FC2ブログ
2012年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2012'11.11 (Sun)

奨学金は貧困ビジネス?

昨日、「教育における格差と貧困」というセミナーに出席しました。
講師は中京大教授の大内裕和さん。

私たちが学生だったころと、奨学金制度そのものが激変していました。

1種という無利子の奨学金と、1984年まではなかった有利子奨学金2種のふたつになり、
1種は特に優れた学生向けなのだそうです。
充分に1種を利用できると思われる学生でも、1種で貸してはもらえず、
2種に行かざるを得ないのが現状なのだそうです。

お金が無いのに、大学へ進学なんてするな、という理屈も、
そんな単純な話しではないようです。
高卒で働こうにも、高卒の求人自体が極端に少なくて、
そもそも働く場が無いのだから、大学や専門学校へ、
しいられた進学をせざるを得ないケースがとても多いのだとか。
就職できず、大学院へ進学するのと同じなのだ感じました。

受益者負担と言ったところで虚しく響く。
大学進学が、受益とはなっていないのが現状ですから。
正規職員としての就職も困難で、不安定な立場で低賃金労働。
非正規の場合、第2種奨学金を借りていたら、
返済は不可能だと言っていました。
返済できないとどうなるか。
年10%の延滞金プラス利息がついて、元本を全部払い終えないと、終わらない。
日本学生支援機構は、債権回収会社に情報を回し、
そこが奨学金の回収をしているのです。
容赦なく、ブラックリストに載ってしまうのも、
まったく、サラ金、クレジットと同じでした。
現在、親や祖父母が返済している割合も高いそうです。
大学生の50%くらいが奨学金を借りているから、
結婚相手も借りていたら、ダブルの負担になること。
また、自分の奨学金返済が終わらないうちに、子どもの学資が必要になる、
そんな時代になりつつある・・・
と、ため息の出るような内容の話が続きました。

現在の奨学金は奨学金ではなくなっている。
適格な人が借りれなくなっている。
一定の年収以下の人には返済を免除するとか、
猶予期間5年という上限を撤廃する必要があるのではないか。
そもそも本人の年収で返済するのが原則で、親や祖父母が返済、
というのはおかしなこと。
また、借りたお金を返すのは当然としても、有利子はなくすべき。
給付型の奨学金をつくるとか、授業料を無償にするなども検討すべき。

最後はそんなアピールがありました。

大学生や院生が将来の自分の姿に希望を見いだせなければ、
学問に対するモチベイションを維持し続けられるのだろうか。
家計所得の減少にともなって、社会の入り口に立つ時点で
既に多額の借金を背負っている。
しかも極端な就職難。名ばかり正規、ブラック企業。

個人の問題だけに帰しているのは無理があります。
努力すれば何とかなる時代に、はじめて自己責任が問えるのではないのか。
奨学金の問題は、実は
労働問題であり、貧困問題であり、金融問題なのでありました。


子どもを持つ親にとって、学費は切実な問題です。
親も学ばなければ。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

12:55  |  日常雑感  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |