2012年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012'04.28 (Sat)

オレオレ詐欺 続編

私のオレオレ詐欺の記事を読み、メールをくれた友人がいました。

その友人の居住エリアでは、警察から連絡があったそうです。

新種の詐欺が横行しているので注意してください。
できれば相手が自分の連絡先を言ってくるので、
それを聞き取ってから通報してください。
ということだったそうです。

詐欺に騙されたフリして途中まで話にのって、相手の尻尾をつかむ。

詐欺さんから電話がかかってくるのを楽しみに待っているんだけど。
目指すは警視総監賞!?
と結んでありました。

撲滅のためには、そのくらいの覚悟、準備を常日頃からしておく、
ということなのですね。

よし、次にかかってきたら、連絡先を聞き出し、
息子にかこつけて、説教して、それから通報です。
私の場合、想定問答集でも用意して、練習しておかないと、
うまくできそうもないけれど・・・
オレオレ詐欺が他人事ではないことを自覚して生活しましょう。

本当のオレ様は、家族の食事会に参加するということで、
リクエストの本郷の焼き肉屋さんを予約をしました。
お土産に、柏餅と少し料理をつくって持たせようと思っています。

オレ様に会うの楽しみです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:57  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.26 (Thu)

来た! オレオレ詐欺

夕べ、多分午後10時頃、食事も終わり一息ついて、
私と夫は連休の予定について、話しをしていました。

母の日アピール食事会は、すこぶる費用対効果が悪い企画だぞ。
とか、ゴルフ練習に長男を誘おうか、とか、たまたま長男が話題になっていたその時、
当の本人(ではなかったけれど)から電話。

「○○だけど」と長男の名前を名乗ります。(オレオレでは無い)
「あら、ちょうど話していたのよ。どうしたの? 」 なんて呑気に答えた私。
「アノサー、会社から郵便届いてない? ヤバクテサー」
ここで、声が変、口のきき方が息子と違うのを感じ
「声が変だけど」と言ったら
「うん、声が変でしょ。風邪ひいちゃって鼻声で」とかなんとか言う。

息子が鼻声になった時と明らかに違う声。
それに、アノサーとか、ヤバクテサーとかは、息子たち3人とも、
私や夫に対して、かつて発したことが無いと思う。
それで、「生年月日を言いなさい」と言った私。
「疑ってるの?」
「疑いますよ。生年月日」
「なんでだよ。○○高校を出て、○○大学を卒業して、今家を出ている・・・」
(信じこませるためなのか、持ってる情報を次々に言う)
ここで言葉を遮って、「何が目的か存知ませんが、お断りします」
と言ったそばから「ママ、ねえママったら・・」
などと、ママ、ママを連呼。
かまわずガチャンと電話を切りました。
ママはあり得ません。

即、長男の携帯に電話したら、いつもの声。
まだ仕事をしているらしい緊張感のある応対でありました。

出身高校や大学を知っている、というのは名簿かな、とも思えるが、
家を出ていることも知っているなんて、と考えると少し怖い気がする。

長男には、「お騒がせしました。個人情報の取り扱い、今まで以上に慎重にね」
とメールしておきました。
珍しく、すぐに返信があり、
「ゴルフレッスンの日は予定があるけれど、食事会(母の日アピールとは書かなかった)は行きます。
基本的に留守電にしてはいかがでしようか」と返信がありました。

親心に付け込むところが腹立たしい。
そして、もっと高齢の人たちが狙われると思っていたけれど・・・
もうそういう年になったのだろうか、と悔しい。

息子と同年齢くらいと思われる声の主。
こんなことに人生を使うな。
人の役に立つこと、社会に貢献できること、
そんな仕事からお金を得る。
たいへんでも、それを見つけ、身につけ、生きて行って欲しい。
あなたにだって、あなたを想う親がいるでしょ!!
生まれて来た甲斐のある命の使い方をしなさい。

そう、伝えたかった。
これは残念。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:32  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.25 (Wed)

ゴールデンウイークの過ごし方

みなさんは、どんなゴールデンウイークの予定がおありなのでしょう?
さわやかで、気持ちの良いお天気が続くと、
混雑は承知でも、どこかへ出かけたくなります。

この連休中に、親友のお譲さんは結婚し、家を出るのだと聞かされました。
本人も忙しいでしようが、友人もあれこれ気配りすることがあり、
今は淋しがっているヒマはなさそうです。

自分たちが嫁ぎ、嫁という立場だった時代から、
今度は嫁がせたり、お嫁さんをもらったり。
姑の立場になっていく。
一時代が終わったのだなぁ、と感慨深く思います。

娘がいない我が家。
夫はどのように想像しているのか、
淋しいだろうな、とか、も少し家に居てくれてもいいのにね、などと
見当はずれのコメントをしています。

若かりし頃は、自分たちのことで頭がいっぱい。
親の心境にまで、思いは及びません。
その年にはもう長男が居たのだし、どうにかやって来たのだから、
みんなちゃんとやっていけるのよ。
そんな話を私がすると、ずいぶん思い切りがいいんだねぇ、
などとまるっきり父親?みたいです。

親友はお部屋の掃除と模様替えの連休。

我が家は・・・
どこかで一日、長男にも声をかけて
子どもの日及び直近に控えている母の日アピール食事会
でも企画しようかな、などと考えております。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:05  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.23 (Mon)

身内の訪問

我が家から6年間大学へ通っていた従兄に、久しぶりに会いました。

あのころは、父も母も元気でした。
小学生だった私は、お兄さんができたと大喜び。
たずねて来る「お兄ちゃん」の友達に食事を出す手伝いも楽しかったし、
時には、父も一緒になって呑んでいたこともありました。
同郷の高校の同級生、という人たちも出入りしていました。
いつかその方たちとも親しくなり、製本した卒論を父に下さった方や、
父の葬儀の時にはわざわざ来て下さった方もいました。

昔の家のことや、我が家の愛犬の話しなどなど、
なつかしい思い出話に花が咲く。
けれども母は、「存じません」ともう自分の世界
から出てきてはくれませんでした。

誰かの病気見舞いだったり、不幸があった時だったり、
楽しいことで顔を合わせることが少ない気がして、
年を取るのはなんだか悲しい、
と私は言ったのだけれど、おにいちゃんの返事はひょうきんそのもの。

むずかしい病気になったのは、進歩だぞ。
昔のままだったらせいぜいかかっても水虫。
高等、高尚な病気なんだから、人間進歩したってことだ。
でも、似合わないから、じきに病気が逃げて行くよ。

そんな風に言いました。

深刻な病気を深刻がっても仕方ない。
言われた当人も笑っていて、私も思わず笑ってしまいました。

思い詰めない。やるだけやる。ほがらか、ひょうきん。
子ども時代、そして今まであんまり気付かなかった一面です。
もしかしたら、年をとって変身?


状況は変わらなくても、なんだか少しだけ明るい気持ちになれた一時でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:51  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.20 (Fri)

男子大学生、お弁当の効用

001a_20120420172619.jpg
本日の我が家のお弁当です。

男子大学生で、お弁当持参というのはとても珍しいような気がします。
私が学生の時だって、とても少数派だったと思います。
息子は二人ともお弁当派。
私のお弁当が、超美味しいからに違いない、と私は勝手に思っているけれど、
もうひとつ、お弁当、なかなか良いじゃない、と私が思っている理由があります。

みんなと同じであることが安心で、突出したことはしたくない。
人目が気になり、他人と自分を比べてしまう。
他人はどう思うか。おかしくはないだろうか。そんなことが、
自分がどうしたいか、よりも大切な判断基準になってしまう。

これじゃあ、ありのままの自分では居られないだろうし、
緊張も半端じゃないだろう。
なにより人からの言動に傷つきやすいだろうに、と思われる。
他人の視点に支配され、いわば他人中心の生き方をしている。
そんな若い人が多いのではないかな、と私は感じているのだけれど。

変わり者と言えば息子たちはそうなのかもしれないけれど、
まわりがどうあろうと、自分のスタイルは自分で決める。
自分が納得していればそれでOK、というのはなかなか良いじゃない。
005b_20120420172701.jpg

水筒も持参して、ちゃっかりお小遣いの節約もしている。
今日も元気にお弁当。すごいよ。
と私は思っている。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:30  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.19 (Thu)

アジア婦人友好会のバザー

昨日、アジア婦人友好会主催の
「アジアの祭典 チャリティーバザー2012」に出かけてきました。
場所は、ANAインターコンチネンタル東京。
青地に外ナンバーの車から降り立つのは、
色とりどりの美しい民族衣装の女性たち。
気持ち良い青空に映えて、とても美しかった。
一緒に参加した私の友人も、桜模様の和服姿。
彼女も今の季節にぴったりの装いで、とても綺麗でした。
民族衣装というのは美しいなぁ、とため息が出ました。

001aji1.jpg
今年はフィリピンが議長国なのだそうです。

日本からは、群馬県。だるまですね。
004aji2.jpg

各国の民芸品、お料理など様々なものが販売され、
収益は全部参加国支援の寄付となるそうです。

購入してきたものはこちら。
010aji5.jpg

インドのシルクスカーフ(友人が選んでくれました。家族に好評)

011aji6.jpg
このエプロンは国際難民支援会のもの。刺繍がとても綺麗で、
使うのがちょっともったいないくらい。

そしてニュージーランドのワインとチーズ。
007aji3.jpg
試食、試飲して、一緒に行った友人はみんな買っていました。特にチーズがお勧め。

最後はこの会に誘ってくれた友人がかかわっているお店
パクパク・ナティンで買ったバッグとポーチです。
008aji4.jpg
これ、ジュースや洗剤のプラスティックパッケージを縫い合わせてできています。
フィリピン・マニラのパヤタス地区に暮らす母親たちの収入向上を目的につくられています。
と書かれた札がついていました。
友人はご主人の仕事の関係であちらで生活していました。
その時の経験がこういう活動につながっているのだろう、と思います。
地道な活動。頭が下がります。

ささやかだけれど、チャリティーの買い物もでき、
高校時代の友達6人顔をあわせておしゃべりもでき、
心満たされる一日でした。

さて、帰宅してから、夕食は夫と二人。
それで、もったいないなんて言わないで、
新しいエプロンをおろして、お給仕しました。
ワインもあけてチーズもいただきました。
エグモントチーズは夫にも大好評。美味しかったです。

そして、バッグ。
今朝こうしてみました。
017aji8.jpg
私のお弁当入れ。そしてミニポーチにはゴルフボールとティー。
思った通り、ぴったりでした。

Aちゃん、ささやかだけれど、これからも協力したいです。
有難うございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

13:26  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.16 (Mon)

土日雑感

土曜日、私が外出している間に長男が立ち寄ったそうだ。
床屋さんの予約時間まで、リビングでゲームをしていたらしい。
夫はタマタマ顔をあわせたそうだ。

頼んだ用事は全部足りなかったけれど、
話しは素直に聞いていたよ。
痩せても居ないし、元気そうだった。
と私に話す夫は、なんだか嬉しそう。

そういえば、流しには、お茶碗と卵の残骸。
長男だったのだ。卵かけご飯でも食べたのだろう。
来るなら来るで、連絡くれれば、お昼くらい用意しておいたのに。
私も顔を見たかったな。
いやいや、会えなくてよかったのかもしれない。
相変わらず、超そっけないのだろうから・・・
そんなことを一人思う土曜の夜。


日曜日、母のところへ行く。
ホールに集まって、歌を歌っていた。
歌詞カードが配られてはいたけれど、もはや母は参加できない。
キョロキョロとあたりを見回すばかり。

代わりに、私が歌う。

百瀬(ももせ)の滝を 登りなば
たちまち りゅうに なりぬべき
わが身に似よや 男子(おのこご)と
空におどるや こいのぼり

息子3人のことが胸に浮かぶ。
夫の実家にあった、とても大きな、立派な鯉のぼりも。
昔のおのこご夫は何を想うのか。彼も一緒に歌ってくれた。


帰り道、柏餅を購入。

我が家のおのこご二人組は、パクリと一口でありました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:19  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.13 (Fri)

ある夜の夫婦の会話

布団に入ってから、1度も目覚めずに、気がつけば、朝。
そんな睡眠から、けっこう私は遠ざかっています。
皆さんは、ぐっすり眠れていらっしゃるのでしょうか。

こんな眠りになったのは、長男が大学に入ってから、
息子たちの生活態度のせいだ、と私は思っていたのだけれど、
どうも、年齢も関係あるのかもしれません。

長男の在学中、憎らしいくらい爆睡していた夫も、
ここに来て様子が違ってきました。
もともと、朝型人間ですが、ますます、どんどん早く目覚め、
4時、3時半、そしてついに2時半に。
いくらなんでも早すぎます。
息子たちが寝る時間だったりして。

ゆっくりとお風呂に入り、照明も暗くして、
ゆったりストレッチをしながら話しをします。

昔、爺さんがすごく早起きだったけど、どうも私もそうなったらしい。
そうなんだ。お爺さんって何時に起きてたの?
私は、寝てたから知らないけど・・・2時半だったのかなぁ。
家系? こわっ。

なんて言いながら、私は突然可笑しくなって、
笑いがとまらなくなりました。
いぶかる夫。

夫と私が知り合ったのは、今の次男や三男の年齢。
寝過ごして、試験を受けられなかった夫。
寝坊して、池袋まで全力疾走していた私。
いくらでも眠れた。
特技は食べることと寝ること、なんて言ってたもの。

こんな会話をするとは思いもよらないこと。
しかも、寝るために、けなげに努力している自分たち。
全く、意外なことって起こるものだ。ちょっとこっけい。

可笑しくないの?

老化現象をおもしろがるあなたは、前向きだね、と言われました。

はい、多分これは変わらないと思うけれど、
もっともっとお婆さんになったら、陰気な人に変身していたりして。
どんな変化が待ち受けているか、わかりませんものね。

どうぞ、お楽しみに。
と夫に言いました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:25  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.12 (Thu)

はやぶさの映画

先日、「おかえり はやぶさ」という映画を見ました。

万事休すという状況の中で、活路を見出した、
その理由は何なのか、興味があったのです。
日曜の18時半から1回だけの上映で、とても空いていました。
もう時間もたっていることだし、人気は無いようです。

病気の母親が登場したり、ストーリーが欲張りで、
陳腐な感は否めないけれど、ヒントになったことも多々ありました。

「着眼大局、着手小局」という言葉。 
チャーチルの
「成功とは、意欲を失わずに失敗に 次ぐ失敗を繰り返すことである」
という言葉がJaxaの壁に貼り付けてあったのも興味深い。
そして技術者の「負けじ魂」という言葉も胸に響きました。

絶体絶命、でも諦めないで、宇宙迷子のはやぶさを探し続けたこと。
そして、坐して死を待つのではなく、可能性のあることをトライしてみたこと。
チームワークと、個人の驚異的な粘り、精神力、
いろいろな犠牲の上に奇跡のように達成できたミッションだったのだ、
ということがよくわかりました。

日々のささやかな私の生活の中でも、心に留め置かなければ、
と感じることがたくさんありました。
有意義な時間でした。


最後に地球に落下したカプセルがビーコンで発信。
夫のもっているビーコンが頭に浮かびました。
冬山用のものと、同じ技術なのですね。

(いつか家でビーコンかくれんぼなんてやってみたい。
夫は、やってくれないだろうな・・・)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.11 (Wed)

長患いの中2病、完全治癒?

過日、三男に急用があり、ダメモトで電話をしてみた。
めずらしく電話に出てくれたのはよかったのだが、
一言だけ返事して、忙しい。と私の質問を遮って切ってしまった。

何だあの態度。
腹立たしい。そして少し傷ついた。
カッとした勢いで、説教メールを送信。

反抗で怒り狂うか、それとも、無視を決め込むか、
もしかしたら、今晩は遅くまで帰ってこないかも。
今までの行動パターンだと、そうなるのだ。

ところが、
約束したことは、明日以降いつまでに全部やります。
説明しなかったのは悪かったけれど、誤解していることもあります。
などと丁寧に説明したメールが届き、しかも、電話もかかってきた。
さっき切ったのは、まだ部活のバイト中で、悪意は無いから。わかった?
というものだった。

意気消沈していた心がパッと軽くなった私。
ごめんなさい、とは言わなかったけれど、
悪かったな、とは思っているのだ。

そして本日、教科書代についてのメールがきた。
「中古品も探してみたけれど、改訂版がすごく古いので内容に疑問があります。
上級生に譲ってもらおうと思ったけれど、3年からキャンパスが違うのでそれもうまくいきません。
だから生協で10%引きで買いたいと思います。合計○○円です。お願いします。」
というものだった。

ワンパク三男も成長する。

しみじみと、その変貌ぶりに驚く。
いつまでも、すねた反抗期ではなかったのだ。

いそいそと、封筒にお金を用意する私。
素直に嬉しい。

しかし・・・
果たして、三男はおつりを持って来るだろうか?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:59  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.09 (Mon)

1年たって、母親の同窓会・今時の息子たちに思うこと

震災の昨年卒業した息子の親しいお母さん方と、
1年ぶりに食事会をしました。

浪人していた子は無事に合格、社会人になった子もいて、
大学生はみんな進級。大いに生活を満喫し、楽しんでいる様子でした。
バイト代で多少の手元資金も得られるし、行動範囲が増え、
一人暮らしをしている友人もいて、
高校、浪人時代とは比べ物にならない、格段の自由を手に入れた息子たち。
気分はいっぱしの大人? なのだろうか。

それにひきかえ、母親のある人は体調を崩していました。
一体、いつ帰って来るのか、行動が皆目わからない息子。
メールしても返事もろくにもよこさない。
ホームレス大学生みたいよ。と笑えたうちは良かったのだが、
事件や事故に巻き込まれたのではないか、大学へは行っているのだろうか、
食事は、お金は・・・と気にかかり、心配がつのり、
ついには、夜眠れないし、サイレンの幻聴まで聞こえたりしたの、
と話してくれました。

下宿でもしていて完全に目に触れないならともかく、
自宅通学は、母親が心配するの、よくわかる。わかりすぎるくらいわかる。
私も同じような経験、何回もしたのだから。

泊る時は、連絡してね。
どこに居るのか大まかなスケジュールを知らせて、とか・・・
とにかく息子たちに身を挺して言い続けることにも疲れ果ててくる。
そして、だんだんに、諦めて、見て見ぬふりをして、自分を納得させる。
最後は、心にひっかかりやわだかまりを残したまま、
息子たちの行動がまかり通ってしまう。そんな状況だったのだ。

でも、今思えば、それで良かったわけでは決して無い。
これほどに心を痛め、心配している母親に、
うるさい、ウゼーは許されるはずもなく、人生のどこかの時点で、
必ずブーメランのように、わが身に戻って来るのだよ、
と言わずにはいられない。
せめて、最低限の連絡や譲歩はあってしかるべき。
改めてそう思った。
息子たちよ、君たちの大切な母親ではないか。
ちょっとだけ立ち止まって、母の気持ちを察してもらいたい。

渦中にある時は、自分もやはり冷静にはなれなかったけれど、
健康を回復して欲しい、と切実に思う。
君たちの配慮が何よりの薬になるのだよ。

001a.jpg002b.jpg
003c.jpg005d.jpg
006s.jpg007e.jpg


美味しいものをたくさんいただき、共感したりはげましあったり。
やさしい時間を過ごしました。感謝です。


しかし、マスターズで活躍した松山選手も
10ストロークルールを知らなかったのだ。2回も出場しているのに。
自分が出る夢の大会なのに!!
やっぱり当節の二十。やってることはスゴイけれど、
どこか詰めが甘い。次男と同じ年なのだ、としみじみ実感。
そして山岳部の後輩も、まずいよねぇ、ということをしでかしてくれました。
詰めが甘い。子どもなのだなぁ、とこちらも実感。

彼ら、みんな息子たちと同年齢。
大人のはずが無い。そんなことも感じた週末でした。
(お店は、しゅくりあさんでした。)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

15:37  |  息子たちのこと  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.06 (Fri)

桜咲く

我が家の近くの桜の名所、いくつかあるのですが、
一番近くて有名なのは、飛鳥山だと思います。

毎朝、夫がウォーキングで偵察して来てくれます。
本日の報告。満開に近いと思うよ、ということでありました。
週末は少し寒くなるようなのですが、ぜひ桜を見にでかけたいと思います。

母の施設のそばだと、東大病院の桜並木、小石川植物園、六義園などが思い浮かびます。
でも、もう車いすでも母を連れ出すのは、不可能になってしまいました。
お天気の良い、暖かい日に屋上に行き、桜もちでもいただきましょうね。

066a.jpg

バギーに息子を乗せてはらはらと散り始めた桜の下を散歩。
ゆだれをいっぱい出しながら、落ちてくる花びらに手を伸ばしていたっけ。

小学校の卒業式の時に満開だった桜。校庭で名残惜しくてたくさんの写真を撮ったけれど、
そのどれにも桜が映っていましたね。

武道館の入学式で見た桜。親の私もとても嬉しかった。桜が咲いたね。

そして、昨年信州で見た桜。
何があろうとも、力いっぱい咲き誇る桜。
その強さと美しさに癒される思いがしました。

063bb.jpg

さて、今年の桜はどんなでしょうか。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:53  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.05 (Thu)

春の食卓とムスコ

昨日、築地のお魚を頼みました。
鯛と生しらす、菜の花、他にもいろいろ買いました。

鯛は鯛茶漬けにしていただきました。
生しらすは酢の物で。口の中でとろけるような感じでした。
菜の花の辛子和えや、あさりの酒蒸しetc
お酒呑みの献立ですね。

季節ごとに、旬の食材を使って、いろいろな料理をしてきました。
春にはタケノコご飯、たらの芽やフキノトウなど山菜の天ぷら
鯛や生しらす、あさりなどの貝類、めかぶや新わかめ
いちごやデコポンなどの果物。

食事をしながら、一人暮らしの長男のことが気になりました。
春の定番、今年は何か口にしたかしら?
食卓は私のラブレターのつもりです。
空腹を満たすだけじゃなく、心にも栄養が届くように、
そんなふうに思いながら、食卓を整えているのです。

元気にしているのかな?

昨日は、水泳のテレビを家族が見ていて、なおさら
長男のことが気になりました。
彼は保育園時代から、ずっと泳いでいたのです。

結局、彼がどこに居ようとも、おんなじように気にかかる。
ガンバレ!
と、息子と自分に語りかけながらの夕食でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:35  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.04 (Wed)

嵐の後の晴れ

昨日のお天気はすごかったですね。
我が家では、隣家の屋上物干しから、サオが飛んで来て、
ちょっとびっくりしました。

うってかわって、今日のお天気。
明るい日の光に、それだけで元気が出るような気がします。

このごろよく思うのです。
全てのことが、まったく順調、順風満帆・・・
などということは無いのが当たり前で、
悩みや苦しいこと、悲しみを抱えながらも
毎日生きて行くのが、日常。
でも、とどのつまり、どのような未来が用意されているのかは、
誰にもわからない。
くよくよととらわれていても何の足しにもならないのだ、と。

毎日を、打ちひしがれないで、希望を持ち、
明るい気持ちで過ごすためには、何が必要なのか。

私はこんなに恵まれているではないか、
と自分に言い聞かせたり、
しっかりしろ、と叱咤激励して、
明けない夜は無いのだから、と励ましてみたり。

でも、人事を尽くして天命を待つ、ではないけれど、
やるだけやったら、あとは、神様の仕事。
そんな心境になりました。
今がどんな状況であろうとも、
最善が与えられているのだ、と信じて生きること。
それしか無いような気がしています。

昨日のような嵐の後に、今日のようなお天気が待っている。

やっぱり、元気づけられ、励まされている気持ちがします。

桜ももうじき咲くでしょう。
しっかりと今年の春を、今この時を感謝して心に刻みたいです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:34  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.02 (Mon)

息子たちの新年度

今日のお弁当
3個です。

001ab.jpg

夫と私、それにまだ学校が始まらない次男の分。

三男は、新歓の準備とかで、朝から学校へ出かけていきました。
学食で食べるのだそう。

もうやっているのかしら?


次男は3年の今年からキャンパスが変わります。
あっちでも、こっちでも用事がある場合、定期はどうなるのか?
通学定期は2個所では買えないらしい、とぼやいておりました。

ぼやく、ということは、自腹で費用負担をするつもりなのかしら?


いずれにしても、もうすぐ授業も始まります。
大学3年と2年。
早いものです。
こんな大きなお弁当をペロリと食べるようになり、
私よりはるかに大きくなって、
そのうち、私はおいてきぼりになっちゃうのだろうな・・・



自分の時間ほしくないかと問われれば
自分の時間をこの子と過ごす


のど自慢の鐘なら幾つ鳴るだろう
叱りすぎたか甘やかしたか

俵万智  たんぽぽの日々 より



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:41  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'04.01 (Sun)

4月・新年度の始まり

今年の4月1日は日曜日。
実質的な新年度は、週明け明日のスタートです。
本来なら、明日発表すべきなのでしようが・・・
諸般の事情から、本日限定、本日じゃなきゃならないので、
日曜の今日、敢えて発表します。

今年度は、我が社の標準住宅の基本装備に、新たな物を投入します。

その一
バーカウンター
これを標準装備にしようと思います。
天板は桑かマホガニー、ワインセラーも完備。
生ビールのサーバーも置くのだけれど、その部分は
どうにかオシャレに、雰囲気を壊さないように、未だ考え中です。

その二
ゴルフレンジ
室内で、ドライバーも振れるくらいの空間を確保して、
パターの練習もできるようにしたい。
ビデオで撮影できるようにして、シュミレーターなども
設置できるようにしておく。

販売価格などは未定だけれど、まずはモニターとして、
我が家をリフォームして、この仕様にしてみて、使い勝手などを検証。

いよいよ、「仲間が集う、お酒とゴルフの家」プロジェクトのスタートです。



April Fool
本日の正午まで限定の我が社の発表でございます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

09:21  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |