20111022100734.jpg


設計者にとって、こういう雑誌に掲載されるということは、
憧れなのだろうな、と思います。
才能あふれる方たちと仕事をさせていただける。
この方たちが年月を重ねて、どんな家をつくり出していくのか、
見続けていく、というのは楽しみなことでもあります。

日本のこの風土、現在の暮らし、社会環境。
人が生きて暮らす、生の営みを続けるという根源的なこと。
その器である住まい。家。
建築家の解は何だろう。
その建物に込めた哲学は何だろう。

そんなことを考えたり、感じたりしながら、
しばし雑誌をパラパラと眺めました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

10:10  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.20 (Thu)

ブランド品・母の意見

大学生になり、使えるお金も自由な時間も格段に増えた息子。
ブランド品が欲しい、と今朝いろいろなカタログを持っていた。
腕時計だったり、カバンだったり、靴だったり。
友達はけっこう、持っている、と言う。


それで、さっき息子に母の見解をメールしてみた。


お金は貯めるだけでは意味が無く、使ってこそ生きる。
しかし、使い道により、同じ金額でもその価値は大きく違ってくる。
震災復興に寄付、ワイロとして使う。どう思う?
自分が日々使うお金も同じ。価値ある使い方か否か問われる。

父と母もブランド品を買ったことはある。
父の腕時計だ。20年以上前、会社が特定建設業のライセンスを取った時。
資格要件や、資本金、自己資本の要件が厳しいのを5年でクリアした。
だからそのお祝い。
でも、その時に意識したのは、分相応であること。
上を見ればきりがないけれど、買ったものに見合うだけの人間か。
そこを父と母は考えた。君はどうだろう?

そしてもうひとつ。お金の使い方のポリシー。
仕事や自分の教育、将来への投資となるようなことには、使う。
でも持ち物や遊興のように、自分の満足のためには、制限を設ける。
誘惑に満ちた世の中だ。
お酒、美食、宝飾品、車、靴にカバン・・きりが無い。
でもそれは、その場限りで終わってしまう。
キャドシステムや、社内のネットワークシステムetc
零細企業だけれど、導入したのは早い方だと思う。
利益が出ても社長のベンツにはしない!
これが父と母の哲学だ。

ところで、君たちとアメリカに旅行に行ったのは、
君たちの、そして我が家への投資になると思ったから。
本場のNBAの試合、スミソニアン、ハーバード、
ケネディーのお墓etc 感動することは財産だと思うのだ。



よく考えて、賢くお金と時間を使って欲しい。
ブランド品を持つことも無意味ではない。
父はその時計、今でも大事に使っているよ。
誰かが受け継いで使ってくれるだろうか。
そんなこともブランド品の魅力だと思うから。

時間、お金はともに有限。無為であれば、あっという間に無くなってしまう。
そしてその価値を高めるのも、無駄にするのもその人しだい。
失敗しながら学んで欲しい。
生涯にわたる、生き方の原点にもなると思うので。



最後まで、読んでくれただろうか。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:53  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.18 (Tue)

修羅場が人を強くする

昨晩のNHKプロフェッショナル仕事の流儀は、
血液内科医、谷口修一さんの話でした。

医療の現場に立ち続けることが辛くなり、
逃げるようにアメリカへ行き、そこからまた現場に戻ってこられた。
逃げた自分が戻ってきたのはいろいろな経験を積み、
30代で耐えられなかったことが、40代になって耐えられるようになったから。
強くなれたということなんだろうね、とおっしゃっていた。

試練は人を強くする、と言う。
でも、正しく試練と向きあわなければ、
決して強くはなれないし、艱難汝を玉にする、
などという境地には到底たどり着けない。

谷口修一さんのたどり着いた境地。
いろいろなデータから判断して、あなたは助かりませんから
看ません、というのはその人に死んでください、と言うこと。
それは医者の側の都合のいい論理だ。
患者さんが生きたい、と願う限り、
針の穴を通すような、可能性でも残っていないか、懸命に探り続けること。
決して諦めない。治療を諦める理由はない。
と言いきっていた。

諦めなくても、たくさんの患者さんが亡くなっていく現実。
修羅場で仕事をし続けているのだ。

ふと思った。
どんな仕事もある意味修羅場の連続なのだと。
修羅場で人はどうするのか。
人のせいにして、天を恨んでみても、何の解決にもなりはしない。
自分を見つめ、全力で挑み、闘う。
闘うべき一番の相手は、自分自身。
弱くてずるくて情けない、折れそうになる私。
自分の非力を日々思い知らされて、それでも、自分を頼みに闘うこと。
これしかないのだろうな。と思う。

仕事の哲学。
自分の人間性。

願わくは、試練に叩きのめされて、
いびつに歪んだものにならないように。
打たれていつか円満な心になれますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
16:57  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.17 (Mon)

欲張りすぎのつもりも無いがPart2

週末の予定、全部クリアです。

法事、食事会、ゴルフ

これは食事会のお料理です。
001aa_20111017181025.jpg
002bb_20111017181037.jpg
003cc_20111017181047.jpg
004dd_20111017181100.jpg
005ee_20111017181115.jpg
006ff.jpg
007gg.jpg
008hh.jpg
009ii.jpg
法事の時は、さすがに写真は撮りませんでしたが、
ここでもとても美味しい食事をいただきました。もちろん完食。

天高く、私肥える秋・・・ぁぁぁ

やりたいと思ったことはやってみる。
体調が悪いなんて、自分の甘え。しっかりしろ、
と気合を入れて、とにかく頑張る。
そういうスタンスでずっとやって来たのだけれど、
ここに来て、同級生の体調不良の話題がチラホラ耳に入る。

無理して廻りに迷惑かけられないし、
自分の体調に自信が持てないから、やるのか否か考えているの。
自分を叱咤激励しながら予定を消化するんじゃなくて、疲れたら休む。
軌道修正しなくちゃダメだと言われた。そういう年になったんだね。

そんな言葉を聞くと、急に年をとったような気がして、
なんだか悲しい。
でも、現実。

激務をこなしている友の顔が浮かび、みんなどのように
体調管理しているのだろうか、とふと思う。

今度会ったら聞いてみよう。

胃袋も体も少々お疲れモードの私。
自重しなければ。
やっぱり、欲張りだったのかな。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
18:13  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.15 (Sat)

欲張りすぎのつもりも無いが・・・

予定満載です。

昨日は午後、設計事務所さんと友人の初顔合わせに同席しました。
新宿御苑の門の前を通り・・・なんと叔父の家のすぐそばでした。
友人と設計者の方は、初対面だったのだけれどすっかり打ち解けて
話しもはずみました。設計をお願いしたい、ということで大きく前進。

事務所には、大きな駅舎の模型が飾ってありました。
コンペで2等賞だったそうで、実際には形になっていない駅舎。
でも、列車が止まっているのが、街からもチラチラと見え、
光の取り入れ方もステキな、優しげな駅舎に見えました。
実際にあったらどんなだろうか、と想像しながら眺めました。
設計者の想いや人柄まであふれだしてくるようで、とても好ましい。
友人の建物。どんなふうになるのだろう・・・とワクワク。

さて、本日は、このご近所の叔父の一周忌。法事です。
夜は友人との食事会。

そして明日は早朝出発でゴルフ。
ただしこちらは嵐を呼ぶ男と一緒なので、本当に
本日から雨風の激しい空模様。
でも、行ってきます。

そして我が家には昨晩三男の友人が3人泊っていて、
さっき大量のおにぎりを製作。卵6個で出し巻き卵も。
それにウインナーのソテーと野菜の煮しめ。
夕食用にカレーも仕込みました。

はい、後は男性諸君、自己解決してやって下さい。

やりたいことをしよう、と思うと、
こうイウスケジュールになってしまう。
私の日常です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:19  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.13 (Thu)

ちょっと豪華なランチ

午前中、休みをとって出かけていた。
気になっていたことの確認。


結果は最悪ではないけれど、最善でもない。
可も無く不可もなし。

まあ、そんなものかもしれない。

ほどほど。

でも、それでいいではないか。

とりあえず、最低、最悪ではないのだから。


それだけでも目出度い、とちょっと奮発して豪華なランチ。
001susi.jpg


ささいなことでも私は一緒に喜ぶよ。

目先のちっちゃなことを楽しみ、
取るに足らないような目標でもクリアして
どうにか歩いていくのは私の得意技。
山岳部で教えてもらったのだ。


君にも伝授してあげる。
厳しく。

甘えさせるつもりは無い。

けれど、君は一人じゃないのだよ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
16:11  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.12 (Wed)

ギャップ

秋は会社の健康診断です。
直前、何日間かは節制に励む中堅社員。
それで事態が好転するとも思えないのだが、
皆に言わせると、大違いなんだそうな。
だったら地道に毎日節制
・・・できればいいのですけれどね。

そんな中堅の話題に交じり、一人最年少のA君。
僕、背が伸びてました、とのこと。
若すぎる!!


ジムでは10月に入り、天井から万国旗に混ざり
各自の目標が飾られていました。

就職する。就活頑張る
貯金0から脱出。まずは10万円
婚活を頑張って、結婚した~い
体脂肪20%切る

若々しくてほほ笑ましい。

その中に・・・

ピンピンコロリ
運動して最後まで自立
孫のお守をする体力

なんていうのがありました。
身につまされました。


001asa.jpg
今日の朝食。若者はさらにバナナを食べていました。
食欲の差。
さらに食べても太らない、代謝の違い。

以上、大いにギャップを感じたできごとでした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:58  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.11 (Tue)

10日のゴルフ

昨日、本当は夫とツーサムの予定だったのが、
急きょ、誘ってくれた友達が居て、
その人たちと4人でラウンドすることになりました。

初対面の方もとても気さくな方で
なんだか笑いが絶えず、とても和やかにラウンドすることができました。

ミケルソンみたいなサウスポーのその方は、
とても飛ばし屋。でも、曲がる。でも、スコアが良い。
そんな方でした。
3回くらい、右や左の木に当てても、絶妙に跳ね返り
ボールはフェアウェイのベストポジションへ。
これは、狙ってやっていたのだろうか・・謎。

さて、私。
課題、反省点は多々あるけれど、印象に残っているのは、
16番ホールの第2打め。
アリソンバンカーまで125ヤードくらいで、
そこに入ったら脱出不可能。バンカーの前にきざんでも、
バンカー越えでグリーンをうまく狙えるだろうか・・・
なんて考えて、迷いに迷い、結局女は度胸よ!
と25度のユーティリティーでトライ。
グリーンエッジに落とすことができました。
すごく高速グリーンで、ベタピンに寄せた、と思っても
コロコロところがり出てしまうことが多く、
もっと大きなクラブで直接狙ってもよかったのかもしれないけれど
もしかしたら、グリーン後方のバンカーに入ってしまうかも、
とも考えての選択だったのだけれど、正しかったのかどうかよくわからない。
ピンはグリーン奥。
結局3パットしてしまった。

私の友人は、きざんでいました。
彼女、このバンカーに入ったら、私は後ろに出すことに決めてるの。
と言っていましたが、なるほどねぇ。
後ろに出す。これもアリかもしれません。

昨日は、三男が、母の施設にも行ってくれて、夕食も外食。
すこぶる単純ですが、私はご機嫌回復。
北海道物産展でベーコンやいくらを買いこんで
ホロ酔いで帰宅しました。

キャディーさんや、ミケルソンさんから
スウィングを褒められて、あと一息。自信を持って。
と言っていただいて、ちょっといい気分。
友人はもっとコースに出なくちゃ、じゃんじゃん誘うね。
と言ってくれました。
ゴルフのモチベーション、上がっております。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:21  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.09 (Sun)

アフリカから生存確認

三男がめずらしい本をパラパラ眺めていた。

アフリカ経済論、アフリカと政治、
なぜ貧困はなくならないのか--開発経済学入門。
そのほかにも何冊か持って家の中をウロウロ。

長男の部屋から勝手に持ちだしたのだろうか?
後でおおごとにならなければいいけど。

どうしてそんな本を持ち歩いているのか、三男に聞いてみたら
長男からメールが来たのだとか。
ページを指定して、iPhoneでとりこみ、メール送付して欲しいのだそうな。

9月20日に出発してから、約20日。
無事に到着した、の連絡ひとつしてこない息子。
自分の頼みごとは三男にしてくる。
どういう了見なのだろう。

私を、徹底的に避け、無視を決めこんでいるようで、なんだか悲しい。
でも、黙って様子を見ていた。

三男は、いろいろ試みたけようだけれど、
結局50メガ以上のデータがいくつにもなり、
メール添付で送信なんてできない、と言いだし、私にSOS。
急ぎのものを私がスキャンし、サイトにアップした。
で、アクセスできるように、長男のメールアドレスを聞いたのだが、
三男は自分が長男に連絡するのだ、と言い張って頑なに教えてくれない。

ここで私はブチ切れた。

三男君、君にアクセス権をメール送信するから、
そこからデータを全部ダウンロードして、
ドロップボックスにアップするでも、
宅ふぁいる便を使うでも、好きにしなさい。
君に送ったアクセス権は人に転送したって使えないのだよ。
そんなことできたら、誰でもアクセスできちゃうじゃないか。
そこまで母に関わって欲しくないという長男の意向があるなら、
最初に母に言いなさい。今後かかわらないから。
残りの本や資料は自分でやって下さい。
君たちの態度は許し難いし、母は悲しいです。

そう三男にメールした。

まもなく、三男から返信メール。

そんな意図はありません。
変な態度でごめんなさい。
後の物もできないから、やって下さい。ごめんなさい。
という言葉と共に長男のメールアドレスが書かれていた。

・・・とりあえず急ぎのものだけは長男に送信したけれど・・・
残りの物はどうする、私よ?

三男がごめんなさい、なんて言ったのは初めて。
でも長男は、一体どう考えているのだろうか。

夫にもそう言ったら、またいつもの通り、
子どもたちに対するそういうネガティブ発言聞きたくない、
言ったって解決しない。知りたければ直接息子に聞くなり
解決の道筋を考えるべきだ、と言われた。

そうよね。子どものことはあなたにとっては他人事。
かかわらない人には摩擦も何もないのよね。

もう二度と話すもんか。言った自分がバカだった。


長男はアフリカにたどり着き、いつも通り仕事して、
本を読んで食べて寝て、生きている。
それが判明しただけでも良いではないか。

そう思うことにしよう。

夫は早朝登山に出かけていった。

明日はゴルフなのだけれど、なんだか気が晴れない。
100%、私の気持ちは理解できないだろう。

夫と楽しくラウンドするの・・・なかなか難しい。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

09:12  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.05 (Wed)

お金を支払う時のスタンス


朝の連ドラ。
着物を購入したのに、支払を渋っている料亭が出て来た。
呉服屋の主人が集金できず、次は子どもに行かせる。
・・・いくらドラマとは言え、私にはすごく違和感がある。

買った物の代金は支払うのが当たり前。
支払えないのなら、申し訳ない、であって
けんもほろろに追い返すなんて、本末転倒だ。
大阪のおばちゃんは値切るのが当たり前だと聞いたことがあるけれど、
私だったら、高額で分不相応だな、と思ったら
値切るじゃなくて、買わない、ということになると思う。
これって文化というか考え方の違いなのだろうか。

私には気に入ったお店がたくさんある。
そこで間に合うものは、ほぼそこを利用していると思う。
レストラン、テーラーメードの洋服屋さん、
百貨店、食材の調達先、ゴルフレッスンの先生、
病院、美容院、歯医者さん、メガネ屋さん、保険屋さんetc

超がつくほど忙しくて、子育てや家事、仕事に遊びも、
と欲張って来た私には、いろんなお店やお得情報をチェックして、
そこまで出かけて行く、そんな時間も余裕もなかったのだ。

結果、損していたのか、というと私はそんなふうには思わない。
いや、むしろ、とても得した気分。
計り知れない恩恵を受けている、と感じている。

商品やサービスは、支払った代価以上の価値があった。
さらにその上に、私はおまけをいっぱいいただいているのだ。

そのお店や、かかわって下さった方の真心。
職人さんのプライドだったり、お店のこだわりだったり、
医療に関するポリシーだったり、会社やその人の心意気だったり。

商品やサービスに、そんなものまで上乗せして
いただいているように感じられるのだ。

値引き交渉しなくても、顧客として、私はとても大切に
お付き合いしていただいている、と感じているし、
任せて大丈夫、という安心がある。

世間知らずのオバカには、ふっかけて儲けてやろう、
なんて思わないのではないだろうか。
(そんな悪徳業者も居るのだろうが)


そうして、そういう長いおつきあいの方たちは、
とても魅力的な人たちでした。
とても頼りになる素敵な方たちで、これは私の財産。

勝手ながら、私はそう思っている。

話は朝の連ドラ。
あの呉服屋さんは心が無い、劣悪な商品を売る店なのか、
それともやっぱり大阪の文化? なのだろうか。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:06  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.03 (Mon)

週末、栗ご飯つくれず

予定では、土曜日の午前中は仕事をして、その後ジムへ行く。
帰ってから、急いでフレデリック・バックの展覧会に行き、
帰りがけに栗を購入して、日曜日の夕食に栗ご飯。
そんな完璧なはずだったのですが・・・。

ジムへ行ったまでは良かったのです。
帰宅して、出かける支度をしながらテレビをつけたのが、いけなかった。

準備万端整えて、テレビを消そうとリモコンを持ちテレビを見たら、
日本女子オープンが始まるところでした。

少しだけ。
ちょっとだけ見てから出かけよう。

ティーグラウンドの選手と一緒に緊張し
いろいろなショットに一喜一憂。
風の影響かしら、難しいコースなんだ。
宮里美香さんのショートホールのバーディー、すごい!!
藍ちゃん、池ポチャ。ア~残念。
しびれるようなパッティングは、息を止めて凝視。集中。
息詰まるような試合でした。

そして・・・気がつけば、私はリモコン片手に立ったまま。
テレビの前で放送終了でした。

何やってるのでしょう。
観るならば、ちゃんと座ればよかった。
どっと疲れてしまい、
結局、展覧会にも行かず、栗ご飯も中止。


日曜日は、反省をふまえて、
ちゃんと馬場ゆかり選手の優勝を見届けました。
素晴らしい試合でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:37  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |