2014年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014'08.30 (Sat)

本日の作業

胸のしこりを、先日切開して取っていただいたので、
今日と明日はジムをお休みです。
体を動かして汗をかくと、とても爽快なのだけれど、
今週は我慢です。

ジムへ出かける、という時間の縛りが無いので、
今日の朝食。いつもより丁寧です。
KIMG0368b.jpg

そして、夫が車を出してくれたので、買い出しに行きました。
ワイン、チーズ、バター、パスタや冷麺、牛肉などは夫の担当。
私は、お魚と野菜を調達しました。

立派なアジ。
KIMG0370a.jpg
三枚におろして刺身にしました。
この他にイカ。これは一部お刺身にして、残りは塩からを仕込みました。
豚の切り身はみそ漬けにしました。
買ってきたもの全て、下処理して、小分けして冷凍庫へ。
仕込み完了です。

ここまでしてあると、毎日の食事の用意は楽ちんです。

夫はお家居酒屋を楽しみに、ジムに出かけて行きました。
ビールもワインも準備万端。
美味しいよ!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:25  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.29 (Fri)

建物についての雑感

我が社は、一級建築士事務所と特定建設工事業という
二つのライセンスを持って営業しています。
設計事務所でもあり、施工会社でもあるので、
自社で設計して確認申請をし、工事をすることができるのですが
設計事務所の先生の設計したものを、
施工することの方が圧倒的に多かったと思います。

どの設計事務所の先生もこだわりを持っていて、
個性が光っています。
仕事を手伝い始めたころは、どれも素晴らしくステキでカッコ良く見えて、
施工しているのが誇らしい気持ちもしたものでした。

そのうち、長らくやっているので、自分なりの好みも出て来て、
カッコ良い、と感動するのと、自分が好むのとは、
違いがあるのにも気が付きました。
何人もの、好きな先生の建物に出会えて、
工事させていただけたのは、幸せなことだと思っています。

また、オーナーの方と建物がベストマッチで、
なるほどなぁ、と思わされる建物もたくさんありました。
その人を表す住まい。設計の先生との良い出会いだったのだろうな、
と思うのです。

でも、中には、異和感のある建物、というのにも出会いました。
どうだ、と言わんばかりのデザインとか
先進性を誇示しすぎているように感じられる時かそうなのです。
オーナーの方の人となりも感じられず、周囲には威圧感。
設計の先生の自己満足のように感じてしまう建物です。
そんなに数は多くはないのですが、無かったわけではありません。

会社を始めて28年。
年月を経て、建物がどのようになっているのか。
28年分、ご家族にも変化があるわけで、周辺の環境も変わるでしょう。
トンガっていた家は、そのトンガリを保持しているのか、
古くなって味わいを増しているのか、みすぼらしくなってしまうのか、
改めて今の姿も見て見たい、そんな気がしています。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:47  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.28 (Thu)

秋の気配 

昨日から気温が下がり、肌寒いような東京です。
(お素麺ではなくて、温かいおうどんが恋しい。)
一気に、秋の気配です。

8月ももう終わり。
カレンダーの残りもあと4枚になりました。

盛りだくさんのことがあった今年も、もう、残りの方が少ない。
お正月に家族が集まった時には、想像もつかなかった激変で、
2014年は、私にとっては大きな意味のある年になりそうです。

一番は、私自身が洗礼を受けたこと。
大きな恵み、幸せなことだと思います。
そして、長男の結婚。
それに伴って、いつもより長男とたくさん話しをしたな、と感じます。
また、母の存命中は行き来の無かった弟と、
一緒にゴルフに出かけ、ホテルで一つ屋根の下に泊ったり。
こんな日が来るというのも、思いがけないことでした。


日々の仕事や日常で、たいへんなこと、心配な事も多々あるのだけれど、
振り返って見れば、幸せなことの詰まった日々でした。

残り4カ月。
今日という日を感謝して、元気に過ごしていきたいです。


昨日は去りました。
明日はまだ来ていません。
わたしたちにはただ、
今日があるのみ。
さあ、始めましょう。

- マザー・テレサ -



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


13:15  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.26 (Tue)

本当に雑談

三男がインターンシップに行ってしまい、居ない。
静か。 家も汚れない。 洗濯物が少ない。  食事の量も少ない。
・・・で、私は淋しい。


スマホのアプリはほとんど使わない物もたくさんある。
更新して下さい、というメールがしょっちゅう来るので
家事に余裕のある今のうちに、
不要な物をアンインストールすることにした。

これをアンインストールすると、
他の○○に影響が出るかもしれません。
それでも実行しますか?

これってオドシだ。

それで次男に聞いてみる。

私が持ち主なのに、スマホが脅してくるの。
別に母じゃなくても、そう言って来るから。・・・そのまんまで支障ないでしょ。
と言われてしまった。
意地悪!! 学費は誰が払っているのだ!! と言いたいのをのみ込んだ。

思い切って、アンインストールしてしまうか、思案中。



月末、今月は実質金曜日まで。
もう一息。頑張ろう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:39  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.25 (Mon)

夫の登山・その結末

想像した通り、夫は室堂からの最終に乗り遅れ
(もはやそういうレベルではないかも。間に合うはずもなく)
昨晩は帰宅しませんでした。

室堂の立山観光ホテルに相談して
添乗員さん用のお部屋に泊めていただいたとか。


還暦を目前にして、このやんちゃぶり。
もはや改善の余地は無いのかもしれません。


時間がたっぷりある大学生は、飛んで見る前から、
危ないし、飛べないかもしれない、と石橋を叩きまくって渡らない。

飛んだら複雑骨折だよ、と思われるオジサンは
どこからくる自信なのか、飛んでみてしまう。

どのルートなのかまだ聞いていないのだけれど剣に登頂して、
早月尾根を下らないで、室堂にもどっただけでも、
多少は成長した、というか年をとったというか・・・


月曜日まで休暇を取る、とは言っていないのだから
みんなにきちんと月曜不在の連絡して下さい。
とメールしておきました。
(私からみんなに伝えてほしい、なんていう甘ったれは許しません)


お昼すぎに帰宅した夫。
猛然と仕事しております。


少~~~しだけ、反省した、かな??



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:10  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.24 (Sun)

週末の夫・一人アイスクリーム

土日の一泊二日で夫は剣岳へ出かけました。
禁断症状を発症したようでした。
土曜の10時過ぎに自宅を出て、今回はスーパーあずさで松本へ
扇沢から室堂へ入山するのです。

当初、すごい計画を口にしていました。

初日は室堂から剣沢に入り、平蔵を登って剣登頂。
長次郎を下り、クマの岩に幕営。
翌日は、八峰上半を登り再度剣のピークへ。
下山は早月尾根

体力気力とも、20代の頃のままと勘違いしているような計画で、
あきれて、お好きなように。
と言っていたのですが、在京責任者は私。
天気も不安定だし、まともに考えて!! とちょっと怒りました。

初日はアルペンルート大観峰駅からの写真を送って来てくれました。
DSC_0226abc.jpg

そしてさきほど、剣に登頂して、今、午前小屋。室堂に下る。
とメールがありました。
詳しいことは帰ってから聞いてみますが、室堂からの最終には間に合うのか?
頑張って下さい、としか言いようがありません。
今晩中に帰って来るのかな?


ところで昨晩は、長男が床屋さんの帰りに我が家にやって来ました。
弟たちと、しばしテレビを見たりしていました。
KIMG0364fff.jpg

池袋に呑みに行こう。おごるよ。と三男を誘っておりました。
大喜びの三男と二人ででかけてしまいました。

・・・母も誘ってくれれば良いのに・・・
と思いつつ、後片付けをしました。

いいもん。意地悪。
一人、ヤケアイスクリームでした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:43  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.22 (Fri)

全員出払って、余裕のある朝に思うこと

三男が日曜日からインターンシップに出かけて行きます。
自宅から通えるとは思うのだけれど、
敢えて息子は宿泊を選択。
2週間、会社が手配して下さった宿泊先で過ごすのです。

なんとなくウキウキしている私です。
月末の忙しい時に、一人減るだけでも大助かりですから。


長男は、いよいよ引っ越しして、二人の新生活をスタートさせます。
今週末に準備して、30日に引っ越しだそうです。
留学とか駐在とか、先はどうなるかわかりませんが
とにかく一緒に生活をして、二人の基盤をつくっていってもらいたい、
そう願っています。

次男は相変わらず、規則正しく研究室へ。

あまり親の手を煩わせることなく、それぞれが
自分なりに歩んでいるように思えます。

KIMG0311ab.jpg
7時半には、朝食の片付けも全て完了。

全員出払った静かな朝のリビングで、
彼らが生まれてから今まで、
私は息子たちにいろいろなことを望み、期待して、
ずいぶん高望みで欲張りな親だったのではないか?
と、ふいに思いました。

今のままで、充分すぎるくらい、息子たちは
私たち夫婦に幸せを運んでくれている。
しつけと称してガミガミ叱りつけ、
心配をかけたから、と言っては憤っていたのは自分の問題。
本当に、そんなに重大な非が彼らにあったのか。
そう問いかけると、ほんのり胸が痛んだりしました。


こんなことを朝考えるなんて、今までならあり得ない。


やっぱり、余裕があるのは良いことだ。
そして息子たちが大人になったということ。


案外早く、次男も三男も、家を出て、独立するかもしれない。
一つ屋根の下に居られる時間を大切にしなければ。
今夜は息子たちの好きな物をつくろう。
そんなことを思った今朝のリビングです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:15  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.20 (Wed)

奥様を亡くされた知人

奥様を亡くされた、学生時代からの知人の話を夫がしてくれた。

建設会社の工事部門で、責任ある立場で仕事をされていた方で、
奥様を亡くされた時、二人いらしたお子さんたちは、
まだ中学生くらいだったそうだ。

それからの日々・・・
仕事をしながら、お子さんたちのお弁当を毎日つくり、
掃除も洗濯も、一人でなんとか頑張っていらしたそうだ。

今は定年を迎え、嘱託で仕事をされている。

娘は管理栄養士をめざして、大学在学中だけれど、
食事の用意もお弁当も、一切自分ではやらない。食べるだけ。
息子も、大学の時は、自由気ままな学生生活で、
帰ってくるのか来ないのか、食事を食べるのか要らないのか、連絡も無い。
とこぼしていらしたそうだ。


娘のことはわからないけれど、息子さんは、我が家の息子たちと同じ。
いまどきのごく普通の大学生だったのだ、と思うのだ。
特別、我が儘なわけでも、親不孝な訳でも無い、と私は思う。

立派だったのは知人の親としての姿勢だった、と私は思う。
きっとグチを言うわけでもなく、子どもたちに、手伝え~~!
なんて強硬手段を取るわけでもなく、
しんどくても、グッと歯を食いしばり
踏ん張っていらしたと思うのだ。

子どもは、親のことを良く見ているものだと私は思う。
親が、弱々しくて、放ってはおけない、となれば
本能的に、自由気まま、我がままにすることは、できないものだ。
憂いなく、父親の手づくりお弁当を食べて
自由に学生生活をエンジョイしている子どもたち。

知人は、本当にしんどかったことだろう。
でも、立派だった。
無理やり家庭に縛りつけなかったのだから。

学生が学生として過ごせる時間。
そこを保障して、子どもたちは自由だったのだ。
そういう時間は必ず後から効いてくる。
たとえ遊び倒そうとも、無駄に見えようとも、
子どもの人生を豊かにしてくれる珠玉の時間。

私は確信している。

仕事が嘱託になり、少し余裕ができたのだそうだ。
息子さんも社会人になられたようだし、
最近またゴルフの練習を始めた、と言っていた。

親は辛い。
頑張ったよね。
お互いにそう讃えながら、いつか一緒にラウンドしてみたい。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:07  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.19 (Tue)

弟とのゴルフ

弟とゴルフに行くようになったのは、今年。
軽井沢浅間プリンスホテルのオープンの時が最初だったと思う。
もう何回、一緒にラウンドしただろうか。

今回も弟と一緒だった。

ホテルでは部屋にエキストラベッドを入れてもらって、
3人で泊った。
弟と一緒に泊る・・・何十年ぶりだろう。感慨深かった。

洗面台に弟の入れ歯があった。
弟は入れ歯になってしまったのだ。病気のせいだろうか?
右足も少し引きずるような感じで歩いていた。
背中とか腰、膝が痛む時がある、なんて言うと、
私はビクビクしてしまう。

ゴルフも私に1回だって勝っていない。

いつまで一緒にラウンドできるだろうか。
そんなことをチラと考えた今夏のゴルフだった。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:57  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.18 (Mon)

川内原発・パブリックコメント

8月15日が締め切りの「川内原発審査書案へのパブリックコメント」
先輩のOさんから、提出したので、と本日メールが送られてきました。

読んでみると、本当にもっともな内容なのです。
許可をいただき、一部抜粋して掲載してみます。

私は学生時代、放射の部屋だったけれど、原発の再稼働には反対です。
経済性、クリーンエネルギー、いろいろなことを言いますけれど
安全性を度外視しているような判断基準は、そもそも問題外だと思うのです。
何故、安全性が度外視されているのか、O先輩からのメールはとても良く理解できるのです。

読んでみていただければ、そして考えるきっかけにしていただければ
と思います。

*****

意見 
原子力規制委員会が新規制基準を作成し、
本件申請の審査を行うのは間違っている。
依って、審査書案は全面的に認める事は出来ない。

理由
1.福島第一原発事故の原因調査が未だなされていない。
事故原因が明らかでないのに「新規制基準」を作り、審査するのは
『原子力規制委員会の基本観念』が間違っている。

品質管理では、大原則の「Plan」「Do」「See」「Action」の“管理の輪”
が完成しないと品質の保証は出来ないとされている。
事故原因の究明、すなわち「See」が欠落していては
“管理の輪”が完成していないのは明らかである。
このような「See」の欠落した状態では原子力の品質は保証されない。
こんな基本原則が解らない原子力規制委員会は全員”勉強不足”である。

2.耐震設計における基準地震動の値を変えて、
構造物の耐震性を評価し直して「新基準地震動」に耐えうるとしているが、
原子炉新設時の旧基準地振動に耐えるとした
原子炉主要部の材質、構造、寸法は変えようがない。
同じ設計基準で原発の主要構造が設計されているとして、
基準地振動だけを大きくすると、同じ耐力の材料を使っているから安全率を下げざるを得ない。
依って、「新規制基準」に合格と判断するのは、素人を欺く”まやかし”である。
原子炉を新基準地震動で新規に設計製作し直さないかぎり
従来の安全率を確保出来ないのは自明の事である。
安全率を下げると云う事は「安全性を下げる」ことであり、
これは認められない。
構造は違うが東電福島の原子炉格納容器が地震によって損傷したことは、
メルトダウンした燃料を冷却する海水が原子炉建屋に漏れ出している事からも明らかである。
このような設計基準で作られた原子炉は安全でない。

以上

*****

いろいろな資料を散見しただけでも、見切り発車なのがよくわかり、恐ろしくなります。
火山の爆発に対処できるのか、10キロ圏だけの避難計画で良いのか。などなど。

政府は新規制基準を「世界で最も厳しい水準」として、
合格原発は再稼働を進める方針なのです。
川内原発は、現在のルールにのっとって、国民からの意見公募、
その後の地元の同意、そして再稼働となってしまうのでしょうか。

福島の原発事故後以前には、無理だと思わされてきた
「原発ゼロ」のまま、日本は社会を維持してきているのです。

無理なんかじゃない!!と声を大にして、言いたいです。
:原発NO!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:47  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.17 (Sun)

ゴルフコースの洗礼

お休み中のゴルフは強烈な体験でした。
グランディ那須白河ゴルフクラブ。
7月31日から、男子プロトーナメント 
ダンロップ・スリクソン福島オープンが開催されていたそうです。
それだけで、行く前からドキドキでしたが、
本当にタフなコースでした。

キャディーさんが言うには、
グリーンは遅くしてあります。あのまんまだと、
往ったり来たりしているだけで、ずっと終わらないから、進行上困るので。
ラフは、営業が立て込んでいて、ほんの少ししか刈れてません。
ということでした。果たして・・・

そもそも、フェアウェイがベント芝ということで、
今まで経験したゴルフ場と全く感じが違うのです。
フッカフカのフッワフワ。歩いていると沈むような感じがします。

アイアンショットでは、プロのテレビ中継で見るように
ターフが取れて舞い上がるので、ちょっと良い気分。
でも・・・ランが出ないのです。
ドライバーショットもフェアウェイに球がめり込んで埋まってしまうのです。

キャディーさん
ランが出るのは、グリーンだけですから。フェアウェイは止まります。
その通りでした。
めり込んだら、無罰で掘り出してボールは拭けますよ。
とタマを綺麗にしてリプレイスしてくれました。

しかし・・・ウッドやユーティリティーでも、ターフが取れてしまうのです。
私の好きなクラブで、普段なら、ソールが滑って抜ける、という感じなのに。
正確なショットができないと、距離も稼げませんでした。
ファーストカットにボールがある時が、一番打ちやすかったかも。


そして、ラフ。密集していて、見た目浮いているようでも、
脱出はとても難しかったです。沈んでいる時は、
サンドを使ってバンカーショットみたいに打ちました。涙。

グリーンは、あれでも遅くした、というのでしょうか。
オンしても止まりません。ランがでるのはグリーンだけ、というのは本当でした。
すごいアンジュレーションで、あり得ない方向を向いてパターをすると、
大きく蛇行しながら寄って行く、という経験をしました。
キャディーさんがいなかったら、無理。
セルフのお客さんは、ツーオンファイブパットも居ますよ。
と言っていましたが、納得です。

ショートホールだけが、バーディーとパーでした。
ミドルでスリーオンしても、止まらずにロングパットになります。
キャディーさんの指示通りで、ワンパットで入ったホールがひとつ。
まともなのはそれだけでした。

キャディーさんも、面白い方でした。
グリーンに載せる時は、
あのドテ方向です。そしたら転がって寄ります。
それ以外は、止まりません。というような指示。
夫がロブショットならどうなのですか?
と尋ねたら、できるならやって下さい。
と言われて、苦笑いしていました。


お風呂の中で、女性が怒りながら話していました。

メンテが悪すぎよ。何よ、あのラフ。
それに狭いし、ウネウネしすぎていて、設計ミスよね。
本当! こんなスコア10年ぶりだわ。欠陥よ!!
などなど。

私は湯船につかりながら、コースの設計ミスって言い放つのが、
すごいなぁ、と思って聞いておりました。
建築の場合の設計ミスって、例えば、ドアの開口が小さくて、
予定していたドアが取り付けられない、とかそういうことですから。


夫も弟も、練習してリベンジに来たい、と言っていました。
キャディーさんによると、こんなはずじゃなかった。
接客業なのに、こんなにイヤな気分にさせてどうする、
と怒ってしまって、もう来てくれないお客さんも居ます。
ということでした。

ユルユルのゴルフをしていたな、と思い知りました。
基本を忠実に練習して、私はリベンジにまた来たいです。
ハーフだけでワンラウンドしたくらい疲れたゴルフでしたが、
面白かったです。

明日から仕事。
頑張ってゴルフも仕事も精進いたします。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:35  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.14 (Thu)

我が家の夏休み

夫と私は、今日からお休みしています。

初日の今日は、古い友人とその息子さんとのゴルフでした。
平成倶楽部というバブリー、ゴージャスなゴルフ場でした。

赤ちゃんから幼時の頃を知っているアキちゃんは、
たくましい青年になっていました。大学4年生。
就職も決まり、あとは卒論と、秋のゴルフの大会を残すのみ、
と言っていました。残り少ない日々を満喫できると良いね。

さて、ゴルフ部のアキちゃんのショットは、目が覚めるようでした。
キャディーさんが、鳥肌が立つ、と言うくらいの
スーパーショットも見せてもらいました。
呼び名をアキロイにすることにしました。
全般は2オーバーの38。後半は40.
すごいなぁ、と感嘆しましたが本人は、すごく不満足そうでした。
母親と良くラウンドするそうで、
なおかつ、母親の友達とラウンドしてくれるなんて、
やさしい息子さんだな、と思いました。
礼儀正しい、好青年で、アキロイのファンになりました。
最後の秋の大会、応援に行こうかな・・・


さて我が家の二人。
三男は、アルバイト代金を持って、サークルの仲間と
軽井沢モーターパークというところに出かけて行きました。
帰りに、群馬に寄って、墓参りして来る。
アウトレットに寄れれば、靴も買いたいな。
と父親から寝袋を借り、ちょっとカンパも貰い、嬉しそうに仕度していました。
バイクのコースでもあるのかな?
怪我をしないように、それだけが心配です。

そして次男は何がそんなに忙しいのか、
今日5時過ぎに家を出る私たちに、ついでに駅まで乗せてって・・・と
早朝5時20分には大学へ出かけていきました。
夏休みって、無いのだろうか。
家族の中で、一番の色白、美白青年です。


それぞれの夏。
元気で過ごせますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:35  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.13 (Wed)

8月、戦争を考える

8月は、戦争について考える月ですね。

広島。長崎の原爆の日、そして終戦の日。

直接戦争を経験した世代が少なくなって、
伝え続けて行くのは、戦争を経験していない私たちの世代。

どんなふうに戦争へ突入していき、どんな時代だったのか、
今一度、真摯に学ばなければ、と思います。




毎日新聞の依頼に応え発表されたという、なかにし礼さんの詩です。



平和の申し子たちへ! 泣きながら抵抗を始めよう

二〇一四年七月一日火曜日

集団的自衛権が閣議決定された

この日 日本の誇るべき

たった一つの宝物

平和憲法は粉砕された

つまり君たち若者もまた

圧殺されたのである

こんな憲法違反にたいして

最高裁はなんの文句も言わない

かくして君たちの日本は

その長い歴史の中の

どんな時代よりも禍々(まがまが)しい

暗黒時代へともどっていく

そしてまたあの

醜悪と愚劣 残酷と恐怖の

戦争が始まるだろう

ああ、若き友たちよ!

巨大な歯車がひとたびぐらっと

回りはじめたら最後

君もその中に巻き込まれる

いやがおうでも巻き込まれる

しかし君に戦う理由などあるのか

国のため? 大義のため?

そんなもののために

君は銃で人を狙えるのか

君は銃剣で人を刺せるのか

君は人々の上に爆弾を落とせるのか

若き友たちよ!

君は戦場に行ってはならない

なぜなら君は戦争にむいてないからだ

世界史上類例のない

六十九年間も平和がつづいた

理想の国に生まれたんだもの

平和しか知らないんだ

平和の申し子なんだ

平和こそが君の故郷であり

生活であり存在理由なんだ

平和ぼけ? なんとでも言わしておけ

戦争なんか真っ平ごめんだ

人殺しどころか喧嘩(けんか)もしたくない

たとえ国家といえども

俺の人生にかまわないでくれ

俺は臆病なんだ

俺は弱虫なんだ

卑怯者(ひきょうもの)? そうかもしれない

しかし俺は平和が好きなんだ

それのどこが悪い?

弱くあることも

勇気のいることなんだぜ

そう言って胸をはれば

なにか清々(すがすが)しい風が吹くじゃないか

怖(おそ)れるものはなにもない

愛する平和の申し子たちよ

この世に生まれ出た時

君は命の歓喜の産声をあげた

君の命よりも大切なものはない

生き抜かなければならない

死んではならない

が 殺してもいけない

だから今こそ!

もっともか弱きものとして

産声をあげる赤児のように

泣きながら抵抗を始めよう

泣きながら抵抗をしつづけるのだ

泣くことを一生やめてはならない

平和のために!




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

10:53  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.11 (Mon)

怒涛のような連続が終わって

先週の怒涛の食事会、全部終わりました。

それぞれの会は、集う人たちによって、趣も異なりますが、
それぞれ、楽しく、美味しく、和気あいあい。
終わってみると、皆さんと、心が近付いたような気持ちがします。
本当に有難うございました。

昨日は、息子とNちゃんを囲んで、家族の食事会でした。
ささやかながら、二人の門出とNちゃんの誕生日をお祝いしたのです。

次男、三男に私の弟、それに私たち夫婦に長男夫婦。
総勢7人でした。

弟たちは、どうも私たちよりもずっと前から、
お付き合いをしていたのを知っていたようでした。
Nちゃんのニックネームまで知っていました。
いつの間に・・・兄弟の結束というかチームワークに驚きでした。

かなりボーリュームがある中華のコースをいただいたのですが、
トリオが集まると、その他に単品でいくつか注文するのが
我が家のいつものことなのですが、
同じトリオでも3姉妹のNちゃんは、
その食べっぷりに驚愕しておりました。
とどめに注文した海鮮あんかけ焼きそばまでペロリ。
まだ、食べざかりなのか、それとも3人集まったせいなのか・・・

息子たちの食欲異常事態の他は、フランスの写真を見せてもらったり、
ゴルフの話をしたり、三男のインターンシップや
Nちゃんの妹のインターンシップの話など、
ずいぶん話が弾んで笑いが絶えませんでした。

サプライズでお願いしていたケーキもすごく喜んでくれました。
こちらは別バラ。
美味しいね、と弟も夫も完食しておりました。


息子夫婦から、フランスのお土産をもらいました。
息子がどこかへ出かけて、お土産を買って来てくれるのは
多分はじめてのこと。とても嬉しかったです。有難う。


今日は、全員が朝からいつも通りに仕事しています。
私だけ、マキロイの優勝を見届けてから仕事。

明日も、頑張ります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




19:13  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.10 (Sun)

三男、小躍りする

どうせダメかもしれないけど、出すだけ出してみる。
そう言って、〆切りギリギリに、
夏休みのインターンシップの申し込みをした会社がありました。
HONDA。
バイクのメーカー、というイメージを私はもっているのですが、
三男が希望を出したのも、二輪車なんとか部門でした。

出す前から、言い訳がましく、
院生しか希望した部門はインターンとらないらしい。
みたいなことを言っていたのですが、なんと採用いたします。
というメールが来たそうです。

文字通り、家の中を小躍りして、跳ねまわっておりました。

実は、私はもしかしたら、インターンをさせていただけるのでは、
と思っていたのです。

二輪車と自分のかかわりについて、書いた三男の下書きを
ちょっと読んだのですが、
バイクで走る爽快感、ワクワクと心が躍るような
喜びがあふれてくる感じが、彼なりの表現で生き生き伝わってきたのです。
そして、HONDAでやってみたい、見てみたいこと、
将来、自分だったらどんなバイクに乗りたいか、など
本当に息子はそういうバイクを造って見たいのだろうな、
と思わせる文章で、私はちょっと感動したのです。

バイクとかかわっている写真を選ぶのも、
楽しそうに選んでいました。
どれも嬉しそうな息子の姿。
イヤイヤ何かしている時と大違いです。

母の、もしかしたら、は的中しました。

よかったね。
頑張っておいで。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:10  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.09 (Sat)

高校の先輩、Eテレ出演

ちょっと宣伝です。
高校の先輩が今夜11時からのEテレに出演します。
「肢体不自由児の学童疎開」という番組です。

永年、障害児教育に取り組まれた方です。
以前、お話をうかがったことがあるのですが、
戦時中、障害がある子どもたちは、ごくつぶしと言われ、
疎開をするのもたいへんなご苦労があった、ということです。

お時間が許せば、是非みていただきたいので、掲載させていただきます。

先輩から届いたメールの抜粋です。


お忘れの方もおられると思うので、一応。
今夜11時、Eテレで「肢体不自由児の学童疎開」が放映されます。
この話は2年位前からありまして、ある程度の取材も受けたのですが、
そのときは「視力障害者の戦争体験」というように途中から企画が変わりました。
そのときにまたどうしてもという気持ちがあったようで、昨年秋から企画、取材が始まりました。
他の障害、盲学校、ろう学校の学童疎開も含めたいという話でしたが、どうなったのでしょうか。
話の様子では光明学校だけのような気もします。

皆さんご存じのように私は身体もヨレヨレ、気力を振り絞って何とかという状態で、
自分がカメラの前に出ることは避けたいと思っていたのですが、
考えてみれば、光明学校の疎開を直接語れる人はもういないんだということに気が付きまして、
大決心をして何とか今日まで頑張りました。

番組を見てもらいたいという気持ちと、
長年のつきあいのある友人たちの前に姿を見せる機会も最後だろうという気持ちもあり、
私としては珍しく、番組の宣伝をしてきました。

ここ1カ月くらいは大変でした、初めのうちは質問内容も前日には届いて、
それなりの用意をし、発言内容もメモしていたのですが、だんだん時間が無くなってきて、
「今日伺います。質問内容もそのときに」などというようになり、気持ちも焦ってきました。
狭い部屋なので、そのたびに片付けて、疲れもしました。
番組を作っていくうちに足りないところが出てくるのでしょう、
毎日のようにごく簡単な事実確認やら、資料の中の読めない漢字の確認やらと問い合わせも頻繁。

再放送は16日(土)0時から。(15日深夜)
なお、朝日小学生新聞の取材も同時並行で入りました。14日付です。
多分町では売っていないと思うので、販売店に頼まなければ手に入らないかもしれません。
私は電話したら何部か入れておきましょうということでした。

今年は学童疎開70年ということで、マスコミは大変なようです。
先日は「米倉斉加年」さんの講演があり、著書の朗読などもありました。
日本という国は一過性の大騒ぎが好きな国で、その後は知らん顔ということになるのでしょうが、
体験者かが少なくなっていきます。伝えることは、し続けなければならないと思っています。


***
福島から避難している子どもたちも、現代の疎開なのではなかろうか?
などとも思います。

見ていただけたら幸いです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:01  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.08 (Fri)

怒涛のような連続

今夜から3日連続で、食事会があります。
今日は、学習会のお仲間と。
明日は、お客様の竣工パーティーにお招きいただいたのです。
そして明後日は、家族。
(ついでに一昨日はお客様とランチでした。)
KIMG0312a.jpg
KIMG0313b.jpg
KIMG0314c.jpg
KIMG0315e.jpg
KIMG0316nn.jpg
パリの朝市というお店でした。

お誘いをいただけるうちが華。
それに、一緒に楽しい時間を過ごすと、
いろいろな方たちともっと親しくなれるように感じています。
それが、また、楽しいのです。


息子たちが中学、高校の時は、あんまり出歩けなかったけれど、
今は彼らも大人になりました。

明日、明後日は夫も一緒ですが、
今日、夫は残業です。

いつも有難う。
夕食には、正しいお留守番ご飯、
夏野菜のカレーとサラダが用意してあります。

では、行ってきます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:41  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.07 (Thu)

三男の建設現場感想

我が社の現場でアルバイトをしている三男。
7時すぎに帰宅して、夕べはたまたま夫と私と三人での夕食でした。
こういうことは、本当に珍しいのです。

夫と、大工さんのこと、監督とした作業のことなど
話が弾んでいました。
そして、ちゃっかり、冷酒、ちょうだいよ。
なんて言われて、三人でプチ呑みになりました。

施工誤差がどこまで許容されのるか。
機械の場合、許容誤差の範囲は既に図面に明記されているけれど、
建築はどうなのか? 書いてないみたいな気がするけど。
精密機械をつくっているわけじゃないのに、
その数字にこだわる意味は何なのか?
次の工程などでカバーできるものなら、それで良いのではないか?
レベルとスケールで測りまくるのに命かけてるみたいだけど
全体工程とか、予算とか、そういうのに優先して許されている
理由は何なのか?
大学の授業だったら質問しちゃうけど、黙ってた。
と息子。

いくつかの現場に出てみての息子の感想とか質問は
ナカナカに、おもしろいものでした。


真夏の現場作業の過酷さを、身を持って体験したのでしょう。
最初、疲れるから、1日おき、などと言っていたのですが、
社員や職人さんの働きぶりにスイッチが入ったようです。
ちょっとでも手伝ってあげたい。難しいことはできなくても
気合いだけでも力になるもん。監督の味方になって応援したい。
なんて言っていました。


嬉しそうだった夫です。

頼むぞ。
なんて言って、ついついお酒が進んでおりました。

一番の甘えん坊。末っ子だったのに・・・大人になっていく。

プロになるのはたいへんな事です。
君は、何になるのかな?
頑張りなさい。
楽しみに、見守っています。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
10:50  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.05 (Tue)

明日の上棟式

明日は上棟式があります。
我が社にとってはちょっと規模の大きい集合住宅です。

長いお付き合いをさせていただいているお客様です。
最初のご縁から20年以上が経ち、
今回の建物の実質的な推進役は、私たちと同世代の子ども世代になりました。

時は流れる・・・

いつまでもお元気で居ていただきたいけれど、
いつかはお別れしなければならない現実。

相続対策の建物なのかもしれません。

銀行がお金の計算をして、デベロッパーに任せてしまう、
という世話無しの選択もあったのでしょうが、
夫と打ち合わせを重ねながら、設計して建築する、
という手間暇かかる方法を選んで下さいました。

二代に渡って仕事をさせていただけることを
本当に有難いことだと感じています。

そして、ちょっと淋しい気持ちもしてしまいます・・・
でも、こういう仕事はこれから増えて来るのかもしれません。

残される人たちへの想いやりを形にする。

やっぱり誰かの顔を思い浮かべて仕事をしたいし、
明日の上棟も、そんな気持ちでお祝いしたいと思います。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
18:24  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.04 (Mon)

夫の意外な一面

今、見積をしている物件があります。
長男夫婦が住むところに近いのではないか、
と言う夫。
先日息子たちが来た時に、図面を持ってきて、
Nちゃん(お嫁さん)に一生懸命、場所を訊ねていました。

やっぱり近かった。
と何故だか嬉しそう。
ご近所だというだけで、見積作業も楽しそうです。
なんだか可愛いな。

昨日も道の駅で大きいスイカを見かけたら、
孫でも産まれたら、みんなでスイカ割りしたいな。
などとボソッと言っていました。
まだまだ先の話だと思うのです。
息子たちは留学のことで頭が一杯のはずですから。
しかし、孫とスイカ割り、とは。

いつかそんな時も来るかもしれないね。
と言ったら、ウン。
と、嬉しそうでした。


私は大きいスイカに、息子たちが小さかった時のことを思い出しました。
昔は夏休みにお友達も遊びに来るし、
良く買っては、おやつにいただいたものでした。
今はもっぱら小玉スイカ。

そういえば、
黄色いスイカ買って来て、とせがまれたこともあったわね。

孫も言うかな? と夫。

意外です。

言わない!!

と返事して、スイカは買わずに帰って来ました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:38  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.03 (Sun)

早朝スループレー

昨晩のサプライズ。
今日は、八方尾根から唐松に日帰り登山の予定だったのですが、
突然、早朝スルーで予約できたから、ゴルフにしよう。
と夫から言われ、予定が変更になりました。

午前3時に起きて出発。5時にティーオフです。
始めての経験でしたが、夏場はずっとこれが良いかな、
と思うくらい、快適でした。


まず道が空いています。行き帰りともスイスイでした。
7時くらいまでのフロント9は涼しいし、
日の出の太陽に照らされたフェアウェイはとても美しかったです。
コースも空いているのでストレス無し。
しかも価格もお安いのです。ツーバッグ割増も無し。
練習にはもってこいです。
9時には帰宅の途に。
道の駅に寄って、新鮮なお野菜をたくさん仕入れ、
昼には、自宅で息子の昼食もつくりました。
たっぷり昼寝して、今3時です。
すごく得した気分です。

空いていたので、レギュラーティーから打ちました。
夫はベストスコア。
私は、なぜか白からでも赤からでもスコア変わりません。
でも内容は満足しています。
アプローチの特訓の成果があったように思いました。
池越えの最終18番パー5は夫も私もボギーであがれて
二人で大喜びしました。
今日のティーの位置は、いつもより距離があったように感じました。

さてこれから野菜のしこみをしましょうかね。
きのこのマリネ。ピクルス。ブルーベリーはジャム。
バジルとトマトでソースもつくろう。
楽しいな。・・・創作意欲満々です。
美味しく食べてあげますからね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



15:28  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.02 (Sat)

食事会 表参道ラマージュ

昨日はいつものメンバーでの食事会でした。
たまたま、私の誕生日の翌日だったこともあり、
おめでとうの乾杯までしていただきました。

味も雰囲気も二重丸のお店でした。
南青山スパイラル5Fのラマージュです。
KIMG0299a.jpg
中庭のあるステキなお店。結婚式もできるようです。

KIMG0301b.jpg

KIMG0303c.jpg
スイカみたいに見えます。オマールえびと緑のところはポロねぎで
ソースはパプリカでした。見た目も可愛らしいです。

KIMG0304d.jpg
フォアグラにイチジクが添えられています。美味。
KIMG0305e.jpg
ビシソワーズ。インカのめざめを使っているのだそうです。
プチプチとコーンの舌触り。これも美味しかったです。
KIMG0306f.jpg
お魚料理はホタテとアワビと金目鯛。バターソースでした。
もうかなりお腹がきつくなってきたのですが・・・いただきました。
特に金目、美味しかったです。
KIMG0307g.jpg
牛フィレ肉。レアに焼いていただきました。ソースは赤ワイン。
もう、お腹一杯。でも、完食しました。
h_20140802154015a45.jpg
KIMG0309k.jpg
デザートとプチフール。全員、別バラよね。と言っていただきました。

ワインリストもとても充実しているようでした。
私たちは、ソムリエさんに選んでいただいて、まずは白。
でも、昨晩は赤までたどりつけませんでした。

帰宅して、夫に、ワインも白のボトルだけ。
食事もお腹が一杯になってしまって・・・
私たちも食べられなくなったのね、とみんなで話したの、
と言ったところ、
それだけ、食べて飲めれば充分でしょう。
今までどれだけ大食漢だったわけ。
と笑われました。確かに。

太りたくないなら、食事会をやめにして、
美術館めぐり、とか勉強会にしたら。

その後、反省会で軽くいただくのも良いわね。

やっぱり食事になるわけ・・・

てな会話をいたしました。

おばさんの要求は矛盾に満ちているのです。

楽しくて、美味しい会でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
15:50  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'08.01 (Fri)

昨日はおめでたい日

昨日は、赤羽の上棟式でした。
まだまだ道半ばなのだけれど、とにかくここまで来た!!
と感無量でした。
心配な夕立なども無く、本当にホッとしました。

KIMG0281a.jpg
式典が始まる前。夫です。

KIMG0283b.jpg
KUSの内海さん。にこやかに写真におさまって下さいました。
お世話になりました。

KIMG0293c.jpg
内海さんの提案で、最上階に皆で寄せ書きをしました。

そして記念撮影。
d_20140801134450318.jpg
オーナーのIさんも嬉しそうです。
竣工まで、頑張りましょう。


ところで、三男が夏休み中のアルバイトに場作業をしています。
式典の前に私と並んで立っていたら、オーナーの方から、
似てるわねぇ・・・と言われたのですが、
エッ。と世にも悲しげな顔をした息子でありました。
(諦めなさい。親子なのだから。)

そして昨日は、私の誕生日でもありました。
家に帰ってみたら、弟からプレゼントが届いていました。
以前もらって、美味しかった~~!
と大絶賛した柚のお酒。覚えていてくれたようです。
お昼休みには、同級生のAさんがスウィーツの差し入れでお祝いしてくれました。


プレゼントをいただき、上棟式があり、三男がアルバイトをする。
日常の何気ないことなのですが、昨日はしみじみ、幸せを噛みしめました。
奇跡のように嬉しい、有難い日だ、と感じたのです。


豊かな恵みに感謝して、眠ったら、夜中に長男からのメール。
モンペリエに着きました・・・と、帰国の便名やらいろいろ書かれていました。
(何回も海外に出ているのに、初めてのことかもしれません)

当たり前の日常を心から感謝して、今日も自分の努めが果たせますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


14:03  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |