FC2ブログ
2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012'05.16 (Wed)

スカイツリー工事の修羅場

スカイツリーの特番のような番組を先日見ました。
盛りだくさんの内容の中、私が興味を持ったのは、工事中の苦労話し。

最後のタワーをアップしている最中に、軸が回転してずれた、というトラブル。
設計と現場サイドが集まって緊急対策会議をしていました。
設計部門と思われる人が「~~~だから、理論上ずれるはずがないのです。」と言い、
現場マンは「でも、現実にずれているのだから。どうにかしてもらわないとかなわないですよ、ということです。」と言っていました。
テレビが入っているから、こんな物静かな、ユーモアさえ感じられるやりとりだったのかもしれないけれど、実際こんなものじゃおさまりがつかないのでは、と思われました。
理論上はズレないはず、なんて、ズレてる現実を前に、良く言えるな、というのが感想。悠長な気さえしました。昔、夫の友人が「設計部から、施行指示書がくるけれど、工事部から、設計指示書を出したいよ。現場がわかってないのだから」なんて言っていたのが思い出されました。
この時は、現場マンのアイデアで回転を防ぐストッパーのようなものを取付けて、工事が再開されていました。そして、3.11の大地震。この時の鬼気迫る現場の様子もカメラで捉えられていました。

エピソードとしては、この二つだけでしたが、竣工までに、
一体どれほどの難問困難があったのか、私は単に苦労話というだけではなく、
身につまされるような想いで見ていました。
修羅場の時間の積み重ね。その先にたどり着く完成なのです。

はやぶさの帰還、黒四ダムの建設、青函トンネルの工事、霞が関ビルの建築
新幹線。いろいろな日本初が思い浮かびその苦労の片鱗を思います。

諦めたら、その時点で全てが終わってしまう。
解決し、前進していくための全ての源は、意思。やり抜く決意。
そしてやはり支え合う仲間、同僚、チームの力なのだとも感じました。


それにしても、経験したことのない工事の請負。
未経験部分の見積はどのようにしたのだろうか?
工期はどのようによむのだろうか。
地震があり、思いがけないトラブルもありで、
私としては、この工事の収支決算、裏方の仕事にも興味があります。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

14:26  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |