2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013'04.29 (Mon)

10億円の儲け話

ゴールデンウイークも、関係なく
ひたすらインターンシップの会社に通い続けている次男です。
ああいう(ってよくはわからないのですが) 若い社長の、
IT関連ベンチャー企業というのは、はっきりとした勤務時間や
お休みというのが無いのでしょうか・・・?
とにかく、必ず誰かは会社に居るそうで、24時間、
いつ出社してもOKなのだそうで、せっせと出勤しております。

で、昨晩次男から、仕事で疲れたから焼き肉食べに行きたい
というメールが入りました。三男はツーリングにでかけ、
夫は登山に出かけ、私と二人だけでした。
少し前なら嫌がったと思うのですが、ほんとに、大人になったものです。
次男とゆっくり話す良い機会でした。
留学、大学院進学も含めて、その先の着地点、
仕事のことなども、じっくり聞いてみたかったのです。

なかなか堅実に4年の研究室や院のことは考えているらしく、
そこは少しだけホッとしたのだけれど、それから先に関しては、
起業が頭にあるらしく、何とも返事ができませんでした。

今、彼が見聞きしている世界は、皆さん若くて、とにかく元気。
起業○年目で、売上3億、とか、今期は5億を目指す。
などという威勢の良い話しばかりのようなのです。
3億、5億を売り上げるのが、いかにたいへんなことか、
骨身に沁みている私には、にわかに信じがたいことでした。

実態が理解できないから何とも言えないけれど、
簡単に利益は上がらない、ということは、どんな業界だって同じ。
真実だと思うよ。

と言ったら、そうかもしれないね、と少しだけ神妙になりました。
でも、やはり起業はしてみたいのだそうだ。

肉を焼きながら、

売れそうなアプリ、あったらいいな、みたいなアイデアが山ほどあるから
そのプログラムを作るんだ、とボソッと言う息子。
できるような気がする。なんて言いながらモリモリ食べること。

そうよね、錯覚しなくちゃ、会社なんて始められないわよね。
私たちもそうだったし。と内心思っていたら、

お金を10億儲けたら、お父さんとお母さんに、あげたいんだ。
と言う息子。

えっ? 親にプレゼントなんて、有難すぎる。
でも、壮大すぎて、なんだかバカなんじゃないかと心配になる。

初任給から1万円以内でいいから、
と答えた私。

何言ってるんだよ。まかせてよ。
という息子。

ビール1杯で、酔いが廻ったようです。
それからは、

じゃあ、楽しみにしてるからね。
ムダづかいしないように、いただいたら、
早めに有料老人ホームに入所するからね。プール付きかな。

違うよ。施設じゃなくて、ヘルパーさんとか雇えない?
家で生活してよ。それで二人で船旅に行ってもらいたいんだけど。

わあ、嬉しい!!

兄ちゃんと弟にはあげちゃだめだよ。
お母さんはあの二人には甘いから。

・・・・はい、二人で空想の将来について盛り上り、
ごきげんさんで帰宅しました。

結局、次男の職業、就職については、
相変わらず何にもわからずじまいでした。
でも、船旅に行かせてあげたい、とか
クライミングウォールやゴルフレンジをつくれば、
などと、親に対する気持ちをちゃんと伝えてくれたのは、
本当に嬉しかった私です。

10億円の儲け話が、いかにして次男の頭の中に形成されたのか、
摩訶不思議なのですが・・・まあ、いいでしょう。
夢はいつか覚めるのですから。


母は気持ちだけで充分です。
幸せだよ。
忘れないでね。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:45  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.28 (Sun)

千葉・海・タケノコ・・・郷愁

子どもの頃、我が家は千葉県にも家があった。
海辺の何も無い場所にあったその家。
あまり折り合いの良くなかった母と祖母に、
父はいろいろ考えてその家を所有することにしたのかもしれない。

父とその末弟は亥鼻で大学生活を送ったから、
千葉というのは思い出の場所でもあったのだろう。
祖母がそちらに移り住むようになり、
私と弟は長期休みには、千葉の家で過ごすのが常になった。
海水浴、ザリガニ取り、昆虫採集、
すいかを取ったり、浜で魚を触らせてもらったり・・
でも、家族全員が東京の家で生活することはもうないのかな、
などと子ども心にも切なかった、そんな場所が千葉の家でもあった。

今回ジム仲間との1泊旅行で、偶然その思い出の場所に
立ち寄ることができた。

008aa.jpg
大原の海。サーファーなんて居なかったなぁ。
海の匂いは変わらない。
そしてテレビ塔も昔のままのように思われた。

015bb.jpg
木戸泉酒造。
ご縁があって、千葉の家に水を汲みに来ていた記憶がある。
水が良かったのかもしれない。


ここから電車を乗り換えて大多喜へ。
宿はここからさらに車で15分ほどだった。
本当に何にも無い所。
水田と竹林の風景の中に、離れ屋形式の3棟がひっそりとたたずんでいた。

千葉の家の裏にも孟宗の竹やぶがあったっけ。
子どものころの記憶とリンクする、どこかなつかしい風景だった。

気兼ねの無い仲間とのんびりと露天につかり、
うたた寝をし、窓の外をぼんやり眺める。
時間の流れが極端に遅くなったように感じられた。
そうしたら、視界の端に、ゴルフ場のカートと豆粒くらいの人影が。
近くのゴルフ場のティーグラウンドが真正面にあるのだそうだ。
そういえば、ゴルフ場が相当あるようだ。
これは子どもの頃には無かったこと。
そして、先日来たゴルフ場もすぐそばだった。


お待ちかねの夕食は、どれも美味。

KIMG0142cc.jpg
025dd.jpg

心配りの行きとどいたサービスも心地よかった。

最後は部屋に場所を変え、深夜まで話し込み、
またまたワインを開けてしまった。

この仲間との付き合いは何年になるのだろうか。
皆、長く付き合って行ける大人の女性。
年齢に見合うだけの苦労を、正しく積み上げてきた人たちなのだ。

彼女たちの度量と暖かさに、私は甘えさせてもらっている。

話し疲れ、酔いも廻り・・・
日付が変わる頃、お開きになりました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:06  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.24 (Wed)

浦島太郎的スーパー

いつも食材を調達していた築地が宅配をやめてしまい、お困り中の私。
先日少し離れているけれど、大き目のスーパーに食材の調達に行ってみた。

最初のビックリは
肉も魚もお野菜までも、半調理品がかなり多いこと。
魚は、切り身になり、下味がつけられ、レンジで加熱して完成。
まぐろは、カルパッチョ用に切られ、その横にスライスした玉ねぎなど、
野菜の袋詰めが並べられ、さらにその横にはドレッシング。
エビにはエビチリ用の小袋調味料も付いていたり。
お肉も然り。
玉ねぎだけ加えればできる酢豚、下味のつけてある肉類、
フライ衣のつけてある豚肉などなど。
野菜や果物まで、カットされ、筑前煮用、とかカレー用とか
サラダ用なんて袋詰めで並んでいた。

魚一尾を丸ごと買って、捌いて、もれなく利用する、
というのはかなりな少数派なのだろうか。
お手軽なことこの上ない。

母たち世代も、それなりに忙しかったとは思うのだけれど、
食卓の整え方はまるで違っていたような気がする。
ご飯と、煮干しから出汁をとったお味噌汁。
それに魚を焼いたり、煮つけたり。
切干大根やひじきの煮つけ、おからなどの常備菜。
簡素な食卓だったけれど、とても丁寧だった気がするのだ。
ホッとできる我が家と、食卓はリンクしていて、
家庭の味が心も満たしてくれると思っているのだが。

・・・で、二番目のビックリ。
違和感はあったけれど、物はためし、半調理品の魚を買って見た。
チーズ、玉ねぎ、パプリカ、ブロッコリー、人参のグラッセ
などが添えられていて、レンジでチン。
最後に小袋のバジル風味のソースをかけて完成。
あっという間に完成し、洗い物も無し。
で、食べて見たら、予想に反して、とても美味だったのだ。
白のワインが呑みたいかな、なんて思ってしまった。


こうなると、もはや浦島太郎状態。
いろいろ珍しくて仕方ない。
冷凍食品だってレストラン並みに美味しいのだとか。
タマに利用するなら良いかもしれない。
でも、原価を考えればかなりお高い。

時間を買うということなのか。
これが今風の便利ということなのかもしれない。

・・・・などと改めて思ったけれど、
やっぱり時間のやりくりをしながら自分で料理しよう、と思った私でした。

甘やかすと、どこまでも頼ってしまいそうだし、
病気の時と、旅行中の息子たち用。
そのくらいの利用でちょうど良いのかもしれません。


できあいのお惣菜や冷凍食品、半調理品って、
皆さんどのくらい利用しているのでしようか?




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:39  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.22 (Mon)

捨てられない

進まない我が家の断捨離。
母の持ち物、息子たちの荷物、そして自分の持ち物。
不用品が、まだまだあります。
場所があり、雑多な物があっても、とりあえず生活空間に支障はない。
スペースがある、というのも考えものだな、と思ったりしています。

片付をしていると、いろいろな物入れや収納の奥底から、
思いがけない品があらわれて、
忘れていた記憶が呼び覚まされたりします。
そして、片付が進まない。

昨日みつけた物はこれ。
001a_20130422190507.jpg
003b_20130422190524.jpg
「たからもの」と書かれた缶には、長男の宝物が入っていました。

ポストカードは鴨川シーワールドで買ったもの。
夏の家族旅行の最中に、夫は突如仕事だ、
と東京へ帰ってしまったのでした。

双子用のバギーにのっている次男、三男。
身動きとれない私を、長男は本当に良く助けてくれました。
それでも、楽しそうにしていた長男に、
お土産に好きな物買ってあげるよ、と言った私。
そして選んできたのがこのカードでした。
(葉っぱのカードは科学博物館の物です)
これ、宝物だったのだ、となつかしく、しばし眺めていました。
シャチ、ラッコ、いるか、良く見ていたものね。
(夫はその日、宿泊先の宿に夜になってから戻って来たのでした)

もうひとつは、お財布です。
シンガポールのお土産。マーライオンのお財布です。
これは長男が始めて持ったお財布でした。
いくつの時だったのだろう。
お財布の裏側に息子の名前を書いたら、
中に入れた硬貨にも名前を書いて、なんて言っていました。
お金にはね、名前は書かないのよ・・・
そんな説明をしたこともなつかしい。



捨てられない私。
愛おしさがよみがえります。

結局、場所を変え、私の持ち物の中へ移動したのみ。

でも、それで良しとしよう、許される。
と思うことにした私です。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:09  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.19 (Fri)

クローズアップ現代で放送されました

昨晩のクローズアップ現代は、
「進む都市の“木造化”~林業再生への挑戦~」
という番組でした。

ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。
番組には、先日見学会で見て来た下馬の建物が出ていました。
そして、設計事務所KUSの内海さんがコメントしていらっしゃいました。
東大の腰原先生もコメントで登場していました。

KUSさんは、現在進行中の木4プロジェクトの設計事務所さん、
腰原先生の研究室にも何度もおじゃまして、お世話になっているのです。

KUSさんも腰原先生も、NPO法人teamTimberize の立上から活動されていて、
展覧会を開いたり、講演会をしたりと、地道に活動されていたのです。
ご縁があって、我が社も会員にしていただいたのですが、
皆さんの熱意が実績として実を結ぼうとしているのを実感しました。
都市の木造化も夢じゃない。日の目を見た!!
となんだかとても嬉しかったです。
テンションマックス。

私たちの木4プロジェクトのオーナーの方は録画をし、
私は社員に会社でテレビを見るように、と指示を出したり、
しばしメールが飛び交いました。

番組終了から30分くらいして、内海さんから
メールが入ってきました。
ありがとうございます。
で始まる簡潔なメールからは、謙虚な人となりがあふれていました。

追い風にして、私たちのプロジェクトも頑張ろう。

番組HPもご覧いただけると嬉しいです。

クローズアップ現代





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

13:25  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.18 (Thu)

復活まであと一歩の日常

体調不良からの回復率70%です。
朝、キャンセルした分のゴルフレッスンに絶対行こう、と決めて
早起きして、夕食の仕込みまでして出勤しました。
こうしておけば、夕食は15分で完成です。ちなみに夕べのメニューは、
サラダ(マカロニ、スライスオニオン、きゅうり、人参、ツナの胡麻マヨあえ)
鶏とタケノコ、しいたけの煮ものスナップえんどう添え、それともずく
以上でした。

昼間は、昨日、今日と2本の見積提出があり、
月末には1棟お引き渡し。来週と来月早々には契約と地鎮祭、と
その準備に社内もワサワサと大忙しでした。
有難いことです。
さらに、昨日は、(今日もですが)会社の駐車場で大工さんが
加工作業をしていました。ベランダの部材なのですが、
その依頼主様が取材にいらっしゃいました。
ライターをなさっているそうで、記事にまとめられるのだそうです。
お土産にお団子をいただき、仕事の合間に皆でお茶タイム。
レッスンに出かける時にはまだ作業をされていましたが、
ご挨拶することができました。
なんでも、自力で家全体リフォームを敢行中だとか。
淡々と仕事をするプロの大工の仕事ぶり。どう感じられたのかな?
いつかうかがってみたいような気もします。

そんなこんな、あれやこれやも、
会社を離れ、家からも離れると気分が変わり、なんだかほっとします。

さらに、レッスンは、うまくできなくても、いつも楽しい。
昨日習ったことは近距離のアプローチ。
サンドのフェィスを開いて、パターのようにクラブを引いて
スッと前に出すと、ポーンと上がる。
今までって、開いてなかったようです。アドレスからそもそも間違い。
これが現場できちんとできればなぁ・・・
そしてドライバーとサンドでフルスウィング。
軽い打感でヘッドが走り、抜ける感覚。そしてうっとりする音。
M先生からも ナイスショッ!と声がかかって
超、気持ち良いのです。

でも、残念ながら連続しない。原因もわかっているのに。
めげるな自分。
これでも最初から見れば別物のスウィング。
上手くなってるよ。と、自己満足。
体もほぐれて、行ってよかった、
と楽しく帰って来ました。

帰宅したら次男から報告が。
お世話になっている会社で、次男も少しだけかかわったアプリが
ダウンロードできるようになったのだとか。
1日だけで夕方までに○○○件もダウンロードされたんだよ、
と言っていました。
アンドロイド用のプログラムは、息子がもっとかかわるようで、
完成したら母もダウンロードしてね、と頼まれました。
今回のものは、iPhone用で長男にもダウンロードを頼んだようです。
何のアプリかわからないけれど、とにかくやってみるからね、と親バカの私。
でも、なんだか嬉しい夜でした。
そしてぐっすり快眠。

100%復活したら、ジムでもっと汗をかき、
最後にビールも!!

これで完璧。完全復活です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:54  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.16 (Tue)

息子たちの春

なにかと話題、事件が豊富な三男。
4月から2回目の大学2年生です。
母校のバスケットのコーチの他に、深夜に及ぶ
スポーツ施設の機械メンテナンスのアルバイトをしていて、
親としては、やっぱり学業が気にかかる。
大丈夫なのかいな・・・?
仮眠をとって、授業だ、と出かけては行くけれど、
授業中、眠っているのではなかろうか。

わが身を振り返り、そして三男の性格をも考えて、
もう、時間はかかろうとも、彼は彼なりの方法で何者かになってくれるだろう、
と信じるしかないな、と自分に言いきかす日々。

次男は休学して、インターンシップの会社にせっせと通っている。
留学したい、大学院にも進学したい、
そして自分で起業するかもしれない、なんて平然と言う。
平凡に就活をして、仕事をしてもらいたいのに。
世間は厳しい。君が何をしようとしているのか。何ができるのか・・・
などと考え始めると、息子の将来が不安になる。
でも、夫が独立したのも30歳の時だ。
世間知らずだったら、私たちも負けてはいなかったはず。
私たちが理解できない力、能力を身につけようとしていて、
それでトライしてみたいのかもしれない。
彼に対しても、きっと自力で生き抜いてくれる、と信じるのみ。
失敗してもいいではないか、と言うのは簡単だけれど、内心なかなかしんどい。

そして長男は、先日の深夜電話をしてきた。
2、3日実家に泊めてもらえないだろうか。先輩も一緒なのだけれど。
まだ仕事中だけど、あと2時間くらいで出られるから。
という。
結局、現れず。仕事が終わらず予定を変えたのだとか。
何かあったのではないか、と心配したが、
大丈夫。忙しいだけ。落ち着いたら話す。
とメールが来た。

困ったり、いよいよ頼りたい時には、連絡はしてくるようだ。
それでいいのかもしれない。
でも、どんなふうに仕事をしているのか、
またアフリカには行くのだろうか、
と考えるとやはり心配は尽きない。

銀行で待ち時間に読んだ本に不安の解消法が出ていた。
呼吸法だったり、木の葉で川に流してしまうイメージトレーニングだったり、
瞑想法だっり、パラパラ見ただけでも、いろいろな方法が紹介されていた。
不安や心配ごと、ストレスの多い日常なのだろう。
こういう本は、ブータンだったら発行されるだろうか?


さて、私はこの漠然とした心配ごとをどうしよう?
結局、どうすることもできないこと。
息子たちの毎日が正しく導かれ、恵みがありますように。
そして、何事も感謝を持って受け入れられますように。
祈るしかない、と思っている。

祈ろう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:00  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.15 (Mon)

ダウン

疲れがとれない、喉が痛い、
とか、体調不良と言いつつも、
高遠に出かけ、ゴルフに行き、吞み会にも出ていた私。
家事は手抜きをしながらこなしていたのだけれど、
遂に日曜日、力尽きダウン。
寝込んでしまいました。

完全復活とは言えないけれど、本日はいつも通り
朝の仕事をする気力が復活していました。
002a_20130415162835.jpg
005b_20130415162852.jpg
お弁当、つくりました。昨夜は出前。


ここで思うことは息子たちの若さ。
深夜バイトをしても、何時間か仮眠すると、すぐに復活するようだ。
遊びに出かけたり、サークル活動に行ったり
春休み中、そんな生活をずっとしていた。
それでも、良く食べ、短時間でもグッスリ眠り、風邪もひかない。
若いというのは素晴らしいことだ、とこの年にしてしみじみ思う。
自分が若かったころ、その有難さ、素晴らしさには、
気付いていなかったなぁ。


無理はしない。
明日のセミナー、出席をどうしようかと迷い中。

老いの木登り、年寄りの冷や水
年寄りの力自慢、年寄りの夜歩き・・・

なんだか情けない。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:32  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.11 (Thu)

30年前の手術とゴルフ

火曜日、大工のIさんに誘われて、夫と共にゴルフをしてきました。
面倒見の良い大工さんで、会社のコンペもIさんの発案です。
今回は、Iさんの弟さんも加わって4人でラウンドしました。
弟さんとは初対面でした。

弟さんなのに、ずいぶん老けて見えました。
頭も、真っ白で、何より下あごの部分が変形していました。
皮膚もひきつれて、やけどのケロイドのように見えました。
病気か怪我か、何事かあったに相違ありません。

お昼に食事をしながらIさんが話してくれました。
弟さんは舌癌が30年前に偶然見つかって
その治療で受けた放射線照射の結果、顎の骨が溶けてしまったのだそうです。
自分の足の骨と皮膚を移植して、顎をつくって、
今に至っているのだというのです。
淡々と食事を続けていた弟さんを見つめながら、
私たちは4人兄弟だけれど、みんな健康で元気。
弟だけが一手に引き受けて病気になってしまった、と言っていました。

そうしたら弟さんが、口を開きました。
命が助かっただけでも有難いと思わなくちゃ。
30年も生き延びて、こうしてゴルフもできるのですから。
放射線のせいで、移植してもうまく再生しなかったし、
こんなふうになってしまったけれど、欲張っちゃいけない。
と静かにそう言いました。

そうだよ。命あっての物種だから、と言うIさん。
健康に気をつけて、また一緒にゴルフしような。
と話しかけ、私や夫も誘って下さいました。

私はお二人の30年を想い、胸がつまりました。
そして、仲の良いお二人に、兄弟っていいな、としみじみ思いました。
思いやりのゴルフ。やさしい気持ちでラウンドしました。


それにしても、骨が溶けるほど、
放射線を当てなければならなかったのでしょうか。
それに移植手術だって随分荒っぽい感じがしました。
見た目に対する配慮をしながら、
手術や治療はできなかったのでしょうか。
30年前の手術って、こんなだったのでしょうか。
癌を叩いて、命が助かれば、それで良し、なわけ?

私はなんとも納得できない想いでした。


ところでゴルフ。
KIMG0126a.jpg
会心の一打でございます。
176ヤード、パー3。奇跡のようなワンオンで、バーディー。
打ちおろしだったので3番ウッドでピッタリでした。

レギュラーティーから一緒にしましょうよ。
と誘われ、またまたウッドでマン振りのゴルフでした。

(ウッド系は褒められました。
会社サボってゴルフばっかりしてるんでしょう、と言われましたが、
そんなことはございません。念のため。
ひとえにM先生の忍耐強い指導のたまものです。)

強風の中、なごやかにラウンドできました。
また、ご一緒させていただきたいな、と思いました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:57  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.10 (Wed)

現場見学会に行きました

先週末、現場見学会に行きました。
下馬の木造5階建ての現場です。
進行中の木造4階建てビルのオーナーの方にも一緒に参加していただきました。

5階建てのビルというと、皆さんのイメージはどんなものでしょうか。
マンションをイメージしても、建物内部はフローリングの床や
木製の建具などで仕上げがされているので、
それが鉄とコンクリートの塊で支えられている、
というのは想像しにくいかもしれません。

013ab.jpg

簡易階段を上って5階まで行くと、目の前に広がったのは、
冷たいコンクリートとは全く違った空間でした。
足元にはコンクリートスラブじゃなくて、木の床があります。
天井を支えるのも、木の柱。
マンションでよく目にしませんか。
大きく出っ張っている四角いコンクリートの柱型。
それよりずっと小さくい、つつましやかな、でもしっかりものの木の柱。
そして、天井も木。
金物だらけではあっても、見慣れた木造家屋の顔。
まさしく木造5階建てなのだ、と感動しました。

001dd.jpg

すごい!! 絵に描いた餅じゃなくなりましたね。
建ちましたね。
設計のKUSさんに、素直に気持ちをお伝えしました。
計画から10年近くの時間が過ぎているのです。
私も何だか嬉しかったです。

私たちの計画のオーナーの方も、安全でとても堅牢な感じがする、
と木造ビルを体感しての感想を言って下さいました。

もっと長くその場に留まりたいような気持でしたが、
大盛況だったそうで、時間ごとの入れ替え制。
名残惜しい気もちでしたが、これからの木4プロジェクト、
ますます、楽しみに感じて帰って来ました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

15:01  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.08 (Mon)

桜・お蕎麦・温泉

大荒れの天気が予想されます。
不要不急の外出は差し控えましょう。
とアナウンスされていたけれど、変わり者夫婦は
午前中くらいはもつはずだ、と天気図を見て外出を決行。
6日土曜日の早朝4時過ぎに東京を出発しました。

行き先は高遠。桜を見に行ったのです。

003b_20130408134025.jpg


城址公園の桜は二分咲きでしたが、南側の桜は満開でした。
アルプスの山には雪が白く残り、
ピンクの桜とのコントラストが美しかったです。

017a.jpg


会社を始めたばかりの頃からのお客様が
高遠のご出身。桜がどんなに美しいか、お話しをうかがっていたので、
是非、行ってみたいな、と思っていたのです。
006c_20130408134314.jpg

d_20130408134406.jpg

武田と織田の古戦場。古い歴史の城下町でした。
城址公園にあった石碑もよく読み、歴史博物館もじっくり見学しました。
石碑に彫られた名前の中には、あのお客様と同じ名字がたくさんありました。
この地方に多い名字なのかもしれません。

それから少し早めにお昼ご飯。
高遠蕎麦をいただきました。

KIMG0110s.jpg

からめのつけ汁に焼き味噌を溶き、辛み大根おろし、わさび、きざみネギを薬味にいただきます。
パンチがあってとても美味しかった。
もうひとつくるみのつけ汁も供され、こちらも美味でした。


満足したところで立ち寄り温泉さくらの湯へ。
お肌すべすべになる、とても良いお湯でした。
露天から満開の桜が見えて、贅沢な時間でした。

温泉で教えてもらった農産物直売所に寄って、
新鮮なお野菜もゲット。
帰り始めたころに、雨が降り始めました。

土砂降りになる前に自宅に帰りつきました。
日帰りでしたが、目一杯楽しめたお休みでした。


大満足

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


13:52  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.05 (Fri)

お疲れの週末

新年度、第一週が終わりました。
忙しかった今週です。

元気だけが取り柄の私だったけれど、
なんだか疲れがとれず、日々たまって来るような感じでした。

一日の仕事を終えて、心身の疲労をどう解消するのか。

アルコールでリラックスする、とか、
ジムに行って、ガンガン汗をかいてくる、とか
その時々で選択していたのだけれど、
最近新たなことをしてみました。
治療院でマッサージを受ける、です。
バリバリの肩や背中はとても痛いのだけれど、
終わってみると、血液が流れ始め、体が軽くなり
手足の可動域が広がったような気分で、
頭もスッキリして良く眠れたのです。

もはや、がむしゃらだけでは通用しなくなりました。

週末は体のメンテナンスとストック食材づくり。
遊びはほどほどに。

よ~く自覚してすごしましょう。

004b_20130405175325.jpg

c.jpg
昨夜のピザとスペアリブ

これでストック食品は底をつきました。
(なくなるのは早い。涙)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:57  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.04 (Thu)

セミナー

昨日、今日と社外に出る用事が続いておりました。
昨日は、汐留のパナソニックでセミナー。

特定のライセンスを持つぐらいの会社規模を対象にした
新しい事業モデルについてのセミナーでした。
録音も写真撮影もダメ。資料もごくわずか配布されたのみで、
事業参画を決めれば、他の資料は出しますよというものでした。

ざっくり話せば、団塊の世代も高齢化してきて、
ますます日本は老人社会になっていく。
今後、今までの特養とか、有料老人ホームとか、グループホームとか、
そういうくくりではない、高齢者が安心して住める住空間が必要ではないか。
それを供給することが建設業者として求められているのでは。
とそんな話でした。

事業としての興味もさることながら、これからの超高齢化社会、
人生の終盤を人はどう老いの生活を生きて、死を迎えるのか、
ちょっと考えさせられました。

家族と一緒に生活し、家で老いて死を迎えるのって、
ものすごく困難なことかもしれませんね。
子どもが居ても、いずれは夫婦二人になり、やがては一人になる。
離婚、未婚で単身世帯もすごく増加しています。
誰に手助けしてもらって年老いた自分は生活するのか。
その時、施設に入るのではなく、
今までの家で暮らすことはできなくても、
せめてなじみのある地域の中で、
最低限の我が家という形を維持しつつも、
もっと開かれていて、手助けを受けやすい、共同住宅。
そんなところがあったらどうだろう。
介助してくれる人も地元の人で家族もそばに住んでいる。
自分だったら、そんな地域密着がいいかな、と思いました。

でも、住空間って人それぞれの感性、人生経験で好みも変わります。
事業として考えれば、どうしても画一的で施設のような匂いになりそうです。
そうじゃない、終の棲家。そして採算ベースにのっている。
・・・かなり困難そうな気がしました。

でも、まちがいなくニーズは高まるのだろうな。

これは自分の問題でもある。

そんなことも自覚させられたセミナーでした。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
18:32  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.02 (Tue)

おもしろくない!!

皆さんは、アンケート調査というのに、
どのくらい協力していらっしゃるのだろうか。

池袋など路上でのそれは、キャッチセールスのこともあり、
ひとくちにアンケート、と言ってもいろいろなのでしょうが、
私の場合、会社宛に来る調査、アンケートの類が
年々歳々、増加しているような気がするのです。

日銀の短観、これはもう10年になると思う。
3か月毎に、試算表をある程度まとめないと書けないので、
けっこうな作業でたいへんです。
さらに、財務省とか、国土交通省とかからも来ます。
統計法という法律に基づく基幹統計で調査票を提出する義務を負い、
提出しない、とか虚偽の報告をしたら、罰金とか、禁固とか罰則がありますよ、
なんて書いてあります。
要は、国勢調査と同じような調査で、選ばれてしまったら最後、
応じる義務を負ってしまう、というものなのですね。
これらも毎月提出だったり、3カ月ごとだったりで、
かなり厳密に書かなければなりません。

ため息が出ます。

この他にも、東京都、区、内閣府、業界団体などなど、
気づけばすごい分量になってしまっています。

今までは、仕方ない、と提出していたのですが、
さっき、新たな封筒が届いてふと思ったのです。

減らないではないか。

毎年、選ばれてしまっていて、
しかも増えるってどういうことなのだろう、と。

電話で問い合わせをしてみたのだけれど、
辞退は認めないとのこと。
内容が似通ってはいてもそれは、各省庁などできちんと秘密保持が守られていて、
見せ合うなどの横の連携が無いからです、安心です、
とのたまう。

・・・でも、この郵送料、集計の手間、
第一、記入する私の労力、時間はいったいどうなのよ、
と納得しがたいものがある。
大いなるムダでは無いのだろうか。

法律に基づいたもの、と短観だけ残しても
けっこうな作業量、時間がかかるのだ。

記入する気にならなくて、かと言って廃棄もできなくて、

積んであります。

視界に入るたび・・・オモシロクナイ私。

あ~ぁとため息をついています。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:23  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.01 (Mon)

4月、新年度の始まりです。

さっき用事で池袋まで行ったのですが、駅周辺には
みるからに新人、という出で立ちの若い人たちが
ゾロゾロと歩いていました。
新しい出会い、新しい生活。
みんなガンバレ!! そんな気持ちで眺めていました。

そして今日はエイプリル・フール。
何かウソつかなくては、と考えていたのですが・・・
朝、起きてこない息子に
早く起きてごらん、UFO!!
と言ってみる。
とか、
旅行会社のアンケートに答えたら、
家族4人のアフリカ旅行が当ったので、
長男君の出張に合せて行くことにするから。
と宣言してみるとか、

いくつかのアイデアはあったのですが、どれもこれもNo good
今年はやめよう、と。

ところで、会社では朝から、お引き合いの電話が
何件もありました。

一体どうしたことだろう。
4月1日だものね。
と私が言ったら、部長は
勘弁して下さいよ、と笑っていました。

お引き合いは、エイプリル・フールではありませんように。


息子たちも新年度。
留年三男もサークルの新人勧誘をしに大学へ。
休学した次男もインターンシップの会社へ。

私も新たな気持ちで頑張ろう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:52  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |