FC2ブログ
2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012'06.01 (Fri)

友の誕生日に・クラスメートの想いよ届け!!

先日、あるクラスメートの誕生日に、
有志を募って贈り物をしたいので、賛同してもらえないか、
という連絡があった。

そのクラスメートとは、卒業してから二十年近くも没交渉。
それぞれが自分の人生で精一杯だった時期でもあり、
また当人の事情もあり、でクラスの誰とも行き来はなかったのだ。

風のうわさで彼女には成人した子供が一人居て、
視力を失っているらしいことは知っていた。

昨年、私はひょんなことから再会を果たしたのだが
現在の彼女と、ごく細い糸ではあってもつながっているのは、
ほんの数えるほどの級友だけだ。
今回の言い出しっぺは、彼女と大親友だったYちゃん。

アロマオイルとバースデーケーキ。
誕生日の当日届けられるようにと、別の級友が買い物に出向き、
クラスメートの連名で贈ってくれた。

その後、なんと驚いたことに、本人から直接電話が入り、
私たちの間ではメールが飛び交った。

・・・・私たちにできる事は ○の単調な日常にほんの少しでも 
彩を添えることしかないと思うので、こうしたことを続けて行ければと思います。
失望の底で命をつないでいるような○が、ほんの一瞬でも明るい気持ちになれる時を積み重ねてくれればと
祈るばかりです。厳しい苦悩の中で子どもさんを健やかにたくましく育て上げた○は 
なんといっても 素晴らしいお母さんだと思います。・・・

・・・今、○からお礼の電話がありました。
皆さんに宜しくとのことでした。・・・何十年かぶりの○の声に涙が出ました・・・

私は友のメールに胸がいっぱいでした。


昨年再会した時の彼女は、
深い穴倉の中でひっそりと息をひそめて生活していて、
何の刺激も受けないことで、
かろうじてバランスを保っているように見えたのだ。

でも、今回は本人から直接電話があった。

いつの日にか、彼女を囲み、楽しく無邪気だった高校時代の話しなど
出来る日がきっと来る。私はそう信じたい。
たとえどんな境涯にあっても、生まれてきたことは素晴らしいこと。
あなたが居なければ、子どもさんの命もつながらない。
これから先の誕生日、確実に残り時間の方が少なくなっていくわけだから、
1年を愛しんで過ごす起点日と考えたい。
そして、生きて来た年月の長さを、自分を称賛する日だとも思います。

○ちゃん、誕生日、おめでとう。
心やさしい同級生の想いが、きっといつか届きますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

16:07  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |