2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012'07.30 (Mon)

暑さの盛りに

夫の実家は群馬県。
毎日ニュースのたびに、群馬の気温が出てきます。
37度とか、体温を超えている外気温。
みんなどうしているだろう、といつもながら思っています。

東京は、群馬よりは涼しいはず・・・と、自分を励ますけれど、
やはり相当な暑さです。
社員が帰って来ると、みんなの体からは湯気がたっているような感じがします。
つい先日着工した現場は、夏草のジャングル。
地鎮祭の前に、まず草刈りです。
麦わら帽子をかぶり、草刈り機で作業する監督は、
日焼けして、虫にさされて、水をかぶったように汗だくでした。
監督の仕事ぶり、真摯な姿勢が仕事につながる。
この現場は設計事務所の先生のご自宅です。
どんな建物になるか、楽しみです。
小払い精算のレシートには氷やスポーツドリンクなどが増えています。
充分に、体調管理をしながら作業してもらわなくては、
と思うこのごろ。

014abc.jpg

試験が終わった息子たち。夏休みです。
どんな夏休みを過ごすのか。
彼らの、大学生としての時間。外での顔。
それを保証してやらなければ、と肝に銘じる私です。
良くも悪くも何かをつかみ、成長の糧にしてくれるはず。
信頼すること。見守ること。干渉しすぎないこと。
これが絶対に必要だけれど、親にとってはチト辛い。

彼らがあんまり視界に入らぬくらい、私も私の仕事、夏にのめり込めば良い。
子どもだけじゃなく、おばさんも成長しよう。
自分で自分に夏休みの宿題なんぞを出してみようか、
と思う夏の午後。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:04  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.28 (Sat)

那智の滝クライミング

後輩から来たメールに、那智の滝を登攀し、
逮捕されたクライマーの人たちと面識があり、
ある方とはザイルパートナーとして、登攀経験もある、
と書かれていました。

仲間として、心を痛めている事、
そしてお詫びの言葉が丁寧につづられていました。


当事者の行為について、改めてここで云々するつもりは無いけれど、
こういうメールを送ってきた後輩の心情を思うのです。

何回か、顔を合わせたことはあるけれど、ちょっとした顔見知り程度。
ザイルを組んだのも数えるほど、深い付き合いじゃない・・・

親兄弟ではないのだから、そんな風に言ってしまうことだってできただろうに、
仲間として胸を痛め、その行為を共に詫び、さらには、 
彼らの対応、今後をしばらく、暖かく見守っていただければ幸いです。
と言う彼の気持ち。


登山に対する世間のイメージというのは、好意的なものばかりではないけれど、
少しでも、後輩たちの風よけになってあげられれば、と日々願っている私にとっては、
彼からのメールは、ちょっと胸が痛くなるような気がしました。
でも、後輩の思慮深さ、暖かさ。

そういう優しさは、同時に前向きな気持ちや希望も与えてくれます。

大丈夫、あなたの気持ちは充分に伝わっていますよ。
のびのびと、夏山を楽しんで欲しいな、と心から願っています。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:40  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.27 (Fri)

マックは勉強部屋?

大学生のお二人さんは、試験であります。

家には誘惑がいっぱいで、意思薄弱だから、
それを断ち切るために、マックに行って勉強してくる、
と言う三男。

マックは図書館でも勉強部屋でも無いの。やめなさい。
と私が言い、夫も、
何それ?!自分の部屋があるのに。と言っても、

たくさん学生が勉強しているし、サラリーマンだって仕事している。
布団もテレビも無いし、マックが最高の環境。
マックで徹夜してくる。と言い続ける三男。

エアコンがあり、大きな机もあり、必要な本も全部揃っている。
自分が一人になれる個室がちゃんとあるのに。
声をかければ助け、協力してくれる家族も居るのに、
それを誘惑と言い、別の環境が良いなんて、甘ったれにもほどがある。
勉強する気があれば、どこだってできる。
自分の言ってることが情けなくない?
父も母も許可しない。認めない。それが親の結論。
それをふまえた上で、どうするかは決めなさい。

次男も一言。
移動の時間がもったいないし、眠くなった時にはシャワーあびたり
仮眠したりできるから、その方が効率的だと思うけど。



結局、三男はぶつぶつ言いながらも、自宅で勉強していました。


一夜漬けでアタフタするのは、どうとも思わないのだけれど
マックで勉強、というのがどうにも納得できない1件でした。

血相変えて勉強している息子たち。
もうすぐ試験も終わるのでしょう。

ヤレヤレ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:28  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.25 (Wed)

尾瀬・番外編

山小屋の夕食は早い。初日は5時半頃から晩ご飯。
そして、9時前には布団の中へ。
あ~良く寝た。朝かな、と思ったらまだ11時半だった、とUさん。
負けた。私は12時半だった、と夫。
歳をとると、早起きになる、とは言え、早すぎだね。

つばの広いハットをかぶり、ザックを背負い、両手にストック。
膝を痛めたTさんは、杖のようにストックを使い、ゆっくり歩く。
今思ったんだけど、こんな格好でソロソロ歩くと、
自分の母親みたい。似てるきがする。と発言。
お母さまは存じ上げないけれど、年とともに親子は似てくるものらしい。
もしかしたら、瓜二つ?

歩くの苦手、というAさん、三条の滝往復はチャレンジだった。
下るってことは、また登るんでしょ。
平滑の滝あたりでは、
もういいんじゃない。だいたいわかった、発言。
みんなで笑ったけれど、内心はみんな同じ気持ちだったかも。
最後は、はっきりわかってやっぱり良かったでしょ。

後輩O君。テレビの番組PRに、と登場OKをしてくれたのだけれど、
こうして彼の姿をしみじみ見ると、なんだか山小屋のスタッフみたい。
もうじき休暇がもらえる、と夫と話していました。
じゃあ、沢登りに行くか。現役の合宿は?
なんてまた山に行く相談。
しかし・・・そもそも山に居たのだから
休暇中くらい、東京で革靴を履いて、スーツ、ネクタイ姿になる
社会復帰のリハビリ訓練をしなくて大丈夫かな?
なんておせっかいな心配をしている私。

そして、私に起こった大惨事。
2泊めの山小屋で深夜トイレに起き、鏡に映ったわが顔にギョッ!!
顔じゅう腫れあがり、まぶたが開かない。虫刺されだろうか?
いつ? どうして私なの? なんで顔?
かなりの衝撃だったけれど、とにかく気を確かに持って、
ムヒをつけ、冷たいタオルで冷やし、
朝までに治るように、と祈りながらまた布団の中へ。
しかし、状態は変わらず。夫にギョッとされた。
朝食の時、いきなりその顔見たら相当びっくりするから、
今の内に、見せて来た方が良いよ、というアドバイスされて・・・顔見せ興行。
今現在、ステロイドの軟膏と内服薬で、だいぶ回復しつつあります。
思い出は顔に残る。

以上、尾瀬の番外編でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

11:28  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.24 (Tue)

尾瀬その2

037ozemiti.jpg

尾瀬というと、平坦な木道の上をずっと歩いて行く。
そんなイメージがあるのかもしれませんが、
いろいろなルートがあるのですよ。

初日は鳩待峠から至仏の途中まで登って至仏山荘へ入りました。
山荘への途中、夫は熊に遭遇。一瞬みんな凍りつきました。
呼子を真剣に吹く夫を、私ははじめて目撃。
山荘で、私はクマよけの鈴を即、買いました。

翌日は、長丁場。
ヨッピ橋を渡り~温泉小屋にザックをデポして、
まずは三条の滝を目指します。今回の一押しスポット。
急峻な山道で、梯子なんかもあり、登山という趣です。
でも、頑張った甲斐のある、大迫力の滝です。
048ataki.jpg
みんなも、行けて良かった。すごい!!と喜んでくれました。
温泉小屋に戻り、トン汁とおにぎり、コーヒーのランチ。
とびきり美味しく感じました。

そこから尾瀬沼をめざして歩き、沼尻からさらに三平下の尾瀬沼山荘まで。
トータル9時間以上の歩行でした。
060aruku.jpg

この日のビールは格別で、みんなで乾杯しました。

ところで、尾瀬沼山荘は、お勧めです。お料理がとても美味しかったのです。
チキンソテーの皮はパリッとしてジューシーに焼けていて、
付け合わせのキャベツもシャッキリ。食前酒の梅酒のサービスもあり、
うどんは、一人ずつの鍋で熱々でした。
飲み物もいちいち自販機で食券を買わなくてもサービスしていただけて、
ゆっくり食事の時間を楽しめました。
鳩待から入ると少し遠いのですが、良い小屋だと思います。
ワインなんかも買って、全員ますます上機嫌でした。

最終日は、沼山峠まで。
大江湿原をのんびり歩いての下山でした。
064numa.jpg

檜枝岐で温泉に入り、裁ちそばを食べて帰ってきました。
天ざるの天ぷらは、岩魚でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:13  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.23 (Mon)

尾瀬で会う

尾瀬に行っていました。
いつものV5のメンバーにもう一人のお友達、
それにガイド役に夫も参加して、総勢7人のパーティーでした。

全員がほぼ目的通りに歩くことができ、
雨模様の幻想的な尾瀬も堪能して、心満たされる山行でした。
またおいおいにアップしたいと思います。

尾瀬、美しいですよ。
036ozea.jpg

もうひとつの目的は、今年就職した後輩O君。
NHKの撮影隊で至仏に滞在していると聞いていたので、
会えればいいな、と思っていたのですが、
目出度く会うことができました。
何年か前のチーフリーダー。男気のある、なかなかのナイスガイです。

ozecc.jpg

番組は、8月19日のNHK特集で放送される予定だそうですが、
オリンピックの関係で変更になるかもしれない、とも言っていました。
一晩中ツエルトをかぶってふるえながら動物の生態を撮影し、
毎日、夜明け前に至仏山に登り日の出を撮影し、と彼の頑張りの初番組。
是非、見ようと思っています。そしてたくさんの人に見ていただければ、と願っています。

熊にも遭遇し、
こんな鹿にも出会いました。
052ozed.jpg

準備段階からいろいろ面倒をみてくれた夫の親切さも再発見。
ありがとうございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:24  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.19 (Thu)

富士山を見ると・・・

出社前のお茶。
今朝は父特製、年代物の薬草酒をロックで。
お疲れモード、ちょっと夏に負けそうな気がしたのだ。

で、朝ドラに続いてぼんやりテレビを見ていたら、
NHKあさイチは、JAPAなび富士山でした。


学生時代、富士山は、冬山登山の訓練合宿をするのが恒例で、
私にとっては、たいへん思い出深い山だったのだけれど、
あるできごとがあって以降、私は富士山を見るのがなんだか辛いのだ。
今朝もそうだった。テレビに映し出された富士の雄大なシルエット。
それを見ただけで、涙ぐんでしまった。もう3年たったのだ。

青木ヶ原樹海も出て来た。
最近では、マイナスイオン一杯、森林浴ができる人気スポットなのだとか。
テレビでは、女性グループが散策していました。
イメージが変わるといいな、と思う。

今こうして自分があることは、たくさんの人のおかげ。
支えられているのだ。そして私も誰かを支えている。
一人じゃないんだよ・・・ときちんと伝わりますように。
伝えられますように。

早々にテレビを消して、出社しました。

過去記事を追記にまとめてみた。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:34  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.16 (Mon)

海の日

三連休の最終日。
次男は大学の授業があるとかで出かけ、三男は高校のバスケのコーチ。
いつも通りの時間に二人は居なくなりました。

一人で仕事前に楽しむお茶を今日は夫と二人。
リクエストでアイスコーヒーでした。

それから納戸の荷物整理をしました。
とりあえず、で入れてしまった母の家具や持ち物。
ゴソゴソと取り出していたら、やはり私は懐かしいものを見つけて
そこでストップ。本当に掃除、整理整頓は不得意です。

本日のなつかしいものは、次男の学童保育の連絡帳でした。

「今夜のテレビ、モスラを見たくて、帰るとすぐに時間割を揃えたり、鉛筆を削ったり、言われなくてもどんどん準備していました。夕食前にはお風呂も済ませて、準備万端。弟と二人、パジャマでテレビの前で待ち構えていました。そうしたら、お父さん帰宅。あんなに楽しみにしていたテレビなのに、お父さんの方がよかったのか、二人でまとわりついていました。ひとしきり騒いで、静かだな、と思ったら二人とも眠っていました。結局、モスラを最後まで見ていたのはお父さんでした。」

「お父さんからもらったトレシングペーパーがお気に入りで、このごろいろんなものを写していました。夕食後、弟とポケモンカードの写しっこをしていたのですが、自分ばかり強いカードを写して、弟には弱いカードばかり。遂にけんかになりました。弟が泣きながら、ズル、ゴマ、バカと言いランドセルを投げつけて、仲裁に入った長男に、今度は二人が噛みついて、と大騒ぎでした。噛むなんて、犬みたい。悲しくなってしまいました。」

こんなのを、読みふけってしまうから、片付かないのです。
わかってはいるのだけれど・・・
どんなに、おもしろいから、とか、なつかしいわよ、と誘っても
あとで。と連れない返事の夫。

でも、彼の意思強固のおかげで、いくぶん納戸もすっきりしました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

16:27  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.13 (Fri)

7の倍数

クリスチャンではない母の、法要をどのようにしたら良いのか、
ちょっと悩ましい想いで居ます。

七日ごとに、少しお休みしながら歩を進め極楽浄土にたどり着く、とか
三途の河を渡る船賃に六文銭が必要とか、どうもピンと来ない。

母が仏教徒だった、とはとても思えない。
お正月には神社に参拝し、
お盆やお彼岸の行事をし、
クリスマスには、教会に来たこともあったのだから。
日本人的カオス状態、不節操。
でも、母が特別というわけでもないのだろう。

なんとなくスッキリ心が定まらず、納得できないのは私。
私なのだ。

初七日、二七日・・・三十五日、四十九日、百か日・・・
どうしたものでしょうね・・・
どうしたい?
などと考えてぼんやりしていたら、
次男が、今日は念入りにお参りする日らしいよ。
と、とかなりの本数のお線香を立てて、合掌しておりました。

念入りってお線香の本数なの?

煙でむせそうになりました。

でも、あっけらかんではあっても、
もくもくの煙の中に、手を合わせる次男の気持ちはなんだかわかる。

ありがとう。

私もシンプルに割り切りが必要なのかなぁ・・・




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

18:15  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.12 (Thu)

お昼のテレビ・・・NHKひるぶら

昨日のひるぶらは柴又でした。
ご覧になった方も、いらっしゃるかと思います。
その中に登場した「い志い」さんは、何年か前に我が社で工事をさせていただいたお店でした。

その時の記事がこちらです。

2008年11月7日
2008年11月28日
2008年12月15日
2009年2月13日


建物の大谷石の基礎をコンクリートの基礎に交換したりもしたのです。
お店の営業もしながらの工事だったのをなつかしく思い出しました。

あの当時は、こうしん漬けというお漬物とくずもちが有名でしたが、
今は米粉のロールケーキも評判なのだそうです。
夫もなつかしそうにテレビを見ていました。

そういえば、私は工事中に全種類のお菓子とお漬物を制覇しようと思っていたのでした。
(売り切れてしまってなかなか買ってこれず、挫折)

ねぇ、今度柴又に行きたいな、と夫に話したら、

ロールケーキとくずもちが食べたいんでしょ、と夫に笑われながら言われました。

はい、その通り。食べたいな!! です。

でも、皆さんもいらっしゃることがあったら是非、寄って見て下さい。
お勧めなのですよ。
それで、ちょっと営業しながらの工事のことなど想像していただけたら、嬉しいです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村
17:42  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.10 (Tue)

脱皮・変態・進化の過程


三男宛てに、分厚い封筒が届きました。
差出人は○○大学入試課。

在学しているのに、入試とはなんだか妙。
腑に落ちない想いで封筒を眺めていたら、
先日の三男との会話を思い出しました。

教師になりたくなったから、教職の単位を取るんじゃなくて、
教育学部に入り直したい。とかなんとか。
ええ~~~~っ!!!
と私はかなりビックリだったのです。
昔、教師は天敵だ、などと言っていたのですから。

まさか転科?! 入学しなおし?!
許可した覚えはないよ。


違いました。
大学案内の雑誌に、三男がインタビューを受けて、
記事になって掲載されていたのです。
その本を送って下さったようでした。

002kasa.jpg


ドキッとして、カサブランカの甘い香りに気分が悪くなりそうでした。

よかった。

ホッとして読んでみたら、自分の頭でひたすら考える授業・・
などと物理学実験の授業について語っておりました。
にこやかに笑ってる写真付。こうしてみると、ちょっと可愛い。
アッ!でも、次男のお気に入りのシャツをちゃっかり着こんておりました。


三男が教師という職業に興味を持つのも
こんな本に掲載されて、授業について語っているのも本当に不思議。

人は変わる。成長する。

そうだよね。

でも、あんまりビックリ、ドッキリさせないでね。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村



17:59  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.09 (Mon)

久々の発作、楽しい余韻

息子たちが保育園時代、まだ母と同居していなかった頃、
私は突然、時間かまわず何かをつくりたくなるという発作を起こすことがよくあった。
込み入った手順のケーキを焼きたくなったり
手ごねでパンを焼いてみたり、うどんを打ったり、洋裁をしてみたり。

いつも決まって仕事が忙しい時ほど、
そんな家庭的なことへの渇望感が増してきて、発作的に始めてしまう。
若かったのだろう、いつも決まって早朝深夜。
睡眠時間を削ってもやりたかったのだ。


昨日、納戸でひとまとまりにしていた洋裁道具が目についた。
いろいろな布や芯地、Dカーブルーラーなどなど。



久々の発作発症でした。

004bb_20120709112800.jpg
これ、3時間くらいでつくりました。

自分用のブラウス。
ミシンの音が心地よかった。
老眼の不自由さ、身につまされた。仕方ないね。


息子たちのロンパースとかパジャマとか、
甚平なんかもつくったな、となつかしい。

ミシンをオーバーホールしてもらって、今度は自分の物を縫おう。
帆布だのケーキ型、麺棒とか、
いろいろな道具が今もあるけれど、しばらく使っていなかった。
また、いろいろやってみよう。
もう、睡眠時間は削らない。余裕のできた週末に。


002aa.jpg

本日、ブラウスを着て、発作の楽しい余韻に浸っております。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:33  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.07 (Sat)

退去

夫に手伝ってもらい、5年間母が暮らした施設から
荷物を引き上げ、退去の手続きをしてきました。

介護付き有料老人ホーム

手厚い介護で、
とても良くしていただいた、と感謝しています。
あの施設が無かったら、私の生活は一変していただろうし、
もしかしたら、母の寿命ももっと早くに尽きていたのでは、と思うのです。

皆さんは、終の棲家として、ご入居されます。
退去されるのは、ご逝去の時。
淋しいですね。

とおっしゃった施設長さんとも、今日が最後。

ホールには七夕飾り。
色とりどりの短冊に、お願いごとが書かれていました。

ここでの生活に早く慣れますように
100歳まで生きれますように
災害の無い1年を。


私は何をお願いしようか・・・

親より長生き。親孝行。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:21  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.06 (Fri)

取り戻す

息子たちも学校へ行き、
夫も私も仕事をして、
日常に戻りつつあります。


今朝は夫と二人分のお弁当。
いつもの朝の仕事。お弁当つくり。
この時間が戻ってきました。


016aa.jpg

こういう平凡な時間が、今まで以上に大切に思える。
静かな心を取り戻し、毎日を重ねていこう。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村


17:44  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.04 (Wed)

母へ・・ありがとうございました

「最上のわざ」

随想選集「人生の秋に」
ヘネマン・ボイヴェルス神父

この世の最上のわざは何?

楽しい心で年をとり
働きたいけれども休み
しゃべりたいけれども黙り
失望しそうなときに希望し
従順に 平静に おのれの十字架をになう

若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見てもねたまず
人のために働くよりも 謙虚に人の世話になり
弱って もはや人のために役だたずとも 親切で柔和であること

老いの重荷は神の賜物
古びた心に これで最後のみがきをかける
まことのふるさとへ行くために
おのれをこの世につなぐくさりを少しずつはずしていくのは真にえらい仕事
こうして何もできなくなれば それを謙虚に承諾するのだ

神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる
それは祈りだ
手は何もできない けれども最後まで合掌できる
愛するすべての人のうえに 神の恵みを求めるために

すべてをなし終えたら 臨終の床に神の声をきくだろう
「来よ、わが友よ、われなんじを見捨てじ」と。



母が亡くなりました。
1カ月間、酸素と点滴で命を保っていたのです。

これで楽になれるね。よく頑張りました。
そんな気持ちで、安堵した、というのが正直な私の気持ちです。


冒頭の「最上のわざ」
認知症を患う母の現実とのギャップに疲れてしまった時期もあったけれど
今は、愛するすべての人のうえに幸せがあるように、と
母は母なりに祈ってくれていた、と信じたい。

ありがとうございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:26  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |