2013年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013'05.31 (Fri)

ビワを見ると思いだす

今朝の食卓に出した、ビワ。

001aa_20130531180905.jpg

ビワを見ると、父の日が近いのだ、と思い、父を思いだす。

食べ物とリンクして思い出されることがたくさんある。

お雛祭りのハマグリのお吸い物。
何ではまぐりなのか、毎年母は語っていたっけ。

子どもの日は柏餅と新茶。
茶柱がたってるとかたってないとかで、弟とはりあった。

梅仕事の手伝い。
あんまり良い香りなので食べようとして叱られたこと。

べろが真っ赤になったり黄色くなったりのかき氷。
私たちが喜んだからか、父は食用色素を持っていたのだろう、
いろんな色の単シロップをつくってくれた。

平凡な日常の思い出だけれど、とても愛おしい。

私のつくる変わり映えのしないお弁当
毎日の食卓。
誕生日やクリスマスなどの行事の食事。
息子たちにも何か思い出として残るのだろうか?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:11  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.30 (Thu)

お願い・頼まれごと

先週、長男がやってきた。

床屋さんのついでに寄る時は、何の前触れも無く、
突然フラリとやってきて、何をするでもなく滞在して帰って行く。

事前に連絡してやって来るのは、頼みごとがある時。
先週はこのパターンだった。

息子たちの様々なお願いに、
どういうスタンスで対応すればいいのか、いつも考えさせられる。
学生の下二人とは違い、長男は一応独立している。
万事一人で切り盛りするのが当たり前。
所帯を持っている人だって居るのだぞ。
と突っぱねるか、それともよほどの事なのだろうから、
と受け入れるのか。

よほどの事、というのも本人の能力に寄るところ大なわけだから、
息子にしては、もうギリギリなのだろうか、とか
もう少し頑張らせるか、とか見極めが悩ましい。
それとも、もっとちゃっかりした感覚で
手助けしてもらうのが当たり前、みたいな感覚でいるのか?

我が家はけっこう厳しい方だと自分では思っていたけれど、
最近、子どもたちの方がどうも上手かもしれない、と思うようになった。
このくらいなら甘えても許される、という絶妙な頃あいを、
実によくわかっているし、見透かされている気がするのだ。
親の甘さ、親心、子どもとしての立場。
うま~く振舞っているのは、まさに本能だろうか。

長男からのお願いは、夫も私もたいてい聞き入れてきた。
いや、強硬突破、実力行使されたと言うべきか。
とにかく、それが良かったのか、悪かったのか・・・

今回のお願いは聞き入れてあげた。

で、ありがとうございます。という言葉。
これは親子であっても大切だと思う。
子どもなんだから当然だ、みたいな顔をしていたら、
ちょっと待ちなさい、とお説教になったかもしれない。
父親と話しをし、有難うございます。
と神妙に言っていた息子は、それなりに少し成長したのかな。


少し痩せたみたいだけれど、ちゃんと食べて寝ているの?
大丈夫。
忙しいの?
これが状態。

なんというつれない返事。
でも、今は、アフリカからの研修事業の仕事をしていると話した息子。
それならば、もうしばらくは日本に居られるのだろう。

お願いを聞き入れ、柏餅と新茶、それに果物を食べさせて、
少しだけ安堵した夫と私でありました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:05  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.29 (Wed)

久しぶりの更新です

先週末、夫の実家で用事があり、そのついでに
ゴルフをしてきました。
ついでではあっても、結婚記念日のイベントです。

軽井沢72の東コースでした。
清々しい空気の中でとても楽しいゴルフでした。

キャディーさんのアドバイスが的確で、
ショットの方向や落とし所が変わると、
狙い通りにプレイできてる、みたいなちょっと良い気分。
いつものように、コースにやられてる、というメゲ感ではないのが、
ますます楽しい気分にしてくれます。

さらに、パットの読みも素晴らしく、
キャディーさんの言う通りにできた時には、
ワンパットやOKが何回かありました。

昔はキャディーさんに言われた通りにできなかったのだから、
やっぱり上達したのよね、とこっそり思っています。

基本に忠実な良いスウィングですね、と褒めてもらいました。
浮気心を起こさないで、基本のドリルを重ねるのが結局は上達の近道ですよ。
とも言われました。

本当に。
初心者の頃から言われていることは同じ。
でも、その通りになかなかできないのですから。

妥協しないで基本通り、というコーチは良い先生だと思いますよ。
とのこと。
M先生、有難うございます。


奇跡のように、仲良く和やかにプレイして、
アウトレットで買い物もして帰ってきました。


さて、山もりもりにたまった仕事、バリバリ片づけます。


来年の結婚記念日も、元気で仲良く(?)迎えられますように。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:31  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.24 (Fri)

32年、三者三様

今週末、三男は長野県で開催される、
バイクのオフロードの大会に出場するそうだ。
新入部員も全員参加だから、と新人のバイクの整備を
上級生が総出で手伝っていたようだ。
目の下にクマをつくりながら、バイト、授業、試験とこなして
夕べは帰ってこなかった。
今日は、そのまま授業に出て、終わったら大会に行きます。
帰宅は日曜の夜です。というメールが来た。

私にも覚えがあるけれど、夢中になってのめり込む時が
誰しもあるわけで、それは学生時代。
三男にとっては今なのだろうな、と思うのだ。
無為に時間を過ごしているわけじゃない。
真面目で真剣、無我夢中。
たとえそれが大いなるムダだったとしても、
こんな時間は人生の後になって効いてくる。

親は、ハラハラと心配ではあるけれど、
バカをする時間、自由は保証してやりたいと思っている。

そういう意味では、長男もバカをやり切ったのではないだろうか。
高校は私と同窓。自由とは何かを身をもって体験できる学校だった。
高校時代から、存分に自由の権利を使い切り、
その責任もどうにか自分でとってやってきたのだろう。
もっと勉強しておけば良かった、と思うかもしれないがそれも良し。
高校、大学と学生をやり切った、と私には見える。

この二人と対照的なのは次男。
バカは絶対にしないのだ。
意思強固。手固く単位も取得して、ハメも外さない。
がっついて遊び、欲張ってあれもこれもと手を広げているのは、
むしろ父親の方かもしれない。
私から見ると、老人みたいな次男。
でも・・・これが今の若者なのか?


三者三様。
自分なりの方法で道を切り開き、うんと苦労しながら
生きて行っておくれ。
たいへんな事を乗り越えるのも、人生のだいご味ではないか。
私は、きっと彼らはやり切ってくれる、と信じよう。
そしていよいよ困った時には帰ってこれる場であるために
楽しく元気で居よう。
先廻りして、彼らがするべき人生の苦労まで
一緒にあれこれ一喜一憂するのは、ナンセンスだよね。
彼らの人生なのだ。
私は私の人生を生きるべし。

大人になった息子たちに、そんなことを思う今日。
32回目の結婚記念日。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:43  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.23 (Thu)

ヤッホ~~イ!! 他

決算、確定しました。
終わりました。
ヤッホ~~イです。

週末ではないけれど、一杯飲みたい気分。
夫は見積に追われていて、ダメだろうな・・・
前代未聞、空前絶後の忙しさです。
多分、消費税の影響なのでしょう。
今忙しいのは、見積作業で、
実際受注できるかどうかは、わかりません。
でも、受注できたとしたら、これまた恐ろしい。
そろそろキャパシティーの限界に近付いているような気がします。



昨晩、最終の時間帯にゴルフレッスンに行きました。
足首はサポーターをすればOK。

男子ゴルフを見て来たからって、
そんなに早く振って男子を目指さなくても良いの。
女子なんですから。
わかった!今度は女子プロのトーナメント見てきて。

そう言われた私。
どうも見て来たショットに触発されて、
男子になるなんていう誤った方向に目覚め、
めったやたらに振っていたようだ。

以前一緒に合宿に行ったHさんやSちゃん、
インストラクターのOさん、
ちょっとした立ち話、おしゃべりも気分が変わり、楽しかった。
2日にはコンペがあるし、女性らしく頑張ろう。


三浦雄一郎のエベレスト登頂は、お昼にニュース速報だった。
スローペースで渋滞の原因にはならないのだろうか?
サウスコルまで、ちゃんと降りるのかな?
などなど思いめぐらす。
お天気も良く続きましたよね。運も味方したような気がします。
夫は2回、トレッキングに出かけている。
次男0才の時と、次男1才、三男0才の時。
私も行きたいなぁ・・・と思うと、怨みがましく思いだす。
体力があり、歩けるうちに、決行あるのみ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:36  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.22 (Wed)

自転車事故のその後

自転車がぶつかった足は、少し痛みはするものの、
大したことはなかったようです。
足よりも、あの高校生が気になる私なのです。
どこかで、あんまり痛い思いをする前に、
しっかり学び、軌道修正してもらいたい。
おばさんは、切にそう願っています。

若者の姿は、社会、大人の姿を映すものなのかもしれません。
世知辛い世の中にどっぷり浸かりきり、
小賢しかったり、小利口だったり、又はずる賢かったり、
そんな生きざまの大人を見続けていたのかもしれません。

子どもは、親の言いつけどおりにはならないけれど、
親のしているように、生きてきたように育っていく。
本当にその通りだと、しみじみ思うのです。
自分の生きざまが子によってかえって来る。
子どもだけじゃありません。
社会の一員、大人として、その生きざまが、
世相に映し出されているのです。

子を持つ親として、また社会の一員として、
しっかりせねば、と思わされました。

我が息子たちはどんな価値観、倫理観で生きているのか。
家庭や親がベースではあっても、彼らの置かれている場所と、
そこに居る人たちとのかかわり中で生きているわけだから、
親の計り知れないものがある。
願わくば、彼らをきちんと育ててくれる社会、学びの場であって欲しい。

そう願いながら、私はあの高校生にきちんとした大人として対応できなかった。
・・・情けないし、落ち込む。



自転車事故のその後は、
なかなか、気が晴れない私であります。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:45  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.21 (Tue)

自転車にぶつけられて・・・涙

3時。銀行の帰り。
横断歩道で信号が青に変わるのを待っていた私に、
突然、自転車がぶつかってきた。
以前痛めたアキレス腱のところ。

すごく痛かったけれど、たいしたことは無いと思った私。

自転車に乗っていたのは高校生。
同じく自転車の仲間が3人くらいいた。
念のため、名前、高校名、電話番号を紙に書いてもらった。

だんだん痛くなってきたので、病院へ行くこと、
それから保険があるならそれが使えるように、警察に行くこと、
などを伝えようと思い、電話をかけてみたけれど・・・

その携帯は、ずっとずっとお話し中。
どうも着信拒否になっているようだ。
それなら、と高校に問い合わせをしてみたら、
そういう名前の生徒は在学していないし、
学校の名前を語られることが最近多々あって困っている、
と逆に言われてしまった。
家には電話が無いからと、父親の名前は紙に書いたけれど、
それだけではどうしようもない。



私立の高校生だったから、学校に知れるのを恐れて
つい他校の名前を言ってしまった、と思いたい。
着信拒否も、前からの設定で、
意識なく伝わらないことになってしまったのだ、と思いたい。

確信犯的に逃げ切りご免をしようとしたとは、思いたくない、でも・・・


私も非常にうかつだったけれど、
あの青年が、きちんと後始末をしないまま、
何事もなかったようにやりすごしてしまうのは
その場に居た仲間たちにとっても良くないことだと私は思う。

別におおごとにするつもりはさらさら無いのだが、
こんなふうになるとは後味が悪い。

交番に行って話してみると、
学生証などで、きちんと確認しなかった私の落ち度なのだ。
それに、どんな小さな事故でも警察に通報して下さい、と言われた。

心しておこう。
身を守るためだけじゃなく、
あの高校生たちのためにもなったのだ。





それにしても、事故はいつ起こるかわからない。
私の足、ひどくなりませんように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:38  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.20 (Mon)

日本プロゴルフ選手権見てきました

先日、すごく悩ましいいただきものがありました。
日本プロゴルフ選手権のチケットです。
かってないほど仕事が忙しく、かつ、来客の予定もあったのですが・・・
悩みに悩んで(それ程でもないか)万難排して、行ってきました。
松山選手がトップ。大いに期待して出かけました。

試合観戦は始めてなので、いろいろ研究し、
準備万端整えて出かけました。
(ザック・運動靴・日焼け止めバッチリ・飲み物・シートetc)

朝の練習場では、藤田や谷口のスウィングを
すぐそばからみることができました。
そして1番のティーグラウンドでは、
プロの本気ドライバーショットです。
音といい、球の勢いといい、目が覚めるようでした。
特に、藤本選手のティーショットが印象に残っています。
どよめきが起こりました。
ひねりあげた体から、ムチのようなしなりと共に出て行く球。
空気をつんざくような勢いがあります。
だから、ランも出る。

第2打が見れるポジションでも暫く見ていました。
200ヤード近く残っていても、グリーンを狙ってオン。
本当にプロってすごい!!
飛距離と、音にすっかり魅了されました。

そして、最後の方では18番のグリーン脇に陣取って、
かぶりつき状態。
バンカーショットやアプローチ、パターもじっくり見ました。
意思のある素振りというのがわかった気がしました。
そしてプロは打たないのですね。運ぶというような感じでした。

最後、藤田と松山も踏みとどまって、3人でプレーオフ
なんて期待もしましたが、残念な結果でした。
目の前で見た松山の最後のパット、負けた瞬間。
1打の重みという言葉を感じました。

それにしても、あんなに大勢のギャラリーが居ても、シーンと静かになる瞬間があり、
ゴルフは静かに闘うスポーツなのだな、と改めて思いました。
集中と緊張。
見る方も息をつめるように集中し、なんだか本当に疲れました。
でも、大満足。
テレビとは違いますね。ゴルフを見たぞ、という気分です。

003a_20130520182759.jpg

今度は、脚立を買って、又行きたいな!!
有難うございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:36  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.17 (Fri)

食事会

昨晩は、いつものメンバーでいつものお店「しゅくりあ」さんで食事会でした。

5月のメニューです。
002a_20130517181945.jpg
ままかり卯の花あえ・ジュンサイ・磯つぶ貝白ワイン蒸・蛍烏賊山葵和え

b_20130517182133.jpg
日向夏とたこのサラダ

005cc_20130517182058.jpg
かつおと鯛のお造り

008d.jpg
本鱒二身焼

012ff_20130517182056.jpg
お肉をちょっとだけ追加
014gg.jpg

019vv.jpg
ワインは丹波鳥居野 カベルネ&メルロー  ピノブラン  

このほかに、空豆の飛竜頭 や小鮎と筍の香り揚げ がありました。
最後は浅利深川めし風のご飯にデザート。

もう満腹でした。      

食べるのにも、おしゃべりにも大忙しでした。

美味しい国産ワインがいただけるお店は
なかなか無いように思うのですが、
ご主人のお勧めは間違いありません。
メニューに無い物も出して下さることもあり、ワイン好きにはとても嬉しいです。

8月の分まで予約をして帰ってきました。

幸せ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



     

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:49  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.15 (Wed)

三男の忘れ物

三男君、君は小さく小さく産まれてきたのだよ。
小さくて、か弱げで、あんまり軽くて心細かったの。
でも、しっかり泣いてくれたから、
きっと元気に育ってくれるって、
母は自分に言い聞かせていたんだよ。

おしっこが全然出なくて、産まれてすぐに大きな病院の
新生時ICUに行ってしまった君。
母は、管につながれて、保育器で眠っている
君の写真を眺めることしかできなかったのだよ。


赤ちゃんの時から、一杯、一杯心配をさせてもらった。
一番のわんぱく坊主で他の誰よりも甘えん坊。
今だって、バイクのことや学業のことで心配が絶えないよ。

でもね、君のやさしさや、たくましさも、一杯感じているのだよ。

あの日の願いどおり、本当に大きく元気に育ってくれたのだ。

発展途上の大人。三男君。
いくらでも心配してあげる。
だから、しっかりと成長して本当の大人になっておくれ。


深夜バイトと授業とサークル
決して自分でコントロール出来てるわけじゃない。
追いまくられて、なんとかこなしている風がありありわかる。
でも、なんとかやりおおせているようだ。

学費は自分で払うと言った君。
自分のやりたいことをするためだし、もとは自分でまいた種。
たいへんな思いをしても、やってみるのは大切なこと。
けれど、そういう君をはたで見ているのは、そんなに呑気な訳じゃない。
若いのだから、大丈夫。守って下さい。
そう言い聞かせ、祈り、無理やり信じるのだ。

003ac.jpg
本日のお弁当。我ながら美味しかったのに・・・


お弁当、鍵を忘れて行った三男君。
大丈夫かいな・・・?


・・・命を忘れてこなければ良し。

そう自分に言いきかせた本日の昼休み。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:48  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.13 (Mon)

母の日に

母が存命中は、施設に訪ねて行って
一緒にお茶をいただいたり、散歩に出たりした。
最晩年は、私に娘は居ないから、
と断られてしまったね。

義母も、母も、既に亡くなっている。

カーネーション、値上がりするね、
とか、プレゼントは何にしようかな、
などと考えながら、買い物したのも、今となっては懐かしい。

昨日は、遺影の額縁を念入りに掃除して、
改めて眺めてみた。

直接伝えられなかった言葉、気持ち。
諸々の想いが胸によみがえったけれど、
もはや為すすべも無い。

怨みがましく、ぶつけてみたい気持ちも、無かったわけじゃない。
でも、胸にしまったまま、年月が経って・・・
今は、少したげ母たちの気持ちがわかるような気がする。
年をとったのだ。私。

母たちの淋しさは、私の淋しさでもある。

遅かったね。ごめんなさい。

そっとつぶやいた母の日の午後。



我が3バカトリオの息子たちは、
音沙汰なしの母の日でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:34  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.10 (Fri)

やれやれ、やっと終わった

連休明け、火曜日から始まった1週間がやっと終わります。
ちょっと長く休んだとは言え、本当に、本当に、忙しい今週でした。

でも、満足しています。
今回の旅行は、かつて無い充実感を与えてくれました。
また出かけるために、日々頑張ってどうにか時間をこじあけよう、
と、そんな気にもなる、というものです。


明日はいつもの学習会。
日曜日にはいよいよ衣類の整理と、食材の仕込みもしなければ。
週明けには、決算の確定etcが待っています。

仕事をする、ということは、人とかかわること。
ささやかな範囲であっても、せめてごく身近なまわりの人たちが
幸せな気持ちであれるように、そんな姿勢で仕事をしたい。
わが身を振り返り、謙虚で、誠実でありたい。

改めて、こんな気持ちになったのも、
今ある私が、何世代にもわたる、
意思や愛情のバトンタッチの上に成り立っている、
とそんなふうに感じたから。


忙中閑有。
そして時々は、山口ことを思い出し
詩集を読んだり、旅行の余韻に浸る時間も持ちたいな・・・
と、思う金曜日。

今日は、ビールかな。

どうぞ皆様も良い週末を。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:02  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.09 (Thu)

山口旅行~最後に

今回の旅行の目的地だった萩では、祖母からきかされていた
松下村塾や松陰神社などをじっくり見学しました。

a 150ab
松下村塾

萩の街並みは武家屋敷から、商家まで良く保存されていました。
伊藤博文や桂小五郎の生家もあり、幕末の歴史がすぐそこに感じられました。
どこの家にも夏ミカンが植えられていてその下に立つと、
かすかに香りがしました。
ボランティアの方にガイドをしていただいたのですが、
どんなに吉田松陰という人を誇りに思い、今も大切にしているのか、
直接感じることができました。祖母が心酔していたのもむべなるかな、です。

a 300cc
伊藤博文の生家

菊が浜、という海岸にも行ってみました。
日本の夕日百選にも選ばれているそうです。
萩城跡の東側に白砂と青松の海岸線がおだやかに続いていました。
もしかしたら、父もこの海で泳いだり、魚を捕ったりしたのだろうか。
そんなことを想像しながら、叔父から聞いていた
菩提寺や神社にも行ってみました。

父が存命中に一緒に訪ねることができたらどんなに良かったか、
と残念な気持ちもしましたが、それは仕方の無いこと。
今回、思い切って訪ねてみて本当に良かったと感じています。
萩の街並みや下関で、父を感じ、想いをはせ、
自分なりに亡き父を偲ぶことができたと思うのです。

直接伝えることはできなかったけれど、有難う、お父さん。
という気持ちが胸にあふれた旅でした。

そして、登山に行かずに一緒に来てくれた夫にも感謝です。

ありがとう。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:00  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.08 (Wed)

山口旅行~その2

a 011-3

a 037-3

秋芳洞を見学して、秋吉台の展望台へ。

不思議な地形でした。
石灰岩が地上では草原にゴツゴツとした形を作り、
地下では巨大な鍾乳洞になっているようでした。
(宇部興産、小野田セメントなどがあるのも
こういう地質が関係しているのでしようか?)

a 042-3

秋吉台カルストロードは、草原の中を走り抜ける気持ちの良い道。
絶景を楽しみながらの最高のドライブでした。

それにしても、道路は素晴らしかったです。
Iさんの言っていた通り、総理大臣が3人も出ているのですから、
財政出動が多いのかもしれません。

3時頃には、萩の宿に着き、のんびりとお湯に浸かりました。
食事もお湯もとてもよかったです。
宿には展望台があり、食後小さなバスで連れて行ってもらいました。

足湯をしながら、眺めた萩の夜景。

父はこの街のどの辺に住んでいたのだろうか。
そんなことを想像しました。

翌日は、松陰神社、松下村塾、そしてお寺は必須。
下関に移動する前に金子みすず記念館も・・・

あれこれ考えているうちに眠ってしまったようでした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:06  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.07 (Tue)

山口旅行~その1

3日の朝早く羽田を発って山口へ行きました。
山口宇部空港でレンタカーを借りて出発です。

まずは、中原中也記念館。

a 005-3

a 007-3

大昔、これは私の詩だ、などと思っていた詩と、久々の再会でした。
当時の気持ちが甦り、涙ぐみそうになってしまいました。
でも、昔と決定的に違うこと。
それは私が親になり、年をとったということでした。
中也が臨終の床で母親に言ったという、
「・・・これでも本当は親孝行なのですよ」という言葉。これには、
「とんでも無い。親より先に旅立つなんて正真正銘の親不孝者だ。」
と思いました。
私は中也の母親の気持ちも想像し、
また別の局面では、若さの残酷な面に胸を詰まらせながら展示を見ていたのでした。

じっくりと見学することができ、濃密な時間でした。

実は、夫は別の興味があったのです。
この建物の設計をされた宮崎浩さんと、ちょっとご縁があるのです。
納まりが似ている、とか言いながら、夫は建物をじっくりと見ておりました。
宮崎さんは、現在新山口駅の駅前広場整備の仕事もされているそうで、
急遽、新山口の駅前まで行ってみました。
なんでもそのお仕事に関係のあるお団子屋さんがあるそうで、
みつけよう、としたのですが、わかりませんでした。

思いがけず、建物の見学までできて、幸先良いね、と話しながら、
次の目的地、秋吉台へ向かいました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:59  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.02 (Thu)

みかんの花咲く丘~山口へ

明日から、山口へ旅行に行きます。
父の生まれ故郷。始めて訪ねます。

朝日に光る海がキラキラして、とても綺麗だよ。
と言っていた父。
昆布が巻いてあって、「の」の字のように見えるかまぼこと、
わかめが大好物だった父。
わかめは、ハサミで細かく切って、何やら味つけでもしていたのかな・・・
それをご飯にかけたり、おにぎりにしていました。
このわかめふりかけ(?)は、父が自分でつくっていたのを覚えています。
そして、夏ミカン。
酸っぱくて、あんまり好きじゃない。なんて言っていた私や弟に、
美味しいよ、と毎回勧めていました。
父の故郷の味だったのかもしれません。

父と山口について、私が思い出すのは、たったこれだけ。
父が元気な時に一緒に訪ねることができたら、
と残念にも思うけれど、それはいた仕方の無いこと。

今は、明日からの山口で、自然や空気や歴史を一杯見て、感じて
父に想いを馳せ、偲びたいと思っています。

そして偶然、お客様のIさんが、山口にご縁のある方でした。
夏ミカンを栽培しているところで、花が咲いていたら、
是非、車から降りて深呼吸してみて。
と言われました。
何ともさわやかな、花の香りがあたり一面に漂うのだそうです。
一番好きな季節だ、と教えてくれました。

みかんの花が咲いていますように。
それから、萩焼も見たいな。

遠足の前日のような気分でいます。

・・・さあ、仕事片付けて、行ってきます。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
10:36  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |