2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013'11.30 (Sat)

地鎮祭・世間の声

先週、木造4階建てプロジェクトの地鎮祭を行いました。
テント2張り。20人以上の方に出席していただいた、立派な地鎮祭でした。

001a_201311301844275a1.jpg

003b_201311301844450a2.jpg

ここに至るまで、一般的な建築では考えられない様な時間がかかっています。

国交省の2012年度「木造建築技術先導事業」に採択されるまでのこと。
その後、1時間耐火の国土交通大臣の認定を取得するまでのこと。
たった2行に集約されてしまうことだけれど、
設計事務所のKUSさん、
部材を提供するミサワホーム総合研究所の方、
そして膨大な時間を待って下さったお施主様、
当事者全員にとって、本当に待ちに待った日だったのです。

木造で4階を建てる、というのも新しい試みですが、
ミサワというハウスメーカーが、
一般の設計事務所が設計した建物に部材を提供し、
さらに我が社のようなミサワのグループ会社でも何でもない、
一般の建設会社が施工する、というのも新しい試みです。

一つ事を進めるために、秘密保持の契約とか、
大企業ですから、法務に稟議をあげて、それからどうして・・・と、
意思決定にかかる時間も膨大なものでした。

でも、とにかくここまできました。

私は無邪気に嬉しかったのですが、KUSの内海さんは、
これからです。これからがまだまだいろいろあります。
とおっしゃっていました。

やったことの無いことをするのです。
問題が無いわけは無い。
でも、全員が同じ方向を向いているのですからクリアできないはずもない。
頑張るのみ、ですね。




こんなに時間がかかったこと。
費用だって当初の目論見よりも高額だったこと。
パット見では、木造かどうかわからないのに、一体、何のメリットがあるのか。
こういう意見を、私は当事者ではない方から、正面切って言われました。

けれど、
時間がかからないことや、安価であることを、
最大の目的としたわけではないし、
木造に見えるかどうかに重きがあるわけじゃない。

私たちは、社会的な意義を感じ、立派に竣工させることで、
責任を果たすつもりです。
何より、施主の方も、意義を充分に理解してくださっています。
改めて、感謝と敬意を表しますけれど、
世間の声、あなたの声に迎合するつもりは全くありません。
そんなふうに話して突っぱねました。

拘泥されている余裕などありません。前進あるのみです。

最後、
あなたにこういうお話は提案しませんからご安心を。
ご自分で建てられる時には、時短、安価、見栄えが良い、
を第一優先にして、事業をなさってください。
そう言おうかと口から出かかりましたが、呑みこみました。

指摘された事は、
今後改善していかなければならないことには違いないのですから。

謙虚に粛々と。
銀行関係、細かな契約、私も裏方として頑張りたいです。

世間の代弁者の方からは、良くしゃあしゃあと喜べるな、
などと言われたけれど、心から、地鎮祭は嬉しかった私です。

019c.jpg


理解してもらうことって無理なのだろうか・・・?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

18:47  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.29 (Fri)

ちょっと政治の話

特定秘密保護法案が衆院で可決してしまいましたね。
そうなるだろう、と予測はしていたけれど、
数による暴挙だ、と感じるのは私だけでしょうか。

先日の学習会では、入江曜子さんを講師に
「国定教科書の時代と今」というタイトルで講演していただきました。
戦時中は、国定教科書が、天皇は神だ、と教え込む道具に使われたのは明白です。
全国津々浦々、学校という機関を使って広めて行ったのです。
右であれ、左であれ、何か特定のイデオロギーに、
子どもの心を染め上げるための道具として、
教科書を使われることには、非常に抵抗があります。

国語、算数、理科、社会、その教科の背後にある、広くて深い学問の世界。
その入り口を垣間見せてくれるような、そんな教科書を望むのです。
文学、数学、哲学、物理、倫理・・・・真善美の追求
小さな子どもでも、その片鱗を感じることができるような教科書。
将来の進路を考えるきっかけにもなる、と思うのです。

014a_20131129191402d58.jpg


学習会の後、会員のHさんが持参していた古い写真を見せてくれました。
神宮外苑の学徒出陣壮行会へ、駒場の門を出て行進していく学生の姿。
壮行会での写真。
日章旗に寄せ書きをしているご家族の姿。
90歳を越えられた皆さんに、もう残された時間はわずかです。
私は、父からほとんど戦争の話を聞きませんでした。
語らなかったのです。
いえ、口にすることもはばかられる凄惨な体験だったのかもしれません。
習志野の野戦病院で終戦を迎え生き残ったこと。
お釣りの人生だ。と言っていたこと。
それしか記憶がありません。
語っていただくのはもう今しかないかもしれない、
と思っていたら、たまたま叔母から手紙が届きました。

・・・子どもの頃に経験した、戦前の空気に似ている気がします。
名前を変えた、治安維持法。ジャーナリズムは育つのでしようか。・・・
そんな言葉がありました。

それにしても、学生は何をしているのでしょうか?
70年安保の頃、私は小学生だったけれど、大きな違いを感じます。

声をあげ続けなければ、と思うのです。
そして、話を伺いたい、と思います。

入江さんのご著書「思想は裁けるか-弁護士・海野晋吉伝」筑摩書房
これも読んで年始に叔父と叔母のところを訪ねたいな、と思っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:22  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.28 (Thu)

寄り道・小田原城

川奈に行く途中で、小田原城により道しました。
ちょうど特別展示として「よみがえる小田原城」というのをやっていました。
江戸時代と同じお城への大手登城ルートの景観が復旧整備されたそうで、
そこを歩いて天守に登り、ゆっくりと展示を見て来ました。

明治になり、小田原城は廃城となり、売却されて解体されてしまったということです。
解体中の写真が展示されていましたけれど、
なんというもったいないことをしてしまったのか、という気持ちで一杯でした。
江戸時代の名残というのは、徹底的に排除したかったのでしょうか。
文化的な価値も無視してしまったそのやり方。
お城に愛着を持つ人たちの気持ちはどんなだっただろう、と思いました。

精巧な木製の小田原城の模型が2つ展示されていました。
製作された年代が異なると、屋根のカーブや装飾など少し趣が異なっていました。
1台は東大工学部の建築科が所有していたそうです。
よく、残っていたものです。
いろいろな資料を参照して、復元されたのだ、というのがよくわかりました。
作業中の写真もあり、夫は興味深そうに見ていました。
発掘された木材に刻まれている仕口の跡。
どんな大工さんだったのかなぁ・・・なんて想像をめぐらせました。

銅門 あかがねもんと読むそうです。
mona.jpg

この梁はちょうなではつって仕上げているそうです。
模様のようで、とても綺麗でした。

門の石積みのカーブ、石のでこぼこに合せて
木をぴったりと削る方法など、夫は説明してくれました。
046b.jpg
細かなでこぼこにもあっていて、すごい技術だと思いました。

いろいろなところで建物の見学をして、
夫の説明を聞いたり、見どころを教えてもらったりしているうちに、
建物を見ることも、私の楽しみになりました。

小田原提灯がなんで有名なのか。
小田原評定の意味もよくわかり、なかなか有意義な寄り道でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.26 (Tue)

別世界の時間

お休みをいただき、川奈に行ってきました。
のんびり前泊し、翌日はゴルフをしました。

川奈ホテルはとてもクラシカルなホテルでした。
今はプリンスの系列だそうですが、プリンスらしくないホテルでした。

062a.jpg

061b.jpg

060c_20131126200827aa2.jpg
あわびにウニのソースが美味。
e.jpg

重厚な内装のダイニングでゆっくりと夕食をいただくと、
東京での慌ただしさが夢みたいな気分になってきます。
ワインもとても美味しかったです。ソムリエさんはゴルフをなさるそうで、
コースの話もして下さいました。お酒がすすみました。

食後はここで夫と囲碁をしました。
066f.jpg

どなたもいらっしゃらなかったので、この空間を一人占め。
贅沢な時間でした。

夫も私も碁はヘタですが、母は強かったのですよ。
市ヶ谷の日本棋院にずっと通っていたそうですから。
父はもとより、父の弟(つまりは叔父たち)も、勝てなかったというか、
相手にならなかったそうです。
日曜日には、必ずテレビで碁の対局の番組を見ていました。

母に感化され、息子たちは3人とも囲碁をします。
長男は母に手ほどきを受け、本も買ってもらい、メキメキ強くなり、
小学校の時には、先生を負かすほどでした。
兄弟3人の碁は、信じられないスピードでパンパン、どんどん
打って行くのです。私はついていけませんでした。
長男が圧倒的に強かったので油断していたのでしょう、
ある時次男にも三男にも負かされて、真っ青になっていました。
それで、囲碁の本を隠してしまったのです。
姑息な対策ですね。
二人は探しまわっていましたが、お兄ちゃんが隠したかも、と気付き、
今度は、図書館に出かけて、もっと凄そうな本を借りて来て研究。
母と対局したりして、腕を磨いていました。
長男もまた、本を読んでは母と対局して、誰が一番強い?
などとしつこく聞いていたっけ。
最後は、真剣に勝負して、三者互角だったように思います。
長男は長年のお年玉など貯金をはたいて、かやの碁盤を買ったのでした。

嬉しそうだった顔がなんだかなつかしく思い出されました。
私は施設で母と囲碁をして以来。
最後は五目並べもできなくなっていました。

碁は夫の勝ち。
ゴルフの他に、ボケ防止に囲碁もしようか・・・
と提案してみたけれど・・・返事はありませんでした。


さて、今日からいつもの日常。
頑張りましょう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

20:16  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.22 (Fri)

柿・柿・柿

お餅まき検討中のお宅から、またたくさんの柿をいただきました。
ご自宅には相当柿の木があるのでしょうか。
日々、おじい様が収穫しては、お茶受けに出してくださるそうです。
そして本日は、餅まき担当候補の小学生君が
学校帰りに柿取ってきた~!と言いながら
たくさんの枝をブラブラさせながら帰ってきたそうです。
現場に居た方たちで分けて下さい、ということで
控えめにいただいてきた我が家の分です。
KIMG0763aa.jpg

想像するに、ご近所中に柿の木があって、
おすそ分けの必要が無いのかもしれません。
私は大喜びです。ご近所にもさしあげよう。
長男が大好物なので、メールしてみました。

おいしそうな柿が大量にあります。
取りに寄りませんか? 忙しければ送ります。
食べごろ、トロっとしたのもあるよ。母


そしたら、夕べ息子がやって来ました。
床屋さんにも寄って、柿をしっかり食べていきました。
息子はトロトロの柿が好きなのです。

柿を食べてる息子としばらく話をしました。

今のところ、今年はアフリカ出張がなさそうなこと。
いくつか資格を取得したこと、毎日20キロ走っていたら足を痛めて
今は運動ストップになってしまったこと。そしてけっこう太ったこと。

どうりで。見た目もポッチャリしていました。

仕事には思うところがあるのでしょう、本気で留学を考えているようでした。
夕食とビールを一緒に、と勧めてみたけれど、眠くなるし、ダイエット、
と断られました。帰ってやることがある、と言っていました。

かなりストイックな生活をしているように見えました。
スイッチが入っている顔。
このところ親の前では見せなかった表情でした。

柿うまかった!! と、帰って行った息子。

夫と二人で夕食をいただきながら、
本当に、長男も次男も留学するのだろうか・・・
なんて話しました。
二人とも、本気なんだろうな、と夫。
そうかもしれないなぁ、となんだか淋しい気がする私です。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

12:00  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.20 (Wed)

忙しかった今週

今週は、私も外に出る用事が多く、バタバタと落ち着かない日々でした。
ようやく明日は一日事務所で仕事ができそうです。

新築工事のお施主様からいただいた柿です。
001a_20131120172305a02.jpg

みんなで分けていただいたのですが、
とても甘くて美味しい柿でした。


このお施主様のところでは、3時の一服の時に、
おじい様といろいろな話しをするそうです。

上棟式の時は、是非とも、お孫さんに屋根の上からお餅撒きをさせたい、
というのがご希望なのだそうです。
アルバムを持って来られて、
母屋の上棟の時の写真を見せて下さったそうですが、
そこには、小学生の今のお施主様が
屋根からお餅を撒いている姿が映っていたそうです。

せがれにやらせたのだから、孫にも・・・
わかるような気がします。
でも、息子さんは、OKとはおっしゃらないそうで、
どうなるのでしょうか?


私は一度だけ、埼玉県の上棟式の時にお餅まきを経験しました。
私や息子たちまで呼んで下さって、ご近所の方たちと一緒に
大さわぎしながらお餅を拾いました。
ご近所の子どもさんたちに負けじと息子も必死で拾い、
あとは一緒に遊んでいました。

東京ではあまりというか、やったことが無かったので、
とても楽しくて、こういうのもいいなぁ、と思ったものでした。

家を建てるというのは大事業。
お目出度いことですものね。


明後日には、地鎮祭があり、
晴れがましく、嬉しいことが続きます。

良いお天気になりますように!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

17:26  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.17 (Sun)

バーゲンセール・夢見心地の時間

重いカバンやバッグはだんだん持つ気がしなくて、
軽い、ゲラルディーニばっかり使っているの。

いつだったか、友人とそんな話をしたのですが、
その友が、土曜日に青山でやっていたバーゲンセールに誘ってくれました。

その会場には、なんとゲラルディーニのバッグがたっくさん。
しかも平均40% offで、物によっては、もっと割引。
さらにタイムセールでは信じられない様なお値段で
バッグがドサドサっと出てきます。

興奮して舞い上がり、夢見心地の私。
数えるほどしか、バーゲンセールに行ったことが無いので、
まさに浦島太郎状態でした。

ハイになっている私に友人は冷静なアドバイスをしてくれて、
バッグを3つ、自分のスカートやセーターも、
見立ててくれて、買うことができました。
嬉しくて、嬉しくてたまりません。まるで子どもみたい。

帰り道は、青山のビルからプラブラ歩いて、
印伝のお店をのぞいたり、靴を見たり
さらにジュエリーリフォームのお店にも寄りました。

いつも、必要な物を必要な時に大急ぎで調達する、
というのが私の買い物なのだけれど、
素敵なお店を見て歩いて、こんなのいいな、とかこれステキ、
などと話しながら、あれこれ迷うのもとても楽しかった。
なんだか夢みたいに贅沢な時間でした。


夫に、Aさんと選んだの、と言っておみやげのセーターを出したら、
さすがAさん。着やすいし、きれいな色!!
と喜んでいました。

そして私の3つのバッグ。
カバン、一杯持ってるのに3つ・・・と驚き、
さらに、そんなにカバン好きとは知らなかったなぁ・・・
これ持って、銀行とスーパーに行くの?
などと言っておりました。

もっとステキなお出かけをしたいけれど、とりあえずは
階段を下りていくのみの出社に使って見ました。
(もうひとつは、もつと大きいバッグです)
002b_20131117184212c0c.jpg

それでも、とっても嬉しいです。

素敵な時間を有難うございました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:45  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.15 (Fri)

大塚変遷としゅくりあ

昨晩は、いつものメンバーで食事会。
私は今月2回目のしゅくりあさんでした。

昨日のワインは勝沼醸造の
アルガ ブランカ ピッパ 白
KIMG0752b.jpg


アルガ アルカサール 赤
002a_2013111514424018a.jpg

どちらもとても美味しいワインでした。
ワインリストには載っていないのですが、
お勧めを出して下さい、とお願いすると見つくろって下さいます。
そして、いつも間違いなく美味しい。特に昨晩は好みでした。

買い求めたいと思っても入手できないので、
そのことを話してみたら、やはり
長いお付き合いによって出荷していただけているのだそうです。
そうですよね。数に限りもあるわけだし・・・
またお店に足を運びましょう。・・・満足のお料理とワインでした。



ところで、過日食事をした大塚の割烹は、
偶然しゅくりあのオーナーさんが
一番最初に修行をされた料亭の方のお店でした。
名刺などをお預かりしていたので、昨日しゅくりあさんにお渡ししました。

今は閉店してしまった料亭のことや、そのご家族が今やっている
ふぐ料理屋さんとか、和食のお店など、いろいろ教えていただきました。

大塚は三業通りがあり、今も芸者さんが何人かいらして、見番もあるそうです。
私の記憶の大塚は、結婚式場と南口の天祖神社、武蔵予備校に英進予備校。
それにうろ覚えの料亭が何軒かです。
その1件がしゅくりあさんの修行されたお店だったとは!!

今年は駅ビルが開業して、駅自体も変わりました。
なんだか時間の流れをしみじみ感じます。

偶然だけれど、いろいろな繋がりがあって不思議です。
ご縁がありますね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:45  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.13 (Wed)

久しぶりの焼菓子と朝ドラ

息子から、
秋になったのに、全然お菓子焼かないね。
と言われていた私。
今朝は、お弁当が2つで少し余裕があったので、
天板バナナケーキを焼きました。
(突如思いたったので、冷蔵庫にあった材料のみでできるもの。
でも、バナナは少し足りなかったです)

オーブンから甘い香りが漂って来て幸せ。
息子が何焼いてるの? とのぞきに来ました。
出社前に完成です。
001a_20131113175940c06.jpg

毎日の食卓を整えるのは、たいへんな労力ではあっても
楽しい仕事でもあるのです。
きれいに平らげてくれると幸せを感じます。
お菓子が焼ける甘い匂いがキッチンに広がって、
しばし子どもたちが小さかった頃のことも思い出しました。
ボールやあわたてなど、手伝いながら息子たちはなめていたっけ・・・



ところで、同じ食事をつくるのでも、私は朝の連ドラ
「ごちそうさん」には違和感があります。

朝からいびられている姿も見たくないし、
人に家事をおしつけて、まずいのなんのと言っているのも
腹立たしくて、何でこんなドラマをやっているのだろう、
と思ってしまいます。
夫は、いやなら自分でつくりなさいよ、と言いたい。
と言っていました。

ドラマとは言え、女とは、嫁とはかくあるべき
みたいな宣伝になるのでは、と不快感一杯。

料理をした人の気持ちを受け取って食事はいただくもの。
家庭でも、お店でも同じだと思っています。
だから空腹だけじゃなく、心も満たされる・・・

連ドラは、あの時代の女性のおかれていた立場など、
もう少し社会的な視点ももちあわせていれば、
共感できる部分もあるのかもしれないけれど、
1家庭の中にだけフォーカスしてのああいうストーリーだと、
やっぱり私はいただけない、好きじゃないな、と思ってしまう。

今朝も見ないでケーキ焼いてたし!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:03  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.12 (Tue)

婦人の友・カリスマ主婦の家族に落ち込んだ頃

以前、婦人の友という雑誌をとっていました。
家計管理や家事のコツ、子育てのヒントなど、実に合理的で、
新米主婦だった私はずいぶん真面目に読んで、
実践しようとしていたものでした。


でも、ある時に止めてしまいました。

息子3人が小学校の中学年から中学、高校へと成長していく過程で、
あの雑誌を読むことがいたたまれなくなってしまったのでした。


家事分担をきちんとこなしている子どもたち(しかも思春期)
被服費を任せて、その中でやりくりし、手作りもしている女の子
夕食に間に合うように、息せききって帰って来るという息子や娘たち・・・
なんだか別世界の家庭のような気がして、
読むと滅入るようになってしまっていたのでした。

お手伝いはほとんどしない息子たち。
お年玉をはたいて豪勢に洋服を買って来ては
すぐにあきてしまう息子たち。
もしくは、ずっと同じ物を着続ける。
高校時代から夕食に間に合わないことが多くなり
大学の現在は、食事を食べるか否かの連絡すらもままならない。
激しい反抗の嵐にさらされていたような時間が続いていたのです。

私の何がいけなかったのだろう。
自分を責めては落ち込む、
または息子たちを言葉で説き伏せようと試みる、
そんなことに必死になっていた私でした。

堂々巡りのスパイラルにすっかり呑み込まれ、
雑誌を手に取ることもありませんでした。

あれから何年たったでしょう。
今年久々に手に取って見ました。
やはり登場している家庭は理想的に見えるお宅です。
主婦が出社する前の台所はシンクもピカピカ。
家事分担表に従って、家事を分担している子ども。
台所仕事を手伝っている写真が掲載されていました。

こうあって欲しい、と願っていた息子たちの姿。
こうありたい、と願った家庭のありよう。
それとはかけ離れているかもしれないけれど、
今の私は、滅入ったり、自分を責めたりする気持ちにはなりませんでした。

私は私なりに精いっぱいだったのですから。
それに、息子たちは私の料理を食べて、
とにかく家で大きな顔してのうのうとしている。
外でいろんなことにもチャレンジしている。

それで良いのだ。私が弱り切って何もできなくなれば、
自分でどうにかやって行ける力もあるでしょう。

ちょっとだけ冷静に読むことができました。
それに、どんな家庭でも、どんな子育てにも、悩みはつきもの。
そんなふうにも思えるのです。
たとえ記事の中にその片鱗をみつけられなくても、そう思えます。

社会的な視点も持ち合わせているとても良い雑誌を
読めなかった自分から脱却。
1年間の購読を申し込みました。


今朝のお弁当。
002a_20131112172709d16.jpg
息子たちにも必ず何かが伝わっている、と思っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:27  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.10 (Sun)

終わりの時

教会で高校時代の友人に会いました。
彼女の息子さんは、昨日この教会で結婚式を挙げたのです。
おめでとう、を言うつもりでいたら、
彼女のお母さまが、肺炎で入院してしまった、
という知らせに驚いてしまいました。
ジェットコースターみたいな1週間だった。疲れた。
と友は言っていました。
延命はしないで、自然に任せるつもりだったけれど、
酸素を使わないと厳しいかもしれない・・・
ポツリと彼女は言い、思案顔でした。

今、私の廻りの友人達は、介護の真っただ中に置かれている人が
少なくありません。

別の友人のお義母様は、家族会議の末に胃蝋の処置を受けられました。
義母は望んでいるのだろうか、と心を痛める友。
ご家族の方の悩みの深さを思います。

私もそうだったけれど、命の終わりを決めてしまうような決断は、
そんなに簡単にできるものではないのでした。

ある人の言葉が心に残ります。
彼女は、三人兄弟の中で、お兄様と弟さんを相次いで亡くされて、
一人残った子どもとして、お父様を見送り、
今はお母さまの介護をしているのです。

子どもたちが先立ってしまうなんてこともなく、
元気で居てくれて、自分の最後について、
一生懸命考えてくれているのだから
胃蝋でも酸素マスクでも、ベッドに縛られたって
母親は幸せなことだ、有難う、って受け入れるわよ。
だって母親なんだから。

そう言っていました。
そうかもしれません。そう思いたいです。

ご本人にとっても、そして廻りの人たちにとっても、
安らかな時間であるように。
そう祈りました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:08  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.08 (Fri)

高校時代の友達と

昨日は高校時代の友人と食事をしました。

会えばたちまちタイムスリップ。昔のままの気安さですが、
話題は年相応に様変わりしました。
親の介護、自身の引き際、健康問題、仕事の話。

高校時代だって悩ましいことが無かったわけではないけれど
進路、親子関係、恋愛、といろいろあっても
あくまでも自分にフォーカスした問題だったな、と思うのです。
今は・・・家族や仕事のことなど、
限り無く周囲とのことが問題になっている。
それぞれ難問山積でも、それが私たち世代の当たり前。
ド~ンと構えている皆と話していると、そんな気持ちになってきました。

なんとかなるさ。
どうにかしてやろうじゃないの。
ちょっと強気になりました。

本音トークに美味しい食事。
お酒がすすまないはずがありません。

KIMG0727a.jpg
KIMG0728b.jpg
c_201311081409438e0.jpg
KIMG0732d.jpg

良く話し、良く食べた楽しい時間があっという間に過ぎて
お開きになりました。


また、会いましようね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:11  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.06 (Wed)

食欲と腰痛の秋

先日、夫と食事に行ったイタリアンは、
自宅から徒歩圏内の月夜野さんです。

バーニャカウダ、きのこのマリネ、チーズの盛り合わせ
KIMG0712a.jpg

KIMG0713b.jpg

KIMG0717c.jpg

この他に鮮魚のカルパッチョや牛のひれ肉(ソースが美味でした)
などなど、写真を撮る間もなくいただいてしまいました。
こちらのイタリアンはオリーブオイルやガーリックが控えめで
やさしい、素材の味が楽しめるイタリアンです。

絶品だったワタリガニのパスタ。
KIMG0718d.jpg

満腹と言いながら、ドルチェまでいただきました。

食いしん坊の私はお隣のテーブルに運ばれたピザも、
モチモチしているように見えて、
さらにパリッという美味しそうな音も聞こえ、
相当に未練だったのですが、とにかく満腹で諦めました。

そしたら帰り道、夫が、次はピザにしよう。と言いました。
我が同類の食いしん坊。いつにしようかな~~!!


そして本日の下ごしらえは菊。
KIMG0722e.jpg

キッチンに菊の香が広がり幸せでした。
今夜は栗ご飯とこの菊の酢の物です。

食欲の秋は満喫していますが、スポーツがままなりません。
何故だか腰痛で昨日は座っているのも辛くなり病院へ。
パップ剤とロキソニンで、少し復活したけれど、
週末のゴルフレッスンは大丈夫だろうか?
ゴルフの自主トレが、正しくないスウィングだったのだろうか??


食べているだけだと恐ろしいことになりそうです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:38  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.02 (Sat)

今の高校生そして40年後の姿

昨晩、テレビで甲府第一高等学校の強行遠足を見ました。
105キロの道のりを24時間で歩くという伝統行事でした。

100年以上続く学校。
もとは男子校だったのでしょう。
壮行会には学ラン姿の応援団が出てきていました。
ここで、ふと我が夫の母校高崎高校を思い出しました。
応援団があって、応援歌があって、伝統校。
似た匂いが漂っていました。
でも甲府一校は男女共学になったようで、
女子生徒の皆さんは、男子に渡すお守りを作っていました。
本命君に渡すのは赤と白のギンガムチェックなのだとか。
青春ですね。なんだかいいなぁ。
(夫の母校はしぶとく男子校を貫いています)

友達が棄権したり、遅れたり。
仲間と歩いたり、一人になったり。
24時間のドラマ。
びっこをひきひき、友達と励まし合いながら
ゴールした高校生たち。
その姿にちょっと感動しました。
若いって素晴らしい!! 


ところでかってのバンカラ高校生だった夫も
40年の歳月が流れ、立派なおじさん、還暦までカウントダウンの年齢になりました。
昨晩は東京同窓会の総会があり、出席していました。
いつもは、楽しさの余韻と共に帰って来るのですが
昨日はなんだか様子が違いました。
聞けば、同期のTさんが心臓の大手術をして療養中だったのだそうです。

ペースメーカーを入れたんだって。あいつが!
と絶句。
一人ウイスキーを飲み直しておりました。
お見舞いに行く?
と聞いてみたら、やめとく。手紙を書いて、励ます。
そう言って、また飲んでおりました。


高校時代は遠くなりました。
でも、あの頃のように友を想いあえるのは幸せなこと。

皆さんの気持ちが届き、Tさんが回復されますように。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:29  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.01 (Fri)

秋のお知らせ

今朝、夫は散歩からザクロを拾ってきました。

KIMG0711b.jpg

夫の群馬の秋景色の中には、ザクロの実があるのでしょう。
とても懐かしそうでした。写真を撮って、とリクエストされました。
実は好きじゃない、と言っていましたが、つまんで食べてみました。
酸っぱい秋の味がしました。


そして会社にはいただきものが。

008c_20131101170611c06.jpg

大工さんの奥様からの頂き物。手づくりだと思います。
中にぎっちり入っている栗は、ブランデーの香りと程よい甘さでした。
とても美味しいケーキ。お茶の時間に美味し~い! と声が出ました。
とても手間暇かかったことでしょう。
有難うございます。


栗の渋皮煮、今年は忙しくてやめようと思っていたのですが、
こんな美味しいホームメードのお菓子をいただくと、
つくりたいな、という気がしてきます。

新栗のお菓子などは、いくらでも売っているのですが、
丁寧で素朴、やさしい美味しさはホームメードならでは。

どうしようかな、と悩ましい秋です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:15  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |