FC2ブログ
2015年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015'04.23 (Thu)

息子たちの学生生活

新年度がスタートして、もうすぐ1カ月。
授業が始まり、軌道に乗ってきたようです。

院生1年目の次男は、以前よりもずっと忙しく、時間に追われ、
泊りこみも仕方ないようです。
夜遅く帰宅した日には、テーブルにメモが置いてありす。

8時に、起きるまで起こして下さい。

起きるまで・・・とはなかなかの難関で、久々の力わざ。
やってやろうじゃないの、と意気込んだのですが、
緊張しているのでしょうか、声をかけたらすぐに飛び起きます。
拍子抜けです。
食事は、眠くなるから、と控えめになった次男。
本気モードのようです。


三男も進学したい、と勉強家に変身し、まるで別人です。
吞み会で朝帰りだった日も、どうするのか静観していたら、
自分でちゃんと起きてきて、図書館に出かけて行きました。
以前なら、一日中寝ていたはずですから、
これはもう激変です。


わが身を振り返って見れば、理系で相当忙しい学部だったのに、
私は学業二の次みたいな学生生活をしていました。
(多分、夫も。)
土曜日、授業を終えてから、谷川岳へ行き、日曜日に登る。
普通に登山道を歩く登山ではなく、岩登りでした。
ザイルにヘルメット。難しいルートだと時間がかかり、降りて来るのは夜。
月曜の朝、始発で東京に戻り、そのまま学校へ行き、授業に出て居ました。
体育館のシャワーを浴びて、部室で私服に着替えて・・・
授業は、実習以外は寝て居たような気がします。

身に覚えがあるので、息子たちに対して、私はとても寛大だと思います。
サボっていそうでも、見て見ぬ振りを通していたのです。
下宿してたら、こんなものじゃないだろうし、などとも思って。
でも、彼ら、真面目じゃないか!! と驚いています。
バイク熱、バンド熱も冷めて、今は学業なのでしょう。
何かに夢中になれるのは、ステキなこと。
好きな進路を選べた、ということなのかもしれません。
若いのだし、無理もきくはず。
彼らの頑張りを、静観していようと思っています。

ムダも失敗も、全部ひっくるめて、
夢中になった時間は、人生の後から効いてくる。
私はそう思っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



15:05  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |