2014年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014'11.28 (Fri)

愚痴

忙しいのはわかるけれど、
だからと言って、どんな態度でも、何を言っても
良い、というわけではない。

最近、夫の態度にうんざりすることの多い私です。
まさか、他の人には違うのでしょうが、私には・・・甘えてる!
八つ当たりだ。と感じてしまいます。


夫とは、仕事場でも、家でも一緒なのですから、
イライラにつられて、私まで穏やかで居られなくなるのは
なんとしても避けたいのだけれど・・・
夫のささいな一言や、一瞬の視線に心がざわつきます。
情けないですね。



私にあたって見たところで、解決はしません。
気持ちも晴れやかになどならないでしょう。
学ぶべきです。

こんな時はどうしたら良いのか。
聞かなかったことにする。
無かったことにする。
平然と、いつも通りの心で居たいと願います。

私は私。
誰にも左右されないで、サラリと受け流す。
そんな私になりたいな。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
15:50  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.26 (Wed)

やっと、戻って来ました。

昨日、漸く待ちに待ったダイニングセットが届きました。
メンテナンスに出してから1カ月半。待ち遠しかったです。

テーブルの天板もすべすべと艶やかで新品のようです。
椅子も汚れを落として塗装をし直して、座面も張りかえました。
座り心地もしっかりして、こちらも生まれ変わりました。

傷の補修もして下さってはいますが、ところどころに
その痕跡は残っています。
これが、我が家、我が家族の歴史になるのでしょう。
2脚のアームチェアは夫と私の席に、
そして残りの椅子は今までの場所に設置して、
特注したテーブルマットを載せて完了でした。

この食卓で息子たちは食事をし、大きくなったのです。
あっ、戻ってきた。と昨晩は嬉しそうでした。
これからも大切に使って、家族と一緒に年月を重ねて行きたい、
そう思いました。

KIMG0612aa.jpg
今朝の食卓。8時には全員食事を終えて出かけて行き、この状態です。
・・・心なしか、いつもと同じのかわり映えのしない朝食でも、
なんだか美味しく感じました。

ペンダントライトもすっきり元通りになり、
いつもの我が家に戻った気がしています。
落ち着くというか、ホッとするものですね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:33  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.22 (Sat)

赤羽の現場

週末の赤羽現場です。
ラストスパート。追い込みです。

1階から4階まで、
一体、何人の職人さんが入っているのでしょうか。

あと少し。頑張りどころです。

KIMG0589rr.jpg
KIMG0590h.jpg
KIMG0593i.jpg
f.jpg
KIMG0595g.jpg
KIMG0606b.jpg
KIMG0609a.jpg

とてもカッコ良い、ステキな建物だと思います。

月末には、1階のお店がオープンです。

その日が待ち遠しいです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:21  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.21 (Fri)

喪中欠礼に思う事

喪中欠礼が届く時期になりました。
ここのところ毎日の郵便物に混ざって、
必ず1通か2通は混ざっています。

ご高齢の親御さんが亡くなられた、
というお知らせがほとんどですが、
中には、思いがけないお知らせもあるのです。

人は誰しも旅立っていくけれど、順不同。
そして、それが何時なのかも、誰にもわかりません。

ブログの中で、知り合った方も
弟さんが急逝され、その顛末を記事に書かれていました。
まだ30代だそうで、本当に突然のお別れ。
どんなに悲しく辛いことだろうか、と胸が詰まります。

悲しみが癒され、ご家族の上に慰めがありますように。
祈りつつ、一つの詩を紹介させていただきます。
私が慰められ、支えにしていた詩なのです。


 「天に一人を増しぬ」
セラ・ゲラルデナ・ストック作
植村正久訳


家に一人を減じたり 
楽しき団欒は 破れたり         
愛する顔 いつもの席に見えぬぞ かなしき
さはれ 天に一人を増しぬ
聖められ 救われ 全うせられし者 ー人を

家に一人を減じたり
帰るを迎ふる声 一つ見えずなりぬ
行くを送る言葉 一つ消え失せぬ
別るることの 絶えてなき浜辺に
一つの霊魂は上陸せり
天に一人が増しぬ
    
家に一人を減じたり
門を入るにも 死別の哀れにたえず    
内に入れぽ 空しき席を 見るも涙なり   ゛
さわれ はるか彼方に 我らの行くを待ちつつ
天に一人を増しぬ 

家には 一人を減じたり
弱く 浅ましき人情の霧立ちおおいて
歩みもしどろに 目も暗し
さわれ みくらよりの日の輝き出でぬ
天に一人を増しぬ            

げに 天に一人を増しぬ
土の型にねじこまれて
キリストを見るの目暗く
愛の冷ややかなること 
いかで我らの家なるべき
顔を合わせて 吾が君を見まつらん
かしここそ 家なれ また 天なれ

地には 一人を減じたり
その苦痛 悲哀 労働を分かつべき 一人を減じたり
旅人の日ごとの
十字架をになうべき 一人を減じたり
さわれ あがなわれし霊の冠をいただくべき者
一人を 天の家に増しぬ

天に 一人を増しぬ
曇りし日の この一念に輝かん
感謝 賛美の声 さらに加わり
我らの霊魂を天の家に引きかぐる鎖の環
さらに 一つの環を加えられしなり

家に 一人を増しぬ        
別るることのたえてなき家に
主イエスよ        
天の家庭に 君と共に坐すべき席を                  
我らすべてにも 与えたまえ




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




18:01  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.19 (Wed)

りんごの思い出

群馬の義弟から、りんごが送られてきました。
みごとなりんご。
とても甘くて美味しいです。
KIMG0583aa.jpg


息子たちが小さかった頃、実家では川場村のりんご園と契約して、
りんごの木のオーナーになっていました。
最低でも年に2回、川場村のりんごの木のところに集まっていたのです。

白く可憐な花の咲く頃に一度。
この時は、摘花の作業をしました。
そしてもう一度は収穫です。
両親はもちろん、夫の兄弟やその子どもたち、
さらにご近所のお友達も一緒でした。
ハシゴに登って、ワイワイと大騒ぎしながらの収穫作業は
とても楽しかったです。
作業の後は、広場の芝生でお昼をいただくのが恒例でした。
義姉が用意してくれたトン汁にみんなの持ち寄りお弁当でした。
収穫したてのりんごもいただきました。
子どもたちも丸かじりで良く食べました。
甘い汁が口一杯に広がり、とても幸せだったっけ。

一番大きいりんごと、小さいりんごの重さ当てクイズ、
全部の個数当てクイズ、全部の重さ当てクイズなどなど
みんなで大笑いしながら、秋の1日を過ごしました。
子どもたちにも、きっと良い思い出として残っているし、
義両親にとっても、幸せな時間だっただろうな、と思っています。

何年くらい続いたでしょうか。
子どもたちがそれぞれに部活だ、受験だ、と参加できなくなって
りんごの木のオーナーは止めになりました。


息子たちはリンゴ大好きです。
群馬からのりんごを見て、なつかしく思いだしました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:37  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.18 (Tue)

赤羽の現場、竣工まぎわです。

防火地域内に建築中の木造4階建てビル、
赤羽の現場は、いよいよ竣工間際になってきました。
(竣工したら、KUSさんなどからプレスリリースもあるのでは、と思います)

最後の追い込みで、私の担当している細かな打ち合わせも頻繁で、
現場に行くことも多くなってきました。
取り込み中ではありますが、現場は居心地の良い空間なのです。
KIMG0565a_20141118172519cbf.jpg

木造ならではの良さが実感できるのです。
鉄筋コンクリート造の現場に行くと、冷え冷えと底冷えがするのですが、
赤羽はそんな寒~~~い、という感覚が無いのです。
そこはかとなく温かい。木のぬくもりが感じられるのです。
空気もなんだか柔らかく、呼吸するのも楽なのです。
足ざわりだって優しいから、膝や腰にひびかない感じです。
入居する方にとって、快適なのはもちろんですが、
作業をしている諸方さんたちにも、体にやさしく、
作業しやすいのではないか、と思います。
さらに、建物内部には、大きな梁型が出っ張っていません。
室内はスッキリしていて、しかも木の良い香りまでしたりします。

KIMG0566b.jpg

外から一見すると、木造だとは思えないかもしれませんが、
一歩足を踏み入れれば、違いは歴然と体感されます。

人が住まうのに快適なのは木の住まいだ、
と改めてしみじみ感じることのできる赤羽の建物です。

心から、完成が待ち遠しいです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:26  |  木造4階建てプロジェクト  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.17 (Mon)

タワーマンションと眩暈

昨日、家具の搬入と据え付けでタワーマンションに行ってきました。
KIMG0581b.jpg

まさかとは思いましたが想像した通り、
サンシャイン60の展望台で生活する、という風情でした。
そのお宅は45階。さらに上層階があるのですから本当にビックリです。

窓の外に広がる絶景。
本当に展望台ですよね。
KIMG0582a.jpg



さて、私はスゴイ!!
と感嘆しながらオーナーの方に案内していただいたのですが、
なんとなくフワッ、フラッとした感じがしてイヤな予感がしました。
もしかして、またメニエル症の発作かしら? と。
エレベーターも、すごい高さから覗く吹き抜けも
なぜだかずっと揺れている感がしていました。
本当に揺れているのかどうかはわかりません。
でも、1階に降りて通りに出たらホッとしてしまいました。
はい、庶民は高層タワーマンションには不向きなようです。

セキュリティーも厳重で、そのお部屋にたどり着くまでに
何回も関門があり、鍵を開けていただく必要がありました。
人と顔を合せる気軽な関係ではないのですね。
人とふれあい、人の目があるのが安心なのか、
それとも当節は、あのくらい厳重じゃないと安全ではないのか、
これはちょっと考えさせられました。

結論
私の場合、高い所は山が一番。あとはタマに行く観光でのタワーで充分。
でした。
メニエルの発作でもなかったようで、家に着く頃には、
しっかり地に足が着いておりました。
良かった。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:20  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.15 (Sat)

仕事の日曜日

明日も朝から仕事です。
日曜日は安息日だから、本来なら教会へ行き、礼拝を守り、
ワサワサとした日常をリセット出来る日、
のはずなのだけれど、そうはいかない現実。
年末に向けて、ますます忙しさに拍車がかかりそうです。

でも、この状況も与えられた最善のはず。
心を失わないように、感謝の心で仕事をして、
新しい1週間のスタートを切りたいです。

明日は地鎮祭とタワーマンションでの家具搬入と据え付けがあるのです。
高層のタワーマンション、ちょっと興味があります。
高層階で暮らす、というのはどんな感じなのでしょうね?
サンシャイン60の展望台で寝起きする、というような感覚なのか?
そこまで高層ではないのかもしれませんが想像がつきません。
明日、体感してきます。

地鎮祭の神主さんは、七五三でお忙しいのだそうです。
朝一番でお願いします、とのことでした。


日曜日に仕事をしている人は、思っているより
ずっと多いのかもしれませんね。
せめて夜はデスクワークをしないで、
のんびりとした時間を過ごせるように心がけたいです。

アトリエ花花さんがクリスマスの飾りをして下さいました。
KIMG0572a.jpg
KIMG0575c.jpg
KIMG0574b.jpg

忙しいからこそ、温かい心を贈り届けるクリスマスにしたいです。
ステキな飾りを有難うございます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
20:41  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.14 (Fri)

長男夫婦へメール

長男夫婦に、メールをしてみた。
ラインをするのはイヤだ、と息子から言われていたので、宛名は二人。

別に言わなくても良かったのかもしれないけれど、
私にとっては楽しくウキウキするような話しではないし、
家族なのだし、とちょっと甘えて見た、というところがなくも無い。
そんな内容のメールだった。

息子からは
了解。大丈夫?
と言うメール。
返信を期待していなかったから、これだけでも驚きだった。
夜になってお嫁さんからもメールが届いた。
仕事中は携帯を見ないので遅くなってごめんなさい、
に続いて、気持ちのこもった言葉が書かれていた。

やさしいな、と心が温かくなって眠りました。

有難う。
息子だけではなく、私も幸せだ、と思ったメールでした。
長男とお嫁さんに甘えた心境になったのは、はじめてかもしれません。

子どもに甘える、年をとったのかなぁ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:02  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.13 (Thu)

二人の為に

朝から用事があってつくばに行っていました。
仕事も忙しいけれど、個人的な用事も忙しいのです。
忙しい、は心を亡くす、とは良く言ったものです。
気が滅入るような事も多々あるわけで、
そうすると、心までもせわしなく、ざわついてしまうのです。

そんな日常の精神安定剤は、なんと家事仕事だったのだ、
と今さらながら気付いた私です。
夕方、会社から帰って食事の用意を始めると、不思議と心が落ち着きます。
私の用意した食事を毎日食べてくれる家族、息子たちは
こっちの精神状態なんてお構いなし。元気に良く食べてマイペース。
それがどんなに有難いことか。
疲れてしまって、もうイヤだ、と思ったことも数知れずだったけれど、
家族の為の家事仕事は私の張り合いでもあったのです。


でも、そうは言っても肉体は年相応にくたびれて、
だんだん家事で気分転換なんてこともできなくなるかもしれません。
それに、息子たちが巣立ったら、彼らのために、
という張り合いことも無くなるわけだし・・・

ふと思うのです。
仕事でも家でも、傍らに何時でも居てくれるのは我が夫。
今日も車を出してくれたのでした。

張り合いが無い、などと言わないで、これからは
夫と私の二人のために、食卓を整えたりしようじゃないの。

方向転換。路線変更を思うこの頃です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:29  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.12 (Wed)

お金の使い方と家計簿

大昔に、両親から言われた言葉。
(どちらからだったか忘れたけれど)永く私の心に残っている。

お金は貯めるためにあるのではなくて、賢く使うためにある。
何にどう使うか、どんな時の為にどのくらいの蓄えをしておくか、
そういうお金の使い方は、その人の人格でもあるのだよ。

どのくらいの年の時に言われたかは忘れたけれど、
けっこう小さい時だったように思う。

必要な時にもお金を使えずに、貯め込むだけっていうのは守銭奴。
分不相応にお金を使うのは、見栄っ張り。
こんな言葉も覚えている。
何にどのくらいのお金を使うのか、
本当に私の価値感、判断基準が表れていると思うこの頃。
お金の使い方に人格は表れる、というのは事実なのだなぁ、と思っている。

計画通りに行かない事の方が多いけれど、
日々の生活を見通して、予算をたてて生活する。
必要な時に、必要なお金の準備ができていて、過不足なく使える事。
家計運営の基本はそんな考え方で、ずっとやってきたのだ。
その考えを実践するうえで、不可欠だったのは家計簿の記長。
私は家計簿をずっと続けている。友の会の生活家計簿。
初めのころは、家計簿と当座帳の2冊を使っていたけれど、
今はパソコンを利用している。
これが私の経済の道しるべだった。
会社の増資資金を蓄えるのも、不測の事態、出費があった時も、
この家計簿に導かれてやってこれたのだから。

そろそろ来年の予算を考える時期。
否が応でも、今年のことを振り返る。
長男の結婚。次男の大学院進学。三男も進学希望。
長男夫婦は来年、海外駐在・・・
想定外が多すぎる、という想定をしておかなくちゃ、と思わされる。
でも、家計簿記帳もベテランになって来ると、
どうにかできそうな気がしている。

さて、息子夫婦はどんな家計運営をしているのだろうか?
知る由も無い。
二人とも、相当に多忙な仕事をしている共働き。
家計簿なんてつけてないかもしれないな、と思う。
でも、家計簿は大切よ、とこの家計簿をプレゼントしたらどうだろう。
喜んで記帳してくれるだろうか?
それとも、煙ったがられて、プレッシャーに思うだろうか、
なんとも悩ましい。


予算は決めることができるのだろうけれど、
こちらの方は、ずっと決められずに居る。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

11:25  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.11 (Tue)

シャバでの時間

手術を終え、退院してきた知人の顔を見て来た。
思っていたよりシャンとしていた。
コーヒーを淹れてくれて、ネコを膝にして、
定位置の椅子に腰をおろしてタバコを一服。
煙をうっとりと深く味わって一言。
シャバに帰って来たよ。

あの部屋のああいう瞬間がシャバなんだろうな、と思う。

弟の誕生月だからお祝いに何が良い?
と尋ねたら、ゴルフという答え。
一緒にゴルフをして、その夜は食事に出かけた。
ちょいと有名な日本酒の美味しい店にうまく予約ができた。
弟は十四代がお気に入り。何種類かの十四代をいただいた。
KIMG0556d.jpg
KIMG0557c.jpg
牡蠣の茶わん蒸し 美味でした。

KIMG0560b.jpg
十四代山田錦 私はこれが一番でした。

KIMG0562a.jpg
店主のお勧め 佐久の花 日本酒らしいお酒でした。

ゴルフをして、美味しいお酒にホロ良いで
誕生日を祝う。
あと何回、こんな誕生日を過ごせるだろうか、
などと考えても意味の無いことなのだ。
残り時間なんて誰にもわからないのだから。

次のラウンドでは姉さんに勝つから・・・
待ってるわよ、などと応じながら思う。
これが弟のシャバの楽しみなんだろうな。

今を慈しみながらいきなければ、と思った夜だった。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

13:21  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.08 (Sat)

友人の別荘

誘っていただいて、熱海に行ってきました。
友人が熱海に別荘を購入して1年半。
そこにご招待いただいたのです。

海を見渡せる素晴らしいロケーション。
温泉から、夜はチラチラと瞬く光が美しく、
朝はスキッと広がる空と海の間に初島が見えました。

食材は、友人御用達のお店で購入しました。
お土産屋さんとは雲泥の差の美味しさで、
パンやソーセージ、お刺身やさつま揚げ、野菜などなどが、
東京では考えられない様なやさしいお値段でした。
自分たちで料理をし、思い思いのアルコールで深夜まで話しました。

ウイークデーは東京で過ごし、木曜か金曜には熱海に。
そして週末を過ごし、また東京に戻っていく。
英気を養って戻った先で彼女を待っているのは介護。
あの空間と時間が彼女をギリギリ支えているのだ、
としみじみ納得させられました。
また別の友は、ご主人の病気を受け入れ、共に闘う覚悟で
仕事を辞め、これから先の生活の準備を進めていました。
集まったアラフィフ女4人。
それぞれが抱えている物は、決して軽いものではないけれど
彼女たちは、軽やかで輝いていて、優雅にさえ見えました。

そこそこ深刻な話も、友と話すことで救われて、いつしか元気も湧いてくる。
友人たちは、思慮に溢れ、忍耐強く、現実を受け入れる勇気がある。
そんな人たちなのだ、と改めて思いました。
時間を忘れて話しては呑み、呑んでは話し、で夜は更けました。

梅園の紅葉はまだまだでしたがそれでもゆっくり散歩していると、
心が洗われるようでした。その後、起雲閣をゆっくりと見学し、
お土産に教えてもらったとびきり美味しい物を買って、
早めに帰宅しました。
KIMG0522.jpg

KIMG0552a.jpg

誘ってくれて本当に有難う。
また、こんな時間を持ちましょう。
そうして忙しいさなか、行かせてくれてありがとう。

家族と友に感謝の旅行でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
11:42  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.05 (Wed)

平和な日常が戻ってきた

息子たちの学園祭が終わったようで、
やっと本日からいつも通りの朝が戻って来ました。

三男の友達が、我が家に泊っていましたが、
人数も3、4人で全部男の子。
長男の時に比べれば可愛いものです。

長男の時は、あの部屋にどうやって泊ったの?
というくらい、ゾロゾロ降りてきて、10人近くは居たのでした。
そして、その中に女子まで居て、私は死ぬほど驚いたのでした。
あんまり驚いた顔をしたからでしょう、
女の子の一人が、
「あっ、私たち、そういうのじゃないですから」
なんて言ったのを覚えています。
「そういうの」って何だったのか、当時は突っ込みを入れる余裕も無く、
ただただ、ビックリしていた私でした。
彼女たちは、みんな息子の大学同級生。
いまどきの大学生女子のイメージが激変した出来事でした。
友達の家に泊る、大学に泊る、ちゃんと親には伝えているそうです。
息子は男性の友達、そういうことのようでした。
間違いではないけれど・・・

夫に言わせると、私だって大学時代、山岳部で
人気のない山中を男性に混ざってただ一人、泊りあるいていたわけだから、
それと同じような感覚なんじゃないか、家だって大学に近いし便利なんだよ。
ということでした。
同士というか仲間というか、そんな感覚なのか。
でも、親の立場になってみると、いろいろ複雑な気持ちでした。

あれから月日は流れて、今度は結婚式で盛り上がっているようです。
みんなが子どもを持って、親になったら、何と言うのか、
ちょっと興味があったりします。

とにかく、平和な日常になりました。
仕込み料理を食べられてしまったけれど、とにかくホッとしている私です。
やれやれ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:46  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.04 (Tue)

欲張りな連休の過ごし方

連休中の私は、基本仕事をしていました。
年内に竣工お引き渡しの建物が続き、2日には契約もありました。
有難いことです。
・・・が息つく暇も無い感じが、しないでもありません。
家事仕事も滞るのですが、仕方ありませんね。
できることしかできない。
開き直りです。

あいまに料理の仕込み。
KIMG0509a.jpg
キッチンで立ち呑みしながらまるでオヤジです。
スペアリブと大根の煮物とか、魚の味噌漬けとか、
予定にあわせてざっと献立を考えて、準備します。
これをしておかないと、生き延びられません。

そうして、昨日は、直前に予約がとれて、夫と共に早朝のゴルフ。
7時にティーオフでした。
KIMG0510b.jpg

遊びといえども、気力体力が必要です。
家で寝ていたい、なんて思ったらアウト。遊べません。
で帰ってまた仕事でした。

そう、生まれて初めて、リサイクルショップにも行って、品物の売却もしたのでした。
シルクのブラウス、わに革の草履、ランセルのメンズシャツ、一応イタリア製のハンドバッグ。
息子たちが使ったシルクの兵児帯とか、蝶ネクタイなどなど。
1円くらいよ、と聞かされていたのですが、319円でした。
これで私はなんだか得した気分で嬉しかったのですが、車を出してくれた夫は
あなたは幸せな人だねぇ・・・なんて不思議そうでした。
だって、捨ててしまえばゴミですが、誰かが使ってくれたら、それだけでも良いですよねぇ。


今週も予定がギッシリ。
頑張りましょう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:28  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.02 (Sun)

私のスポーツシーズン

教会から帰って、スポーツチャンネルでラグビーを観戦しました。
ライブの明治対慶應。
慶応は善戦していた、というかチャンスがいっぱいあったのに
決め切れず、終わって見れば明治の圧勝でした。
毎年、何回か見に行くのですが、今年チケットを手配したのは
23日の早慶戦のみ。
ちょっと残念だけれど、業務多忙で仕方ありません。
今日もこれから仕事だけれど、テレビで見れたのだから有難いです。

慶応のHOは神谷哲平という選手でした。
お名前が一文字違い、という人が遠い昔の知り合いに居て、
もしかしたら息子さん??? などと思いながら見ていました。

年末にはラグビー仲間のSちゃんと花園に行きます。
こちらは高校ラグビー。ひたむきなのが良いなぁと思います。
それに大学に入ってから活躍しそうな選手を見つける楽しみもあります。


ゴルフ、ラグビー、登山が好きだけれど、
登山だけは、どんな山の風景やテレビを見せられても、
自分で行かない事には、全く満足できません。
・・・全然、行けてない私。諦めの心境ですね。

さて、頑張って仕事を片付けましょう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


14:24  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |