FC2ブログ
2013年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013'05.30 (Thu)

お願い・頼まれごと

先週、長男がやってきた。

床屋さんのついでに寄る時は、何の前触れも無く、
突然フラリとやってきて、何をするでもなく滞在して帰って行く。

事前に連絡してやって来るのは、頼みごとがある時。
先週はこのパターンだった。

息子たちの様々なお願いに、
どういうスタンスで対応すればいいのか、いつも考えさせられる。
学生の下二人とは違い、長男は一応独立している。
万事一人で切り盛りするのが当たり前。
所帯を持っている人だって居るのだぞ。
と突っぱねるか、それともよほどの事なのだろうから、
と受け入れるのか。

よほどの事、というのも本人の能力に寄るところ大なわけだから、
息子にしては、もうギリギリなのだろうか、とか
もう少し頑張らせるか、とか見極めが悩ましい。
それとも、もっとちゃっかりした感覚で
手助けしてもらうのが当たり前、みたいな感覚でいるのか?

我が家はけっこう厳しい方だと自分では思っていたけれど、
最近、子どもたちの方がどうも上手かもしれない、と思うようになった。
このくらいなら甘えても許される、という絶妙な頃あいを、
実によくわかっているし、見透かされている気がするのだ。
親の甘さ、親心、子どもとしての立場。
うま~く振舞っているのは、まさに本能だろうか。

長男からのお願いは、夫も私もたいてい聞き入れてきた。
いや、強硬突破、実力行使されたと言うべきか。
とにかく、それが良かったのか、悪かったのか・・・

今回のお願いは聞き入れてあげた。

で、ありがとうございます。という言葉。
これは親子であっても大切だと思う。
子どもなんだから当然だ、みたいな顔をしていたら、
ちょっと待ちなさい、とお説教になったかもしれない。
父親と話しをし、有難うございます。
と神妙に言っていた息子は、それなりに少し成長したのかな。


少し痩せたみたいだけれど、ちゃんと食べて寝ているの?
大丈夫。
忙しいの?
これが状態。

なんというつれない返事。
でも、今は、アフリカからの研修事業の仕事をしていると話した息子。
それならば、もうしばらくは日本に居られるのだろう。

お願いを聞き入れ、柏餅と新茶、それに果物を食べさせて、
少しだけ安堵した夫と私でありました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:05  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |