2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011'11.30 (Wed)

11月を振り返って見ると・・・

今月もいろいろなことがありました。

月初めには、山荘へ出かけ
中旬には、有志の会の学習会・総会
下旬には長男がアフリカから帰国。
そして私は体調が悪かった。

体調が悪い時は、母のところへは、感染を予防するためにも、
行くことができません。
あんまり顔を見に行けなかったね。

さっきまで、税理士さんが居て、月末のチェック。
それも漸く終わりました。
今月も無事に、全部の支払いを終えることができました。

ささやかな私の日常でも、コンテンツは盛りだくさん。
今のこの時間を真面目にコツコツ積み上げて、それが1日になり、
その1日が積み重なって1年になり・・・私の人生に連なっていく。
この日常に真摯でありたい、と思います。

朝、ちょっと早起きして仕込んだおでんです。
002oden.jpg
まだ仕事が残っているけれど、今日はお家呑み。
もうひと頑張りです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
18:03  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.29 (Tue)

数が多ければ勝ち、なのか

大阪の選挙結果、多分そうなるだろうな、
と想像していた通りの結果になりましたね。

多数決という制度では、数を取ることは、
大きな力を持つことなのでしょう。
多数派こそが民意。
数の力で押し通すこともできてしまう。
でも、反対派の民意というのは、どうなってしまうのか、
とちと思う。

昨日、テレビで教育委員会の人とやりあっている場面があった。
教育委員会は民意を反映していないから、
政治が介入する。我らこそ多数派。民意なのだから、と。
でも、時の政権が教育に介入し、都合良~~く教育してしまうことの
恐ろしさ、国家としての危うさというのは、
日本人は経験済みなのではなかったか。
そんなことも感じた。

大多数の意見が尊重されるのは当たり前、といえば当たり前。
だけれど、少数派、いやたった一人であっても、
その人の人権、尊厳は一人だからといって価値が乏しいわけでもなんでもない。
人間は等しく平等なのだから。

人権意識が希薄な人、と感じていたから、
日経に出ていた御厨先生の言葉も腑に落ちる気がした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:09  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.28 (Mon)

お弁当をさぼった日のランチ

医者に行き、薬を服用し、体を休め、
復活しました。

調子が悪い時に、気合い、根性は必要ありません。
と言われ、本当に。と、一抹の寂しさと共に納得。
若くはないのだ。私。
心して、路線転換しなければ、と思っております。

朝も少しゆっくりして、お弁当も何日かパス。
これはある日のランチ。

001una.jpg
003una2.jpg

夫と一緒に行った本郷のうなぎ屋さん、石橋亭です。

その日の夕食にはいただいた菊の花を酢の物にしました。
菊の香が口一杯に広がります。
004kiku.jpg


食事を美味しいと思えるのは元気だからこそ。

年末いくつかある忘年会。
感謝しつつ、親しい人たちと楽しく過ごしたい、と思っています。

皆様も、どうぞご自愛を。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:11  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.24 (Thu)

気合い、やる気の限界

休み前に高校時代の友人と食事をした。
あまり体調がパッとしなかったのだが、会いたい気持ちが優先。
出かけて行った。

みんな同年齢。

高齢になってきた親。
就職、結婚と新しいステージへと踏み出す子供たち。
仕事の責任。
家庭の中での責任。
重いものを誰もが皆、背負っている。

やりきる原動力は体力、健康、とそれだけは自信があったのに、
ここにきて、自信喪失気味な私。
皆にどうやって乗り切っているのか訊ねてみた。

結論。
長らく会社の中で責任ある立場で仕事をしてきた友人は、
病気だろうが、何だろうが、少々のことでは弱音を吐かなかったのだ。

アキレス腱を切っても、手術しないで会社に通い続け、
ヘルペスで顔面が腫れあがり、痛くても、仕事はこなす。

具合が悪くても関係ない。
やらなければならないことは、事情はどうあれやらなければならなない。
自分の体調など、かまっちゃいられないから。

そうやって仕事し続けて来ていたのだ。

002uni.jpg

006ebi.jpg

週末、ラグビーも見に行き、頑張るぞ!!
しっかり食べよう。(素晴らしく、美味しいお店でした)
なんて意気込んでいたけれど、さっき気付いた。
友達の中には、限界になり、職を辞した人も居たのだった。

私は、辞められないのだ。
息長く続けられる体制を自分で考えなければ。

これから、病院に行ってこよう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:05  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.23 (Wed)

ラグビー早慶戦

11月23日は、毎年ラグビー早慶戦の日。
万難排して、秩父宮で観たい、と思っています。

今日は、いつものメンバーで、秩父宮で観戦してきました。

010soukei.jpg

だんだんラグビー仲間も増えて来て、本日は6人。
O先輩が甲州から仕入れて来て下さったワインで
再会を喜び、ナイスゲームを期待して、乾杯しました。

011soukeiaa.jpg
012soukeibb.jpg

54対24で、早稲田の勝利。
早稲田は合計9トライ。スピード感のある攻撃でした。
スクラムトライも1つ決めました。

あれで、キックが全部成功していたら・・・

013soukeicc.jpg

満足して、試合の余韻に浸りながら帰ってきました。
例年通り、この時間を持てたことに感謝です。


あとは、12月4日の早明戦。
こちらも、観に行きたいなぁ・・・!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
18:12  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.22 (Tue)

疲れがとれず、飲んでみた

ここのところ、いつにも増して忙しい日が続いた。
仕事も忙しかったのだが、
会報誌の編集や、公開学習会の準備などもあった。

心配の種だった長男が帰国し、
会報誌は完成し、
学習会も無事に終わった、
と一息つけるはずなのだけれど、

なんだか調子が悪い。

気が抜けてしまったのだろうか。

父親が漬けていた朝鮮ニンジン。

001ninnjinna.jpg
002ninnjinnb.jpg
年代物。

今まで飲んでみようかな、などと思ったことは無く、
時々眺めていたのだけれど・・・

はじめて飲んでみた。
これで3日め。

日中、楽だ、と実感している私。

父は、疲れた時に飲もうと思っていたのだろうか。

いつの間に、お父さんより長生きしましたよ。
ニンジン、大切に飲むからね。

まだ他にもいろいろ残っている父の薬草酒。
元気出しなさい、というお守りかもしれない。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:23  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.20 (Sun)

アフリカ帰還

9月20日から2カ月間のアフリカ出張だった長男。

帰って来るのは、11月20日~23日の間ではないか、と予想していた。
何しろ、何の連絡もしてこない息子なのだから。

・・・しかし、負けた。

本当に、寝込みを襲われてしまった。

11月18日深夜、いやもう19日に日付が変わっていたと思うが、
眠っていた私の耳に、ドシーン、バタンと派手な音が。

どろぼう?
何だろう?
やっつけなければ。

・・・そうしたら、何と、バカ長男のアフリカ帰還でありました。

001afu.jpg

あっ、ただいま。 と平然と言う息子。

風邪っぽかった私は、とたんにさらに具合が悪くなったような気かしました。

朝の台所。
保存してあったカレーライスと、湯豆腐をつくって食べたらしい残骸が。

そして予想通り、爆睡し、朝シャワーをして、
会社へ行って、ちょっと片づけてくる・・・
と、土曜の会社へ出かけていきました。


やられた。
スキをつかれた。
油断していた。

・・・なんだか、クヤシイ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:12  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.18 (Fri)

女子会・いつもの場所で

いつものメンバーでの食事会。
お店はいつもの池袋しゅくりあでした。

004a.jpg
syukuria.jpg
前菜 海老芋田楽 柿なます あん肝 子持ち昆布 

005b.jpg
りんごと大根のさくさくサラダ

こちらのお店のサラダには、いつも果物が入っています。季節によって、桃だったり、
今回はりんご。サクサクとした歯触りです。そして、ちょっと甘い味がアクセント。
とても美味しい。大好きなサラダです。

006c.jpg
お造り 金目鯛とすずきでした。
007d.jpg
生ほっけ 南禅寺焼  上にのっている味噌、ごまとお豆腐のやさしい味でした。
付け合わせのさつまイモのレモン煮、黒大根も・・もっと食べたいくらい。
008e.jpg
かぶの射込み煮 きのこ餡かけ これも超美味。カニ、きのこ、ゆずの香り、舌の上でかぶがトロッととろけました。
009f.jpg
010g.jpg
白子のクリームコロッケと根菜のご飯 
白子のコロッケは、はじめて食べました。根菜ご飯は、れんこんのシャリシャリした歯触り、
ごぼうの香りがアクセントで、こちらも美味しかった。
もうお腹がいっぱいで食べられない・・と言いつつ全部平らげました。

デザートはこれ。
012h.jpg
全員、塩アイスと栗のティラミスを選びました。

ワインは白と赤を1本ずつ。お勧めの赤 キスキッカ カベルネもGood!

お財布にもやさしくて、大満足の時間でした。

昨日は満席。あんまり人に知られたくないね。
予約がとりにくくなったら困るね、などと勝手なことを言いながら
帰途につきました。

丁寧なお料理。
さりげないけれど、細やかなサービス。
本当に心地よい時間です。

有難うございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:54  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.16 (Wed)

私の幸せ・今日の場合  

私の幸せ感って何に一番影響されているのだろうか。

仕事をしている以上、ストレスはつきまとう。
大波、小波、様々あるのだ。
でも、これは時間で、スパッと割り切りをつけてしまう。
仕事場を離れ、家へ戻るのだ。それで終わり。
これで割り切れるのだから、ある意味順調、ということなのかもしれない。

さて、家。
やはり一番の懸案事項、私の幸せを左右しているのは、
子供たちのことのようだ。

子供たちが、どんなふうだったら、私は幸せなのか。

些細なことは、本日の夕食を食べるのか否か、から始まって、
直近の学業、4年終了後の進路などなど・・・エンドレスに続く、心労、心配。
それから解放されたらどんなに良いだろう。
でも、子供らに言わせれば、勝手に余計な心配している、
ということになるのだろうなぁ・・・
永遠に埋まりそうもない溝。

9月20日に出発した長男の出張。
2か月の予定なのだから、帰国予定は11月20日。
どう計算しても、この見当。
祭日もあるし、22日とか、もしかしたら、23日?
はっきりしないし、連絡も無く、日々気をもんでいて、落ち着かない。
第一、出かける予定を立てても、どこか気にかかる。
イライラしたり、腹が立ったり、悲しくなったり。

まったく私ってやつは! 

息子の帰国予定がわかること。
さもなければ、
こうして、イライラとだめな私として生かされていることにも
感謝すること、そのどちらかしか平安を得る術は無いのかもしれない。

私の幸せは人に左右されない。
息子たちに左右なんかされてたまるか!!

でも・・・トホホな私。
悟りきれず、であります。

008steam.jpg
つい最近買ったケルヒャーのスチームクリーナー
これが届いた時は幸せな気分でした。

・・・なんてささやかな私の幸せなんでしよう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:20  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.14 (Mon)

私の友達、母の友達

学生時代の友人が我が社に仕事を依頼してくれて、
打ち合わせに来てくれました。
思いついて、いつも私がつくっているお弁当を用意しておくことに。
ブログを見てくれているし、我ながらいいアイデア。

しかし・・・いざ詰めよう、と思ったら
我が家には、ドカベン用のお弁当箱しか無かったのです。

苦心惨憺。熟慮の末、出張中の長男のお弁当箱を使用。
ドカベンには違いないけれど、それでも少しコンパクト。
これにごはんを、ぱら~っと詰めてみました。

003obentou.jpg

食べられなかったら残してね、と言ったのですが、
それは杞憂。彼女あっさり完食。
痩せの大食いだった?
新しいことを始めようとする友のバイタリティー。
なんだかまぶしかった。


そしてこちらは母のお友達からのプレゼント。

009okasi.jpg

いつも有難う。お母さんを宜しくお願いしますね。

という言葉が添えられていました。
日曜日、施設から電話をして、母にかわってみたけれど、
もう誰だか思い出せず、すぐに私に受話器を渡す。

悲しいけれど仕方ないわね。
本当に宜しくお願いしますね。

とまたおっしゃった。
女学校時代の母のお友達の方何人かと、私はここのところ
電話や手紙でお付き合いさせていただいている。
皆さんに、ここまで思っていただける母、
そしてこんなプレゼントまでいただける私。
有難いことだとしみじみ思います。

さてお弁当完食の我が友と私。
高齢になっても変わらぬ友情を、と願っています。
母のお友達の皆さんを見習いたい、と思います。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:19  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.13 (Sun)

大学・進路選択

私は建設会社で仕事をしているけれど、建築を学んではいません。
大学は夫と同じ。でも、薬学部。薬剤師なのです。

この進学先は、私の生家の家業が影響して、
親と自分の希望が食い違い、さんざん大モメ。
バトルの末に、本当に何の希望も無く、
そんなに行けっていうなら、行ってやる。
みたいな投げやりな気持ちで進学したのでした。

何のために、私はここに居るのだろうか?
在学中、ずっと心のどこかにくすぶっていた私の想いです。
人は死ぬものなのに、取るに足らない様な時間をながらえるために
こんな膨大な労力を費やして研究することに、何か意味があるのだろうか・・・
みたいな超生意気なことを言い、
何しにここに来た?
とも言われていました。
それなりに適応し、学生生活は過ごしていても、明確な答えはなかったのです。
別世界に連れて行ってくれる山登りに夢中になれたのも、
そんな気持ちが根底にあったからかもしれません。

私は、息子たちには絶対に、何があっても、
希望する進路を選択してほしいと思っていました。
これだけは、ゆずれない。私の悲願。
口が裂けても、建築学科に進学したら、
とか我が社の跡取りはどうするの、
なんてことは、言いたくなかったのです。
これは、夫も同じ気持ち。
実際、息子たちに会社の後継についての話は一度もしてきませんでした。

さて、過日、息子たちと会社のこれからについて話す機会がありました。
全く予想外だったのですが、息子たちは、
僕らは会社に入れてもらえない。
家業にかかわっちゃいけないのかと思っていた。
と言ったことでした。
触れないが故に、禁止だと思っていたとは。

そんなことは無いけれど、君たちだって会社に入りたいとは言わなかったよね。
と尋ねてみたら、ハナから除外して考えていたのだとか。
こういう話しは、高校生の時に聴きたかった、という息子。

会社の後継問題と息子たちの進路を絡めて考えるつもりは今も全く無いけれど、
私の希望とは裏腹に、意図せず、
彼らの進路選択に大きな制限を設けてしまっていたとは。皮肉なものだ。

でも、将来にこの道がどのようにつながっているのか、
それは誰にもわからない。
今のこの時の意味は、長い年月を経なければわからないこともある。
私は、大学時代に夫に出会い、結婚し、君たちの母になった。
あの時間がなかったら、君たちには会えなかったのだ。
無意味な時間は無い、のだと思う。

足かせも制限も無いのだから、改めて、将来を考えてもらいたい。
もう遅い、なんてことも無い、と母は確信しているから。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:01  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.10 (Thu)

完全無欠・パーフェクトな親

好きな子育てブログや、子どもが登場するブログを
私はよく訪問する。
母親や父親の愛情が、ブログの中からあふれだしている。
そして、父や母の愛を全身に受けて、
満面の笑みや、わざとの変な顔しておどけていたりする、
可愛い子どもたちの姿。
日々、癒されたり、感激したりしている。

私にも、あんな時代があったのだ。

親になって20数年。
良い親になるには良い人間になること。
そんな風に思って精一杯やってきたつもり。
でも、息子たちには、彼らなりの不平や不満があるのだろうな。
反抗、無視、無言・・・は、だからなのか?

でも、果たして完璧な親って居るのだろうか?

いや、居るわけないよね。
完璧な人間なんて、神様ではないのだから、
居るわけがないのと同じこと。

少しだけ、気が楽になる。
大人になりつつある君たちよ、
弱くて欠点の多い、不完全な親をそのまま受け入れてはくれまいか。

でも、そんなことを言えば、
僕たちのありのまま、そのままを受け入れろ。
という息子たちの声が聞こえてきそうな気もする。
私は、ありのままの君たちを受け入れているつもりだよ。
だけど、彼らには届いていないのか・・・?

どっちもどっちなのだろうか。

とりとめのない考えが頭をめぐります。

そうして、自分を頼みにすることの危うさ、限界を感じて、

情けない私が親としての責を全うできるように、
どうぞ力をかして下さい。助けて下さい。

と、いつもそんなふうに祈る私です。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:39  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.09 (Wed)

おじさん舞い上がる、春の選抜

夫の出身高校。群馬県立高崎高校。
この野球部が、秋季関東大会を勝ち進み、もしかしたら
春、甲子園にでれるかも・・というところまで来ています。

メーリングリストに最初の投稿があったのが11月の初め。

それからは、連日熱いメールが飛び交って
我が夫をはじめ、皆さん熱烈に応援していました。

11月2日の東海大甲府との試合に勝利した時は、
外出先の私にも勝った!!という狂喜のメール。
翌3日の、作新学院戦を前に、本気で甲府まで応援に駆け付けたい、
とそんな風情でありました。
もちろん飛び交うメールも半端じゃない。

3日、作新学院に負けてしまったけれど、
ライバル校の健大高崎の結果が気にかかる。
健大高崎が浦和学院に敗北。

・・・そうなると、今度は、春の選抜に出れるか否か。

21世紀枠だ、いや違う一般枠だ、当確だと思う。
心配なのは良くある「生徒の不祥事による出場辞退」ではないでしょうか?
でも、その可能性は地球に落下してきた○イツの人工衛星が
○○さんに衝突する確率よりもずっとずっと低いと思われます。

などなど、またまたメールが飛び交っておりました。
吉報は来春1/27なのだそうです。

普通の県立高校がベスト4というのは、本当に素晴らしい。
都立高校出身の私は、仲間のような気がしています。
もし、出場できたら、休みをとってでも応援に行きたい気持ちです。
車の中で、応援歌の練習もして、私も一緒に歌いたい。

初戦突破。初戦の応援だ。

後輩の活躍を夢見て、我が夫は、胸を熱くしております。
そしてなんだかとても楽しそう。
私も便乗して楽しむことにします。
頑張れ。タカタカ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:00  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.07 (Mon)

二兎を追う者一兎をも得ず? 

大学生は、試験シーズンのようです。
山からの帰り、我が家の車に乗り込んだ二人は、
月曜に試験があるとかで、せっせと勉強しておりました。

帰宅したら、次男も勉強中。
ヒゲ面をして、留守中たてこもっていたような風情でした。
三男も図書館。
何してるの?
と思わず問い返してしまった私。
勉強 怒
という返信メールが届きました。

試験があるなら山なんて行くな・・・
という声もきこえそうだけれど、私はそうは思わない。
やりたいことは全部やる。
二兎でも三兎でも、いくつでも追いかけて、
全部ゲットしてみれば、とけしかけたい。
こじんまり纏まるのではなく、貪欲にバカをやりきって
4年間を過ごしてもらいたいなぁ・・・なんて思っております。

登山に出かけた現役も
ライブ三昧だった次男も、
大事件のあった三男も、
しっかりバカをして、必死になっているのが好ましい。
投げだす、捨て科目、はないようだ。
頑張れ!!

昨日の夕食は、近所のラーメン屋さん。
料理が出てくるまでの間も勉強していた次男。


笑いをかみ殺しつつ・・・
夫と紹興酒をチビチビいただきました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:17  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.06 (Sun)

昔の山ガール・山荘の冬支度

土日と山荘に行き、冬支度のついでにちょっと歩いてきました。

5日の午前4時半に我が家を出発。
本当は3時出発の予定だったのです。

前日の4日はお休みの狭間の営業日だったので、
仕事が終わらず、終わらず、終わらず・・・遂に午後10時、
私も手いっぱい、限界で、夫に電話。(夫もまだ外で会議と食事中)

このような状態で明日3時に出発して、7時過ぎから山登り、
というのは、果たして休息、気分転換になるのでしょうか。と。

それで、出発を少し遅らせてくれたのです。

我が家に泊まった後輩二人と共に、どうにかこうにか東京を離れ、
まずは餓鬼岳の登山口へと向かいます。
そこで先発隊と合流して、8人のパーティーになりました。
ワンピッチは全員で歩き、登頂隊と、途中下山組の2隊に別れました。
私は、大先輩のSさんと、久しぶりに参加のK君の3人で途中下山組。
魚止の滝~最終水場~大凪山直下まで行きました。

006gaki.jpg

東京でどんなに慌ただしくても、
ここでは、目の前の1歩に集中するのみ。
沢の音を聞きながら落ち葉を踏みしめ、ひたすら歩く。
そうすると、睡眠不足とは裏腹に、なんだか生き返るような気分になります。
大汗かいて、深呼吸。
下山を始めるころにはすっかり東京の仕事のことは忘れていました。

007uodome.jpg

夜は小屋に総勢9人が集まり、大宴会でした。
笑いの絶えない楽しい時間です。
世代を越えて集い、楽しめる、本当に大切な時間です。
翌日は冬支度の作業。そして白馬の慰霊碑でお参りをして解散となりました。
009irei.jpg
013omairi2.jpg

昔の山ガールは、山おばさんになったけれど、
後輩とは、もう少し一緒に歩くことができそうです。
雪上訓練すれば木曽駒へ行けますよ、なんて誘ってくれて
大いに気を良くしています。
お世辞でも嬉しい。有難う。

その調子。

また明日からいつもの一週間が始まります。

頑張りましよう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

21:17  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.04 (Fri)

予定満載・でも遊ぶ

少し自重しよう、と言いつつスケジュール満載。

昨日は息子の学校つながりの友人に会いました。
旅行に行ったり、食事をしたり。
息子たちが卒業しても、親しくさせていただいています。

昨日は、その中でスイスに旅行に出かけたSさんから、
お土産をいただきました。
彼女は空港でのトランジットの合間に絵葉書まで送って下さったのです。
メール全盛ですが、1枚の絵葉書が、すごく新鮮で
なんだかしみじみ嬉しかったのです。

008abc.jpg

私は山が好きだから、とマッターホルンなど山の映った絵葉書、
それにエーデルワイスのポーチ。
エーデルワイスは我が山岳部のバッチにもデザインされています。
白のポーチには、番号入りの私の山岳部のバッチを入れて、
宝物袋にしようと思っています。
有難う。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

09:35  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'11.01 (Tue)

高学歴低能児を産む社会

100億円もの会社のお金を、ラスベガスで使ってしまったらしい
創業一族出身の元社長。
経歴を見れば、最高学府の法学部出身とか。
法学部・・・法令順守の精神はどうしたのだろう。
創業一族だろうが何だろうが、日本は法治国家だぞ!!

ここで思うのは件の社長の育ち方だ。
会社の物は、全部自分の物。公私混同が許されたのだろう。
自分の意向は全て正しくて、異を唱える者など居ない。
出自はどうあれ、正しいことは正しく、間違ったことは間違いである、
という当たり前の対応を受けてこなかったのかもしれない。
いつからそんなふうになったのかは知らないが、
大間違いの末に行きついた姿なのだろう。

チヤホヤされてその気になった方も問題だけれど、
それを許した社会の側にも大いに問題がある、と感じてしまう。

この話しほどではないけれど、最近似たような勘違いをしている人に、
かなり高頻度で出食わしてしまっている気がする。
多くは大学卒の高学歴。しかも素晴らしい経歴の持ち主だったりする。

友人は、そんな彼らを評して、高学歴低能児、
と言っていたけれど、まさにその通りだと思う。

相手が大人であろうが子どもであろうが、誰であろうが、
大人たるもの、是々非々で対応する。ぶれないこと。
きちんと叱り、また自身も詫びれること。
そんな大人がしっかりした社会でなければ、
益々、この高学歴低能児は増殖していくのではなかろうか。

社会の一員として、大人のはしくれとして、危機感を抱く。
ぶれない、筋を通す。
大変ではあっても、頑張らねば、と思う。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:45  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |