FC2ブログ
2015年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015'05.15 (Fri)

ちょっと余裕ができてみると・・・

昨日は、息子たちにかかる手間暇が軽減されて、
少しばかり余裕ができた、と書いたのだけれど、
息子たちが居ない時間が増えた、ということは、
とりもなおさず、夫と二人の時間が増えたということで、
これがなかなか厄介な心理的影響を私めにもたらしております。

新婚時代は、二人で居ることに何の違和感もなかったのに、
苦節30年超の時間が経つと、会話も乏しくなるものなのですね。


以前ここにも書いたと思うのですが、
夫のヒマラヤ行きとか
旅行先からの1人帰宅とか、
私が傷ついたいろいろな出来事が、
普段の生活では、心の中に深く沈澱しているのに
何かの拍子に表面に浮き上がって来るのです。
息子たちが居れば、そんなこと思い出すヒマも無かったのに、
夫と二人でのちょっとした瞬間に、掻きまわされると、
浮かびあがって蘇って来る・・・

執念深い私は、忘れることも、受け入れることも、できていないのでした。
蘇る怨念。
こうなると、二人が楽しいはずもなく、
喧嘩に成るか、諦めてだんまりか。
・・・でも、そんなふうには暮らしていませんよ。
こういう気持ちも心の奥深くにしまいこんでいますから。

お互いに(ここのところ大事です)、思いやりのある
二人の時間を持てますように、私を導いて下さい、
と祈っています。

私、裁判官みたいなのです。
夫が悪い!! と心の中では言いまくっている時があるのですから。

人をさばくな。自分がさばかれないためである

なぜ兄弟の目にあるちりをみながら、自分の目にある梁を認めないのか。
自分の目には梁があるのにどうして、兄弟にむかってあなたの目からちりを取らせてください、と言えるのか

まず自分の目の中から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。

聖書の言葉を噛みしめて、今日も二人のようです。

私、ヤナヤツ。(自分で思ってます) 涙




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



16:31  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |