FC2ブログ
2014年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014'11.12 (Wed)

お金の使い方と家計簿

大昔に、両親から言われた言葉。
(どちらからだったか忘れたけれど)永く私の心に残っている。

お金は貯めるためにあるのではなくて、賢く使うためにある。
何にどう使うか、どんな時の為にどのくらいの蓄えをしておくか、
そういうお金の使い方は、その人の人格でもあるのだよ。

どのくらいの年の時に言われたかは忘れたけれど、
けっこう小さい時だったように思う。

必要な時にもお金を使えずに、貯め込むだけっていうのは守銭奴。
分不相応にお金を使うのは、見栄っ張り。
こんな言葉も覚えている。
何にどのくらいのお金を使うのか、
本当に私の価値感、判断基準が表れていると思うこの頃。
お金の使い方に人格は表れる、というのは事実なのだなぁ、と思っている。

計画通りに行かない事の方が多いけれど、
日々の生活を見通して、予算をたてて生活する。
必要な時に、必要なお金の準備ができていて、過不足なく使える事。
家計運営の基本はそんな考え方で、ずっとやってきたのだ。
その考えを実践するうえで、不可欠だったのは家計簿の記長。
私は家計簿をずっと続けている。友の会の生活家計簿。
初めのころは、家計簿と当座帳の2冊を使っていたけれど、
今はパソコンを利用している。
これが私の経済の道しるべだった。
会社の増資資金を蓄えるのも、不測の事態、出費があった時も、
この家計簿に導かれてやってこれたのだから。

そろそろ来年の予算を考える時期。
否が応でも、今年のことを振り返る。
長男の結婚。次男の大学院進学。三男も進学希望。
長男夫婦は来年、海外駐在・・・
想定外が多すぎる、という想定をしておかなくちゃ、と思わされる。
でも、家計簿記帳もベテランになって来ると、
どうにかできそうな気がしている。

さて、息子夫婦はどんな家計運営をしているのだろうか?
知る由も無い。
二人とも、相当に多忙な仕事をしている共働き。
家計簿なんてつけてないかもしれないな、と思う。
でも、家計簿は大切よ、とこの家計簿をプレゼントしたらどうだろう。
喜んで記帳してくれるだろうか?
それとも、煙ったがられて、プレッシャーに思うだろうか、
なんとも悩ましい。


予算は決めることができるのだろうけれど、
こちらの方は、ずっと決められずに居る。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

11:25  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |