2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015'07.31 (Fri)

誕生日の朝

昨晩、三男が帰ってきました。

従って、本日はお弁当が三つです。

KIMG0907bb.jpg

いったい、何年こうした朝が続いてきたのか・・・
平平凡凡。
ジミに毎日同じことを繰り返して、
その積み重ねが私の人生になるのでしょう。

一つ、年をとりました。
既に父の生きた年を越え、相当な年月が経ちました。
弟が還暦を迎え、私も元気だったら、
その時は弟と二人で盛大に祝おう、と密かに思っています。


若かりし頃は、
だれだって、ただ生きていれば年をとるのに、
何がいったい目出度いって言うのさ、
と自分の誕生日に白けていた私。
父亡き後の、母とのあれこれで、ずいぶんと屈折していたのです。

でも、今がある。
私ひとりでは、たどり着けなかった今。
病気になったりしたけれど、こうして年を重ねられたのは、
守られ、導かれ、支えられて、の今なのだ。


また1年、年を重ねられますように。
私も家族もみんな頑張っているよ。
できれば・・・お父さんに、会ってもらいたかったな。
早死にしちゃうから・・・

そんなことを思った、誕生日の朝でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


16:40  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.30 (Thu)

真夏の夜のヘルシーなホロ酔い

夕べはいつもの皆さんと、いつものお店「しゅくりあ」さんで食事会でした。

平日限定のお野菜コースを初めていただきました。

自家菜園で収穫されたお野菜を主体に、市場から調達したものも混ざっています。
KIMG0897a_20150730173300fab.jpg
ジャガイモと豆乳の冷たいスープ・もろへいやのお浸し・ゆば・いんげんのずんだあえ
そして、とうもろこし豆腐(私の大好物)・万願寺唐辛子

桃がアクセントのサラダ
KIMG0898b.jpg

水茄子の造り
KIMG0899d.jpg

ズッキーニの焼き物 木の芽みその味もさわやかでした。
KIMG0900e.jpg

何もかも、みんなとても美味しかったです。
改めて、お野菜の美味しさを感じました。

ワインは最初はご主人お勧めの富山の醸造所のシャルドネ白。
揚げ物(野菜の春巻き)の時に赤。これは甲州のワイナリー。
計2本で、どちらも素晴らしいお味でした。

KIMG0903e.jpg
もうお腹一杯、と言いながら、このとうもろこしご飯も完食です。
プチプチと甘いとうもろこしがアクセント。
その後、自家菜園で収穫したすいかなどのデザートをいただき、酵素ジュースまでいただきました。

丁寧にお料理して下さるしゅくりあさんに感謝です。
野菜のパワーと、お料理をして下さるご主人の心に、元気になった気がしました。
やさしい食事、というのでしょうか。
丁寧な料理に癒されて、心にも栄養が行き渡るような、そんなお料理です。

ホロ酔いで、のんびり歩いて帰宅。
いろいろあるけど、徒歩圏にしゅくりあがあって幸せだ~!
とご機嫌で帰宅しました。






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:07  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.28 (Tue)

小諸の寄り道

先日上高地に行った時は台風の影響を受けて、
登山の予定を中止して、マンズワインの小諸ワイナリーに寄り、ワイナリーの見学をしてきました。

まずプロモーションビデオを見て、それから実際に葡萄畑や工場を見学しました。
シャルドネの葡萄畑は、雨の多い日本の気候に対応するために、
レインカット方式という屋根を掛けて栽培するそうです。
青々と葉が茂る葡萄畑は、栽培する方の丹精のたまものなのだ、と思いました。
熟成庫はガラス越しに見学したのですが、
うっすらピンクがかってい.る樽もあり、中には赤が入っているのかな?
などと想像しながら見学しました。
自然と時間、それにかかわる人の情熱が美味しいワインをつくるのですね。

お楽しみの試飲もしました。
夫は首から「ハンドルキーパー」の札をぶら下げて、アルコールの試飲はダメ。
葡萄ジュースとか、ワインビネガーの試飲をしていました。(残念でした)
私は、しっかりイロイロ試飲させてもらいました。
極まれに、こんな時は、免許が無くて良かった、などと思います。
私の好みでワインを購入して、雨の上がったお庭を散策しました。

万酔園という広い日本庭園がありました。
ここを見学する人はほとんど居ませんでしたがお勧めです。
小道に敷かれたタイルは葡萄の模様があり、特注で焼いた物なのでしょう。
こんな可愛い道祖神もありました。
dousojina.jpg
わかりにくいかもしれませんが、男性は、ワイングラスを持っていて、
女性はワインを注いでいるのです。

お庭の中にはお茶室やあずま屋がありました。
KIMG0881b.jpg
根曲がりの木を使っていて、どういう建物なのか、
夫が細かく解説してくれました。見応えのある見学ができました。

隅から隅まで良~く見学したのですが、途中で地下への入り口を見つけました。
関係者以外立ち入り禁止の立て札。築山の下がワインセラーになっているようです。
どんな美味しいワインが眠っているのだろうね?
などと話しながら散策しました。
KIMG0887c.jpg

見学もすべて無料でとても楽しめました。
チャンスがあれば是非。お勧めです。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:35  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.27 (Mon)

妄想の夫婦二人の食卓

今週は、大学に泊りこみになりそうだ、
と言って出かけて行った三男です。
次男も不在ですから、夫と二人だけ、ということになりました。

月末だし、仕事に追われているので、ラッキーです。
息子が居ないと、気楽なのです。
彼らの帰宅時間に合わせて、
ボリュームのある、野菜たっぷりの、好きなメニューで・・・
などと考えて、あたふたと用意していたのですから。
夫と二人なら、残りものでいいや、となり
時間が多少ずれても待ちきれない、などということもないし、
いざとなったら、チーズとバゲットに赤ワインでOKです。

でも、二人だから何か美味しいものを食べよう、と言う夫。
(心の中で、残りものでいいや、と思っているのは内諸です。)


月末を乗り越えたら、二人になって余裕のできた分、
丁寧に食事の準備をしてみたい、とも思います。

皮から手づくりの餃子
自家製チャーシューで冷やし中華。
手づくりタルタルソース、ピクルスから手づくり
ベシャメールソースをつくって蟹のクリームコロッケ
などなど、二人分じゃなければやってられません。

でも、本日は・・・ありあわせです。

さらに、二人で料理するのも良いかもしれない、とも思っています。
夫にも、料理を覚えてもらい、二人の食事の用意をしてくれる・・・
なかなか素晴らしいアイデアです。

妄想はふくらんでおりますが、実現することは・・・
あるのかな?





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:47  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.24 (Fri)

次男の教習所・そして思う事

次男が行った新潟の教習所を、ネットで検索してみました。
スクールバスを運航して、県内各地の大学や専門学校、
最寄り駅からも送迎をしているようで、規模の大きい教習所、という印象です。
ホテルは燕三条。ホテルまでの送迎付で、三食付。
至れり尽くせりで、かなりお得なプランのように感じました。
新潟の美味しいもの食べてくる、と出かけて行ったのですから
夏休みの旅行のようなニュアンスもあるのでしょう。
頑張って、ちゃんと免許が取得できますように。

免許をとって帰宅したら、都内で運転の練習をしなくちゃなりません。
長男の時も、三男の時も、夫が付き合って、夜や休日に練習していました。
今度もそうなるのでしょう。時間を確保して、付き合ってやって欲しいです。
そして8月下旬から、アメリカ。
いきなり左ハンドルだし、国際免許も間に合うのだろうか?
それにどんな保険をかけておけば良いのだろうか??
と、母としては気がもめます。

でも、今回は、少し手出し口出しをしないで、様子を見ることにしました。
いろいろ全部自分で手配したのだし、もう本当にオトナなのですよね。(と思いたい)
保険に加入すること、とだけ言って見守りましょう。

三男も夏休み中ずっと研究室に行く、と定期券を購入しました。
進学を見据えて、彼もちゃんと歩んでいるようです。

それぞれの夏が実りの多いものでありますように。



ところで保険といえば、
頼りにしていた担当だった方から、
病気療養で休職のお知らせをいただきました。
そしてまた、ブログのつながりで、日々の更新を楽しみにしていた方が
ステージⅣの癌で入院されてしまいました。

試練の時に、どのように希望を持ち、日々生きて行けば良いのか・・・
癒しと慰め、そして守られますようにと、祈りをささげています。



ごらん木の上の鳥を いつもきれいな歌
主への感謝の心よ うれい知らずのどか
ただ主への賛美を

播かず 刈らず 争わず 将来を労せず
心喜びに満ちて つぶやきあらずして
悩み苦しみ無し

夜明けの歌を歌おう 仕事終えるも歌
静かな夜のとばりよ 安らかな木の上
天の星きらめく

感謝せん鳥のごとく なげき悩むときも
主のあわれみ深ければ 神の愛する子よ
父の胸の中に

大好きな讃美歌です。フィンランドのものだそうです。

週末ですね。
1週間、お疲れ様でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:58  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.22 (Wed)

慌ただしかった休暇

海の日の連休前に、休暇をとっていたので、
16日から20日まで、5日間もお休みだったのですが、
何故かとても慌ただしかった印象です。

お休みの前日は、青山斎場でご葬儀がありました。
長くお仕事をさせていただいているお客様の社葬でした。
お元気だった頃の遺影と立派になられたお孫さんたち。
長男と一緒にキャンプしたのはどの方なのか、
もうわかりませんでした。
・・・時は流れる。
子どもたちの成長が悲しみを癒すのでしょう。


そして台風の中出かけた上高地。
静かな別世界を味わいました。
もう、ずいぶん遠い日のことのように感じます。

そして、お休み明けの忙しさをどうにか乗り越えて、
本日は、次男が運転免許の合宿に出かけて行きました。

あっという間に月末ですね。

追い立てられるような気持ちではなく、
仕事ができることを感謝できますように。
そして心静かに一日を終えたいものです。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:29  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.19 (Sun)

上高地

台風の影響で大雨の東京を出発して、上高地へ行きました。
上高地に1泊して、西穂に登山の予定でしたが、登山は中止しました。

上高地は、雨が降ると言っても、降ったり止んだり。
しとしとと優しい雨の上高地でした。

KIMG0860a.jpg
KIMG0866b.jpg
大正池から歩いたのですが、しっとりとした木々の間を
ゆっくりと歩き、たっぷり、ゆったり森林浴をした気分でした。
幻想的な風景でした。
KIMG0862c.jpg
美しい。

上高地ではもう一つの楽しみがありました。
宿の主、Oさんに会うことです。
KIMG0876d.jpg

フロントに居たOさんは、夫が入っていくと、飛び出して迎えてくれました。
「こんな白髪頭になっちゃったよ。」とOさんが言えば
夫は帽子を脱いで、「こっちだってこの有様だよ」と言い
「長い時間がすぎちゃったな」と言いつつも、
お互いに通じるものがあったようでした。

夕食の時にはOさんとも一緒にお酒を酌み交わしました。
お互いの子どもたちのこと、日本山岳会の学生部の皆さんの消息、
それぞれの母校の山岳部のこと、登山の思い出話や、上高地の自然のこと。
話は尽きませんでした。
Oさんも夫も経営者。
事業継承のセミナーに出て見たよ、などという話題も出ていました。

宿泊業は、奥様の役割もとても大きいのだと思います。
奥様にもご挨拶をさせていただきましたが、
お二人が助け合って仕事をされてきたのだ、というのが伝わってきました。
いろいろな責任を負い、まわりにも助けていただきながら
地道に歩んでこられたご夫婦。
なんだか感動して、励まされる思いもしました。

お互いに頑張って、一緒に歩ききりましょう。
そんな気持ちになった、西糸屋の夜でした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:16  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.15 (Wed)

お昼のNHKニュースは見たけれど

国会中継を放送しないNHK
今、この時を国民に伝えないで、何を伝えるというのだろうか。

そして、安保法案は特別委員会で可決してしまった。
昼のニュースにテロップが入った。

憲法学者 木村草太氏の
衆院平和安全法制特別委員会の中央公聴会での発言
最後の部分だけ抜粋すると
「国家は国民により負託された権限しか行使できません。軍事権を日本国政府に付与するか否かは、主権者である国民が憲法を通じて決めることです。憲法改正が実現できないということはそれを国民が望んでいないということでしょう。憲法を無視した政策論は国民を無視した政策論であるということを自覚しなければならないと思います。」

憲法学者の違憲という指摘も、世論の声も、
踏みにじられ、無視されて、進んで行く政治。
憲法違反を犯す人たち。憲法が歯止めにならない今。
恐ろしい。

木村草太・首都大学東京准教授「憲法無視の政策論は国民無視の政策論」安保法制公聴会

読んでみて下さい。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



15:03  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.14 (Tue)

ブラックバイトの話

昨晩のクローズアップ現代、ブラックバイトのことでしたね。
中京大の大内先生が出演されていました。
大内先生には何年か前に、奨学金問題のことでセミナーをしていただいたので、
なんだか懐かしかったです。

親世帯の所得は減り続け、大学の授業料は値上げされる。
仕送りは減り、奨学金は有利子。
バイトなしでは学生生活を支えられない現実が浮き彫りにされていました。
そこにつけ込むブラックバイト。
給付型の奨学金を増やすべきだ、とおっしゃっていました。
向学心のある若者を社会が食い物にしてしまって、良いわけが有りません。

新国立競技場のことを思います。
国民の大多数が反対している、あの建築に使うお金を
若者の奨学金に使えたら・・・
そう思いました。

ユニオンを結成して、雇い主と交渉している場面も出て来ましたが、
泣き寝入りしないで、頑張ってもらいたいと思います。
自分のためだけではなく、次に続く人たちのためにもなるのです。
正しく声をあげることは、必要なことだと思います。




ところで台風が近づいていますね。
私は16日から上高地~西穂という予定だったのですが、
どうも16日は直撃のようです。
でも、西糸屋さんまでは行こう、と思っています。
夫と西糸屋のOさんは、学生時代、
日本山岳会の学生部で一緒に活動していました。
当時学生部で一緒だった皆さんが
我が家に来て下さった時の写真が家にあります。
まだ子どもが居なかった、大昔の写真。
持って行って、Oさんと懐かしい時間がすごせたら、
と思っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:54  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.13 (Mon)

ご近所の食べ物やさん

昔は我が家の近所にも、いろいろなお店がありました。
でも、最近は、飲食店も含めて、個人のお店は激減です。

ご近所で外食するお店の開拓は、今までより少し歩く距離が増え、
それなりに日々気をつけてアンテナをはっていないと、
見つけることができなくなりました。

週末、夫と二人だったので、
目星をつけていたお蕎麦屋さんに行ってみました。

当りでした。
KIMG0858a.jpg

お蕎麦も美味しく、肴も。
夫は日本酒が進んでいました。

でも、私たちが居た間に、来店した人は御一人だけ。
だあれも居ない、淋しい店内でしたが、タマタマ空いていたのかな?
・・・そう思いたいです。

昔の我が家のまわり、
肉屋さん、魚やさん、八百屋さんはもちろん、
パン屋さん、お茶屋さん、乾物屋さん、釣り道具屋さんなんかもありました。
もちろん食べ物屋さんもけっこうな数があったのです。
お蕎麦、寿司、中華、定食、洋食屋、かき氷とか今川焼のお店、
鰻屋さん、居酒屋さん、豚カツ屋さん・・・ちょっと思い出しても
これだけのお店が思い浮かびます。
そこそこにぎやかで活気があったのです。

お店のご主人、奥さん、お店の人たちとのあれこれ。
外食や出前が嬉しかった、子ども時代のなつかしい思い出です。

デリバリーのお寿司やピザ、やっぱり味気ないですね。

今、お店は激減して、コンビニとかタイ料理、
中華のお店が少しあるだけです。
そして、マンション。
街はどんどん変わりますね。

また、ご近所に良いお店がみつかりますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

18:35  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.10 (Fri)

息子の本のヤマを見て思った事

夕べは外出を控え、静かに静養(?)しよう、と思って
息子の残していった本の山を物色してみた。
おびただしい量の本。いつか処分しなければ、とは思うけれど
長男は、文学部哲学科。
本を読むのが仕事みたいなところがあったのだから、
たまってしまうのも仕方なかったのかもしれない。

本を見ながら、息子の進路に大反対だった母のことを思い出した。

私の進路を決定して、絶対に譲らなかった我が母は、
長男の進路にも口出しをしたのだ。

哲学をやって何になれるのか。
あなたにそそのかされたのね。
とまで言っていた。

猛然と抗議して、以後一切、息子たちの進路に
口出ししないで欲しい。アドバイスも心配も無用と、
私はきっぱり言い切ってしまった。

私が息子たちに言っていたのは、ほんの少し。

自分の進む道は自分で決めること。
どんな道を選ぼうとも自由である。
そして学問をしにいく所だと、肝に銘じること。
就職とか、学歴賦与とか、そこが目的ではないのだ
ということを忘れない。

これだけだった。
それぞれが納得して進路を選んだのだと思っている。


哲学をやって何になる。と言った母に
哲学の無い人生も、仕事もあり得ない。
と言ったけれど、理解はされなかったし、
私は密かに、軽蔑した想いを抱いていた。

でも、これが国の政策になると、
軽蔑くらいじゃ済まないことに成るな、と思う。
文系学部の廃止が現政権で言われているけれど、
本当に、本当に呆れてしまう。
バカとしか言いようがない。
実学、職業に役に立つ、そんな教育ばかりに力点を置くのって、
まるきり我が母親と同じではないか。

学ぶことができて、良かったよね。
文科省は、ウチのおばあちゃんみたいなこと言いだしたよ。
国立大学をどうする気なんだろうね。

あれこれ本を斜め読みしながら、そう息子に話しかけていた。



以下のリンク、読んでみてください。
国立大学改革亡国論「文系学部廃止」は天下の愚策 - 内田 樹

日本の大学はどこへ行こうとしているのだろうか?




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:33  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.09 (Thu)

政治と体調

昨日のクローズアップ現代では、新国立競技場が取り上げられていましたね。
責任を取る人が居ないまま、税金は垂れ流し。
建築後だって、開閉式の屋根の保守管理には、莫大な費用がかかりそうでした。
3年前ならまだしも、今となってはこれで進むしかない、
とコメンテーターは結論付けていたけれど、なんとも割りきれません。怒
税金だから、あんなふうに、ずさんに計画が進んでしまうのでしょうか。
予算がオーバーしても、税金から補てん。
目途が立たないけれど、GO!
・・・信じられません。

憲法違反、と言われても、どんなに反対意見が多くても、
聞く耳持たず、立ち止まって考えることも無い。
空疎な言葉ばかり。
オリンピックは平和の祭典・・・って悪い冗談みたいです。
ニュース番組を見ると、元気がなくなる気がします。

ところで、今朝、病院へ行ってきました。
いろいろな体調不良は、政治のせいかもしれないし、
もしかしたら薬の副作用かもしれない、と思いました。
明日、詳しくわかりますが、どうもとりたててどこかが悪い、
というようなことではないようです。

なんとなく、不調。
病気になる、というのはこういうことかもしれません。

それでも、それなりに活動できています。
手抜きながら家事もして、会社で仕事もしています。
(デモだって参加したいくらいです。)
楽しいこと、ゴルフや登山、食事会も、やる気満々です。
焦らないで、ゆっくりやろう、とは思っていますが、
どうも、まったりペースで生活した経験が乏しくて、
やるとなったら全力投球。無駄な根性を発揮してしまいます。
この点は改めないと。と反省しています。

ご心配いただいた皆様、有難うございました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:50  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.08 (Wed)

体調と食洗機の不良

まずは私の体調。鬼のかく乱状態です。
眼もおかしいし、血尿も出てる・・・
服用中の薬の副作用が怪しい、とは思うのだけれど
このまま放置しておくわけにもいかず、
薬を中止することもできないし、
明日、朝一番で病院へ行って来ます。

眼は、友人の眼科医スミちゃんが診察してくれました。
2種類の点眼を2時間おきに、5分の間隔をあけて使用。
なかなか、忙しいです。

16日から、上高地、西穂に行く予定があるので、
是非とも元気になりたいのだけれど・・・
ちょっと病院が忙しくなるかもしれません。
でも、月末、月初めは過ぎているので、とりあえずホッとしています。

体を休ませる、というのもなかなかたいへんなことですね。
この頃、10時前には布団に入っています。
あぁ、良く寝た、もう朝かしら?
と時計を見れば、まだ午前1時だったりします。
ゴロゴロと6時頃までムリヤリ布団に居て、
朝のウォーキングもお休みしています。
ラジオ体操のみ続けていますが、体力が落ちますよね。
山に行くのに・・・と焦っても仕方ありません。
うまく折り合いをつけて、生活しなければ。

もうひとつの不調、我が家の食洗機、ホシザキ君。
ついにお別れすることになりました。
新しい物に買い変えて、今、取り付を待っている状態です。
待ち遠しいです。
とても嬉しいのだけれど・・・これが私の誕生プレゼント?
なんだかちょっと損した気分です。

お天気も体調も、スッキリしないかな~~~!



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



16:53  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.07 (Tue)

ミャンマーの息子

先日、BS放送で、ミャンマーの金融事情が放送されていました。
銀行口座を持っている人は、人口のわずか2%とか。
その結果、何を買うにも現金を持参するしか方法が無い、
という様子が放映されていました。
車を買うにも、札束を抱えて買いに行きます。(すごい量でした)
で、その販売店が売上を入金しに銀行へ行く時は、さらにものすごい量で、
札束の入った袋を男性が何人もで運んでいました。
まるで米俵か何かの運搬みたいです。

金融システムを整備しようとしている姿も出て来ましたが、
町に設置されたキャッシュコーナーは、
雨季でお札が湿気を帯びて詰まっていました。
お札の紙質も悪そうに見えました。
そして、頻繁に停電してシステムが止まってしまう。

インフラを整備する、というのは並大抵のことではない、と思わされました。
ヤンゴンと地方では、さらに格差が拡大するでしょう。
息子の仕事は、まさにインフラ整備。
電力、水道、交通網、金融や物流のシステムなど
すべてが滞りなく動いて、初めて効率よく成果が出てくるのでしょう。

でこぼこの道と、はだしの子ども。犬

たいへんな所だ、と感じました。
息子たちは、お給料は現金支給なのでしょうか?
見当もつきません。

番組の最後に、銀行に口座を作りに来ていた女性が出て来ました。
今まで、大切なお金はいつも枕の下に入れていたの。
でも、銀行に預けられて、安心で、有難いです。
と言っていました。

息子たちの仕事が、少しでも現地の方たちの役に立つもので有りますように。


で、翌日息子にメールしてみました。
衣類や救急薬品、おそうめんとか、水ようかんなど、
日本の物は手に入れることができるのかしら?
何か必要な物があれば送るよ、と聞いて見たのですが・・・

お嫁さんに聞けばよかったです。
郵便物の中のこの書類をPDFにして送って欲しい、だの
日本の給与振り込み口座のある銀行でどうしてこうして手続きして欲しいの
・・・つまり息子は業務連絡みたいな、事務手続きの手助けばかりのリクエストでした。

かなり具体的に、食べたいものとか、薬とか、書いて見たのですが、
そのことには返事無し。
聞いた私がバカでした。
でも、お嫁さんのメールアドレスがわかりません。
日本のスマホは使っていないみたいでした。

結論として、
あなたは返信しなくて良いから、
お嫁さんに転送して、返信してもらって下さい・・・
と再度メールしてみることにしました。

今は、雨季だそうです。日本の梅雨と同じですね。
体調管理に気をつけて、元気で仕事に励んでほしいです。

二人のことを、母は毎日祈っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



16:46  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.06 (Mon)

映画「あん」を見て来ました。

昨日はポカッと時間が空いたので、
見たいと思っていた映画を見て来ました。
「あん」です。
思いついて、すぐ行ける。しかも徒歩圏。
こんな時、池袋の我が家は便利で有難いな、と思います。

「あん」
はしみじみと・・・良い映画でした。
多麿の全生園が出て来ました。
高校時代、友人と訪ねて行ったことがあるのです。
東村山の駅からバス。
時の流れから隔絶されたような別世界で、
私たちの訪問をとても歓迎して下さったのだけれど、
私は現実の重さに耐えきれず、何回も訪問することができませんでした。
スクリーンから伝わるその現実は変わらない・・・

私たちは、この世を見るために、聞くために、生まれて来た。
この世は、ただそれだけを望んでいた。
・・・だとすれば、何かになれなくても、私達には生きる意味があるのよ。

という言葉が胸に沁みました。

満月だって桜だって、美しい、と見てくれる人が居てこそ、
存在する意味があるというもの。
そうかもしれませんね。

あんこがふつふつと炊ける音や、電車の通り過ぎる音、
黄昏時の街の音、そして店舗の改装工事の音。
音の表情も楽しみ、じっくりと聞いた映画でもありました。


美味しいどら焼きを無性に食べたくなったのですが、
デパートへの寄り道を我慢して帰宅しました。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:18  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.04 (Sat)

にわか、野球好き

お天気が悪く、明日のコンペは中止。
日を改めて、ということになりました。
いろいろ連絡が終わり、一段落しました。
明日は、予定が急にポカッとあきました。
何も無い日曜日。これはこれで貴重かもしれません。


ところで、いつも読ませていただくブログの方が、
ヤクルトファンだと知りました。
長男夫婦も弟もヤクルトファンなので、
真面目に野球を見て、応援してみようかな、という気になりました。

野球のファンってすごいな、と思ったことが最近もありました。
西武球場のすぐそばのゴルフ場でプレイをしていたのですが、
その中のお一人は、大のライオンズファンの方でした。
自分が打つ番になっても打たずに、ジットかまえたまま。
どうしたのだろう? 何か考え込んでる?
などと思い見ていたら、そのうち、ニカッと嬉しそうに笑って
スウィングしました。
良く聞いてみたら、彼は、西武ドームから漏れ聞こえてくる
応援の歌、音だけで、誰がバッターボックスに居て、
ストライクだボールだ、もわかっていて、そしてヒットを打って、
点が入った、というところまでわかったみたいでした。
(夜、ニュースで確認したら、まったくその通りでした)
あの日、彼はゴルフをしながら、ライオンズの応援もしていたようで、
ドームからのざわめきに、一喜一憂しながら、私から見ると
不思議にニヤついたり、ため息をもらしたりしてラウンドしていました。

高校時代の数学のA先生はジャイアンツファン。
野球で巨人が負けると、翌日の授業はテスト。
生徒はテストをし、その間A先生は各スポーツ新聞を詳細に読み、
その記事の書きっぷりをチェックして、
激怒したり、ため息をついたりしていたのだそう。
A先生に数学を習っていた友人から聞いたことがあり、
未だに印象に残って居ます。
私の覚えているA先生は、数学の教科書とスポーツ新聞を持っている人、でありました。

次男は中学時代、野球部でした。
少年野球をずっとやっていたような子たちに混ざって、
初めて本格的に野球をやったのでした。
あの頃は、何回か応援にも行き、練習の当番にも行ったものでした。
中1の最初のころに、ピッチャーの投げるボールのスピードと威力に圧倒されて、
涙目になり、すごく危ない・・・とボソッと言ったのも思いだします。

後は、ハンカチ王子かな。
長男の出身大学野球部は、とても弱くて、
マレに勝つとそれが話題になるような情けなさなのですが、
なぜか斉藤祐樹の居た早稲田に勝利したことがありました。
その時、野球部員が表紙になっている冊子が送られて来たのですよ。
学校中が、すご~~く喜んでいる、というような風情を感じました。
勝てなくても、存続し続けている、不思議な野球部だと思います。
ところで、某群馬県のゴルフ場で、担当して下さったキャディーさん、
お名前は斉藤さん。斉藤選手のお身内の方でした。
頑張って欲しいな、と思っています。

新聞で、野球の記事を読んでいたら、
ラグビーに登山、ゴルフに今度は野球?
完璧なオヤジだ・・・と息子に褒められました。

立派なオヤジ、目指して頑張ります。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



18:24  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.03 (Fri)

落ち着きが無かった暁のスマホ

夜中に、耳元で女性が何かを言っていました。
「・・・・・・話して下さい」
話して下さい? 何?
と寝ぼけているところにまた声が。
「マイクに近付いてお話下さい」
ぼんやりした頭で・・・ようやく解りました。
声の主はスマホ。
どこかに触ってしまったようで、ヤレヤレ。
アプリを終了して、再び就寝。


そして未明。今度は研究室に泊りこみだった次男からライン。
「後で帰るから、お弁当頼む。お休みなさい。」
お休みなさい、って母はもう少し寝ていたかったのに。
読むだけ読んで、ため息。
電話、にぎやかだったなぁ・・・

雨の朝でした。
起きても良かったのかもしれないけれど、
いつもの時間までゴロゴロと横になっていました。

今朝のお弁当は次男のリクエストで4つでした。
KIMG0845a.jpg

今夜は、バイブも含めて、全部ミュートにしてみようか。
アラームが無くても、いつもの時間に目が覚めるのだから。
でも、そうしたら、緊急連絡はどうなるだろう。
第一、携帯を枕元に置いている意味が無いんじゃないか?

どうしようか、まだ決められずに居ます。
会社と家族の緊急連絡なんて、そうあるものでもないのだけれど・・・
皆さんはどうしているのかな?







にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:11  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.02 (Thu)

無駄な忍耐力・・でした。

今週末は、会社のゴルフコンペがあります。
お天気が怪しいのですが、主催者側なので、
なんとしても、元気にラウンドしてこなくてはなりません。

ここのところ、ずっと背中や首、肩が痛くて、
頭痛がしたり、だるかったり、微熱があったりで、
なんとなく不調だったのですが、ついにあまりにしんどくなって
おとといご近所の病院に行ってきました。

内服薬が1週間分。消炎鎮痛剤のおかげで、体の痛みも頭痛も、
熱っぽいのもすっきりして、なんだか体が軽くなった感じがします。
こんなに動くのが楽だったんだ、と感動してしまいました。
当たり前、といえば当たり前ですね。
無駄に我慢していないで、鎮痛剤、もっと早く利用すれば良かったです。

息子たちに手がかからなくなり、楽になったので
気が緩んだのだ、とか、たるんでる! とか、私の思考回路は
どうも自分に喝を入れる方向のようですが、年相応に
軌道修正しなくては、と反省しました。

元気が出て来たので、長男宛の郵便物の整理をしました。
高校の同窓会誌や淡青、学士会会報などは保管しておくけれど、
その前に私が読ませてもらうことにして、
その他の郵便物も含めて思い切って開封してみました。
急ぎの連絡が必要なものはありませんでした。
もうすぐ息子たちは1年目の結婚記念日です。
何かお祝いを送ってみようかな。その中に、郵便物も同梱しよう。
などと、あれこれ考え、うきうきとプレゼントのことも考えました。

体調が良いと、気力も湧いてきますね。
今夜は、少し手の込んだお料理をつくり、
常備菜もつくろう、と思っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:56  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'07.01 (Wed)

子育て・・・過ぎてしまえば・・・

先日、三男のママ友さんたちとの食事会のことを書きましたが、
皆さんと話し、記事を書いているうちに、
中学、高校時代のことが、なんとなく思い出されてきました。
三男だけのことに限らず、あの頃の家のこと、
3人の息子たちのあれこれが甦ってきたのです。

受験ひとつとっても、長男は高校受験の時、第一志望以外は全滅でした。
合格発表までの時間といったらありません。
定時制にしようか、全日制の二次募集にしようか、真剣に考えました。
大学受験だっていろいろあったのです。

次男だって校外学習不参加事件があり、
精神的なことで、体調に異変をきたしたこともありました。

三男も反抗、いたずらをするか、少し落ち着いたと思えば
怪我が絶えませんでした。

いっつも、ギリギリ。
時間的にも、精神的にも、追い詰められていたなぁ、と思うのです。
鬱病になったりもしたけれど、友人に助けられ、
どうにかやっと、乗り越えて来たのだ、と思っています。

今となっては、もうあんな風に、彼らに立ち向かい、
身を挺して、彼らの母親でありつづけることは、できないなぁ、
と思います。体力も気力も、残念ながら衰えたのです。

・・・でも、彼らとのたいへんだったバトルを思い返してみても、
そんなこともあったなぁ、と懐かしい気持ちはするけれど、
痛みや、辛さ、怒りは無くなってしまっています。
彼らの成長が帳消しにしてくれるのかもしれません。
不思議なものです。

息子たちはもう、私の手の中から、踏み出しているからなのでしょうか。
過ぎてしまえば、今のような関係が、最初からあったような錯覚さえしてきます。
治まらない嵐は無いのだ、と実感するこの頃です。

でも、親である以上、これからもずっと親。
息子たちはこれから自分の足で歩き、自分で人生を切り開いてゆく。
そんな彼らの幸せを願い、祈りつつ、見守りたいと思います。
心やすらかに見守れる、そんな人生であって欲しいけれど、
そうはなかなか行かないもの。
人生の軸足を、しっかり持ってもらいたい、そう願っています。

どんな時にも、人生に希望を持って感謝とともに生きていけること。

クリスチャンとしての私の生き方も試されますね。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:43  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |