2013年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013'07.31 (Wed)

引き渡しに思うこと

昨日、友人のお引き渡しに行って来ました。
よんどころない事情での移転なのだけれど、
新しい場所で、またスタートするのです。
お祝いではないにしろ、何か贈り物をしたいね、と友人一同で考えていました。

励ましでもあり、これからの生活が守られますように、という祈りでもあり、
また、頑張っていることへのねぎらいでもあり・・・
そんな気持ちを込めて、何かを贈りたかったのだけれど、
諸々含めて、贈りものを受け取る、という心境ではなかったようでした。
落ち度なく工事を終えて、無事に移動し、再開する。
そのことに精一杯で、ピカピカの新しいお城を喜ぶ余裕も無いようでした。

それでも、
引き渡しだから、ワンピースを着たの。
と言ってくれた友。
ちょっと疲れて見えたけれど、良く似合っていましたよ。

有難う。精一杯の気持ち、伝わりました。

引き渡し書類にサインをして、取り扱い説明をして、
じゃあ、と別れました。

帰って行く友の後姿に、

たくさんの患者さんが、あなたのことを必要としています。
かけがえの無い人なのだから、自分のことも大切にしてね。
心から応援しているからね。
とそっとつぶやきました。


具体的に、何もできない私。
祈ります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:24  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.27 (Sat)

3兄弟覚書

26日から苗場でフジロック開催中。
長男は、出かけているのだろうか?
大学時代から、ずっと律義に通っているから、今年も出かけているのかな?

社会人になった年は、深夜、リビングで見かけたスーツケースが
朝6時の時に無くなっていたので、夫とびっくり、大騒ぎしたことがあった。
アフリカかムンバイに行くかもしれないって言っていたよね。
などと出張かと思って、無断は無いだろう、と怒ったりもした。
念のため、とメールを入れたら、
苗場で~~~す。なんていう呑気な返信がきたこともあったっけ。

夏休みの予定はどうなのだろう。
音沙汰なし、というのも、ちと淋しいな。


試験が終わった三男。
朝食の時に、どうだった? と聞いてみた。
う~~~んと、関数電卓の調子が悪くてどうしてこうして、こうなったのが1科目。
で熱力は、大設問で10のマイナス3乗しなくちゃいけなかったのがどうしてこうして、
で途中までの経過点をもらえればいいけどだめなら0点で・・・はぁ。
なんてため息をつく。
お父さんも、お母さんも、山ばっかだったのに卒業できて、運がいいよね。
などとふざけたことを言ったのでちょっと意見した。
優秀じゃないけれど、とにかく最低限のことはクリアしたの。
一夜漬けでも、コツコツでも、やらなきゃ単位はもらえないの!!
それに、国家試験があるんだから。
運で卒業したり、国家試験に合格したわけじゃない。バカ者!!

そうだよね。多分大丈夫だと思う。と言い、続いて、
元気に おかわり・・・をした。
今日からまたバイト。いいな~大学生。


時々、不審な英語が漏れ聞こえていた次男の部屋
夜なのに、Good morning. 
晴れているのに It's a rainy day.
何やってるの? 誰かと電話してるの?
と尋ねてみたら、スカイプを使って英会話をやりはじめたのだとか。
インターンシップに真面目に通い、夜は英会話。
規則正しい生活。家族の誰よりも色白。
夫と私は話します。自分たちの学生時代と大違いだね、と。
息抜きは必要ないのだろうか?


兄弟それぞれの夏休みです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:38  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.26 (Fri)

覆水盆に返らず

自分の口から出た言葉、してきたことが、
自分の意図したものと違っている、誤解だ、
といくら言って見ても、時すでに遅し、ということがある。

時間を巻き戻してやり直すことはできないし、
なかったことにも、言わなかったことにもできないのだ。
心に広がった波紋を、消しさることはできない。

かかわっている人が多ければ多いほど、
真摯で誠実にかかわっていればいるほど、
波は大きなものになり、とめどなく広がって行く。

それが鎮まり、おだやかな水面を取り戻すことは、
不可能に思われる。
よしんば、それが可能だとしても、
永い永い時間の単位が必要なのだろう。

波を鎮めることに、意味はあるのだろうか。
こぼれた水をとりもどそうとすることは不可能なのだ。

覆水は盆に返らず。
水をこぼしたのは誰でも無い、自分ではないか。

いつか、こぼさないようになりたいと、新たな水を汲む。

人が生きるというのは、その繰り返しではないのか、
そんなことをとりとめなく思う本日の午後。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:04  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.25 (Thu)

同じことの繰り返しだけれど

今朝のお弁当です。
006c_20130725164618.jpg

そして仕込み。
001a_20130725164639.jpg
月末に向けて、このくらい用意してないと、不安です。

そして後輩から頂いた桃。
004b_20130725164658.jpg

朝、少し早起きしての下準備やお弁当づくり、
一体私は何年くらいやってきたのでしょうか。
軽~く10年越え。いや20年越えているかもしれません。


いつも家族への愛情を込めて、一生けん命につくっていた、
と言いたいけれど、そんな時ばっかりではありませんでした。

反抗期の息子に腹を立て、炎のように怒りながらつくったお弁当。
忙しくて疲れ果て、それでもやっとこつくったお弁当。
どうしてランチに外食してくれないの、とこれまた怒りながら
ため息まじりにつくった夫のお弁当。
・・・・いろいろと思いだされます。

そんな折々の私の精神状態からつくられる日々の食事、お弁当。
変わり映えのしないものだけれど、それでもこれが
我が家の、私の味、食事、家庭なのだと思うのです。

いつもはラジオを聞きながら家事をしているのですが、
今朝はキャット・スティーブンスの雨に濡れた朝をBGMに仕事をしました。

Morning has broken,    Like the first morning   
Blackbird has spoken,   Like the first bird   
Praise for the singing,   Praise for the morning   
Praise for them springing   fresh from the world   

Mine is the sunlight,   Mine is the morning    
Born of the one light,   Eden saw play   
Praise with elation,     Praise every morning  
God's recreation    of the new day   


どんな夜の後にも朝は来て、平凡な繰り返しと共に1日が始まる。
平凡に繰り返し続けるのも、私の意思。
これはとても幸せなこと。
今朝はそんなことを思いました。

いつもの卵焼き、
毎年、この時期に味わえる桃。
感謝です。

美味しいよ!!




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:49  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.24 (Wed)

試練の中にある知人へ


その人が耐えられないような試練にあわせないばかりか、
試練と同時にそれに耐えられるように、逃れる道も備えてくださる

かつて、この言葉を支えにしていた時がありました。

事態は好転せず、良い解決策も見出せない。
こんな時、どうしていたか。
私は、今、目の前のことに集中していたように思います。
朝起きて、朝食をつくり、お弁当をつくり、仕事に行き、
仕事をし、家に戻ってまた家事をする。
目の前の一点に集中して、時間をやり過ごしていたような気がします。

苦しい状況で、それでも決断して、
物事を進めて行かなければならない時は
すぐに結論なんて出せなかったけれど、
道を示して下さい。力を与えて下さい。と祈りながら
模索し、迷い、その中でも最善と信じてやってきたと思う。
でも、そればかりではなかった。
流された時だって、逃げ出した時だってある。
それでもどうにか、今日までこれたのだ。

自分一人で重荷を背負い、真っ暗な闇の中を
手探りしているように感じる時もあるけれど、
必ず夜は明けて、思いもかけない恵みが用意されている。

これはウソではない。本当にそうだ、と心底思える。

明日のことを思い煩うなかれ。
明日のことは明日思い煩え。
一日の労苦は一日にて足れり。


この言葉も贈りたい。
もう十二分に頑張っていらっしゃると思うから。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:52  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.23 (Tue)

一人立つ

これから起業しようという友人が居る。
いろいろな意味で、後ろ盾、と頼っていた方と
明確に一線を画し、自分一人でやってみる、
という連絡があった。

人を分かつ理由とは何だろう。
理念の違い? 不信感? それとも、突発的な出来事か?

仕事でも、人生でも、人と出会い、関係を取り結び
やっていくのが基本なのだろうけれど、
時には、関係を断ち切ることが必要な場合だって、
無いわけじゃない。いや、ある。
身をもって、私はそう思うのだ。



自分の理想を高々と掲げ、あなた自身のやり方で
やってみるということ、私は楽しみにしています。
どんな果実を結実させるのか。この目で見たいと思います。
私は兎と亀の話を、自分の励みにしています。
別に、兎に勝たなくてもいいのです。
でも、どんなに歩みの遅い亀だって、
最後は目的地にたどり着き、
喜びの旗を掲げるではありませんか。
自分のペースでコツコツ歩き、いつか目的地にたどり着き、
一緒に喜び、健闘をたたえあえたら、そう願っています。


こんなメールを返信した。
事業に成功することが目的地では無い。
自分らしく、信念に従って生き抜くこと。

一人立つ。一人歩む。

でも、こういう友人とはしっかり繋がっていると感じるのだ。

共に歩みましょう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:24  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.21 (Sun)

本日の仕事

日曜日だけれど、動いている現場があり、
午前中、私は現場に顔を出してきました。

友人の仕事が2件動いているのです。
そのひとつは、大学時代の友人が開局している調剤薬局です。
彼女のご主人はなんと高校が私と同窓同期。
今朝は現場でしばらくご主人とおしゃべりしてきました。
もうひとつの現場も高校時代の友人でこちらは眼科医院。
高校つながりだったので、共通の知人の消息や、思い出話しなど
短時間でしたが話が弾みました。
お互いにもう一息。頑張りましょうね、と励まし合って別れました。

帰りに池袋のデパートに寄り、お盆の提灯を買いました。
私は、始めて提灯をじっくり見ました。
岐阜提灯というのがたくさん飾られていて、なかなか美しいものでした。

紫檀や黒檀の台に、繊細な竹に貼られた和紙の提灯が飾られています。
そこに、ひそやかな花が、控えめな色調で描かれています。
また、白地に家紋だの提灯もあり、それはそれで美しいものでした。
中に電気が灯されているのですが、やさしげではかなげに見えました。
じっと見ていると、本当にこんな提灯の明かりに誘われて
父や母が帰って来てくれるような心持になりました。

20万円近くするものもありましたが、全て手作業なのでしょうし、
納得の美しさ、美術工芸品でした。
私は、母の好きだった桔梗の絵が描かれている、小さい提灯を買いました。
小さいけれど、やさしい光と色合いが気に入りました。
帰宅して、組み立てて、明かりをともし、
ぼんやりととりとめの無いことを・・・いつまでも考えてしまいそう・・・
で、そこをエイッと打ち切って現実に戻りました。

1週間分の食料品の買い出しに行き、選挙をすませてきました。


明日から、またいつもの一週間が始まります。
夜、選挙速報をちょっと中断して、息子たちと
提灯を眺めたいな、と思っています。

彼らは、ご先祖とどんな会話をするのでしよう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:07  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.20 (Sat)

竣工したお宅


竣工したばかりのお宅の写真。
ごく一部です。

設計 田中昭成ケンチク事務所
写真 多田ユウコ写真事務所


hon_02.jpg

hon_04.jpg

hon_06.jpg
hon_27.jpg

ガラスに映るチビちゃんの可愛らしい手
そして、温かい色を放つ夜の写真。

この2枚が特に私のお気に入りです。

家は人が住んでこそ。

おめでとうございます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

18:54  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.18 (Thu)

Yes,I can!

山荘についての情報メールが届きました。
どうも土石流が発生したようで、水源にしているダムが
完全に埋まってしまったようです。
貯水槽に水が貯まらない、したがって、山荘は今現在断水状態のようです。
時間さえあれば、後輩と山荘に行き、
復旧工事の手配もできるかもしれないけれど、
今は不可能。
関係する山小屋の方にお願いするしかないようです。


時間さえあれば、と思ってみても、
超過密スケジュールは如何ともしがたい。

パニックにならないように、
いつも通りに食べて、寝ること。
強制的にでも、休む時間を確保すること。

社員の皆が守られるように、
こんな時こそ、自分のことだけで手一杯にならないで
お互いに気配りをし、協力しあえるように。

そのために、私に力を与えて下さい。
祈りつつ、粛々と仕事する。
大丈夫、全部できる!!!
そう言い聞かせてやる。



最近の尋常ならざる忙しさの私たちの横に、
今朝はもう一人修羅場の男が・・・
いよいよ試験が始まった三男です。

息子にかまう余裕無し。
自己責任で頑張って下さい。

If you try to do, it can be achieved,
if you don't, it will never be achieved.



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:57  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.17 (Wed)

私の家事労働

三連休の最終日、気になっていた家事をしました。
換気扇、トイレの丁寧掃除、納戸の整理、
そして食材のしこみ(これは生き延びるために必須)

出で立ちは息子の体操着やユニフォームのお古。
まだたくさんあるのです。(捨てられない病)
この日は背番号4のバスケのユニフォーム。
ダボッとしてノースリーブで涼しい。

大汗かきながら換気扇の細かな油汚れと格闘していたら、
三男がバイク用のスプレークリーナーを貸してくれました。
ネジとか金属部分はいとも簡単にピカピカになり感激。
でも一言。
オレのユニフォームじゃん。コスプレやめてよ!!だって。
私も負けずに
やーだよ!! と返しました。


換気扇掃除やトイレ掃除、お風呂のカビとりなど
自分の子ども時代はさんざん手伝わされたのを思い出します。
父が亡くなってからは、手伝いではなくて、
それこそ、私は家事の担い手だったように思います。
中間、期末のテストから大学受験まで、一切関係なく
日々の家事労働がありました。
弟や母親に腹を立て、泣きながら家事をしていたこともあり、
自分のことをみじめだ、と思ったこともありました。



いつの間に、家事をするのは息をするのと同じくらい、当たり前のことになり、
仕事がどんなに忙しかろうが、体調が悪かろうが、
やって当たり前のこととして今日まで来たけれど、
今が一番気ままで幸せな家事労働だな、と感じるのです。
母の呪縛から解放されて、うまく手抜きをし、
便利な物もそれなりに利用して、
埃で人は死なない、なんてうそぶいたりもする。

私よ、罪悪感を感じることは無いのだよ。
手抜きと言ったって、それなりにずいぶん家事はやっていると思うよ。
頑張ってる。
なんて自分に言い聞かせ、こなしてしまう。

でも、これは息子たちにはどうなのだろう。
彼らの衣食住を廻していく能力はどれほどのものだろう??

でもここでバトルをしながら手伝わせるのはもういいや。と思う私。
いつか必ず、一人暮らしをしてもらおう。
必要に迫られて、自分で困りながら身につけなさい。
そんなことを思ったお休みでした。

気が済むように掃除して、シャワーを浴びて、
きれいになったキッチンでビールをプシュー。

超気まま。
幸せを感じたお休みでした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:37  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.14 (Sun)

~されどキャディーバッグ

長らく使っていたキャディーバッグが、壊れていました。
カバーをつけておいたのですが、
飛行機で乱暴に扱われたのかもしれません。
歪んでしまって、倒れてしまうようになっていたのです。

5か月待ちました。
その間、夫のお古のキャディーバッグを使っていました。
収納もいっぱいあって、そんなに傷んでもいないので、
それで充分じゃない。あげる。
なんて言いましたが、きっぱりお断り。
可愛らしくないのです。自分の、という感じもしない。

注文したのは7月新発売のキャロウェーの物。
大満足です。

015aa.jpg

裏地はピンク。
そこにシャフトをピンクにカスタマイズしたクラブを入れて
・・・もう自然に笑ってしまいます。

022dd.jpg

バッグはシューズケースなのだけれど、
チャック付でカラスからも守れて、ラウンド中持つのにピッタリ。
M先生のアドバイスです。
KIMG0553bb.jpg

全部詰め変えて、自然に体が動き出し、
バッグの廻りをダンスしながら3周くらいしました。
020cc.jpg

お母さん壊れた・・・なんて息子が言っていたけれど気にしない。
自然にニコニコ。

たかがキャディーバッグと言うなかれ。
元気が出てきて、やる気満々です。

今月は私の誕生月なので、自分へのプレゼントにしようと思います。
早くラウンドにいきたいな。
一緒に選んで下さったM先生、有難うございました。

019bb.jpg

I’m so happy!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:18  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.13 (Sat)

慌ただしい生活

昨日の夕方は中高層建築物の現場説明会で、
近隣の方たちへ説明をしました。
地盤沈下、日照、プライバシー
工事車両の通行、騒音などなど
ご近所の方はいろいろ心配されています。
当然の事だと思います。
設計事務所さん、部材の供給メーカー、施工の我が社
いろいろ資料を準備してご説明しました。
完成を楽しみにしていますね。とおっしゃっていただいて
無事に終了。ホッ!!

そして本日の午前中はお引き渡し。
お若いご夫婦です。
もうじき、奥様とお子さんの誕生日。
素敵なプレゼントになりました。
たいへん喜んでいただけて、私もウルウルしました。
嬉しく、晴れがましい気持ち。
設計事務所の先生も、我が社の監督も、嬉しそうでした。

KIMG0547bb.jpg
KIMG0549aa.jpg

そのまま学習会へ出席。
昨日はマララさんが国連で演説をした日。
テロや貧困問題に立ち向かうには
教育こそが唯一の解決策なのです。
この言葉の重みを感じます。
今日は11月の公開学習会の会場がほぼ決定。

くたくただけどちょっと元気が出ました。
夕食の準備・・・今日はさぼりたいなぁ。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:58  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.10 (Wed)

The boy grew up

先日、長男と話した時、6月に横浜で開催されていた
アフリカ開発会議TICADの話題になった。

実際にアフリカ担当となり、出張でアフリカのいろいろな地に滞在し、
国内でも、アフリカからのお客様との接触があるとなると、
息子にも、彼なりの考えや意見があるのだろう。
当然だと思う。

それらをボツボツと話していた息子に、
私は自分の意見や気持ちを遂に口にはしなかった。
息子の考えや意見のベースになっているものは
どんな倫理観、哲学に根ざしているものなのか、
それを想像し、突き止めることも、困難に思われた。

私や夫の得られる情報は限られている。
実際にその地で生々しく仕事をしている息子とは
見ている物、感じ方の土俵になるベースそのものが
違ってしまっているような気がしたのだ。

親として、肯定も否定もできず。
同意も反対も唱えられず。
ただ、聴くのみ。

別に、そんなものを息子は求めてはいないのだろうが、
彼が困難に立ち至った時、迷いの中にある時、
何も与えられないのだな、という気分を味わった。

良い上司、仕事上で知り合った方、
息子をとりまくいろいろな出会いが
どうぞ豊であってほしいと祈るのみだ。

そういえば、と思いだし、結婚式の時、N君のお父様に
ご挨拶をさせていただいた時のことを息子には話してあげた。

あなたのことを覚えていて下さったよ。
就職先やアフリカのこともご存知だった。
何かの時にはいつでも話にいらっしゃい、って言って下さっていたよ。
と。
親は頼り無くても、心強いじゃない。
そう言ったら、笑っていた。

私は、
アフリカにしょっちゅう出張するのはとても心配です。
と言ったのだ。そうしたら、N君のお父様は、
大丈夫です。アフリカより山の方が危険で心配です。
とおっしゃった。

親は親。

母は、山よりアフリカが危ないと思ってる。

それでいいのだ。
親は親としての気持ちを伝えられれば、充分ではないか。

そう思おう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:11  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.08 (Mon)

フェアトレード・恵比寿三越で買い物

土曜日に恵比寿の三越にAさんと一緒に行きました。
私たちの高校時代の友人がかかわっているフェアトレードのNGOのお店が、
イベントに出店している、というので訪ねて行ったのです。

彼女はご主人のフィリピン赴任に同行して、
子どもたちが小さい時にフィリピンで生活していました。
運転手さんが居て、メイドさんが居て・・・なんていう話に
いいなぁ、フィリピン・・・などと能天気に思っていた私でしたが、
そんな甘っちょろいものではなかったようです。
その時の経験や、見聞きしたことが、
今の活動のベースにあることは、間違いないのでしょう。

アトリウムに出店していた何軒かのお店を廻り、
私もAさんも何点か買い物をしました。

私が購入したものの一部。
KIMG0544aa.jpg
籠のバッグとポーチ。
どれもたいへん丁寧な手仕事です。
下の緑のポーチはアフリカの物だそうです。
長男がお世話になっているので、一つ購入しました。

Aさんがアクセサリーのところに居た方と話しをしていたのですが、
現地の女性はアクセサリーという概念が無くて、
見たことも無いし、実際自分が身につけた事も無いので、
想像できないのだそうです。
だから、デザインしたり、商品を開発したりすることは、
とても困難なことだそうです。
指導して、その通りに、きちんと製作できるようになる、
というのが現状なのだそうです。

淡水パールやビーズ、捨てられてしまう動物の角などで
いろいろなアクセサリーが売られていました。
どれもとてもきれいで、なかなかステキでした。
でも、現地の女性は、身につけたことが無く、どんなものかも解らない・・・
なんだか同性として胸が詰まりました。
食べて行くことに精一杯なら、アクセサリーなど
身につける余裕が無くて当たり前ですものね。

友人が活動しているのは、
パクパク・ナティンというグループなのですが、
ホームページには、
経済的に立場の弱い女性たちが手がける手工芸品や食品プロジェクトの継続的な販売支援をしています。定期的に現地団体を訪問し、ともに商品開発をすすめています。
と書かれています。

ささやかですが、私も商品を使い、飾り、食べて
応援したいな、と思っています。

 寄付ではなくフェアトレードを
この考え方にもとても共感しています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:49  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.05 (Fri)

頭の中で星が飛ぶ血統

先日、怪我をした夫にはじめて会った長男は、
その姿にちょっと驚いていました。

すごいね。けっこう大怪我?

15針縫ったからな。血がすごかったよ。
と答える夫。

長男も昔、自転車で怪我をしたことがありました。
どこを見ていたのか、商店の袖看板に激突したのです。
その時の傷が、今も眉のあたりに3cmくらい残っています。
この時も救急病院に搬送されて、大騒ぎでした。

その時はそんなに痛くないんだよ。と息子が言えば、
そうなんだよ。痛みはあんまり感じなかったなぁ。と応じる夫

マンガによく、頭を打って星とか、火花とか出てる絵があるけど、
本当に、星が飛ぶんだよ。バンって。花火みたいなんだから。
お父さんも、星が飛んだ?

今回は星が飛ぶ、というより暗くなったな。
でも、高校時代にパンチを食らった時は、火花が散って、暗転。
気絶したことがあるよ。

などなど、夫と息子は頭部強打の話しで盛り上がっておりました。

人の気も知らないで能天気に話す二人に、
息子たち3人がここまで大きくなる間にも、
ずいぶんいろんなことがあったなぁ、と思われたのです。

迷子でパトカー出動、うんていから転落し鼻骨骨折
自転車頭部激突、泳ぎすぎ疲労骨折、深夜の喘息発作、
バスケで捻挫、激突、気胸に交通事故。
あっ家出騒動、謹慎処分などもありました。

数え上げればきりが無いけれど、
今、笑い話にできることは幸せで、有難い。
そんなふうにも感じました。

それにしても、夫はずいぶんなワンパクボーズだったようです。
もしかしたら、息子たちの怪我や心配なんて
可愛いものなのかもしれません。
しみじみ、義母もさぞかし、子育てたいへんだっただろうな、
と今さらながらに思うのです。

頭に包帯をして、ニッと笑う夫。
大昔のワンパクボーズが彷彿とされます。
それが・・・息子たちのバツが悪そうに笑う顔と
かなり似て見えて・・・思うのです。
血筋というのだろうか、と。

やれやれ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:23  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.04 (Thu)

お知らせ看板

木造4階建てプロジェクト、粛々と進んでおります。
先日はお知らせ看板を設置しました。

KIMG0533akabane.jpg
中高層建築物の場合、こういうお知らせ看板を出すことが必須です。

そして近隣への説明会をします。
開催日の5日前までに、近隣の方に説明会を開催する旨、
お知らせする必要があるのです。

それで、本日私はポスティングに廻って来ました。

zumenn.jpg
nitiei.jpg

簡単な計画図と日影図、それに説明会のお知らせを1セットにして
決められた範囲のお宅にお知らせするのです。

本日の予定はすべて完了です。

国交省の認定が降りた、というお知らせもあり、嬉しい日でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

17:23  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.02 (Tue)

6月30日

母のお気に入りだったお店で食事。

20年前、双子用のバギーに次男と三男を乗せ、
長男は夫と手をつないで、このお店にやって来た。

春夏秋冬、母は本当に良く通っていたし、私たちも連れて来てもらった。


013a.jpg
とにかく好きだったごま豆腐。

014dd.jpg
能登産の岩ガキ 

015c.jpg
お造り 積丹のばふんウニ アワビ アワビの肝 などなど

アユを干物に加工してさっと焼いたものも美味しかった。
旬の食材を供して下さった。母の好物、定番料理もあった。

味と共に甦るいろいろな記憶。
弟は年末におせち料理を取りに来た時のことなど話してくれた。

家族に囲まれて、美味しいものをいただく。
みんなホロ酔いで上機嫌。
孫たちもはしゃいで笑いが絶えない。
ここでの食事は、母にとっては幸せな時間だったのだろう。



あれから20年。
孫たちはビールを呑み、冷酒を呑み、ウマイ!!なんて唸っている。
年をとった店主の傍らには、若い板前さん。
味は続いていくようだ。


そして20年後、夫と私は居るだろうか?
息子たちがその家族と食事をしながら、
私たちの思い出話なんてしているかもしれない・・・


酔いが廻り、そんな想像もしてみた母のお命日。

all things being in flux through the endless circle of birth,
death, and rebirth; the circle of transmigration





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:55  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |