FC2ブログ
2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012'01.26 (Thu)

父親の悲哀・子どもの恋愛

単身赴任中の友人。
久しぶりに東京の自宅に帰ったら、
見知らぬ若い男性がリラックスした風情で居たそうな。
双方、死ぬほどビックリ。
聞けば、娘さんの交際相手だったとか。

それからの時間、修羅場、だったのでしょう。
お察し申し上げます。

娘さんとは半同棲みたいなことになっていて、
知らぬは父親の自分だけ。
母親まで娘たちと結託して、自分だけが蚊帳の外。
彼の嘆きは続きます。
大切に、大切に、愛しんで育てて来たのを私は知っています。
彼の気持ちも、良~くわかります。
似たような話や嘆きを耳にすることもままあるのです。

勘当ものだけど、もう、制御不能だ。
きちんと結婚すればいいのにな。

そして最後は、
自分たちできちんと生計をたてて、
人に迷惑かけずにやってくれて、
二人が幸せならそれでいいんだけどさ。とも。
でも、ああいう知らされ方、淋しいものだな。
とつぶやいていました。

でも、自分たちだって、さんざん親を悲しませ、心配させて、
能天気のアホだったね、とも話しました。

大昔、山に出かけるとしばらくは音信不通たった私に
母が、人気の無い山中を何日も男の人と泊まり歩いて、
何しに大学に行ったの、と本気で嘆く姿を、
シラッとバカにして眺めていた自分を思い出しました。

しかし、今回のこととは話しが違います。
息子たちにも親の気持ち、意向くらいは伝えておきたい、と思いました。
順不同、何でもOKには大いに抵抗がある私なのです。

で、ちょっと聞いてみた。
どんな貞操観念持ってるの? と。

はぁ~?
なんて爆笑されて、死語。
と言われてしまいました。

死語か。
息子たち、どんな恋愛をするのでしょうか。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:00  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |