FC2ブログ
2011年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011'10.29 (Sat)

三男の大事件

大学生。
発展途上の人間として、社会から、少しだけ猶予をいただけている時代。
生徒じゃない。学生という立場の、大人一歩手前。
完全に自分で責任を取りきれはしないけれど、
自己責任の自覚にたって、自分の裁量が大幅に認められている。

まだまだ子どもを承知の上で、息子たちをそう遇しているつもりだ。
たとえ4年間を遊び倒そうとも、
学業に関係ないことにのめり込もうとも、
その時間は、あとの人生で効いてくる。
一見、無駄や回り道だと思われることも、
長い人生の中から考えれば、決してそんなことは無い。
珠玉の時間。むしろ必然。
自分の学生時代を振り返っても、そう思う。


詳しくは書かないけれど、ある駅で三男は
駅員の方に助けられ、またずいぶんお世話をかけ、
迷惑なことをしでかした。

言い分もあるだろうけれど、とにかく冷静になり
自分のことを振り返り、考えたようだ。

私からは一言。
迷惑をかけて申し訳ない、と思うなら、詫びなさい。
助けられて、有難かったのなら、そのお礼、感謝も伝えなさい。

息子は件の駅に、一人で挨拶に行ってきた。
百貨店で、ウチノシソトノシって何だ? と四苦八苦しながらも
どうにか菓子折りも用意した。


駅長さんが対応して下さって、ちゃんと叱られた。
と言っていた。
最後は頑張れと、励ましても下さったそうだ。


正しく大人から叱られる。
大切な経験だ。

今思い返しても、カーッと体が熱くなるような
恥ずかしく情けない経験。
父にだって、母にだってある。
それなくしては、大人になれないのだ。

自己嫌悪っていう言葉の意味がよくわかった、という息子。
食欲も無い。

でも、黙って見てる。

君は今、輝く時間を生きているのだよ!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:16  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |