2014年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014'04.30 (Wed)

後輩の結婚に想うこと

つい先日、山岳部の後輩君が結婚したようで、
フェイスブックに、新婦と並んだ彼の写真がアップされていました。
若くて初々しい二人。
幸せがあふれ出ているような写真でした。

ともかく新郎君は嬉しそうに映っていました。
はしゃいでいるようにも見えました。
大学の仲間が女装して踊る(女性も居ました)ももクロの輪の中で
ポーズをとっている写真もありました。
友達、仲間の存在は、人生を豊かにしてくれると思います。
・・・そして、後輩の存在は私に幸せを運んでくれています。
お目出たい報告や元気で活動している姿に触れるたびに
私も嬉しく、元気になれるのです。

末永くお幸せに。


我が家にも長男はじめ三人の男子が居るので
こういう写真を見ると、我が家にもこんな日が来たらいいなぁ、
と思う私です。
玉の輿とか、シンデレラストーリーなどと言われてしまえば、
そんなこととは全く無関係の我が息子たち。
・・・でも、いつか一緒に苦労してくれる、という女性が
現れて欲しいな、と願う私です。

ドリカムの「眼鏡越しの空」という歌の歌詞に
あなたのようになれたらと憧れる
その想いがちからをくれる
という一節があります。
好きな人にふさわしい自分になりたい。
そうなれるように頑張ろう。
そんな健気な想いが伝わって大好きな歌なのですが、
結婚してからも、そういう気持ちを持ち続けるの、難しいですね。

後輩の幸せそうな結婚式の写真は、
わが身を振り返るきっかけにもなりました。

反省。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

16:03  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.29 (Tue)

近くのワインハウスで

夕べは、いつもの食事会の友人と
ジムの最寄り駅にあるワインハウスに行きました。

しゅくりあさん推薦のお店で、期待して出掛けました。
お料理も美味しいし、それにあわせて選んでいただいたワインもGood
リーズナブルに美味しく楽しめるお店でした。
こういうお店が近場にあると、主婦は何だか嬉しいです。
IMG_20140428_234557a.jpg
IMG_20140428_234634b.jpg
IMG_20140428_234702d.jpg

一緒に食事に出かけ、旅行に行き、ゴルフに行く。
こういうお付き合いが、かれこれ10年近く続いています。
ジムで知り合った皆さんなのですが、
もしこの集まりが無くなってしまったら、と思うと
とても淋しいものがあります。
これからも大切にお付き合いさせていただきたいと思うのです。

長続きしてきた秘訣は何だろう、と考えて見ると、
節度ある、大人としての付き合いをしている。親しき仲にも礼儀あり。
そして、細かいことにこだわらない、羨まない、ひがまない。
無理はしないし、見栄も張らない、というみなさんの性格。
また、なんとなく経済感覚、お小遣いも同じようだ。
というようなことが思い浮かびました。

これってなかなか難しいと思うのですが、
みなさんがわきまえて、やはり大切にお付き合いをしているからこそ、
こういう時間が持てるのだと思いました。

10年前の写真を見たら、やっぱり確実に全員年をとっていたわ。
ちょこちょこ会っていると気づかないわね。
などと大笑いしながら経年劣化の話も出ましたが、
これから益々楽しむためにも、健康が第一です。

皆さんのように、さりげなく心配りをしつつ元気に
丁寧に、この楽しい時間を重ねて行きたいな、と思いました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:09  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.26 (Sat)

リラックスできる場所・・それはどこ?

今日は久々に、ゴルフレッスンでした。
基本に帰って、グリップ・アドレスを再確認。
これだけでも相当直されました。
それから、正しいテイクバックの練習。
さらにそこから左手を伸ばして降ろすだけ
頭の位置、両膝、フォロースルーの手・・・と基本の基本を
みっちり1時間、分解して練習しました。

今日はたまたまマンツーマンでした。
わかっちゃいるけどやめられない自分のクセを
M先生が超リアルに再現してくれて・・・その姿のカッコ悪いこと。
良~く見ているのですね。ガッカリ。
もう笑ってしまうしかない。
笑いながら、しごかれました。
練習あるのみ、ですね。

体を動かして汗をかくというのは、私の楽しみのひとつです。
いっぱい汗をかくその爽快感は運動を続ける理由のひとつです。
さらに気持ちもスッキリして前向きになれます。
また、ゴルフのように習う、教えていただくというのも、
すごく気分転換になるのです。
レッスンの時間はそのことにだけ集中していますから。

仕事や家のことなど、いつも心にあることから
自分をリセットする時間はとても大切ですね。

私の場合、家に居ても、会社が階下にあるし、
日ごろ不完全な家事仕事が目について気になるし、で
外に出かけるのが不可欠のように感じています。
通い慣れたジム、ゴルフレッスン、教会・・・
そこで時間を過ごして家に帰る時には、
自然に元気になっているような気がします。

皆さんは、ご自宅が一番リラックスできるのでしょうか?
ゴールデンウイーク、たまりにたまった家事をしなければならない私。

家事はもう諦めた・・ゴミでは死なない。あぁ気楽!
なんて言ってみたい、私の妄想でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:10  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.25 (Fri)

ゴールデンウイークの悲しい思い出

今日は金曜日。
明日からゴールデンウイークのお休みという人も居るのでしょうね。
私は・・・カレンダー通り。
もしかしたら(かなりの確率で)連休中も仕事になりそうです。
まあ、仕方ありません。

ゴールデンウイークの悲しい思い出をひとつ。
長男が小学生で年子の二人が2歳、1歳の時です。
鴨川シーワールドそばに宿をとり、2泊の予定で出かけたのです。
初日は何をしたのかもう覚えていないのですが、
その夜、明日は東京に戻って仕事をしなくちゃならなくなったから。
と突然夫から言われたのです。
夜には帰って来るから。
そう言って夫は本当に東京に戻ってしまったのでした。

・・・・

かくして、翌日、私は双子用のバギーに二人を乗せ、
大荷物を持ち、長男を連れて鴨川シーワールドに出かけました。

長男にはシャチとかセイウチとか、図鑑で見ていたのを
近くから、良~く見せてあげたいな。
下の二人にも、いろんなお魚を見せたら、
トット、トットと喜びそう。
ペンギンも見ようね。

などと考えていたのでしたが、とんでもなくたいへんでした。
階段が多い会場をバギーで移動するのは一人ではムリで、
長男がすごく手伝ってくれました。
私がトイレに行く時は、二人を見ていてくれて、
心細かったのだろうけれど、一人であちこち見てきてくれました。
迷子にならないように、ダッシュで戻ってくる顔。
今もよみがえります。
食堂で食事をさせるのもたいへんで、時間をずらしたのですが、
次男と三男がぐずり出し、私は長男を残して外に出ました。
その時、年配の女性から厳しく叱られたのです。
一人でこんな小さな子も居るのに三人連れてこんなところに来ちゃいけないの!
まったくいまどきの母親は人の迷惑も考えないし、
子どもだって良い迷惑ですよ。

なんだか不覚にも、ポロッと涙が出てしまいました。
それを見て、聞いていた長男が、お母さん、帰ろう。
と言ったので、切り上げて宿に戻ってきたのでした。

息子が心配するから、泣きはしなかったけれど、
泣きたい気持ちでトボトボ帰ったのを覚えています。

夜、約束通り夫は夕食には間に合うように帰っては来たのだけれど、
私はその時のことを覚えていません。
その翌日、帰りながら、どこかに寄って子どもたちを遊ばせたのだったと思うのですが、
どこに寄ったのかも記憶にありません。
覚えているのはただひとつ。
子どもが楽しく遊んでいるのだから、喧嘩はしない。
喧嘩はしない。ガンバレ私。
そう自分に言い聞かせたことでした。

どこでどのように私が気持ちを切り替えたのか、それとも
すぐにご機嫌がなおったのか、もう忘れてしまいましたが、
この時期になると時々思いだす私のゴールデンウイークの思い出です。

鴨川シーワールドで買った絵葉書がまだ手もとにありまが、
これを見ると、健気だった自分にちょっと胸がキュンとします。

子育て中はいろいろたいへんな事が多いのです。
子育てしているママたち。本当に応援していますよ。


それにしても、夫はどういうつもりだったのでしょうね?
仕事は全てに優先する、という態度だったのは覚えていますが、
何の仕事だったのかはもう思い出せません。
夫は覚えているのかしら?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
19:09  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.24 (Thu)

夫の家事能力

昨日は外で打ち合わせがあり、家に帰りついたのは
午後7時を廻っていました。
いつもなら、そんなにあわてないのですが、
昨日は夫が8時スタートのゴルフレッスンを予約していて、
夕食を済ませて参加する予定だったので、
完全にアウト! 間に合いませんでした。

こういう日は、わかっているのですから朝から下ごしらえをしておきます。
もちろん昨日もカレーの下準備をしていました。
ルーを入れる直前まで煮込んである半完成品です。
ご飯はタイマーで炊けているけれど、間に合わないと思って
帰りの山手線の中から、夫にメールしました。

ルーが入っていないから、入れて下さい。
ブロッコリー茹でてあります。トマトは冷蔵庫

で、どうなったか。

朝からカレーと言っていたのでカレー皿にスプーンは出したようです。
その食器で、卵かけごはんを食べた残骸がありました。
さらに汁椀がありました。

最初、ルーのありかがわからず、次に発見したけれど、
裏の説明書きをよく読んだところ、このお鍋に何CCの容量が入っているのか計測の必要があり、
どうしようか迷ったけれどめんどうになり、卵かけご飯にしたのだということでした。
(この時点で食器をお茶碗と箸に替えるという発想は無いようでした)
温まったスープはお椀によそい、(なんでお椀? スープカップがあるのに)
食べてみたけれど無味だったので、お醤油をたらし、思いついて柚子胡椒も加えて食べた。
という説明でした。

やはり出来なかったか・・・と想像した通りの結果でした。

夫はどんな食事でも、仮にカップラーメンだけだったとしても、
文句は言わずに何でも食べてくれるのですが、ちょっと考えてしまいました。

私がもし、入院したりしたら、食事はどうするのだろうか?
居なくなれば、それなりに出来るようになるのでしようか。




手伝いとは、頼んだことをやってくれる、というレベル。
我が家の場合、夫の責任、夫の仕事になっている家事というのは、
ゴミ捨てと、日々の洗濯なのです。
特にゴミ捨ては、分別からお休みの日の収集などまで、
回覧板などもこまめにチェックしてやってくれていますが、
これだけでは・・・生きてはいけません。

食事に関しても、せめてもう少し関心を持って
出来るようにならなくちゃ。自分が困るのに。
どうしたものか・・・と思案しています。

それとも、ヘンテコな食器でも、ちゃんと食べて行けたのだから
良し、なんでしょうかね・・・?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

14:47  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.22 (Tue)

洗礼を受けてから

洗礼を受けてから、何か変わった?
と聞かれると、祈ることが多くなった、と答えています。

祈るのに、特別な道具は何も要らないし、
いつでも、どんな場所でも、心の中で、祈ることができるのです。

今までも、祈ってはいましたが、
事あるごとに、一言だけでもお祈りをささげるようになりました。
そして確信を持って、祈るようになりました。

困難な状況に置かれても、以前よりずっと心やすらかです。
これは不思議、としか言いようが無いのだけれど、
必ず、良い結論に導かれる、と素直に思えるのです。


明日のことまで思い悩むな。
明日のことは明日自らが思い悩む。
その日の苦労は、その日だけで十分である。

どんなに困難な一日であっても、与えていただいた今日という日。
感謝と安堵感がある・・・と言ったら不思議でしょうか。

これが洗礼を受けてからの私の変わったところで
自分の中に満たされている気持ちを喜びとともに自覚しています。


疲れたもの、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。
休ませて上げよう。
 マタイ11章28節

安んじていられる場所。実感しています。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:05  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.21 (Mon)

一人で満足の日曜日

昨日は午後から教会の伝道会に出席しました。
机と椅子を移動して、皆さんで会堂の前方に集まって座り、
聖書の勉強をしました。
音読をしたり、指されたり、挙手して意見を述べたりと、
ちょっとだけ、ゼミみたいな雰囲気がありました。
私も質問して、指名され、答えて、意見も言って、と
楽しく充実した時間でした。

帰宅したら三男はアルバイトに出かけて留守。
次男は自室で静かに勉強中。
夫も高校の山岳部の用事で朝から出かけて留守。
一人でのんびりとテレビでゴルフ観戦をしました。
勝みなみさん、物おじしないというか度胸がある、というかすごいですね。
のびのびと振り切るスウィング。強気のパッティング。
若さが溢れていて、気持ちの良いゴルフでした。


その後、行こう行こうと思っていたデパートのメガネ売り場に出かけて
手持ちのメガネ全部を調整してもらいました。
近視・老眼・遠近の屋外用・遠近の屋内用・それから中近。
年を取ると、メガネの数、増えますね。
しかもどれもピッタリ良くは見えないような気がします。トホホ。

親切ないつもの担当の方に調整していただき、
かけ心地がよくなったところでゴルフ用品売り場ものぞいてみました。
これを思いつきでできるのが一人の良いところ。なんだか楽しい。
夫のところに夏物のカタログが送られて来ていて、
ちょっと気になる物があったのです。

見るだけ・・・と思いつつ、
ウエストポーチ(本当はこれだけ欲しかったのです。ティーも挿せて便利そうでした)
サンバイザーにもなり、ファスナーで着脱してキャップにもなる帽子。
(ツバが広めで生地も涼しく、マーカーもしっかり止まりそうでした)
さらに試着だけでも、と勧めてもらった接触冷感素材のワンピース。
セットになっていたアームカバーも一緒に買ってみました。
予定外の出費でしたけれど、どれも納得して買ってしまいました。
このところ、自分のために使ったお金が、歯医者さんだったり、
メガネだったり、マッサージだったりばかりだと、なんだかねぇ。
華の無いお金の使い方ですよねぇ。

たくさんラウンドに行って、着なくちゃ、とちょっとウキウキして帰宅しました。


もうじきゴールデンウイーク。
今週もバリバリ仕事を片付けたいです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:32  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.19 (Sat)

なつかしき高校時代

今日は出身高校に関する活動の世話人会でした。
高校近くの会場まで、通学に利用していたバスで行くのです。
ボンヤリ外を眺めながらバスに揺られていると、
懐かしさが胸によみがえって来ます。
巣鴨駅から高校までの道は、建物こそ変わってしまったけれど、
あの頃の趣と変わらない、街の風情が残っている気がするのです。
あの道を高校時代の私が歩いている。そんな気さえしました。

本当に自由で充実した、幸せな3年間でした。
今も高校時代のクラスメートと親密に行き来して
友情をはぐくみ続けていられるのは、あの学校なればこそ。
奇跡のような学校だったと思うのです。


何が変わってしまったのか。
進学実績の数値目標を掲げて勉強させる6年間の中高一貫校。
クラス数も半減して、伝統的に強かったサッカー部も
人数が集まらないのだとか。あれほど盛んだった運動部も
のきなみ青息吐息なのだとか。
・・・それで、ちょっぴり進学実績は上がったように聞いています。

私たちは誰からも管理されて勉強させられたことはなかったのです。
卒業アルバムには、授業中に爆睡している級友たちの姿が映っています。
それも一人や二人じゃないし。
部活だって朝して、早ベンして昼休みも部活して、
放課後ももちろん部活。
その後、おしゃべりしながら三々五々、まったり帰って行く。
塾や予備校に通う人は、ほんのちょっぴりだったように記憶しています。
それで、どうやってあの進学実績が生まれたのか?

謎と言えば謎なのだろうけれど、
管理したからと言って、進学実績が上がるような気はしないのだけれど。
自由の責任は自分で負うもの。それを自覚して進学していけるタフさ、
気概、根性があったように思うのだけれど。
それとも、時代が違うのだろうか?

そんなことを考えながら、バスを降り、歩いて会場まで行きました。

今日の会議には、80歳に近い、卒業生の方も参加されていました。
母校への愛着があればこそ。
自由で闊達な、あの校風が引き継がれていくように、
と心から願っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:57  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.18 (Fri)

オレオレ詐欺に思うこと

長男の名を語った、オレオレ詐欺の電話が何回か
我が家にもかかってきたことがありました。

一度めは、私のことを「ママ」と呼んだので、
即、電話を切りました。私のことを「ママ」とは呼ばないのです。
またある時には、「あのサー」という言葉遣い。ほぼ使いません。
ましてや頼みごとをする時にはあり得ないので、これもわかりました。
いぶかっていたら、相手から電話を切りました。

今朝の電話は、私が「もしもし」と応答したらガチャンと切れたのですが、
私の声をきいていたような気がしました。
もしかしたらまたオレオレの電話だったかも、と思わされました。


子どもを思う、親の心、祖父母の心・・・
とにかく肉親の情につけこむ犯罪なのだけれど、
当のその本人にも親は居るわけで、自分の親や肉親のことは思わないのだろうか?
と不思議な気もするのです。
詐欺をはたらいて、喜ぶ親など居るはずもないのですから。
子を思う親心を知った上で悪に手を染めるって、どういうことなのだろう。

あなたを想う、親は居ないの?
親や兄弟から、愛されていないの?
こんなことをしていて、実りのある人生は送れない。
自分自身も自分を愛し大切にできないのだろうか。
バレなければ良い、という行き当たりばったり。
刹那的な喜びは、幸せとは言わないのだよ。
人生をこんなことに使わないで、真面目に生きて、本当の幸せを求めてもらいたい。
しっかりしなさい。目を覚ませ!!
陰ながら祈っているよ。




ところで、本当のオレ君、息子は今出張中。
ゴルフはどうだったのだろう。無事に180は切れたのだろうか?
(いや、このスコアじゃ無事なはずはないか)
帰ってきたら、話を聞いてみたい。
オレオレ詐欺の予防よ、と言って電話でもしてみようかな。

無言電話にそんなことを思った朝でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

15:53  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.16 (Wed)

出荷前の検査・山梨の工場へ

昨日、夫は赤羽木4プロジェクトの仕事で山梨に行っていました。
赤羽に納品になるパネルなどの出荷前の検査なのです。
KUSさんや構造事務所の方、ミサワの方など、
けっこうな人数だったようです。

完成・出荷直前のパネルです。
DSC_0038bb.jpg

試験組み立てを行ったのは松本工場でしたが、
パネルの厚みや取り付ける金物などの種類によって、
対応できる機械や、ラインを専用にできるかどうか、また手で加工して対応する、
とかいろいろな条件で、山梨工場になったのだそうです。

DSC_0023cc.jpg

柱に鉛直方向に金物が通っていますが、
これも鉛直に貫通させる機械から開発したのだそうです。

写真だけ見ていれば、できたんだ~! で終わってしまいそうですが、
ひとつの部材だって、できるまでには、たいへんな労力が費やされているのですね。

これを使って、実際に建築して、使い勝手の悪い点などがあればフィードバックして改良していく。
今回は初めてのケースですから、想定外の困難も多いのだと思います。
ひとつひとつクリアして、だんだんに汎用性のあるものになっていくのでしょうね。


夫は帰りに群馬に寄り、10時近くに帰って来ました。
実家に紹介してもらった業者さんのところに寄ったのですが、
良いお返事がいただけたようでした。
人手不足は、まだまだ続くのでしょうね。

ビールをいただきながら、ご機嫌で写真の説明などしてくれました。


あの部材が納品になりいよいよ建て方です。
ワクワク・ドキドキです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 建設会社の仕事 - ジャンル : ブログ

13:43  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.14 (Mon)

弟のこと2 大人になってからの兄弟つきあい

昨日の弟とのゴルフは、私にとっても弟にとっても、
まさに恵みの時間だった、と改めて感じています。

子どもの頃にどんなに仲の良かった兄弟でも、
年を重ね、配偶者を得て、それぞれの家族ができれば、
生き方や考え方に違いが生じても当然です。
経済状態だって、違ってくるでしょう。
聖書に出て来るカインとアベルのお話は、21世紀の現在にも通じる話しで
未来永劫変わらない、兄弟の姿の一面なのだと思うのです。
それでも、様々、諸々の確執を乗り越えて、
素直にお互いを思いやれるというのは、貴重なことだとしみじみ思います。


私も弟との間には、本当にいろいろなことがありました。
いくら母親との折り合いが悪かった、と言っても、
最晩年の母の介護は、私が一人で引き受けていたのです。
施設に入所する時、その費用やお金の管理、
さらには延命措置をどうするか、などという判断まで、
弟に相談することができなかったのです。
恥ずかしながら、私は弟など居ないと思おう、と固く心に決めて
存在自体を切り捨ててしまっていたのです。
冷酷な姉だったのかもしれません。

弟には弟の言い分があり、その気持ちに少しでも寄りそえれば
また違った現在だったのかもしれません。
でも、私も必死で余裕がありませんでした。
母の介護も会社のことも、息子三人の子育ても、一人でもやってみせる。
今思えば、頑張りはしたけれど、驕った気持ちもあったのかもしれません。

弟と行き来がなかった時間に、私は鬱を経験し、母が亡くなり
弟は大病をして、一人で入院手術、その後の辛い治療も経験したのです。

でも、そういうマイナスとしか思えなかった経験があったからこそ、
昨日のような時間を過ごすことができたのだ、と今は心から思います。
辛かった時間が無ければ、お互いに変わることはできなかったでしょう。


母の介護を一緒に引き受けてくれた夫は、
弟にもやさしく接してくれました。
また3人で、いや今度は私の弟も誘って一緒にゴルフしよう。
そう言ってくれました。



いつか、などと言わないで、近いうちに実現したい。
昨日はいろいろな思いが巡り、写真を撮るゆとりがなかったけれど、
今度は、記念の写真も撮りたいな・・・そう思っています。

4人で笑いながら、真剣にラウンドしたい。
きっと楽しいに違いない。

ゴルフをやっていて良かったな、と思います。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:26  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.13 (Sun)

弟とのゴルフ こんな日が迎えられたことに感謝

今日は、軽井沢72西ブルーコースでのゴルフをしてきました。
弟は超久し振り、という割には上手かったです。
前半は、スタートこそ慣れてない風情でしたが、
直にバーディーやパーで上がるようになり、
午前中はまさかのトップ。
勝つ気満々で、お昼ご飯にはカツ丼なんて食べてました。

でも体力がもたなかったようです。
午後は疲れてしまったようでした。

終わってみれば、夫一番、2打差で私、弟は三番。
順当な順番でした。

私はレディースティーを使わず、フロントティーでプレイしてのスコアなので
まあまあかな、と思っています。
しかも弟に、凄く上手くなっているじゃん。
スウイング良いなぁ!
と言わしめて大満足でした。

M 先生、ありがとうございました。
通路に貼ってあったポスターに、堀口プロの写真と
コレパの案内があったので、弟に
ここで習っているの、とちょっと自慢げに説明しました。

2014041318054066b.jpg

帰りのサービスエリアで弟がごちそうしてくれました。
ささやかな勝利のお祝い。

今日は楽しかったし、夫もまた一緒に行きましょう、
と言ってくれて、私、そうとう良い気分です。

弟も、体力つけて、定期的に練習しよう、と乗り気です。

私も頑張らなくては!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:22  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.10 (Thu)

お客様の消息・・・悲しいこと

昨日、昔からのお客様のところへ呼ばれ、出かけていた夫。

帰ってきて一言。
2月に息子さんが急逝されていた。

たいへんなョックだった。

高齢なご夫婦。
奥様はしょんぼりしていて、正視できなかった、と言っていた。
ご主人は、自分たち夫婦が亡きあとの事を考えて、
夫に建物や土地、相続のことなどを相談したのだった。
残り時間もあまりないので、とおっしゃったそうだ。


産まれた子どもが成長し、幼児から青年へと変貌し、
やがてその子どもも親になり、新しい命を授かる。
子どもは成熟し、壮年になり、親が老いぼれてやがて旅立つ。

それが順当ってものなのに、何故、年老いてから
こんな悲嘆を味わわなければならないのだろうか。

仕事中だったけれど、私は泣きそうだった。

不条理

不条理を、断固拒絶すれば自殺にいきつくのだろうか。
カミュが言うように不条理を受け入れて生き続ける、と言ったって
とても受け入れられない! 受け入れられないゾ!

心の中で私は叫んでしまった。


時間は癒し薬で、時を重ねることで、激しい慟哭も
いつか埋み火のようになっていく。

高校時代に父を亡くした私は、身を持って実感しているのだ。
大切な人が居なくなったというのに、こんなに悲しいのに、
朝はやってきて、食事をいただき、そして夜はやってくる。
私が泣いている以外、何の変化も無い。
何故なんだろう。この世は終わりにならないの?
延々とそんなことばかり考えて、繰り返す毎日をいなし、
時間を浪費して立ち直ってきたのだ。

けれど、老人には、燃え盛る悲しみが癒されていく、
それだけの時間が残されているのだろうか。



死なない人間は居ない。
順不動。
しかし、残酷だ。


私はお二人にかける言葉を知らない。
けれどお祈りすることはできるから、日々祈ろうと思う。

この悲しみも受け入れます。だから、癒しと希望を与えて下さい。
そして相談していただいたことに、きちんとお応えできますように。


死ぬまで生き続ける。
本当にたいへんな事だ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

11:48  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.08 (Tue)

4月の思い出

今日は新年度に入って初めての地鎮祭でした。
消費税率8%になって1棟目の新築工事契約。
若い設計者の方のご自邸です。
我が社に何回も打ち合わせにいらっしゃいました。
思い入れが伝わって来て、心を込めて作業をしよう。と決意も新たです。
おめでとうございました。


今週は入学式が多かったですね。
小学生、中学生、高校から大学、たくさんの初々しい姿を見かけました。
ちょっと大きめのダブッとした制服を身につけて、
近所の写真館から出て来たご家族は、嬉しさと晴がましさがいっぱいでした。
あの大き目の制服も、じきにピッタリになるのでしょうね。
おめでとう。
そんな気持ちで微笑ましく見ていました。

息子たち三人の大学入学式はそれぞれに印象深いものでした。

長男の時は雨の武道館。
浪人の末に思いを遂げたのですから、本人も私も胸が一杯でした。
でも、記念写真は無し。イヤダ!と言い張った未熟者でした。
(卒業式の時は一緒に写真を撮ったのだから、少しは大人になったかな)

次男の時は嵐模様のお天気で、やはり武道館。
電車が止まったりして、ハラハラドキドキでした。
やさしい次男は一緒に記念撮影に納まってくれました。
それから足を延ばして、入社したばかりの長男の会社の前まで行って見たのでした。
お昼時に出入りする人の姿に将来の息子の姿を重ねて見たりして・・・
(親バカですね)

さて、三男は2011年の入学式。
節電で薄暗い、東京国際フォーラムでした。
Ⅱ部構成だった式典のⅡ部は中止になり、その後
中止した大学の卒業式を行うことになった、ということでした。
授業開始も延期になります、とか被災者の方の学費援助とか
緊張感の漂う入学式でした。
会場の外には新社会人になった卒業生の方たちが集まって、
再会を喜び合っていました。
門出のお祝いを遅れても挙行してくれる。
温かい大学だな、と思ったものでした。
ワンパク三男も感じることが多かったのでしょう。
素直に一緒に写真に納まりました。

桜と共に思い出す息子たちの入学式の思い出でした。
時間がたつの、早いですね。



少年老い易く学成り難し
一寸の光陰軽んずべからず
未だ覚めず池塘春草の夢
階前の梧葉已に秋声




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:13  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.07 (Mon)

久しぶりに全員出払った朝

いよいよ、息子たちの大学、授業が始まりました。
復学した次男も今日から研究室へ。最終学年で卒研です。
めでたくどうにか進級した三男も本日から授業。
キャンパスが変わったので、我が家からは近くなりました。
8時過ぎに、二人とも出払い、久しぶりに
誰もいなくなった朝でした。


日曜日、礼拝でスタートする新しい1週間は、
心静かに自分や家族のことを振り返れる貴重な時間でした。
慌ただしく、いろいろな心配ごとや、悩みごとに乱れがちな我が心をリセットして、
清新な気持ちになり、また1週間を頑張ろう、と思えました。

昨日は、同級生のMちゃんと一緒にお昼をいただき
お互いの近況や子どもたちのことなど話しながら、
ブラブラ歩いて帰宅しました。

KIMG0060aa.jpg
一緒にいただいたお昼。一番人気カレーうどん。トッピングに温泉卵を選びました。
確かに、美味しかったです。


子どもは大人になればなったで、幼かったころとは
違った心配ごとがいろいろでてくるけれど、大丈夫。
きっと最善の結論が用意されているから。焦らないでいましょうね。
彼女と話していると、自然にそういう気持ちになり、
心が明るく軽やかになったようでした。




帰宅したら長男がゴルフシューズとグローブを探し廻っていました。
来週早々、インドネシアに出張で、ゴルフをしなくちゃならないのだそうです。
驚いたのは私です。
何の練習もしていないのに・・・仕事でゴルフなんて!!
そうしたら、
目標は180を切ることです。って言ってあるから大丈夫なのだ、
と本人は平然としていました。
靴とグローブを持って帰って行きましたが、今度は短期出張だし、
ゴルフができるような地域なら、いつもよりは安全かな、と少しだけ安心感がありました。

いつかあなたとラウンドしたいな。
と言ったのですが、すかさず「練習するから出資しない?」
なんて言われました。
やれやれ。
出資は固くお断りしました。


息子たちがそれぞれの場で元気に活動できますように。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:19  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.05 (Sat)

美容整形とクオリティー・オブ・ライフ

若い男女の整形手術のことで深く考えさせられることがあった。

親にもらった体。鼻が低くても、目が一重まぶたでも、太っていても、
やせっぽちでも、とにかくどんな体であろうとも、それがその人の個性。
外見を装うより、内面を美しく磨こうよ・・・
そう言うのは、ある意味、簡単なことなのかもしれない。

曰く
ハゲオヤジがかつらをつくって、シワシワオバサンがしわ伸ばしの注射するのと、
何か違うわけ? 意味わかんない。
曰く
乳癌手術で胸の無い人が胸をつくるのなら良くて、豊胸手術は何でダメなの?
綺麗な自分になりたい、っていうのは私にとってはクオリティー・オブ・ライフの問題。
人は絶対に外見の第一印象で判断されるよ。特に最初は。就活だってそうだよ。

この話し合いに、韓国からの留学生のお友達が加わると、ますます話は混迷の度合いを深めてしまう。
韓国では、美容整形に対する抵抗感はとても少ないらしい。
曰く
妹は中学卒業のお祝いに親に整形手術をプレゼントしてもらった。
僕は○○と○○の二回手術した。
え~~っいいなぁ。私は○○の一回だけ。卒業までにもう一回やりたいなぁ。

私たち世代の日本の親は、とてもついていけないように感じるのだ。

けれど、手術を受けたい、と思う若者たちの心情も、
じっくり聞いてみれば、胸が痛むものがある。
子どもの頃のささいなからかい、ニックネームが心の傷になって、
深刻に思い詰めていたりもするのだ。
失恋した時の捨て台詞に、肉体的なことを言われたりすれば、
気になって当然なのだろう。痛ましい。
そんなこと言う人はこちらから別れなさい!!
と言って見ても、乗り越えるのには時間が必要なのだろう。

自信を取り戻したい。新しい自分になれるかもしれない。
そんなふうに切実に思っているような気がするのだ。

アルバイトをすれば必要なお金も貯められて、
成人すれば、親の承諾も要らない、というこらしい。

頬骨をけずって鼻を少し高くして、二重瞼にするの。
骨切りしてもらって鼻の下の長さを少し短くして・・・



彼らにどんな言葉をかければ良いのか、私はわからなかった。

ダイエットして痩せるのだって美を求めるからでしょ。
手術の脂肪吸引だって良いじゃない。ウエストと二の腕だけでいいし。
これも私の向上心。

この言葉に同意することはできなかった。

でも、知人の医師は、良いじゃないか、と言う人もいた。
整形外科や美容整形など、医療技術は高水準で、
大怪我の後など体に鉄のプレートやボルトを入れたり普通にしていること。
国外に手術しに行かれるよりは良いよ。
ということだった。

医師からすると、そういう話なのかもしれない。


ペチャパイで一重まぶたでガニマタで頭が悪くて、
そんなふうにしか産んであげられなかった、ママが全部悪いのよね。



なにが正しいのか、もはや言葉を失う。

せめて、家庭の中の親や兄弟、友人達との絆、
関係までも壊れることが無いように、と祈るのみ。

お互いの想いを受け入れ会って、結論が導けますように。
想いよ、届け!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

19:12  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.03 (Thu)

息子たちへのエール

いつも元気で快活で居て欲しい。
困難なことがあっても、前向きに進んでいく、そんな強さを持っていて欲しい。
自信過剰くらいに自分を信じて、未来に希望を持っていて欲しい。
へこたれない自分であって欲しい。
ご飯をモリモリ食べて、笑って、話して、歌ったり、ギターを弾いたり、
そんな自分であって欲しい。

母はそんな姿の君たち、
大らかで、若者らしい幸せそうにしている君たちを見ていたいのだ。

でも、そんな時ばかりじゃないよね。

見ている母も辛いのだ。
そこから救い出してあげられない私。

母は、食事をつくり、いつも通りに暮らすのみ。
もう君たちは、自分の力で、解決して、進んで行くしかないのだものね。

必ず、最善の結末が用意されている、とまずは私が信じて
朗らかでいなければ。
そう思う。

ガンバレ私。
ガンバレ息子たち。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:28  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.02 (Wed)

折り紙建築

長男のところへ送られてくる、大学の同窓会誌が
だんだん溜まってきて、廃棄することにしました。
パラパラながめてながら作業をしていたら
おもしろそうなタイトルが目に入りました。

折り紙の記事でした。

なんでも、折り紙を数学的に捉えて「オリガマイザ」
という三次元折り紙設計システムができたのだそうです。
折り紙の幾何学とアルゴリズムを計算すると、形から折りを求めることができる。
・・・なんだか良くわかりませんが、つまりはコンピューターに好きな形を入力すると、
それを折るための展開図がでてくるシステム、のような気がします。
それで実例として、折り紙でできたうさぎの写真がありました。
筆者の先生が展開図を基に10時間かけて折り紙をしたそうです。

凄すぎます。10時間。
鶴だの兜だのの、私の知っている折り紙と相当違うのですね。

折り紙国際会議もあるそうで、さらに折り紙理論を発展させて
折りたたんで持ち運べる建築が可能、と書いてありました。
抜粋すると、
・・・人数が少ない時は縮めて使い、多い時は広げて使う建物など、
用途に応じて形を変えて使えるという側面もあります。
建築のような大きいスケールで折り紙を使うには、
厚くてかたい素材のパネルと蝶番の折り目が必要になります。
ただし、このままだとたたんだり広げたりするうちに
素材に無理がかかって壊れてしまいます。
そこで剛体折り紙と呼ばれる理論であらかじめパターンを計算すれば、
繰り返し折りたたみのできる折り紙建築がつくれるんですよ。・・・

折り紙の建築。その発想にびっくりです。
2013年に「計算折り紙のかたち展」で発表されたという
実際の建築構造としての折り紙作品の写真が掲載されていました。

なんとも奥深い、学問の世界が折り紙には秘められていたのですね。
折り紙のイメージがかわりました。

しかし、折り紙建築が普及したら、建設会社はどうなるのだろう??
折り紙専門 株式会社スリーエフ・・なんて。


なんだか面白そうなタイトルが他にも目に着きました。

庭とももクロと私―日常世界へと広がる美学

少し読んでから廃棄処分にすることにしました。


あっそういえば、キリン氷結のチューハイの缶。
あれもダイヤカット模様とかいう折り紙のパターンなのだそうです。
缶を開けると、凸凹が浮き出るのだとか。

知らなかった。
早速、今晩試してみるつもりです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:24  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.01 (Tue)

新年度とエプリルフール

新年度のスタートです。
そして消費税がついに8%になりました。
景気が冷え込む、と予想されていて、今年度はどんな経営環境になるのか。
会社のかじ取りの責任を痛感して、身の引き締まる思いです。

自分たちの経営努力だけでは如何ともしがたい事も多々あるわけで、
そういう事に対しては、広く社会的、政治的な視点も併せ持ち、
営業していかなければ、と思います。
雑駁な印象ではあるけれど、政治は完全に大企業中心で動いていて、
中小零細企業は切り捨てられている感を否めません。
法人税は減税される、といっても、日本の中小企業は70%くらいが赤字経営だとききます。
恩恵を受けられる大企業はますます潤うのでしょう。
接待交際費も大企業は、その半分までを経費として認められる、というけれど、
ギリギリの経費節減をしている中小には縁のない話のように思われます。
この減税で少なくなった税収を何で補おうとしているのか。
しっかりと見ていなければ、と思います。

仕事をしていれば、良いことばかりでは無く、困難なことも多々あるけれど
ため息をついて落ち込むばかりではなく、社員や協力業者さんの頑張りに
勇気をもらって前向きな気持ちでいたいものだ、と思っています。
同じ方向を向き、気持ちを一つに取り組める。
これこそ我が社の宝物。
厳しく、温かい会社でありたいです。



ところで4月1日、まだウソをついていません。

父と母は新年度の挨拶で営業所出店計画を発表しました。
狭い日本を離れ、アフリカに営業所を開設し、父と母はそちらに拠点を移すつもりです。
NPO活動で井戸掘りをしている友人からも誘われています。
ついては、長男君、アフリカのあれこれについて相談に乗って欲しいのだけれど。
次男君、三男君、早ければ、秋には決行の予定です。
この建物は会社に明け渡す予定なので、二人は引っ越しが必要です。
自分の持ち物整理を早急にして下さい。父と母も荷物整理をして、早めに明け渡したいので・・・・

なんて息子たちにメールしてみたらどうだろう・・・と考えていましたが・・・
やめました。
それぞれ、忙しそうで、怒りそうな気がして。

でも、せめて夫には・・・まだ本日、残り時間がありますものね。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 日常雑感 - ジャンル : ブログ

18:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |