2016年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016'04.30 (Sat)

ちょっとしたため息の理由

レタスを1個購入し、1度サラダに使っただけだから
残りがあるはずなのに、ナイ!
冷蔵庫の野菜室から冷蔵部分も、くまなく探して・・・ナイ!
どうしても、ナイ! ナイ!ナイ!
息子が夜中に食べたのだ。きっと。
と納得していたら・・・
先日、冷凍庫の中からレタスが出て来ました。
みごとに固まったコチンコチンのレタス。

誰が入れたのだろう?
・・・きっと私よね。
でも、何時入れたの? 
全く記憶が無くて、情けな~~い気持ち。
包丁も入らない、ステキにカチンカチンのレタス。
まるでオブジェ。

で、・・・そのまま、見なかったことにして、
そっと冷凍庫に戻して数日経過。

今朝、軽く包丁が入る程度にレンジをかけて、炒めてみました。
大量の水分が出たので卵でとじて一品完成。

誰も、冷凍レタスとは気付かないけれど・・・なんだかなぁ。
自分にがっかりです。



長男の名を語り、オレオレ詐欺の電話がけっこうかかって来ます。
それに、さも親しげに
「私、佐藤と申しますが、(伊藤とか鈴木とか山田とか田中とか、ありふれた苗字を名乗る.)
○○君いらっしゃいますか?(下の名前)」
という何かの勧誘らしい若い女性からの電話も頻繁で、
(息子に聞いたら、そんな名前の友達居ない、という返事)

原則、家電は留守電にすることにしています。

でも、これも善し悪しで、
留守電に延々と続くアンケートが録音されていたことがあり、
さらには、一方的に、早く送ってちょうだい。待ってるんだから!
などというメッセージがあったり。
お休みで自宅に居る時くらいは電話を取ろう、と出てみたのですが、
太陽光パネル、お墓、マンション、増毛、エステ、息子たちの結婚
土地を売れ、不要の貴金属は無いか、
などなど、これでもかっていうぐらいのどうでも良い、
というより不快な電話ばかり。

普段、日中は仕事なので留守にしていますが、
こういう電話、多いのですね。ビックリです。

詐欺の電話か、何かのセールスばかりだったら、
家の電話は必要なのだろうか?
思い返してみると、家の電話では、
息子たちの学校からの呼び出しとか、図書館の返却遅れとか、
そういう連絡が多かったように思います。

電話くん、タマには良い知らせで鳴らしてくれても良いのだよ。
じゃなければ、契約解除にしてしまうよ。


早朝に友人からのメール。
私の送ったメールへの返信なのだが、「今、バルセロナに居ます」
と書いてあった。
お正月とかお盆、ゴールデンウイークなど、長く休める暦の時は、
代金が高くなっても、割り切って旅行に行くのは、
日常夫婦それぞれがフルタイムで仕事をしていれば、正しい楽しみ方だと思う。
我が夫は、どんなに連休が続こうとも、自分の登山や山岳部が最優先だったな。
二人で旅行に行こう、などと計画してくれたことはあっただろうか。
とまたまた、昔のことを思いだして気分が滅入る。
過去のことに滅入ってどうする。バカ者!
とさらに情けない自分に気落ちする私。


以上、ささいなため息の原因でした。






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:31  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.28 (Thu)

4月も終わりますね。早!

今、税理士さんが監査を終えて帰って行かれました。
やれやれ、やっと今月も終わりです。

決算が確定して、来月納税すれば、漸く一段落だと思います。
もうひと頑張りです。

3日から5日までの3連休は山荘に行く予定です。
今年は雪が少なかったから、蕗のとうなど山菜はどんなでしょうか?
もしかしたら、もう終わってしまっているかもしれませんが、
山の空気を吸えるだけでも嬉しいです。
ゴルフもするつもり・・・楽しみです。


1か月は、あっという間に過ぎて行くけれど
スケジュールを眺めてみると、それなりに
あれこれ仕事をこなしていたのも良くわかります。
ひどく体調を崩すことなく過ごせたのですから、上出来です。
欲張らない、と言い聞かせています。



今読んでいるのは、遅ればせながらの
森本あんりさん著「反知性主義」です。

契約は本来、自分自身を縛る信頼と約束の表現であったのに、いつの間にか相手方に義務の履行違反がないかどうかをチェックするものとなってしまった。

今日はこの一節が印象に残っています。

自分自身を縛る信頼と約束の表現。
契約の原点が変質してしまったのでしょう。
神学者のリチャード・ニーバーさんの解釈は、商売や結婚などを契約の概念で理解する「ドライな」アメリカ社会に対する文明批判だ、と書かれていました。

明日は、少し本を読む時間が確保できるかな?

皆様、良いお休みを。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:42  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.27 (Wed)

ゴジラの卵

息子たちが小さかった頃、スコッチエッグは別の名前でした。
茹で卵のまわりに、たっぷりと種をつけて、
まんマルに成形して、きつね色に揚げて、
まん丸いまま、盛りつけました。
お皿に広げたキャベツの千切りの真ん中に盛りつけたり、
春雨を揚げて、その中に盛りつけたり。
ケチャップをそれらしくかけると、
「ゴジラの卵」の完成でした。
口のまわりをケチャップだらけにしながら、
ゴジラの卵を一生懸命に食べていました。
可愛かったな・・・


昨日、冷蔵庫に合びき肉があり、ふとゴジラの卵を思いだしたけれど
もうそんなもので喜ばないだろうと、
ミートローフに茹で卵を入れて焼きました。
切り分けて、ケチャップではなくデミグラスソース。
息子たちはあっという間に食べてしまったけれど・・・
ゴジラの卵を思ったのは、私だけだったかな?


もうじき子どもの日。
レストランに家族で食事に行き、
演奏者がリクエストを受け付けてくれる、
というので、鯉のぼりをリクエストしたこともありました。
長男に、みんなのためにリクエストしたんだよ、と言ったら
お母さん、わかってるよ!! と言っていたっけ。

1年ぶりに五月人形を出したら、
次男が夜中に喘息の発作を起こして
救急病院に連れて行く、なんていうこともあり、
桜餅のように柏の葉ごと食べようとしていた息子がいたり、
いろいろなことが思い出されるけれど、息子たちには何かしら
思い出として残っているのだろうか。

たんぽぽの 綿毛を吹いて 見せてやる
いつかおまえも 飛んでゆくから
俵 万智

たんぽぽの綿毛・・・飛んで行ったきり音沙汰なしの長男は、
きっと元気で、幸せであるはず。
そう、信じている。










にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
16:29  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.24 (Sun)

仕事の状況

見積をしていた案件の受注が決まりました。
設計の方は私たちと大学が同窓でした。
雑誌に掲載されているのをご覧になったのか、
どなたかからの紹介なのか、
我が社を知られたきっかけは何だったのでしょう?
いつかお伺いしてみたいです。
新築工事と同じくらいの予算をかけた大規模な改修工事。
どのように生まれ変わるのか、楽しみです。

この他にも、工事中の物件がありますが、特に完成が待ち遠しいのは、
ひとつは、フレンチレストランです。
オープンしたら、食べに行きたいです。
さらにもう1件、日本料理屋さんというか割烹の見積もしています。
こちらも完成したら、是非、出かけてみたいです。
レストランとか飲食店の工事は、個人的に楽しみです。
そしてもうひとつ、ネコちゃんの階段があるお宅。
実際に、ネコちゃんが登り降りするのを見てみたいな、
と思っています。

熊本の地震の影響なのか、擁壁のご相談も2件あります。
我が社に2件、というの、とても多いと思います。
何百年もしっかりとお城を支えていた熊本城の現状を見ると
心配になるのもわかる気がします。
構造設計の方と現地を見に行き、役所に相談したりしています。

土曜日にお引き渡しをした家もあります。
ここは、息子さんたちのお宅の新築工事をさせていただいたのがご縁でした。
親子2代の工事をさせていただけるのは、本当に幸せです。

30期の4月、仕事の現状でした。
心を込めて、仕事をしていきたいです。









にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:45  |  建設会社の仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.22 (Fri)

介護と友の嘆き

私の年齢に成ると、親の介護にかかわる友人がとても多くなります。
いつまで、という時間の区切りが無いなかで、精一杯頑張っている友の姿。
孤軍奮闘、八面六臂の働きをしても、親の衰えは進み、
介護の負担は、年月とともに、どんどん、重くなっていく。
友人が頑張れば頑張るだけ、
益々主婦一人に負担がのしかかってくるように見えてしまう。
それでも、投げ出さずに、親と寄りそう、友の忍耐力ややさしさ。
胸が一杯に成る。
と同時に、友が病気になりはしないかと心配になる。
 
親って重いものなのだ、としみじみ痛感させられる。
一生懸命に育ててくれた、とてもありがたい親でさえ、
介護をしなければならなくなれば、
それを当然のこととして、やり通すことは至難の業。

ましてや、家族を不幸に突きおとすようなモラハラ親だったら、
面倒見なければいけない子どもは、どれほど重たいだろう。
親が人生の重荷、そう思ってしまう。


「テロも戦争もない国で、大災害にも見舞われていない土地で、
行き届いた医療を受けて養生できる
しあわせな老後なのに、母よ、なぜ感謝もせず、
愚痴や恨みつらみを言い募るのか。
あなたの不幸は誰のせいだというのか。
あなたを取り巻く面々が、全員神のようでなくてはならないのか。」

と嘆く友。
救いは無いものか・・・

KIMG1236a.jpg
考えても答えがみつからないことの廻りを、ウロウロ、オロオロと考え思い悩む時、
ふっと癒してくれる物。「あとりえ花花」さんの5月の飾りです。





私には、もう見送るべき親は居ない。
私や夫が見送られる親なのだ。
どんな親として老いて、終わりの時を迎えるのか、
自分の生きざまを突き付けられるのですね。

友の為に、祈ります。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



17:09  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.20 (Wed)

癒しの力

高校時代、入院中の父の病室を訪ねてくれた同級生が
白く、楚々として美しいユリの花を持ってきてくれた。
手術が終わり、漸く一段落だった父は
綺麗だな~としみじみ言っていた。
ユリの花と私たち二人が入った写真を撮った。
なんでカメラが病院にあったのかナゾだが、
その写真は今も家に在る。
ただただ一生懸命に咲き誇っていたユリの美しさ。
その生命力に私は元気づけられた気がしたものだ。
父も、そうだったのではないだろうか。


学生時代の諸々で、私もひどく落ち込むことがあったのだが、
その時は我が家の犬’Sに慰められていた。
ワイヤーヘアードフォックステリアという猟犬で、
一度喰いついた獲物は絶対に離さない、という気の強さ。
でも、彼らは優しかった。
山岳部の合宿から帰っても、歓迎されない私に
飛びついて、しっぽをちぎれんばかりに振ってくれたのだ。
日焼けでボロボロの顔をなめてくれたっけ。
机に向かっている時は、足元にうずくまり、寝る時も一緒だった。
どんな私であっても、絶対に慕ってくれている。
意地悪しても、忘れていても、長らく留守でも変わらない。
その、なんと暖かかったことか。


そして東日本大震災。
出かけた山荘で見た、いつもの年と変わらぬ鯉のぼりや
川の流れ。山桜が咲き、菜の花が満開だった。
何が起ころうとも、芽吹きの春にただただ芽吹く植物たち。
そして、子どもたちが遊んでいた。
走りまわり、遊ぶ子どもたち。
ランドセルを背負い学校へと歩いて行く子どもたち。
その姿に、癒され、元気づけられるのは、大人たちなのだ。

弱い者の強さ。
癒され、慰められて、大人は次へと進んでいける。

熊本が落ち着きを取り戻し、学校が再開されますように。
子どもたちが笑顔になれますように。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:49  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.19 (Tue)

不死身

私の父が亡くなったのは、ゴルデンウイークの真っ最中、
5月4日だった。

50歳で旅立たねばならなかった父の気持ちを思いやる
そんなゆとりは当時の私には無かった。

なんで私を残して死んだ!!
ただただ激しく憤っていた私。
自分の悲しみだけで精一杯だったのだ。




息子たちには、夫や私が衰えて、いつか死ぬのだ、
という現実は、まるっきり意識の中に無いようだ。
父と母は不死身。ダイハードなスーパーマン。
そう思っているフシがある。

でも、それで良いのかもしれない。

ダメ親でも、とにかく生きて、彼らを支えている。
それだけでも、幸せなことではないか、息子たちよ。

5月5日は子どもの日。
生協のOCRに柏餅があり、ふと大昔を思いだしました。

うざい、と思われても、柏餅を用意して、成人したおじさん子どもたちのお祝いをしようと思います。
鯉のように元気に泳いでいきなさい。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:04  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.18 (Mon)

強風のゴルフ

九州での大地震に落ち着かない気持ちです。
火山がたくさんあり、地震大国の日本。
人ごとではありません。
地震の終息と、復旧をお祈りします。




昨日は、かねてから予定していた我が社主催のゴルフコンペでした。
お天気も心配され、九州出身の大工さんもいらしたので
どうしたものか、と思っていたのですが、皆さんの予定通り、
という声で、ゴルフをしてきました。

・・・でも、経験したことのない強風。本当に、たいへんでした。
斜面で打とうとしていた弟は、フワッと飛ばされそうになっていました。
私もティーグラウンドでは、吹き付ける強風に立っているのがやっと。
見ればボールもティーから落ちていました。
フェアウェイでも、風が息をするというか、
木が折れるのでは、と思われるような強風で、音もゴー、
限界までしなっているようで恐ろしかったです。
桜の枝が花をつけたままフェアウェイを舞っていました。

そんな中、18ホールを廻ってきました。
一番ひどい天候だったのは最後の5ホールくらいでした。
もう、無理なのではないか、と思って廻りを見渡すと、
全員が恐ろしいことになっていました。

帽子は飛ぶので誰もかぶっていません。
髪は雨と風ですごいことになっていました。
セミロングヘアのキャディーさんは、井戸から出て来たサダコみたいでした。
カッパは風をはらみ、飛ばされまいと踏ん張る姿はタコみたい。
これは遊びなのか、何かの修行なのか。
客観的に見てみると、少しは冷静になり、
この全体のシチュエイションがなんだか映画みたいだ、
と少し可笑しくもなった私でした。

風に乗ってボールはバンカーへ。
風に吹かれて、グリーンからこぼれおちたボールは池へ。
それでも必死でゴルフ。
オーガスタにも負けない風だぞ!! と思いました。
最終ホールで池ポチャ2回の夫は、本当に(そこだけ)スピースみたい・・・でした。


Deco a
Deco b
おやつのデコポンに社員T君が落書き。落ち着いた雰囲気彼はおちゃめだったのだ。








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:06  |  ゴルフ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.14 (Thu)

三男についての新発見

昨晩の夕食メニュー

ギンダラの西京漬け ウドの酢味噌和え 
ウドの皮のきんぴら 菜の花のお浸し 
あとは残り物整理で、筍とかアスパラ菜とか残り野菜に
小海老を入れたかき揚げを少しずつ
それに、エシャロットにお味噌、きゅうり、人参、小蕪の糠漬け 
焼きノリ・・・でした。
夫と二人の予定だったので、まるっきりお酒呑みの献立。
夫は、今日は日本酒。八海山にしよう、と
呑み始めたところに、三男が帰ってきました。

今までなら、こういう献立は好まなかったのに、
アッ、八海山。僕も・・などと言って
夫と晩酌をしておりました。
ウドが美味しい。エシャロットのピリッとしたのが良い。
なんて言うので、益々びっくりでした。
味覚も大人になる、というか・・・のんベいになった??


ゴールデンウイークはバイク仲間と山荘に行きたい、と言う息子。
利用予定日は、彼らだけではなく、他にも宿泊利用する人が居ます。
今までの三男なら、他のところに泊る、と言っていたと思うのですが、
今回はそれでも良いから山荘に泊りたい、と言うのです。
ちゃんと挨拶して、ルール守るから、とお願いされました。
みんなで一緒にバーベキューをしようと思う。
と我が家のバーベキューセットや炭を持っていくそうです。

宿泊利用の二人は夫の同期と私の同期。
三男は、ルスツにスキーに行った時に会った気がする、
とか、お台場に一緒に行った気がする・・・と言うのですが
夫も私も三男が居たかどうか、はっきりしません。
ともあれ、みんなも自己紹介して、泊めてもらう
などと言う姿に、やっぱり大人になったな、と感じました。
目上の人や、両親の知り合いを毛嫌いしない、というのが
すごく嬉しかったりします。
歓迎してもらえるよ!!


入れ違いに3日から私たちが山荘に行く予定。
仕事を頑張って、ちゃんとお休みできるようにしなければ!!
三男たちがどんな様子だったか、話を聞くのも楽しみです。
ご迷惑をおかけしませんように。






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:06  |  息子たちのこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.13 (Wed)

還暦の誕生日に思う

昨日は、Aさんの還暦の誕生日でした。

Aさんは、高校の同級生。
そして、我が社で仕事をしてくれている同僚。
そして、大切な親友です。
知り合ったのは、高校1年の春。16歳の時ですから
ずいぶんと、長い時間が過ぎて行ったのですね。

お昼休みには、いつも一緒にお弁当をいただくのですが、
昨日はコンビニショートケーキでささやかにお祝いをしました。

お互いに、いろいろなことがあったけれど、
どうにか乗り越えて今日がある。
これから先も元気に年月を重ねて行きたいね。と話しました。


私はどれだけ彼女に助けられているか、言葉では言い表せません。
鬱病になった時も、一昨年の病気の時も、
彼女の「行ってらっしゃい!」という声に送られて
病院に通い、手術を受けて・・・元気を取り戻してきたのです。
家族や会社の悩み事、グチだってたくさん聞いてもらいました。
大げさでは無く、彼女が居なければ、公私ともに
今のような自分ではあり得なかったのではないか、と思うのです。



かけがえの無い友達と、同じ時間を共有してきた幸せを感じます。
私も、せめて少しでも友達甲斐のある人間になれるように、
日々しっかりと生活しなければなりません。
還暦から先の時間もAさんや、友達と、
やさしい時間を積み重ねていけますように。

お誕生日、おめでとうございます。
そして、有難うございます。






にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:29  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.12 (Tue)

御柱・・・その2・・・親戚の家に泊る、ということ

今回のお祭りは、従兄の家に泊めていただきました。
我が母も亡くなり、その母のお姉さん、つまり従兄の母親も
既に亡くなって長い年月がたっています。
昔、いくら我が家から大学に通っていた、とは言え
ずいぶん図々しいのでは、という考えもあるかもしれません。

でも、私は泊らせていただくのが正解だと思っています。
気を使うから、準備で迷惑をかけるから、宿泊なんて辞めておけ、
と言えばそれまでだけれど、親戚どうしの気を使いすぎない
暖かさがお互いに存分ある、と感じているのです。

赤ちゃんだった従兄の子どもたちは、母親や父親になっていましたが、
面影があり、すぐに誰だかわかりました。
生後3カ月の赤ちゃんから、6年生まで
従兄の孫たちもみんな集まってくれました。
特に女の子は、我が家には居ないので、とても可愛らしかったです。
小さくても、お手伝いをして、どうぞ召し上がって下さい、
なんて言いながら、小鉢とか、果物などを運んでくれました。

cc.jpg
お行儀よく、いただきます、していました。食べ方も男の子と違って可愛らしかったです。
食事の量も少なくて、いちいち全部新鮮でした。

総勢、何人だったのでしょうか。大人数の食卓は、とても和やかでした。
それぞれのおつれあいとは初対面のご挨拶からでしたが、
すぐに打ち解けて、楽しい話が弾みました。
4歳と6歳の女の子が、二人で小さい纏いを振りながら
お祭りの木槍を歌ってくれて、とても上手でした。
拍手喝さい。ホームパーティーも最高潮でした。

1460294392490aa.jpg
はっぴも着て、見せてくれました。

お嫁さんたちも、それぞれ赤ちゃんや子どもの面倒を見る人、
後片付けをする人、と私や弟もみんな加わって片付や準備をしました。
みんなでやれば、早いのです。その間、順番に入浴。
(自宅に温泉が引いてあり、ゆっくり温泉も堪能しました。ラッキーでした)
それで、翌朝も早いから、と早めに休みました。



その昔、私も結婚したばかりの頃は、夫の実家に行くのは
なんだか気が重かったものです。
でも、それは私の側の問題だった、と気付いたのです。
アラ拾いをされたくない。
嫁として、どのように振舞えば良く思われるのか、
そんなことを気にしすぎていたと気付いたのです。
夫の実家も、我が家の親族も暖かい・・・
ありのままを受け入れてもらえるのは幸せなことです。

最低限の、親しき仲にも礼儀あり、を大切にして、
私も親戚づきあいをしていこうと思っています。

1460294458075bb.jpg

従兄のお兄ちゃんの家族のみなさんに
今度は我が家の息子たちも紹介したいと思いました。

幸多かれ。有難うございました。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:14  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.11 (Mon)

御柱・・・その1


午前6時に集合場所に集まり、地区ごとにまとまって諏訪大社に行きました。
myhomeaa.jpg

全員でお参りの後、柱のあるところまで、
山道をみんなで歩いて行くのです。
amyhomebb.jpg

縄をかけ、木落とし坂の上まで、木遣りの歌声と、
消防団ラッパ隊の進軍ラッパの音に合わせて
掛け声を掛けて引いてゆくのです。

DSC_0499a.jpg

DSC_0502b.jpg

DSC_0516c.jpg

DSC_0518d.jpg

木落とし坂は35度の急勾配。ちょっと怖いくらいでした。
(スキーの35度を想像してみて下さい。)
DSC_0548g.jpg
柱の先端に人が乗っています。木落としの直前です。
柱の後方にも綱があり、坂の方へ柱がせり出して、後方の綱がピーンと張ったところで
合図があり、斧でその綱を一気に切るのです。そうすると柱は木落とし坂を落ちて行きます。



従兄の地域は湖畔町で、秋宮3という柱が担当です。
ひどい怪我人も無く、無事に木落としを終えました。




湖畔町の班長さん(?)は同族の方でした。
1200年前から御柱は続くお祭りで、
終戦直後も一度も途絶えたことが無いそうです。

男衆が戦争にとられ、食べる物にも困るような困窮の時代に
どうやって御柱を引いて、落としたかねぇ。
今とは大違いだろうけれど、根本は人の和だから。
地域の衆が心をひとつにする、祈りだからね。それが一番大切。
とおっしゃっていたのが印象に残りました。

上諏訪、下諏訪、岡谷・・・諏訪湖のまわりはお祭り一色でした。
本当に地域の皆さんが大切に守っているのを感じました。
勇壮なお祭りに、感動しました。

7年に一度で、木を簡単に落としてしまうのが名残惜しく、
木槍を何度も歌ったり、掛け声をかけたりして、
たっぷり思いを皆で共有して、漸く、木は坂を落ちて行く。
勇ましいお祭りでした。
DSC_0557e.jpg
秋宮3の柱が下りた直後です。


時間通りに進まないのもわかる気がします。
観光バスの観覧者からは時間通りに進行しないことへの
クレイムがたくさん寄せられるそうなのですが、
仕方ないのではないかな、と参加してみて思いました。
私も木落としの後の注連掛(しめかけ)は参加しないで帰りました。

5月の連休明けに、里引きがあり、冠落しがあり、秋宮四之御柱が建てられて
長いお祭りはフィナーレになるようです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


15:53  |  楽しかったね・おいしかったね  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.08 (Fri)

従兄の家から、御柱の見学

土日と、下諏訪の親戚宅に行ってきます。
今年は7年に1度の御柱祭の年で、そのお祭りを見に行くのです。

下社の木落としは、最大斜度が35度。
迫力がある最大の見せ場だと思います。
従兄に久しぶりに会うのも楽しみだし、今からワクワクしています。


従兄は、我が家から大学に通っていました。
私も弟も、お兄ちゃん、と呼んですごくなついていたのです。
従兄と同じ高校から東京の大学に進学した友達を、
何人もよく我が家に連れてきていました。
早い時間帯だと、私たちと一緒にご飯を食べて、
その後父が帰宅すると、父と一緒にお酒を呑みながら、
ずいぶん話が弾んでいたのを思い出します。
夜遅くに我が家に来た時は、朝、玄関の靴を数えて、
何人の方が泊っているのか、私が母に報告する係でした。
母は大急ぎで朝食の追加を用意しはじめるのです。
卒業した時には、父に卒論をプレゼントして下さった方もいました。
父の葬儀に来て下さった方も居たなぁ、と思いだします。
皆さんは、今どうされているのでしょうか。
とても懐かしい気持がします。
従兄に消息も聞いて見たいと思います。


今回は、夫と弟と私の3人での訪問です。
三男は、ちょうど新学期が始まったところで、
ガイダンスなどの手伝いがいろいろあるから休めない、
次男は就活の最中で無理、と二人とも忙しそうです。

でも、いいのです。
彼らは7年先でも充分、次のチャンスがあるのだから。
私たちはどうか? 
絶対大丈夫、と言い切れない気がします。
チャンスは先延ばしにしないで、しっかり見てこようと思います。

それにしても、お祭りは凄い盛り上りのようです。
さっき電話をしたら、今日から休みにしている、と言っていました。
もしかしたら、学校もお休み???





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


18:28  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.07 (Thu)

定年男性の仲間入りしたい、かな?

昨日はお天気にも恵まれて、とても楽しくゴルフをしてきました。
参加させて下さった、建築科の皆さんに感謝です。

成績は、マズマズ。
レッスンで注意されたことだけ意識していました。
これだ!という当りが2回。
その時は、いつもの番手より、相当飛距離がアップしました。
安定してできるようになりたいです。
皆さんから、11月のゴルフ会にも是非参加して下さい、
と言っていただきホッとしました。
次は、夫やSさんと別の組になるようですが、
どなたと一緒でも、楽しく一生懸命に頑張ります。
こういう予定は嬉しいな!!


もうじき還暦、という私たちが最年少。
皆さんの姿に大いに刺激を受けました。
ゴルフはもとより、テニス、ハイキング、囲碁など
皆さん、アクティブで趣味を楽しまれていました。

設計事務所を経営している方は、
ゆるやかな形で仕事を続けていらっしゃるようでした。
ゼネコン勤務だった方も完全にリタイアされた方は少ないようでした。
いくつになっても、それなりに少しずつでも仕事ができるのは、
現役時代に培った能力と建築士というライセンスの力なのかもしれません。
ああいう先輩にお会いすると、年をとるのも悪くないかも、
と思えます。

私は、どうだろう、と考えると、唯一のライセンス
薬剤師としては長らく仕事をしていないし、
建築士でもないし、主婦としか言えないのかもしれません。
そうすると、主婦としての自分の定年ってあるのでしょうか?
考えてしまいます。

ヘタだけど碁も打ちます。
もっと精進して、これは旨くなりたいと思います。
ゴルフも頑張ります。
できることなら、私は定年男性の仲間入りをしたい・・・
だって主婦には定年が無いように思えるので。

私の老後は、どのようなことになってゆくのか、想像できない私です。








にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:47  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.05 (Tue)

明日はお休みをいただいて

明日、卒業大学の建築科のゴルフコンペ「チクゴ会」
(多分建築のチクにゴルフのゴからの名前だと思います)
に、薬学の私が参加させていただくことになりました。
組み合わせの名前の横には築6などと、
建築科の何期かを記入してあるのですが、
私だけ薬。
う~ん、とても妙なのだけれど、誘っていただいて、
同じ大学だから、固いことは言わない、とOKになったので
有難く行って来ようと思っています。
夫と建築科同期のSさんは女性でただ一人の参加。
それで私のことを誘って下さったのです。

今は、建築科に進学する女性もたくさん居ると思うのですが、
当時は、夫の同期の女性はただ一人だったように思います。
体育の授業が成り立たないので、
Sさんは薬学部の女子と一緒に体育の授業をしていました。
全学見渡しても、とても女性の少ない男子校みたいな学校でした。

夫とSさんは同じ研究室で、卒業してからも
一緒に仕事をさせていただいています。
彼女が設計、我が社が施工、という工事が何件もあります。
私も体育の授業からの知り合いで、親しくしていただいています。
明日の組み合わせはSさんと夫も一緒です。


学生時代から長い年月が経っているのですが、
あっという間だったような気もします。
お互いの子どもが成人したり、親を見送ったり
間違いなく、自分たちも人生の第四コーナーに居るのです。
もうあと少し、頑張ろうね。そんな気持ちになります。

楽しく一日遊びたい。

皆さんにご迷惑をおかけしないように、プレイして、
また誘っていただけたら嬉しいな。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:35  |  我が家・家族・自分のこと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.04 (Mon)

夫の故郷

昨日は群馬に法事で帰り、実家にもちょっと寄りました。
庭の金柑も、すずらんの花も以前と変わらない風情でした。

義父母はもう居ないのですが、夫はもちろん、
私にとっても、息子たちにとっても
実家、故郷に帰って来た、という気持ちになるのだと思います。
リラックスして、ホッとします。

年に何回となく家族や親族が実家に集まるのですが、
義弟がステキなものを建築中でした。
庭に、ピザ用の窯を据え付けよう、というのです。
今は、デッキの延長に屋根を伸ばす工事をしていました。
夏は、ここでピザを焼きながら生ビール。
生ビールサーバーも用意して・・・
と楽しい計画は着々と進行しておりました。
嬉しいな。夏の家族会がとても楽しみです。

自分も含めてみんな高齢化してきていますが、
我が家の息子たちなど、若い次の世代、そして
その次のヨチヨチ歩きの王子様まで集まった和やかな法事でした。

帰りの車の運転は次男。
車やバイク好きの叔父さんと、三男は話が弾んでいて
今度一緒にツーリングに行きたい、などと話していました。
代替わりを実感した法事でもありました。

みんなで仲良く、お互いを思いやりながら生活できていることを
本当に幸せなことだな、と思って帰ってきました。

今日は、群馬から貰って来た長ネギを会社の皆に分けました。
東京生まれ、東京育ちの私にも故郷ができたような気がしています。
自分の実家みたいな顔して、みんなにおネギを配りました。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:38  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.02 (Sat)

本日の生活報告

午前中、久しぶりにゴルフレッスン。
しごかれました。
自分の悪い、いつものクセを自覚したけれど、
なおす、というのは大変なことだ。
でも、習う、というのはとても楽しい時間です。
それに集中できるから。

明日は法事。
美容院にも行き、買い物も済ませ、ほぼ準備完了。
農産物直売所でお野菜や苺を買って来るのが楽しみです。

で、フェイスブックを見ていたら、知人の息子さんが
○○大学、本日中退しました。
と出ていて、ビックリ。
あんなに第一志望の学校で張り切って学んでいたのに。
ドキドキしてきて、沈んだ気持ちになりました。

しばらくたって、ハタと気付きました。
あれは昨日の記事。エプリルフールだ。
やられました。
でも、ウソで良かった、と心が復活したところです。


さあ、食事の準備をしますかね。





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
18:22  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016'04.01 (Fri)

フォションにも負けないぞ!!

日曜日は義父の法事のために群馬に帰省します。
ちょっとしたお土産にと思いつき、
先日のバンペイユの皮でピールを作っていました。

今朝ほど完成したのですが、自分でもほれぼれするような出来上がりでした。
甘さの中に残る程よい苦み。
口当たりはカリッとしていて、そしてふっくら。
クラニュー糖の甘さも加わって、絶妙なバランスです。
フォションのビターオレンジマーマレイドにも、
ダークチョコレートに入っているオレンジピールにも負けないお味。
初めて、納得できる仕上がりでした。
満足です。

これを、家族に食べられてしまわないように、急いで
可愛らしくラッピングしなければなりません。
透明のセロファンで包んで、可愛らしい色のモールでとめます。
包装材も用意しておいてよかったです。
群馬のみなさんに会うのが楽しみになりました。








なんちゃって、そんなうまくはできませんでした。
本日はエプリルフールということで。

peal.jpg

ピール、上手にできたことがありません。(写真も変ですね)
苦すぎたり、苦味が無さ過ぎたり、
カリットとしすぎてカチカチだったり、フワフワだったり。

今回も微妙な出来です。涙
切り刻んでパウンドケーキにでもするしかなさそうです。
それで、お土産は・・・明日でもデパートに行ってきます。

なんてこったい。
ピール、大好きなのに・・・





にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


17:46  |  日常雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |