FC2ブログ
2014年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2014'01.15 (Wed)

都知事選のこと

東京は来月、都知事の選挙があります。
2011年4月にも知事選がありました。
震災で被害に遭われた方々に「天罰」と言い放った石原氏が当選。
予想はしていたけれど、なんだかなぁ・・・という気分でした。
翌、2012年、石原知事が衆院選へ出馬のため辞職して、年末にまた選挙。
猪瀬氏が当選して1年。作年末に5000万円問題で辞職になりました。
毎年知事選をしているようなもので、こんなにコロコロ変わるのは、
どう考えても全うなことだとは思えない私です。

政治家になると、良識というか感覚がおかしくなるのでしょうか?
猪瀬氏が、徳洲会グループから
無利子、無担保で5000万円を貸してもらった。
などと言ったのは、都民をバカにしているとしか思えないのです。
ワイロじゃないと言うのなら、人様からお金を借りる、
ということがどういうことなのか、驕りと高ぶりにまみれて
わからなくなってしまったのでしょうか。

細川氏も出馬会見をしましたね。
佐川急便との1億円疑惑など取りざたされていますが、
私は深夜に行われた国民福祉税構想の記者会見が印象に残っています。
消費税を福祉目的税に改めて、税率を3%から7%に引き上げる、
というものだったと思うのですが、この時、
自分が思いついたからって、唐突に勝手に発表しちゃうわけ!!
と憤りを感じたのでした。
民主主義の基本は話しあうこと。世論はもとより議会でだって
話し合いを深めてなんていないじゃない。
首相の思いつきで政治をされたらたまったもんじゃない!!
首相になると、何でも思うままにできてしまう、
と錯覚するものなのでしょうか?
憤りと共に、恐ろしいな、とも思ったのです。

数の力、権力。
その場にたどり着くために、選挙期間中は
有権者におもねるけれど、ひとたびその場につけば
聞く耳もたず、少数意見にも耳を傾けるとか、
丁寧に話し合って合意形成を図る、とか、
そういうスタンスとはほど遠く、無視されているとしか思えないのだけれど。


都民、国民、有権者をバカにしている、
ないがしろにしている、
そんなふうに感じることが多かったです。

でも、そういう人たちを選んだのは、自分も含めた有権者。
選んだ側の責任というのもあるでしょう。

誰に投票するのか。
息子たちにも、良く考えて、投票するように、
と話そうと思っています。

都知事選には50億円がかかるそうです。
3年間に3回の選挙。

本当に、未来を託すことができる知事候補を見極めたいです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:58  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |