2013年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013'09.29 (Sun)

学歴ロンダリング

次男の大学へ行ってきました。
三男と同様、父母の集い第二弾です。

今は休学中だけれど、来年4月に復学し、所属する卒研の
担当教官の先生が個人面談をして下さいました。
次男のことを本当に良くわかっていて下さり、
進学希望ということもご存知でした。

インターンシップの会社での仕事は年末で切り上げて、
3月まで、短期留学に行ってみてはどうか。
推薦で院に進学できる成績だから、続けてしっかり勉強してもらいたい。
しっかり教育して、社会にちゃんと送り出します、
と先生はおっしゃって下さいました。
とても有難いお言葉でした。
でも、次男には、他大学の院に進学したい、という希望もあるようです。
そのことをお話したら、学歴ロンダリングにはあまり意味がない。
想像しているより、ご利益もメッキも長続きしないし、
要は、本人の実力、人間力です。と話して下さいました。
それはその通り。
でも、本人の他大学への進学希望の理由は何なのだろう?

夜、二人でちょっと散歩しながら話をしてみた。
先生が、学歴ロンダリングなら無意味だとおっしゃっていたよ。
と話したら、息子なりに、どこの大学のどの部屋に、
何のために行きたいのか、かなり具体的な理由はあるようだった。

年末までに仕事を切り上げて、短期留学、という話もしてみたけれど、
これにものっては来なかった。
シスコ?とかいう会社の人と一緒に何かができることになったとかで
それが相当魅力的な様子。ルンルンと高揚して話してくれました。
(シスコーンではないらしいが、意味不明)
先生は有難いと思うけど、自分の考えでやってみたい、
のだそうな。
推薦で進学できるのに、他大学の院試に落ちたらどうするの?
う~~ん、そしたら一般で受けさせて。

そう言って、無口に。
先生のところに残るのか、息子自身も迷いはあるようだ。


学歴ロンダリングなどという言葉は知らなかった。
結局、息子にアドバイスはできず。話を聞くのみ。
息子が納得するようにやってみるしかない。

親ができる手助けは、どんどん少なくなっていく。

またまた実感した秋の夜の息子との散歩。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:52  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.27 (Fri)

お助け人

仕事上でも、プライベートでも、困った!!という時に、
相談できる、頼りになる人たちが、私のまわりにはたくさん居ます。

仕事を介して知り合った方、
学生時代の友人、
お客様であったりもします。
その方たちに支えられているのを、日々実感します。


昨日も会社に高校の同級生Iさんが来てくれました。
同じく同級生のAさんは、ほぼ毎日仕事に来てくれています。
仕事の話が終わってから、3人でミニミニクラス会。
ほんの立ち話でも楽しい一瞬でした。



Aさんは仕事だけではなく、
タマにこんなステキなプレゼントまで下さいます。
chann1_201309271010505aa.jpg
これ、彼女の手づくりです。
身につける時、いつも胸がポッと暖かくなる感じがするのです。
元気が出て来ます。


こうして、たくさんの人に支えられている私の日常は
人との出会いも困難なことも、全てひっくるめて
大きな摂理の中にあり、守られている。

今日あることを喜んで、励みます。
本当に有難うございます。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:13  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.25 (Wed)

仕事のスタンスと置かれた場所

私は夫が経営する建設会社の専務なのだけれど、
なんで建築を勉強した訳でもなく、
ぜんぜん関心もなかった分野で
仕事をしているのだろう?
とふと思う。

どうして、こういうことになったのか?
自分が建設会社を興したかったわけでは決して無く、
とどのつまりは、夫のために何か手伝いたい、と思った、
それが全てだったのだ、と思うのです。

銀行へ行き、会社の掃除をし、お客様にお茶を出し
図面のコピーから見積書の作成まで
(当時は見積ソフトなんて無かったので手書きでした)
とにかく、あらゆる雑用を手伝って、
夫が本業に専念できるように、
と願っていたのです。

社員も増え、規模が大きくなった分、責任も重くなり、
お手伝い、などといってはいられなくなったけれど、
基本は会社を取り巻く皆さんや、お客様、
それに社員のみんなに、何か少しでも役に立てれば、
という主婦感覚なのだと思うのです。
家庭内でも同じで、私の都合じゃなく、家族の都合。
それに合わせてウロウロと働く自分。

小さい時、何になりたかったのだろう、と思い出してみると
建築は全く思いつかない仕事だったのだから、
人生どう転んでいくかわからないなぁ、と思う。


置かれた場所で咲きなさい
という本を読んだことがありました。

私の置かれた場所。
ここ。
幸せだ、と感謝して暮らしているだろうか。
咲けない日には根を張るように、と書かれていたっけ。
いじけていてはいけない。
地道にコツコツ日々の暮らしを続けているだろうか?


多忙を言い訳にしないで、
私の置かれた大切なこの場所で、
日々、花を咲かせることができますように。

置かれたここが、私の居るべき場所なのだから。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:51  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.23 (Mon)

下馬の集合住宅

設計事務所のKUSさんが手がけていた下馬の集合住宅。
遂に竣工して、昨日見学会に行かせていただきました。
木造4階建てプロジェクトのオーナーさんと一緒に出かけました。
各大学の建築科の学生さんや設計事務所の方など
たくさんの方が見学されていました。

008a.jpg
斜格子モックアップが美しく、
事務所で見せていただいた模型よりも
ずっとステキな建物だと思いました。

004b_20130923150607d75.jpg
5階のお部屋。気持ちの良い空間でした。

計画から10年かかっての竣工。
小杉さんにはお目にかかれなかったけれど、
どんなに感慨深いだろう、と想像しました。

我が社がかかわる木4プロジェクトも、
当初の予想以上に時間がたっています。
開発し、実験をし、認定を取得しつつ進む仕事というものを
はじめて経験している最中ですが、莫大な時間とエネルギーを
必要とされる仕事だということを身に沁みて実感しています。

帰りにオーナーの方とお茶をいただいたのですが、
彼女もまた、費やされた時間、費用、エネルギーの大きさを感じていました。
でも、ため息をついてばかりはいられません。
私たちも竣工を楽しみに頑張りましょう、と話し合いました。

下馬のプロジェクトが可愛らしい本にまとめられていて、
受付に飾られていました。
1Fのカフェスペースで内海さんと小杉さんに講演をしてもらおう、
などと楽しい夢も話し合いました。

建築地は今更地になりました。
着工・・・Coming soon!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

15:07  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.22 (Sun)

自戒をこめて、心を亡くさないように。

朝夕はずいぶん爽やかになり、秋を感じます。
日中の強い日射しでも、カラッと爽やか。
真夏のねっとりまとわりつくような暑さとはずいぶん違って感じます。

仕事に追われ、ベストシーズンなのに、
ゴルフも登山も食べ歩きにも、夫と出かけることは出来そうもありません。
私もかなりの過密スケジュール。
読みたいと注文していた本も、展覧会のお知らせも、放置。
仕方ありません。

仕事の時間は苛酷です。

コツコツと地道な作業の繰り返し。
あきらめないで知恵を絞り、人と会い、調整していく。
決断を迫られるその時には、迷いに迷っても、
心の中でそっと祈り、進んでいくしかありません。
誤った判断ではありませんように。
守って下さい。

でも、それを乗り越えた先には、完成の喜びがあります。

心をすり減らしてしまわないように、
仕事をさせていただけることを感謝できるように、
といつも思うのです。

明日のことを思いわずらうな。
明日のことは明日自身が思いわずらうであろう。
一日の苦労は、その日一日だけで十分である。
マタイ伝6章
季節の移り変わりを喜び、
感謝して一日の終わりを迎えられますように。

さあ、今日も頑張ろう!!
(今日はこれから、下馬の木造のビルの見学です)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:02  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.20 (Fri)

六本木ヒルズ イタリアーノレスタジ

昨晩の食事会は、六本木ヒルズ イタリアーノレスタジでした。

お料理もワインも良かったです。

KIMG0641a.jpg
前菜3種。ガスパチョにはじゅんさいが入っていたような。
手前のオリーブのフライ、美味しかったです。これ、好み。

d_20130920170358181.jpg
マグロのカルパッチョとたこ。スモークしてありバルサミコのソースと良くあいました。

KIMG0645b.jpg
サーモンのパスタ

KIMG0646c.jpg
牛フィレとフォアグラのロッシーニ。フォアグラ、濃厚でとろけるようで、満足。

フォカッチャも美味でした。


9月の旅行に私は参加できなかったのですが、
皆さんは北海道に行き、昨日たくさんのお土産をいただいてしまいました。
どれもみんな美味しそうで、本日から順番にいただこうと思っています。
有難うございます。

料理とワインとおしゃべりに
仕事を忘れられる時間でした。

外に出て見ると、煌々と光る満月が。
幸せな秋の宵でした。


もう忘年会のことが話題になり、あれこれお店の候補が上がりました。
早いな。
良い1年として締めくくれるように、スパートせねば。

そんなことを思いながら、月を眺めながら
ほろ酔いで帰宅しました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:22  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.17 (Tue)

台風一過

今日の東京は、昨日と一変、
秋らしい気持ちの良いお天気でした。
でも、被害に遭われた方を想うと胸が痛みます。
心から、お見舞い申し上げます。


昨日の台風は、東京でもかなりの強風と激しい雨でした。

嵐山の渡月橋の映像にびっくりし、
窓にたたきつけるような雨音、風に
現場がどうなっているか、長男はどうしているかしら、
と不安になりました。
さらに群馬で突風があった、とか前橋に警報、などのニュースに
実家や知人の消息も気にかかり、いろいろ連絡してみました。

長男には「東京に居るのですか? 台風は大丈夫ですか?」とメール
実家にも電話をして様子を聞きました。

息子たちもどこにも出かけず
夫と私は一日中、会社で仕事をしていました。
電話も無くて、かなり集中。
気づけば、夕方になり、お天気もおさまっていました。

携帯には実家の姉から、
「電話の時がピークでした。今は青空が見えています。」
とメール入っていました。
けれど、長男からは音沙汰無し。でもきっと無事なのだろうな、
と思い、仕事を切り上げました。

深夜0時頃、携帯が振動。
見れば長男からでした。
「一日仕事してた。台風は大丈夫でした。」

これから帰宅なら終電かしら?
もっと早く返信してくれればいいのに。
とは思ったけれど、
「はい、良かったです。群馬がたいへんだったから心配しました。
幸い、みんな被害はありませんでした。元気でね」
と返信しました。

布団を抜け出し、リビングに行ってみると
煌々と月が出ていました。
窓をあけると涼しい秋の風。
ふっとエレカシの今宵の月のようにが浮かびました。

・・・
明日もまたどこへ行く
愛を探しに行こう
いつの日か輝くだろう
あふれる熱い涙

明日もまたどこへ行く
愛を探しに行こう
見慣れてる町の空に
輝く月一つ

いつの日か輝くだろう
今宵の月のように・・・

遅くなっても返事をくれたから良し。
元気で頑張りなさい。

月夜の道を帰って行く息子の後ろ姿が
夜空に見えたような気がしました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:09  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.16 (Mon)

パブリックコメント・・出しました。

「秘密保全法案」について、政府は概要を公表して、
一般から意見を募集しています。(9月17日が〆切りです)

この法案の何が問題か、
「国の存立にとって重要な情報」
を政府が「特別秘密」に指定して、

秘密をあつかう人、
その周辺の人を

政府が調査・管理する「適正評価制度」を導入して、

「特別秘密」を
漏らした人、
それを知ろうとした人は
厳しく処罰される・・・
などを柱にしているのです。

「特別秘密」の範囲がとても曖昧です。
行政機関が特別秘密を認定して、第3者のチェックは無し。

国民に対して都合の悪いことはすべて秘密にしてしまうこともできそうです。
マスコミの報道についても厳しい制限が加えられて、
私たちの知る権利が脅かされる危険があります。

とても恐ろしい法案だと私は感じています。
国民が一番正しい情報を知りたくて、国に都合の悪い情報。
私は原発が浮かびましたが、この他にもいろいろあると思うのです。

藤原紀香さんの Norika Fujiwara (藤原 紀香)に
とてもわかりやすく、書かれています。
リンクを貼り付けます。是非読んでみて下さい。
Norika's Diary

日本弁護士連合会のパンフレットもわかりやすいです。
こちらのリンク。
エッ!これがヒミツ?
あれもヒミツ!


国民として是非、意見をパブコメに送りましようよ。
ちなみに、未成年でもOKですよ。

国の情報は、公開が大原則のはず。
国民には、知る権利があります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:33  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.15 (Sun)

ラーメン屋さんの昼食1

ジムの帰り、2週連続、ラーメン屋さんでお昼をいただいています。
池袋に近いその通りには、駐車場がたくさんあって、
道の両側にけっこうな数のラーメン屋さんが並んでいるのです。
ここを制覇しよう、と夫は考えたのかもしれません。

先週のお店は、とても愛想が悪い店主のお店でした。
慣れないものだから、私たちもトンチンカンだったかもしれません。
メニューはありますか?
無い。
どうも張り紙、及び黒板から判断するようでした。
夫は一番目立つ張り紙「名物 激辛そば」を注文。
私はワンタンメンにしました。
魚介の味がする、こってりしたスープに太い麺。
かなり量が多くてたいへんでした。
残すと怒られるような気がして、全部食べました。
味は、少し濃かったけれど、チャーシューもワンタンも
味卵も、それなりに美味しかったです。
で夫はと見ると、全身から汗を吹き出しながら麺と具材を
そ~~~っと食べていました。
お水はピッチャーごとそばに持ってきて、ガブ飲み。
最後に一口だけスープをいただいてみたけれど、
口がしびれた感じで、辛さの他は味がよくわかりませんでした。
となりの席のお兄さんは、慣れているようで、
ご飯と生卵を注文して、ラーメンのスープにご飯を入れて
さらに生卵をかけて食べていました。
そんな食べ方にビックリ。

食器は自分で片付ける。
おいくらでしょうか?
なんて聞いてはいけない。
ピッタリ用意して、カウンターにバシッと置いて
ごっそうさん、みたいに言って店を去ると、
店主の声を聞くことができるようです。
まいど!!

私たちのように、
申し訳ありません、5000円札しか無くて、
なんてモタモタしていては、店主の声は聴けません。

お店の外にまで椅子が並べてあったから、
人気があるのかもしれませんが、
夫、もういいや。
私も同感でした。
異様に汗をかき続ける夫と家に帰りました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:55  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.14 (Sat)

巣鴨と言えば

巣鴨方面へ用事があって、バスで出かけました。
高校の通学に使っていたバスです。
充分に間に合うはずだったのに、なんと少し遅刻。
うっかりしていましたが、今日は14日。
とげぬき地蔵の例大祭でした。
4のつく日は例大祭なのでいつも大混雑するのです。
地蔵通り商店街は、お年寄りの原宿なんて言われていますものね。
年配の方がとても多くて、超高齢化社会を体感しました。

母校では、今日、明日と創作展が行われているそうです。
昔は、行事週間といって、2週間くらいぶっ続けで、
体育祭、芸能祭、創作展とやっていました。
体育祭はクラス対抗、創作展はクラスの他にサークルの展示もあり、
創作展大賞、なんていうのがありました。
今は、中高一貫になって、クラス数も半減して、
どんなふうにやっているのでしょうか?
それにもう少し時期が遅かったと思います。
ずいぶん早くなって、受験対応でシフトしたのかしら?
なんとなく、のぞいてみようか、という気もおこらず
スルーして帰って来ました。

高校時代はたったの3年間。
でも、あの高校で過ごした時間は、私の宝物です。
ありのままの自分をさらけ出して、安心しきって過ごせた安住の地。
友達と濃密にかかわり、学校の中では、私は自由だった。
長い年月がたってしまったけれど、
人生の中で、奇跡の時間だったように思うのです。

今の在学生は、自由なのかしら・・・?

巣鴨界隈に行くと、なつかしさと共に甦る
私の高校時代です。

少し遅刻はしたものの、無事に用事を済ますことができ
また、高校時代のように、バスに乗って帰って来ました。
さよなら・・・私の母校。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:39  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.13 (Fri)

若者の様子

アルバイトに来てくれているO君。
いつも小さいノートを持っている。
CADの使い方、積算の拾いの方法、わからなかった言葉の意味
質問する時は必ずノート片手で、メモをとる。
チラと見えたノートには
英語・数学・ピアノ やる!!
とか、買い物や食事の金額の走り書きと思われる数字が見えた。
わき目も振らずに仕事している姿からは
几帳面に、計画的に勉強している姿が想像される。
真面目で真摯な態度が好ましい。

偶然、三男がバイクで走る写真を見た。
レーサーのような衣服とヘルメットを見につけて、
サーキットのコーナーを走っているところ。
体を倒して膝をこすっているようにしか見えない。
怪我しないのだろうか?

三男の大学は、学生をとても信頼してくれているように思う。
自動車クラブやバイククラブも大きなガレージと
整備工場のような設備を持っていたし、
鳥人間コンテストに出場するサークルも
巨大な格納庫みたいな場所を使っていた。
思う存分のめり込んでいる息子。
いいなぁ。我が母校はとても規則が厳しくて、
登山に行く時はOB同伴でなければ許可してもらえない。
忙しいけれど、昨日夫はヘッドコーチのK君たちと学生課へ話に行った。
どうなっていくのかな・・・?

三男は車も好きみたいだ。
夫の車をこすって大金を弁償中なのに、
運転したいオーラが見え見え。
V6よりチョクロクがいいかな、とか、やっぱV8か?
みたいな、私には意味不明な言葉を言い、
あ~車買いたい。と言う。
ちゃんと勉強して、早く卒業して働いて下さいな。
宝くじ当らないかなぁ・・・・
えっ、そっちなの。

次男はこの夏も免許を取りに行かなかった。
来る日も来る日もインターンシップ。
そのうち。という返事だけで、サラリーマンのような生活をして
夏が過ぎて行った。
同じ兄弟でも、だいぶ違う。
インターンシップは1年だから、
残り半年を悔いの無いように過ごしてもらいたい。
4月からは、研究室。その先の進路のこともある。
どんなふうになっていくのかな?

長かった夏休みもいよいよ終わり。
来週、休み明けからお二人さんの後期が始まる。


002aa_20130913165708751.jpg




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:00  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.12 (Thu)

我が家のサラメシ2日分

b_201309121810418ee.jpg
きんぴら・プチトマト・エリンギの豚肉巻き・ウインナー・出し巻き卵・砂肝の南蛮漬け

お昼休みにテレビをみるのだけれど、
今日はサラメシをやっていました。
この番組、私はけっこう好きです。

全国各地、いろいろな土地で働く人のお昼ご飯を見せてくれます。
お弁当あり、まかない食あり、お店のランチあり。
どんな食事にも、作ってくれた人の気持ちが込められているように感じます。
その気持ちを、知らず知らず受け取っているから、
みんな幸せそうに、美味しそうにいただいているのだろうな、と思えます。

でも、我が家はお弁当派なので、やっぱりお弁当が気になります。
今日登場した方は、ずっとおにぎりを自分でつくっている人でした。
毎日同じだそうですが、飽きない、と言っていました。
おにぎりを自らつくって食する。
この方にとって、ランチは儀式なのかもしれません。

私は、お弁当を持って出てくれると自分が安心なのです。
食べそびれて、お腹を空かせたままなのじゃないか?
どんな物をたべたのかしら?
ちゃんとバランスはとれてるかしら?
しょっぱすぎないかしら?
などなど、お金さえあれば、どうにでもなるのかもしれないけれど、
立ち食いそばなど食べている姿を想像すると、気になるのです。

自己満足かもしれないけれど、私のお弁当は、安全、安心。
そこそこ、美味しいぞ。
だから、少々の早起き、労力も苦にならないのです。
三食とも、私のつくったご飯を食べている率は、相当高い。
息子たちからは、趣味、と言われるけれど、
いいのです。これからも続けます。

004a_20130912181451ed2.jpg
千切りキャベツ・ぶりのソテーきのこのあんかけ・ひじき・出し巻き卵




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:16  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.11 (Wed)

食欲の秋

本当は、明日から3日間、穂高へ行く予定をしていました。
ずいぶん早い時期に決めていたのに、
夫と私の仕事の都合でキャンセルになりました。
お休みをとって下さったのに、申し訳なかったのです。
でも、皆さんは予定変更して下さって、明日から北海道旅行です。
楽しんで来て下さいね。

Aさんも、本当は今週、四万十へ旅行のはずでした。
でも、彼女はご家族の都合でキャンセルになり、
毎日仕事に来てくれています。

お昼休みに
仕方ないけど、つまらないね。北海道に行ったつもりで、
デパートでカニとかお肉とか豪勢に買い物しちゃおうかな。
と言ったら、
もうすぐ東武で北海道展やるわよ。DMが来ていた。
とAさん、耳より情報を教えてくれました。
よ~し、行こう。
イートインで食べて、買い物もいっぱいしようね。
などとその時は話していましたが・・・
やっぱり出かけたいですね。

お正月くらいは休めないだろうか。
久々に、北海道でスキーなんていいなぁ。
などと夢想しています。

秋は美味しいものが一杯出てきますよね。
新米、新そば、まつたけや栗、梨、
日本酒のひやおろしにボージョレヌーボー、
さんまや戻り鰹・・・

それで、ダイエットしたいなどといっているのですから、
なんたる矛盾。

夫は外食に出かける時間も惜しんでいるのですから、
これは、ダイエットしなさい、という天からのおぼしめし。
そう思って、東京でせっせと仕事しましょう。
(あぁ、でも残念)
031a.jpg
032b.jpg
033c.jpg
040d.jpg
写真は去年の今ごろ出かけたレストラン。

ダイエット・・・
前途多難です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:43  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.10 (Tue)

母の持ち物

クリーニングの下見に来て下さった業者さんは、
技術力もある、とても良い業者さんでした。
見積はまだ出ていませんが、即決して、
カーテンを持って行っていただきました。

ついでに、カーペットのクリーニングについても聞いてみました。
大理石の床の上で手洗いすることや、
ヨーグルトをベースにした漂白剤を使用することなど話してくれたので、
こちらも大丈夫、と判断し、カーペットのクリーニングも依頼しました。
ある程度の出費は覚悟です。


母が大事に使っていたいろいろな物は、
今私が引き継いで使っているけれど、管理し、手入れしながら
息子たちは使ってくれるだろうか?
とふと思うのです。

そろそろ家具も手入れの時期です。
張替え、細かな傷の補修をしていただき、掃除、お化粧直しをして、
また納めていただくのです。
これもなかなかたいへんなことです。
大きいし、重いし、簡単には移動できません。
引っ越しなどがあれば、使い続けるのは難しいかもしれません。

母から引き継いだいろいろな物。
手入れ、と言っても息子たちにその方法を伝えるのも、
そういう価値感を持たせるのも、困難な気がします。

愛着があるので彼らが大切に使ってくれたら本当に嬉しいけれど、
私が使える間は使います。

でも、その先は・・・
お母さん、お許しを。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:47  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.08 (Sun)

お休みの日の時間

昨日、夫とともに告別式に行き、
最後のお別れをしてきました。
新築工事の時には、小中学生だったお子さんたちは
皆さん全員親になり、立派な壮年でした。
親の生きざまが、子どもたちに何かを残し、
それが子から孫へと伝わって行く。
夫や私の心にも、強烈な一しずくを残されました。
それが今も波紋のように広がっています。
お別れです。

今日は、午前中夫もジムに行く時間をつくり、運動してきました。
体中の血液が流れ始めたみたいな気分。
ジムじゃなくて、山に行けたらもっといいのに。
山を歩きたい!!
ゴルフもしたい!!
・・・そのために仕事を片付けなければ・・・頑張るぞ!!

今年、私の加わる会では、会報誌を発行する年になっている。
自分も書評を出したのだけれど、他のメンバーの方から上がって来る原稿を見ると
身のすくむような想いにとらわれる。
選んだ本といい、書評に書かれている内容といい、
同じ雑誌に掲載されるのも恐ろしい。
書き直したい、本から変えたい、とは思っても、できるのか自分?
いっそ私の原稿を没にしてもらって、叔父に寄稿してもらえまいか、
なんて姑息なことも考えてしまう。
どうにかせねば、と長男の本箱を漁っていたら
息子の書いたレポートなどを発見。
本箱の前に立ったまま、いくつか読んでしまい、気付けば薄暗くなっていました。
何てこったい!!

月曜日は、クリーニング屋さんがカーテンを取りに来てくれます。
母御用達だったドレーパリー屋さんは、クリーニングの時にも
代わりのカーテンを取り付けて行ってくれるなど、とても丁寧。
気に入ってはいたのですが、お値段もとびきりで、ちょっと考えました。
お安いカーテンなら毎回新調できてしまうような値段なのです。
もう年数もたっているし、今回はもう少しリーズナブルに済ませたい。
果たしてどんな感じでしようか。良い業者さんだったら嬉しいな。

さて、夕食の準備です。
さしたることもできずに一日が過ぎて行く。
早いなあ。
でも、この感じがお休みなのですよね。
ジムに行った以外、机にへばりついている夫・・・
ご苦労さまでございます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:39  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.06 (Fri)

後ろめたいオリンピック

2020年オリンピックの開催場所がもうじき決まるという。
テレビでは、東京開催を待ち望んでいるような映像がたくさん流されている。
五輪カラーのお神輿、ライトアップされた東京タワー
増上寺のキャンドルアート・・・

私は、五輪招致、などと言ってて良いのだろうか、と正直思ってしまうのだ。
その予算、労力を全部福島、原発に振り向けられないものか、
そんな気持ちが根底にあるのだ。
それとこれとは別、みたいな具合に割り切りがつけられない。
今なお、原発事故の真っただ中にある福島に、
後ろめたい気がするのだ。


五輪は都市単位で開催するものなのだそうだ。
東京なら、選手村もマンションとして売却できるし、
新国立競技場も、充分に満員にするイベントができる。
投下資本は回収できて、経済効果もある。
長野は赤字だったけれど、東京はそうはならない。
デメリットが無いのだそうな。
経済学者の人がそんな話をしていた。
そうかもしれません。


でも、やっぱりひっかかる。
あと7年で福島はどうなっているのだろう。
崩壊した原発建屋の中に放置されている核燃料、
メルトダウンした核燃料の残骸、
汚染水はどうなっているのだろう?
余談を許さない、と感じるのは私だけだろうか。


日本で五輪開催を目指すなら、
完全復活を遂げて、安全安心な街に生まれ変わった
東北、福島の地でオリンピック開催を目指してはどうだろう。
それを不可能、とは言いたくない。
そんな五輪招致なら、心から応援できるような気がするのだけれど・・・




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:00  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.05 (Thu)

お別れの時

夫が、独立する前に勤めていた会社で、そこの現場監督として、
ご自宅の新築工事をさせていただいた方がいらっしゃいます。
長いお付き合いのその方が、亡くなられた、と知らせがありました。

ある会社の経営者の方で、とても個性的な方でした。
夫のことを買って下さり、親しくお付き合いをして下さいました。

いろいろな思い出があります。
長男がお腹に居る時に竣工したのですが、
その時、ずいぶんたくさんの金一封をいただきました。
そのお金で、夫は現場で傷をつけ、歪んでしまったメガネを新調し、
それから二人で六本木に行き、中納言で伊勢エビ料理。
あの頃、六本木にお店があったのです。
それでもまだお釣りが来たように思います。
あとは夫のお小遣いになりました。
二人で、有難うございました、とお礼状を書いたのでした。

長男が産まれてからは、私もご自宅に呼んで下さいました。
長男は2歳前だったと思います。
芝生のお庭でたくさん遊ばせてもらい、
バドリントンテリアのキャロンに大興奮、じゃれていました。
お利口さんのキャロンが我慢してくれたのだと思います。
我が家には、ピアノをバンバンやっている息子や
キャロンと芝生に居るところなど、写真が何枚か残っています。
夫はお嬢様の結婚式にも招待していただいたのでした。

昨年、しばらくぶりにメンテナンスのお声がかかり
おじゃましたら、ご病気で闘病されていました。
長男や息子たちの進路、会社経営のことなど、
たくさんの親身なアドバイスを下さったそうです。
私の遺言、と手を握っておっしゃったそうです。
6月には私にもお電話を下さいました。
父の出身地山口のこと、最近読まれた本のことなどを話しました。
そしてやはり会社経営のことで気付いたことを注意して下さいました。


電話に出れなかった夫の携帯に、奥様の携帯番号が残っていました。
それが何の連絡か、すぐに悟りました。

私はご主人様の生徒でした。ありがとうございました。
そんな言葉のショートメールを、夫は奥様に送っていましたが
・・・なんだか寂しくてたまりません。
ずっと見守って下さっていた方なのですから。

いつかは必ずお別れの時はやってくる。
ご葬儀に参列させていただいて、
しっかりとお別れをしなければ、と思っています。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:31  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.04 (Wed)

大学の保護者会Part2

息子が三人いても、大学の保護者会に出席したのは今回が初めて。
でも、今月末に開かれる、次男の大学の保護者会にも、
行ってみることにしています。

私学では、そんな会もあるらしいと、うすうす聞いてはいたのですが、
長男は都内の国立大学で、そこでも保護者の集まりがある、
と聞いた時には、ビックリ仰天でした。
親が集まって何をするの? バカバカしい。
と無視しておりました。
聞けば、全国各地から出席された親御さんもいらしたそうです。


なぜに気が変わったか。

私たち夫婦にとっては、大学4年で失踪し、
自死してしまった後輩の存在が大きいのです。

卒業研究も大詰めで、院への進学も決まっていた後輩が、
大学生活の何に絶望してしまったのか。
ご両親やご兄弟、おじい様、おばあ様の慟哭が甦ります。
そして樹海を探し回った山岳部の後輩やOBの姿。
悔いと共に、何故?という気持ちは、今でも心の奥底でくすぶっています。

上京されたお父様は、
便りが無いのは元気な証拠だし、私たちも子離れしなければ、と
下宿にも訪ねて行かないし、電話もかけないようにしていました。
でも、こうなってしまって息子がどんなところで勉強し、
どんな毎日を生活していたのか、できれば見たかった。
とおっしゃったのです。

同じ学部、学科で山岳部でも同期だったI君がお父様に
学内を案内してくれました。
研究室、学食、生協や談話室、部室・・・
本人が元気で案内できたならどんなに良かったか・・・

あのできごとが転換点になりました。

学生として生きる時間を保証したのだから、
そこをとやかく言うつもりは全く無いけれど、
どんな空気感の中で生活しているのか、それだけは
体感しておきたいな、それくらいは自分に許す、
と気が変わったのです。

その観点で保護者会には出席しました。
次男の時もそうするつもりです。

就職、成績、進路etcのことは、親より本人。
何だか妙だな、過保護だな、
という気がしているのは正直なところです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:54  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.02 (Mon)

保護者会at三男の大学

昨日は、三男の大学に行きました。
保護者会という呼び方ではありませんでしたが、
要するに、保護者への全体説明会&個人面談&学校案内
の会でした。

保護者の方たちの関心は多岐にわたっていました。
就職率、就職先、院への進学状況、成績から
学食のメニュー、キャンパス内の街路灯の数やセキュリティーetc
熱心というか、その質問、私などは思いもよらないものでした。
大学側からは、財務状況とか、指導体制とか、就職支援のこととか、
副学長さんが登壇されて熱心に説明されていました。

自分が学生だった頃には考えられないことです。
かなりの人数が集まっていましたから、親のニーズなのだろうな、
と思いました。
時代の変化とともに、自分たちも変わる。
夫と一緒に出席してみよう、と思ったのですから。

行って見て、三男の学生生活の片鱗を
少~~しだけ感じて来ました。
サークルの部室で誰かが何やらやっていました。
三男もあんなふうに整備しているのかな?

そこで久しぶりに事故で壊れた長男のバイクにも再会。
写真を撮って来ました。
KIMG0626aa.jpg
使えそうな部品を皆で利用しているみたいでした。

三男の成績、就職・・・これについては、
過去に自分の成績や進路に青息吐息していたのだから、もう充分。
三男の成績のことで、大学で個人面談するとは思ってもみませんでした。
本人の自己責任なので、私は関知しません
・・・とは言わなかったけれど、そんな気持ちもちょっとしました。

それとも、そういう時代ではないのでしょうか?

いずれにしても、頼り無い親なのだから、
自分でしっかりしてちょうだい、三男君、
という気持ちで呑気に夫と共に、新しい国際学生寮という
建物の見学をしてきました。

山岳部の部室、のぞけなかったのがちょっと残念でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:55  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |