2014年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2014'02.28 (Fri)

さよなら2月

2月も終わります。
今年の2月、本当にたいへんでした。


仕事の方は、大雪の影響で、まだまだ混乱が続いています。
連日、納期遅れのお知らせとか、3月の受注停止とか、
復旧の見通しが立たない、というようなお知らせが届きます。
対応可能、と思われるメーカーに発注が集中して、
そこもキャパオーバーで受注停止になる。
年度末に向けて、消費税増税前のぎりぎりで
たいへんなことになっています。

雪や、諸々の事情で遅れている現場の応援を頼もうと、
夫は実家に電話をしてみたのですが、実家の方もてんてこ舞いでした。
いつも、そんなに雪など降らないのですが、
しいたけ栽培の小屋とかハウスはのきなみつぶれてしまい
カーポートや物置なども壊れているのだそうです。
実家の作業場は雪の予報で補強をしておいたので無事だったとか。
作業はできるのだそうですが、追いつかない、と言っていました。

出来る限りの手を尽くす。
それしかありませんが、精神的にはおだやかではありません。
震災の後もこんな時期が続きました。
平常心を忘れないで乗り越えましょう。

さて、息子のちょっとした言葉に傷ついていた私に
やさしいコメントをいただき、有難うございました。
そんなに私はヤワじゃない!はずでしたが、
やはりちょっと悲しかったのです。

歯痛の悪たれ次男は、昨日のことなど無きが如く。
リゾットにミートソースをかけパルメザンチーズをかけたご飯を
ペロリと平らげていました。
甘ったれめ。
と心の中で言いました。


ところで、週末にはちょっと楽しみにしていることがあります。
友人からいただいたプレゼントです。
雪の国家試験日に車を出してあげたお礼だと言って、
夫と私にいただいた、マッサージのチケットです。
私はリンパマッサージ。
夫は骨盤矯正。
同じく同級生のA さんと相談してくれたのだそうです。
本当に有難う!!

是非、行こう、と喜んでいるのは私ですが、
夫は、なんで骨盤を矯正しなきゃならないの?
あなた両方やっていらっしゃいよ。
と消極的なのですが・・・
医師のSちゃんが勧めてくれているのだから、行かなきゃダメ!
と説得して、強制連行しようと思っています。
悶絶するか、くすぐったくて笑いこけるか、うっとりするのか、
夫の反応も楽しみです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:06  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.27 (Thu)

息子に傷つく

息子の言葉に傷ついている私。

長男の言葉
お父さん、本当に良く耐えてると思うよ。
お母さんみたいな人とずっと一緒ってあり得ない。
なのだそうだ。

そして次男
歯が痛くて、今日の昼はリゾットにしたのだが、
出かける時に、お昼はどうするの? と訊ねた返事。
置いとくしかしょうがないじゃん。何いちいち聞いてるの?
と不機嫌MAXの態度で出かけて行った。

長男には、お母さんみたい、とはどういうことか。と問い詰め、
次男には、ちゃんと食べられそうな食事を
別メニューで用意してもらっているのに、何という態度だ!!
と叱りつけても良いのかもしれないけれど、
どちらの場合も私はだんまりと黙りこんでいた。

彼らのリアクションが想像できて、さらに傷つけられるか、
もっと不機嫌の連鎖が大きくなってしまいそうだから。

自分が育ててしまったのだから、いたしかたない、
とは思うけれど情けない。
母だって人間。
傷つきもすれば、悲しい気持ちにもなるのだけれど・・・



それにしても、長男の言葉には考えさせられる。
自分は精一杯やっているつもり、と自己肯定的に生きて来たけれど
私の生きざまというか生活そのものが、どうしょうもなく
不快、負担に感じられるのかもしれない、そう思わされた。
知らず知らずのうちに、夫にも忍従の生活をしいているのか?

良い気になっているのは自分だけ?

しかし、つきつめていくと、欠点の無い人間など存在するはずも無く、
人間とは、そういうものだから、という優しさがあっても良いではないか。
あのようにはっきり断罪する長男の冷たさは、何に由来しているのだろうか?
私自身が自分の母親に対していた冷淡さ、そのものなのかもしれない。
でも・・・息子よ、あなたは、私と母親とのあれこれを聞いて、
理解しようともしないではないか。
そんなこともうだうだと考えてしまう。

自分の存在がそのまま許される家族でありたいけれど、
それは見果てぬ夢なのか。

神に許される、神に愛される。

わたしが自覚している罪をも、自覚していない罪をも、
出来れば自覚させ、そして、お赦し下さい

祈りつつ生活するしかない。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

10:52  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.26 (Wed)

冬には冬の楽しみが

平日は仕事と家事を廻していくことで目いっぱいなのですが、
週末は週末で、別の忙しさがあり、予定満載です。

ジムに行く。教会に行く。食材の買いだしと下ごしらえ。
たまにはゴルフに行き、家族の行事もある。
頑丈な体というか、体力に感謝しつつ、かなり欲張っています。

先週末は、山岳部の後輩が山荘の雪おろしに行っていました。
とても行きたかったのですが、残念でした。
冬の山荘は2012年の2月に雪おろしに行ったのが最後でした。

P2221286aa.jpg
後輩君からは写真付の報告が来ていました。
鹿島槍のスキー場でスキーをした、とも書いてありました。
スキーもしばらくしていないなぁ、滑りたいなぁ、と改めて思います。

子どもたちが小さい時は、長いお休みには、どこかへ連れて行きたくて
睡眠時間を削ってでも時間をひねり出し、出掛けていました。
息子たちも大喜び。良く遊びました。
冬は山荘に泊り、日中はスキー三昧。
天気が悪くても、かまくらをつくり、ソリで遊びました。
巨大雪だるまを作っては、ガケから落としてみたり。
テレビもゲームも無いけれど素朴に楽しい時間だったのです。
そういえば、天体望遠鏡を持ちこんで夜空の観察をしたこともありました。
凍りそうな空気の中、澄んだ夜空にクッキリ見える星。
月のクレーターや、土星の環が見えました。
たくさんの思い出が残っている山荘です。
yukidaruma.jpg
2004年の雪だるま

・・・もう徹夜してまで遊びたい、とは思わなくなりましたが、
タマに、山の写真やスキーの動画など見てしまうと
行きたいな~~と焦燥にかられます。

遊ぶことばかり考えてないで、掃除をして
まだまだある母の荷物の片付をしなさい。年相応に。
と、自分に言い聞かせてはいますが・・・

隙間時間には後輩君たちの動画や写真を眺め
うっとりしている私です。

次のチャンスを楽しみに!! また行けるよ!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:44  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.25 (Tue)

筑波国際カントリークラブ

日曜日に出かけたゴルフ場は、
直前予約ができて、しかも家から1時間ちょっと。
2バッグ割増が無くて、冬は特に混雑する関越沿いではない。
なんてラッキーなの。と出かけたのですが・・・・
世の中、そんなに甘くない。
なかなかたいへんなコースでありました。
山の中に無理やりつくったゴルフ場という感じで、
個人的には、あんなところに造っちゃダメでしょ。
という気分でした。
本当にトリッキーなコースでした。

KIMG0011BB.jpg

平らなところはほとんど無い!!
ガーンと打ちおろして、また打ちあげる。
さらに右や左にドッグしていて、ブラインドホールだらけ。
信号もあるのですが、ティーグラウンドでは、
物見やぐらみに登って前方確認が必須です。

KIMG0009AA.jpg

やぐらに登って見れば、前の前の組あたりの急斜面に動く物体が。
夫は、猿だ、と言い、
別の人は、ボールを探している人では?
なんて話していたら、やっとこ斜面を下りてきてプレイ再開。
どうもボールを拾いに行って、急すぎて降りられなくなった人のようでした。
第二打を打つにも、信号があり、目印に的が設置してありました。
でも、とにかくフェアウェイは狭いし、球が無くなる。
ナイスショットだと思っても、ロストボール。
バンカーに入っていて良かった、とはじめて本気で思ったコースでした。

しかも短めで、パー4でも、ワンオンが狙えそうで、
注意書きがありました。
ロングヒッターの方はグリーンが空いてからティーショットを打って下さい。
そうすると、ショートホールじゃなくても、溜まります。

2hole.jpg
アウトの2番ショートホール。174ヤードだけれど、どれだけ打ちおろすの?
という感じで距離が・・・ (写真はお借りしました)


こんなホールばかりが延々うねうね続いていて、
どうしろっていうのさ? みたいな気分になりました。
グリーンも2段グリーンやかなりの傾斜。
落とし所によってはたいへんなことになります。
もはやお手上げ状態でした。

それでも、気を取り直して、傾斜地のレッスンだと思うことにして
どうにかラウンドしてきました。
レディースティーでドライバーを使うと、すっぽ抜けそうで
午後からはレギュラーティーにしました。

山岳コース
高崎KGがすごいと思っていましたが、それに匹敵します。
いや、それ以上か。

フェアウェイにはカラスではなく、猿が居ました。
なんだかカラスの居るコースがステキに思えた。
すんごいコースでした。

ご飯は美味しかったのだけれど・・・もういいかな。
夫と意見が一致して、仲良く帰って来ました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:42  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.24 (Mon)

お客様

土曜日、長男がお客様をお連れする、というので花を飾ることにしました。

KIMG0003aa.jpg

桃の花、菜の花、チューリップなどなど
花器の中は、すっかり春の趣。

現れたその方は、花にも負けない愛くるしいお客様でした。
一緒に夕食をいただき、和やかな時間を過ごしました。

KIMG0007bb.jpg

考えて見れば、息子たちもお年頃。
お付き合いしている人が居たって不思議は無いのだけれど・・・

大学の同級生だと言うその人は、
在学中は息子とは接点が無かったそうだ。
ちゃんと学校に来てた? あんまり見かけなかった。
とのこと。
息子よ、どこで何していたの?
本人は、昔の話はもういいから。時効。
なんてため息をついておりました。

クラスの幹事なのだとか。
さらに、お給料日前だし、
という良くわからない理由ではあったけれど
娘が居ない我が家には、華やかな時間でした。

息子の将来を
ちょっとだけ夢見た母でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:01  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.20 (Thu)

病院の付き添い

午前中、弟の病院に付き合った。
今日は、検査結果を聞く日。
手術をしてから3年たったのだ。

3年前は、母親とのあれこれで、弟は我が家に来ることが無く、
入院、手術から退院まで、全部一人だったのだ。
手術の同意書も頼みに来なかったし、
だいいち、私は彼の病気を知らなかった。


今日、駅から病院まで歩きながら、
大荷物を持って、一人で入院したんだ。
あそこのビルの本屋で2冊雑誌を買ったな。
とボソッと、言っていた。

入院する日の不安と、
検査結果を聞きに行く、3年目の不安。

比べようもないけれど、今日は私も一緒。
多少は心強いというものだ。
だいいち弟は、来なくていいよ。
とは言わないのだから。

結果は良好で、次の外来は半年後、ということになった。


来る時には気が付かなかったけれど、
病院の受付にはお雛様が飾られていた。

なんだか華やかな気持ちで心も軽やか。
早く春が来ますように!!

KIMG0001abc.jpg

早く終わったので、一緒にランチはしなかったけれど
コーヒーで一息ついて、帰社。
ホッとしたせいか、しみじみ美味しいコーヒーだった。

よかったね。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:16  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.18 (Tue)

スタンド・バイ・ミー

2、3日前、テレビでスタンド・バイ・ミーを見ました。
ソチ五輪を見よう、とチャンネルを巡っていたら、
たまたまやっていて、最後まで夫と見てしまいました。
何回目だろう・・・

ガラスの心を持った12歳の少年たち。
私は、我が家の3バカトリオの成長を重ね合わせずにはいられません。
1泊2日の死体探しの冒険。濃密な時間。
彼らが愛おしくて、胸キュンなのです。

夫は、別の意味で、この映画に思い入れがあるようです。

その頃キャンプの魅力にはまっていた夫は、
河原で一晩のキャンプを企てた。
最初は弟と二人の予定だったのが、だんだん人数が増えて来た。
夕飯は、河原でカレーライスを作り、その後肝試し。
東京の夜と違って、漆黒の闇なんだ、と言っていました。
寝袋やテントなどを持っていたのは夫だけだったから、
ある子の母親は、リヤカーで布団を運んで来た、
またある子は、お茶碗とかお椀、お箸を持ってきた、
などと話してくれました。
へんてこで怖くておもしろい6年生の夏。

小中が同じ敷地に建つ、1学年2クラスだけの学校。
同じメンバーのままの9年間だから、全員友達なのだと言っていました。

高架橋を歩いて渡るシーンでは、
八高線でやったけど、さすがに高崎線はしなかった。
とも言っていました。
五寸釘を持ちだして、線路に置いて刀を作ったとか。
本当にワンパクボーズ。悪ガキだったみたい。

河原沿いの畑の先で首つり自殺があり、毎日お化けが出る、
と噂になれば、早速真偽を確かめに行ったのだとか。
全員でポケットに河原の石を詰められるだけ詰めて
お化けが出るというアカシアの木のそばへ移動。
息を潜めていると、怪しい音が聞こえたのだそうだ。
全員一斉に無我夢中で投石していたら、畑の中から
バカ者!! 何やってるんだ~~!
とかんかんに怒ったお爺さんが出て来た、とそんな話もしてくれました。

時代が違うと言えばそれまでだけれど、
夫は存分に、子ども時代を子どもとして生きれたのだ、と思うのです。
高校からそれぞれの進路は別れても、
今なお定期的に泊りがけの同窓会をしています。
夫は帰省すると、河原や小学校に行くのが好きで、
よく息子たちを連れて行き、一緒に遊んでいました。

景色の中に自分の子ども時代が融け込んでいる。
わかる気がします。

スタンド・バイ・ミーを地で行っていた夫。
私の子ども時代とは大違い。
ちょっと羨ましい。

YouTubeで山下達郎のスタンド・バイ・ミーを聴いたけれど、
なんだか綺麗すぎる印象。
ベン・E・キングの歌と、やっぱりリバー・フェニックス、いいなぁ。



*****
ところで、大雪の影響はまだまだ続いています。
リクシルもパナソニックも工場などが被害を受けて
出荷見通しはたたず、とか新規受注は当分ストップ
などという連絡が入って来ます。

年度末、増税前・・・・どうしよう。






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:49  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.17 (Mon)

大雪の後遺症

朝から、てんやわんや、雪の置き土産の対応に追われていました。

屋根の雪がバルコニーに落ちて、ポリカの板が外れて落下した。
支柱も曲がって破損してしまった。
庭木が折れた。
カーポートの屋根が落ちた。
屋上がプールのようになっている。
樋が壊れた
などなど。

東京は本当に雪に弱いというか、
そもそも雪に対する備えをする、という感覚が
ものすごく乏しかったのだ、と実感させられています。

屋上に積もった雪は、雪おろしをしなければ、
先週積もった上にまた雪が降り積もります。
排水口の方に雪が融け固まりながら移動して、
最後はがっちり雪のフタをした状態で排水できないのです。
雪止の無い屋根だって珍しくはないし、棟の出も短い。
隣家と接近していれば、落ちて来た雪で思わぬことがおこってしまうのです。

一時、都内に洪水注意報が出ていましたが、
一挙に融けだせば、当然のことだと思います。
半地下構造のお宅では、大雨の時と同じような注意が必要なのでしょう。

応急処置と、進行中の現場対応で、監督たちも大忙しです。

東京地方では、19日の水曜日頃にまた雪マーク。
もうこれ以上ひどいことにならないようにと祈るのみです。

余談ですが、この大雪のさなかに、
自宅で新品の自転車が盗難されてしまったお客様が居ました。
警察に届けたら、こういう災害の時には窃盗が多いのだそうです。
なんて暮らしにくい世の中なのだろう、と悲しくなります。

また一方で、雪かきで、ご近所が協力し合って、
とても気持ち良く作業ができた、という話も聞きました。
冷たい雪でも、心は暖かに、と切に願います。


どろぼうさん、自転車返してあげて下さいな。
新品を買ってもらったばかりの女の子。
がっかりしょげているのですよ・・・



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

17:16  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.15 (Sat)

救出作戦

今朝、5時前に夫は車で出発しました。

雪や外気温など天候の影響を受けてしまい
昨日、徹夜作業になってしまった現場に向かったのです。
明けがた作業は終了したのだけれど
トラックはチェーンが無くて動かず、帰りの足も無いので
監督救出作戦の予定だったのです・・・
しかし、なんと高井戸で通行止め。
夫はそれから延々4時間以上かかって、高速から降り、
やっと帰宅したのはお昼。現場にはたどり着けなかったのです。
監督とはメールのやり取りで、動き始めた鉄道を利用し
家に帰りついたと知らせがあり、ようやく一安心でした。

現場の雪かきに行く社員と共に夫は昼過ぎにまたまた出動。

社内では、現場に置いて来たトラックの代わりをレンタカー屋さんで手配。
でも、チェーンは自前調達で、しかもみんな売り切れ。
どうしましょう!!
自分の車で動きます、という社員。
それしかないかもしれません。

週明けに予定していた屋根の葺き替え工事は、
雪が残っているし中止。仕切り直しです。

交通事情が悪いので、現場を見回るだけでもたいへんです。
社内でも予定変更などがあり、慌ただしい。

建築中の建物は、デリケートです。
事前の情報で、充分に養生などして供えるのですが、
それでも予測しきれないことがあるのです。

台風・ゲリラ豪雨・酷暑・大雪・・・
竣工の日を迎えるまでにはいろいろあります。
粛々と、頑張りましょう。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

16:21  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.14 (Fri)

雪の現場に思うこと

また雪の東京です。

現場作業は、とにかくたいへんです。
今朝は夫も現場に出て、ハッパをかけていました。

黒四ダムは雪が降っていたってコンクリート打設したんだ。
ここは東京だぞ!!
と言っていました。

建築ラッシュでいろいろと手配がとれない中の作業です。
全員気持ちをひとつにして、やり切るしかありません。
養生をして、テントを張って、作業をしたようです。


建築はチームワークだと思うのです。
こんな日の作業はなおさらで、心をひとつにしなければ、
きちんとした仕事にはなりません。
皆を励まし、率先して作業を進めて行くのも
監督の仕事なのかもしれません。
もうだめだ、と思えばその時点で終わりになってしまいますものね。
信頼できる職人さんが居ればこそ、成り立つ仕事なのです。



でも、ここに来て、一緒に仕事をしてきた業者さんの一社が、
3月一杯で廃業するのだと連絡がありました。

そしてもう一社は、つい先日、社長さんが火事で亡くなり
工場も全焼してしまいました。再開の目途はありません。
皆でお別れに行きましたが、あまりのことに言葉もありませんでした。



仕方の無いこととは言え、
淋しさが募る今日の雪です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:00  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.13 (Thu)

鍵付の拍手コメント、お返事に代えて

私には、三人の息子を育て上げた、という気持ちはありません。
未だ、その途中。そんな気がしています。
幼児期、少年期、思春期、それから現在、さらには
彼らが夫や父親になったとしても、やはり親子は親子、
その時々の局面で、新しい関係を結んでいき、
多分一生、親としての心配や気持ちを持ち続けて、
親の心子知らずだ!! なんて言っているのではないか、
とそんなふうに思っています。

長男が中学入学から始まった、3バカトリオの思春期。
親はしょっちゅう学校に呼ばれ、停学処分を受けて、交通事故にあい
深夜になっても帰宅しないことも多々あり、家出もしてくれて、
眠れない夜を過ごしたことも数知れず。
とにかく、ここに書けないようなことを
3人ともたくさんたくさんしてくれました。
何で母の気持ちが通じないの、と泣き
自分の育て方が悪かったのだ、と自分を責め
あれこれ我慢に我慢を重ね、遂には鬱病になったりもしました。

でも、今があります。
転機は、自分がどうにかしよう、と思わなくなったこと。
どうにもできないのだ、と悟ったのです。
そして、息子たちを変えるのは不可能なら、自分が変わろう、
と思ったことでした。
共依存、という言葉を知りました。
息子たちは荒れる感情を親のせいだ、と片づける。
私は、自分が悪いからだ、と歯を食いしばって、耐える、ふんばる。
でも、その結果、お互いにそこから抜け出ることができないで
依存しあい、穴の中でもがいているだけ。
息子たちにとっても良いことは無かったのです。

そんなに親や家に不満があるなら、一人で生活しなさい。
長男にそう言って、実行したことが転換点だったように思います。
今だって、いろいろなことがあるのですが、
以前の嵐のような辛い時間ではなくなりました。

息子たちの、生きて行く力、そこを信じられる、信じよう、
そう思っているのです。


長男、出て行け宣言をした時の支えになった言葉です。

変えられないものを受け入れる
心の静けさと
変えられるものを変える勇気と
その両者を見分ける
英知をお与えください


生涯かかって、親になりたいと思います。
頑張りましょう。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:03  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.12 (Wed)

次男の誕生日に

昨日、11日は次男の誕生日でした。
お祝いの食事会は、9日の日曜日に済ませていたのですが、
昨日はささやかにケーキを用意しての夕食でした。

9日の食事会は、8時過ぎにお開きになったのですが、
次男はそれから長男と二人で二次会をするとかで、
帰ってきたのは深夜12時頃でした。

長男にいろいろなことを相談したのだろう、と私は想像する。

大人の目から見れば、一言で片づけてしまえそうなことでも、
本人は、延々と悩み続けていることがあるのだろう。
ここで、
こうしなさい!  と断定するのは簡単なことだけれど、
親が言った通りに本人が納得するわけもなく、
どんな結論を導き出してくるのか、心中穏やかでなくとも、見守るしかない。

仮に出してきた結論が、不本意なものだったとしても
他人に迷惑をかけたり、法に触れるような事でない限り
成人した息子の意向は尊重するしかない。
価値感、好き嫌い、そういう側面のことにもなって来る。
強権的に、絶対服従、と言って見たところで、
親の考え方のベースに共感しないのでは、
服従させること自体に意味があるとも思えない。
むしろ失敗しながら考えて、自分を確立して欲しい。
いつか親の言った意味がわかるから。
それを期待しよう。
と、頭ではわかっているつもりでも、
なかなかにしんどい部分もあるのだ。

息子がどんな結論を出して、どんな行動に出ようとも
最後は良い結末に導かれるように、と祈るのみ。
覚悟が必要だ。

長男がどんな話をしたかは、一切言わないけれど、
下の二人は長男のことを信頼し、一目置いているのだろう。
三男も、兄ちゃんの時間がある時に話したい。今度、いつくるのかなぁ。
なんて言っていた。

親は、やさしいのだよ。
あまりに深く悩んだり、傷ついたりしている姿には
痛ましい、という感情がまず湧いてきてしまうのだから。
長男には、そういう気持ちは無いのだろうな、と思われる。
単刀直入。傷口に塩を塗りまくり、
お酢までかけてしまうような荒療治をしそうだ。
でも、それも良いのかもしれない。
兄弟にしか出来ないことなのだろう。

フルーツケーキを美味しそうに頬張る次男と三男。

もはや、長男に対しては、いくら心配したとしても、
祈り、念ずることくらいしか、出来ることは無い、と思うのだが、
次男、三男についても、だんだんそういう領域に近づいているのかもしれない。

大人になればなったで、
・・・心配ごとは尽きない。


しみじみそんなことを感じた、次男君の誕生日でありました。

何はともあれ、おめでとう。
生まれて来てくれて、有難う。


にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:03  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.10 (Mon)

私の電車珍事

先週の金曜日、乃木坂での食事会でした。
いつものメンバー。待ち合わせも慣れた物です。

池袋でAさんに会い、副都心線で明治神宮前へ。
ここで千代田線に乗り換えて1駅で乃木坂、のはずでした。

昔、地下鉄は営団でも、都営でも、急行なんて無かったのですよ。
全部、各駅。

新宿三丁目では、たくさんの人が乗降。
伊勢丹があるものねぇ、なんて思い
楽しくおしゃべりしていたら、次の駅、代官山が目に入りました。
代官山?? 乗り過ごした! と飛び降りました。
渋谷に居たのです。
急行ですからね、と駅員さんに苦笑されながら、
階段を渡った、ホームで1駅戻って下さい、
と教えていただきました。

それで、階段を下りていたら、ちょうど電車が滑り込んできました。
ラッキー! 充分間に合うね。
と二人で飛び乗ったのが間違いの元でした。
次でおりなくちゃ、などと確認していたら、アナウンス。
次は新宿三丁目。
何も考えず、確認せず、またまた急行に飛び乗っていたのです。
やぁね、私たち。お上りさんみたい。
と笑いながらまだ余裕でした。
今度こそ、とちゃんと掲示板を確かめて、各駅なのを確認。
これで戻ろうね。
と待っていたら、電車が入って来ました。

・・・しかし・・・どうして・・・?? 私たちの前を素通り。
8両編成で短かったのです。
それからは、二人でホームをダッシュ。真剣、必死でした。
どうにか、最後尾に滑り込みセーフ。
遠かった乃木坂。
やっとみんなに合流したら、なんだかホッとしました。

しかし、汗だくだくで可笑しくてたまらない・・・

電車に乗らないものね。あまりこっち方面に来る用事無いし。
自宅内通勤だもの。
などと言い訳。

KIMG0898a.jpg
KIMG0900b.jpg
KIMG0899dd.jpg
KIMG0902c.jpg


いろいろな美味しいお料理が出ましたが、
のどがカラカラだったのでしよう。
何にも増して、最初のビールを美味しく感じた食事会でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:03  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.09 (Sun)

ただいま

雪の中、いろいろと出かけていました。

昨日、今日と、国試を受験中のお嬢さんの送迎をしました。
我が家に泊る、泊らない、送迎する、しないなど
いろいろさんざん紆余曲折があったのだけれど、
本当にブリザードのようになってきて
有無を言わさず送り届ける、ということにしたのです。
でも、私の友人(母親)とお姉さんはわざわざ会場まで出向いていました。
うまく会えないと困るし、心細いだろうから、と心配したのです。

そして今朝も、7時に彼女の家に行った時、二人は外に出ていました。

有難うございます。お世話をおかけしますが宜しくお願いします。
お姉さんは一生懸命挨拶してくれました。
妹にも、落ち着いてね。
と声をかけて、妹さんも、有難う。行ってきます。
と元気に答えていました。
お弁当はお姉さんが用意してくれたのだそうです。
お姉さんは、毎日家族3人分のお弁当をつくってくれるのだそうです。


長女のお弁当を持って診察している友。
そして同じ道を進もうとしている次女。
母親をしっかりと支えたいという気持ちにあふれたお嬢さんたちでした。
彼女が注いだたくさんの愛情。
友の苦労は報われる、私はそんなふうに思いました。

夫は、ちょっとだけ娘を持ったみたいな気分だった。
役に立てて、嬉しかった。と言いました。
しっかり者のお姉さん。姉妹っていいね。
とも言っていました。
このお姉さんは、私たちのラグビー観戦仲間でもあるのですが、
今回のことで家庭の中の彼女の一面を見たような気がしました。
少しだけ、お母さんや妹のために、と思いすぎないように。
自分が一番で良いのよ。と思いました。



さて、送迎が終わり、私は教会の礼拝に出発。
いろいろ考えて、登山靴にしました。
トレッキングポールも持って準備万端。
快適な朝のお散歩でした。
KIMG0904aa.jpg

山荘はどうなっているだろう?
雪の中を歩きたいなぁ。
スキーもしたいなぁ。
ふつふつとそんな気持ちが湧いてきました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:00  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.07 (Fri)

大雪予報の明日は・・・

明日は大雪の予報が出ている東京です。
こんな寒い時のコンクリート打設では、
夜中じゅう、コンクリートに付き合って、
養生をすることがあります。

若いころ、夜中に夫が温度計を見て、
コンクリートに毛布をかけて来る、と言い
現場にでかけてしまったことがありました。
何にも知らなかった私は、
息子が布団をはいでいても知らんふりなのに、
何でコンクリートに毛布なの?
と怒ったことがありましたが・・・なんだかなつかしいです。

明日から3日間、医師の国家試験ですね。
同級生のお子さんが受験します。
会場までの交通の便を心配していました。
我が家のそばの大学が試験会場になっているとのこと。
明朝、交通が混乱していたら、夫に車を出してもらえないかな、
と思っています。
雪山に行くだけじゃなく、都内でも役に立つ。
タイヤを変えておいて良かったです。

医師として働きながら、一人でお子さんを育て上げた友。
彼女の想いを受け継いで、医師への道を進んできた子どもさん。
良い結果が出ますように。
私も母親のような気持ちで、天気予報にやきもきです。
本当に、友の頑張りを思うと感慨深いです。
もう少しだね。

受験生・・・みんなガンバレ!!





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

17:14  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.06 (Thu)

可愛いお婆さんになりたいけれど

昨日、仕事の後で食事をしたのは、高校の先輩お二人でした。
還暦前後の3人が集まって、プチ女子会(?)でした。

お二人からは刺激を受けることが多い私です。

気力、体力ともに衰えを感じるけれど、何より頭が働かない、
とこぼしたら、こんな話をしてくれました。

携帯電話が無い頃は、かなりの数の電話番号を覚えていて、
電話帳など見ないで電話していたけれど、今は全部忘れてしまった。
パソコンを使うようになり、漢字が書けなくなってしまった。
電子辞書を使う子どもたちは、言葉の並び方がわからず
紙の辞書が引けなくなっている。
ナビを使いだしたら、道を忘れ、
お風呂の自動お湯張りにしたら、頃あいになるまでの時間の感覚がなくなった。
人間は、一つの便利を手に入れると同時に、
確実にそれにまつわる能力を手放しているのだ、と。
五感を使い、頭を使えば能力は向上する。
彼女はい言い切っていました。

それもそのはず。私より年長で、
フルタイムの仕事をこなし(海外に拠点も持つ会社の経営者です)
自宅で介護もしているのに、新たに外国語の勉強に挑戦して、
検定をクリアして、興味のある本の原書にあたり、
こつこつ自分の翻訳をしているのです。
細切れでも、時間を確保して、継続すること、
というのが彼女の実践の結論でした。

早朝1時間、夜2時間、昼休み30分、勉強してみたら。
おもしろくて、バカになった、なんて嘆いているヒマないよ。
と言われました。

そうかもしれないけれど・・・凄すぎて。向上しなくても、
少しでも、長持ちさせたいな、と言いました。

三人とも介護を経験しているのです。
自分で自分がわからなくなってしまっても、
せめて可愛いお婆さんになりたいね、としみじみ。

そうしたら、
可愛いお婆さんになるためには、今可愛いオバサンじゃなくちゃ。
生きて来たようにしか、年をとれないのよ。どうする。
と大爆笑になりました。

可愛い、オバサンか。
ハードル高すぎ。私は意地悪ばあさんになっちゃいそう。
呑みながら、陽気に反省いたしました。

仕事を終えた8時過ぎからの会だったので、
帰宅したのは深夜になってしまいました。


KIMG0897a.jpg
今朝、どうにかつくったお弁当です。

夜遊びにも、気力、体力、根性が必要になりました。

ガ ン バ レ 私。






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:06  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.05 (Wed)

寒~い日の建設会社と雑談

昨日は、東京でも雪が降りました。
キーンと冷えた今日の朝。
キッチンの窓から見えるご近所の屋根は、みんな真っ白でした。

現場の場所により、雪の降り方も様々で、
花小金井や稲城、埼玉などの現場はとてもたいへんだったようです。
今日は、積もった雪の除雪からスタートだったことでしょう。
凍っているでしょうし、監督もたいへんです。

そしてさっき、水道管が破裂していた、
という連絡がお客様からありました。
三多摩地区にお住まいの方です。
東京で水道管が破裂するとは!
やはり相当冷えたのですね。

明日も又、今日と同じように寒いのだとか。
外の水栓などは、タオルを巻くなど、念のために凍結対策をして見て下さい。



全員出払って、静かな社内。
夕方からは、私も外出です。
建築中の賃貸物件の、不動産屋さんをそろそろ決めなければなりません。
オーナーの方と一緒に面談なのです。
その後は食事をご一緒します。

こんな日は、朝おきたとたんから食事を作ります。
朝食、お弁当、さらに夕食まで。
本日は煮魚と白菜の柚子あえ、あとは常備菜です。
心を込めてる余裕はなくても、お弁当を買って来るよりは良いかな、と。
自己満足です。食事をつくることは、私の家族へのラブレターです。

そういえば、朝の連ドラ、設計者の大学の先生の態度、
いただけませんね。どなり散らして、靴を投げたりして物にあたる。
設計と施工、それぞれの分野でのプロであって
上下関係など無くて、運命共同体のはずではないですか。
無理難題を言うだけで、どなり散らしているなんてとんでもない!!

ひげを蓄えて、常に上から目線。
あれが大学教授とか設計者のステレオタイプなのでしょうか。
そう考えると、いつも困っていて、ビクビクしているのも施工側の
ステレオタイプということ・・・?
誇張しているとは言え、なんだか表現の仕方が、双方に良くない、と感じています。



さて、休憩はここまで。
仕事しましょう。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:25  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.04 (Tue)

日曜日に教会で

日曜に牧師先生と1時間くらいお話をしました。

キリスト教に出会ってから今日までの長い時間。
困難や試練の無い人生などあり得ないのだけれど、
若かりし頃の私は、
どうして私だけこんなめにあわせるの? どうして?
と問い続け、さらに
望んだことは何一つかなわないではないか、と憤り、
どうにかしてちょうだいよ!!
と悪たれをついていたように思うのです。

半世紀という時間を過ぎて、思うのです。
ジグソーパズルがピタッと嵌まるように全ては必然だったのだと。
受け入れ難いと思っていた出来事や試練は、
何のためで、どこに通じて行くのか、
その時はわからなかったけれど、
今ようやく、はっきりわかった気がするのです。

私は幸せで、今もこれからも、
楽しいことだけではなく、辛いことも、
喜んで受け入れられるようになりたいです。

自分が頑張れば、どうにかできる、などと思っていたのは
ずいぶんな思いあがり、おこがましい事だったと思うのです。
何一つとして、自分の思い通りにすることなど、できないのですから。

そんな話をしていたら、牧師先生は、
教会から離れても不思議はなかったのに、そうはならなかった。
あなたは本当に、神さまから愛されているのですよ。
と聖句を示して話して下さいました。
愛されている。だから今がある。
・・・なんだか涙がこぼれました。

高校時代からの友人がメールをくれました。

高校の渡り廊下で、聖書を読む会のために祈った時のことを思いだします。
祈りは長い発酵の時を経て、豊かな香りを放つものなんですね(̂_̂)


彼女との付き合いも40年を超えました。

He has made everything beautiful in its time.





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

13:54  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'02.03 (Mon)

金曜日の夜は

高校時代の同級生3人に我が夫、計4名で
金曜日の夜は東京芸術劇場でコンサートでした。
豊島区の広報誌に会社の広告を掲載している関係で
年に何回か、ご招待いただけるのです。

二十歳の青年のピアノ演奏からスタート。
ぎこちなく舞台へ登場してきた彼は、
客席三方向へ向けて最敬礼のおじぎをしていました。
息子と同じような年格好。
やせっぽちでひょろっとしていて、なんとも初々しい。
可愛い~~~い!!
おばさんの心、わしづかみであります。
曲目はチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番。
演奏が始まると、それまでの姿から一変、
力強く、堂々とした演奏でした。

演奏後は、拍手が鳴りやまず、青年はおずおずと
出たり入ったり、最敬礼をしたり、を繰り返しておりました。
そして、アンコールに応えるように、もう1曲、
かなり技巧的なアップテンポで激しい曲調の楽曲を演奏しました。
(曲目、わかりません)
あれだけの演奏を終えて、すぐにまたあの演奏ができる。
彼のピアノが会場中の空気を席巻していました。
あふれる才能、みなぎる若さ。
未来へと続く道が、輝いて見えた気がしました。
どんなピアニストになっていくのか、楽しみです。
今回の曲目は彼にあっていたと思うけれど、
ショパンやリストを弾いたとしたら、どんな演奏だったろう?
そして、年を重ねたら、今日の曲もどんなふうに奏でてくれるだろう?
そんなこともちょっと想像させられました。
高橋優介というピアニストを聞き続けて見たい、と思いました。

もう一人、プリマドンナの幸田浩子さんと東京交響楽団の演奏は、
安心して聴いていられ、心地よいものでした。


濃密な時間を堪能して、

可愛いわねぇ。
おばさんにあの弾き方は無理ね。
若いってスバラシイわぁ。
私たちなら腱鞘炎になって、どこかのスジがつりそう・・・
などなど、話しをしながら帰って来ました。

若さと才能に圧倒された夜でした。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:37  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |