2014年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014'10.31 (Fri)

忙しさの途中経過

今月中のお引き渡し物件は、本日の1件を最後に、
無事に終了しました。

業者さんへの支払いも、滞りなく全て完了。
ヤレヤレです。

あとは月末の恒例、会計事務所さんのチェックが終われば
とりあえず、10月とは目出度くさよならすることができます。

税理士さん、まだ細かく振替伝票のチェック中。
もう一息。
美味しいビールが待ち遠しいです。


製本する竣工図面の整理とか、
引き払った現場事務所から戻ってきた荷物などの整理は
お休み中にボチボチやろうと思っています。

・・・我が家の衣類整理はできるのだろうか?
というような細かな事は考えないことにしましょう。


毎度のことながら、ドサクサと日々は過ぎて行き、
このまま年末に突入してしまいそうです。

もう、あんまり無理して家事は頑張らないことにして、
自分のことは自分でやってもらいましょう。
家に家族が居ても、ゆっくり休むことができる。
私の夢なんだけれどなぁ・・・



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




17:09  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.30 (Thu)

目が廻ってる忙しさ

あまりにも忙しく、追いまくられています。
今月中にボリュームのある建物3棟の引き渡しです。
1棟は終わりました。
残る2棟は今日と明日。
2つの大きなダンボールに、
引き渡し書類と取扱説明書など、それぞれ準備していきます。
車でなければ持ち運べないほどの書類の重さ。
建物の規模が大きくなると、公的機関からの検査済証や合格証も
すごいことになっています。
必要とされることはとても少ないかもしれないけれど
無ければならないもの。仕方ないのでしようね。
・・・それにしても、たいへんな事務量です。

月末の仕事も重なって、てんてこまいです。

もう一人の事務の相方は、高校の同級生Aさん。
彼女も連日残業をしてくれています。
ねじり鉢巻き、スイッチオンの状態で、二人で黙々と作業。

昨日、机に向かっているAさんと自分の必死な姿に、
高校時代の試験前の一夜漬けを思い出したました。
二人でこんなに必死になっているなんて、あの頃は想像もしませんでした。
人生、いろんなことがあるなぁ・・・

さて、おしゃべりはここまで。
Aさん、既に老眼鏡をかけて、全力モードです。

今日も一日頑張りましょう。
肩凝り限界に挑戦~~~!

KIMG0502a.jpg
先日の食事会の前菜。乗り切ったら、ゆっくり食事をしたいな。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
10:17  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.27 (Mon)

本田徹医師の講演

25日の土曜日は公開学習会でした。
参加者は過去最高だったかもしれません。
タイトルは「NGO活動と医療を通して考えてきたいのちと人権
山谷と途上国での学びから」
というものでした。

たくさん心に響く言葉が出て来ましたが、
特に印象に残っていることは、医療における格差ということでした。

老いも若きも、お金の有無にもかかわらず、
医療を受ける事ができる、というのは不可欠の事象で、
このことについては国民的な合意ができているけれど
母子家庭の貧困率が先進国の中では非常に悪い状況にある日本で、
医療にかかれない人がでてきているということ。
また、健康格差という言葉が説明されました。
その人の健康状態を決める要因に社会的な要因があり、
貧富の格差、どんな地域に住んでいるのか、
などの社会的要因で健康も左右される。
2008年にはWHOがプライマリーヘルスケアの大切さを訴え、
ヘルスギャップを埋めるための努力が
今まで以上に必要だと訴えたということでした。

パレスチナに行かれるのも、山谷で診療を続けられているのも、
同じ気持ちが根幹にはあるのだと思うのです。
とても感動して講演を聞きました。

福島の病院にも定期的に行かれているそうですが、
原発事故以降、医療従事者が激減してしまったそうです。
内科の常勤医が居ない。
研修医は去年、一昨年はゼロ。ようやく今年一人、なのだそうです。
福島という最大の健康格差、とおっしゃっていました。
胸が痛くなる現実でした。

KIMG0497a.jpg

記録をしっかりまとめて、またアップしたいと思います。
懇親会にも出て下さって、一緒に楽しい時間も過ごせました。
残ったお料理を
ネコちゃんのお土産に下さいね。
とおっしゃって、ネコちゃんがプリントされている
古いズックのバッグに入れて、肩からかけて帰って行かれました。

KIMG0500b.jpg

立派な先輩。
感動して帰って来ました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:20  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.26 (Sun)

お誘い

NHKのテレビ番組、仕事の流儀をご覧になったことのある方、
多いのではないかな、と思います。

ちょっとお知らせです。
以前、この番組で取り上げられた、本田徹医師をお招きしての
公開学習会があります。
どなたでもご参加いただけますので、お近くの方で
興味がおありの方、ご参加いただければ嬉しいです。
25日まで、トップに掲載させていただきます。

tirasiaa.jpg

 会場は東京文京区のアカデミー茗台
 地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅より徒歩10分です。
公開学習会は14:30~16:30 
 
「NGO活動と医療を通して考えてきたいのちと人権 ー 山谷と途上国での学びから」
  講師: 本田 徹 さん (国際保健NGO「シェア」理事長)
   小石川高校018卒業。北海道大学医学部卒。
   市立小樽病院、佐久総合病院等を経て、現在は浅草病院内科医。
   傍ら<どんな人にも等しく医療を>と、山谷・山友クリニックボランティア、
   カンボディア・ルワンダ・東チモールなど支援。毎日社会福祉顕彰受賞。
  資料代:500円
宜しくお願いいたします。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:48  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.23 (Thu)

時を経た哀しみ

親しい友人からのメールに、
亡くなった先輩のことが書かれていました。
年齢は私たちより一つ上。
高校時代、同じ部活動をしていた人だそうです。

その先輩のご主人が、日経新聞のコラムに一週間くらい、
記事を書かれていたのを読んで、友人は先輩のことを思い出したのでしょう。
ご主人は成功されて、北海道のカリスマ経営者として、
活躍されているのだそうです。

先輩は、苦しい時期を必死で頑張り、夫を支え、道半ばで
子どもたちの成長も、事業の成功、繁栄も見ることなく、
突然の事故で命を絶たれてしまったそうです。

亡くなられた、という知らせを受けた当時、
彼女自身が海外駐在から帰国したばかりで、
自分のことに精一杯だったけれど、
今しみじみ亡くなられた先輩を想うと哀しい、と書かれていました。


母親として、妻として、もう少しだけでも、
見届けたかっただろうに。
私たちが、自分のことに精一杯だった時代は、
亡きその先輩にとっても、そんな時代だったに違いないのだ。
なんて残酷なことだろう、と思う。
でも、時は止まってはくれないで、進んで行くのみ。
残されたご家族の20年にも、思いを馳せました。

ご主人の書かれた社史の挨拶文に「艱難辛苦」
という言葉がかかれていましたけれど、
まさにそうだったのだろうな、と思うのです。

誰の人生も生きていればこその苦しみも喜びもあるわけで、
今私たちは、自分なりの刈り取りの時期が近付いている。
いつか北海道の彼の地を訪ねて、先輩を偲びたい、と書かれていました。

「頭も良く優しく、ユーモアもあり気転もきく、まことに良くできた人でした。
大ホテルの女将さんとしても、完璧にやってのけたであろう器だったのに、
それよりもご主人との苦労の集大成を見ることもなく、
お子さんたちの成長を見届けることもなく逝ってしまったことが、
限りなく哀しく、今頃私の心をかきむしります。」

友の優しさに胸を打たれます。
私も一緒にご冥福を祈りたいと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:40  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.22 (Wed)

家、及び会社の状態

アトリエ花花さんの新しいハロウィーンの飾り物です。
KIMG0489a.jpg

以前の物は、一目ぼれしてくれた人のところへ嫁いでいきました。
飾っていた物なので、信じられないような破格のお値段でした。 
有難うございます。
新しいのも可愛らしいですね。・・・これもお嫁に行ってしまうのかな・・・

とにかく、会社のカウンターは、ハロウィーン仕様になっています。

さて、自宅。
食卓をメンテナンスに出してから、我が家は座卓で食事をしています。

KIMG0491c.jpg

フローリングにお座布団。そして正座。
でも、既に腰や膝に負担がかかっています。
お弁当を詰めるのも、配膳も、立ったり座ったりがたいへんです。
年を感じます。情けない。

そして、テーブルのサイズに合せてある照明器具に、
背の高い夫や息子は頭をぶつけます。

KIMG0492d.jpg

誰かがおかしなものをぶら下げて、良く見ればゴミ袋。
でも、取らないで、ぶら下げておいて欲しいのだそう。

本当にヘンテコなことになっています。
早く戻って来ないかな。

おまけに本日のお弁当です。
立ったり座ったりを、よいしょ・・などと掛け声をかけながらつくりました。

KIMG0490b.jpg

メンテ完了まで2カ月弱・・・・待ち遠しい!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:59  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.21 (Tue)

いつかはあるかも・・・と思っていたこと。

今朝、私の携帯が鳴りました。
長男からのメールでした。

何だろう? と開いてみると、

突然ですが 年明け早々、ミャンマーに駐在になりそうです。
と書かれていました。
(あなたの場合、いつも突然よね。ため息)
駐在。
駐在。
出張では無いのですよね。


結婚したばっかりなのに。
来年、結婚式などを考えていたのに。
留学はどうなるのだろう。
瞬間的にいろいろなことが頭を駆け巡りドキドキしました。
若い夫婦にとって最初の大きな出来事です。
これからの生活をどうしていくのか。
良く考え、相談して結論を出さなければなりません。

落ち着かない気持ちを無理やり押し込めて返信しました。
今後の生活のことなど、二人で良く相談して下さい。
なるべく早めに一度ちゃんと話に来て下さい。


海外に行くことはあっても、留学が先。
駐在は、いずれあるかもしれないけれど、まさかこんなに早く、
とは正直思ってはいなかったのです。
これは息子たち夫婦だって同じでしょう。

今、このタイミングでもたらされた駐在の話。
何故? と問うのはやめましょう。
受け入れて、前進していくしかないのですから。
当たり前のことだけれど、二人で協力して、
お互いの人生にプラスになるように、生活を築いて行く。
これに尽きると思うのです。

最善の道が示されますように。
そして、その道を歩いていくことができますように。

心配は絶えないけれど、二人の為に祈りましょう。
全ては益に変えられるのですから。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:01  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.20 (Mon)

鴎外の怪談、見て来ました

先日、いつものV5の皆さんプラス夫で、お芝居を見て来ました。
池袋の東京芸術劇場で上演中の二兎社の舞台「鴎外の怪談」です。

言論弾圧が激しさを増す世相がシニカルに描かれています。
青少年の健全育成の妨げになるから、社会不安をあおるから、
となんでもかんでも理屈(屁理屈ですね)をつけて
洋書を禁止して、没収。図書館からも姿を消して、発禁処分にしてしまう。

笑って見ていましたが、はたと、
これって「はだしのゲン」の時と同じじゃないか・・・
と思いました。笑ってはいられません。

思想、言論の弾圧を進める時の政府の要職者だった鴎外は、
文学者でもあり、言論、表現の自由を希求してやまない人でもあったのです。
政府を批判するような物も書いて、発禁処分も何回受けているそうです。

国家に忠誠を誓う陸軍の軍医という立場と
文学者としての立場。
どんなふうに整合性をとっていたのか・・・考えただけでも
相当にしんどいだろうな、と想像されますが、
舞台では、嫁姑バトルを交えながら、
どうにかこうにかバランスをとり、
生き抜く、というか生き延びた姿が描かれていました。


プログラムを購入したのですが、巻末に年表がついていました。
文学界の流れと日本の社会、文化の出来事。
さらに世界の出来事が見開きで掲載されています。
日清・日露の戦争を経て、第一次世界大戦へと向かう時代。
大逆事件のことを劇中で取り上げているのですが、
この年表を見ると、時代がどんなふうに動いて行ったのか、
より良くわかります。

現在の特定秘密保護法や憲法解釈のことなど、
今にとっても良く似ている、と思い見て来ました。

お勧めのお芝居です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:07  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.19 (Sun)

食欲とおしゃべりの秋

昨夜は久しぶりに「しゅくりあ」で食事会でした。
メンバーは大学時代の学部の同期。
学生時代は圧倒的に男性の友達が多い中での、女性の友人です。

やっぱり、料理も接客も丁寧でやさしいです。
のんびりと心からリラックスして食事と会話を楽しみました。

このコロッケ、なんと贅沢に松茸のコロッケでした。
KIMG0484a.jpg

お造りも、定番のフルーツが入ったサラダも何もかも美味しかったけれど、
自家製がんもも、がんものイメージが変わるお味でした。
外はカリッ、中はフワッ。御出汁の味も滋味が一杯でした。
(食べてしまって写真無し)

焼き物は、上に載せられた蕎麦の実がプチプチと楽しい食感でした。
KIMG0481c.jpg

ワインはこれ。
KIMG0483b.jpg
2009年勝沼酒造の白ピッパでした。

定年が近くなっている私たち。
卒業以来、ずっと企業に勤めている友人は研究所から本社に移動になっていました。
毎年4月には、同窓の新入社員との会があるそうなのだけれど、
いつの間に、自分とは関係ないと思っていた年長者のグループになっていた、
と話していました。

そう、気持ちは若いころと何にも変わっていない、と思っても
確実に年をとっている・・・当たり前ですよね。
でも、ああして4人で食事をしていると、
学食での食事とか、教室でのお弁当のことなどが、つい昨日のことのように思われました。
みんなで白衣を着たら、実習が始まりそう・・・そんなことを感じました。

夕方6時から10時近くまで、デザートとお茶もしっかり楽しんで、
楽しい秋の夜でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

09:18  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.17 (Fri)

怒りの矛先

注意を受けたり、叱られたり、怒られたり、
そういう経験をたくさんしながら、今日までやってきた。
たいていの場合は、何故なのかは、自分でもわかるものだ。
自分の不始末であろうと、それが不可抗力であろうと、
原因が理解できるのだから、今後の注意のしようもある、というものだ。

でも、最近、どうにも理解できない、
と感じることが間々あるのだ。

怒るのは勝手だけれど、いくら怒ったところで
何の手だてもすることができない。
力の及ぶ範疇ではない事に、憤っているとしか思えないのだ。

人と人とがかかわって生きて行くのだから、
致仕方ないことだって、あるではないか。
良い大人が、そこを理解し合わず、落とし所にもたどり着けず
子供じみた怒りに身を任せている。

何でなのだろうか、どう対処したら良いのか、と考える。

過剰な被害者意識
特別な選民意識 (何か勘違いしていないか?)
あり得ない上から目線。(お金を支払う側に立つと、さらにエスカレートするのだろうか。)

お客様は神様です。
こんな言葉があるけれど、
神様は、自らを 神だぞ!! なんて言って慟喝したりしない。


自分の仕事だけでは無い。
銀行の窓口で、スーパーのレジで、ジムの脱衣場で、
病院の会計で・・・たくさん目にした。
もはや正当なこととは思えず、ストレス発散している、
としか感じられなかった。

そんな場面に出くわしてしまうと、一日心が重くなってしまう。

憤っている人は、
それでも怒りの矛先を誰かに向けて怒りまくれば
気が晴れて、スッキリするのだろうか?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

16:38  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.16 (Thu)

搬出作業・・・2カ月弱のお別れです。

いよいよ、遂に、家具の修理です。
今年はまずダイニングテーブルとチェアのメンテナンスをすることにしました。

KIMG0458a.jpg
今朝、搬出前のテーブルです。

クロスを取り除いて、久しぶりに木目を見ると
やはり表面が少し傷んでいました。
修理のタイミングだったのですね。
このテーブルで、子どもたちのお誕生祝いや入学祝、
たくさんの食事をしてきました。
ご苦労さまでした、という気持ちです。

このテーブルは、まん中に板が入っていて、取り外すことができます。
KIMG0460b.jpg

2枚入っているのですが、取り除いたのは初めてです。
KIMG0462c.jpg

のこった部分をくっつけると、こうなります。
KIMG0465e.jpg

今は、4人家族なので、これでも充分なような気もします。
でも、大きいダイニングテーブルにあわせた照明器具もあり、
小さくしてしまうのも、使い勝手、バランスが悪そうです。

KIMG0464d.jpg
梱包作業です。

KIMG0467f.jpg
テーブルも解体しないで運ぶ方が絶対に良いです、と職人さんが言うので
このままの形で搬出にトライです。

KIMG0471g.jpg
親子扉を全開にして、階段の途中まで来ましたが、玄関ドアと下駄箱のところでストップ。
相当な重さの家具を立てたり、少しねかせたり、と頑張って下さいましたが、
結局搬出できず。またリビングに逆戻りしました。

KIMG0472h.jpg
裏返しにされて、半分づつに分けられて、最後は搬出されていきました。


なんだか大騒ぎでたいへんでしたが、遂に修理に出発していきました。

テーブルが無くなったリビングは、妙にスカスカで淋しいです。
和室の座卓を持ってきて、お座布団を並べてみたけれど、なんだかしっくりしませんね。

長い間、あんまり大切に扱ってこなかったかもしれません。
ごめんなさい。しっかりメンテをしてもらい、年末にまた会いましょう。
その時は、またみんなで集まって、食卓を囲みますね。

・・・しばしのお別れです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:41  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.14 (Tue)

台風を心配しながらのゴルフ

昨日、予定通り、ゴルフを強行しました。
天気予報では、午前中なんとかもちそう、ということで、
そこに一縷の望みをつないででかけたのです。

出来事1
天気が心配なので、スルーを頼んでみよう、と思っていました。
それに備えて、おせんべいなど食料品を弟が準備。
・・・ところがスタートホールのグリーンで
パッティングに入ったとたんに、カラス襲来。
カートに積んであった食糧だけ、
全部持っていかれてしまいました。
弟よ、甘い!!
スーパーの袋は、いくら口を縛ってあっても、カラスにとっては
絶好の獲物。
カ~~~と一声泣いて、悠々と飛んで行ってしまいました。
結局、空腹でスルーは中止。
ハーフで食事をいただきました。

出来事2
雨模様だし、今日はいいや、とレディースティーからプレーしたのですが、
後半のハーフはベストスコアだったような気がします。
ホールハンデが1のロングホールでパー、
2のミドルもボギーであがれました。
パットも雨で重くなって易しかったのかもしれません。
でも、最終ホール、ピン横1メートルが打ちきませんでした。
変な欲を出すからですね。情けない。
でも、後半のおかげで、夫にも、弟にも勝ちました。
ムフフ。

出来事3
グリーンそばで、アプローチをしよう、というその時に、
斜面の上、隣のホールの人から声がかかりました。
キャディーさん、ここから一番近いトイレってどこですか?
エッ?! 私に聞いてるの??
で、プレイを止めて、
私、知らないんですけど・・・カートのコースガイドに
トイレの場所、出てると思いますよ。
と答えました。そうしたら、
遠いから聞いてるのに。知らないの? キャディーなのに・・・
という返答。
私、毅然と、
私はキャディーじゃありません!!
と答えたのですが、その男性
あらそう。
それだけ言って、行ってしまいました。

なんで??

私、けっこうショックでした。

弟は大爆笑。
姉さんの存在全体からにじみ出る、地元のおばちゃんオーラ、スゴイ!!
なんて言って、笑う事。
夫は、恐ろしかったのか、発言は無かったものの、
やっぱり笑ってました。

制服も着てないし、帽子だって普通なのに・・・どうして?
それに何。あの、あらそうって。
腹立たしかったけれど、だんだん落ち込んできました。

カッパを着ていたわけでも無く、
あれこれ考えても理由が良くわからなかったけれど、
間違えられた私が悪いわけじゃない、と思うことにしました。

でも・・・なんだかなぁ・・・の経験でした。


以上、台風直前ギリギリセーフのラウンド報告でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:35  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.12 (Sun)

記憶の底から甦る・・・

夫は今日、高校の同窓会のゴルフコンペに出かけています。
お天気が心配でしたが、本日はセーフ。
明日のゴルフはどうなのか、気にかかります。

お休みの時間の使い方について、私にはちょっと不満があります。
夫の場合、自分が登山に行きたい日をまず予定に入れて、
次はゴルフ。ゴルフの時は私を誘うのです。

今回も来週末、夫は登山の予定。
明日お天気が悪くても、自分は今日プレイしているので、
多分、来週は予定通り山に出かけて行くのだと思われます。
台風で2週続けてお流れになったから・・・なんていう配慮は、
まず無いだろう、と永年の経験から思うのです。


今日、明日と二日続けてのゴルフの予定を入れているのが、
もしかしたら、せめてもの私への配慮のつもり、なのかもしれません。
でもねぇ・・・


お盆休み、お正月休み、夫は何よりも自分のために時間を使いたい。
まず、家族の予定ありきで、その次に自分、ということは絶対に無いのです。
もう諦めているし、私は私で友人と楽しむから別に良いのですけれど、
今回みたいなシチュエイションに、ふっと記憶の底から
遠い昔の怨み、怨念がよみがえるのです。

夫は幼い長男と年子の1歳と0歳の息子と、会社を私に任せて
ヒマラヤに2回も出かけているのです。
行かせてあげたい、という気持ちもあり、良いよ、
とは言ったものの、私だってトレッキングくらいなら、
行って見たかったのです。
いつか連れて行ってくれる、と待ち続けて今日まで来ました。
行きたい、と言った夫。(結局、自分中心なのね)
あの頃の自分のたいへんさ(どんなにたいへんだったか、わかってない)
などと、怨みがましく思ってしまうのです。

気持ちの良い秋空の下でゴルフをする・・・
明日はかなわないかもしれないですね。

そんなチャンスが今シーズンありますように。
心おだやかに過ごせますように。
帰って来る夫にツンケンしないでいられますように。

・・・できるかな。
しかし、ヒマラヤの事は、いつまで覚えているのだろう。
私、かなり執念深い、イヤな人間。
情けなや・・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:26  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.11 (Sat)

台風が来るわけだ!!

二週続けての台風に見舞われそうな、連休です。
みなさんは、どんなふうに過ごされるのでしようか。

先週末はゴルフ合宿だったのですが、予定変更になり、
1日で中止になりました。
今週は13日に弟とのラウンドを予定しているのですが、
これもどうも微妙。ダメかもしれないですね。


長男のお嫁さんは、防災にかかわる部署で仕事をしています。
先週の台風の時はとても心配になり、
どうしているかとメールをしてみました。
なかなか返信が無くて、気をもんでいたのですが、
夜も遅くなってから、漸く一段落したのでしょう、
「連絡が遅くなってごめんなさい、大丈夫です。」
というメールが入りました。
ホッとしたのと同時に、一生懸命に書いてくれたのがわかる文面で
忙しい時に、却って気を使わせてしまったかな、
とも思い、メール一つするのも悩ましいな、
などと思ったりもしました。

でも、
ご心配いただいて、有難うございます。
という言葉と共に、面白いことも書いてありました。

今日は、○○さんが(長男の名前)夕飯をつくってくれているそうで、
帰って食べるのがとても楽しみです

長男が、食事をつくる・・・我が家の面々から出た言葉は、
ウソッ!!  マジ??  信じられない。
で、誰ともなく、 だから台風来るんだよ・・・
でありました。

私もヒェ~~~!!!と本当に驚きました。
でも、共働きなのです。家事分担他は当たり前。
手伝いではなくて、当事者なのですから、
食事の用意も掃除も何もかも、余力のある人がするのが当然なのです。

母親に、ついぞそういう配慮は無かったけれど、
夕食をつくろう、という気になった長男は、幸せなんだな、
と嬉しく暖かい気持ちになれました。
良かったね。二人で美味しく(?)食事をしたかな・・・
などと想像しました。

今週も台風だけれど、メールはやめておこう、と思っています。
だいたい先週で様子がわかりましたから。

メールの返信にそんなに気を使わなくても良いのに・・・
とは思うものの、まだ慣れないのだから、
気を使うな、と言う方が無理なのだ、と思って見たり。

新米姑も、気を使うものなのですね。
被害が出ないように、と祈りつつ、台風に備えて
お野菜、買い物に行ってきます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




11:06  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.09 (Thu)

光陰矢のごとし

ある書類に会社の経歴を書いていて、ふと思い出しました。
もう過ぎてしまったけれど、10月2日は会社の創立記念日だったのです。
今年で、28期め。
あっという間だったなぁ、と感じています。
実は我が社は長男と同い年で、長男の生まれた年に創業したのです。 

子育てと、会社を育てること、どちらも必死の年月でした。

結果、息子は3人になり、全員成人して、それぞれ社会人、大学生になり、
会社も夫一人で、ギリギリの資本金で始めたものが、
社員も増え、何回か増資もして、特定建設業になりました。

親や経営者として、自分たちが頑張るのはもちろんだけれど、
たくさんの出会いに、育てていただいたのだ、と改めて思うこの頃です。
一人の力、頑張りでできることは限られていますものね。

一人一人の社員の頑張りと努力。
仕事を発注して下さったお客様や設計事務所の先生方に、
今日まで導いていただいたのだと思います。

最古参の社員は23年、次に古い人は21年、
我が社はみんな長く勤めてくれています。
学校を卒業したばかりで入社してくれた面々も、
40歳を越えてベテランになり、彼らにも家族ができ、
文字通り、ファミリーという気がしています。

子どもたちは、手をかけ、目をかけ、時間をかけなければならない時期を
とっくに過ぎて、これからは、自分で歩いて行く時、
一人立ちの時にさしかかっているのですね。

会社とて、もはや、夫や私が牽引していく、という時は過ぎて、
社員自らの意思や判断で新たに歩んで行く、
こちらもそんな時にさしかかっているのではないか、と感じるのです。

There is no education like adversity. 逆境に勝る教育はない。
こんな言葉がありますものね。

夫や私も変わらなければならない時期です。
今度は、逆境にある時も、順調な時も、見守ること。
これはこれで、なかなかしんどいものがあるのでしょう。

私たちの新たな修練、と思っています。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



16:31  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.07 (Tue)

アトリエ花花・・第2弾

今回はハロウィーンバージョンです。


KIMG0455aa.jpg

会社の入り口、カウンターの上に、こう飾って下さい、
という丁寧な指示と写真のレイアウト見本までつけて下さいました。
(予め、飾りたい場所を写真などでお知らせしてあるので、
この場所には、どんな飾りが良いか、考えて提案して下さいます。)

箱から出す段階で、かわいらしいかぼちゃに「わぁ」
と歓声が上がりました。
飾りが完成して、うっとり。
秋だなぁ、と感じて、かぼちゃのプリンとかモンブラン食べたいなぁ
なんて思いました。

切り株の中にはLEDの電球が入っていて、
点灯するとチロチロとろうそくが燃えているように見えるのですよ。


cardc.jpg

(花花さんにご用命、ご質問などある方は、
コメントいただければ私からも対応させていただきます。)



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
11:16  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.06 (Mon)

台風の日に

台風、とてもたいへんな事になっています。
皆様は被害に遭われていないでしょうか。
心からお見舞い申し上げます。

私の住む東京池袋でも、今朝がたの雨と風は激しいものでした。
テレビでは次々に警報や速報が流れて緊張しました。

息子たちの大学は休校になり、今日は二人とも在宅していました。

仕事をしていて、ふと思ったのです。
自宅が静かなのです。(会社は自宅の下なのです)

昔は、学校がお休みで、子どもたちが家に居ると
頭上でドタバタと騒がしかったものです。
兄弟げんかが始まると、元気だった我が母も
お手上げになってしまうこともありました。
仲間外れにされ、たいてい、三男がベソをかきながら会社に来ていました。
そっと玄関を開けて、お客様が居なければ、私の席までやって来る。
でも、お父さんに見つかると、来るな! と叱られる。
用も無いのに、私の机の廻りをうろちょろしたり、
手に触ったり、足元にうずくまっていたり。
可愛らしい三男君でした。

静かな時は静かな時で、それなりに、いたずらをしでかしていて、
そんな時は、中良し三人組でした。
眠ってくれないと、オチオチできない、
そんな日々だったなぁ、と思いました。


いつからか、兄弟げんかもしなくなり、息子たちが在宅でも静かで平和。

大人になっていく息子たちは、頼もしくもあるけれど、
寄ると触ると大騒ぎしていたあの頃がちょっとなつかしかったりもする
そんな台風の日でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:35  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.03 (Fri)

忙しい時は・・・

今月は、大きな建物のお引き渡しが3件控えています。
現場は最後の追い込みで大忙しです。
それに伴って、社内もお引き渡しの準備が始まっています。
いろいろな設備の取扱説明書、保証書、
登記の準備、書類の準備etc
全部が月末に集中しているので、かなり忙しいことになっています。

家の中では、年末に向けての家事仕事もあり、
家族関係のことでも心配ごとが、無いわけではないのだけれど、
仕事をすることで、頭が切りかえられて、救われている気がしています。
集中していると、雑念の付け入る隙がないのです。

大丈夫か? やりきれるのか?
などと考えても、仕事がはかどるわけも無く、
今、目の前にあることを誠実に対応するのみ。
そうすれば、全ての事は、落ち着くべき所に落ち着く、
そんなふうに思っています。

やることはエンドレスに追いかけてくるけれど、
割り切りをつけて、今日は、ここまで!! 
とスパッと終わりにして、自分を休ませなければ。

Do not worry about tomorrow
For tomorrow will worry about itself.
Each day has enough trouble of its own.
(Matthew 6:34)

明日のことを思ひ煩ふな。
明日は明日みづから思ひ煩はん。
一日の苦労は一日にて足れり。

どんな1日も感謝して眠りに着き、希望を持って朝を迎える。
そういう自分であれますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
18:28  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.02 (Thu)

甘えない!!

ある方のブログにお弁当の写真とともにこんな言葉がありました。

作り始めたころは・・・
皆 「ありがと~。ごちそうさま。」って言ってたのに・・・
作るのが 当たり前みたいになってきて
最近は 感謝の言葉が・・・・ない

無いのです、我が家も。
「有難う」とか「美味しかった」とか一言でも言ってくれたら
私はすごく嬉しいのになぁ・・・とは思いつつ、
だあれも言ってはくれなくて、それが当たり前になっています。
きれいに平らげてくれているのは美味しい証拠。
とは思うけれど、やっぱり言葉で伝えてくれたら
たいへんな日でも、もっと幸せな気持ちでつくれるのに。
やっぱり伝えるべきだな、と思うのです。

思春期の頃から、息子たちとはいろいろあって、
今は言ってもわからない、と諦めて、
黙って飲み込むことが多かった、と思います。

不機嫌が制服を着て通学しているみたいな有様で、
「おはよう」も「行って来ます」も「ただいま」
も無いことだって多々あったのです。

今は、まさかそんなことは無いのだけれど、
それでもやっぱり、言葉は足りないですね。
特に「ありがとう」とか「ごめんなさい」とか「お願いします」など。
彼らの態度は、確信犯。そして甘えている、
とは感じつつ、私は一方的i挨拶を続けて今に到り、
徐々に改善してきた、という状況です。

結婚して、長男はずいぶん連絡だけはするようになってきたけれど、
お嫁さんには、「有難う」とか「ごめんなさい」
とか、ちゃんと言えているのだろうか。

甘えてはいけないよ。男性陣。
息子だけじゃなく、夫もちゃんと言葉で伝えないものね。
・・・反省して下さいな。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
17:56  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014'10.01 (Wed)

10月1日、都民の日

本日は会社の健康診断。
通勤時間帯に電車に乗ることはめったにないのですが、
本日は副都心線に乗りました。

池袋駅でも、電車の中でも、子どもとお母さんの姿が目に付きました。

雨模様だったので、長靴を履いて、傘を持ち、
リュックを背負って、はしゃいでいる女の子。

座席に座った妹?らしき女の子に
足をブラブラさせないように注意していたお兄ちゃん。
二人で目があうと、なんだかクククッと笑っていました。

あんな時があったなぁ。お母さんは、たいへんだけど、
子どもはお出かけが嬉しいのよね、と思いながら
微笑ましく見ていました。

駅から検診するところまでの道すがらでも、
子どもたちの姿が目に入りました。
学校がある日なのに、どうしたのだろう?
子どもが多いなぁ・・・
と思っていたら気が付きました。
今日は10月1日。都民の日なのです。
学校はお休みだったのですね。

1年生になった長男にランドセルを背負わせ、
いつも通り学校へ行かせてしまった、遠い昔を思い出しました。
保育園は都民の日だからといってお休みではなかったので、
まさか小学校が休みとは・・・
半泣きで職場にやってきた長男でしたが、
仕事中の私も困ってしまって泣きそうでした。
我が母親に息子を頼み、私はこっぴどく叱られたっけ・・・

お出かけ、良かったね。
見かけたどの子も嬉しそうにキラキラしていました。
子どもの笑顔は、大人を幸せにしてくれます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
18:14  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |