FC2ブログ
2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012'07.25 (Wed)

尾瀬・番外編

山小屋の夕食は早い。初日は5時半頃から晩ご飯。
そして、9時前には布団の中へ。
あ~良く寝た。朝かな、と思ったらまだ11時半だった、とUさん。
負けた。私は12時半だった、と夫。
歳をとると、早起きになる、とは言え、早すぎだね。

つばの広いハットをかぶり、ザックを背負い、両手にストック。
膝を痛めたTさんは、杖のようにストックを使い、ゆっくり歩く。
今思ったんだけど、こんな格好でソロソロ歩くと、
自分の母親みたい。似てるきがする。と発言。
お母さまは存じ上げないけれど、年とともに親子は似てくるものらしい。
もしかしたら、瓜二つ?

歩くの苦手、というAさん、三条の滝往復はチャレンジだった。
下るってことは、また登るんでしょ。
平滑の滝あたりでは、
もういいんじゃない。だいたいわかった、発言。
みんなで笑ったけれど、内心はみんな同じ気持ちだったかも。
最後は、はっきりわかってやっぱり良かったでしょ。

後輩O君。テレビの番組PRに、と登場OKをしてくれたのだけれど、
こうして彼の姿をしみじみ見ると、なんだか山小屋のスタッフみたい。
もうじき休暇がもらえる、と夫と話していました。
じゃあ、沢登りに行くか。現役の合宿は?
なんてまた山に行く相談。
しかし・・・そもそも山に居たのだから
休暇中くらい、東京で革靴を履いて、スーツ、ネクタイ姿になる
社会復帰のリハビリ訓練をしなくて大丈夫かな?
なんておせっかいな心配をしている私。

そして、私に起こった大惨事。
2泊めの山小屋で深夜トイレに起き、鏡に映ったわが顔にギョッ!!
顔じゅう腫れあがり、まぶたが開かない。虫刺されだろうか?
いつ? どうして私なの? なんで顔?
かなりの衝撃だったけれど、とにかく気を確かに持って、
ムヒをつけ、冷たいタオルで冷やし、
朝までに治るように、と祈りながらまた布団の中へ。
しかし、状態は変わらず。夫にギョッとされた。
朝食の時、いきなりその顔見たら相当びっくりするから、
今の内に、見せて来た方が良いよ、というアドバイスされて・・・顔見せ興行。
今現在、ステロイドの軟膏と内服薬で、だいぶ回復しつつあります。
思い出は顔に残る。

以上、尾瀬の番外編でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

11:28  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |