2015年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015'05.29 (Fri)

ヤレヤレ、やっと週末です。

今週はとても慌ただしく、忙しい毎日でした。
ようやく、決算を確定することができました。

増税前の駆け込みで契約した建物の工事が完工したのですが、
本工事の入金ベースは5%の税率で、下職さんたちへの支払いは、
4月以降に発生しているので、8%
どうも消費税の還付になるようです。
税率の異なる工事が入り乱れ、いつもより、
ずっとめんどくさいし、たいへんでした。
本当に、10%に増税が行われるのでしょうか・・・
いろいろな意味で、ちょっとため息です。

でも、やっと終わりました。
少しだけホッとしています。
そして、5月ももう終わりですね。




梅酒が漬けてあった空ビンを7本。
駐車場に「ご自由にお持ち下さい」
という札と共に出しておいたら、昨日と今日で全部
無くなりました。
なんだか嬉しいです。

ビンに残っていた梅で、梅ジャムも作りました。
忙しい時に、こういうことをしたくなる、私の発作。
美味しくできて満足で、クラッカーに載せて、
つまみ食いをして更に満足でした。
糠づけも再開しました。
キュウリと大根、人参が美味しく漬かりました。
今夜、いただきます。お家呑みの日です。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:38  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.27 (Wed)

奨学金の資料

ブログ村の注目記事のランキングに、
「奨学金についての学習会」
の記事がずいぶん長らくランクインされています。
二つのカテゴリーでピックアップされています。

・・・子どもの学費は本当に気になることで、
関心のある人が多いのだな、とある意味納得なのですが、
あの記事の中に全部の内容が網羅できていたわけではないのです。

もっと盛りだくさんの、参考に成る話が満載の講演会だったので、
お伝えしきれないのが本当に残念に思います。

それで、思いついたことがあります。

大内先生の学習会の内容をまとめた冊子が
私の手元にはけっこう余分に(30冊以上)保管してあるのですが、
ご希望の方には、差し上げようと思います。

カギ付コメントで送り先などお知らせいただければ、送付させていただこうと思います。
(送料、冊子代は無料です)

何かのお役に立てていただければ幸いです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:34  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.25 (Mon)

昨日は結婚記念日

5月24日は、34回目の結婚記念日でした。

若かりし頃は、お給料日の前日で、かなりの財政難。
翌日のお給料日にささやかなご馳走をいただくのですが、
上手にやりくりして、その日にお祝いできるようにしたいな・・・
なんていう可愛いことを私は目標にしていました。
なんだか、懐かしい。

最近は、二人でゴルフ旅行に行くのが恒例でした。
でも、今年は予定を考える頃は、まだ体調に自信がなかったので、
仕方ないですね。
それで昨日は別行動。
夫は高校のゴルフコンペに出かけました。
例年、250人以上のコンペだそうで、昨日もそういう規模だったそうです。
お土産はこのパンと商品券。
KIMG0800a.jpg
すごく美味しいパンでした。

私は教会の礼拝に出席して、午後から聖歌の合唱の練習もしました。
ただ・・・アルトのパートを歌ったのですが、
私につられて隣近所の人たちがおかしなことになるようでした。
私もしっかりしたアルトの人の横に移動したり努力はしたのですが
ソプラノにつられ、アルトに戻ってるつもりで、なんだか
とんでもない音を発していたりで、そのうち自分の音痴っぷりに
笑いがこみあげてきて、笑いをこらえるのがたいへんでした。
試練。まわりの皆さま、ごめんなさい。
なんとかしなくちゃなりません。涙

そのあとで、リンパマッサージに行き、帰宅しました。

たまには別々も良いなぁ、と思いました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



19:02  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.23 (Sat)

夫も参加しての食事会

昨日は食事会でした。
王子のフレンチFURUKAWAYA(フルカワヤ)さんでした。

KIMG0792a.jpg
期待が高まります。

何もかも、全~~~部、とても美味しかったです。
ワインも夫に選んでもらって、2本。(ブルゴーニュとボルドー)
いつものメンバーとの、楽しく美味しい時間でした。
KIMG0793b.jpg
KIMG0794c.jpg
KIMG0796d.jpg


私の体調は以前の70%
でも、こうして美味しいものを美味しい! と感じ
力尽きてダウンすることはあるものの、
充分に、日々の生活を楽しめているのですから、
有難いことです。

旅行の話しで盛り上がり、マチュピチュに行くために、
積立をしよう、ということになりました。
夫は、ペルーやボリビアに旅行したことがあり、
マチュピチュのこともみんなに話してくれました。
元気で私も参加できますように。

どのお料理もとてもグレードが高いと思いましたが、
特に印象に残っているのは、デザートのごぼうのロールケーキでした。
KIMG0797e.jpg
写真の一番奥の茶色いロールケーキです。

滝野川ごぼうを使っているそうで、ごぼうの香りがしました。
お土産用もあるそうで、友人が購入したのですが、
長さが40㎝あるそうで、まさにごぼうのように細くて長い。
お値段も手ごろ。
今度私もお土産に利用しようと思いました。

近いし、また行きたいお店になりました。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村





18:07  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.21 (Thu)

奨学金についての学習会

昨日の記事を書いていて、2012年に参加した、
中京大教授 大内裕和さんの学習会のことを思い出しました。

アラフィフ世代のイメージする奨学金とは、
大きく様変わりしていて、本当にビックリしました。
日本育英会はなくなって、
日本学生支援機構が行っているそうですが、
無利子の貸与を根幹として、有利子貸与はその補完装置で財政が好転したら
廃止も含めて検討する、という付帯決議が付いたのに、
廃止どころか、無利子を借りることは、
ほとんどできない現状になってしまいましたね。
利子は3%。定期預金より利率が高い!
と当時私はびっくりしました。

奨学金を借りた人たちが返済困難に陥る理由、とか
現在の大学生の仕送り額が減り続けていること、とか
世帯年収が減少し続ける中で、大学の学費は上昇しつづけていることなど
厳しい現実の話をたくさん聞いたのですが、全部をここに書ききれません。

特に印象に残ったことをご紹介します。


努力すれば何とかなる、というのは戦後経済発展や進学率上昇を支えて来た考え方ですが、スタートラインの平等が確保されていて、努力できる環境が存在し、努力が報われることが期待できる時代にはじめて意味をもつものです。
努力しても困難な時代にそれを言うのは、構造的視野の欠如の結果と言わざるを得ないでしょう。
努力することが困難な条件に置かれた人間はどうしたらいいのか?
スタートラインの平等は問われなくていいのか?
これらの問題を「個人化」し、自己責任論が広がっていく危険性を認識しなければなりません。
 大学へ進学することが、就職や、その後の人生に有利になるわけではなく、学費負担が受益者負担とはならない現実もあります。1990年前後では大卒者の就職率は90%程度でしたが、2000年前後には60%に低下し、2009年の4大卒の就職率は77.9%でした。この中には、「名ばかり正規」も「ブラック企業への就職」も含まれています。奨学金の滞納者情報は債権回収会社へ回され、さらにブラックリストに登録されている人が10000人を越えて居ます。
 今の奨学金は、奨学金として機能していません。
 適格者が無利子奨学金を借りることができない。
 将来の返済不安から借りることが抑制されている。
 卒業後の返還の困難さがその後の生活や人生を左右してしまう。
これからの奨学金に求められるのは
 一定の年収以下の人には返済を免除・猶予して、特に猶予5年の上限は撤廃して本人の年収基準にすること。
 借りたお金は返済するにしても、有利子ではなく、無利子にする。
 学費を無償化するか給付型の奨学金を導入する。

***
日本の学費の高さと、奨学金制度の貧しさ(というかサラ金みたいな制度)
というのはOECDの中で最悪と言えるのだと思います。

個人の節約や努力を越えた問題があると感じました。
ご興味があれば。参考文献です。


岩波新書 こどもの貧困  阿部 彩 著
青土社  教育と格差社会 佐々木 賢 著
岩波新書 反貧困  湯浅 誠 著
明石書店 こどもの貧困白書 湯沢直美ほか編




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:37  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.20 (Wed)

お父さんになったんだね!

今年の1月に父親になったばかりの
新米パパK君から相談を受けました。

学資保険とか、いつ頃からいくらくらい準備した良いのか、というものでした。
資料を取り寄せたり、調べたりしたそうなのですが、

幼稚園から私立に行って、大学までだと○○円。
中学から私立だと○○円とか、なんだか信じられない金額で・・・
どうしたら良いのか、ということのようでした。

私も同僚のAさんも、学資保険で準備していたので、
二人で参考になれば、と少し話してあげました。

長男が生まれてすぐから学資保険を始めたこと。
夫が会社を辞めて独立したばっかりだったから、
たいへんだったけれど、それでもスタートして、
余裕ができてから、掛け増しをしたこと。
小、中、高と地元学区の公立だったから、余裕があったこと。
浪人して、予備校代は余分にかかったけれど、国立大だったことと、
自宅から通学できたのでとても助かった、と話しました。

小学校受験のために、幼稚園の他に塾通いをしているお子さん、
小学校の低学年から中学受験の塾に通っている子どもの話など、
K君は普通に地元の小・中で都立高校じゃダメなんですかね。
と心配そうでした。
(個人的には、ちっともダメじゃない、と思っています。)

いろいろな考えがあるのでしょうが、
私は親の経済力の差で、受けられる教育内容に格差ができてしまうのは、
社会の在り方として、間違っていると思っています。
義務教育は義務でもあるけれど、学ぶことは権利でもあるわけで、
せめて義務教育の間は公教育の場で、勉強がわからなかったら
わからないから、教えてほしい。理解したい!
と声をあげられる、それが許される学校であって欲しいと思います。
子どもも自ら、中学生くらいになったら、
どういう進路に進みたいから、どうしたら良いのか、教えてほしい、と
自ら声をあげられる子どもであって欲しい、と思っています。
育つ力はどの子にもあるはず。
夢を諦め、学ぶことを止めてしまう子どもたちに、
手を差し伸べられる社会、大人でありたいと思うのです。

K君、出来る範囲の準備をコツコツしてあげるのは、
子どもの将来のためにとても大切なことだと思います。
あっという間に時間は過ぎて行きますから。
でもね、そこから視点を広げて、
親の援助の無い子どものことも考えてみてもらいたい、と思うのです。
日本の奨学金制度はどうなのか。
子どもの貧困はどういうことに成っているのか。
社会全体で子どもを育てる、そんな社会的な視点をも持って、
親としての歩みをしていって欲しいと希望しています。
どんな命も等しく大切な、かけがえのないものなのですから。

20150413_140512a.jpg
夫がK君のご自宅に寄らせていただいて、抱っこさせていただいた時の写真です。
幸せそうな夫と、緊張している赤ちゃん。
ちょっと笑えます。

親としての歩みがはじまったK君。
ガンバレ! お父さん!






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:18  |  仕事の周辺  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.19 (Tue)

アトリエ花*花さんのお花

アトリエ花*花さんが、会社の階段室のお花を交換して下さいました。

KIMG0789bb.jpg

写真が暗いのですが、とてもゴージャスです。
階段室がパッと明るくなったように感じます。

もうひとつは、カウンターの上のお花です。
KIMG0791cc.jpg

外から帰って来た時に、いつも目に入り、心がなごみます。
我が社を訪ねて下さる方たちにも、
一服の清涼剤になるのでは、と思っています。
我が社の人の出入りなど細かくリサーチして、
丁寧につくって下さっています。

昨年末、入院する時は、クリスマスの飾りでした。
きらびやかなリースに頑張って!と励まされるような気持ちでした。
そして、退院し帰宅した時には、新年の飾りになっていました。
病気は去年のこと。新しい年は、心機一転。元気に迎えましょう。
そんな気持ちになれる、凛としたお花たちでした。

なんだか、ほんのり泣きそうだったのでした。

通院などで、皆さんにお見せしないまま、
季節が進んでしまったのですね。
なんだか残念。

お花のご要望は、是非、お声をかけて下さい。
つくって下さる方の人がらがあらわれるのだと思います。
(・・・なんだか写真がうまく撮れていないですね。実物はもっとステキです)




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

17:11  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.18 (Mon)

弟に誘われて、ゴルフコンペ

昨日の日曜日、夫と一緒に
弟の関係先のゴルフコンペに参加してきました。

弟が手術を受けた時、我が家と行き来が無く、
昨日のメンバーの中のある方に、保証人をお願いしたのだそうです。
あとから知りました。

改めて、遅まきながら、私はお礼をお伝えしたかった。
そして、幸いなことに、その方と二人になる時間にも恵まれました。


今、元気になって、楽しそうにしているので、
本当に良かった、と思っていること。

姉に誘われてこれから食事に行くんだ、とか
甥っ子が結婚したからお祝いをあげなくちゃ、とか、
良く話していますよ。
今回も、ゴルフに来てくれるんだ、と張りきっていましたよ。

と言っていただいた。

こういう人が、弟のまわりに居て下さったことに、
弟はもちろん、私も救われるような気持ちがしました。


何が悪かったのか・・・などと原因探しをしてみても、詮方ないこと。
ただ、ああいう時間も必要で不可欠だったのです。


お天気にも恵まれて、もう一人加わって下さった方とも
とても和やかにラウンドできたゴルフでした。


おまけ

往復とも、バスの送迎つきだったので、とても楽チン。
帰りは、バスでお相撲を見ながら、ビール。
最高でした。

そしてもうひとつ。
私、アウト、イン共にドラコン賞をとりました。
それからニアピン賞1一つ。
KIMG0787aa.jpg

夫も弟も、レディースティーからだもん。ズルイ!! と言っていましたが、
病み上がりのレディーだもん。(ウソじゃないし)

私、超上機嫌でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



13:27  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.15 (Fri)

ちょっと余裕ができてみると・・・

昨日は、息子たちにかかる手間暇が軽減されて、
少しばかり余裕ができた、と書いたのだけれど、
息子たちが居ない時間が増えた、ということは、
とりもなおさず、夫と二人の時間が増えたということで、
これがなかなか厄介な心理的影響を私めにもたらしております。

新婚時代は、二人で居ることに何の違和感もなかったのに、
苦節30年超の時間が経つと、会話も乏しくなるものなのですね。


以前ここにも書いたと思うのですが、
夫のヒマラヤ行きとか
旅行先からの1人帰宅とか、
私が傷ついたいろいろな出来事が、
普段の生活では、心の中に深く沈澱しているのに
何かの拍子に表面に浮き上がって来るのです。
息子たちが居れば、そんなこと思い出すヒマも無かったのに、
夫と二人でのちょっとした瞬間に、掻きまわされると、
浮かびあがって蘇って来る・・・

執念深い私は、忘れることも、受け入れることも、できていないのでした。
蘇る怨念。
こうなると、二人が楽しいはずもなく、
喧嘩に成るか、諦めてだんまりか。
・・・でも、そんなふうには暮らしていませんよ。
こういう気持ちも心の奥深くにしまいこんでいますから。

お互いに(ここのところ大事です)、思いやりのある
二人の時間を持てますように、私を導いて下さい、
と祈っています。

私、裁判官みたいなのです。
夫が悪い!! と心の中では言いまくっている時があるのですから。

人をさばくな。自分がさばかれないためである

なぜ兄弟の目にあるちりをみながら、自分の目にある梁を認めないのか。
自分の目には梁があるのにどうして、兄弟にむかってあなたの目からちりを取らせてください、と言えるのか

まず自分の目の中から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。

聖書の言葉を噛みしめて、今日も二人のようです。

私、ヤナヤツ。(自分で思ってます) 涙




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



16:31  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.14 (Thu)

息子たちの子育て・ちょっと余裕ができて思うこと

我が家に残っている息子二人は、
このところ、とみに忙しくしています。
次男は研究室に泊りこみになることが多く
三男も、アルバイトが無い日は図書館で粘っているようで、
帰宅も遅く、夕食も家で食べることが少なくなりました。

家事全般、息子たちにかかっていた手間は、どれだけだったのだろう。
減ってきたなぁ、というのが実感です。

彼らが育ってくる課程では、時間的にも、精神的にも
自分が試されているように感じることが多々ありました。
親であることを諦めてしまいたい。そんなふうに思って、
子どもたちと、どう心を結びあったら良いのか、
わからなくなった時期もあったのです。
三者三様。それぞれが膨大なエネルギーで挑んでくる。
そんな感じでした。
私は鬱病になり、家事が何にもできない時もあったのです。

でも、今がある。

転機になったのは、長男を家から出して、一人暮らしをさせたことでした。
不満があるなら、さっさと家を出れば良いのに、出て行かなかった息子。
そんなに傷つけられて鬱病にまでなったのなら、追い出せばよいのに、
そうはしなかった、できなかった私。
お互いが、お互いに依存しあい、相手のせいだ、
と言いあうだけの関係だったのかもしれません。
期限を切って、独立しなさい、と実行させた私は、
えらかったなぁ、と自分で思っています。
あの判断、行動がなかったら、
今の息子たちとの関係は、無いような気がしています。

私と彼らのバトル、子育てが、正しかったのかどうか、正直わかりません。
けれど親であり続けることを投げないで、
彼らを受けて立った、という自負は、
今の私に安らぎを与えてくれています。
身を挺して、親をしてきたのです。
育てたようにしか育たないし、自分の生きざまの映し鏡、とは言っても
悪い所ばかりではなく、夫と私の何がしかの心も伝わっている、
と思えるのです。

後は、社会に育てていただくのみ。
生きる軸足になるように、神の導きがあり、信仰を持てますように。

そう、祈り続けるのが、今の私です。








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:20  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.13 (Wed)

病院で診察

昨日は病院の日でした。


体調は?
すこぶる快調です。

気になることは?
何にもありません。

心配なことも?
ありません。心配しません。

そう言って、何故だか主治医の先生と一緒に笑いました。

何かあったら、すぐに連絡して下さいね。
と念押しをされはしましたが、
診察の結果、次回は3カ月後になりました。

次の診察まで3カ月、きっとこのまま何にも無いはず。
と確信して病院を出ました。


お庭には、つつじがたくさん咲いていました。
手術して、通院していたのは真冬。
こんなに綺麗な花が咲くなんて、思いもしませんでした。

少し寄り道して、歩こうかな、とも思ったのですが、
風が激しくて、雨もバラバラと降ってきて諦めました。

台風が接近中、とはいえ通院の間隔が空いて、
私はご機嫌さんで帰宅しました。

本当に、このまま何事もありませんように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:29  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.11 (Mon)

母の日は、少し淋しい

昨日は母の日。
当然ながら、息子たちからは何のアクションもありませんでした。
夫が音頭取りをして、母の日や敬老の日をしよう、
ということがなかったので、我が家の習慣としては残って居ないのです。

夫の両親や我が母親には、私がプレゼントを送っていました。
鬱病になった時1度だけ、息子たちと夫、みんなから
母の日のプレゼントをもらったのでした。
その時1回だけ、夫が声かけをしてくれたようです。

昨日は、カーネーションの花を持った若い人を見かけたり、
スーパーに買いものに行っても、母の日、とPOPがつけられた
お菓子や食材などが目に付きました。
昔は、もっとずっと淋しい気持ちで過ごしていました。
義母や母にプレゼントをしてるのに・・・私には何にも無いの?
ひどいじゃない、と思いつつも、その気持ちを口に出すことはありませんでした。
・・・そして今に至っています。

昨日の夕食は、家族のリクエストメニューの料理をつくり
最後の筍も煮物にしたり、糠床の手入れをしたりと大忙し。
でも、私の母の日はこんなものだろう、と思っています。

母親が感謝される日、というよりは、
母になれたことに感謝をささげる日なのだ、と最近の私は思っています。

我関せずの夫は、本当に、何にも感じないのかもしれません。
筍とクレソンと牛肉のパスタがとても美味しい、とご機嫌でワインを呑んでいました。

我が家には父の日の習慣もありません。
私、意地悪かな?



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:13  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.10 (Sun)

今年後半の予定は・・・

ゴールデンウイークが終わっても、
名残の山菜料理やら、たまった仕事やらで
バタバタと落ち着きなく過ごしていましたが、
今日、教会へ行き、礼拝に出席して、
ようやく落ち着きを取り戻したような気がします。
盛りだくさんの1週間を守られて、礼拝に集うことができました。
また新しい1週間を、真摯に歩むことができますように。



土曜日に学習会の会議に出席したら、
秋の総会や公開学習会の予定などが、どんどん決まってきました。
自宅のカレンダーに書きこんでいくと、仕事の予定や
家族の予定もあって、なかなかの充実ぶり・・・でした。
さらに、遊びの予定も入れたい私。
体調のことも考えると、欲張りすぎるのでしょうか?
実は9月の連休が気になっているのです。
ミャンマーの息子夫婦のところへ行こうか、どうしようか、と。
次男、三男と一緒に行くとなると、今年がラストチャンスかな、
という気もして、悩ましいのです。





それにしても時間は飛ぶように過ぎて行きます。
あっという間に、今年も5カ月過ぎていきました。

どんな時間が今年のこれからに用意されているのでしょうか。
良い結論が導けますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:07  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.08 (Fri)

今朝の気持ち

今朝は5時前に起きだして、山荘で仕入れたウドの料理。
酢水にはなしてからウォーキングに行き、
セーターを洗い、朝食とお弁当の調理。
その間にラジオ体操もしました。

ウドの皮のきんぴら。
KIMG0780aa.jpg
私はシャリシャリと歯ごたえを残します。



釣りで遊び、山菜を採り、果物狩りをして・・・
その後はいつも料理がついて回っていました。

息子たちも夫も、収穫物が食卓に並ぶのは当たり前、
と思っているフシがあります。

自分も美味しいものをいただきたいのだし、
恩に着せるつもりは無いけれど、
タマには、有難う、とか美味しい。
とか言ってくれても良いのにな、
と、山菜のあくで黒くなった指先を見ながら思った朝でした。

手づくりピーナツバターも、栗の渋皮煮も、栗ごはんも
つくらなくても、誰も、何にも言わないし、
そもそも気付かないかもしれないな・・・涙



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:10  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.07 (Thu)

弟との時間

山荘で、みんなが登山に出かけた後、
弟と二人になる時間があった。

二人で食べる、のんびりとした朝食。
何年ぶりか? もしかしたら、初めてかもしれない。
この水は旨いなぁ。コーヒーの味が全然違う。
と弟はゆっくりと味わっていた。
朝は食べずに出る、と言っていたから、
なおさら、美味しく感じるのかもしれない。

二人でゴルフ練習場にも行った。
そこは、北アルプスの山々に向かってスウィングする、私のお気に入り。
弟も気持ちが良いなぁ、と言ってにっこり。

大町市内のしにせのお蕎麦屋さんにも行った。
蕎麦つゆはもう少し、辛い方が好みだ、とか
昨日のお蕎麦屋さんの方が良かったね、
などと、二人で蕎麦談義。
東京のお気に入りの蕎麦屋さんを何件か教えてくれて、
弟は、蕎麦が好きなのだ、と初めて知った気がした。


行き来の無かった時間の生活は、どんなものだったのだろう?
お互いに、あらためて問うことはしないでいるけれど、
言葉の端々から、それとなく想像を巡らせている。

辛い経験をしたからこその今。
また姉弟で交流できることを、幸せに思っているに違いない。
私はそう思う。

母親のこともちょっと話題にした。
マサコを改名して、マサカだよ。
と弟は笑いながら言っていた。
私は笑えない。
マサカのせいで、あなたは行き来が無かったのではないか。
でも、その言葉を呑みこんだ。
弟はもう、母とのあれこれを乗り越えたのだろうか? 


たっぷりと時間はあったけれど、核心には触れなかった。
これからの時間で取り戻せば良いのだから。
もう母は居ないのだ。
きっと時間が、癒してくれるだろう。
仲の良い姉弟になろう。
そう思った。

登山組が帰って来るまで、そんなことをつらつらと考えながら過ごし
一緒に夕食の用意をし、彼が差し入れてくれた、モルトをチビチビ呑んで
程よく酔いが廻った頃に、夫たちは帰還。

思いがけない弟との時間だった。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:33  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.06 (Wed)

ゴールデンウイーク、終了です。

山荘から帰ってきました。

小屋の廻りでは蕗のとうとコゴミを収穫しました。
蕗のとうは天ぷら、コゴミはさっとゆでてマヨネーズとか、
かつおぶしにお醤油でいただきました。
春の香りが口の中に広がって幸せでした。
KIMG0769a.jpg

KIMG0770b.jpg

山荘に来て、山菜をいただき、少し歩くのが私のゴールデンウイークの定番でした。
また戻って来ることができました。
胸一杯に深呼吸して、嬉しさを噛みしめました。

野生のかもしかに遭遇し、林の木の上には、親子の猿がいました。
かたくりの花が咲き、山ザクラも咲いていました。
ハラハラと風に舞う桜の花びらの中で、ゆっくり歩きながらの山菜採り。
若葉色の木々は芽吹きの季節で生命力に溢れていました。
鳥の鳴きと、川の流れの音が今も耳によみがえるようです。

完璧に調和して美しい自然。
そこに居るだけで、癒され、蘇るような気持ちでした。


帰り道で少し野菜や山菜を購入して、下ごしらえ中です。
KIMG0775c.jpg
KIMG0776d.jpg
KIMG0778e.jpg

今夜のメニューは何にしようかな。

明日から、また元気に頑張りましよう。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村




18:52  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.04 (Mon)

山荘生活

山荘に居ます。
鹿島槍の登山口への道を散策しました。
可愛らしい花を眺め、鳥の鳴き声を聞きなから、
ゆっくり歩きました。
オゾンが一杯。それだけで癒されます。
途中で猿の親子に遭遇し、山荘では
カモシカがすぐそばまでは来ていました。
20150504170519568.jpg
20150504170520122.jpg

17:10  |  山・山岳部  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.01 (Fri)

ゴールデンウイーク

金曜日、週末・・・まだ、仕事をしています。
3日からは、暦通りにお休みでゴールデンウイーク。
待ち遠しいです。

今回は、山荘へ行きます。
昨年は、お正月休みに雪の山荘に行きたい、とずっと思っていたのに、
まさかの入院手術で行けなくなってしまい、本当に久しぶり。
今回は、やっと帰れる、そんな気分です。

蕗のとうをたくさん採って、天ぷらをつくろう。
軽くハイキングもして、温泉のはしご。おそばも食べなくちゃ、
と考えるだけでウキウキです。
緑の空気の中を歩くのは本当に気持ちが良いのですよ。
山岳部の先輩や後輩に会えるのも楽しい時間です。


母を見送って、私たち夫婦には、気にかかる親は居なくなりました。
次男は基本、研究室で、1日は知人の結婚式に出席。
三男は、アルバイトと図書館、もしくは、家なのだそうで、
出かけるのもずいぶん身軽になりました。
冷凍ストックのカレーやハンバーグなどを
自分たちで調理して食べることもできるし、買い物も困りません。
留守をするのもラクチンです。

で、気になるのはやはり、長男たちです。
便りが無いのは元気な証拠、心配してもしょうがないのだけれど、
やはりどうしているだろう、と考えます。
時々、ミャンマー駐在や、海外駐在の方のブログを読ませていただくのですが、
息子より、お嫁さんが、どうしているかしら?と気になります。
日中1人で淋しくないだろうか?
息子がミャンマーの国内出張に行っている時はどうしているだろう。
停電で真っ暗な夜は心細いのではないか・・・
具体的には、何にもしてあげられないので、
毎日、東京の空の下で、祈っています。

あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。
神は真実である。
あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、
試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。
コリント人への手紙第一第10章13節

わかっています。でも、なるべく試練は少ないようにお願いします。
二人をお守りください。

山荘に行っても、どこに居ても
手はかからなくなっても、
息子たちは気にかかります。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:36  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |