2014年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014'09.30 (Tue)

若い人たちから元気をもらう

気持ちの良いお天気が続いている東京地方です。

三男はバイトの面接に受かり、採用されて、
週に何回か、アルバイトに行くことになりました。
本日は17時から23時までのアルバイトだそうです。
大学からバイト先までの交通費も無いらしく、
私のパスモを貸しました。
さらに、夕食は家で食べないので、388円下さい。パンを買います。
とのお願い。仕方ない。400円を夕食代として渡しました。
朝食をしっかり食べ、ガッツリ系のお弁当と水筒を持ち、
出かけて行きました。
バイクの部品とか、少し考えてお金を使いなさい。喝!

山岳部の後輩の近況は、フェイスブックでわかります。
昨日は、O君が投稿した写真に感動しました。
9月27日、28日でS君と明神東稜を登り、
前穂、奥穂を経て涸沢というコースだったようです。
写真の腕前が上がったように感じました。
紅葉の山。奥又白池、梓川、どれも素晴らしい迫力でした。
また星空を撮影した物や、夜の山の写真も幻想的でした。
大学生だった私。山を歩いていた時の感覚が不意に甦って
ドッキリしたりしました。
山を感じる写真。
壁紙に欲しいな、とお願いしたら、どうぞ、と返信してくれました。
撮りためて、個展をしたらどうだろう・・・などと妄想しました。

同じく後輩のO君も、一緒に私のパソコンをのぞき込み、
しばし山の写真を堪能しました。
一人暮らしを始めて、昨日は実家に帰ったのだそう。
家に帰ると、晩メシが出て来るの、有難いなぁ、と思った。
とさっき話していました。
経験してみないと、その有難さは、わからないのかもしれませんね。
本日のお昼は、お弁当ではなく、無事に家賃も払い終えたお祝い、
とかで、豚カツ定食を食べに行っていました。
焦らなくても大丈夫だよ。
・・・もう一人、息子が増えたような気がします。

さて、その大親分は、帰国した、の一言のみ。
以後の音沙汰はありませんが、きっと元気なのでしょう。

それぞれが、それぞれの場所で頑張っている姿。
たいへんなこともあるのでしょうが、彼らは快活に見えます。
その姿に私はずいぶん元気をもらっています。

若いって素晴らしい!!
ありがとう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
14:43  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.29 (Mon)

帰国

午前10時半頃、長男からメールがありました。

帰国した

それだけです。
でも、とりあえず無事に仕事も終える事ができて、
帰ってこれた、ということで、心底ホッとしました。

今までは、帰国した、の連絡すら無かったのです。

ゴロゴロとスーツケースを引っ張る音を響かせて
突然、帰宅。
まるでどこかの海水浴から帰ってきたみたいに
あっただいま、なんて言って
山の様な洗濯物を出し、冷蔵庫を漁って食べて飲んで、
親の質問など上の空で、爆睡して、
翌日からまた会社に行く・・・そんなふうだったのです。

帰国した

この連絡は奇跡.です。
お嫁さんが息子に言ってくれたのかもしれません。
・・・でも素直に聞き入れるのですね。


ひとつ心配ごとがなくなりました。
良かった。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:39  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.28 (Sun)

羨ましい、と言われたこと

美容院で言われた言葉

jtstjさんは、何にも問題がなさそうで、幸せ一杯って感じね。
良いなぁ。

別の時に、別の人から言われた言葉

なんだかいつも楽しそうね。
ゴルフや旅行に行く余裕もあるし、
良い息子さんとご主人に囲まれて、
私が欲しかったもの、みんな持ってるのね。羨ましい。


唐突な場面でのこういう発言に出っ食わして、
私は、かなりめんくらってしまった。

以前の私なら、こんなことを言われたら
あなたに何がわかるのよ、と反感を持ったかもしれない。

でも、今の私は素直に思う。

本当に幸せで、有難いことだ、と。

こうなりたい、と思ったことなど一度も無くて、
ただ、日々、目の前のことをこなすのに、精一杯、
ドサクサな毎日の、積み重ねの果ての今なのだけれど、
私は見捨てられず、守られ、恵まれて今日まで来れた。
これが幸せでなくて何だろう。


一杯悩んで、涙を流し、どうしよう、どうなるの?
と考え、オロオロしたところで、結果は良くならない。
できることは、今目の前にある時間を精一杯過ごすことだけ。
過去は変えられず、未来はまだ手が届かない。
今しかない。

・・・そして花子とアンではないけれど、
曲がり角のその先には、最善の物が用意されている、
と確信している。

それが私の幸せの源、全てなのだ。


今日の礼拝でアブラハムと、神の約束のことが話されました。
天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてごらんなさい。
その数のようにあなたの子孫は繁栄するのです。
という創世期の話です。

帰り道、心の中で言っていました。
私は楽しげで、幸せそうに見えるだけではなくて、
本当に恵みに満ちて、幸せです。有難うございます。

今週も、恵みに満ちた1週間でありますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:07  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.26 (Fri)

夜中に三男と二人

昨日の夕方、三男からメールがありました。
バイトの面接に行くから、遅くなります。
という内容でした。
遅くって何時なのか、見当がつきません。
次男の帰宅を待っての遅い夕食でしたが、それにも間に合わず、
後片付けが終わっても、帰宅せず。

テレビでは大雨の注意が必要です、などと放送されていて、
夕方の池袋駅が映っていました。ちょっと心配になりました。

夕食できてます。トロトロの角煮ですよ。
何時頃になるのか、予定がはっきりしたらメールしてね。

と送って見ました。

どこで、何のアルバイトの面接を受けようとしているのか、
どんな働き方をしようとしているのか、何の情報も無し。

細々とした家事仕事を片付けながら待っていたら、メール。

これから帰ります。今豊洲。

寝る準備をしながら考えました。
彼も成人しているのだし、一人で下宿していれば、
自分で何でも考えてやっていくのだろう。
危なっかしい、と心配になるけれど、信頼するしかないではないか。
問いただすのは、簡単だけれど、
何でもありのままを話してくれるわけでもないだろう。
心配になるのは、息子を信用しきれない私の問題ではないか。

そうこうしているうちに三男が、ただいま~~~と帰って来ました。

顔を見れば、だいたいわかります。
お帰りなさい、と言いながら安心しました。

ガッツリと美味しそうに食事をしている三男に
親の気持ちも知らないで・・・と思う反面、
案外、しっかりしているではいか。
いつまで子ども扱いしているのは、私じゃないか、と思ってみたり。

・・・夜遅く、ご飯食べても太らなくて良いわね、
などと関係ない話をして、夜は更けて行きました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
19:04  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.25 (Thu)

お給料日に思うこと

どんなにささやかでも、経営者という立場で仕事をしていると、
自分が勤め人だった頃のお給料日と、感じ方が全く違っています。

業績が良かろうが、悪かろうが、
社員のみんなにお給料を毎月支給し続ける事。

経理の仕事を手伝い始めたころの私は、その責任の重さに
立ちつくしてしまったことがありました。

毎月、決まった日にお給料をいただけることは、
労働の代価とは言え、有難いことなのだ、と
支給する側になって初めて感じたうかつ者でありました。

社員とは運命共同体。いざという時には、丸裸になる、
と覚悟を決めてから、仕事のスタンスも変わって来ました。
夫婦といえども、共同経営者。
意思決定はカヤの外で、責任だけ取らされるのはご免です。
自分も納得して進みたい、というのが基本姿勢になりました。

10月になると、創業から29年。
共同経営者で夫婦仲良く・・・・できないこともあったけれど、
どうにかここまでやって来ました。早いですね。
あっという間のようにも感じます。


今日は25日。お給料日。
無事に支給することができました。
そして、いつものように、ホッとした解放感を味わってます。

今月もお給料を支給することができました。
支払いの準備もできています。
恵みに感謝です。有難うございます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
18:24  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.24 (Wed)

お弁当いろいろ

これは、本日の我が家のお弁当です。
KIMG0446a.jpg
この頃、次男は学食を利用しているのか、お弁当はパス。
三男も後期が始まりました。またまたお弁当3個の日々になります。

昨日のお墓参りで弟と卵焼きの味の話になりました。
母の作る卵焼きは、甘めでした。
だから、弟も私も甘くてしっかり味のついている卵焼きが好みです。
卵焼きはその家の味があるようですね。
息子夫婦の家は、どんな卵焼きになるのだろうね、
などと話しました。
本日のお弁当にも、我が家の味の卵焼きが入っています。

さてこちらは、アルバイト君のお弁当。
KIMG0447b.jpg

一人暮らしを始めて、全部自分で賄うことになり、
外食はしていられない、と毎日お弁当を持ってきます。
一緒に会社でお昼をいただくのですが、
感動して写真を撮らせてもらいました。
筑前煮とさつま芋の甘煮。ご飯にはきれいにふりかけがかかっていました。
自分で買い物して野菜を刻んでつくる。
我が家の三男と同い年です。
本当に頑張っているな、と思います。

応援の気持ちを込めて、お味噌汁と果物の差し入れをするのですが、
いつも有難うございます。果物も余裕が無いのですごく嬉しいです。
と丁寧にお礼を言ってくれました。

一人暮らし、苦労してみることは無駄じゃない。
しみじみそう感じました。

一度は息子たちも追い出さなければ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:59  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.22 (Mon)

ブログの更新

私のブログの更新は、いつもは、会社のパソコンでしています。
一応、事務系の定時、5時を過ぎた頃から、30分以内、というのが、
緩い、私のルールです。
昼間更新する時もありますが、そんな時は、よっぽど書きたい事があって、
パパッと書けちゃった時です。そんな事も良くあります。

さて本日は、お休みの合間の月曜日。
20日の決済分も集中していました。
かくして、日中は息つく暇も無し、でありました。

今、自宅のキッチンで圧力鍋を仕込んで、ホッと一息。
シンクの前で椅子に腰掛け、タブレットで更新しています。

便利ですよね。
(でも、使い方によっては、どこまでも仕事が追って来ます)

明日は、弟と両親のお墓参りです。
次男も三男も授業があるそうです。
後期がいよいよ始まりました。


少しのんびり、そして少しだけ仕事もする、
そんなお休みになりそうです。

みなさま、楽しいお休みを😘




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
20:07  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.19 (Fri)

ウガンダ

お彼岸のお墓参り。
長男夫婦を実家に紹介する良いチャンスだから、
と先週から連絡していたのだけれど、音沙汰なし。

結婚前は、梨のつぶて状態はめずらしくも無かったのですが、
結婚が決まってからは、なんだか礼儀正しくなって
(というか、普通になって)
返事が無い、ということはなかったので、どうしたのかな?
とは思っていたけれど、こちらも忙しく、
気になりつつもそのままにしていたら
本日突如、携帯メールが入りました。

突然ですが、私は今ウガンダに居ます

と書いてありました。

ウガンダ!!

ネットで地理を調べて、外務省の渡航情報を見る。

毎度のことながら、息子の出張のたびに繰り返したことです。
予想通り、あんまり安心できるようなことは書いてなくて、
むしろ、不穏なことが多く、見なきゃよかった状態です。


エボラ出血熱も心配だし、いろいろ注意して仕事して下さいね。
それから、せめて出発前に連絡すること。
帰国の予定はいつですか?

と送りました。

月末には帰れそう、とのことだけれど、
これも経験上あんまり当てにはなりません。

留守番のNちゃん、息子と結婚したばっかりに、
心配の種が増えてしまったね。
なんだか申し訳ないような気にもなる。

元気で帰って来なければ!!
そういう気持ちを強くして、行動も変わってくるはず。
母はそれを信じたい。
待っていてくれる人が居る有難さ。
わかっているよね。


・・・しかし、父と母だって同じように心配しているのだけれど。
親に対しては、何にも感じなかったのでしょうね。きっと。
自分の学生時代もそうだったかも・・・

致し方無し。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:51  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.18 (Thu)

家も家具も年をとる

やらなくちゃ、やらなくちゃ、と思いつつ、
今日まで来てしまった家具のメンテナンス。
本日、百貨店の担当の方が見に来て下さいました。

偶然にも、彼女はその家具店が丸の内にショールームを持っていた時、
そこにしばらくいらしたことがあるそうで、話も早く、安心でした。


手入れをしながら、代々使える家具、と母は気に入っていました。
確かに、20年以上経っているのですが、
同じ家具がネットにも掲載されていました。
クラシカルで優美なデザインです。
細かな傷も我が家の歴史なのでしょう。
でも、傷の補修をして、塗り直して、座面の張替をして、と考えると
購入するほどではないにしても、かなりの費用が想像できます。

まだ学費もかかるし、どうしようか、と迷ったものの、
私はやることに決めました。
ここで手入れをしておかなければ、
息子たちが引き継いで手入れして使ってくれる、とは限りません。
それに第一、10人掛けなんていう大きなテーブルやソファーなどを
持ち込めるような家に住めるかどうか。
転勤、引っ越し、いろいろ考えても、息子たちの生活スタイルには
そぐわないような気がするのです。
決めたのです。今このタイミングでリニューアルして、
私が引き継いで、このまま我が家で使おうと。
せいぜいたくさん皆で集まって、テーブルを囲む。
役に立ってもらおう、そう思いました。

全部見積はしてもらいますが、一挙に全てお願いすることはできないでしょう。
まずはダイニングテーブルと椅子。
順番に手入れしながら、家の片付と模様替えも並行して、と思っています。

ここは夫にも協力してもらわなければなりません。
設備も更新して、オーバーホールです。

あと20年。
夫が母の依頼で造ってくれた家ですが、
私たち仕様に更新して、大切に住み続けましょう。
長く使うことを前提とて、手入れをして使う。
そんな家具や家なのです。
愛着に応えてくれるでしょう。


頑張ります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:01  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.17 (Wed)

熟年夫婦のライオン

先日の外出先で読んだ工藤直子さんの詩集は

てつがくのライオン
という本でした。

その中でとっても気に入った詩をご紹介します。

「ライオン」

雲を見ながらライオンが
女房にいった
そろそろめしにしようか

ライオンと女房は
つれだってでかけ
しみじみと縞馬を食べた



ね、良いと思いません?
友人と二人で思わず笑いました。
新婚さんじゃない、熟年夫婦の趣、ですよね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:31  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.16 (Tue)

青山へお出かけ・ティンバライズ

昨日は一日、外出していました。

赤羽のオーナーの方と待ち合わせをして、
青山スパイラルで開催されていたティンバライズの展覧会に行きました。

2020年のオリンピック施設を木造でつくったら、どうなるのか、
を模型で表現していました。

KIMG0418a.jpg
KIMG0419b.jpg
KIMG0420c.jpg
KIMG0423d.jpg

そしてもう一つの展示は100の木造建築という展示でした。
2000年以降に建てられた木造の模型が100点、展示されていました。
仕事をさせていただいた、設計者の方の模型がいくつもあって、
なんだか、嬉しかったです。
KIMG0432f.jpg
薩田さんの模型。夫と大学の同期でお隣の研究室でした。
土壁、左官に造詣が深く、夫は旅行の時などに、
ボロボロでコマイが見えているような泥壁を見つけると、
薩田が泣いて喜びそう・・・なんて言います。

KIMG0425g.jpg
スターパイロットの三浦さんの模型。 
以前仕事をさせていただいた時の模型の衝撃も思いだされました。


その後、原宿の街を思いがけず散策。
(行きたいお店に迷った、とも言いますが・・・)

大学生の時、先輩の会社が原宿にあって、
私は、ずいぶん原宿には通っていたのですが、その頃と、激変。
店主の個性が光る小さくてもおしゃれな雑貨屋さんとか
喫茶店、小物屋、洋服屋さんなどは姿を消して、
ブランドの大型店やチェーンのコーヒーショップばかりが目に着きました。

ようやくたどり着いたお店はビルの地下で19年営業されている、
本を読みながらお茶をいただけるお店。
手づくりのおからのケーキとチャイ、私は柚子茶をいただき、
飾られている絵本の原画を見たり、本をパラパラめくったり。
ホッとする時間を過ごせました。
私は工藤直子さんの詩集をみつけ、それを読みました。
ラッキー。

こんなお店、たくさんあったのにな。
ビルのテナントもシャッター通りになっていました。

時代は・・・良い方向に変わっているのかな??



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:06  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.14 (Sun)

本日教会で

今日の礼拝は、敬老の日にちなんだものでした。
そして、70歳以上の教会員の皆さんを中心に、
礼拝の後全員で、記念撮影をしました。

長い人生の道のりは、決して平坦ではなかったはずです。
良いこと、嬉しいこともあり、
道を閉ざされてしまって、もうだめだ、と希望を失うようなことも
たくさん、あったのだと思うのです。
でも、みなさんの穏やかな微笑みや、
醸し出される雰囲気、希望を持っていらっしゃるのが伝わる
その姿に、私は励まされる思いがしました。

年を取るのは、嬉しいことでも、楽しいことでも無くて
物忘れがひどくなり、体力も衰えて・・・と
ネガティブなことばかりイメージしてしまっていたけれど
ありのままを受け入れて、穏やかに微笑んでいらっしゃる皆さんに
私は美しさを感じて感動しました。
人はいくつになっても、その時々の素晴らしさがある。
ああいう年の取り方ができるように、
しっかり日々を生きなければ、と思いを新たにしました。

そして今日はもうひとつ嬉しいこと。
先日生まれた赤ちゃんにお祝いのカードを書きました。
大きな声で泣き、たくさんミルクを飲み、良く眠る
若いパパは嬉しそうでした。

健やかな成長を。
そしてご家族に幸多かれ!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:50  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.13 (Sat)

昭和レトロの古着

母の残した衣類が、けっこうな数あります。
母が施設に入ってから今まで、これでも処分をしてきたのだけれど
袖を通していないような物やブランド品は、なんだかもったいなくて
いまだに、たくさん残ってしまっているのです。

たまたまネットを見ていたら、昭和レトロの古着を買い取ります、
というところがあって、仮査定のために写真を送ってみた。
たんまりあるブラウスのごく一部。

KIMG0408a.jpg
KIMG0421bb.jpg

1枚10円くらいでも、ちょっと嬉しいではないか・・・
スーツにスカート、パンツにコート。
バッグや草履、下駄、和服もOKみたい。
レトロな食器や生活道具も査定します・・・
という文言にちょいと妄想がふくらみました。
ガラクタの山だと思っていた納戸や母のクローゼットは
お小遣いの山・・・みたいに。

待つこと2日。
お返事がありました。
今回は買い取出来る品物はございません・・・・


そうだよね。と欲張りな私に笑ってしまった。
古着屋さんに販売して片付けよう!
と思っていたモチベーションも一気に下降。

しかし、そんなこと言ってる場合ではありません。
子ども用スキーやウエアから兵児帯、子どもの蝶ネクタイ
クマさんが鮭をくわえた置物、お引きで物の食器類から
生地、箱に入ったままのシーツやタオルなどなど・・・
なんでもあり、の場所なのですから。

少しずつ、廃棄しなければ。

もう、もったいない、などと言っている場合ではありませんね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
11:00  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.11 (Thu)

3人家族状態で思う年末年始のホームパーティー

三男はインターンシップが終わってから、
夏休みの最後、とか言って、
またまたバイクサークルの合宿に出かけています。

現在、我が家は夫と次男と私の3人。
この夏は、3人家族の時間が多かったように思います。

一番賑やかだった時は6人家族。
母が施設へ入り、長男が独立し・・・あっという間でした。
3人だと、
KIMG0392aa.jpg
こんな朝食に、ご飯派の次男のために
ご飯の朝食も用意して、お弁当までつくっても、余裕。
片付も楽ちんです。
でも・・・やっぱり、張り合いがないですね。

長男のお嫁さんが家族になり、弟とも行き来が復活して、
全員が集まれれば7人になるのです。
それで、本腰を入れて家具のメンテをしようと思っているのです。
椅子の張替、細かい傷の補修、塗り直しもするのかな?
見積をしてみてからなのだけれど、チェアとアームチェアも
買い足さないと1人分不足です。

我が母の残した諸々も、断捨離を加速させるのはもちろんだけれど、
アクセサリーなんかは、お嫁さんが使ったりしないだろうか。
奮発して、リフォームしてあげても良いけれど・・・

などなど、ああしたい、こうもしたい、
と思いつくのはとどまることがありません。

わかっているのです。私には7人全員が集まって、食卓を囲みたい、
という強~い妄想があるのです。

でも、思いとどまったりもしています。
古めかしい着物やアクセサリーなんて、有難迷惑かもしれない。
家具を買い足しても、息子たちだってそれぞれ用事があって忙しいし、
全員集まるなんて、夢のまた夢かもしれない・・・


踏ん切りがつかなくて、ウダウダ、グズグスしている私。
集まっても集まらなくても、椅子の用意だけはしようかな。
・・・でも、夫と二人だけ、なんてことになったら・・・

それでも良し、と思えるか私?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:04  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.10 (Wed)

地獄の沙汰も金次第?

経団連が政治献金を再開した、というニュース、
皆さんはどう聞いたのだろうか。

企業は選挙権を持っていない。
その企業が、献金することで政治を企業に有利に進めようとする。
かつては、成績評価のようなことまでしていたのだ。

企業献金の原資は、言うまでも無く、その企業に在籍している
一人一人の社員の労働の結晶なのだ。
自分の主義主張と異なる政党へ献金されるとしたら、
社員としてはどんな気持ちなのだろう?

企業から資金が流れて来るとなれば、
政治はその企業の意向に沿ったものになり、
そういう政策が掲げられるのではないか。

以前、堤未果さんの講演を聞いたことがあるのだけれど、
その時に映し出された星条旗には、青地に50の星ではなく
多国籍企業のロゴが描かれていたのだ。
マクドナルド、マイクロソフト、などなど、見慣れたロゴが見えたのだ。
企業のための政治。お金の力。
アメリカは、教育、福祉、農業・食、医療、保育、戦争までも
市場化してしまったように見えるけれど、日本もその後追いではないか。
そんな気がするのだ。

経団連がかつてのような集金力を復活させることはできない、とか
政治を金で買うのか、などと言っている場合ではない、とか
いろいろな意見、言い分が聞かれるけれど・・・
いただけないことだと私は感じるのだ。
時代に逆行しているようにも感じるけれど・・・
谷垣幹事長は経団連会長に謝意を表したって・・・
なんだかなぁ・・・

スッキリしないし、納得できない。
これで民主主義は正しく育っていくのだろうか・・・

結局、お金なわけ!! 怒。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
14:41  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.09 (Tue)

友からのメール

親しい友人から久しぶりにメールがあった。

中学、高校と同窓だけれど、肉体派、体育会系の私とは趣を異にしていた。
頑健とは言い難く、どちらかと言えば虚弱な友人なのだ。
天侯が不順で、あまり体調も思わしくなかったようだ。

ボツリボツリと語られている近況報告。

写真館で写真撮影をした時には、そこに映る自分の姿に年齢がくっきりにじみ出ていることに嘆息し、写真なんか撮るものじゃありません。
と言っていた。そうして、
髪にボリュームをつけて、ライトの当て方を工夫してもらうなどして、
再度撮影にトライして、どうにかもっとマシな写真を残したいという希望はありますけどね(笑)。とも。

私・・・既に自分の写真うつりや容貌については諦めているけれど、
家族の記念写真ともなれば後まで残るものだし、ちょっとだけ、私も考えておかなくちゃ、と焦り。

息子にお嫁さんが来ての感想も聞かれた。
彼女も息子3人だから、気になるかもしれない。
息子を取られたような気になるか、それとも娘が増えて嬉しいのか・・・
ひとことで言い表せはしないけれど、
支え合える人に出会えて、良かったな、とは思う。
一人でいるよりも息子が幸せであることは確か。それが私を安心させる。
子どもたちには、幸せで元気で居てもらいたいのだ。

子どもの人生は子どものもの、私はこれから自分にそう言い聞かせていこうと思います。そう書かれていた。
私たちの人生は私たちのもの。そう生きてこれたかな?
私たちの親世代との関係、かかわりをふと思ったりした。

さらにはフィリピン駐在中にデング熱にかかったことがある、
とも書かれていてビックリ。

他愛ない話の中からも、友の今の心情が伝わってくる。

私たちには、残り時間の方が短いのは確か。
でも、まだまだもう少し、果たさなければならない役めも、
時間も与えられている。

そおっとお互いを思いやりながら、
時には楽しみながら、
一緒に年齢を重ねていければ、
そう思う。

幸多かれ!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


12:01  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.08 (Mon)

花のある暮らし

花のアトリエを主宰している社員のお母さまから、
有難い提案をいただき、ステキな話がまとまりました。

季節ごとに、作品を用意して下さって、
飾らせていただける、
というのです。
予算や雰囲気をお伝えすると、オーダーして下さいます。
写真を見て、やりとりしながら完成させていただけて、
しかも相当リーズナブル。

カウンターとか、階段の踊り場などに、
飾れるスペースはあるのだけれど、
現在、そこはマンネリの極致。
季節ごとに展示するものが変わったら
どんなにステキだろう、と思うのです。

会社を訪れる、業者さんだって、お客様だって
きっと目を留めて、一瞬でも季節を感じれば、
おだやかな、やさしい気持ちになれると思うのです。

有難く、飾らせていただくことにして、本日届いた
これが第一回め。

KIMG0386a.jpg

KIMG0387bb.jpg

踊り場に飾る予定です。
緑を上に、紅葉を下に。
少し長めのチェーンを今用意しています。
きちんと飾れたら、またご紹介させていただきますね。



植物、花・・・そこにあるだけで、うるおいをもたらしてくれます。
私が一番いやされているのかもしれません。

いつか時間ができたら、お教室にも通わせていただいて、
自分でリースなどつくれたらいいなぁ、と思っています。

ちょっと宣伝を。
cardc.jpg
アトリエ花花
03-6915-6025
Yabe1127@krc.biglobe.ne.jp



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:25  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.06 (Sat)

プライベートレッスン備忘録

先日、オンコースのプライベートレッスンにでかけました。
軽井沢72南コース。
その日は東コースで世界アマチュア選手権が開催されていて、
南や西のコースがいつもの平日よりは混んでいたらしい。
夫と二人。そしてM先生の3人でした。

今回学んだこと。

どこを狙うのか、という問いに、あっちの方、とかあの辺
などという至極曖昧な返事をしていた私なのだが、
コースのハザードなどの位置や、次のショットの打ちやすさまで考えて、
あそこ。バンカーと前の組のカートの間。あそこしかない。
とM先生から説明されました。
ねらいどころがシビア。
あっちの方、などという決め方、打ち方よりも、
数段慎重にスウィングすることになり、
結果、たとえミスしたとしても大怪我にはなりません。
なるほどなぁ、と思うことしきり。

木が邪魔になる場合も、何をどう考えて、どこを狙うのか。
ただ、出せば良い、ではなくて、
どこの間を通して、どこを狙って出すのか。出せるのか。
3番ユーティリティーで低弾道で、アソコ!
そういう指示でした。そこまで考えなさい、ということなのですね。
もうただ出れば良いから卒業しなければ。

ハザードにひっかからない保険的な考え方、
どう攻めるのか考えてしっかり狙いを定めること、
とても勉強になりました。
ドライバーやスプーンでただ飛ばしたところで、
良いスコアにはならないのですよね。
しみじみ納得しました。
とても勉強になったラウンドレッスンでした。
あとは、一人でできるかどうか。
やろうという意識を持ってラウンドしなければ進歩は無いな、と思いました。

私がやりそうな失敗、いつもやらかしていることは、
既に全部お見通しで、
今、何のクラブ持った?まさか○○じゃないよね。
と言われたのはみんなアタリ。
まさかの女でありました。
今まで100ヤード前後の距離に自信が無くて、クラブ選択はめちゃくちゃなのです。
どうしてそうなるの?と言われ、笑われましたが・・・
M先生のアドバイス通りにできれば、ちゃんと出来る!!
と思って帰って来ました。

あとはパターの練習です。
ヘッドの重みを感じること。右手人差し指で線を引くように。
これは自宅でもできるので頑張りたい。
鏡を見ながら頭がズレていないか、確認しながら練習しようと思います。


M先生に80が見えるよ、と言われても、絶対にそれはムリ。
と思っていた私ですが、もっとシビアに狙ってゴルフをすれば
達成できるかも、と思いました。
胸の抜糸も終わり、心配なことはなかったし、気を良くしています。
頑張ろう!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:01  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.05 (Fri)

異和感

最近テレビを見ていて、異和感を感じたことが二つある。

一つ目は、バラエティー番組。
世界各国に嫁いだ日本人女性の暮らしぶりを紹介しながら、
いろいろな国の文化や習慣の違いを浮き彫りにする、
というような内容の番組で、スタジオでも、
各国の方たちがコメンテーターとしていろいろな意見を自由に発言するのだ。
で、それを見ていた時、ある国の人たちが口々に、
「交通事故でも、どろぼうでも、事故に遭う人が悪いし、盗まれる人が悪い。
だから絶対に謝罪しない、認めたことになっちゃうから。」
というようなことを言っていたのだ。
それを受けて、出演していた○○夫人が、
「それが当たり前で、それが世界標準なのよ。」と発言。
別の芸能人の方も、
「世界に出て行くには、そのくらいじゃないと。
日本はだからダメ」みたいに言っていました。

悪いことをしても、やられる方が悪い。
謝罪したら認めたことになるから、絶対にあやまらない。
それが世界標準・・・なんてあり得ない。

自分の意見、意思をはっきり主張することと、
悪を善と言い切ることとは、違うのだ。
さも、日本の常識が世界の中では異端のように言い切っている。
子どもたちが視聴する時間のテレビで放送すること自体、
許し難い気がするのだけれど・・・
非常に不快だった。

もうひとつは、全国学力テストのこと。
知事の一存で、平均点以上を獲得した学校の校長先生の氏名などを
公表してしまった、というニュースだ。
公表の是非を語ることはしないけれど、公表する権限の無い人が、
一存でルールを飛び越えて実行してしまうことに、恐ろしさを感じる。
日本は法治国家ではないか。
公表すべき、という信念があるのなら、ルールの改正に力を尽くし、
その上で実行すべきことだ、と強く思うのだ。
ルールがなくても、知事という立場で強行してしまう。
ゴリ押しではないか。
こんなことが許されて良いはずが無い。
知事のこのような行動を見て、
子どもたちは正しい民主主義のルールを学べるのだろうか・・・

とここまで書いて思う。
この国は、首相が憲法にまつわる重要な事を、民意を問わないで、
解釈変更で押し通そうとしている・・・法律に込められている思想をくみ取り、
尊重するという姿勢が皆無ではないか。


どこへ行く? 日本。
大人たち、シッカリしようよ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
15:22  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.03 (Wed)

親との折り合い

一人暮らしを始めた青年が居る。
いろいろないきさつがあったのだろうが、
両親との折り合いは悪かったようだ。

家賃も生活費も自分で賄う。
大学は、とりあえず後期は休学。



思い切って一歩踏み出した彼を、私は見守りたい。
どうにかしよう、と思った彼の決意も報われるように、
陰ながら応援もしたいと思う。


完璧な人間が居ないように、完璧な親もあり得ない。
多かれ少なかれ、子どもは親に対して不満を持つものだ。
でも、生きていてくれているではないか。

・・・そう言おうと思って、言葉をのみ込んだ。
生きているからこそ、こうあって欲しい、
という姿を親に求め続けるのかもしれないのだから。

生活する、一人で賄って行く、というのはたいへんな事だ。
離れて見て、生活のたいへんさを実感してみて、
親に対する気持ちも変わって来るのかもしれない。
自分に対する自信も得られるだろう。


スーパーのビニール袋が貴重。
輪ゴムも捨てないで集める。

一人暮らしになると、言うことが変わるね。
頑張れ。

君の幸せは人に左右されない。
親にも左右されない。
群れない。
慣れない。
頼らない。

自信を持って、自ら切り開いて、進め!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:43  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'09.01 (Mon)

三男の途中帰宅

土曜日の夜遅く、三男が帰って来ました。
インターンシップで知り合った、お友達も一緒でした。
土日は仕事が無いので、インターンシップもお休み。
仲良くなった人と大学のバイクサークルの部室で一日過ごし、
我が家へお連れしたようでした。

朝起きて見ると、「友達泊ってる。宜しく。」
というメールが入っていて、
日曜日の朝、寝ぼけた頭にスイッチが入りました。

お友達は体調が悪かったようで、用意した朝食はほとんど食べられず、
お味噌汁と果物だけ、なんとか口に運んでいました。
どうもずっと我慢していて、いよいよひどくなってしまったようでした。
コンビニで頭痛薬を買う、と言っていたので
頭痛薬と胃薬をあげて、ポカリを飲んでもらいました。




一人暮らしの大学生が、体調を崩したら、
飲まず食わずで寝ている、コンビニで薬を買って来る
そのくらいのことしかできないのではないか、と思われます。
学期中なら医務室に相談できるのでしょうが
夏休みなどは医務室オープンしているのでしようか?
それにお財布が心細いと、初診料など医療費も心配で、
そう簡単に受診はできないのかもしれません。
SOSを言えるような友達関係を築けていれば良いのだけれど・・・
ましてや、彼はインターンシップ先の知らない場所で休日。
三男と友達になって、我が家に来たのだけでも、ラッキーだったかもしれません。
たいしたことはできなくても、いざとなれば
病院へ連れて行ったり、いろいろ対処はできるのですから。


遠慮しないでね。と言って私は教会へ出かけました。

帰宅した時には、三男が付き添って出かけたようで
二人の姿はありませんでしたが、夜になって「大丈夫」
と連絡がありました。
良かった。

二人とも、今週もインターンシップ。
無事にやり切れると良いね。

それにしても三男は、かいがいしかったです。
毛布をだして、体温計を持ってきて、
おかゆと梅干しとみそ汁で元気出るから、食べて見てよ。と勧めていました。
(三男は、具合が悪くなると、必ずおかゆと梅干しとお味噌汁なのです。)
家では見たことの無い三男の姿でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:01  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |